PS4で友人とのボイスチャットやゲーム実況を楽しむのに欠かせないアイテムである「マイク」。リーズナブルなモデルから、音の解像度が高い本格的なモデルまで幅広くラインナップされています。

そこで今回は、おすすめのPS4用マイクをピックアップ。選び方についても解説するので、購入を検討している方は参考にしてみてください。

さっそくおすすめ商品を見る

PS4用マイクとは?

PS4用マイクとは、PS4で使用でき、ゲーム中のボイスチャットやゲーム実況などをする際に欠かせない機器のことです。ボイスチャットを利用する際に使えば、コミュニケーションが必要なゲームも快適にプレイ可能。ゲーム実況で活用すれば、ゲーム画面に自分の音声を吹き込んで1本の動画を作ったり、リアルタイムでライブ配信できたりします。

PS4には純正のイヤホンマイクが同梱されていますが、コントローラーに挿して使用する有線タイプなので、ケーブルが煩わしく感じてしまう場合も。ワイヤレスで快適に使用したり、音の解像度を上げたりするためには、別途自分に合ったマイクを用意しましょう。

PS4用マイクの選び方

種類で選ぶ

ダイナミック

By: razer.com

PS4用マイクを選ぶ際は、マイクの種類に注目。大きく分けて「ダイナミックマイク」と「コンデンサーマイク」の2種類が存在します。それぞれ特徴が異なるので、事前に把握しておきましょう。

ダイナミックマイクは、振動板とコイルを搭載しており、音で振動板が振動することで電気信号が発生する仕組みを採用。電源が不要で耐久性が高いのが特徴です。ただし、感度が低めな点は留意しておきましょう。また、比較的リーズナブルに購入できるため、導入コストを抑えたい方にもおすすめです。

コンデンサー

By: amazon.co.jp

コンデンサーマイクは、音を拾うダイアフラムが振動し、電圧の変化を音に変換する仕組みを採用しているのが特徴です。ダイナミックマイクと異なり、電源が必要な点には注意が必要。また、価格も比較的高めで、湿気や衝撃に弱いデメリットがあることも留意しておきましょう。

一方、感度が高く幅広い周波数の音を拾えるため、高音質かつクリアな音を実現できるのが魅力。特に、ゲーム実況などで視聴者にクリアな音声を届けたい方や、音質にこだわりたい方におすすめです。

接続先で選ぶ

PS4本体に接続するタイプ

By: amazon.co.jp

PS4用マイクを選ぶ際は、接続先にも注目。大きく分けて「PS4本体」と「コントローラー」の2種類があるため、しっかり確認しておきましょう。

PS4本体に接続する場合は、「USB Type-A」の端子を備えたマイクが必要。さまざまな機器に対応している汎用性の高い端子のため、PS4だけでなく、PCやほかのゲーム機などにも使えます。

ただし、PS4本体の数少ないUSBポートを塞いでしまう点には注意。コントローラーやキーボード、マウスなど周辺機器を複数接続している方にはやや不向きです。

コントローラーに接続するタイプ

PS4のコントローラーにはマイク入力用の端子が備えられており、直接マイクを接続することが可能。3.5mmオーディオ端子を備えた製品であれば使用可能です。

3.5mmオーディオ端子もUSB Type-A端子と同様に汎用性の高い端子のため、PCやゲーム機などさまざまな機器と併用可能。特に、コントローラーに直接マイクを接続する場合、PS4本体のUSBポートを圧迫しないのも魅力です。

ケーブルの有無で選ぶ

USBなどの有線タイプ

By: amazon.co.jp

PS4用マイクを選ぶ際は、ケーブルの有無も要チェック。基本的にPS4用マイクには、有線タイプと無線タイプの2種類が存在し、それぞれ使用する際の特徴が異なるので事前に確認しておきましょう。

有線タイプは、USB Type-Aや3.5mmオーディオ接続などで、PS4本体またはコントローラーに直接接続して使用します。ケーブルで接続している分、低遅延なのが特徴です。

ただし、ケーブルが引っかかって外れたり、接触不良などでうまく動作しなかったりするのはデメリット。配線さえしっかり管理しておけば遅延も少なく接続も安定しやすいため、音声トラブルなどが不安な方にもおすすめです。

Bluetoothなどの無線タイプ

By: amazon.co.jp

無線タイプは、名前の通りBluetoothなどでワイヤレス接続するのが特徴です。ケーブルがない分、引っかかったり、断線したりするデメリットが少ないのも魅力。また、PS4本体と少し離れていても使用できるので、画面と一定の距離を保ってプレイしたい方にもおすすめです。

ただし、無線タイプは環境によって遅延が発生したり、音飛びが発生したり接続が安定しにくい点には注意が必要。接続時の安定感を重視するなら優先、断線などを避けたい場合は無線と使い分けるのがおすすめです。

指向性で選ぶ

By: amazon.co.jp

PS4用マイクを選ぶ際には指向性にも注目。指向性とは、マイクがどの方向からの音を拾えるかを示す特性のことで、「単一指向性」「双指向性」「無指向性」などがあります。

単一指向性は、ひとつの方向から音を拾うのに適したタイプ。ボイスチャットやゲーム実況などで、自分の声を拾うことが多い方におすすめです。双指向性は、マイクの正面と背面からの2方向の音を拾うのに適したタイプ。同じ場所で2人でゲーム実況などをする際にぴったりです。

無指向性は、すべての方向からの音を拾うのに適したタイプ。周囲のさまざまな音を拾ってしまうため、1人用には不向きですが、複数人でゲーム実況やボイスチャットなどをする機会がある方はチェックしてみてください。

マイク付きイヤホンやヘッドセットタイプの製品も

PS4用マイクを選ぶにあたり、マイク付きイヤホンやヘッドセットタイプの製品を選ぶのも選択肢のひとつ。マイクでボイスチャットなどができるだけはでなく、ゲーム内の音を聞けるのも特徴です。

1台で声の収音とゲーム音のリスニングが完結するため、配線などが単純で初心者でも扱いやすいのも魅力。ただし、マイク単体の製品ほどマイク性能にこだわった製品は少ないため、マイクの音質にこだわりたい方にはやや不向きです。

ボイスチャット目的で音質にそこまでこだわらない方や、ヘッドセットやマイク付きイヤホンなどを持っていない方は検討してみてください。

マイク付きイヤホンヘッドセットについてこちらをチェック

PS4用マイクのおすすめ

レイザー(Razer) Seiren Elite RZ19-02280100-R3M1


音声のみクリアに収音できるのが特徴

プロフェッショナルな配信を想定して作られた、高性能なPS4用ダイナミックマイクです。「内蔵型ハイパス フィルター」により、周囲のノイズを低減。音声のみクリアに収音できるのが特徴です。

また、遅延が少ない3.5mmヘッドホンモニタリング用端子を備えているのも魅力。「デジタル/アナログ リミッター」が音の歪みを低減し、音声をコントロールできます。

ブラックのシンプルかつスタイリッシュなデザインもポイント。ゲーム実況やライブ配信などで使える高性能なモデルを探している方におすすめです。

レイザー(Razer) Seiren X for PlayStation4 RZ19-02290200-R3A1

プロ仕様の大きめマイクに負けない高音質を実現

PS4のオフィシャルライセンスを取得し、PS4用に設計されたマイクです。ブルーとブラックを基調としたカラーが特徴。スリムなデザインながら、プロ仕様の大きめのマイクに負けないほどの高音質を実現しています。

細かいニュアンスまで忠実に表現できる、高感度なコンデンサーを採用しているのも魅力。遅延の少ない「ゼロ・レイテンシー・モニタリング」により、リアルタイムで自分の声を聞きながらでも違和感なく配信できます。

限られた方向から音を拾える「スーパーカーディオイド(超単一指向性)」を採用しており、音声だけをクリアに集音可能。PS4で使える高性能なモデルを探している方におすすめです。

ソニー(SONY) エレクトレットコンデンサーマイクロホン ECM-PCV80U


カラオケソフトに対応し、カラオケが楽しめる

PS4を手掛けるソニーが展開しているPS4用マイクです。カラオケソフト「JOYSOUND.TV Plus」に対応しているのが特徴。キーチェンジやボイスチェンジ、全国採点などの機能を搭載したカラオケが楽しめます。

また、感度の高いコンデンサータイプのため、高音質で録音できるのも魅力。USBによるデジタル伝送で、ノイズが少ないクリアな音質を実現しているのもポイントです。

高音質な収音ができるマイクとしては比較的リーズナブルに購入できるのもポイント。コスパを重視したい方はもちろん、初めてマイクを購入する方にも適しています。

ファイファイン(FIFINE) USBフレキシブルマイク K052

マイクの高さを柔軟に変えられる、2段式のフレキシブルアームを採用したPS4用マイクです。マイクは360°回転でき、さまざまな角度に調節可能。汎用性の高いUSB Type-A端子を採用しており、PS4はもちろんPCに接続しても使えます。

また、ミュート機能を搭載しているので、ライブ配信中やボイスチャット中に離席するシーンでも安心。加えて、ボリューム調節機能を備えているのも魅力です。単一指向性を採用し、正面からの音をクリアに拾えるのもポイント。高感度なコンデンサータイプで、自然な高音質を実現しています。

比較的リーズナブルな価格で購入できるのも特徴。コスパを重視している方や、初めてマイクを購入する方にもおすすめです。

ファイファイン(FIFINE) USBコンデンサーマイク K670

高感度なコンデンサータイプで、自然かつ高音質な集音ができるPS4用マイクです。ノイズキャンセリング機能を搭載しており、ノイズを低減したクリアな音声を実現できるのが特徴。ボイスチャットやゲーム実況でも、聞き取りやすい高音質な音声を届けられます。

スタンドは高さを2段階で調節可能。土台には安定感があり、転倒しにくいのも魅力です。また、コンパクトなデザインなので、省スペースにすっきりと設置できます。

接続には、汎用性の高いUSB Type-A端子を採用。PS4だけでなくPCとも接続でき、テレワークなどにも活用可能です。本体にはリアルタイムで録音のモニターができる3.5mmイヤホンジャックを備えています。

ファイファイン(FIFINE) USBコンデンサーマイク K683

正面からの音をクリアな音質で集音できる、単一指向性を採用したPS4用マイク。ゲーム実況やボイスチャット、ナレーションなど幅広い用途で使えるのが魅力です。PS4に加えてPS5、WindowsやMacなどのPCでも使用できます。

また、本体にはミュートボタンも搭載。ボイスチャット中やライブ配信中に離席する場合に便利です。音量調節ゲインも備えており、手軽に音声をコントロールできます。

PS4との接続はUSBタイプ。また、本体には3.5mmイヤホンジャックを備えており、イヤホンやヘッドホンを接続すれば、リアルタイムで録音中の音声をモニター可能です。

キングストン(Kingston) HyperX SoloCast HMIS1X-XX-BK/G


高音質な集音を実現するスタイリッシュなPS4用マイクです。正面方向の音を拾いやすいカーディオイド極性パターンを採用。フレキシブルに調節可能なスタンドを搭載しており、自分好みの位置に固定できます。

また、マイクの上部をタップするだけで簡単にミュートできる「タップミュートセンサー」を搭載しているのも魅力。LEDステータスインジケーターを備えており、放送中かどうかを簡単に確認可能です。

PS4以外にPCなど、さまざまな機器と接続して高音質を実現できるのもポイント。設置の自由度が高いミュート機能に優れた製品を探している方におすすめです。

キングストン(Kingston) HyperX QuadCast S HMIQ1S-XX-RG/G

ゲームの種類やプレイ人数に応じて指向性を変えられるPS4用マイクです。ステレオ・無指向・カーディオイド・双指向の4つの指向性から選択できるのが特徴。本体に搭載されたツマミから手軽に切り替えを行えます。

また、マイクの上部をタップするだけで簡単にミュートできる「タップミュートセンサー」を搭載しているのも魅力。LEDステータスインジケーターにより、点灯の有無でミュートのオン・オフを判断できます。また、防振・耐衝撃マウントを備えているのもポイントです。

マイクの入力感度を調節できる「ゲイン調整機能」を搭載しているのも利点。そのほか、鮮やかなRGBライティングにも対応しており、性能面だけでなく、見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

iGOKU マイクロホン 3.5mmステレオミニプラグ

PS4のコントローラーに接続して使える、3.5mmステレオミニプラグを搭載したPS4用マイクです。360°の音を拾える無指向性を採用しているのが特徴。複数人でゲーム実況やボイスチャットをする機会が多い方におすすめです。

高感度なコンデンサーマイクで、正面の音声をしっかりと集音可能。また、非常にコンパクトなので設置場所に困りにくいのはもちろん、持ち運びやすいのも魅力です。

比較的リーズナブルに購入できるため、コスパを重視したい方はチェックしてみてください。

ロジクール(Logicool) LIGHTSPEEDワイヤレスゲーミングヘッドセット G435

ワイヤレス接続できるゲーミングヘッドセットです。PS4と低遅延かつ安定した接続ができる「LIGHTSPEEDワイヤレス」と、スマホなどに対応した「Bluetoothワイヤレス」をサポートしているのが特徴。また、雑音を低減して快適にボイスチャットできるデュアルビームフォーミングマイクを備えています。

40mmオーディオドライバーを採用ているのも魅力。バッテリーは、フル充電で18時間の連続使用が可能です。重量わずか165gと軽量のため、長時間ゲームをプレイしたい方にもおすすめ。頭部の小さい方でもフィットしやすいように設計されているのもポイントです。

ケーブルの煩わしさを感じたくない方、PS4用のヘッドセットを持っていない方は検討してみてください。