毎日聴いていたあの音楽をライブさながらの音に変えてくれるのが実力のあるイヤホン。スマートフォンやポータブルプレーヤーの普及で音楽を簡単に持ち運べるようになり、よりよい音で音楽を楽しむためのイヤホンが続々と登場しています。

今のイヤホンに不満があるなら、買い替えを視野に入れていくつかのモデルをチェックするのがおすすめ。今回は1万円以下のおすすめイヤホンを紹介します。

1万円以下イヤホンの選び方

イヤホンの音質をチェック

イヤホンの形状

イヤホンには大きく分けてカナル型・インナーイヤー型・イヤーフック型の3種類があり、それぞれ異なった形状をしているため、音質にも差があります。

高音質イヤホンの多くは耳栓のようにしっかり装着するカナル型。イヤホン先端に付いた丸いゴムが耳に密着して遮音性を高め、周囲への音漏れもほとんどありません。音を聴きとる内耳の近くで音楽を流せるため、低音から高音までの幅広い音だけでなく繊細な音までも聴き取れます。内耳への刺激が気になる方は、大音量や長時間使用に配慮して使うのがおすすめ。最近は1万円以下のモデルが増えているのも魅力です。

iPhoneに付属しているイヤホンや1000円以下の安価なモデルがインナーイヤー型。平たくて丸い形状で耳に密着しにくいので音漏れしやすく遮音性も低めですが、数百円のモデルもあり価格面では人気があります。低音が弱くなるデメリットがありますが、耳への負担が気になる方やイヤホンを使う頻度が低い方におすすめです。

イヤホンにフックが付いており、耳にかけて音楽を聴くタイプがイヤーフック型。耳の穴にイヤホンを入れないので遮音性が低く音漏れもしやすいデメリットがありますが、内耳への刺激が弱いメリットがあります。他のイヤホンよりも大きめの造りなのでドライバーを大きくでき、低音は弱いですが音域が広くさまざまな音楽を楽しむのにおすすめです。

ダイナミック型とBA型

By: amazon.co.jp

イヤホンには音を出す内部構造に違いがあり、大きく分けるとダイナミック型とBA型の2つがあります。選んだイヤホンがどちらのタイプか判断するには、商品パッケージ裏面に書かれている「型式」をチェックすれば判別が可能。ネットで購入する場合も仕様欄を確認すれば記載されています。現在はダイナミック型が全体の7割近くを占めているのが現状です。

ダイナミック型はイヤホン内部のボイスコイルにある振動板に音楽信号を流して振動させて音を出します。ダイナミックスピーカーと同じ構造をしており、構造に歪みが少ないので幅広い周波数の音を出せるのが特徴。特に重低音が綺麗に聴こえるので、ロックのドラムやベースの音を感じたい方におすすめです。他の型式に比べると比較的安価で1万円以下のモデルも多いので、音質よりも価格にこだわる方にも選ばれています。

BA型は「バランスド・アーマチュア型」の略。ボイスコイルに電流を流して鉄片を振動させ、その振動をドライバーロッドが振動板に伝えて音を出します。ダイナミック型に比べると周波数帯域が狭いデメリットがありますが、小型のイヤホンに向いた構造なのでさまざまな業種から注目されている存在。低音は弱いですが中音と高音が高音質なので、ピアノやボーカルの音をじっくり聴きたい方におすすめです。

ダイナミック型とBA型を組み合わせたハイブリッド型

By: amazon.co.jp

もう1つ注目しておきたいのがダイナミック型とBA型を組み合わせたハイブリッド型イヤホン。高音域を苦手とするダイナミック型と低音域が苦手なBA型の両方を搭載することによってお互いの弱点を補えるので、かなり広い音域の表現が可能です。低音はずっしりと、高音は爽やかに聴きたい方におすすめ。価格は高めですが、徐々に人気が広がりつつあります。

ハイレゾ対応ならよりクリアな音を楽しめる

By: amazon.co.jp

ここまで紹介してきたイヤホンの中にはハイレゾ音源に対応したモデルもあります。ハイレゾはCDの3~6倍の情報量を持つ高密度な音源。その音を高音質のまま再生するためにはハイレゾに対応できるスペックを持つイヤホンが必要です。

ハイレゾ対応でないイヤホンでもハイレゾ音源の再生自体は可能ですが、ボーカルの息づかいやホール全体のざわめきなどを体感するには機能が不十分。ハイレゾ音源をスマホやプレーヤーに入れて持ち歩きたい方は、1万円以下のモデルでもハイレゾ対応のイヤホンを選びましょう。

Bluetoothかをチェック

By: amazon.co.jp

最近の主流となっているのがBluetooth対応イヤホン。イヤホンを充電しておけばワイヤレスで音楽再生ができるので、ケーブルがカバンや洋服に引っかかるトラブルがなく快適に使えます。ランニングやウォーキングでアクティブに動きたいときにとても便利。ケーブルの煩わしさを解消したいなら、1万円以下でもBluetooth対応かどうかをチェックしましょう。

1万円以下イヤホンのおすすめ人気モデル

パイオニア(Pioneer) イヤホン SE-CH9T

パイオニアのダイナミック型イヤホン。ハイレゾに対応しており、低音から高音まで高音質で再生可能です。躍動感のある低音でドラムの音を満喫し、伸びのある高音でボーカルを楽しめます。筐体の内部から外部に向かう通気部にチューブポートを採用。低音を引き締めるだけでなく中音からしっかり分離させて音をクリアに再生します。

装着はケーブルを耳の上に沿わせるオーバーイヤーフィットスタイル。装着性が高いので音漏れやノイズが軽減され、高音質な音楽をじっくり楽しめます。ノズルの内径を大きくしてドライバーを鼓膜に近い位置に設置しているので、振動板から再生される音をストレートに感じたい方におすすめです。特許出願中のコネクターシールドにより、本体とコネクターの接続部が安定しているので快適に使えます。

デノン(DENON) インイヤーヘッドホン AH-C620R

iPod・iPhone・iPadに対応するボタンリモコンを装備したダイナミック型のイヤホン。音量調整や再生の操作はもちろん、ハンズフリー通話にも対応しています。ハイレゾ音源の再生が可能なので、深みのある低音から澄み渡る高音に渡って高解像度なサウンドを味わうことが可能。iPhoneだけでなくiPadでも映画や音楽を楽しみたい方におすすめです。

耳に自然にフィットして長時間でも快適に過ごせるComplyのイヤーピースを標準装備。優れた遮音性と装着感にも定評があり電車の中でも安心して使えます。耳穴の大きさに合わせて交換できる4種類のシリコンイヤーピースも付属。お気に入りの音楽をiPhoneやiPadでじっくり楽しみたい方におすすめのモデルです。

JVC ワイヤレスステレオヘッドセット HA-ET800BT

JVCのワイヤレスステレオヘッドセットはスポーツ用として発売されているダイナミック型のイヤホン。さまざまな耳のかたちや大きさにフィットする回転構造のピボットモーションサポートにより高い装着性を実現しています。汗や雨などで濡れても外れにくい素材を採用しているので、音楽を聴きながらスポーツを楽しみたい方におすすめです。

ダイナミック型の本体には、磁力ネオジウムドライバーユニットと低域再現に優れた密閉構造を採用。高音質の音楽がクリアに冴え渡ります。約17gの小型軽量ボディにはBluetoothを搭載し、内蔵バッテリーで約9時間の使用が可能です。ブルー・ブラック・レッド・イエローの4色展開で好みに合わせて選べます。

SOUL ワイヤレスイヤホン ST-XS

ケーブルの煩わしさから完全に開放されたい方におすすめのワイヤレスイヤホン。ダイナミック型のドライバ-を搭載し、深くてパンチのある低音と繊細でクリアな中高音をじっくり楽しめます。イヤーピース本体はそれぞれ約4gと超軽量なので、長時間使用しても疲れることなく快適。1万円以下でワイヤレスタイプを探している方におすすめです。

ポータブル充電ボックスをフルチャージしておくとイヤーピースに4回の充電が可能。イヤーピース本体のボタンで再生と通話をコントロールできるので、スマートな操作ができます。防汗機能によりランニング中に汗をかいても安心。装着感を感じないワイヤレスイヤホンで高音質な音楽を楽しみたい方におすすめです。

フィリップス(PHILIPS) イヤホン SHE9730

本機はダイナミック型でハイレゾに対応したイヤホン。フィリップスの特徴とも言える豊かな低音と透き通るような中域を活かすため、レイヤードモーションコントロールドライバーを採用しています。本体のターボバス孔が空気の流れを作り、深みのある低音を忠実に再現。ロックのドラムやクラッシックのコントラバスを骨に響かせるように楽しみたい方におすすめです。

人間工学に基づいて設計された角度付きパイプが装着性を高めているので、自然な付け心地で快適に使えます。外部からの雑音や音漏れも低減され、小さい音量でも音の良さを感じることが可能。ハイレゾの美しい音源をより高音質で再生し、音楽の世界に浸りたい方におすすめの1万円以下モデルです。

タオトロニクス(TaoTronics) イヤホン TT-BH07

イヤーフックを搭載した装着性の高いダイナミック型イヤホン。耳にしっかりフィットして音漏れを防ぐので、スポーツ用としてもおすすめです。高音質のヘッドセットは低音をディープに、高音はクリアに再現するので、大好きな音楽をじっくり聴き込むのに最適。イヤホンに埋め込まれた磁石で左右をまとめれば、ネックレスのように首にかけて携帯できます。

Bluetoothを搭載し、スマートフォンの音楽再生だけでなく通話にも対応。音がクリアなのでざわついた場所でも周りを気にせず音楽鑑賞や通話を快適に楽しめます。1時間の充電で最大5時間使用できるのも優秀。Bluetooth対応で充実した機能を持つイヤホンを1万円以下で探している方におすすめです。

キネラ(KINERA) イヤホン Bd005E

ダイナミックとBA型を組み合わせたハイブリット型のイヤホン。 音楽の繊細な部分と音圧の迫力ある表現を同時に再生できるので、迫力あるライブサウンドやメリハリのあるボーカルサウンドを楽しめます。ダイナミック型とBA型のどちらを選ぶか悩んでいる方には、両方の弱点を補い合う1万円以下のハイブリット型がおすすめです。

MMCXコネクターのイヤホンケーブルは着脱が可能。万が一断線しても互換性のあるケーブルに取り換えられます。付属のケーブルにはリモコンマイクが搭載され、音楽の再生や停止のコントロールが可能です。これだけの機能が揃ったハイブリット型で3000円台という安さが最大の魅力。初めてのハイブリット型イヤホンを1万円以下で探している方にもおすすめです。

ソニー(SONY) ワイヤレスイヤホン WI-C400

ネックバンドを首にかけて使うソニーのハイブリット型ワイヤレスイヤホン。本体のアジャスターでケーブルの長さ調整ができて便利です。ヘッドホン部はストッパーでネックバンド本体に収納が可能なので携帯時の煩わしさがありません。Bluetooth搭載によりネックバンドの操作ボタンでスマートフォンの音楽再生や電話の受信が可能。スマートフォンをカバンから取り出さなくても手元で簡単にコントロールできます。

空気の通気量を調整する孔を小さくした筐体構造により音漏れを軽減。特に気になる中高音を外部に漏らさずに快適に使用できます。高磁力ネオジウムマグネットの採用により、中高音はクリアで低音は重厚に響き渡る高音質を実現。充実した機能が揃った使い勝手の良いイヤホンを1万円以下で探している方におすすめです。