ピッケルは、雪山を登るときに必要なアイテムのひとつ。滑落防止だけではなく、急斜面では足場として使ったり、地面が不安定なところでは杖代わりに使ったり、さまざま利用方法があります。雪山を安全かつ快適に登るためにも、必ず用意しておきたい登山用品です。そこで今回は、ピッケルのおすすめモデルをご紹介します。

ピッケルとは?


ピッケルは、杖のような形状をした登山道具です。杖のように雪面を突きながら歩行すれば、雪上歩行時のバランスを取ることが可能。また、滑落したり、強風にあおられて体勢を崩したりしそうなときは、ピックと呼ばれる鎌の形状の箇所を雪面に突き刺すことで、ブレーキの役割を果たします。

このように、ピッケルにはさまざまな用途があります。危険と常に隣り合わせの雪山においては、しっかりと使い方を確認した上で必ず用意しておきましょう。

ピッケルの選び方

種類

By: amazon.co.jp

ピッケルの種類は大きく分けると「一般縦走用」と「MIXルート用」の2種類に分かれます。雪山のルートによって使い分けるのが一般的です。

一般縦走用ピッケルは、雪山の稜線や比較的傾斜の緩やかな箇所の歩行用として使われます。スパイクを雪面に突き刺しながら歩行する「杖」としての用途が多いため、柄が真っ直ぐなタイプがおすすめです。

MIXルート用ピッケルは、傾斜の強い山や、岩交じりの場所での使用を想定して作られたモノです。杖として使うシーンもありますが、ピックを雪面や岩交じりの箇所に突き刺しながら登る「つるはし」としての役割がメイン。柄がやや曲がっているタイプが扱いやすくておすすめです。

長さ

By: amazon.co.jp

ピッケルを「杖」として使用する場合、斜面に突き立てやすいように、一般的な杖よりもやや短めのサイズがよいとされています。具体的には、ヘッド部分を握ったまま腕をだらんと下ろした時に、スパイクの先端が地面に触れない程度の長さです。また、「つるはし」として使用する場合は、振り回しやすいように柄が短めのタイプがおすすめです。

トレッキングポールやストックなど杖専用の登山用品を持っていくとき、ピッケルまで柄が長いものを持っていくと荷物がかさばってしまいます。ピッケルは滑落防止専用として短めのものを持っていきましょう。

ピッケルのおすすめモデル

ブラックダイヤモンド(BlackDiamond) レイブンウィズグリップ BD31023

アメリカで誕生した登山用品メーカー「ブラックダイヤモンド」のピッケル。縦走用のスタンダードシリーズして知られている『レイブン』に、握りやすいデュアルデンシティグリップを採用したモデルで、雪面への打ち込みがしやすい鋭利なピックと雪を削りやすいブレードが特長です。

長さは55・60・65・70cmの4種類から選べます。また、ピッケルを体に繋ぎ留めておくためのリーシュが付いているのもポイントなので、雪山登山の入門用としておすすめです。

ブラックダイヤモンド(BlackDiamond) ベノムアッズウィズリーシュ 50cm BD31201

コスパが高い「ブラックダイヤモンド」のピッケルです。柄に緩やかな角度が付いているので、力強い打ち込みが可能。ピック部分も鋭く、滑落防止機能にも優れています。

一般縦走用としてはもちろん、ハイレベルなバリエーションルート用にも対応。中級~上級者向けのピッケルですが、比較的価格もリーズナブルなので、初心者の方にもおすすめです。

ペツル(PETZL) サミテック アッズ U15 P

フランスで生まれた登山用品メーカー「ペツル」のピッケルです。スチールステンレス製の石突きとカーブのついたシャフトにより、斜度のある雪面の歩行がしやすくなります。

傾斜が強いところでは工具なしで調節可能な「トリグレスト」が便利で、指をかけることで力強くピッケルを振ることが可能です。足場が険しい場所や高所など、しっかりとした足場が求められるシーンで活躍します。

ペツル(PETZL) グレイシャーライトライド U01B

「ペツル」の耐久性と軽量性に優れたピッケルです。ピック部分や石突き部分には頑丈なステンレスを採用。そして、柄には軽いアルミニウムを使っています。また、取っ手部分にはグリップ性能を上げるためにプラスチックを用いており、素材にこだわりが感じられるモデルです。

長さは60・68・75cmの3種類から選ぶことが可能。一般縦走用としてはもちろん、テクニカルなルート用としてもおすすめのモデルです。

Grivel(グリベル) エアーテックエヴォリューションGB GV-PI027GB

イタリアで有名なアウトドアブランド「グリベル」のピッケルです。ピックに施された鋭利な凹凸部分は深く、氷に打ち込んだ際にしっかりと食い込みます。熱鍛造一体成型ヘッドのため、耐久性も良好です。

また、柄の部分が緩やかなカーブを描いているのもポイント。難易度の優しい雪山から、急斜面のある岩場まで、幅広いシーンで活用できます。汎用性の高いピッケルを探している方におすすめです。