満足度の高いゲームソフトが続々と発売されている「PlayStation4」(以下PS4)。なかでも「FF14」「モンハンワールド」「フォートナイト」など、壮大な世界観が楽しめる作品はオンラインで楽しむ方も多くいます。

そこであると便利なのが「キーボード」。既存のコントローラーよりも素早く文字を入力できるのはもちろん、ショートカットキーを活用すれば、よりスピーディに対応できます。

そこで今回はPS4用としておすすめのキーボードをご紹介。コスパ重視の低価格モデルから、ハイスペックなゲーミングキーボードまで幅広くピックアップしたので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

PS4キーボードの選び方

構造をチェック

By: razer.com

コスパに優れた「メンブレン方式」

メンブレンとは「膜」という意味。キーを押すことで接点シートが接触して、入力を感知する仕組みです。キーの下にはお椀型のラバーカップが配置されており、ゴムの反発力によってキーが元の位置に戻ります。

メンブレン方式のキーボードは構造がシンプルなのがポイント。コスパに優れた製品が数多くラインナップしています。ただし、デメリットとして「キーの中央部と端で打鍵感が変わる」「耐久性が低い」という点があるので、そこは要注意。安さ重視の方におすすめです。

ノートパソコンに多い「パンタグラフ方式」

パンタグラフ方式は、キーの支持構造が電車の屋根にあるパンタグラフのようなX型をしているのが特徴。基本的な仕組みはメンブレン方式と同じですが、独特の支持構造によってコンパクトにまとまっており、主にノートパソコンやコンパクトキーボードで採用されています。

キーを押した際に力が均等に加わるため、端を押してもしっかりと反応するのがポイント。押す場所が違っても打鍵感がほとんど変わらないので、タイピングスピードを意識したい方におすすめです。

打鍵感がクセになる「メカニカル方式」

メカニカル方式は、キーのひとつひとつに機械式スイッチとスプリングを配置したタイプ。カチカチする独特の打鍵音が特徴です。入力時の手応えがハッキリしているため、誤入力を抑えられるのが魅力。FPSのようにタイピングに正確性が求められる際におすすめです。

メンブレン方式やパンタグラフ方式と比べてやや高価ではありますが、スイッチが壊れたとしてもパーツを交換することで簡単に修理できるのも利点。長期的に見ればコスパに優れた方式といえます。長期にわたってキーボードを使い続けたい方におすすめです。

耐久性に優れた「静電容量無接点方式」

キーを押して電極同士がある程度近づいた際、電気が流れて入力が認識される仕組みです。ほかの入力方式と違ってパーツ同士が物理的に接触しないのが特徴。ボタンの摩耗がほとんどなく、耐久性に優れたモデルといえます。

キーを軽く押すだけで入力できるため、長時間タイピングしても疲れにくいのもポイント。MMOなどでチャットをメインに楽しみたい方におすすめです。ただし、打鍵感が弱いことがデメリット。キーボード入力にしっかりとした手応えを感じたい方は注意しておきましょう。

接続方式をチェック

有線タイプ

By: amazon.co.jp

PS4本体とUSBケーブルで接続するタイプです。初期設定が簡単で、電池も不要。また、ケーブルとつながっている以上は接続が安定しているので、信頼性が高いのも大きな魅力といえます。ワイヤレスタイプと比べると価格が抑えられているのも特徴。コスパ重視の方にもおすすめです。

無線(ワイヤレス)タイプ

By: amazon.co.jp

無線(ワイヤレス)タイプは、PS4本体とUSBレシーバーまたはBluetoothで無線接続するタイプです。USBレシーバー式は遅延が少なく、電波障害に強いのが魅力。Bluetooth式はUSBポートを使わないほか、手軽に接続できるのが強みとなっています。

ケーブルのわずらわしさから解放される一方、電池またはバッテリーが必要なので、その点は留意しておきましょう。

タイピングのしやすさをチェック

キー配列

日本では、主に「日本語配列」と「英語配列」のキーボードが販売されています。ひらがな刻印の有無だけではなく、両者にはさまざまな違いがあるので、しっかりと把握しておきましょう。

例えば、日本語配列には「カタカナ ひらがな」「全角/半角」「無変換」といった変換キーがありますが、英語配列にはありません。また、記号の配置にも違いがあり、「@」などは日本語配列と英語配列とで位置が異なります。タッチタイピングに慣れている方ほど間違いやすいので気を付けましょう。特にこだわりがなければ、普段使っているPCのキーボードと同じ配列のモノがおすすめです。

キーピッチ

キーピッチとは、キーの中央部から隣接するキーの中央部までの距離を表したもの。一般的なサイズは18~20mmとなっています。

小さなキーボードだとしてもキーピッチの間隔さえ開いていれば、快適にタイピングすることが可能。狭いと誤入力が増える可能性があるので注意しましょう。

キーストローク

キーストロークとは、キーの深さを表したもの。デスクトップ用キーボードは3~4mm前後、ノートパソコン内蔵キーボードは2mm前後が一般的です。なお、キーストロークが短いと高速でタイピングする際に支障が出るので、気になる方は考慮しておきましょう。

PS4キーボードのおすすめモデル

ロジクール(Logicool) ゲーミングキーボード ワイヤレス G913-LN

ロジクール(Logicool) ゲーミングキーボード ワイヤレス G913-LN

3種類の薄型GLスイッチとLIGHTSPEEDワイヤレス機能が備わったPS4向けキーボード。コードレスながら反応がよく、快適にタイピングできるのが特徴です。

1回フル充電することにより、最大30時間連続での使用が可能。スタミナは十分あり、バッテリー切れの心配がありません。アクチュエーションポイントは1.5mmのところにあり、キーストロークは2.7mmなので滑らかかつ高速なタイピングが可能です。

テンキーの上にはシームレスの音量ローラーが搭載されており、BGMのボリューム調節も可能。また、本体左部には5つのカスタムマクロボタンが付いており、ユーザー好みに変えられるのもポイントです。

ロジクール(Logicool) PRO X ゲーミングキーボード G-PKB-002

ロジクール(Logicool) PRO X ゲーミングキーボード G-PKB-002

縦155×横360mmとコンパクトなキーボード。テンキーレスで、限られたスペースでも快適にゲームが楽しめるモデルです。USBケーブルが着脱式になっているので、コンパクトに収納して持ち運べます。

バックライトに「LIGHTSYNC RGB」を搭載しているため、視認性を高められるのも魅力。また、ライトパターンはカスタマイズできるので、よく使うキーだけを照らすなどのアレンジもできます。

本体底部には滑り止め用のラバーフィートと角度調節機能が備わっているので、FPSなどにも対応可能。操作性と安定性に優れたおすすめのアイテムです。

ロジクール(Logicool) ゲーミングキーボード G512-CK

ロジクール(Logicool) ゲーミングキーボード G512-CK

自分に合った打鍵感が選べるPS4向けゲーミングキーボード。Romer-Gタクタイル・Romer-Gリニア・GX Blue Clickyと3種類のメカニカルスイッチが用意されています。いずれのスイッチもはっきりとした打鍵音が楽しめるほか、7000万回のクリックテストをパスするなど耐久性に優れるのが魅力です。

バックライトには1680万色ほどのRGBとLIGHTSYNCを搭載。BGMや操作と連動して、さまざまな色のパターンが楽しめます。また、ライトパターンは自由に変更できるので、自分が操作しやすいようにカスタマイズすることも可能です。

本体側面にはUSB 2.0パススルーが備わっており、USBデバイスをつなぐことで充電しながら活用できます。また、ボディの素材にアルミニウム合金を用いていることもあり、堅牢性が高いのもポイントです。

ロジクール(Logicool) ゲーミングキーボード G213

ロジクール(Logicool) ゲーミングキーボード G213

メンブレンキーボードながらも耐久性に優れたPS4向けゲーミングキーボード。耐水性にも優れるので、誤って飲み物をこぼしてしまっても安心です。ホコリや汚れにも強く、安定して使用できます。

キーは打鍵感がしっかりと分かるようにチューニングされており、一般的なスイッチと比較して最大4倍のレスポンスを実現しているのが魅力です。素早い操作が求められるゲームでも快適に遊べます。

専用のメディアコントロール機能が備わっており、BGMの音量調節などが感覚的に行えるのもポイント。価格が安く、エントリーモデルとしてもおすすめのアイテムです。

レイザー(Razer) Huntsman Elite RZ03-01871200-R3J1

Razer(レイザー) Huntsman Elite RZ03-01871200-R3J1

動作点が1.0mmにあるレイザー独自のオプティカルスイッチを搭載し、高速入力が可能なゲーミングキーボード。軽量性とクリック感を併せ持ちます。素早い入力でもしっかり打鍵感を覚えられるのが魅力です。

また、耐久性が高いのもポイント。タイピングの多いゲームでも気兼ねなくプレイでき、長く愛用できます。ライトは約1680万色に対応しているので、目的のキーをすぐに見つけることが可能です。

テンキーの上にはマルチファンクションダイヤルが備わっており、無段階で音量や明るさが調節可能。自由にカスタマイズして、好みの設定にできます。利便性と堅牢性に優れるアイテムです。

レイザー(Razer) Blackwidow Elite RZ03-02620800-R3J1

Razer(レイザー) Blackwidow Elite RZ03-02620800-R3J1

タクタイル感と打鍵音がクセになるメカニカルゲーミングキーボード。最大8000万回キーストロークと高い耐久性があるほか、サイドウォールを搭載しており、ホコリや水気をカバーしてくれるのも特徴です。

Nキーロールオーバーに対応しており、どんなにタイピングが速くてもすべてのキー入力が順番取りに登録することが可能。スピードや正確性が求められるゲームで高いスキルを発揮できます。また、すべてのキーに機能が割り当てられるなど、カスタマイズ性の高さも魅力です。

約1680万色のカラーラインナップに加えて、ランダムに色が変化していくスペクトラムサイクリングに対応していることもあり、没入感溢れるゲーム体験ができるのもポイントです。

レイザー(Razer)) Cynosa Chroma RZ03-02262300-R3J1

Razer(レイザー) Cynosa Chroma RZ03-02262300-R3J1

キーごとにプログラムが割り当てられるバックライトキーと1680万色のカラーラインナップを装備したPS4向けのゲーミングキーボード。カラーやエフェクトは自由にカスタマイズできるので、自分だけのカラーパレットが作れます。ゲームをより自分らしく楽しむためにおすすめのアイテムです。

メンブレン方式ながらも打鍵感がキーの位置で異ならず、しっかりと押し込みが認識されるのが魅力。スピードや正確性が求められるゲームでも技が決められます。

専用のアプリ「Razer Synapse 3」を活用することで、各キーにマクロ機能を割り当てるなどのカスタマイズができるのもポイント。遊びやすい方法でプレイできります。価格は安く設定されており、コスパに優れた製品です。

エレコム(ELECOM) ゲーミングキーボード GM-TKFCM062BK

エレコム(ELECOM) ゲーミングキーボード GM-TKFCM062BK

最大1000万回のキーストロークに耐えるキーを採用したPS4向けゲーミングキーボード。有線接続タイプなので、つなぐだけですぐに使い始められるのが魅力です。ケーブルの長さは3mあるので、本体から離れた位置でも使用できます。

キーピッチは19mm。程よく間隔が空いているので快適なタイピングができます。また、本体底部に2段階で調節できる傾斜角度調節スタンドが備わっており、自分の入力しやすいアングルに修正可能です。

本体の裏側に備わっている水抜き用の穴から液体を排出できる排水機能が搭載されているのも特徴。利便性が高いものの値段は安いので、初めてゲーミングキーボードを購入する方にもおすすめです。

エレコム(ELECOM) Bluetooth静音ミニキーボード TK-FBM093SBK

エレコム(ELECOM) Bluetooth静音ミニキーボード TK-FBM093SBK

静音設計を採用したPS4向けキーボード。打鍵音に配慮しており、家族が寝静まった夜でも気兼ねなくゲームが楽しめるのが特徴です。

キーピッチは打鍵しやすい19mm。テンキーを搭載していないコンパクトモデルなので、場所を選ばずに使用できます。本体上部にはマルチファンクションキーが備わっており、キーを押すだけで専用の動作をさせることが可能です。

Bluetooth 3.0規格に対応しており、PS4を含め最大3台と同時に接続できるのがポイント。LEDランプでアクセス状況が確認できるほか、ワンタッチで接続機器が変更できるのが魅力です。

エレコム(ELECOM) 無線超薄型ミニキーボード TK-FDP098TBK

エレコム(ELECOM) 無線超薄型ミニキーボード TK-FDP098TBK

もっとも厚さのない箇所が6.5mmと薄いのが特徴。テンキーのないコンパクトモデルなので、場所を選ばずに使用できるPS4向けキーボードです。使用しない時もスッキリ収納できます。

キーストロークは2.0mmで、しっかり打鍵を感じられるのがポイント。キーピッチが19mmとタイピングしやすいのも魅力です。周波数は2.4GHzで、安定した通信を実現しています。

レシーバーは一円玉と同じサイズ感。また、LEDランプでペアリング状況の確認もできます。電源は電池式で、外出先での使用にも便利なアイテムです。

バッファロー(BUFFALO) 無線(2.4GHz)接続キーボード BSKBW110BK

バッファロー(BUFFALO) 無線(2.4GHz)接続キーボード BSKBW110BK

USBポートにレシーバーを挿すだけで使い始められるのが特徴。ドライバーをインストールする必要のないPS4向けキーボードです。最大10mまで通信できる2.4GHz周波数帯で、本体から離れた場所でも使用できます。

キーボードはメンブレン構造を採用。キートップをラバードームで支えており、しっかりとした操作性が感じられます。1000万回の打鍵テストをパスするなど耐久性にも優れており、タイピングの機会が多いゲームで実力を発揮するのがポイントです。

単3電池1本で約3年間動き続ける省エネ設計で、ランニングコストが安く抑えられるのも魅力。本体の価格も安く設定されているので、エントリーモデルとしておすすめのアイテムです。

バッファロー(BUFFALO) Bluetooth 3.0対応 折りたたみキーボード BSKBB700BK

バッファロー(BUFFALO) Bluetooth 3.0対応 折りたたみキーボード BSKBB700BK

Bluetooth 3.0に対応しており、PS4を含む3台のデバイスを登録できるキーボード。静電式のスイッチで、簡単に接続先を切り替えられます。最大で10m離れたところでの使用が可能です。

使用時の幅は約297mmあるものの、使用しないときには幅96×厚さ13mmまでコンパクトに折り畳めるのがポイント。収納時にかさばらず、持ち運びにも便利なアイテムです。

バッファロー(BUFFALO) USB接続 有線ゲーミングキーボード 丸洗い対応モデル BSKBUG500BK

バッファロー(BUFFALO) USB接続 有線ゲーミングキーボード 丸洗い対応モデル BSKBUG500BK

50℃以下の流水で丸洗いが可能なPS4向けゲーミングキーボード。誤って飲み物をこぼしてしまった場合や、ゴミなどが溜まった際、簡単にお手入れできるのが魅力です。

10キー同時に認識するNキーロールオーバーに対応しているので、どんなに速くタイピングしても順番に登録されるのがポイント。スピードや正確性が求められる場面で威力を発揮します。打鍵しやすいように傾斜が設けられているのも魅力です。

約2000万回の打鍵テストをクリアしているなど耐久性も良好。キーに配された文字はレーザープリントによるもので、摩耗しにくく、消えにくくなっています。

Lantoo ゲーミングキーボード LK-A0033

Lantoo ゲーミングキーボード LK-A0033

スポーツカーをイメージして設計された、スタイリッシュな見た目が特徴。片手で使用するゲーミングキーボードです。人間工学に基づいて設計されており、長時間の使用に適しています。

ゲームによく用いられる29キーだけが搭載されており、合理的な作りになっているのがポイント。キーボードの構造にはメカニカル方式を採用しているので、しっかりとした打鍵が感じられます。誤入力を減らせるので、正確性が求められる場面で威力を発揮するのが魅力です。

コンパクトサイズで傾向性に優れているので、外出先での使用にもおすすめ。また、最大1000万回キーストロークと耐久性にも優れます。

東プレ(Topre) REALFORCE RGB / R2A-JP4G-BK

東プレ(Topre) REALFORCE RGB / R2A-JP4G-BK

キーストロークの深さを3段階から自由に選択できる「APC」機能を搭載したゲーミングキーボード。素早く入力したい場合は1.5mm、入力間違いを防ぎたい場合には3mmとシチュエーションによって使い分けができます。

1680万色のパレットが用意されており、専用ソフトウェアを使用することでバックライトカラーが自由にプログラム可能。自分の遊びやすい仕様にカスタマイズでき、ゲームにより没入できます。

キーボードは日本製のモノを採用。また、5000万回打鍵テストをクリアするほど耐久性が高いのもポイントです。