ドローン中でも搭載されているカメラで映し出された映像を手元で見ながら操縦できる“FPV対応のドローン”。風景や人物などの空撮はもちろん、近年は操縦技術やスピードを競うレースが人気です。また、レジャーだけではなく、将来的にはデリバリーなどのビジネスでも活躍するが期待されています。

そこで今回は、おすすめのFVP対応のドローンをランキング形式でご紹介。飛行体験をより手軽に楽しみたい方は要チェックです。

FPVとは?

By: amazon.co.jp

FPVとは、“ファースト・パーソン・ヴュー(First Person View)”の略で、意味は「一人称視点を用いた遠隔操縦」です。このシステムを搭載したドローンのことをFPVドローンと呼んでいます。

具体的には、ドローンに搭載されたカメラの映像を無線などで送信し、受信機で映像を受信し一人称視点の映像としてリアルタイムで映し出す仕組みです。リアルタイムの映像を見ながら操縦するので、操縦者は自分自身がコックピットに座っているような感覚を体験できます。

なお、映し出す映像はモニターやゴーグルなどドローン専用のモノもありますが、タブレットやスマホなどのデバイスでも対応できる場合もあります。

FPV対応ドローンはどういった目的におすすめ?

By: dji.com

ドローンの楽しみとして挙げられるのが空撮。FPVドローンならリアルタイムで映像を確認することができ、撮りたいアングルなどもその場で調整できます。また、機種によっては対象物をターゲットと認識して追いかけて撮影する機能などがあり、ドローン初心者でも簡単に空撮が可能です。

なお、FPV対応のドローンは純粋に操縦だけを楽しむことが目的の方にもおすすめ。リアルな飛行体験が可能なFPVドローンなら操作性も充実しています。

FPV対応ドローンのおすすめランキング

第1位 ホーリー・ストーン(Holy Stone) HS200

初めてドローンを購入する方におすすめの真っ赤なボディが特徴なHS200。実勢価格1万円台前半で購入でき、専用リモコン・予備プロペラ・充電用モバイルバッテリー・SDカード・USBカードリーダーが付属しています。

機能面では気圧センサーによる自動ホバリング機能、ボタンひとつで帰還する機能、機体がどこを向いても操縦者から見た方向に動く機能など、初心者でも安心して操縦できます。また、Wi-Fi接続したスマホやタブレットに映像を表示でき、スマホでの操作も可能です。

第2位 MJX カメラ付き ドローン

実勢価格1万円以下とリーズナブルなFPVドローン。映像は専用アプリをインストールしたスマホをモニターとして使用できます。なお、スマホでの操縦は対応していません。

高性能6軸ジャイロ搭載で上昇・下降・前進・後進・左回し・右回し・360度回転が簡単にコントロールでき、抜群の安定性を発揮します。専用のVRヘッドセットを購入することで、よりリアルな飛行が体験可能です。

第3位 EACHINE E52

プロペラ収納で持ち運びに便利なコンパクトドローン。実勢価格5000円程度とリーズナブルですが、ワンキーでの自動離着陸、気圧センサーによる高度維持と自動ホバリング制御を実現し、簡単に操作できます。

スマホに専用アプリをインストールすることで、モニター&操縦も可能。気軽にドローンを試してみたい方におすすめです。

第4位 Potensic F183DH

200万画素のHDカメラを搭載し、きれいな動画や写真が撮影できるドローン。操作機にLCDディスプレイが付属しているので、スマホなどを準備する必要がありません。

自動高度制御、自動ホバリング機能があるので安定した飛行が可能。また、操作機には動画シャッターボタンと写真シャッターボタンがあるので、映像を確認しながら好きなタイミングで撮影できます。これから本格的にドローンを始めたい方におすすめです。

第5位 Junchi JY018

折りたたみ式のドローン。折りたたんだサイズはiPhone 6に相当し、持ち運びに便利です。200万画素のHD広角カメラを搭載し、スマホやタブレットでの操作にも対応しています。

特長はスマホの画面を指でなぞった通りの軌道を飛行する「指定軌道飛行」。自動高度維持やワンキー離着陸なども搭載されており操作性も良好です。

第6位 ディー・ジェイ・アイ(DJI) ドローン Mavic Pro

最大27分間の飛行が可能なドローン。プロペラは折りたたみ式で、ペットボトルサイズに収まるのが特長です。操作機もポケットに入る大きさで、ゲームパッドのように気軽にドローンをコントロールできます。

最大4kmの電波範囲、障害物を自動で回避する機能、被写体を自動で追いかける機能など性能面は上々。スマートに空撮を楽しみたい方におすすめです。

第7位 ゼロテック(Zerotech) ポケット セルフィードローン Dobby

折りたたむとポケットに入る程のサイズになるドローン。1300万画素カメラ搭載し、4K動画やタイマー撮影、連続撮影などさまざまな撮影方法に対応しています。注目すべき機能は離陸した場所に自動で戻ることです。

手のひらからの離着陸が可能なので自撮り用のドローンとしてもおすすめ。操作はスマホやタブレットからで初心者でも簡単に操作することが可能です。

第8位 ディー・ジェイ・アイ(DJI) ドローン PHANTOM 3 STANDARD

本格的にドローンで空撮を楽しみたい方におすすめのドローン。同シリーズは世界中の空撮ユーザーから絶大なる信頼を得ている空撮用ドローンです。

1200万画素のHDカメラを搭載。電波が失われると離陸地点に自動で戻る機能や、事前に設定した高度と距離内にとどまる機能、バッテリーの残量を判断し自動的に帰還する機能など、安全に飛行する機能が満載です。

スマホやタブレットがモニターになりコントローラーは同梱。実勢価格6万円台と本格的なドローンの中では、比較的挑戦しやすいおすすめ機種です。