スニーカーの定番ブランドであるニューバランス(New Balance)。一般的にも非常に認知度の高い人気ブランドですが、実はシリーズごとにそれぞれ特徴が異なります。

そこで今回はニューバランスの定番モデルの解説と、人気モデルをランキング形式でご紹介。また、ニューバランスのスニーカーを使ったおすすめメンズコーデもピックアップしたので、合わせて参考にしてみてください。

ニューバランスの定番モデルは「996」と「574」

996シリーズ

By: zozo.jp

ニューバランスを語るうえで欠かせない定番モデルといえば、996シリーズです。最先端のテクノロジーによって開発された素材「レブライト」を採用し、軽量感のあるスニーカーに仕上げています。

シルエットも細身でスエードとメッシュの組み合わせがスタイリッシュ。街歩きのスニーカーとしてはもちろん、ランニングにもおすすめなモデルです。

574シリーズ

By: zozo.jp

574シリーズは、オフロードランニング用のスニーカーとして開発されたモデル。ソール部分には凹凸がついており、足場の悪い場所でもしっかりと地面をグリップします。

機能面にこだわっているモデルなので、デイリーよりもキャンプやハイキングといったアウトドアシーンに最適。履きやすさを重視している方は574シリーズがおすすめです。

「996」と「574」の違い

「996」と「574」の違いは大きく分けて、シルエットとソールの形のふたつです。まず、シルエットに関してはスリムなシルエットをしている996に対して574は横幅広め。オフロードランニング用ということもあり、574はボリュームを持たせている印象です。

また、ソールの形状に関しては、996が道路など平坦な道を走ることからフラット、一方574には凹凸がついています。

ニューバランスの人気モデルランキング

第1位 ニューバランス(New Balance) 996シリーズ

91O-NlpjaHL._UL1500_

「996シリーズ」は、ニューバランスの中でも控えめなデザインが特徴。どんな服装にも合わせることができるため、初めてニューバランスのスニーカーを購入する方にもおすすめです。

カラーバリエーションも多いですが、中でも「サンド」カラーがおすすめ。抜け感のあるカラーでおしゃれな雰囲気を演出できます。

第2位 ニューバランス(New Balance) 574シリーズ

51WJdU1cw4L

商品価格 ¥ 10,584

ニューバランスの定番モデル「576シリーズ」の廉価版といえる「574シリーズ」。ニューバランスのスニーカーの中でも、最もオーソドックスな形状のシリーズなので、さまざまなコーディネートに合わせやすく人気です。

上位モデルと比べると履きやすさはやや劣りますが、コスパ良好のため気軽にニューバランスのスニーカーを履いてみたい方におすすめです。

第3位 ニューバランス(New Balance) 998シリーズ

81XK+PjeSEL._UL1500_

商品価格 ¥ 25,920

900番台の細めのシルエットに、厚めのソールを合わせたのが「998シリーズ」の特徴。少し小さめの「N」マークが大人っぽい雰囲気を演出します。

574や996に見られるような丸みはなく、つま先にかけて細くなるフォルムを採用。さらに、かかとからつま先にかけて徐々に低くなっている構造なので、かかとに掛かる負担を最小限に抑えられます。ただし、スエード素材なので雨の日には向きません。デニムパンツやスーツセットアップにも使える、おすすめスニーカーです。

第4位 ニューバランス(New Balance) 1500シリーズ

51PoOcdG9iL

「1500シリーズ」はニューバランスのアイコンである「N」のロゴを小さくしているのが特徴。通称“スモールNモデル”として知られているシリーズです。

1500シリーズは、他ブランドとのコラボ商品や別注商品などを数多くリリースしています。素材にメッシュと革をうまく組み合わせたスタイリッシュなデザインも魅力。ニューバランスはローテクスニーカーの印象が強いですが、本製品はハイテクな要素も程よく織り交ぜた注目のモデルです。

第5位 ニューバランス(New Balance) 1400シリーズ

91Dc02NBD+L._UL1500_

「1400シリーズ」は、名作「1300シリーズ」に続くフラッグシップモデルです。本シリーズの特徴は、ソールがギザギザになっている点。リブ付きのスウェットパンツなどと合わせれば、ストリートらしい雰囲気を演出できます。スエードも柔らかい素材のため、履き心地も良好です。

第6位 ニューバランス(New Balance) 1700シリーズ

71hiOVSGC5L._UL1500_

商品価格 ¥ 30,600

「1700シリーズ」は、前作の1600シリーズを彷彿とさせるデザインを残しつつ、培ってきた技術を随所に施した復刻版モデル。アウトソールには堅牢なラバーを採用し、ミッドソールにはエアーが埋め込まれているハイテクスニーカーです。

他のモデルとは異なる重量感に加え、「N」の字体も刺繍で編み込まれており高級感があります。サイズもやや小さめに設計されているので、0.5~1cm大きめのサイズを購入するのがおすすめです。

第7位 ニューバランス(New Balance) 1300シリーズ

商品価格 ¥ 32,000

「1300シリーズ」は、履き心地のよさにこだわりぬいたニューバランス屈指のハイエンドモデル。世界で初めてEVAとポリウレタンによる「エンキャップソール」を採用したと言われている一足です。

ファッション業界において多大な影響力を持つラルフ・ローレンが愛したアイテムとしても有名で、数多くのファンを持つロングセラーモデルです。

第8位 ニューバランス(New Balance) 576シリーズ

81n8Awqt-lL._UL1500_

商品価格 ¥ 27,843

「576シリーズ」は、ニューバランスの定番モデル。EVA素材をポリウレタン材に封入した構造の「エンキャップ」と、EVA素材を圧縮成型してクッション性能を向上させた「Cキャップ」を組み合わせた「ソールユニット」を搭載しています。

ランニングシューズとして開発された「576シリーズ」ですが、デザイン性の高さからタウンユースとしても多くの人に愛用されるモデル。レザー素材のスニーカーをお探しの方におすすめです。

第9位 ニューバランス(New Balance) MW880シリーズ

81GQCQMqPAL._UL1500_

商品価格 ¥ 8,900

「880シリーズ」は、アッパーに通気性のよいメッシュとスエードを採用したモデル。軽量でクッション性にも優れたミッドソール素材の「レブライト」など、ニューバランスの長年の技術が詰まった一足です。

ウォーキングシューズとしての履きやすさはもちろん、タウンユースにも使えるデザイン性の高さもポイント。スポーツミックスコーデにもぴったりです。

ニューバランスを使ったメンズコーデ

清潔感ある色合いで大人のスニーカーコーデ

By: wear.jp

白とブルー、グレーの3色を組み合わせて清潔感ある雰囲気にしているのがポイント。黒のサングラスがコーディネート全体を引き締めています。大人っぽいスニーカーコーデにするなら清潔感は必須。シンプルにまとめつつ、色の組み合わせで個性を出すのがおすすめです。

フォーマルなスタイルをスニーカーで程よくカジュアルダウン

By: wear.jp

上品な黒のセットアップをメインに、インナーのボーダーカットソーと足元のニューバランスのスニーカーでうまくドレスダウンしたコーデ。フォーマルなアイテムが中和されて、ショッピングやディナーといった日常の幅広いシーンで使えるスタイルに仕上げられています。

王道のアメカジコーデは簡単で真似しやすい着こなし

By: wear.jp

ニューバランスのスニーカーを使ったコーディネートで真似しやすいスタイルといえばアメカジ。このようにチェックシャツやデニムと合わせるのがおすすめです。

しかし、それだけでは味気ないので、シルエットで変化をつけるのがポイント。トップをタイト、ボトムをルーズにするなどして、ひと工夫加えるだけでもおしゃれになります。

スニーカーをアクセントに使った秀逸なテクニックが鍵

By: wear.jp

黒のコーチジャケットとワイドパンツのストリートスタイルに、ニューバランスのスニーカーでアクセントをつけたコーデ。あえてクラシックなデザインのスニーカーをチョイスしているのがポイントです。

スポーティーなアイテムを使ったミックスコーデもおすすめ

By: wear.jp

タートルネックニットとネイビーパンツのきれいめアイテムに、スニーカーとダウンベストでスポーツミックスに仕上げたコーデ。上品さとアクティブさの両方がバランスよくまとまっており、幅広い年齢層の方におすすめのスタイルです。

春のスニーカーコーデはマリンテイストな雰囲気が女子ウケ抜群

By: wear.jp

ネイビー×ホワイトのマリンコーデは春にぴったり。ニューバランスのスニーカーもホワイトにすることで、爽やかな統一感あるスタイルに仕上がっています。デートシーンにもおすすめです。

シンプル&モノトーンカラーでモードなスタイルに仕上げる

By: wear.jp

全体をモノトーンカラーでシンプルにまとめてモードな雰囲気を演出しているコーデ。トップスの丈感で変化をつけているのがおしゃれポイントです。ニューバランスのスニーカーを使ってかっこよくスタイリングしたい方は、黒やグレーといった色のアイテムを合わせるのがおすすめ。