ソニーがリリースしている人気据え置きゲーム機「PS4」。ゲームで遊んだり、動画を鑑賞したりしていると、だんだんとコントローラーの反応が鈍くなってきます。しかし、純正品のDUALSHOCK 4はそれなりの価格のため、買い替えを迷ってしまう方も少なくありません。

そこで、おすすめなのが非純正のPS4対応コントローラー。純正品と比べて安いモデルがあるため、節約したい方にピッタリです。また、特定のゲームに特化したモデル、プロゲーマー向けの高性能モデルなど、バリエーション豊かなのも魅力。今回はPS4対応の非純正コントローラーをご紹介します。

純正品を使うメリット・デメリット

メリット

By: amazon.co.jp

PS4のコントローラー「DUALSHOCK 4」最大のメリットは、純正品ゆえの「安心感」です。非純正品のなかにはゲームが動く一方で、動画アプリでは作動しないというケースがあります。しかし、純正品ならばすべてのゲーム、アプリで動作が保障されているのが魅力。動かないリスクを考えた場合、多少高くても安心感のある純正品を購入するという方は珍しくありません。

また、ゲームはもちろん、動画アプリや音楽アプリは、純正品のコントローラーを参考にコントロール方法が決められているので、「操作が最適化されている」のもメリットです。非純正品にはボタン配置が換わっている製品もあり、よく使うボタンが押しづらい位置に配置されているケースがあります。いい意味で最も汎用性の高いコントローラーといえるでしょう。

デメリット

ソニー純正のコントローラーのデメリットとして、まず挙げられるのが「価格」です。DUALSHOCK 4は、タッチパッド、モーションセンサー、スピーカー、そしてヘッドセット端子など、さまざまな機能を搭載しているため、従来のコントローラーと比べて価格も高めに設定されています。モーションセンサーやスピーカーを使わないタイトルも多いので、節約したい場合は、これらの機能をカットした非純正モデルがおすすめです。

また、純正品はさまざまなゲームに対応できるように、汎用性の高いデザインを採用しているのが特徴。非純正品の中には格闘ゲーム用にカスタマイズしたモデルや、FPSで銃を撃ちやすいようにボタンを変形させたモデルなど、特定のゲームに特化したモノもあります。ジャンルによっては非純正品の方が操作しやすいこともあるので、一概に純正品がよいというわけではありません。

非純正品って大丈夫なの?

By: amazon.co.jp

ソニーがリリースしているモノを「純正品」、それ以外の企業がリリースしているモノを「非純正品」と呼びます。しかし、非純正品だからといって、すべてが低品質というわけではありません。

非純正品は、大きく分けるとソニーから認証を受けた「公式ライセンス品」、そしてソニー非公認の「非ライセンス品」の2種類。このうち、公式ライセンス品は品質が高く、ゲームはもちろん、動画アプリにも対応したモデルがあります。

ライセンス品は、目印としてパッケージにプレイステーションのマークが入っているのが特徴。安定性を求める方は、公式ライセンス品のPS4コントローラーがおすすめです。

非純正品のPS4コントローラーおすすめモデル

Etpark PS4コントローラー 有線タイプ

Etpark PS4コントローラー 有線タイプ

非ライセンス品のPS4/PS4 Pro対応有線コントローラー。純正のDUAL SHOCK4と比べて半額以下という低価格でありながら振動機能を搭載しています。グリップ部分には滑り止め加工が施されているのでフィット感も良好。アクションゲームや格闘ゲームも快適にプレイできます。

また、バッテリーを内蔵していないので本体が軽いのもポイント。長時間ゲームをプレイしたい方におすすめです。ただし、非ライセンス品のため、PS4の本体バージョンによっては認識されない可能性があります。将来的なアップデートによって使えなくなることもあるので注意しましょう。

Maxues PS4コントローラー ワイヤレスタイプ

Maxues PS4コントローラー ワイヤレスタイプ

PS4/PS4 Proに対応した非ライセンス品のワイヤレスコントローラー。タッチパッドや振動機能、加速度センサーなど、純正品と同様の機能はひと通り揃えています。グリップ部分は人間工学に基づいて、手にフィットしやすいデザインを採用。長時間ゲームをプレイしたい方にピッタリです。

非ライセンス品のため、PS4アップデートによって使用できなくなる可能性があります。また、一部のゲームまたはアプリには対応しない恐れもあるので要注意。PS4コントローラーを安く購入したい方にはおすすめです。

ホリ(HORI) ファイティングコマンダー for PlayStation4 / PlayStation3 / PC

ホリ(HORI) ファイティングコマンダー for PlayStation4 / PlayStation3 / PC

格闘ゲームに特化した公式ライセンスのPS4コントローラーです。かつての名作ハード・セガサターンのコントローラーと同じく、天面に6ボタンを搭載しているのが特徴。弱/中/強攻撃、弱/強/投げというように、必要なボタンを集中して配置できるので、コマンド入力しやすいのが魅力です。

また、「連射機能」や「連射ホールド機能」を搭載しているので、フレーム単位でボタンを入力することが可能。素早く必殺技を出したり、いち早くやられ状態から復帰したりするときに役立ちます。格ゲーが強くなりたい方におすすめのPS4コントローラーです。

NACON レボリューション プロ コントローラー2

NACON レボリューション プロ コントローラー2

eスポーツ仕様のPS4対応コントローラー。プロゲーマーが開発に携わっており、ゲームのための機能性と操作性を兼ね備えているのが魅力です。最大の特徴は、背面に4つのショートカットボタンを搭載している点。ボタン数が増えることによって、よりテクニカルな操作に対応できます。

また、コントローラーをカスタマイズできるのもポイント。左右スティックやトリガーの感度調整はもちろん、ボタンの割り当て、さらに追加ウェイトによる重量調整など、プレイヤーの好み通りに細かく調整できます。高性能なPS4コントローラーを探している方におすすめです。

ホリ(HORI) ホリパッドFPSプラス for PS4 ブラック

ホリ(HORI) ホリパッドFPSプラス for PS4 ブラック

FPSゲーム向けの機能を搭載した公式ライセンス品です。コントローラーの背面には「ターゲットボタン」を採用。このボタンを押している間は右スティックの感度が緩やかになります。遠くのターゲットを狙いたいときにおすすめの機能です。

また、スティック部分には「フラット荷重機構」を採用。スティックの高さを低くすることで、指にかかる力が一定になるように設計されています。エイムをより正確に行いたい方にピッタリです。

ほかにも「連射機能」や「ボタン割り当て機能」など、さまざまな機能を備えています。ただし、ステレオヘッドホン&マイク端子を搭載していないので要注意。ボイスチャットをしたい場合はヘッドセットを本体とUSB接続するか、ワイヤレス接続する必要があります。

ホリ(HORI) ファイティングコマンダーPro for PS4 PS3 PC

ホリ(HORI) ファイティングコマンダーPro for PS4 PS3 PC

格闘ゲームに特化した公式ライセンスのPS4コントローラーです。DUALSHOCK 4は前面にボタンを4つ配置しているのに対して、本製品は6つ配置しています。さらに、右のトリガー部分にはL1~2ボタンを配置しているので、右手だけで最大8つのボタンを操作可能。左手は十字キーの操作に専念できます。

また、十字キーにも工夫が施されています。1つめは方向キーを0°から最大20°まで回転できる「方向キー角度調節機能」。2つめは方向キーの斜め入力の範囲を3段階で調節できる「方向キー斜め入力範囲調節機能」です。コマンド入力タイプの格闘ゲームでなかなか必殺技が出ないという方は、これらの機能で微調整することで、快適にプレイできます。

「ハードウェア切り替え機能」を使えば、PS4だけではなく、PS3やPCでも使用可能。格闘ゲームをパッドタイプのコントローラーで遊びたいという方におすすめの非純正コントローラーです。

ホリ(HORI) ワイヤードコントローラーライト for PS4 ホワイト

ホリ(HORI) ワイヤードコントローラーライト for PS4 ホワイト

コンパクトな公式ライセンスの有線コントローラー。バッテリーや無線ユニットを搭載しないことで軽量化に成功しています。純正品のDUALSHOCK 4と比較して、ひと回り小さいサイズなので、手の小さい女性や子どもにもピッタリ。家族みんなでゲームをプレイしたい場合におすすめです。

タッチパッドは搭載していませんが「タッチパッドモードボタン」を搭載。左スティックまたは右スティックで、タッチパッドの疑似操作ができます。一時的にスティックは使えなくなってしまいますが、さまざまなゲームに対応可能です。

ただし、本製品はステレオヘッドホン&マイク端子、振動機能、モーションセンサー機能を搭載していません。これらの機能を使うゲームは遊べない可能性があるので注意してください。

番外編:より便利にPS4をプレイするための特殊コントローラー

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE) PlayStation Move モーションコントローラー

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE) PlayStation Move モーションコントローラー

「PlayStation Move モーションコントローラー」とは、PlayStation Cameraと組み合わせることで、プレイヤーの手の動きをゲーム内に反映させるコントローラーです。

たとえば、モーションコントローラーを振るとゲーム内のキャラクターが剣で切ったり、操縦かんのように操ることでロボットを動かしたりと、高い没入感が得られます。

また、最近はPSVRにもモーションコントローラーに対応したソフトがリリースされており、ゲームによっては自分の手のようにモノを持ったり、掴んだりすることも可能。よりリアルなVR体験をしたいという方におすすめのコントローラーです。

三和電子 SANWA STANDARD ARCADE STICK

三和電子 SANWA STANDARD ARCADE STICK

アーケード筐体のパーツを製造している三和電子。実際にゲームセンターで使われているレバーやボタンを搭載したアケコンです。振動機能やタッチパッド、連射設定などの機能を廃したシンプルイズベストなモデル。多機能ではありませんが、そのぶん価格が抑えられているのも魅力です。

「SHARE」「OPTION」「PS」ボタンが離れたところに配置されているので、試合中に誤って押してしまう恐れもありません。重さは2.4kgとアケコンのなかでは比較的軽めですが、背面のゴムシートにより高い安定性を実現。机置きと膝置きの両方に対応できます。コスパのよいアケコンを探している方におすすめです。

ホリ(HORI) タクティカルアサルトコマンダー K1 for PS4/PS3/PC

ホリ(HORI) タクティカルアサルトコマンダー K1 for PS4/PS3/PC

FPSに向けて作られたマウス&キーボードタイプの公式コントローラーです。パッド型のコントローラーと比較すると、マウスは一瞬でカーソルを移動することが可能。

また、キーボードはPC用のモノと同配列のため、WASDキーの移動に慣れ親しんだ方にピッタリ。十字キーと比べて入力の強弱は感知できませんが、走ろうとしたのにゆっくり歩き始めるというような入力感度による誤入力を防止できるのがメリット。

本製品には、マウス感度が緩やかになる「スナイプボタン」、逆にマウス感度が最大になる「クイックボタン」など、FPSを快適にする機能を数多く搭載しています。

MSY T-GT Force Feedback Racing Wheel for PlayStation 4

MSY T-GT Force Feedback Racing Wheel for PlayStation 4

PS4人気ソフト『グランツーリスモSPORT』対応の公式コントローラー。レザー仕様の本格的なハンドル、クラッチ付きのフルメタル製ペダルがセットになったモデルです。本製品だけでゲーム内操作のすべてに対応可能。DUALSHOCK 4に持ち変える必要がありません。

また、ゲーム内の情報を振動によってプレイヤーにフィードバックする「T-LIN」システムも魅力です。コースの起伏、タイヤグリップの変化、クラッシュなどの衝撃などを、リアルに再現。まるで本当にクルマを運転しているかのような感覚が得られます。グランツーリスモファンにおすすめのコントローラーです。

ホリ(HORI) 太鼓の達人専用コントローラー 太鼓とバチ for PlayStation4

ホリ(HORI) 太鼓の達人専用コントローラー 太鼓とバチ for PlayStation4

PS4をはじめ、さまざまなゲーム機でリリースされている人気音ゲー『太鼓の達人』の公式コントローラー。太鼓ひとつとバチを1セット同梱しています。太鼓にはPSボタンや十字キーが付いているので、ゲーム中の操作も簡単。バチは30cmと長めのため、子どもはもちろん、大人もしっかりとグリップできます。

また、台座が付属しているのもポイントです。足の部分にはゴムによる滑り止めを採用。太鼓が安定するので快適にプレイできます。太鼓とバチがあってこその『太鼓の達人』。一人でプレイするときはもちろん、家族でワイワイとプレイしたい場合にもおすすめです。