スニーカーの定番ブランドであるニューバランス。一般的にも認知度の高い人気ブランドですが、実はシリーズごとにそれぞれ特徴が異なります。

そこで今回は、ニューバランスの定番モデルの解説と人気モデルをランキング形式でご紹介。また、ニューバランスのスニーカーを使ったおすすめメンズコーデもピックアップしたので、合わせて参考にしてみてください。

ニューバランスの定番モデルは「996」と「574」

996シリーズ

By: rakuten.co.jp

ニューバランスを語るうえで欠かせない定番モデルといえば、996シリーズです。最先端のテクノロジーによって開発された素材「レブライト」を採用し、軽量感のあるスニーカーに仕上げています。

シルエットも細身でスエードとメッシュの組み合わせがスタイリッシュ。街歩きのスニーカーとしてはもちろん、ランニングにもおすすめのモデルです。

574シリーズ

By: zozo.jp

574シリーズは、オフロードランニング用のスニーカーとして開発されたモデル。ソール部分には凹凸があり、足場の悪い場所でもしっかりと地面をグリップします。

機能面にこだわっているモデルなので、デイリーよりもキャンプやハイキングといったアウトドアシーンに最適。履きやすさを重視している方は574シリーズがおすすめです。

「996」と「574」の違いは?

「996」と「574」の違いは大きく分けて、シルエットとソールの形のふたつです。まず、シルエットに関してはスリムなシルエットをしている996に対して574は横幅が広め。オフロードランニング用ということもあり、574はボリュームをもたせている印象です。

また、ソールの形状に関しては、996が道路など平坦な道を走ることからフラットな仕上がり。一方574には凹凸がついています。

おしゃれ好きは「1400」もチェック

By: shop.newbalance.jp

M1400のシルエットは他の人気モデルである996や574の中間をとったイメージで、シンプルでシャープな印象。996では細すぎる、574の丸みがあまり好みでないという方には1400がおすすめです。

ファッションに関心のある方に人気ですが、本モデルは2018年に生産が中止されており、ニューバランスのなかでも価格が高め。生産在庫があるのですぐに販売が終了するわけではありませんが、購入を検討している人は早めに購入するのがおすすめです。

ニューバランスのソールの種類

By: shop.newbalance.jp

ニューバランスのスニーカーは、900番台の発売をきっかけに機能的な進化を遂げています。特にソールにはさまざまな工夫が施されており、その形状や材質は多様。特に1000~2000番台、または復刻モデルにはさまざまなソールシステムがミックスされていることもあります。

エンキャップ

By: rakuten.co.jp

衝撃吸収性に優れたEVA素材を頑丈なポリウレタン素材に封入した構造です。EVA素材とは、エチレン酢酸ビニル共重合樹脂の略称でビーチサンダルや水に浮くバスマットなどに使われています。ポリウレタンは単体でもクッション性に優れているので、EVA素材との相乗効果で吸水性も良好です。

アパレルブランドで有名なラルフ・ローレン氏は、本タイプが採用された1300の履き心地を「雲の上を歩いているようだ」と表現したといわれており、長時間の歩行やランニングでも疲れを感じにくいソールとして定評があります。

レブライト

By: amazon.co.jp

ランナーにおすすめなのが本ソール。地面からの蹴り上げに対してレスポンスが早く、なにより驚異的な軽さが人気のポイントです。ミッドソール素材REV LITEに反撥性を加えていることで、ランニングの負荷が軽減し、より軽やかな走りを実現します。

ちなみにレブライトが登場する前にもアクティバという軽量ミッドソールがありましたが、同ソールに比べて約30%の軽量化を実現。ニューバランスの優れた独自技術により軽さとともに耐久性もしっかり維持しています。

アブゾーブ

By: rakuten.co.jp

はじまりは1993年に登場した998での採用。着地時に足が受ける衝撃を吸収することを重点的に開発されたソールです。着地のエネルギーをリターンする反発弾性を兼ね備え、強い衝撃を考慮したクッショニング素材を使用しています。

アブゾーブFLとは、ミッドソールの全面にアブソーブを使用したものの呼称です。より一段と柔らかくマイルドな履き心地かつ走行時の安定性を高め、靴を履くことの負担を感じさせないように設計されています。

C-CAP

By: rakuten.co.jp

本タイプが初めて搭載されたのは1985年の670モデル。当時、月星化成の主導でジャパンライセンスに沿って作られました。EVA素材を圧縮成型した構造で、ソールが潰れてしまうなどの劣化を防ぐ工夫が施されています。

クッション性能の持続力を格段に上げ、さらに素材の軽さを活かしたライトウェイトタイプもニューバランスならではの独自設計です。

ポリウレタンを使わずに、EVA素材のみで作られたミッドソールなので、軽さだけでなく加水分解しにくいのも特徴。エンキャップと比較して劣化や潰れを遅らせるというメリットがあります。

ニューバランスは生産国によって違いがある

By: shop.newbalance.jp

ニューバランスは本国アメリカだけでなく、イングランドやアジア各国で生産されています。一般的に安いモデルの生産国は、巨大工場ラインを抱える中国やベトナムのアジア圏。逆に高いモデルは本場アメリカやイングランドで生産され、工場ラインではなくプロの靴職人によるハンドメイドがメインです。

それぞれの特徴として、アメリカ製はクラフトマンシップに則り伝統的な工法を遵守。また、イングランド製は靴職人の伝統と技法・レザー加工技術が卓越しているのが特徴です。そして、アジア製は大量生産を目的とした工場生産の効率化を重視しています。

アメリカ・イングランド製は品質とオリジナリティを重視

By: rakuten.co.jp

アメリカ製は、インポートファッションが好きな方に人気。アメリカ製のモデルは、イングランド製よりも少し膨らみがある印象で、職人の手により一つひとつ丁寧に作られているのが特徴です。使われる素材は常に最先端のテクノロジーが活かされ、価格は高めですが満足度には定評があります。

イギリス製は、レザーモデルが多いのが特徴です。職人技を求めてイギリス工場が開設され、レザー素材の調達も国内で行っています。アメリカ製モデルに比べると、シャープでかっちりとした印象なので、きれいめな紳士服にはイギリス製ニューバランスがおすすめです。

アメリカ・イングランド製は品番でも判断できる

By: rakuten.co.jp

ニューバランスの品番を見ていると、M・CM・Uなどのアルファベットが数字の前についています。このMはアメリカ・イングランド製モデルにしかつきません。インポートを探す場合はMであることを確認しましょう。ちなみにCMがアジア製、Uはユニセックスモデルであることを示します。

1400など、アメリカ製の高品質モデルしか存在しないものもあれば、996や574は2種類の価格帯があり、生産国の違いではっきりと分かれています。1400に人気があるのは、絶対にアメリカ製だという確証があることもひとつの理由です。

アジア製はコストに優れている

By: rakuten.co.jp

アジア製の特徴は、アメリカ・イングランド製に比べてコストが安いことです。中国やベトナムはスニーカーに限らずあらゆるファッション製品を工場ラインで大量生産しています。

オリジナリティにこだわりがなく、毎日履くから気に入ったモデルをどんどん買い替えたいという方にとっては、アジア製のほうがコスパがよいこともあります。

ニューバランスの人気モデルランキング

第1位 ニューバランス(new balance) 996

900番台の3作目、発売から30年の歴史があります。990・995の次に当たり、エンキャップとCキャップを組み合わせたソールを採用しているので、歩行時のクッション性に優れています。洗練されたデザイン性にファンが多く、いわゆる900番台の定評を確立したといわれるモデル。

ニューバランスのベーシックなデザインなので、リピーターの多いロングセラーモデルです。

第2位 ニューバランス(new balance) 576

ニューバランスを代表するモデルのひとつで、ハードランナーにも好かれるオフロードモデルの名作といわれています。576オリジナルカラーとして人気が高いネイビーやコードバンと呼ばれる深みのあるバーガンディもコーディネートの挿し色として使いやすいカラーです。

近年はイングランド製限定でリリースされているので品質面でも安心。深い溝のあるアウトソールが特徴的で、耐久性にも優れています。

第3位 ニューバランス(new balance) 1400

アメリカで素材が高値のため生産できず、発売当初は日本でしか売られていなかったモデル。ニューヨークのリカーストアが別注したことをきっかけにアメリカでも人気に火が付きました。

クラシカルかつ王道ともいえるビジュアルは1300の後継として納得できる見た目。加えて1500は次世代的な雰囲気があるので、同じ1000シリーズでもそれぞれ違った魅力があります。

第4位 ニューバランス(new balance) 1700

1999年に登場した、1000番台最後のモデルです。価格は当時から高めでしたが、2016年の復刻企画では、ハロッズ別注カラーを再現しファンを賑わせました。ニューバランスのNのロゴが小さめで、全体的に固めのゴツゴツしたデザインがメンズスニーカーらしさを感じさせます。

第5位 ニューバランス(new balance) M1040

ランニングシューズとして人気がある本モデルは、フルマラソンやウルトラマラソンのような長距離ランナー向け。フィット感を向上させるために新設計を採用し、ドロップ数も前モデルの12mmから8mmに変更になりました。ドロップとは最近シューズ選びの新たな指標となっているもので、かかととつま先のソールの厚み差を示します。

ドロップは着地の負荷を示すもので、一般的にドロップが高ければかかとから着地するヒールストライクを意味し、ドロップが低ければ低いほど着地時に足裏をフラットにべたっと着く形です。

本モデルはスピード性を重視しているので、かかとを中心に衝撃を受け止め、次の一歩を反発させやすい設計です。長距離ランで生じやすい蒸れを軽減するための通気穴が大きなメッシュ・レブライトソール・さらに幅広対応の4Eウィズであるなどメンズランナーにおすすめしたい機能性に優れたスニーカーとして人気があります。

第6位 ニューバランス(new balance) U220

1970年代後期に本場アメリカで開発された220。1980年代からユニセックスモデルが発売されました。女性とお揃いで購入することも可能です。

元々、ランニングというよりはジョギング向きのシューズとして開発され、明るいカラーリングにスエードとナイロンが使われていることでカジュアルさとレトロな雰囲気が引き立ちます。

第7位 ニューバランス(new balance) ゴルフシューズ MGB574

ニューバランスはゴルフアパレルグッズも展開しており、ゴルフシーンにぴったりのスニーカーも販売しています。レザーソールで耐水性に優れ、雨の日でも安心。ドロップラストの採用でフィット感がよく、軽量で快適に運動できます。

かかとの白地にはさりげなく574の文字があり、主張しすぎない魅力的なブランドデザイン。ただし、他モデルに比べて若干サイズ展開が小さめなので、幅広の方は通常のサイズより0.5~1cmほど大きめを選ぶことをおすすめします。

ニューバランスのスニーカーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ニューバランスのスニーカーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

ニューバランスを使ったメンズコーデ

ジャケパンスタイルにニューバランスのスニーカー

By: wear.jp

ランニングをする上で機能的でありながら、クラシックな高級感を感じさせるニューバランスのスニーカーは、カジュアルな服装だけでなくはジャケットスタイルなどのきれいめコーデにも馴染みます。主にアメリカ・イングランド製のモデルがおすすめですが、特に人気の996モデルはシャープな印象でジャケパンコーデにも合わせやすいアイテムです。

鉄板!シンプルおしゃれなデニム素材×ニューバランス

By: wear.jp

デニム素材といえば、カジュアルコーデのスタンダードアイテム。ボトムス以外にも、デニム素材のアウターやトップスなどを合わせれば、全体的に本場らしい王道スタイルにまとまります。よりオリジナリティを重視するならば、アメリカ製やイングランド製を選ぶことでぐっと高級感も引き立つのでおすすめです。

スニーカーのフォルムをコーデの雰囲気に合わせて選ぶことが「こなれ感」を出すコツです。

迷ったらグレー!着回し抜群カラー

By: wear.jp

グレーはどんな色味も中和してくれる定番カラー。スニーカー以外のアパレルでも、展開色として多いカラーです。カジュアルにもドレスにも合わせやすいので、コーデが苦手な人にもオールマイティにマッチしてくれるのがグレーのよさ。性別も問わないので、プレゼントとしても贈りやすいカラーです。

スポーティーなネオンカラーを挿し色に

By: wear.jp

ランニングスニーカーには、蛍光色をあしらった派手なデザインのものがあります。クラシックスタイルとは正反対ですが、ネオンカラーを上手に取り入れたデザインも多く展開しているのもニューバランスの魅力です。

メンズコーデで陥りがちな黒や紺、グレーなどの比較的地味な色味で暗めのコーデでも、スニーカーに挿し色があるだけで全体の印象がガラリと変わります。

特にアクティブなスポーツシーンでは派手なカラーほど目を引きます。色選びで迷ったら、普段の服装や理想のスポーツシーンをイメージしてぜひ明るいカラーにも挑戦してみましょう。