高画質なグラフィックでゲームが楽しめる家庭用ゲーム機「PS4」。現在、さまざまなゲームソフトがリリースされていますが、特にFPSやMMOなどのオンラインゲームをプレイしている方におすすめなのが「ヘッドセット」です。ヘッドホンとマイクが一緒になった周辺機器のひとつで、快適にボイスチャットを楽しむことができます。

そこで、今回はPS4用ヘッドセットのおすすめ製品をご紹介。格安モデルから有名メーカーの高性能モデルまでピックアップしているので、購入を検討中の方は是非チェックしてみてください。

PS4用ヘッドセットの選び方

接続方法をチェック

ヘッドセットをPS4に接続する方法は、大きく分けると「有線」と「無線(ワイヤレス)」の2種類に分類されます。いずれも一長一短があり、どちらがよいとは言い切れません。それぞれの特徴についてしっかりと把握しておきましょう。

充電不要な「有線タイプ」

By: amazon.co.jp

有線タイプのヘッドセットは、PS4またはコントローラーとケーブルで接続するのが特徴。無線タイプと比べて音の遅延が少ないので、FPSやリズムゲーといったゲームをプレイするときにおすすめです。また、充電をしなくてよいのも大きな魅力といえるでしょう。

有線のうち、USB端子を採用しているのが「USB有線接続」方式。PS4本体のUSBポートに差すだけで使えるお手軽さが魅力です。PS4から離れてプレイする際は、ケーブルの長さに注意する必要があります。だいたい3m程度あると安心です。

一方、ヘッドホン端子とマイク端子が一緒になった4極プラグ端子を採用しているのが「4極ミニプラグ接続」方式です。DUALSHOCK 4と接続するのが特徴で、コントローラーの電波が届く範囲内ならばワイヤレス感覚で自由に移動できるのが魅力。ただし、コントローラーをよく動かす人はケーブルが気になる可能性があるので注意しましょう。

ケーブルから解放される「無線タイプ」

By: amazon.co.jp

無線タイプのヘッドセットは、ケーブルの代わりに電波を使って音声データをやり取りするのが特徴。首回りがスッキリするのでゲームに集中することが可能です。以前は音の遅延問題がありましたが、最近は高性能なモデルが増えており、ほとんど遅延のないヘッドセットも登場しています。

無線タイプのうち、USBレシーバーとヘッドセット間で無線接続するのが「USBレシーバー接続」方式です。PS4本体のUSBポートにレシーバーを接続するだけで設定完了。お手軽にワイヤレスヘッドセットを使いたい方におすすめです。

一方、PS4本体とヘッドセット間で無線接続するのが「Bluetooth接続」方式。USBポートを使用しないため、外付けHDDなどを接続して既にポートが埋まっている状態でも安心して使えます。ただし、USBレシーバー接続と比べて若干遅延する可能性があるので注意してください。

ハウジングの構造をチェック

ハウジングとは、ヘッドセットの耳を覆うイヤーカップ部分のことです。このハウジングが密閉されているタイプを「密閉型」、メッシュ素材などで解放されているタイプを「解放型」と呼びます。構造によって音の聞こえ方や装着感などが変わってくるので、それぞれの違いをチェックしましょう。

音楽やBGMに集中できる「密閉型」

By: amazon.co.jp

ハウジングが完全に覆われている密閉型ヘッドセットは、遮音性に優れているのが特徴。ヘッドホンスピーカーから発せられる音が外に漏れにくいのはもちろん、外部からのノイズも聞こえづらいのでゲームに集中することができます。

また、スピーカーから出る音が内部で反響するので低音が得意というメリットもあります。ズンズンと響くような迫力のあるサウンドが好きな方におすすめです。

音がクリアに聞こえる「開放型」

By: amazon.co.jp

ハウジングが密閉されていない開放型ヘッドセットは、ハウジング内に音がこもりにくく、聞き疲れしにくいのが特徴。また、密閉型と比べて通気性に優れているので、熱気がこもりにくいのもメリットです。

ただし、開放型は遮音性が低いところがデメリット。ゲーム音が外に漏れやすいので、同居している場合は注意が必要です。逆に外からの音も聞こえやすいので、騒がしい場所での使用には向いていません。

マイク性能をチェック

By: amazon.co.jp

ヘッドセットのマイクは大きく分けると「無指向性」と「指向性」の2つに分けることができます。無指向性マイクは周囲の音をそのまま拾うのが特徴。衣擦れの音や生活音なども相手に聞こえてしまう可能性がありますが、環境に注意すれば問題なく使うことができます。

一方、指向性マイクは、特定の方向から音を拾うように設計されているのが特徴。周囲のノイズを低減しつつ、クリアに音声を伝えることができます。FPSのように、チームメイトに対して必要な情報をスマートに伝達したいときに便利です。

また、ノイズキャンセリング機能を有しているヘッドセットならば、よりクリアに音声を拾うことが可能。ただし、コントローラーの入力音などは拾ってしまうこともあるので、完全にボイスのみを拾うわけではないので注意しましょう。

サラウンド機能をチェック

By: amazon.co.jp

複数のスピーカーで立体的に音を再現する「サラウンド」。まるで映画館に居るかのように、さまざまな方向から音が聞こえる機能です。PS4ではゲームソフトによって5.1chや7.1chのサラウンドでプレイすることが可能。音楽やBGMにこだわりたい方はサラウンド対応ヘッドセットがおすすめです。

ただし、PCではサラウンド対応でもPS4に接続するとステレオ再生になるヘッドセットも多いので要注意。また、光デジタル出力端子が必要な場合、光出力端子を省いたPS4 Slimでは使えないので気を付けてください。

PS4用ヘッドセットのおすすめメーカー

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)

By: amazon.co.jp

PS4を開発しているソニー・インタラクティブエンタテインメントは、周辺機器のひとつとしてヘッドセットをシリーズ展開しています。元々、オーディオ系に強いメーカーだけあって高品質。また、正規品なので安心して使うことができます。PS4用ヘッドセットとしては最も信頼性の高いおすすめのメーカーです。

ロジクール(Logicool)

By: amazon.co.jp

ロジクールは、マウスやキーボードなど、さまざまなPC周辺機器をリリースしているメーカーです。お手頃なモデルからプロゲーマーも使うようなハイエンドモデルまで、幅広いラインナップを取り揃えているのが特徴。コスパもよく、多くのユーザーから支持されています。

キングストン(Kingston)

By: amazon.co.jp

メモリモジュールのメーカーとして有名なキングストン。同社のゲーミングブランド「HyperX」は、高品質なヘッドセットやマウスを展開しており、世界中のプロゲーマーに愛用されています。PS4の公式ライセンスを取得した製品もリリースしているなど、家庭用ゲーム機向けのヘッドセットも豊富です。

レイザー(Razer)

By: amazon.co.jp

マウスやキーボードなど、高性能なゲーミングデバイスを展開しているレイザー。性能や操作性にこだわっているのはもちろん、デザイン性の高い製品が多くリリースされていることから、根強いファンがいます。レイザーのヘッドセットはフィット感に優れているのも特徴。長時間ゲームをプレイしたい方におすすめのメーカーです。

PS4用ヘッドセットのおすすめモデル

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE) ワイヤレスサラウンドヘッドセット CUHJ-15007

ソニー純正の新型ワイヤレスサラウンドヘッドセットです。従来モデルと比べて約22%の軽量化を実現。デザインも丸みを帯びたフォルムに変更されたことで、PS VRと同時に装着しやすいようになりました。

接続方法は、ワイヤレス接続と有線接続に対応。付属のUSBワイヤレスアダプターをPS4本体に差すだけで簡単に使えます。また、7.1chバーチャルサラウンドに対応。密閉型なので遮音性が高く、まるでゲームの世界に入ったかのような高い臨場感を味わえます。

マイクはハウジング部分に内蔵。ノイズキャンセリング機能を搭載しているので、チャットや動画配信の際にもノイズの少ないクリアな音声で通話することができます。信頼性の高いヘッドセットを探している方におすすめです。

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE) プレミアムワイヤレスサラウンドヘッドセット CUHJ-15005

ソニー純正ワイヤレスヘッドセットのプレミアムモデルです。ドライバーは大口径50mm。独自の7.1chバーチャルサラウンド技術を搭載しており、前から飛んでくるミサイルの音、後ろから近寄ってくる敵の足音など、前後左右から包まれるような立体感のあるサウンドが楽しめます。

ハウジング部分にマイクを内蔵。雑音を抑える「ノイズキャンセリング」をはじめ、反響音やハウリングを抑える「エコーキャンセル」を搭載するなど、マイク機能も充実しています。クリアな音声でチャットを楽しみたい方におすすめです。

また、PlayStation Storeで無料配信されている「ヘッドセットコンパニオンアプリ」に対応しているのも魅力。自分好みの音質に調整できるため、ゲームサウンドを心行くまで楽しめます。高性能なPS4用ワイヤレスヘッドセットを探している方におすすめです。

ロジクール(Logicool) ASTRO A10 ゲーミングヘッドセット

家庭用ゲーム機を対象にしたロジクールのハイエンドブランド「ASTRO」。A10は、ゲームデザイナーやプロゲーマーと共同開発したオーディオシステム「ASTRO Audio」によって、PS4用に最適化された有線タイプのヘッドセットです。

ダイナミックなサウンドが楽しめる大口径40mmドライバーを搭載。イヤークッションには柔らかな軽量素材を使用しており、長時間にわたってゲームをプレイしても装着疲れしにくいのが魅力です。ライトゲーマーはもちろん、ヘビーゲーマーの方も安心して使用できます。

また、ノイズを拾いにくい単一指向性のマイクを搭載しているのもポイント。ケーブルに付属している音量コントローラーによって、ゲームをプレイ中にも快適な音量を維持できます。マイクを跳ね上げるだけでミュートにできるのも便利。コスパのよいおすすめのPS4用ヘッドセットです。

キングストン(Kingston) HyperX Cloud Stinger Wireless HX-HSCSW

2.4GHz無線通信に対応したPS4向けワイヤレスヘッドセット。付属のUSBアダプターをPS4本体に差し込むだけで設定が完了する手軽さが魅力です。無線タイプでありながら遅延が少ないのが特徴で、音ズレなどを気にせずにゲームプレイに集中することができます。

ドライバーは大口径50mm。低音が強化されたメリハリのあるサウンドを再生することが可能です。中域から高域にかけてはクリアに響くため、音声を聴き取りやすいのもポイント。1回のフル充電で最大17時間稼働するパワースタミナも魅力です。

ヘッドホン部分で簡単に音量調節できるほか、マイクをスイングするだけでミュートにできるなど、操作性も良好。また、スライダー部分には耐久性の高いスチール素材を採用するなど、細かい部分にも配慮が行き届いています。まさにゲーマーのために作られたおすすめの高性能ヘッドセットです。

レイザー(Razer) Kraken Pro V2

「Razer Kraken Pro V2」は、Krakenシリーズのうち、7.1chサラウンド機能を廃してコストを抑えたモデルです。スピーカーやマイクなどの基本スペックは上位モデルとほとんど変わらないので、ステレオ再生で十分という方におすすめのヘッドセットです。

大口径の50mmドライバーを搭載。従来バージョンと比べて大きなドライバーを搭載しているため、より迫力のあるダイナミックなサウンドを楽しむことができます。フレームには軽量のアルミニウムを採用。頑丈かつ軽いので長時間のゲームプレイでも疲れにくいのが特徴です。

マイクは、ノイズに強い単一指向性タイプ。使わないときはヘッドセット本体に格納することができます。ケーブルに付属しているインラインリモコンによって、音量の調整やミュートなどの操作ができるのも便利。価格と性能を両方重視している方におすすめのハイコスパなヘッドセットです。

レイザー(Razer) Thresher 7.1 for PlayStation 4

「Razer Thresher 7.1 for PlayStation 4」は、PS4で7.1 Dolby サラウンドサウンドが楽しめるワイヤレスヘッドセットです。通信機をPS4またはPS4 ProのUSBポートに挿入して、光ケーブルで接続したら準備完了。簡単に立体音響を体験することができます。

ドライバーは大口径50mm。イヤーカップには低反発スポンジを採用しているので装着感に優れています。メガネをかけたままでもしっかりとフィット。長時間ゲームをプレイしたい方にピッタリのヘッドセットです。

デジタルマイクは可変式を採用。柔軟素材で作られているので、自由にポジションを変えることができます。使用しないときはハウジング部分に収納できるのもポイント。プロゲーマーからも支持されているおすすめの高性能ヘッドセットです。

エレコム(ELECOM) PlayStation4専用 モノラルヘッドセット GM-HSHP25

PS4に対応した片耳タイプのヘッドセットです。ゲームの音声を聴きながら周囲の音を確認できるのが特徴。スピーカーによるサラウンド環境を構築している方はもちろん、チャットしながらスマホゲームを遊ぶといった“ながらプレイ”をしたい方におすすめです。

接続方法は、コントローラーに差し込む4極ミニプラグタイプ。ケーブルにはボリュームコントローラーが搭載されており、手元で音量調整やミュート操作を行うことができます。価格も安いので「とりあえずチャットできればよい」という方にもおすすめのヘッドセットです。