スニーカーの定番ブランドである「ニューバランス」。一般的にも認知度の高い人気ブランドですが、実はシリーズごとにそれぞれ特徴が異なります。

そこで今回は、ニューバランスの人気モデルをご紹介。また、ニューバランスのスニーカーを使ったおすすめのメンズコーデもピックアップしたので、ぜひ参考にしてみてください。

ニューバランスの人気シリーズと特徴

996シリーズ

By: amazon.co.jp

「996」は、オンロードモデルが揃う990番台の代表作であり、ニューバランスにおいても定番のモデル。軽やかな履き心地と、幅広いコーディネートに対応できる汎用性の高さが魅力です。

採用されているのは、やや細身でスタイリッシュな印象のある「SL-1」の木型。足元をスッキリとスタイリングでき、今やカジュアルスタイルに欠かせないほどの人気を集めています。カラーラインナップも豊富なので、ニューバランスを初めて購入する方にもおすすめです。

574シリーズ

By: amazon.co.jp

ニューバランスの500番台は、悪路でも安定した走りを実現できるトレイルランニングモデルが揃います。なかでも、圧倒的な人気を誇るのが「574」シリーズです。

ハッキリとした凹凸のある硬めのソールが足への負担を軽減。より快適な履き心地を実現すべく、2018年にアップグレードしたモデルが発売されました。

木型にはニューバランスの定番のひとつである「SL-2」が採用されています。スリムなSL-1に比べるとぽってりとしたフォルムで、ボリューム感があるのが特徴。カジュアルスタイルにマッチします。

247シリーズ

By: amazon.co.jp

「247」は、2017年に登場したシリーズです。247という番号は、“24時間、7日間”からつけられたモノ。オンとオフの境目が曖昧になりつつある、現代のライフスタイルに寄り添うシューズとして発売されました。

人気モデルである「1300」「998」「576」をベースに作られたデザインは、モダンでスポーティー。高機能素材やテクノロジーを駆使し、快適な着用感を実現しています。

さらに、「Luxe」「Sport」「Classic」と、雰囲気の異なるモデルがラインナップされているのも特徴。最近では、より機能性を向上させたニューモデルが発売され、注目を集めています。

1400シリーズ

By: amazon.co.jp

おしゃれ感度の高い方から人気の「1400」シリーズ。本来であれば1000番台の1作目である「1300」に次いで発売される予定でしたが、開発当時の技術では量産が難しいという理由から、「1500」よりも後に発売されたという歴史があります。

1400の魅力は、高級感のあるデザインと快適なフィット感。価格はやや高めですが、スタンダードモデルにはない上品さを演出できます。汎用性が高く、キレイめなスタイルとの相性も良好。定番から一歩踏み込んだこだわりの1足が欲しい方は、ぜひチェックしてみてください。

ニューバランスのソールの種類

ニューバランスのスニーカーは、900番台の発売をきっかけに機能的な進化を遂げています。特にソールにはさまざまな工夫が施されており、形状や材質も多様。なかでも1000~2000番台、また復刻モデルにはさまざまなソールシステムがミックスされていることがあります。

エンキャップ

By: amazon.co.jp

エンキャップは、衝撃吸収性に優れたEVA素材を頑丈なポリウレタン素材に封入したソールです。EVA素材とはエチレン酢酸ビニル共重合樹脂の略称で、ビーチサンダルや水に浮くバスマットなどに使われています。ポリウレタンは単体でもクッション性に優れているので、EVA素材との相乗効果で吸水性も良好です。

アパレルブランドで有名なラルフローレンの創設者である、ラルフ・ローレン氏は、本タイプが採用された1300の履き心地を“雲の上を歩いているようだ”と表現したといわれており、長時間の歩行やランニングでも疲れを感じにくいソールとして定評があります。

レブライト

By: amazon.co.jp

レブライトはランナーにおすすめのソール。地面からの蹴り上げに対してレスポンスが早く、なにより驚異的な軽さが人気のポイントです。ミッドソール素材「REV LITE」に反発性を加えていることで、ランニングの負荷が軽減し、より軽やかな走りを実現します。

ちなみに、レブライトが登場する前にも「アクティバ」という軽量ミッドソールがありましたが、同ソールに比べて約30%の軽量化を実現。ニューバランスの優れた独自技術により、軽さとともに耐久性もしっかり備えています。

アブゾーブ

By: amazon.co.jp

アブゾーブは、1993年に登場した998で採用されたソール。着地時に足が受ける衝撃を吸収することに重点を置いて開発されました。着地のエネルギーをリターンする反発性を兼ね備え、強い衝撃を考慮したクッショニング素材を採用しています。

なお、「アブゾーブFL」とは、ミッドソールの全面にアブソーブを使用したモノの呼称です。より一段と柔らかくマイルドな履き心地で、走行時の安定性を高め、靴を履くことの負担を感じさせないように設計されています。

C-CAP

By: amazon.co.jp

1985年の670モデルに初めて採用されたソール。当時、月星化成の主導でジャパンライセンスに沿って作られました。EVA素材を圧縮成型した構造で、ソールが潰れてしまうなどの劣化を防ぐ工夫が施されています。

クッション性能の持続力を格段に上げ、さらに素材の軽さを活かしたライトウェイトタイプもニューバランスならではの独自設計です。

ポリウレタンを使わずに、EVA素材のみで作られたミッドソールなので、軽さだけでなく加水分解しにくいのも特徴。エンキャップと比較して、劣化や潰れを遅らせるメリットがあります。

ニューバランスは生産国によって違いがある

ニューバランスは本国アメリカだけでなく、イングランドやアジア各国で生産されています。一般的に安価なモデルの生産国は、巨大工場ラインを抱える中国やベトナムなどのアジア圏。一方、高価なモデルは本場アメリカやイングランドで生産され、工場ラインではなくプロの靴職人によるハンドメイドがメインです。

それぞれの特徴として、アメリカ製はクラフトマンシップに則り、伝統的な工法を遵守。また、イングランド製は靴職人の伝統と技法、そしてレザー加工技術が卓越しているのが特徴です。一方、アジア製は大量生産を目的とした工場生産の効率化を重視しています。

アメリカ・イングランド製は品質とオリジナリティを重視

By: amazon.co.jp

アメリカ製は、インポートファッションが好きな方に人気。アメリカ製のモデルは、イングランド製よりも少し膨らみがある印象で、職人の手によりひとつひとつ丁寧に作られているのが特徴です。使われる素材は常に最先端のテクノロジーが活かされ、価格は高めですが満足度には定評があります。

また、イギリス製はレザーモデルが多いのが特徴です。職人技を求めてイギリス工場が開設され、レザー素材の調達も国内で行っています。アメリカ製モデルに比べると、シャープでかっちりとした印象なので、キレイめな紳士服にはイギリス製のニューバランスがおすすめです。

アメリカ・イングランド製は品番でも判断できる

ニューバランスの品番を見ていると、MやCM、Uなどのアルファベットが数字の前についているモノがあります。このMはアメリカとイングランド製モデルにしかつきません。インポートを探す場合は、数字の前にMのみがついたモデルであることを確認しましょう。そして、CMがアジア製、Uはユニセックスモデルという意味です。

1400など、アメリカ製の高品質モデルしか存在しないモノもあれば、996や574は2種類の価格帯があり、生産国の違いではっきりと分かれています。1400に人気があるのは、絶対にアメリカ製だという確証があることもひとつの理由です。

アジア製はリーズナブル

By: amazon.co.jp

アジア製の特徴は、アメリカやイングランド製に比べて価格が安いことです。中国やベトナムはスニーカーに限らず、あらゆるファッション製品を工場ラインで大量生産しています。

オリジナリティにこだわりがなく、毎日履くから気に入ったモデルをどんどん買い替えたい方にとっては、アジア製のほうがおすすめです。

ニューバランスのおすすめモデル

ニューバランス(new balance) ML574

ニューバランスを代表するスニーカーのひとつである「ML574」。カジュアルな装いにマッチする、ぽってりとした丸みのあるフォルムが特徴で、年齢を問わず高い人気を集めるモデルです。

2018年に機能面のアップデートが行われ、フィット感・クッション性・グリップ性が向上。さらに、インソールの素材も変更することで、より快適な履き心地が味わえる1足へと進化しました。

ミッドソールにはクッション性と安定性に優れたエンキャップを採用。控えめな価格設定でコストパフォーマンスに優れているのも人気の理由です。

ニューバランス(new balance) CM996

不動の人気を誇るニューバランスの定番モデル。「996」にはアメリカ製のモデルもありますが、本アイテムはアジア製でトライしやすい価格なので、幅広い年代の方から人気を集めています。

細身でスタイリッシュなフォルムが特徴で、カジュアルな着こなしだけでなくキレイめコーデにも難なくマッチ。ビジネスカジュアルスタイルとも相性がよく、通勤用スニーカーとしてもおすすめです。

ミッドソールには加水分解しにくいC-CAPを採用しており、長い期間クッション性が持続。履き心地もよく、色違いで揃えたくなるおすすめのスニーカーです。

ニューバランス(new balance) U220

「U220」は、コストパフォーマンスの高さで人気のモデルです。アジア製で価格がリーズナブルなうえ、どんな雰囲気の着こなしにも合う汎用性の高さが魅力。ニューバランスのスニーカーを初めて購入する方にもおすすめです。

どこか懐かしいレトロなルックスも人気のポイント。細身なので、ジャケットとデニムのようなややキレイめの着こなしにもマッチします。

また、春夏コーデに映える爽やかなカラーから、秋冬にぴったりの落ち着いた色味までバリエーションも豊富。カラーにこだわりたい方は、チェックしてみてください。

ニューバランス(new balance) MS247v2

人気の「MS247」の2代目として、2018年に登場した「MS247v2」。スポーツタイプのスニーカーで、履き心地や機能性にこだわる方におすすめです。ミッドソールには軽さとクッション性に優れたレブライトを採用しています。

カジュアルコーデの足元に取り入れれば、グッとスポーティーなテイストに。スリッポン構造になっており、靴紐をきつく結ばなくても足にしっかりフィットします。クラシックタイプのニューバランススニーカーを愛用している方も、新鮮な履き心地を味わえるおすすめのモデルです。

ニューバランス(new balance) M576

1988年の発売以来、着こなしにこだわるおしゃれな方から支持される「M576」。レザーアッパーの上品な表情は上品な着こなしと好相性で、スニーカーながらきちんと感のある足元を演出できます。

500番台モデル特有のどっしりと重厚感のあるフォルムとゴツゴツしたアウトソールも特徴。上品さのなかに男らしさも感じられ、ワンランク上のスニーカーコーデが叶います。

ミッドソールにはC-CAPを採用することで安定感のある履き心地を実現。長く履ける高品質なモデルを探している方に、特におすすめの1足です。

ニューバランス(new balance) M999

1996年に発売された「M999」の復刻モデル。アメリカ製で、ミッドソールには衝撃吸収性と反発性を兼ね備えたアブゾーブを採用しています。

細身のモデルが揃う900番台のなかでは珍しく、やや丸みを帯びたフォルムが特徴。ソールが厚く、ダッドスニーカーに注目が集まっている昨今のトレンドにもマッチする1足です。

また、ニューバランスのシンボルであるNマークが小さいのもポイントで、「574」や「996」などの定番モデルとはひと味違う表情。人とかぶりたくない方におすすめのモデルです。

ニューバランス(new balance) M801

ボリューミーなフォルムとゴツゴツとしたアウトソールが特徴のトレイルランニングシューズ。凹凸のある道も難なく走破できる機能性を有しており、アクティブなライフスタイルの相棒に適しています。

衝撃吸収性に優れたアブゾーブを前足部とかかと部分に配置。また、独特のトレッドパターンを備えたラバーアウトソールが地面をしっかりグリップします。

カジュアルコーデに取り入れれば、インパクトのある足元に。ボリューム感を際立たせるべく、着こなしの際は裾が絞られたテーパードパンツやハーフパンツと合わせるのがおすすめです。

ニューバランス(new balance) M1300

エンキャップが初めて採用された、1985年発売の人気モデル。ニューバランスのスニーカーのなかでも、特に履き心地のよさに定評のある1足です。

フォルムはやや丸みがあり、レトロ感のあるルックス。足元にほどよいボリューム感をプラスできます。アンクル丈のパンツなど、スッキリとしたボトムスと好相性です。

複数のカラーが展開されていますが、落ち着いた色味が多いので大人の男性にぴったり。アメリカ製の高級モデルなので品質も高く、ひとつのスニーカーを大切に長く履き込みたい方におすすめです。

ニューバランス(new balance) M998

衝撃吸収素材のアブゾーブをソールに初めて採用した「M998」の復刻モデル。ニューバランスのなかでは細身のフォルムで、初心者でも履きこなしやすいアイテムです。

ミッドソールはフォアフット部にC-CAPを、ヒール部分にはエンキャップを使用。高い走行安定性により、快適な履き心地を提供します。

ピッグスキンスエードを中心に、ペブルレザーやリフレクター、メッシュなどをパーツごとに使い分けてバランスよく配置しているのもポイント。ニューバランスの代名詞ともいえるグレーでまとめたおすすめの1足です。

ニューバランス(new balance) CT10

1970年代に発売されたコートシューズ「ET30」のデザインをベースにしつつ、キャンバスアッパーで軽やかに仕上げた1足。インジェクションEVAソールを採用することで、驚くほどの軽量性を実現しています。

無駄な装飾を省いたプレーンなデザインで、コーデに取り入れやすいのも嬉しいポイント。カジュアル、キレイめのどちらにも合わせられるオールマイティーなスニーカーとしてデイリーに活躍します。

さらに、リーズナブルな価格設定も魅力。ガシガシ履き込み、短いサイクルで買い替えていくスタイルの方におすすめです。

ニューバランス(new balance) MS574

定番モデルの「574」にスポーティーなテイストをプラスし、モダンな雰囲気へとアップデートさせた注目の1足。スリッポン構造になっており、簡単に着脱できます。

ソールには、高機能テクノロジープラットフォーム「フレッシュフォーム」を採用。ランニングシューズにも用いられるソールで、独特の凹凸デザインを備えているのが特徴です。軽量でクッション性と安定性のバランスがよく、スムーズな走りをサポートします。

また、スタイリッシュなフォルムも魅力。機能的かつ、おしゃれなコーデも叶うおすすめのスニーカーです。

ニューバランス(new balance) M1400

高級感のある表情と、どんなファッションにも合わせやすいシンプルさが魅力の「M1400」。本製品は、アメリカを代表するカジュアルブランド「J.CREW」とコラボレーションしたモデルです。

1000番台のモデルで唯一、ややゆったりとした設計のSL-2と呼ばれる木型を採用。丸みを帯びたフォルムが優しい印象を与えます。

また、エンキャップとC-CAPのテクノロジーを組み合わせることで、高いクッション性と安定性を実現しているのも魅力。時を経ても色褪せることのない普遍的なデザインで、長く愛用できるおすすめの1足です。

ニューバランス(new balance) M1700

ニューバランスのテクノロジーを惜しみなく注ぎ込んだハイスペックモデルです。足への衝撃を和らげるアブゾーブをフルレングスで搭載。さらに、エンキャップとC-CAPも組み合わせることで極上の履き心地を実現しています。

見た目はややゴツめで個性的なので、周りとは違うファッションを好む方におすすめ。正統派な着こなしのハズしアイテムとしても重宝します。

アウトソールには耐摩耗性に優れた「Ndurance」を採用し、タフさもプラス。値は張るものの、1度履くとクセになる履き心地に優れたおすすめモデルです。

ニューバランス(new balance) M990v5

1982年の発売以来、時代に合わせたアップデートを重ねることで高い人気を維持している「M990」。本アイテムは2019年に発売された5代目モデルで、機能性と耐久性の高さが魅力です。街履きスニーカーとしてはもちろん、ランニングにも適しています。

初代から続く「スリップラスティング製法」により、包み込まれるような履き心地を実現。さらに、エンキャップとアブゾーブを組み合わせたミッドソールにより快適性を向上させています。

外観はハイテク感がありモダンな印象。シルエットもスッキリとしているのでスマートに履きこなせます。

ニューバランス(new balance) CM997H

1990年発売のモデル「M997」のフォルムを継承しつつ、ソールをアップデートして機能性を向上させた1足です。アッパーはシンセティックレザーとメッシュのコンビネーション。アジア製モデルなので、アメリカ製に比べてグッとリーズナブルで気軽にトライできるのが魅力です。

横幅が狭めの細身フォルムで、キレイめスタイルとも好相性。コーデに取り入れやすいベーシックカラーのほか、着こなしのポイントになるレトロなカラーもラインナップしています。

ニューバランス(new balance) M992

ニューバランスが100周年を迎えた2006年に発売され注目を集めた「M992」。本アイテムは2020年に発売された復刻モデルで、当時のテクノロジーを忠実に再現しているのが特徴です。アッパーには上質なピッグスキンスエードを採用しており、高級感があります。

ミッドソールに採用されているのは、高い衝撃吸収性・反発弾性・耐久性を有する「ABZORB SBS」。そのほか、スムーズな歩行を叶える「TS2」や摩耗に強い「Ndurance」など、快適性を向上させる機能がギュッと詰め込まれています。

ニューバランス(new balance) MS997

細身フォルムが特徴の「997」をスポーツタイプにアレンジした注目のモデル。定番のニューバランススニーカーとは毛色の異なるスタイリッシュかつモダンな雰囲気が魅力です。

また、ボリューミーでハイテク感のあるソールも目を引くポイント。エンキャップとアブゾーブを融合させた「ENCAP REVEAL」ミッドソールはクッション材が外側から見えるようデザインされているのが特徴で、衝撃吸収性と安定性に優れています。

ブーティ構造を採用しており、着脱が容易なのもメリット。軽やかなスタイルを演出できるおすすめの1足です。

ニューバランス(new balance) U520

1970~80年代に稼働していたアイルランド工場で発見された、型番不明のランニングモデルを復刻することで生まれた「U520」。レトロな表情がおしゃれ心をくすぐります。

横幅が細く、ソールも薄めのスッキリとしたルックスで軽快な足元を演出。モダンなジャケパンスタイルのハズしアイテムにもぴったりです。トライしやすいリーズナブルな価格も嬉しいポイント。汎用性の高いカラーがラインナップされているので、好みに合わせて選んでください。

ニューバランス(new balance) MW880G

ニューバランスの定番メンズウォーキングシューズ「MW880」のゴアテックス搭載モデル。防水性の高さに定評があり、デイリーユースだけでなくトラベルシーンでも重宝します。

さらに、快適な歩行を叶えるテクノロジー「WALKING STRIKE PATH」を採用しているのも特徴。アウトソールに独特の溝を施すことで、スムーズな体重移動を可能にしています。

主張が強すぎないシンプルなデザインで、通勤用のスニーカーとしても人気。憂鬱な梅雨時期の外出も快適に過ごせるおすすめの1足です。

ニューバランス(new balance) FRESH FOAM CRAG M

1990年代のトレイルランニングシューズから着想を得てデザインされた重厚感のあるモデル。ボリューミーなアッパーと分厚いソールを組み合わせたインパクト満点のフォルムが特徴で、印象的な足元を演出できます。

レトロな雰囲気の色使いも注目ポイント。コーデが物足りないと感じるときに投入すれば、ほどよく個性的でひねりのあるスタイルが完成します。アウトドアシーンなどタフな環境下でも確かなパフォーマンスを発揮し、街履きでもおしゃれにキマるおすすめの1足です。

ニューバランス(new balance) MX608

ダッドシューズの流行により注目度が増している1足。韓国でその人気に火がつき、日本でもファッション感度の高い層から熱い視線を集めています。

最大の特徴は、ほかのモデルとは一線を画すボリューミーなフォルム。ソールも分厚く、コーデの主役として活躍できるほどの存在感があります。

また、ミッドソールにはアブゾーブを採用しており、クッション性も良好。トレンド感のあるコーディネートを目指したい方におすすめのスニーカーです。

ニューバランス(new balance) NM212

アクションスポーツライン「ニューバランスヌメリック」の1足。スケートボードのパフォーマンスを高めるさまざまな機能が詰め込まれており、スポーティーなルックスも魅力です。

摩耗しやすいトゥ部分は、2層スエード構造で耐久性を強化。また、アブゾーブを搭載したカップインソールを採用することで、心地よいフィット感を実現しています。

コートシューズから着想を得たスマートなフォルムが軽快な足元を演出。汎用性の高いベーシックカラーからインパクトのある鮮やかなカラーまでバリエーション豊富で、色選びも楽しいモデルです。

ニューバランスのスニーカーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ニューバランスのスニーカーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

ニューバランスを使ったメンズコーデ

細身の黒スニーカーで足元を引き締め

By: wear.jp

キレイなグリーンカラーが映える、おしゃれな夏のメンズコーデです。ラフなサイズ感のシャツをざっくりと羽織り、ストリートテイストのスタイリングに。ショートパンツと組み合わせた軽快なスタイルは、街歩きはもちろん、アクティブシーンにもマッチします。

足元を飾るのは、不動の人気を誇る「996」です。細身フォルムのスニーカーを取り入れることで、カジュアル度の高い着こなしがグッと引き締まった印象に。クールなブラックの色味も効いています。

淡いグレーカラーで軽やかな足元を演出

By: wear.jp

白シャツを使った爽やかなメンズコーディネートです。色数を絞り、ホワイト×ネイビーでシンプルにまとめることで、よりクリーンさがアップ。ゆったりとした上半身のシルエットと、キレイにテーパードするボトムスのバランスも絶妙です。

足元には、ニューバランスで人気のグレーカラースニーカーをチョイス。淡めの色合いが夏コーデと好相性で、軽快な印象にまとまっています。ベーシックなアイテムの組み合わせなので再現しやすく、すぐに取り入れられるおすすめの着こなしです。

セットアップコーデにこなれ感をプラス

By: wear.jp

通勤やオフィスにおすすめのビジネスカジュアルコーデです。足元にはスッキリとしたコートシューズタイプのニューバランススニーカーを投入。きちんと感のあるセットアップコーデにも難なく馴染み、こなれたスタイルに仕上がっています。

インナーに丈が長めの白Tシャツをチョイスしたややラフなスタイリングながら、セットアップとスニーカーを落ち着いた色味でまとめているため大人っぽい印象に。上品なビジネスコーデを目指す方は、ぜひ参考にしてみてください。

絶妙なカラーリングのバランスを参考に

By: wear.jp

トレンド感のあるペールトーンカラーのパーカーを主役に構成したカジュアルコーディネート。ビビッドなオレンジのキャップと組み合わせ、メリハリのあるカラーリングに仕上げています。ミニショルダーバッグを用いた軽快なスタイリングもコーデの旬度を高めているポイントです。

上半身に鮮やかなカラーを用いている分、下半身はシックな色味にまとめてバランスを調節。スニーカーの色選びに悩んでしまうようなコーデも、ニューバランスのシンプルなグレースニーカーならスッキリまとまります。