高性能のゲーム機、PS4。高画質、高音質が魅力です。せっかくのPS4、クオリティを最大限に活かしてプレイしたいですよね。PS4のいいところ全てを活かすには、高画質テレビだけでは足りません。特にRPG、FPSなどのゲームでは、緻密で立体的な音響がプレイを左右します。

また、ボイスチャットが重要なゲームではマイクも必要です。そこで便利なのが、高音質ヘッドホンとマイクが一体になっているPS4対応ヘッドセット。今回は、PS4のプレイにおすすめのヘッドセットを厳選してご紹介します。

おすすめのPS4用ヘッドセット7選

ソニー(SONY) ワイヤレスサラウンドヘッドセット

41jljrl0ujl

商品価格 ¥ 10,481

ソニーが自社で開発したPS4対応純正ヘッドセットです。使用方法は付属のアダプターをPS4本体USBポートに接続するだけ。遅延のないデジタル伝送によるワイヤレスで、サウンド聴取とボイスチャットの両方が可能です。

しかも、音声とチャットのボリュームも独立調整可能。USB接続でこれができるのはソニーだけなんです。ボリュームをはじめ、各種操作も耳元スイッチでできるのも便利でおすすめ。7.1chバーチャルサラウンド機能も装備しています。

一部の対応ゲームに最適化したサラウンドを実現できる専用アプリも見逃せません。PS4のための特別な設計が満載。PS4で使いたいヘッドセットとして、まずは一番におすすめできる製品です。

ソニー(SONY) プレミアムワイヤレスサラウンドヘッドセット CUHJ-15005

31gusodyhbl

商品価格 ¥ 23,050

上記のヘッドセットの上位機。上記のヘッドセットの機能、特徴は全て備えています。さらに、本機の3Dオーディオに対応しているPS4ゲームで、全方位での立体的なサラウンドを再現可能。圧倒的な迫力で一層の没入感を演出しますよ。

大口径50mmのダイナミック型ユニットを搭載。ワイドレンジで精密なサウンドにより、音楽、映画観賞用のヘッドホンとしても遜色ない高音質です。3バンドで音質を自由に調整できるイコライザー機能もおすすめポイント。自分だけのこだわりの音を追求できますよ。購入のための予算があるなら、断然おすすめです。

TRITTON Kama Stereo Headset MCS-KAM-SHS-BKZ

商品価格 ¥ 3,914

マイク性能に優れたおすすめのPS4対応ヘッドセットです。接続は4極ステレオミニ。上位機から、ボリュームとマイクミュートボタン付属のインラインコントローラー、高音質40mmドライバー、フレキシブルマイクを継承した廉価版のヘッドセットです。

TRITTONはソニーオフィシャルライセンス品も手掛けているだけに、しっかりとPS4とのマッチングを考慮した音質が保証されていて、使い勝手もバツグン。特に小さい声でマイクに向かった際の集音力に定評があります。夜間のプレイにおすすめですね。

ソニー以外から4極ミニプラグ接続タイプを探すならまずおすすめ。価格の安さもうれしいですね。

ロジクール(Logicool) G433 7.1chサラウンドゲーミング

マイク部分が脱着可能なPS4向けゲーミングヘッドセット。こちらは、PS4だけではなく、Nintendo Switchやスマホ、Xboxなどさまざまなデバイスに対応しています。幅広いハードウェアでゲームをしたい人におすすめです。

40mmのドライバーが採用されているため、高音質。圧がかかったような重低音も魅力的です。また、7.1chのサラウンド仕様のため、FPSなどのゲームにも最適。

臨場感を感じられるヘッドセットで、PS4ゲームを楽しんでみてください。

Sades USB有線ゲーミングヘッドセット SA-922

518ryfwjtwl

商品価格 ¥ 3,999

PS4対応のリーズナブルなヘッドセット。USBと4極ステレオミニ入力に対応しています。40mm径ダイナミック型ユニットを採用した、開放型ヘッドホンなので、音楽鑑賞にも最適。長時間使用しても疲れにくい軽さもおすすめポイントの1つです。

USB接続によるPC用ヘッドセットとしても使える多用途性も魅力。リーズナブルなので、初めての1台や、サブ機にもおすすめ。ただし、音漏れが大きいので、家族に迷惑をかけないよう、自宅でも大音量再生に気をつけましょう。

ゼンハイザー(SENNHEISER) 密閉型ゲーミングヘッドセット GAME ZERO 506079

41ottkihbvl

商品価格 ¥ 21,852

音楽用の高音質とゲーマー向け機能が高度に両立されたヘッドセット。4極ステレオミニ入力専用です。立体的な音像認知を高める独自のEARテクノロジーにより、空間性と位置情報、さらには豊富な情報量を兼備したサラウンドサウンドを響かせます。

ヘッドホンの老舗のノウハウを生かした大型ハウジング密閉型設計もおすすめポイント。アコースティック楽器での滑らかな質感表現は、他のゲーミングヘッドセットでは得難いレベルです。高級ヘッドホンでの技術を生かしたイヤーパッド設計による快適な装着性も見逃せません。

音楽、ゲーム、映画のいずれもハイレベルに聴きたい方に大いにおすすめします。

レイザー(Razer) 7.1chゲーミングヘッドセット ManO'War RZ04-01490100-R3A1

51tg16iwy3l

商品価格 ¥ 21,107

USB接続専用で7.1chサラウンド対応のワイヤレスヘッドセットです。世界的なゲーミングデバイスメーカーによる代表機。多彩な7.1chバーチャルサラウンド機能を有する多機能機ですが、PS4接続ではステレオ再生のみとなります。独自アルゴリズム採用デジタルマイクによる、クリアな送話品質は圧巻。

耳をすっぽりと覆う柔らかいイヤーパッドと、ゲーマーの使いやすさを考え抜いたデザインにより、疲労感が少ないのもおすすめポイントです。せっかくの機能性を活かすにはPCとの使用もおすすめ。PS4以外にも幅広くゲームを楽しむヘビーユーザーに大いにおすすめできます。

PS4用ヘッドセットのAmazonランキングをチェック

PS4用ヘッドセットのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

PS4用ヘッドセットの選び方

デジタル接続かアナログ接続か

By: amazon.co.jp

PS4にヘッドセットを接続する方法は2つあります。1つは本体のUSBポートに接続するUSBデジタル接続。もう一つは、コントローラーの4極ステレオミニ端子へのアナログ接続です(CTIAタイプが必須)。

いずれか、あるいは両方に対応するヘッドセットなら、PS4で使えます。一般的にはデジタル接続の方が高音質。一方で、アナログ接続タイプのものには安価な機種が多いので、手軽に導入できるメリットがあります。なお、USB接続タイプはPC専用でPS4では使えない機種もあるので、よく確認してください。

有線か無線か

By: amazon.co.jp

Bluetoothワイヤレスヘッドセットも普及しています。ですが、PS4でのBluetoothは使用が難しいため、おすすめできません。まず、PS4はBluetoothオーディオ送信に非対応です。しかし、アナログ接続タイプのBluetoothレシーバーをコントローラーに接続すれば使えます。

しかし、BluetoothはFPSをはじめ、ゲームでは致命的となる映像と音声のズレが起こるため、使わない方が無難ですね。

となると、PS4でのヘッドセットはUSB/4極ステレオミニによる有線接続使用が基本となります。それでも、ソニーの純正ヘッドセットと、一部のUSB接続ヘッドセットでは、USB入力によるワイヤレスに対応します。これは、遅延の無い独自無線方式ですので、PS4でのゲームプレイにも安心して使えますよ。

サラウンドの品位

By: amazon.co.jp

ゲーミングヘッドセットの多くは、RPG、FPSゲームのリアルさをアップさせるため、サラウンド(立体音響再現)機能を持っています。上下左右、さらには後方の音まで、人、乗り物などの移動を、存在感を持たせて3次元的に伝えてくれます。爆発のリアルさも圧巻ですよ。

バーチャルサラウンドには一般的な5.1chから7.1chまであります。よりチャンネルが多いほどハイクオリティー。ゲームの世界に没入したいなら、こだわってみてはいかがでしょうか。なお、PS4とのUSB接続ではサラウンドが無効になる場合もあります(ソニー以外)。アナログ接続にすると有効になりますよ。

マイク、ヘッドホンの品位で選ぶ

By: amazon.co.jp

FPSでのボイスチャットを重視する場合は、マイク品位にもこだわりましょう。周囲の騒音を減少させて送話できるノイズキャンセリング機能がおすすめ。相手に自分の音声をはっきり伝えられるので、コミュニケーションもアップし、ゲームプレイにも好影響です。

PS4は、CD、BDなども再生でき、音楽、映画プレーヤーでもあります。ゲーム以外のソースも高音質で聴きたいなら、オーディオ面にも実績のあるメーカーがおすすめです。純正のソニーがまずおすすめ。次に、世界的ヘッドホンメーカーであるゼンハイザーもおすすめです。

装着感で選ぶ

By: amazon.co.jp

長時間使用も多いPS4用ヘッドセットでは、音質以外に装着感も重要。音質だけを重視していると、ヘッドホン本体が大きく、重くなりがちです。装着感も重くなりやすいので、できれば実際に装着して確認しましょう。

高級機になると、たとえ本体自体が重くても、厚く、柔らかいイヤーパッド、しなやかなヘッドバンドなどによって、快適さを高めている機種もあります。また、基本的に開放型ヘッドセットは軽量なので、装着性重視ならおすすめ。ただし、音漏れがあるので、音が周囲に聴こえても構わない環境が前提となります。