PS4でFPSやMMOなどのオンラインゲームをプレイしている方におすすめなのが「ヘッドセット」。ヘッドホンとマイクが一緒になった周辺機器のひとつで、快適にボイスチャットを楽しめます。

そこで今回は、PS4用ヘッドセットのおすすめ製品をご紹介。格安モデルから有名メーカーの高性能モデルまでピックアップしているので、購入を検討中の方はぜひチェックしてみてください。

PS4用ヘッドセットの選び方

接続方法をチェック

ヘッドセットをPS4に接続する方法は、大きく分けると「有線」と「無線(ワイヤレス)」の2種類に分類されます。いずれも一長一短があり、どちらがよいとは言い切れません。それぞれの特徴についてしっかりと把握しておきましょう。

充電不要な「有線タイプ」

By: amazon.co.jp

有線タイプのヘッドセットは、PS4またはコントローラーとケーブルで接続します。無線タイプと比べて音の遅延が少ないので、FPSやリズムゲーといったゲームをプレイするときにおすすめ。また、充電をしなくてよいのも大きな魅力です。

有線のうち、USB端子を採用しているのが「USB有線接続」方式。PS4本体のUSBポートに挿すだけで使える手軽さがポイントです。PS4から離れてプレイする際は、ケーブルの長さに注意しておきましょう。3m程度あると安心です。

一方、ヘッドホン端子とマイク端子が一緒になった4極プラグ端子を採用しているのが「4極ミニプラグ接続」方式です。DUALSHOCK 4と接続するのが特徴で、コントローラーの電波が届く範囲内であれば、ワイヤレス感覚で自由に移動できるのが魅力。ただし、コントローラーをよく動かす方はケーブルが気になる可能性があるので注意しましょう。

ケーブルから解放される「無線タイプ」

By: amazon.co.jp

無線タイプのヘッドセットは、ケーブルの代わりに電波を使って音声データをやり取りするのが特徴。首回りがスッキリするので、ゲームにより集中することが可能。以前は音の遅延問題がありましたが、最近は高性能なモデルが増えており、ほとんど遅延のないヘッドセットも登場しています。

無線タイプのうち、USBレシーバーとヘッドセット間で無線接続するのが「USBレシーバー接続」方式です。PS4本体のUSBポートにレシーバーを接続するだけで設定完了。手軽にワイヤレスヘッドセットを使いたい方におすすめです。

一方、PS4本体とヘッドセット間で無線接続するのが「Bluetooth接続」方式。USBポートを使用しないため、外付けHDDなどを接続して既にポートが埋まっている状態でも、安心して使えます。ただし、USBレシーバー接続と比べて若干音が遅延しやすい傾向にあるので注意しましょう。

ハウジングの構造をチェック

ハウジングとは、ヘッドセットの耳を覆うイヤーカップ部分のことです。ハウジングが密閉されているタイプを「密閉型」、メッシュ素材などで解放されているタイプを「解放型」と呼びます。構造によって音の聞こえ方や装着感などが変わるので、それぞれの違いをチェックしておきましょう。

音楽やBGMに集中できる「密閉型」

By: amazon.co.jp

ハウジングが完全に覆われている密閉型ヘッドセットは、遮音性に優れているのが特徴。ヘッドホンスピーカーから発せられる音が外に漏れにくいのはもちろん、外部からのノイズも聞こえにくいのでゲームに集中できます。

また、スピーカーから出る音が内部で反響するため低音が得意なのもポイント。響くような迫力のあるサウンドが好きな方におすすめです。

音がクリアに聞こえる「開放型」

By: amazon.co.jp

ハウジングが密閉されていない開放型ヘッドセットは、ハウジング内に音がこもりにくく、聞き疲れしにくいのが特徴。また、密閉型と比べて通気性に優れているため、熱気がこもりにくいのもメリットです。

ただし、開放型は遮音性が低い点がデメリット。ゲーム音が外に漏れやすいので、同居している場合は注意が必要です。また、外からの音も聞こえやすいため、騒がしい場所での使用には向いていません。

マイク性能をチェック

By: amazon.co.jp

ヘッドセットのマイクは、大きく分けると「無指向性」と「指向性」の2つに分けられます。無指向性マイクは、周囲の音をそのまま拾うのが特徴。衣擦れの音や生活音などがほかの人に聞こえてしまう可能性がありますが、環境に注意すれば問題なく使えます。

一方、指向性マイクは、特定の方向から音を拾うように設計されているのが特徴。周囲のノイズを低減しつつ、クリアに音声を伝えられます。FPSのように、チームメイトに対して必要な情報をスマートに伝達したいときに便利です。

また、ノイズキャンセリング機能を有しているヘッドセットならば、よりクリアに音声を拾うことが可能。ただし、コントローラーの入力音などを拾ってしまうこともあり、完全にボイスのみを拾うわけではないので注意しましょう。

サラウンド機能をチェック

By: amazon.co.jp

複数のスピーカーで立体的に音を再現する「サラウンド」。まるで映画館にいるかのように、さまざまな方向から音が聞こえる機能です。PS4では、ゲームソフトによって5.1chや7.1chのサラウンドでプレイすることが可能。音楽やBGMにこだわりたい方は、サラウンド対応ヘッドセットがおすすめです。

ただし、PCではサラウンド対応でもPS4に接続するとステレオ再生になるヘッドセットも多いので要注意。また、光デジタル出力端子が必要な場合、光出力端子を省いたPS4 Slimでは使えないため気を付けましょう。

PS4用ヘッドセットのおすすめメーカー

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)

By: amazon.co.jp

PS4を開発しているソニー・インタラクティブエンタテインメントは、周辺機器のひとつとしてヘッドセットをシリーズ展開しています。元々、オーディオに強いメーカーなだけあって高品質。また、正規品なので安心して使えます。信頼性の高いおすすめのメーカーです。

ロジクール(Logicool)

By: amazon.co.jp

ロジクールは、マウスやキーボードなど、さまざまなPC周辺機器を展開しているメーカーです。手頃なモデルからプロゲーマーも使うようなハイエンドモデルまで、幅広いラインナップを取り揃えているのが特徴。コスパもよく、多くのユーザーから支持されています。

キングストン(Kingston)

By: amazon.co.jp

メモリモジュールのメーカーとして有名なキングストン。同社のゲーミングブランド「HyperX」は、高品質なヘッドセットやマウスを展開しており、世界中のプロゲーマーに愛用されています。PS4の公式ライセンスを取得した製品もラインナップされており、家庭用ゲーム機向けのヘッドセットも豊富です。

レイザー(Razer)

By: amazon.co.jp

マウスやキーボードなど、高性能なゲーミングデバイスを展開しているレイザー。性能や操作性にこだわっているのはもちろん、デザイン性の高い製品が多く展開されているのが特徴です。また、レイザーのヘッドセットはフィット感に優れているのも魅力。長時間ゲームをプレイしたい方におすすめのメーカーです。

PS4用ヘッドセットのおすすめモデル

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE) ワイヤレスサラウンドヘッドセット CUHJ-15007

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE) ワイヤレスサラウンドヘッドセット CUHJ-15007

ソニー純正PS4用「ワイヤレスサラウンドヘッドセット」の最新型です。有線・無線接続の両方に対応。従来モデルと比べて約22%の軽量化を実現しているほか、PS VRヘッドセットと同時に着用しやすいデザインが特徴です。

また、7.1chバーチャルサラウンドに対応しているのもポイント。ステレオと比べて音の方向を捉えやすいため、FPSゲームと相性のよいヘッドセットです。マイクを内蔵することで見た目がスッキリしていて、視界も遮らないので、グラフィックに集中できるのもポイントです。

さらに、自分好みにサウンドを調節できるPS4用「ヘッドセットコンパニオンアプリ」に対応。ゲームタイトルごとに設定を変えられるのはもちろん、映画や音楽に適した音質への変更もできます。サウンドにこだわりがある方におすすめのPS4用ヘッドセットです。

ロジクール(Logicool) ASTROA40 TRゲーミングヘッドセット + MixAmp Pro TR A40TR-MAP-002

ロジクール(Logicool) ASTROA40 TRゲーミングヘッドセット + MixAmp Pro TR A40TR-MAP-002

ロジクールのeスポーツ向け高級オーディオブランド、アストロ。本製品は、プロゲーマーやYouTuberから高い評価を得た名機「A40」のリニューアルモデルで、家庭でも手軽にeスポーツ大会並のサウンド環境を構築できる高性能ヘッドセットです。

細かいチューニングによって音質とマイク性能を向上。軽量素材や柔らかなイヤークッションを採用しているので着け心地にも優れており、長時間のプレイでも疲れにくいように工夫されています。

また、入力端子を背面に集約しているため、ケーブル類をスッキリとまとめられるのも魅力。高音質のサウンドを楽しみたい方におすすめのPS4用ヘッドセットです。

キングストン(Kingston) HyperX Cloud Stinger Core HX-HSCSC-BK

キングストン(Kingston) HyperX Cloud Stinger Core HX-HSCSC-BK

本製品は、コンシューマーゲーム向けに設計されたエントリーモデルのPS4用ヘッドセットです。大迫力のサウンドを楽しめる、40mm口径のドライバーを搭載。密閉型のカップデザインによって、ゲームサウンドにしっかり集中できます。

マイクは、自由な位置に固定できるフレキシブルタイプを採用。ケーブルにはオーディオコントロール機能を備えており、ゲーム中でも手軽に音量を調節したり、音声をミュートにしたりできます。

また、複数の家庭用ゲーム機に対応しているのもポイント。PS4のほか、ニンテンドースイッチやXbox Oneでも高音質なサウンドを楽しめます。さまざまなハードでゲームを楽しみたい方におすすめのヘッドセットです。

レイザー(Razer) THRESHER FOR PS4

レイザー(Razer) THRESHER FOR PS4

Dolby Headphoneテクノロジーに対応したPS4用ワイヤレスヘッドセット。デジタル信号処理技術によって、疑似的に最大7.1chのサラウンドサウンドを楽しめるのが特徴です。敵がどこから来るのか、どの方向から銃で撃たれているのかなど、音の方位性を再現可能。FPS好きの方におすすめです。

大口径の50mmドライバーを搭載。イヤーパッド部分には低反発のクッションを採用しており、優しく頭部を包み込んでくれます。こめかみの締め付けを緩めることによって、メガネを掛けている方でも装着しやすいのも魅力です。

マイクは、使わないときにハウジング部分へ収納できる「格納式ブームマイク」を搭載。ヘッドセット下部には、メイン音量やマイク音量を調節できるボタンを配置しているため、いつでも快適なサウンド環境を維持できます。着け心地や使い勝手にも優れた、おすすめのPS4用ヘッドセットです。

レイザー(Razer) Kraken RZ04-02830200-R3M

レイザー(Razer) Kraken RZ04-02830200-R3M

国内外でベストセラーとなった、Kraken Pro V2の新モデルです。迫力のサウンドを奏でる大口径の50mmドライバーを搭載。従来品と比べてヘッドバンド部分に厚みをもたせているのが特徴で、熱対策の冷却ジェル付きイヤークッションと相まって、長時間使用しても快適です。

マイクは格納式の単一指向性マイクを採用。横や後ろからの音を拾いにくいように設計されており、クリアな音声でやり取りできます。ほかにも、アルミフレームを採用したり、手元でのボリューム調節やミュートができるインラインコントロールが搭載されていたりと、耐久性・機能性が高いのもポイントです。

PS4に対応しているのはもちろん、Nintendo Switch・PC・モバイルデバイスでも使えるなど、汎用性が高いのも魅力。コストパフォーマンスに優れたヘッドセットを探している方におすすめです。

ホリ(HORI) ゲーミングヘッドセットAIR STEREO PLUS for PlayStation 4

ホリ(HORI) ゲーミングヘッドセットAIR STEREO PLUS for PlayStation 4

古くからライセンス品を展開しているゲーム機器メーカー、ホリのPS4用ゲーミングヘッドセット。従来のモデルは耳に乗せるオンイヤータイプだったのに対して、本モデルは耳を覆うオーバーイヤータイプを採用しているのが特徴です。

ハウジングは遮音性の高い密閉タイプ。外部の音が聞こえにくいので、ゲームに集中しやすいのがポイントです。音質は、低音も高音も強調しないフラット傾向で、幅広い音域を忠実に再現します。音が重要なFPSにピッタリです。

ケーブルには、手元で音量調節やミュートができるリモコンを搭載しています。ゲーミングヘッドセットとして基本的な性能をクリアしながら、リーズナブルな価格であるのも魅力のひとつ。安いモデルを探している方におすすめです。

アーカーテック(ARKARTECH) ゲーミングヘッドセット G2000

アーカーテック(ARKARTECH) ゲーミングヘッドセット G2000

PS4用ヘッドセットのエントリーモデルです。ゲーミング用途では安い価格帯でありながら、大口径の50mmネオジムマグネットドライバーを採用しているため、クリアな音質を楽しめます。さらに、ボリューム調節機能やミュート機能を備えたインラインコントローラーなど、基本的な機能は搭載しているのがポイント。

元々はPC用に設計された製品ですが、付属の変換ケーブルを使えばPS4やXbox Oneにも使えます。少しでも安い入門用ヘッドセットが欲しい方におすすめです。

ロジクール(Logicool) G331ゲーミング ヘッドセット

安価で高性能なロジクールGシリーズのヘッドセットです。50mm径の大型ドライバーを搭載しており、迫力のあるサウンドを楽しめるのが特徴。高音も低音もバランスがよく、音の定位感に優れています。FPSゲームをメインで遊ぶ方にピッタリです。

跳ね上げ式の6mmマイクを採用。マイクを上げるだけで自動的にミュートになるので、音を聞かれたくないときに便利です。また、イヤーカップには音量ホイールが搭載されており、瞬時に音量を調節できます。

接続インターフェースは4極3.5 mmプラグ。PS4に対応しているのはもちろん、ニンテンドースイッチやXbox One、パソコン機器にも対応できます。コスパに優れたエントリーモデルのヘッドセットを探している方におすすめです。

スティールシリーズ(SteelSeries) Arctis Pro + Game DAC

スティールシリーズ(SteelSeries) Arctis Pro + Game DAC

スティールシリーズのプレミアムゲーミングヘッドセット。「Arctis Pro」シリーズのフラッグシップモデルで、本製品はArctis Proヘッドセット単体と、ゲーミング用にデザインされたUSB DACが同梱されているのが特徴です。

本製品は、ハイレゾ音源に対応しています。高密度ネオジム磁石を使った高級ドライバーを採用しており、一般的なヘッドセットの2倍近い40,000Hzの出力を実現。深く、広がりのあるサウンドを楽しめます。

また、DTS Headphone: X バージョン2.0に対応しているのも魅力です。Game DACとPS4を光デジタルケーブルで接続することで、臨場感のあるサラウンドサウンドを体験できます。音にこだわりたい方におすすめのヘッドセットです。

ゼンハイザー(SENNHEISER) GSP 600

ゼンハイザー(SENNHEISER) GSP 600

本製品は、ゼンハイザーの名機GAME ZEROを改良した密閉型ゲーミングヘッドセット。高音と低音が強調された音質傾向ですが、絶妙なバランス調節がされているので、聞き疲れしにくいのが魅力です。

マイクにはノイズキャンセレーション機能を搭載しており、クリアな音声でのやり取りが可能。イヤーカップに搭載されたボリュームホイールで音量を手軽に調節できるほか、ブームアームを上げるとミュートにできるなど、使い勝手も優れています。

また、ヘッドバンド部分には「接触圧調節機能」を搭載。スライダーを動かすだけで締め付け具合を無段階で変えられます。ゼンハイザーの技術力が詰まったおすすめのPS4用ヘッドセットです。