1000円を切る安価なモデルから、5万円以上の高額なモデルまで幅広いラインナップが揃っている「イヤホン」。選択肢が多い分、予算に応じて自分に合った製品を選ぶのは非常に難しいという側面があります。

そこで今回は、1万円以下という価格に限定したおすすめのイヤホンをご紹介。もし今のイヤホンに不満があるなら、買い替えを視野に入れてみてください。

1万円以下イヤホンの選び方

イヤホンの音質をチェック

イヤホンの形状

By: denon.jp

イヤホンには大きく分けてカナル型・インナーイヤー型・イヤーフック型の3種類があります。それぞれ異なった形状をしており、音質や聴こえ方にも違いがあります。

カナル型は、高音質イヤホンの多くに採用されており、耳栓のようにしっかり装着するタイプ。イヤホン先端に付いた丸いゴムが耳に密着して遮音性を高め、周囲への音漏れもほとんどありません。音を聴きとる内耳の近くで音楽を流せるため、低音から高音までの幅広い音だけでなく繊細な音までも聴き取れます。ただし、内耳への刺激が気になる方は、大音量や長時間使用に配慮して使うのがおすすめ。最近は1万円以下のモデルが増えているのも魅力です。

インナーイヤー型は、iPhoneに付属しているイヤホンや1000円以下の安価なモデルに多いタイプ。平たくて丸い形状で、耳に密着しにくいため音漏れしやすく遮音性も低めですが、数百円のモデルもあり価格面では人気があります。低音が弱いというデメリットはありますが、耳への負担が気になる方やイヤホンを使う頻度が低い方におすすめです。

イヤーフック型は、イヤホンにフックが付いており、耳にかけて音楽を聴くタイプ。耳の穴にイヤホンを入れないため、遮音性が低く音漏れもしやすいデメリットがありますが、内耳への刺激が弱いメリットがあります。他のイヤホンよりも大きめの造りなのでドライバーを大きくでき、低音は弱いですが音域が広くさまざまな音楽を楽しむのにおすすめです。

ダイナミック型とBA型

By: audio-technica.co.jp

イヤホンには音を出す内部構造に違いがあり、大きく分けるとダイナミック型とBA型の2つがあります。選んだイヤホンがどちらのタイプか判断するには、商品パッケージ裏面に書かれている「型式」をチェックすれば判別が可能。ネットで購入する場合も仕様欄を確認すれば記載されています。現在はダイナミック型が全体の7割近くを占めているのが現状です。

ダイナミック型は、イヤホン内部のボイスコイルにある振動板に音楽信号を流して振動させて音を出します。ダイナミックスピーカーと同じ構造をしており、構造に歪みが少ないので幅広い周波数の音を出せるのが特徴。特に重低音が綺麗に聴こえるので、ロックのドラムやベースの音を感じたい方におすすめです。他の型式に比べると比較的安価で1万円以下のモデルも多いので、音質よりも価格にこだわる方にも選ばれています。

BA型は「バランスド・アーマチュア型」の略。ボイスコイルに電流を流して鉄片を振動させ、その振動をドライバーロッドが振動板に伝えて音を出します。ダイナミック型に比べると周波数帯域が狭いデメリットがありますが、小型のイヤホンに向いた構造なのでさまざまな業種から注目されている存在。低音は弱いですが中音と高音が高音質なので、ピアノやボーカルの音をじっくり聴きたい方におすすめです。

ダイナミック型とBA型を組み合わせたハイブリッド型

By: amazon.co.jp

もう1つ注目しておきたいのが、ダイナミック型とBA型を組み合わせたハイブリッド型イヤホン。高音域を苦手とするダイナミック型と低音域が苦手なBA型の両方を搭載することによってお互いの弱点を補えるので、かなり広い音域の表現が可能です。低音はずっしりと、高音は爽やかに聴きたい方におすすめ。価格は高めですが、徐々に人気が広がりつつあります。

ハイレゾ対応ならよりクリアな音を楽しめる

By: amazon.co.jp

ここまで紹介してきたイヤホンの中には、ハイレゾ音源に対応したモデルもあります。ハイレゾとは、CDの3~6倍の情報量を持つ高密度な音源のこと。その音を高音質のまま再生するためには、ハイレゾに対応するスペックを持つイヤホンが必要です。

ハイレゾ対応でないイヤホンでもハイレゾ音源の再生自体は可能ですが、本来の音源が持つクオリティは活かしきれません。ハイレゾ音源をスマホやプレーヤーに入れて持ち歩きたい方は、1万円以下のモデルでもハイレゾ対応のイヤホンを選びましょう。

Bluetooth対応かどうかをチェック

By: amazon.co.jp

最近の主流となっているのがBluetooth対応イヤホン。スマホなどのデバイスとワイヤレスで接続して音楽再生ができるので、ケーブルがカバンや洋服に引っかかるトラブルがなく快適に使えます。特にランニングやウォーキングをしながら音楽を聴きたいときに便利。ケーブルの煩わしさを解消したいなら、1万円以下でもBluetooth対応かどうかをチェックしましょう。

1万円以下のイヤホンおすすめ

パイオニア(Pioneer) ハイレゾ対応カナル型イヤホン SE-CH9T

パイオニア(Pioneer) ハイレゾ対応カナル型イヤホン SE-CH9T

1万円以下のなかではコスパが高い有線カナル型イヤホン。40kHz再生をクリアしたハイレゾ対応により、繊細な音からダイナミックな迫力まで聴かせます。通気部に独自設計のチューブを使用することによる、引き締まった低音も魅力です。

本モデルはMMCX規格によるケーブル着脱が可能。不意な引っ張りによる断線を防げるほか、ケーブル交換による音質の違いを楽しめます。また、MMCX規格で内外から発売されている2.5mm/4.4mm径バランス接続ケーブルも使用可能。左右の分離度を高めることによる立体的な音場を楽しめます。

さらに、動きながら使用している時に起こりやすいケーブルのタッチノイズを防ぐ「耳掛け装着」も可能です。通話対応マイク付きリモコンも搭載しているので、スマホやタブレットとの相性も良好。屋内外で活躍できるおすすめモデルです。

茶楽音人 ハイレゾ対応カナル型イヤホン Co-Donguri Balance 2.5mmプラグモデル

茶楽音人 ハイレゾ対応カナル型イヤホン Co-Donguri Balance 2.5mmプラグモデル

1万円以下では珍しく、左右の音を完全に独立させるバランス接続に対応したカナル型イヤホン。2.5mm径モデルと4.4mm径モデルを別々に用意。いずれの方式にも対応できます。

10mm径のダイナミック型ドライバーを使用しているほか、40kHz再生が可能なハイレゾ対応のハイスペックも魅力です。独自技術の「トルネード・イコライザー」により、10kHz以上の高域を伸びやかに再現します。真鍮製のどんぐり形状ボディもおしゃれでおすすめです。

なお、ケーブル着脱はできないので、通常の3.5mm径端子に接続したい場合は変換プラグを別途用意する必要があります。

JVCケンウッド(KENWOOD) ハイレゾ対応カナル型イヤホン N_W WOODシリーズ HA-FW7

JVCケンウッド(KENWOOD) ハイレゾ対応カナル型イヤホン N_W WOODシリーズ HA-FW7

木製ダイナミック型振動板を採用したカナル型イヤホン。音を出す部品である振動板の素材は、紙・樹脂・金属がほとんどですが、世界でJVCのみが製品化に成功しました。木ならではの温もりある自然なサウンドが最大の特徴。特に木製楽器を中心にしたアコースティック音楽におすすめです。

本モデルは「WOODシリーズ」では手頃な価格ながら、ハイレゾ対応のハイスペックと木をあしらった上質なデザインがおしゃれ。一味違うイヤホンとしておすすめです。

ニューフォース(Nuforce) ハイレゾ対応カナル型イヤホン HEM1

ニューフォース(Nuforce)  ハイレゾ対応カナル型イヤホン HEM1

1万円以下で購入できるハイコスパなBA型イヤホンです。再生周波数帯域を広く取るのが難しいBA型1基構成ながら、ハイレゾ対応要件の40kHz再生を実現。繊細さとワイドレンジさを手軽に楽しめます。

堅牢性の高い熱可塑性ポリマー樹脂「Lexan」を用いたカタツムリ型ハウジングにより、振動や歪みを軽減。クリアなサウンドもポイントです。

シリコン製イヤーピースは遮音性が高く、音楽に集中できます。2pin規格でケーブル着脱が可能なのも便利。初めてのBA型イヤホンにおすすめです。

KZ(Knowledge Zenith) 4BA+1DD カナル型ハイブリッドイヤホン ZS7

KZ(Knowledge Zenith) 4BA+1DD カナル型ハイブリッドイヤホン ZS7

低価格ながら凝った構成のイヤホンを多数発売している新興メーカー「KZ」のカナル型イヤホン。BA型4基にダイナミック型1基構成で、約6,000円という破格の安さ。再生周波数帯域も7Hz~40kHzとハイレゾ対応相当の超ワイドレンジです。2pin規格によるケーブル着脱にも対応するため断線の心配もありません。

アルミニウム合金をコンピューターによる精密切削技術によって一つずつ削り出したメタルハウジングも魅力。コスパに優れたイヤホンを探している方におすすめです。

1万円以下のワイヤレスイヤホンおすすめ

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン MDR-NWBT20N

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン MDR-NWBT20N

1万円以下ながらBluetooth対応とノイズキャンセリング機能の両方を搭載したハイコスパなイヤホン。安価ながら高精度なデジタル方式を採用し、周囲からの騒音を約98%減少できると謳っています。環境に応じた最適なキャンセリングモードを自動選択してくれる「AIノイズキャンセリング」により、いつでも快適なリスニングが可能です。

遮音性が高く音漏れしないカナル型を採用。スマホ用リモコンマイクも備えるので、ハンズフリー通話もできます。ペアリングやBluetooth接続、電源オンなどがワンタッチで行えるNFCを搭載しているので、Bluetoothイヤホン初心者にもおすすめです。

Bluetoothレシーバー部からイヤホンが着脱できるため、好みの有線イヤホンをワイヤレス化もできます。その場合、ノイズキャンセリング機能は使用できないことには注意してください。

ソニー(SONY) Bluetooth対応ワイヤレスイヤホン WI-SP500

ソニー(SONY) Bluetooth対応ワイヤレスイヤホン WI-SP500

現在主流のカナル型ではなく、耳を塞がない独自の開放型構造を採用したBluetooth対応イヤホン。一般的な開放型であるインナーイヤー型とも異なり、音導管を通して鼓膜へ音を届けることで、周囲の音と再生している音楽がブレンドされて聴こえます。

音漏れが多い一方で、周囲の安全やコミュニケーションを確保したままイヤホンができるのが利点。カナル型とは異なる広がりのある音質も特徴です。

長時間使用時に疲労感が少ないのも魅力。ハンズフリー通話や各種操作、音声アシスタントの音声操作が可能な多機能でもおすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) Bluetooth対応セミオープン型イヤホン ATH-C200BT

オーディオテクニカ(audio-technica) Bluetooth対応セミオープン型イヤホン ATH-C200BT

インナーイヤー型のBluetooth対応イヤホン。高性能な12mm径ドライバーを搭載し、音域が広い迫力に富んだ再生音を実現。低音の音抜けを向上するベント(音響孔)を搭載し、 豊かな低域も楽しめます。

スリムでコンパクトなハウジングにはシリコン素材を採用。ソフトでずれにくいため、無理なくしっかり装着でき、長時間使用時の疲労も防いでくれます。

コード部にマイク付きのリモコンが付いているため、手元で音楽や動画、通話操作が可能。インナーイヤー型が得意なメーカーならではの完成度です。

デノン(DENON) 防汗・防滴仕様ワイヤレスイヤホン AH-C160W

デノン(DENON) 防汗・防滴仕様ワイヤレスイヤホン AH-C160W

イヤーフック型のBluetooth対応イヤホン。スポーツ時の使用向けに防水性や装着性を高めていることが特徴です。IPX5/7相当防水性能で汗や突然の雨でも安心して使用できます。

イヤーフック部分は、補聴器メーカーによる協力のもとでデザインされた独自のもの。専用にカスタマイズしたイヤーピースも相まって、高いフィット性と長時間使用時の快適さを実現しています。

屋外でもボーカルやベースが埋もれずにクリアに聴こえるよう、独自のDSPチューニングを実施。デノン単品コンポの開発陣によるテストによって基本的な音質も磨かれています。音で選んでもおすすめのBluetoothイヤホンです。

1万円以下の完全ワイヤレスイヤホンおすすめ

GLIDiC Sound Air TW-5000s

GLIDiC Sound Air TW-5000s

リーズナブルな完全ワイヤレスイヤホン。携帯キャリア大手のソフトバンクが発売していることもあり、iPhoneや主要Androidスマホとの相性や接続安定性が配慮されていることがポイントです。内蔵マイクでのハンズフリー通話の品位にも優れます。しかも、左右どちらでも通話可能なため操作性も良好です。

話しかけられた時や車内アナウンスなどを聴きたい時に便利な「外音取り込み機能」も便利。スマホとの使用を前提に、通話にもイヤホンを使いたい方におすすめ。総合的な仕上がりのよさから、初めての完全ワイヤレスイヤホンとしてもおすすめできます。

アビオット(AVIOT) 完全ワイヤレスイヤホン TE-D01e

アビオット(AVIOT) 完全ワイヤレスイヤホン TE-D01e

完全ワイヤレスイヤホンの性能を左右するチップセットに、高性能な「QCC3020」を採用したモデル。1万円以下では最長クラスの7時間駆動と、高い接続安定性を実現しています。対応コーデックがSBC・AAC・aptXと幅広いのも利点です。

炭素素材のグラフェンを振動板ダイナミックドライバーに使用することにより、歯切れのよいサウンドを実現している点も魅力。IPX4相当の防水性能も有するため屋外での使用にもおすすめできます。

ソウル(SOUL) 完全ワイヤレスイヤホン ST-XS2

ソウル(SOUL) 完全ワイヤレスイヤホン ST-XS2

人気モデル「ST-XS」の後継機で、価格はそのままに各所をグレードアップしたコスパのよさが魅力です。通信距離が高まった最新のBluetooth 5.0規格に準拠。AACコーデックも新たにサポートし、iPhoneと組み合わせた際の音質が向上しています。前モデルから音質も改良されており、重低音の効いた迫力あるサウンドを鳴らします。

連続再生時間は従来機の倍となる5時間という長さ。専用ケースでの充電回数も5回に増加し、合計25時間再生を実現しています。

雨の中や水回りでも平気なIPX7防水、充電も最新のUSB Type-C端子を採用するなど価格を超えた充実ぶり。落下防止のイヤーフックを搭載し、持ち運びに便利なカラビナリングが付属するのも便利です。