PlayStation 4で『フォートナイト』や『FF14』といったオンラインゲームを遊ぶときにあると便利なのが「マウス」。PS4はUSB接続およびBluetooth接続のマウスに正式対応しており、PCゲームのような感覚で操作できます。

そこで今回は、PS4用におすすめのマウスをご紹介。また、コントローラー専用のゲームもマウスで遊べるようになる「コンバーター」についても解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

PS4でマウスを使う方法は?

PS4本体に直接接続する

PS4はマウスに正式対応しているため、本体とUSB接続またはBluetooth接続するだけで認識されます。ただし、「認識される=使える」というわけではありません。マウスで操作できるのは『フォートナイト』『FF14』『ボーダーブレイク』など、マウス対応しているソフトのみ。PS4で使うマウスを探している方は、ソフトがマウスに対応しているかどうかをチェックしておきましょう。

コンバーター(変換器)を介して接続する

By: amazon.co.jp

PS4本体はマウスに対応していますが、ソフト側が対応していない場合だとマウスは使えません。ただし、例外としてPS4とマウスの間にコンバーターをかませれば、マウスで操作することも可能です。

「コンバーター」とは、マウス信号をコントローラー信号に変換する機器のこと。コンバーターを介すれば、PS4本体は“コントローラーによって操作している”と認識するため、マウス使用を制限している『オーバーウォッチ』などのゲームであっても、マウスで遊べます。

ただし、コンバーターは非ライセンス品のモノがほとんど。ソフトウェアのアップデートによって使えなくなる可能性があるほか、ゲームによってはBAN(アカウント凍結)されることもあるので注意しておきましょう。

PS4マウスの選び方

接続方法をチェック

有線タイプ

By: amazon.co.jp

有線タイプのマウスは、遅延が発生しないのがメリット。操作してから反映されるまでのタイムラグがほとんどないので、ストレスなくプレイできます。また、充電する必要がないのもポイント。バッテリーの残量を気にすることなく使いたい方におすすめです。

無線タイプ

By: amazon.co.jp

無線タイプのマウスは、ケーブルから解放されるのが魅力。なお、これまで無線タイプは遅延があるのでゲームには不向きといわれていましたが、最近では有線タイプとほとんど操作感が変わらないモデルも登場しています。自由度の高い操作性を求めている方におすすめです。

読み取り方式をチェック

By: amazon.co.jp

光学式

光学式とは、マウスでもっともスタンダードな読み取り方式。製品ラインナップが多く、リーズナブルなモデルも揃っています。木製・金属製・プラスチック製の素材の上では問題なく使えますが、光沢面やガラス面といった一部の素材では動作しない可能性があるので注意しておきましょう。

IR LED式

IR LED式とは、光源に赤外線LEDを採用した方式。読み取り性能は光学式マウスとほとんど同じですが、省エネなのがポイントです。ほかのタイプと比べて、電池の交換回数を抑えられます。

レーザー式

レーザー式はその名の通り、光源にレーザーを採用した方式。読み取り性能が高く、光学式マウスでは認識しにくい光沢面でも使えるのが魅力です。かつては上位機種を中心に採用されていた方式でしたが、最近はお手頃価格のモデルもラインナップされています。

Blue LED式

Blue LED式は、光学式やレーザー式よりも読み取り性能が高い方式。光源に波長の短い青色光を使っているのが特徴で、わずかな凹凸も感知することが可能です。従来では読み取りが難しかった透明に近いガラス面をはじめ、カーペットなどの布面でも操作できます。

ボタンの数をチェック

By: rakuten.co.jp

マウスを選ぶ際はボタン数も要チェック。ボタン数によってそれぞれ適したゲームが異なるので、プレイしたいゲームに合わせて選んでみてください。

親指部分でクリックして使用するサイドボタンの数や配置場所も重要なポイント。FPSやTPSなど細かい操作が必要なゲームをプレイする方は、サイドボタンを2個程度搭載しているモデルがおすすめです。

また、多数サイドボタンを搭載しているモデルは、複雑なコマンド入力を必要とするMMOやMOBAなどにぴったり。頻繁に入力するコマンドをショートカットキーに登録して快適に操作できます。多数ボタンが備わったマウスの場合「オンボードメモリ」を搭載しているかも併せてチェックしましょう。

機能をチェック

By: amazon.co.jp

DPI調整機能

DPIとは、Dots Per Inchの頭文字で、1インチ(2.54cm)動かすことでポインターがどれくらいのドットを移動するのかを表したものです。たとえば、1000dpiのマウスは、1インチ動かすと1000ドット移動します。

DPI調整機能が搭載されているマウスならば、操作感を微調整することが可能。FPSのような、繊細な操作が求められるゲームをプレイする方におすすめの機能です。

レポートレート調整機能

レポートレートとは、マウスの操作データをどれくらいの頻度で送信しているのかを表した数値。ポーリングレートとも呼ばれています。単位は1秒間に何回送信しているのかを表す「Hz(ヘルツ)」が一般的です。たとえば、500Hzのマウスは1秒間に500回の情報を送っていることを意味しています。

送信頻度が高いほどゲームに反映されるまでのタイムラグが減るので、FPSやリズムゲームのようなコンマ数秒が結果を左右するソフトでは重要です。ただし、レポートレートが高すぎると人によっては手ブレも反映されてしまうため要注意。レポートレートを調節する機能があると安心です。

オンボードメモリ

オンボードメモリとは、PCで変更した設定をマウス本体に記録できる機能のこと。PC上でボタン割り当てやマクロ設定をすれば、PS4に接続してもその設定を引き継げます。多数のボタンが備わっているマウスを購入する場合は必須の機能です。

PS4マウスのおすすめメーカー

ロジクール(Logicool)

By: rakuten.co.jp

ロジクールはキーボードやマウスなどPC周辺機器を多数ラインナップしているメーカー。ゲーム向けに「Logicool G」というブランドを立ち上げており、高性能なPS4向けマウスも取り扱っています。

ボタン数の多いMMO向けのモデルや、最低限の機能を備えた高コスパモデルなど、幅広い製品をラインナップ。自分のプレイしたいゲームに合ったマウスを見つけやすいのもおすすめポイントです。

レイザー(Razer)

By: rakuten.co.jp

PC周辺機器やPC本体などを中心に手掛けているプロのゲーマーからも信頼の厚い人気メーカー。クールなデザイン性も魅力です。

性能面でも優れており、ゲームに特化した高性能なゲーミングマウスを発売していることでも有名。有線・無線の両方の接続方式に対応した、操作性の高いモデルもラインナップしています。性能だけでなく、見た目も妥協したくない方におすすめのメーカーです。

スティールシリーズ(SteelSeries)

By: amazon.co.jp

ソフトトレーディング社のなかのゲーミングデバイス専門ブランド「スティールシリーズ」。ヘッドセットやマウス、コントローラーなど幅広い製品をラインナップしており、周辺機器を同じブランドで揃えたい方にもおすすめのメーカーです。

ややラインナップは少なめですが、振動機能や最新テクノロジーを採用したハイエンドモデルを展開。本格的にゲームをプレイしたい上級者にもおすすめのメーカーです。

PS4マウスのおすすめモデル

ロジクール(Logicool) ハイパフォーマンス ゲーミング マウス G502 HERO

ロジクールのマウスのなかでも、特に高性能なセンサーを搭載した有線タイプのゲーミングマウス。同社独自のハイスペックセンサー「Hero 16Kセンサー」を搭載しており、優れたトラッキング精度を実現する16000dpiに対応しているのが特徴です。

また、本体にはプログラムが可能なボタンを11個搭載。攻撃・回復・スキルといったMMO特有の複雑なコマンドもワンクリックで実現できます。ボタンの耐久性も優れており、長く使いたい方にもピッタリ。PS4でMMORPGなどを快適にプレイしたい方におすすめのマウスです。

ロジクール(Logicool) LIGHTSPEED ゲーミングマウス G604

Bluetooth接続に対応した取り回しやすいワイヤレスタイプのゲーミングマウスです。同社独自の「HERO 25Kセンサー」に対応しており、正確なトラッキングが可能。1本の単3型乾電池で最大240時間連続でプレイできるバッテリー持ちのよさも特徴です。

プログラム・カスタマイズができる15個のボタンを搭載しているのも魅力。MMOやMOBA特有の複雑なコマンドもボタンに割り当てられます。高速なスクロールにも耐えられる高耐久な金属製スクロールホイールを採用しているのもポイント。PS4で使える取り回しやすい多ボタンマウスを探している方は、チェックしてみてください。

ロジクール(Logicool) MMOゲーミングマウス G600t

MMOのプレイに適した有線タイプのゲーミングマウス。プライマリボタン3個、サムボタン12個、左右のチルトボタン、スクロールホイール、Gシフトボタンの計20個のボタンを搭載しており、カスタマイズ性に優れているのが特徴です。それぞれのボタンに操作を自由に割り当てられます。

また、Gシフトボタンを押している間は各ボタンに別の操作を割り当てられるので、さらにコマンドを登録可能。センサーにレーザー式を採用しているため、読み取り性能が高く光沢のあるデスクで使用したい方にもピッタリです。

PS4でMMOを快適にプレイしたい方は検討してみてください。

レイザー(Razer) ワイヤレスゲーミングマウス DeathAdder V2 Pro

取り回しやすいワイヤレスタイプの高性能ゲーミングマウスです。同社独自のオプティカルセンサー「Razer Focus+」を搭載。最大20000dpiの高いトラッキング性能を備えているのが特徴です。

また、8個のボタンは耐クリック回数7000万回の耐久性を備えているため、長期的に使えるのも魅力。最大120時間連続で使用できるロングバッテリーもポイントです。さらに、独自のソフトウェアでカスタマイズした設定はオンボードメモリに保存されるため、PS4でも好みのボタン操作が可能。

バッテリーが切れても有線接続で充電しながらプレイできるので、長時間ゲームに集中したい方にもおすすめです。

スティールシリーズ(SteelSeries) ゲーミングマウス Rival 650 Wireless

有線・無線接続の両方に対応した自由度の高いゲーミングマウスです。2.4GHzのワイヤレスシステムが搭載されており、低遅延と安定した接続を実現。24時間以上連続使用できるロングバッテリーも魅力です。また、わずか約15分の充電で10時間以上使用できる高速充電機能を搭載しています。

正確なトラッキングを可能にする独自の光学式センサー「TrueMove3+」を搭載しているのも魅力。0.5mmの低さまでリフトオフディスタンスを設定できるので、細かい操作がしやすいのもポイントです。

PS4で長時間集中してゲームを楽しみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

スティールシリーズ(SteelSeries) ゲーミングマウス Rival 710

サイドに有機ELディスプレイを搭載した有線タイプのゲーミングマウスです。ディスプレイにはゲーム情報をはじめ、プレイヤーネーム、GIFアニメなど好きな画像を表示できます。エルゴノミクスデザインのため、長時間のプレイでも快適さを保てるのも特徴です。

1対1トラッキングを想定して設計された、同社独自の光学式センサー「TrueMove3」を搭載。マウスパッド上で動かした分だけ画面上でポインターが動くので、わかりやすく正確なトラッキングが可能です。

モジュール設計により、センサー・ケーブル・カバーを自由に組み合わせてカスタマイズ可能。PS4で使えるカスタマイズ性の高いマウスを探している方におすすめです。

ホリ(HORI) タクティカルアサルトコマンダー G2 for PS4 PS3 PC

ソニーから公式ライセンスを取得している信頼性の高い製品。PS4のコントローラーと光学式マウスがセットになっているのが特徴です。左手でコントローラー操作を行いつつ右手で照準を合わせるといった、いわゆる「モンゴリアンスタイル」でプレイできます。

マウスは1600・2000・2800・3200dpiの4段階で感度を調節可能。スマホアプリと接続するだけで、感度調節も各ボタンの配置変更も手軽に設定できます。コントローラーには、片手でも快適に操作できるよう、ハンドストラップが付属。PS4で安心して使えるマウスを探している方におすすめです。

ホリ(HORI) タクティカルアサルトコマンダー キーパッドタイプ K2 for PS4 PS3 PC

『フォートナイト』や『APEX』といったFPSゲームに適した、キーパッドコントローラーとマウスがセットになった製品。PCと似たキーボード配列を採用しているため、PCゲームに慣れ親しんだ方におすすめです。

専用のスマホアプリからボタンアサインの変更などを直感的に設定できるのも魅力のひとつ。マウスには感度調節機能も搭載されているので、状況に応じてDPIを4段階で調節できます。ソニーの公式ライセンスを取得しているため、PS4のアップデートがあっても安心してプレイ可能です。

ゲームサー(GameSir) GameSir VX AimSwitch

片手ゲーミングキーパッドとマウスがセットになったタイプの製品です。キーボードとマウス間は有線接続ですが、PS4とは専用ドングルを介したワイヤレス接続を採用。画面と距離を取ってプレイしたい方におすすめです。

同社独自の「Agility Xテクノロジー」の採用により、ワイヤレスながら低遅延で快適にプレイ可能。キーパッドにはプロゲーマーも愛用するメカニカル青軸を採用しているので、優れた打鍵感と入力した際のフィードバックをしっかりと受けられます。

PS4以外にも、PS3・Xbox One・Nintendo Switchなどさまざまなゲーム機で使用可能。汎用性の高いPS4向けマウスを探している方にもピッタリです。

EQEOVGA バックライトゲームキーボード マウス A11

キーボードとマウスがセットになった製品です。キーボードには機械感のあるワンハンドキーボードを採用。マウスは人間工学に基づいて設計されており、快適な操作性を実現しています。

接続するには専用コンソールを介する必要があり、PS4純正のコントローラーが必須。サードパーティのコントローラーでは使用できないので留意しておきましょう。PS4以外にもPS3・Xbox One・Nintendo Switch・PCなど幅広い機器で使用できるのもポイント。汎用性の高いマウスを探している方におすすめです。

PS4マウスコンバーターのおすすめモデル

Xim Technologies XIM APEX

マウスとPS4間をワイヤレスで接続できる利便性に優れたマウスコンバーターです。専用のUSB用ハブとコンバーターをワイヤレスで接続することで使用可能。画面と距離を取ってプレイしたい方にもおすすめです。

高度な独自の「XIMスマートトランスレータ技術」により、低遅延で感度の高いプレイが可能。PS4以外にもXbox OneやPCなどさまざまな機器で使用できる汎用性の高さも魅力です。

海外の製品ですが、専用アプリなども日本語に対応しているので英語が苦手な方でも安心。価格は高めですが、使用者の多い人気の製品です。

ReaSnow ゲーミングコンバーター S1

初心者から上級者まで安心して使用できる操作性に優れたマウスコンバーター。専用のスマホアプリから簡単にマクロなど細かい設定を行えるのが特徴。遅延も少ないので、FPSなど素早いレスポンスが求められるゲームでも活躍します。

マウスやキーボードに加えて、フライトスティック・アーケードスティックなどの特殊コントローラーや、サードパーティのゲームパッドなど幅広い製品と互換性があるのもポイント。ゲーム機もPS4以外にXbox OneやNintendo Switchなどに対応しているので、汎用性の高いマウスコンバーターを探している方はチェックしてみてください。