PlayStation 4(以下PS4)で『フォートナイト』や『FF14』といったオンラインゲームを遊ぶときにあると便利なのが「マウス」。PS4はUSB接続およびBluetooth接続のマウスに正式対応しており、PCゲームのような感覚で操作することが可能です。

そこで今回は、PS4用としておすすめのマウスをピックアップ。安価なモノからゲーミング仕様の高性能モデルまでさまざまな製品をご紹介します。なお、コントローラー専用のゲームもマウスで遊べるようになる「コンバーター」についても解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

PS4でマウスを使う方法は?

PS4本体に直接接続する

PS4はマウスに正式対応しているため、本体とUSB接続およびBluetooth接続するだけで認識されます。ただし、「認識される=使える」というわけではありません。マウスで操作できるのは『フォートナイト』『FF14』『ボーダーブレイク』など、”マウス対応しているソフト”のみ。PS4で使うマウスを探している方は、そもそもソフトがマウスに対応しているかどうかをチェックしておきましょう。

コンバーター(変換器)を介して接続する

By: amazon.co.jp

PS4本体はマウスに対応していますが、ソフト側が対応していない場合だとマウスは使えません。ただし、例外としてPS4とマウスの間にコンバーターをかませれば、強引にマウスで操作できます。

「コンバーター」とは、マウス信号をコントローラー信号に変換する機器のこと。コンバーターを介すれば、PS4本体は”コントローラーによって操作している”と認識するため、マウス使用を制限している『オーバーウォッチ』などのゲームであっても、マウスで遊べます。

とはいえ、コンバーターは非ライセンス品のモノがほとんど。ソフトウェアのアップデートによって使えなくなる可能性があるほか、ゲームによってはBAN(アカウント凍結)されることもあるので注意しておきましょう。

PS4マウスの選び方

接続方法をチェック

有線タイプ

By: amazon.co.jp

有線タイプのマウスは、遅延が発生しないのがメリット。操作してから反映されるまでのタイムラグがほとんどないので、ストレスなくプレイできます。また、充電する必要がないのもポイント。バッテリーの残量を気にすることなく使いたい方におすすめです。

無線タイプ

By: amazon.co.jp

無線タイプのマウスは、ケーブルから解放されるのが魅力。なお、これまで無線タイプは遅延があるのでゲームには不向きと言われていましたが、最近では有線タイプとほとんど操作感が変わらないモデルも登場しています。自由度の高い操作性を求めている方におすすめです。

読み取り方式をチェック

By: amazon.co.jp

光学式

光学式とは、マウスでもっともスタンダードな読み取り方式。製品ラインナップが多く、リーズナブルなモデルも揃っています。木製・金属製・プラスチック製の素材の上では問題なく使えますが、光沢面やガラス面といった一部の素材では動作しない可能性があるので注意しておきましょう。

IR LED式

IR LED式とは、光源に赤外線LEDを採用した方式。読み取り性能は光学式マウスとほとんど同じですが、省エネなのがポイントです。ほかのタイプと比べて、電池の交換回数を抑えられます。

レーザー式

レーザー式はその名の通り、光源にレーザーを採用した方式。読み取り性能が高く、光学式マウスでは認識しにくい光沢面でも使えるのが魅力です。かつては上位機種を中心に採用されていた方式でしたが、最近はお手頃価格のモデルもラインナップされています。

Blue LED式

Blue LED式は、光学式やレーザー式よりも読み取り性能が高い方式。光源に波長の短い青色光を使っているのが特徴で、わずかな凹凸も感知することが可能です。従来では読み取りが難しかった透明に近いガラス面をはじめ、カーペットなどの布面でも操作できます。

機能をチェック

By: amazon.co.jp

DPI調整機能

DPIとは、Dots Per Inchの頭文字で、1インチ(2.54cm)動かすことでポインターがどれくらいのドットを移動するのかを表したものです。たとえば、1000dpiのマウスは、1インチ動かすと1000ドット移動します。

DPI調整機能が搭載されているマウスならば、操作感を微調節することが可能。FPSのような、繊細な操作が求められるゲームをプレイする方におすすめの機能です。

レポートレート調整機能

レポートレートとは、マウスの操作データをどれくらいの頻度で送信しているのかを表した数値。ポーリングレートとも呼ばれています。単位は1秒間に何回送信しているのかを表す「Hz(ヘルツ)」が一般的です。たとえば、500Hzのマウスは1秒間に500回の情報を送っていることを意味しています。

送信頻度が高いほどゲームに反映されるまでのタイムラグが減るので、FPSやリズムゲームのようなコンマ数秒が結果を左右するソフトでは重要な数字です。ただし、レポートレートが高すぎると人によっては手ブレも反映されてしまうため要注意。レポートレートを調整する機能があると安心です。

オンボードメモリ

オンボードメモリとは、PCで変更した設定をマウス本体に記録できる機能のこと。PC上でボタン割り当てやマクロ設定をすれば、PS4に接続してもその設定を引き継げます。多数のボタンが備わっているマウスを購入する場合は必須の機能です。

PS4マウスのおすすめモデル

ロジクール(Logicool) MMOゲーミング マウス G600t

ロジクール(Logicool) MMOゲーミング マウス G600t

左右のマウスボタンに加えて、親指側に12個のサムボタンを搭載したモデル。MMOゲーマーやゲーム開発会社の声を元にデザインされており、それぞれのボタンに角度を設けることで素早くアクセスできるのが特徴です。

押下圧を調節してクリックミスを最小限に抑えているのもポイント。DPIはピクセル単位での細かい操作ができる最小200dpiから、高速移動に対応できる最大8200dpiまで、自分のプレイスタイルに応じて自由にカスタマイズできます。各種設定をオンボードメモリに記録すれば、PS4でも同じ設定でプレイ可能。FF14など、MMOのプレイにおすすめのマウスです。

ロジクール(Logicool) ハイパフォーマンス ゲーミング マウス G502 HERO

ロジクール(Logicool) ハイパフォーマンス ゲーミング マウス G502 HERO

同社製品のなかでも、とくに高性能なセンサーを搭載した有線タイプのゲーミングマウスです。eスポーツにも対応できる高い処理速度と安定性を兼ね備えているのが特徴。解像度は緻密なポインター操作を行える100dpiから、高速移動が可能な16,000dpiまで変更できます。

計11個のボタンを搭載しているのもポイント。攻撃・回復・スキルといったゲーム内のアクションをはじめ、一連の行動を登録できるマクロなどをひとつのボタンで対応できます。また、ウエイトでマウスの重さを自分好みに微調節できるのも魅力。プロゲーマー並みの使用頻度にも耐えられる、おすすめのPS4向けマウスです。

ロジクール(Logicool) 超高速FPSゲーミング マウス G402

ロジクール(Logicool) 超高速FPSゲーミング マウス G402

同社独自のセンサーを搭載することで、高いトラッキング性能を実現したゲーミングマウス。プログラム可能な8個のボタンを搭載しており、射撃やグレネードなど、目的の動作をスムーズに実行することが可能です。

レポートレートは1,000Hz。マウスの動きを確実かつ精密に拾えます。なお、本製品は発売から数年経っているため価格がお手頃なのもポイント。高性能でありながらコスパに優れた、おすすめのPS4向けマウスです。

レイザー(Razer) RAZER MAMBA WIRELESS

レイザー(Razer) RAZER MAMBA WIRELESS

2.4GHz帯の無線接続を採用した、高性能ゲーミングマウスです。Razer 5G高性能オプティカルセンサーによって、16,000dpiと高いトラッキング性能を要しているのが特徴。レポートレートも1,000Hzと高く、マウス操作がスムーズに行えるのも魅力です。

割り当て可能なボタンを7つ搭載しているのもポイント。Razer Synapse 3ソフトウェアでカスタマイズした設定はオンボードメモリに保続されるので、PS4でも好みのボタン設定で遊べます。バッテリーは連続使用最大50時間。充電が切れてもケーブルを繋げば有線マウスとしても使用できるため、無線・有線を問わず使えるおすすめのPS4向けマウスです。

スティールシリーズ(SteelSeries) RIVAL 710

スティールシリーズ(SteelSeries) RIVAL 710

側面に有機ELディスプレイを搭載したゲーミングマウス。ディスプレイにはゲーム情報をはじめ、プレイヤーネーム、GIFアニメなど、好きな画像を表示できます。

センサーには光学式の「TrueMove3」を搭載。1対1トラッキングを想定して設計されており、マウスパッド上で動かした距離に合わせて、画面上でポインターが同じ距離だけ動きます。トラッキングエラーが少ないので、信頼性の高いマウスを探している方におすすめです。

スティールシリーズ(SteelSeries) SENSEI 310

スティールシリーズ(SteelSeries) SENSEI 310

右利き、左利きどちらにも対応できる両利き用のゲーミングマウス。本体には軽量さと頑丈さを兼ね備えた繊維強化プラスチックを採用しており、重さは約92gと軽量です。側面にはグリップ性能の高い純シリコンを搭載。長時間のゲームプレイでも疲れにくいのが特徴です。

また、Omronデザインのメカニカルスイッチを採用しているのもポイント。5,000万回クリック保証という高い耐久性も魅力です。トラッキングエラーが起こりにくい光学センサー「TrueMove3」を搭載しており、使い勝手は良好。eスポーツ用途にも対応できるおすすめのPS4向けマウスです。

ゲームサー(GameSir) GameSir VX AimSwitch

ゲームサー(GameSir) GameSir VX AimSwitch

左手用キーボードと右手用マウスがセットになった「GameSir VX AimSwitch」。キーボードとマウス間は有線で接続しますが、PS4とは専用ドングルを介してワイヤレス接続できます。画面から離れてプレイしたい方にピッタリです。

キーボードは、プロゲーマーも愛用しているメカニカル青軸を採用。クリック感が強いので、入力した際のフィードバックをしっかりと受けられます。PS4やPS3のほか、ニンテンドースイッチ、Xbox Oneなど、さまざまなゲーム機と接続できるのもポイント。汎用性の高いPS4マウスを探している方におすすめです。

ホリ(HORI) タクティカルアサルトコマンダー グリップコントローラータイプ G2

ホリ(HORI) タクティカルアサルトコマンダー グリップコントローラータイプ G2

PS4コントローラーと光学式マウスがセットになった製品。左手でコントローラー操作を行いながら、右手のマウスで標準を合わせるといった、いわゆる”モンゴリアンスタイル”でプレイできます。

最大の魅力は、ソニーの公式ライセンス品である点。非純正品の場合だと、PS4本体のバージョンアップに伴って使えなくなってしまう場合もありますが、ライセンス品なので安心して使えます。信頼性の高いPS4用マウスを求めている方におすすめです。

ホリ(HORI) タクティカルアサルトコマンダー キーパッドタイプ K2

ホリ(HORI) タクティカルアサルトコマンダー キーパッドタイプ K2

キーボード配列を再現したキーパッドコントローラーと、光学式ゲーミングマウスがセットになったタイプです。移動やキー入力は左手で行い、右スティック操作はマウスで行うのが特徴。PCゲームと似たような操作でプレイしたい方におすすめです。

マウスには、感度調節機能が搭載されているのもポイント。状況に応じてdpiを4段階に調節できます。ソニーの公式ライセンス品のため、PS4の本体アップデートが来ても安心して使えるのが魅力。FPSゲームをメインで遊ぶ方におすすめのPS4マウスです。

ホリ(HORI) タクティカルアサルトコマンダー メカニカルキーパッドタイプ M2

ホリ(HORI) タクティカルアサルトコマンダー メカニカルキーパッドタイプ M2

メカニカルキースイッチを搭載したキーパッドと、光学式ゲーミングマウスがセットになったモデル。タクティカルアサルトコマンダーシリーズでは最上位のモデルで、スナイプ/クイック/ウォークボタンといったFPSに特化したボタンを搭載しているのが特徴です。

また、専用スマホアプリからボタンを割り当てることが可能。前モデルはPCで設定する必要があったのですが、本モデルはいちいちPCに繋ぎなおすことなく、直感的に操作方法を変更できるようになりました。信頼性の高い、公式ライセンス品のPS4マウスを探している方におすすめです。

PS4マウスコンバーターのおすすめモデル

Xim Technologies XIM APEX

Xim Technologies XIM APEX

PS4用コンバーターとして人気だった「xim4」の後継機。マウスとPS4コントローラーを接続したハブを、USBメモリのような見た目のXIM APEX本体に結合。上記一式をPS4本体と繋げば、マウスでゲームが楽しめます。

従来機の「xim4」と比べて、応答速度が8msから4msに速くなっているのが特徴。タイムラグが半分近く減るので、スムーズに操作できます。設定用のアプリも日本語対応しているため安心。初めてマウスコンバーターを使用する方におすすめです。

ReaSnow Cross Hair converter

ReaSnow Cross Hair converter

PS4に対応したマウス・キーボードコンバーター。入力ポートが2つ搭載されているので、キーボードとマウスを繋げばPCゲームをプレイしているような感覚で遊べます。

付属のケーブルが長いため、PS4から離れた場所でプレイすることも可能。とくに有線マウスでプレイしたい方にとっては便利です。また、Nintendo SwitchやXbox Oneに対応しているのもポイント。さまざまなゲーム機で使用できます。対応機種の多いコンバーターを探している方におすすめです。