満足度の高いゲームソフトが続々と発売されている「PlayStation4」(以下PS4)。「モンハンワールド」「フォートナイト」など、壮大な世界観が楽しめる作品はオンラインで楽しむ方も多くいます。

そこであると便利なのが「キーボード」。既存のコントローラーよりも素早く文字を入力できるのはもちろん、ショートカットキーを活用すれば、よりスピーディに対応可能です。そこで今回は、PS4用としておすすめのキーボードをご紹介します。

PS4キーボードの選び方

接続方式をチェック

有線タイプ

By: amazon.co.jp

PS4本体とUSBケーブルで接続するタイプです。初期設定が簡単で、電池も不要。また、ケーブルとつながっているため接続が安定しやすいのも魅力です。さらに、ワイヤレスタイプと比べると比較的価格が抑えられているのもポイント。コスパ重視の方にもおすすめです。

無線(ワイヤレス)タイプ

By: amazon.co.jp

無線(ワイヤレス)タイプは、PS4本体とUSBレシーバーまたはBluetoothで無線接続するタイプ。USBレシーバー式は遅延が少なく、電波障害に強いのが魅力。Bluetooth式はUSBポートを使わないほか、手軽に接続できるのがメリットです。

ケーブルのわずらわしさから解放される一方、電池またはバッテリーが必要なので、その点は留意しておきましょう。

タイピングのしやすさをチェック

By: rakuten.co.jp

PS4キーボードを選ぶ際に確認しておきたいのがキー配列です。「かな表記」や「全角/半角」などの変換が備わっている「日本語配列」と、それらの変換が備わっていないシンプルな「英語配列」の2種類があります。誤入力を低減するためにも、普段使っている方を選ぶのがおすすめです。

また、キー配列と一緒にキーピッチも確認しておきましょう。キーピッチとは、横方向に隣接するキー同士の間隔のこと。15mmや20mmなどさまざまな種類があり、一般的なサイズは19mmほどです。自身の指に対してキーピッチが狭いと、誤入力が多くなってしまうので注意しましょう。

PS4でキーボードを使う時の注意点

By: razer.com

PS4で遊ぶ際、キーボードの使用が認められない場合があるので注意が必要。多くのゲーム大会がキーボードの使用を非推奨としており、なかにはPlayStation4の純正コントローラーのみを持ち込み可にしている場合もあります。

ゲームによっては、大会だけでなく、オンラインの場でキーボードを禁止しているタイトルもあるため要チェック。場合によってはアカウントが停止されたり、ゲームサーバーへの接続を禁止されたりすることもあるので、遊ぶ前に許可されているかどうかを確認しておきましょう。

PS4キーボードのおすすめモデル

エレコム(ELECOM) PS4向け有線キーボード GM-TKFCM062BK

PS4のオフィシャルライセンスを取得しているPS4向けのキーボード。深めのキータッチを持つUSB接続タイプのアイテムです。キーピッチは19mm。日本語108キー配列を採用しており、入力しやすく快適なタイピングが楽しめます。

本体裏には傾斜調節スタンドが付いており、2段階で調節可能。また、3mのロングケーブルを採用しているので、PS4本体から離れた所からでも使用可能です。

最大1000万回のキーストローク寿命を誇り、長く愛用できるのがポイント。本体裏面には水抜き穴が搭載されているため、誤って飲み物をこぼしてしまっても素早く排水されます。利便性と耐久性に優れたおすすめアイテムです。

エレコム(ELECOM) Bluetooth静音ミニキーボード TK-FBM093SBK

イギリス騒音防止団体のQuiet Markを取得しているワイヤレスキーボード。キートップにラバーカップを取り付けたエレコム独自の静音設計を採用することで、キートップと上カバーの接触音を低減させているのが特徴です。

本体サイズは幅302.4×奥行130.3×高さ29.6mm。テンキーのないコンパクト仕様で、設置場所を選ばず快適に使用できます。また、電池式を採用しているので、外出先で使用できるのも魅力。利便性と携行性に優れたおすすめアイテムです。

エレコム(ELECOM) 無線静音ミニキーボード TK-FDM091STBK

2.4GHz帯周波数を使用するワイヤレスキーボード。安定した通信を誇り、快適なタイピングが楽しめます。イギリスの騒音防止団体からノイズの低減技術を認められているなど、静音性は良好。音が気になる時間帯でも気にせず使用できます。

テンキーのないコンパクトな設計になっており、机のスペースを有効活用できるのもポイントです。マイクロレシーバーも1円玉サイズで邪魔になりにくいのも魅力。また、専用ドライバなどのインストールが必要なく、すぐに使い始められるおすすめアイテムです。

エレコム(ELECOM) 有線超薄型コンパクトキーボード TK-FCP097BK

最薄部が6.5mmと薄型設計が特徴のキーボード。最薄部6.5mmと薄く、カバンの中に入れてもかさばりにくいのが特徴です。コンパクトながらも19mmのキーピッチと日本語104キーを採用しています。

キートップ下には鉄板を内蔵しており、しっかりとした打鍵感を味わえるのもポイント。また、専用キーを押すだけで実行可能なマルチファンクションキーを12種類搭載しています。

ケーブルの長さは1.5m。専用ドライバなどのインストールは必要なく、PS4のUSBポートと接続するだけですぐに使い始められます。持ち運びやすく、快適なタイピングが楽しめるおすすめイテムです。

ロジクール(Logicool) PRO Xキーボード G-PKB-002

テンキーのないデザインで、マウススペースが広く取れるゲーミングキーボード。コンパクトな作りになっているほか、microUSBケーブルが脱着式になっているので持ち運びにも便利です。

応答性や耐久性に優れたキースイッチを搭載。上に引くだけで簡単に外れるため楽に交換が行えます。自分なりにスイッチをカスタマイズできるのが魅力です。また、キーボードの構造はメカニカル式を採用しており、独特の打鍵音が楽しめます。

本体の裏面にはラバーフィートが搭載されており、激しくタイピングしてもズレにくいのがポイント。本体の角度は3段階で調節できるので、自身に適した角度でプレイできます。

ロジクール(Logicool) WIRELESS KEYBOARD K275

ロジクール独自の2.4GHzワイヤレス接続で、最大10m離れたところからでも使用できるワイヤレスキーボード。無線ながらも、有線に匹敵するほどの接続性を誇ります。レシーバーをUSBポートに挿すだけで使い始められるなど、簡単に接続できるのも魅力です。

自動スタンバイ機能などが備わっている省エネ設計で、寿命が長いのもポイント。最大で2年間電池を交換せずに使い続けられます。また、ON/OFFスイッチが搭載されているので、使用しないときには手動で電源を切ることも可能です。

キートップにはUVコーティングが施されており、印字が消えにくいのもポイント。誤って飲み物をこぼしてしまっても故障しにくいなど、耐水性にも優れます。価格が安く設定されているため、コストパフォーマンスに優れるアイテムを探している方におすすめです。

ロジクール(Logicool) G910R RG

ロジクール独自の「ROMER-G メカニカルキー」を搭載したゲーミングキーボード。耐久性に優れており、長く愛用したい方におすすめです。素早い入力に対応していることや、カチカチという独特な打鍵音が楽しめるのも魅力です。

キーキャップには表面がフラットに近いモデルを採用。パームレストも全体がフラットになったモノを採用しており、PS4用としてだけでなく、普段使いもできます。デザイン性に優れ、高速キー入力が可能なアイテムです。

レイザー(Razer) Huntsman Elite RZ03-01870100-R3M1

最高1億キーストロークの耐久性を誇る英語配列のゲーミングキーボード。長期間安定した動作が楽しめるかつ、激しいタイピングでも故障しにくいのが魅力です。

スイッチにはセンサーを内蔵しており、光信号でレシーバーが作動する仕様になっているのもポイント。反応速度が速く、高速のタイピングにも対応します。また、スイッチ上部にはスタビライザーバーを搭載。キーキャップの隅を押しても入力されます。

テンキーの上にはマルチファンクションデジタルダイアルを搭載。プレイ中に音量や明るさの調節が行えます。さらに、リストレストにはレザーレット製のモデルを採用。長時間のプレイに適したおすすめのモデルです。

レイザー(Razer) BLACKWIDOW ELITE RZ03-02620100-R3M1

8000万回のキーストローク寿命で、耐久性に優れたゲーミングキーボード。ほこりや液体に対しての保護機能が高く、耐久性に優れているのが魅力です。

スイッチにはレイザー独自のグリーンメカニカルスイッチを搭載。タクタイルバンプ機能で、確かな打鍵感と独特のクリック音が味わえます。打ち間違えを低減でき、長く愛用できるアイテムです。

レイザー(Razer) ORNATA CHROMA RZ03-02041300-R3J1

メンブレンキーボードとメカニカルキーボードを組み合わせた、レイザー独自の「メカ・メンブレン」テクノロジーを採用しているゲーミングキーボード。柔らかなタッチと、カッチリとした打鍵感が同時に味わえます。

キーには中程度の高さがあるキートップ構造を採用しており、動作が素早く認識されるのがポイント。また、最大10キー同時押しに対応した「アンチゴースト機能」を備えているのも魅力です。スムーズなタイピングが楽しみたい方はチェックしてみてください。

東プレ(Topre Corporation) REALFORCE SA R2SA-JP3-BK

東プレ独自の機能「アクチュエーションポイントチェンジャー」を搭載したキーボード。各キースイッチのオン位置が1.5・2.2・3mmから選べるのが特徴です。素早く入力したいキーは1.5mm、誤入力を防止したいキーは3mmとキーごとに設定できます。

フルNキーロールオーバー対応で、複数のキーを同時に押下してもすべて入力されるのもポイント。タイピングが速い方も快適に使用できます。また、各列に段差を設けたステップスカルプチャー構造でキーが入力しやすく、長時間の使用に適しているのも魅力です。

東プレ(Topre Corporation) REALFORCE TKL SA R2TLSA-JP3-IV

幅369mmとコンパクトなキーボード。机のスペースを有効活用できるテンキーレスモデルです。本体裏には3方向にケーブルの取り出し口があるスリットを搭載しており、ケーブルの配線も自由に行えます。

底面にはラバーやソフト樹脂素材を採用しており、ガラステーブルで使用しても滑りにくいのがポイント。安定性に優れ、入力中にキーボードがズレるのを抑えます。また、ステップスカルプチャー構造を採用しており、指の動きにフィットしやすいアイテムです。

バッファロー(BUFFALO) BSKBU520BK

IP55の防塵・防水機能を有したキーボードです。流水での丸洗いできるのがポイント。また、樹脂部分に抗菌素材を用いており、衛生面に配慮されているのも魅力です。

キートップをラバードームで支えるメンブレン方式を採用。キーストロークが深くなっており、しっかりとした打鍵感を味わうことが可能です。さらに、本体の背面にはスタンドが付いているため、入力しやすい角度に調節できます。

バッファロー(BUFFALO) BSKBU320BK

打鍵音を抑えた静音機構を採用しているキーボードです。本製品から50cm離れた位置における騒音レベルは、通常キーの場合で24.5db。深夜など、音が気になる時間帯でも気兼ねなく使用できます。

本体裏にはスタンドが付いており、自身の好きな角度に調節できるのもポイント。また、価格もリーズナブルで、初めてPS4向けキーボードを購入する方にもおすすめです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 静音スリムキーボード SKB-SL29BK

メンブレン式でありながらキーストロークが浅く、キータッチ音が小さいキーボード。静音性に優れており、音が気になる時間帯でも使用可能です。

キーピッチは19mmで、スタンダードな日本語109A配列を採用しています。本体の裏面には調節スタンドがついており、自身のタイピングしやすい角度にセット可能。長時間の使用にも適しています。

ドライバなどのインストールが一切不要で、USBポートに接続するだけで使い始められるのがポイント。価格も比較的リーズナブルで、コストパフォーマンスに優れるアイテムを探している方におすすめのアイテムです。