イヤホンには数百円程度のモデルから5万円を超えるモノまで、幅広い価格帯のモデルがラインナップされています。デザイン・機能性・音質もモデルによってさまざまなので、どれを選んでよいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、1万円以下のイヤホンに絞っておすすめのモデルをご紹介。高音質でおしゃれなイヤホンも多くラインナップされています。比較的リーズナブルな価格帯でエントリーモデルも多いため、ぜひチェックしてみてください。

1万円以下のイヤホンの選び方

形状をチェック

カナル型

By: rakuten.co.jp

カナル型のイヤホンは装着するとき耳栓のように耳の穴を塞ぐのが特徴。密閉性が高く、周囲への音漏れを軽減できるので、バスや電車など、公共の場での使用におすすめです。また、低音の鳴りがよく、より細かい音まで聴き取れます。

しかし、カナル型のイヤホンは装着時に圧迫感があるため、短時間の視聴などにおすすめ。迫力のある音ですが聴き疲れもしやすいので、待ち合わせ中や移動中の使用などに適しています。

インナーイヤー型

By: rakuten.co.jp

インナーイヤー型のイヤホンは、耳穴の入り口部分へ蓋を被せるようにして装着します。装着時の圧迫感が軽減されているので、長時間の視聴におすすめ。広がりがある音場で、快適に音楽を楽しめます。

しかし、インナーイヤー型のイヤホンは、密閉性や遮音性が低いのがデメリット。カナル型に比べて音漏れしやすく、周囲の騒音も耳に入ってくることもあるため留意しておきましょう。

ドライバーの種類をチェック

ダイナミック型

By: jvc.com

ダイナミック型のドライバーを搭載しているイヤホンは、低音をよりパワフルに再生できます。比較的大型のドライバーを搭載したモデルでビートを感じ取りやすいため、打ち込み系の音楽やダンスミュージックなどを聴く方におすすめです。

また、ダイナミック型のイヤホンは内部構造がシンプルにできているので、安価に製造できるのも特徴。リーズナブルな製品が多いため、安さと低音重視の方におすすめです。

バランスド・アーマチュア(BA)型

By: amazon.co.jp

バランスド・アーマチュア型のイヤホンは、繊細な楽器表現も再生できるのが特徴。とくに中高音域を伸びやかに丁寧に再生できるため、クラシックやジャズなどをよく聴く方におすすめです。

また、バランスド・アーマチュア型は高級イヤホンでもよく採用されるドライバー。比較的高価ですが高音質なので、音質重視の方におすすめです。

ハイブリッド型

By: amazon.co.jp

ハイブリッド型のイヤホンは、ダイナミック型とバランスド・アーマチュア型の特徴を組み合わせたドライバーです。低音再生に優れたダイナミック型と、中高音再生に優れたバランスド・アーマチュア型のよい部分を兼ね備えています。

再生周波数帯域が広いワイドレンジで、バランスの取れたフラットなサウンドが特徴。さまざまなジャンルの音楽を聴く方におすすめです。

ただ、ハイブリッド型は複数のドライバーを搭載しているため、音の移動がスムーズでないモデルもあります。また、ドライバーを複数搭載することで、重く高価になる点にも注意しておきましょう。価格や重量、音質などの兼ね合いを見て選ぶのがおすすめです。

接続方式をチェック

Bluetooth(ワイヤレス)

By: ankerjapan.com

Bluetooth接続のイヤホンは、イヤホンケーブルがないためコードの絡まりや断線の心配がなく、取り回しやすいのが魅力。使いやすさ重視の方におすすめです。

また、Bluetooth接続のイヤホンには、完全ワイヤレスや左右一体型などの種類があります。装着時の安定感や保管のしやすさなどが異なるので、好みや使用シーンに合わせて選ぶのがおすすめです。

より長時間音楽を楽しみたい方は、連続再生時間もチェックしてみてください。最近では、イヤホンを保管し持ち歩きながらバッテリーのチャージが可能な充電ケースが付属するモデルも多くラインナップされています。

有線

By: amazon.co.jp

有線タイプのイヤホンの多くは、3.5mm径ステレオミニプラグで接続します。オーディオプレイヤーがBluetooth非対応の場合も接続できるのが特徴。コードの絡まりや断線の恐れがありますが、音源データを圧縮しないため比較的高音質です。

また、有線タイプのイヤホンは、バッテリー残量を気にせず使用できるのもポイント。長時間音楽を楽しみたい方にもおすすめです。

1万円以下のワイヤレスイヤホンおすすめ

ジェイビーエル(JBL) T110BT

左右一体型のイヤホンです。コンパクトですが8.6mmのドライバーを搭載しており、低音の鳴りも良好。中高音域もパワフルに再生でき、さまざまな曲とマッチします。

約2時間の充電で最大約6時間の連続再生が可能と、バッテリー持ちも優秀。また、カラーラインナップも豊富で、さまざまなファッションと合わせやすいのもポイントです。

ケーブルにはマイク付きリモコンを備え、ハンズフリー通話など首元で簡単な本体操作ができます。使用しないときはハウジング部分に備えたマグネットでネックレスのようにして持ち運びが可能。リーズナブルで使い勝手のよいイヤホンです。

ソニー(SONY) ワイヤレスステレオヘッドセット WI-C310

大容量バッテリーを備えた長時間再生におすすめのイヤホンです。連続再生時間が最大15時間と長いのが特徴。急速充電にも対応しており、10分の充電で1時間の再生ができるのも魅力です。

音質もよく、中高音はクリアに、低音はパワフルに再生可能。ソニーらしい低音と高音のはっきりとした華やかなサウンドが楽しめます。

また、首元にリモコンを搭載しているので、音量調節やハンズフリー通話にも便利。8台までのマルチペアリングにも対応しており、複数のデバイスと接続する機会の多い方にもおすすめです。

JVCケンウッド(KENWOOD) ワイヤレスステレオヘッドセット HA-A10T

防水性能を備えた完全ワイヤレスイヤホンです。イヤホンのみで約4時間の連続再生が可能。付属の充電ケースを使用すれば、約14時間再生できます。クイック充電にも対応しており、約15分の充電で約1時間の連続再生が可能です。

また、Bluetooth5.0規格に対応しているため、人が集まる街なかでも安定した接続が可能。IPX5の防水性能を備えており、汗や雨に濡れても使用できます。左右のボタンで簡単に操作でき、持ち歩きにもおすすめです。

内部にはダイナミック型のドライバーを搭載し、パワフルに再生可能。イヤーピースにはマイクを搭載しており、ハンズフリー通話にも便利です。

さらに、一度ペアリングしたモノと自動で接続するので、簡単に操作できます。完全ワイヤレスイヤホンのエントリーモデルとしておすすめです。

JVCケンウッド(KENWOOD) ワイヤレスステレオヘッドセット HA-F15BT

聴き疲れしにくいインナーイヤー型のイヤホンです。中音域を重視したクリアなサウンドが特徴。低音域もほどよく量感があり、長時間快適に使用できます。

連続再生可能時間は最大約6.5時間で、通勤や通学中の使用にもおすすめ。ケーブルにはリモコンマイクを搭載しており、首元でボリューム調節や音声アシスタントの起動などが手軽にできます。

また、レトロなカラーラインナップなので、ファッションのアクセントにもおすすめ。さらに、IPX2の防滴仕様なのもポイントです。

AVIOT TE-D01g

多機能でデザイン性に優れたイヤホンです。「手のひらのジュークボックス」と表現されるほどコンパクトなのが特徴。軽量でデザイン性にも優れており、ファッションアイテムとしても活躍します。

また、イヤホン本体だけで最大10時間の連続再生が可能。付属のチャージングケースを使用すれば、最大50時間再生でき、旅行や出張などでの持ち歩きにもおすすめです。

さらに、AAC・SBC・aptXコーデックに対応しており、高音質で音楽再生が可能。IPX7の高い防水性能を備えているので、ジムでのワークアウトなどでも活躍します。

曲のスキップなどは、イヤホン側面のボタンで簡単に操作可能。CVC8.0のノイズキャンセリング機能を搭載したマイクが付いているため、通話時に自分の声をクリアに伝えられます。

GLIDiC Sound Air TW-5000s

1万円以下の中では珍しい外音取り込み機能を搭載したイヤホンです。遮音性の高いカナル型ですが、イヤーチップ部分にある多機能ボタンをタッチするだけで、装着したまま周囲の音が聴き取れます。通話応答なども多機能ボタンで操作可能です。

また、連続再生時間は約3時間と短めですが、充電用ケースを使用すれば約10時間の使用が可能。高音質なAACコーデックを採用しており、バランスよく聴き疲れしにくいサウンドです。装着感も安定しており、長時間使用しても快適に過ごしやすいのがポイント。

充電ケースのサイズが42×42×32mmとコンパクトなので、持ち運びにも便利。上品なカラーラインナップとシンプルなデザインで、さまざまなシーンに溶け込みます。

アンカー(ANKER) Soundcore Liberty Air 2 A3910011

多機能でワイヤレス充電に対応した完全ワイヤレスイヤホンです。別売りのワイヤレス充電器に置くだけでケースごと充電可能。ケーブルを繋ぐ手間が省け、スムーズに充電できます。

また、CVC8.0のノイズキャンセリングを搭載したマイクを採用しているのもポイント。街なかなどでも、通話中の声をクリアに届けられます。

バッテリー持ちもよく、イヤホン本体のみで最大7時間、付属の充電ケースを使えば最大28時間の再生が可能。10分間の充電で約2時間の音楽再生できる急速充電にも対応しており、バッテリーが切れてもすぐに使用できます。

さらに、IPX5の防水機能を備えているため、雨に濡れても使用可能。SBCほか、AACやaptXといった高音質なコーデックを搭載しています。コストパフォーマンスに優れたおすすめのモデルです。

1万円以下の有線イヤホンおすすめ

パイオニア(Pioneer) インナーイヤータイプ SE-CH3T

透明感のあるサウンドが楽しめるイヤホンです。ダイヤモンドよりも硬いグラフェンコート振動板を採用。不要な振動を抑えることで、伸びがよくクリアな高音域と芯を持った量感ある低音域が再生できます。ワイドレンジでハイレゾ音源にもおすすめです。

また、イヤーフックが付属し、動いている間の装着感が安定しやすいのもポイント。有線タイプ特有のタッチノイズも抑えられます。本体質量も約3.1gと軽量で、長時間快適に使用可能です。コスパに優れた有線イヤホンを探している方はチェックしてみてください。

JVCケンウッド(KENWOOD) インナーイヤーヘッドホン HA-FX77X

重低音を重視して製作されたXXシリーズのイヤホンです。内部に独自構造の「XTREME TORNADO DUCT」を採用しており、深みのある低音が楽しめます。

コンパクトながらもクリアで迫力のある低音が楽しめるので、打ち込み系の音楽などグルーヴを感じたい方におすすめ。また、キレのよさもあり、ビートもしっかりと聴き取れます。

本体をエラストマー素材で保護しているため、遮音性が高いのも特徴のひとつ。シリコンイヤーピースは3サイズ付属しており、さまざまな耳の大きさに合わせて装着できます。

Pai audio 1BA+1DD ハイブリッド型イヤホン PAI-DM1

ハイブリッド型を採用したイヤホンです。広い音場と透明感のある高音域が魅力。中低音域の抜けも良好です。素材にステンレスを採用しており、不要な振動を抑制。解像度が高く、クラシックやジャズなどでは複雑な楽器表現も細部まで楽しめます。

また、OFCツイストペアケーブルが付属。タッチノイズを軽減して音の劣化も抑えています。耳かけタイプで装着時の安定感も良好。シンプルですがモダンなデザインで、上品な高級感があります。

さらに、1万円以下のモデルとしては珍しくリケーブルにも対応しており、好みのケーブルへの付け替えもできます。高音質重視の方におすすめのイヤホンです。

ソニー(SONY) 密閉型インナーイヤーレシーバー XBA-100

1万円以下のなかでは珍しいバランスド・アーマチュア型のイヤホンです。独自開発の「リニアドライブバランスド・アーマチュア」を採用。透き通った伸びのよい中高音域を楽しめるのが特徴です。

また、ハウジング部分には金管楽器にも使用される真鍮素材を採用しています。不要な振動を抑制するため、低音域のレスポンスもスムーズです。中高音域の抜けもよく、クラシック曲などともマッチします。

ケーブルには銀コートOFC線を採用。音の劣化を抑え、高音域も滑らかに再生可能です。4芯構成によって左右の音を分離させるので、より広がりのあるピュアなサウンドが楽しめます。

さらに、ケーブルには絡みにくいセレーションケーブルを使っているので、持ち歩きにもおすすめ。ハウジングは定期的な手入れが必要ですが、高級感がありアクセサリーとしても映えます。

ソニー(SONY) オープンイヤーステレオヘッドセット STH40D

骨に音を響かせて音楽を楽しむ、骨伝導タイプのイヤホンです。骨伝導タイプのイヤホンは耳穴を塞がないため、周囲の音を聞き取りながら使用できるのが特徴。仕事中の会話や電車の乗り換え時などで、イヤホンを取り外す手間が省けます。

本製品はややサイズが大きいですが、前から見えにくい下掛けスタイルを採用。耳への負担や長時間使用したときの蒸れも軽減されています。また、下掛けスタイルのイヤホンは、メガネなどをかけながらでも快適に使用可能です。

ケーブルにはマイクを搭載したリモコンが付いており、ハンズフリー通話にもおすすめ。曲のスキップや音声検索なども首元で手軽に操作できます。

ソニー(SONY) 密閉型インナーイヤーレシーバー h.ear in 2 IER-H500A

ウォークマンA40シリーズと同色のイヤホンです。ファッションに合わせやすいミディアムトーンのカラーが特徴。ウォークマンと合わせて使うことで、統一感を出しやすいのがポイントです。

音質もよく、ハイレゾ音源に対応。幅広いレンジの音をより高解像度で再生できます。イヤホン本体には軽量で耐久性に優れたアルミニウムハウジングを採用。不要な振動を抑え、明るくクリアな中高音域が楽しめます。

ケーブルにはリモコンを搭載し、首元で手軽に操作可能。Xperiaの専用アプリを使用すれば、リモコンボタンのカスタマイズもできます。ウォークマンやXperiaなど、ソニーユーザーにおすすめのイヤホンです。

ソニー(SONY) USB Type-C TM ステレオヘッドセット STH50C

イヤホンジャックのないスマホともダイレクト接続できるイヤホンです。接続端子にUSB Type-Cを採用。USB接続ならではの高音質再生ができます。内部には高音質D/Aコンバーターを内蔵しており、ハイレゾ音源の再生も可能です。

また、ビートレスポンスコントロール技術を採用しているので、キレのある低音再生が可能。さらに、2種類のシリコンを組み合わせたハイブリッドイヤーピースが密閉性を高めるため、音漏れしにくく、長時間快適に使用可能です。

ケーブルにはリモコンが付いており、曲の再生やスキップなどの操作も簡単。マイクを内蔵しているので、ハンズフリー通話にも便利です。

ファイナル(final) E3000 カナル型イヤホン FI-E3DSS

1万円以下の中でも解像度が高くピュアなサウンドのイヤホンです。音質重視の方におすすめ。低音から高音までバランスよく再生でき、音場も広いためアコースティックやジャズなどの音源にもマッチします。

また、イヤーチップが5サイズ付属しており、さまざまな耳にフィットするのもポイント。低音の漏れも抑えられており、十分な量感を持って再生できます。

イヤーフックも付属し、装着中の安定感も良好。さらに、ケーブルにはタッチノイズを抑えたオリジナルケーブルを採用しています。高級感のある見た目も特徴的なおすすめのモデルです。