空から臨場感のある写真や映像を撮影できることが魅力のカメラ付きドローン。映画やテレビ番組で用いられる機会も多く、最近では一般で楽しむ方も増えてきています。

カメラ付きドローンは、数万円のモノから数十万するモノまでさまざま。そこで、今回はおすすめのカメラ付きドローンをご紹介します。ドローンに関係する法律についても解説しているので、参考にしてみてください。

カメラ付きのドローンの選び方

画質をチェック

画質は、画素数が多いほど細かい箇所まで鮮やかに描写することが可能です。HD(1280×720)、フルHD(1920×1080)の順に画質がよくなり、4K(3840×2160)で撮影できるモデルも登場しています。

画素数が大きくなるにつれて容量も大きくなりますが、大容量のメモリーカードを複数用意することで長時間の撮影が可能。しかし、よい画質で撮影できるカメラ付きのドローンほど値段が高くなるので、用途や予算に合わせて画質を選ぶことがおすすめです。

折りたためるかチェック

By: amazon.co.jp

最近のドローンには折りたたみ式を採用している機種も増えてきています。ドローン本体やローター、アームを折りたたむことでカバンなどへコンパクトに収納することが可能。携帯性に優れ、手軽に持ち運べます。

ドローンは性能が上がるに従って本体が大きくなるのが特徴。本格的な空撮を楽しみたい方は性能で選ぶのがおすすめですが、おもちゃ感覚で気軽に楽しみたい方は折りたためるかどうかや、操作性もチェックしておくことがおすすめです。

操作方法をチェック

By: amazon.co.jp

カメラ付きドローンの操作方法には、遠隔操作とプログラミングによる自動飛行の2種類があります。遠隔操作では、「プロボ」というコントローラーを使用してラジコンのように操作することが可能です。パソコンでプログラムを組み、ドローンに読み込ませれば自由度の高い飛行ができます。

また、最近ではスマートフォンにアプリをインストールし、スマートフォンで操作できるモデルも登場。接続方法にはWi-FiとBluetoothの2種類があり、どちらも簡単に接続できます。

ドローンを使う上での注意点

航空法などのドローン規制

By: amazon.co.jp

国土交通省は、200g以上のドローンを航空法で規制対象に定められている区域や人が集中している地区、150m以上の高さで飛行させることを原則禁止しています。飛行させるには、地方航空局長の許可が必要。違反すると50万円以下の罰金が科せられる場合があるので、注意が必要です。

そのほかにも日中に飛行させることや目視範囲内で飛行させること、ドローンから物件を投下しないことなどのルールが設けられています。しっかりと法律を把握し、ルールのなかで楽しむことが大切です。

免許や許可の必要性

ただドローンを飛行させるだけであれば免許や許可は必要ありません。決められたルール内であれば誰でもドローンを飛ばすことが可能です。しかし、夜間に飛ばしたり目視の範囲外で飛ばしたりなど、規制がかけられている飛行をする場合は、国土交通省へ手続きして許可を得なくてはなりません。

またドローンの操縦には電波を用いるため、2.4GHz帯の電波を使用して飛行させるドローンには「特定無線設備の技術基準適合証明」が必要です。国内大手メーカーのドローンであればほとんどが基準を満たしているので安心ですが、海外で購入したドローンに関しては基準を満たしているかどうかチェックしておきましょう。

カメラ付きドローンのおすすめ|画質重視モデル

ディー・ジェイ・アイ(DJI) Mavic Air

DJI Mavic Air

折りたたみ可能なカメラ付きドローン。アームをたたむと168×83mmとスマートフォンのサイズ並みに小さくなり、ポケットに入れて携帯可能。どこへでも持ち運んで綺麗な映像や写真が撮れます。

4K/100Mbpsでの動画撮影に対応。どんな一瞬も鮮やかに捉えてくれます。1080p/120fpsのスローモーション動画や、25枚の写真を合成する180°のパノラマ撮影にも対応。没入感あふれる映像や動画が楽しめます。

microSDカードへの書き込みはもちろん、8GBの内部ストレージへ撮った画像や映像を直接保存することも可能。USBケーブル経由でエクスポートでき、ソーシャルメディアなどでシェアできます。最大飛行時間は21分なので、長時間の撮影も安心です。

ディー・ジェイ・アイ(DJI) Mavic 2 Pro

ディー・ジェイ・アイ(DJI) Mavic 2 Pro

スウェーデン製のHasselbladカメラを採用したカメラ付きドローン。人間の目が感じる色と画像や映像の色を一致させる「HNCS」技術を搭載しており、色彩の細部まで忠実に再現した臨場感のある空撮が楽しめます。

4Kに対応したHDRビデオに対応。ドローンのコックピットにいるような一人称の映像が味わえる「FPV飛行」が可能なので、リアルタイムで迫力のある映像が確認できます。4Kテレビに接続すれば高輝度で高コントラストを楽しむことが可能です。

最大飛行時間は31分で、長時間の撮影が可能です。折りたたみ可能で携帯性にも優れており、さまざまな場所に持ち運んで楽しめます。

ディー・ジェイ・アイ(DJI) Mavic 2 Zoom

ディー・ジェイ・アイ(DJI) Mavic 2 Zoom

光学2倍のズームレンズを搭載しているカメラ付きドローン。デジタルズームと併用することで最大4倍までズーム可能。広角から望遠まで楽しめます。

映像や画像の圧縮技術にはH.265コーデックを採用。4K動画を高いビットレートで撮影することが可能です。細部まで映し出された映像や画像を使用して、高画質な動画を作成できます。

ボタンをタップするだけで機体が安定した空撮を行ってくれる「ハイパーラプス」機能が備わっており、自動で処理した映像をSNSにシェアできます。最大飛行時間は31分と、長時間での撮影が可能です。

パロット(Parrot) ANAFI PF728005

パロット(Parrot) ANAFI PF728005

4Kに対応したHDRビデオと2100万画素のCMOS センサーを搭載した高画質のカメラ付きドローン。-90°から+90°まで180°回転するジンバルや最大2.8倍のズーム機能、3軸ブレ補正機能も備わっており、迫力ある映像を撮影できます。

期待は約320gと軽量ながらもボディにはカーボン繊維やガラスマイクロビーズを採用しており、堅牢性も兼ね備えています。折りたたみ可能でコンパクトに持ち運びでき、専用のキャリーケースから取り出せば3秒程度で展開可能です。

バッテリーは2700mAhと大容量で、最大25分連続での飛行が可能。LEDランプでバッテリーの残量が確認でき、USBケーブル経由で簡単に充電できます。指一本で操縦できるなど操作性にも優れている点にも注目です。

パロット(Parrot) Bebop2 PF726070

パロット(Parrot) Bebop2

フルHDでビデオ撮影が可能なカメラ付きドローン。1400万画素の広角レンズを搭載しており、環境に適した空撮が楽しめます。180°回転するジンバルが備わっており、水平撮影や垂直撮影が可能。プロレベルの画像や映像が残せます。

離陸や着陸はワンタッチで行え、スマートフォンと連動させて操作することが可能。直感的な飛行で、パイロットになったような感覚を味わえます。GPSデータ追跡機能が備わっていることもポイントです。

本体重量は500gと高スペックながら軽量で、どこにでも持ち運びが可能。最大連続飛行時間は25分と長時間の空撮も楽しめます。

カメラ付きドローンのおすすめ|コスパ重視モデル

DBPOWER X400W

DBPOWER X400W

720pカメラが内蔵されているカメラ付きドローン。リアルタイムに画像や映像を転送するFPV飛行が可能で、スマートフォンに専用のアプリをインストールすれば一人称視点で映像を確認しながら撮影できます。

気圧センサー内蔵で、安定したホバリングが可能。3Dフリップ内蔵で360°宙返りさせるなど、高性能ジャイロ搭載で安定性に優れ、初心者の方でも簡単に操作できます。

「ヘッドレスモード」に変更することで、自分視点で操作することも可能。別売りのゴーグルを購入すればVRでの飛行も体験できます。これだけの機能が備わっていながらリーズナブルなのが魅力。1台目のドローンとしておすすめのアイテムです。

DBPOWER U818APlus-W

DBPOWER U818APlus-W

スマートフォンで感覚的な操縦が楽しめるカメラ付きドローン。スマートフォンに描いた通りに飛行する指定軌道飛行や、スマートフォンが傾けた方向に飛行する体感モードが搭載されており、簡単に操作可能です。低速・中速・高速と3段階に速度が調節でき、多彩な遊び方ができます。

カメラは角度が調節できる720pの超広角HDカメラを搭載。FPV飛行が可能で、リアルタイムでドローンが撮影している映像を見ながら空撮を楽しめます。4GBのmicroSDカードが付属しているので、撮りたい瞬間を思う存分撮ることが可能です。

バッテリーには1000mAhの大容量のモノを採用。15分間連続での飛行と撮影を可能にしています。最大操縦可能距離は300mで、干渉防止機能付きの2.4GHz無線技術を採用しています。コストパフォーマンスに優れたおすすめアイテムです。

ホーリー・ストーン(Holy Stone) HS200

ホーリー・ストーン(Holy Stone) HS200

本体重量が116gと軽量のカメラ付きトイドローンです。6軸ジャイロや気圧センサーなどの高度維持機能を搭載。自動でホバリングの制御をしてくれるほか、5段階で速度の調節ができるので、安心安全に飛行させられます。飛行時間は7~8分、最大飛行距離は100mで、目の届く範囲で楽しむことを前提として作られたスペックです。

カメラは720pのHDカメラを搭載。専用のアプリをインストールすればスマートフォンで操作することが可能です。ドローンからの映像をライブで楽しんだり動画や画像を撮影したりできます。機能に対してリーズナルブな、コストパフォーマンスに優れた1台です。

ハブサン(Hubsan) H502E X4 DESIRE

ハブサン(Hubsan) H502E X4 DESIRE

気圧センサーによる高度維持機能と合わせて、GPSユニットを搭載しているカメラ付きトイドローン。一定の高度でホバリングさせることができ、安定した飛行を楽しむことが可能です。GPSにより離陸地点を記憶する機能が備わっており、ワンタッチで帰還します。

動画720p静止画1080pのHDカメラを搭載。4GBのmicroSDカードが付属しているので、空撮した映像や動画を保存しておくことが可能。最大連続飛行時間は12分なので、長時間のフライトも安心です。

送信機には1.1インチのディスプレイを搭載。ドローンに内蔵されたバッテリー残量や機体の方向などの状態を一目で把握できます。本体重量は155g。手軽に空撮を楽しみたいという方におすすめのアイテムです。

ディー・ジェイ・アイ(DJI) Ryze Tello

ディー・ジェイ・アイ(DJI)  Ryze Tello

コーディングシステム「Scratch」を用いることでプログラミングの学びながら楽しめるカメラ付きドローン。スマートフォンと連動可能で、画面のフリックした方向へ飛行させたり、手のひらに乗せてホバリングさせたりと直感的な操作が楽しめるアイテムです。

動画720p、静止画500万画素と高画質での空撮を楽しむことが可能。本体重量は約80gと軽量で持ち運びやすく、航空法の対象外なので気軽に飛行させられます。

最大飛行距離100m、最大飛行時間13分を誇り、バッテリーの残量が少なくなるとアラームで知らせてくれるので、突然のバッテリー切れを心配する必要がありません。子供と一緒に気軽にドローンでの撮影を楽しみたい方におすすめです。

ジーフォース(G-Force) ESPADA GB100

ジーフォース(G-Force) ESPADA GB100

感覚的に操作できる「トラッキングフライトモード」を搭載したカメラ付きドローン。スマートフォンやタブレットに専用のアプリをインストールすることで、描いた軌道に従って飛行します。

本体には広角120°のワイドレンズを採用した720pHDカメラを搭載。ドローンからの映像をスマートフォンにリアルタイムで表示するライブ中継も可能で、臨場感のある空撮ができます。

本体重量は148g。アームは折りたため、コンパクトに収納して持ち運びできます。価格も手頃で、初めての方にもおすすめのアイテムです。