趣味から仕事まで空撮に今や欠かせないアイテムとなったのが「カメラ付きドローン」です。操縦方法やルールを習得すれば、誰でも手軽に鳥のような視点からの空撮が楽しめるため、年々人気が上昇しています。

そこで今回は、カメラ付きドローンの選び方を踏まえたうえで、おすすめのモデルをご紹介。飛行や空撮に必要な資格や申請についても解説するので、ぜひドローン入門としても参考にしてみてください。

カメラ付きドローンとは?

By: ryzerobotics.com

ドローンとは小型の無人航空機のことです。小型の無人航空機に空撮用のカメラを搭載しているのがカメラ付きドローンの特徴。鳥のように飛行を楽しめることに加えて、普段は目にすることができない上空からの写真や動画の撮影が可能なため、見慣れた景色でも新鮮な光景を再発見できます。

軽量コンパクトで持ち運びやすく、高画質な空撮が手軽に楽しめるのがカメラ付きドローンの魅力。また、最近は旅行などに持っていく方も増えています。

ドローンの飛行や操縦に必要な資格や申請を確認しよう

カメラ付きドローンの使用に関してはいくつかの注意点があります。知らずに違反しないよう、十分に確認しておきましょう。

2022年6月20日から施行された改正航空法では、ドローン本体とバッテリーの合計重量が100g以上のモノが新たに規制の対象として追加されているので注意。条件に該当するドローンで飛行や空撮を行う場合は、機体の登録申請と、機体情報・高度・速度などを発信するリモートID機器の装着が義務付けられています。

また、飛行する場所や方法によっては別途申請が必要。人口集中地域などの飛行禁止空域を飛行する場合のほか、目視外飛行や、人または物件から30m未満の飛行などを行う場合は、事前に国土交通省のサイトから許可を取得しておくのが必須です。

操縦技術やルールなどを習得するためにも、初心者の方はまずドローンスクールに通うのがおすすめです。

カメラ付きドローンの選び方

小型なモデルがほしいならサイズをチェック

By: amazon.co.jp

初めて購入する方や飛行の練習用として使いたい方には、小型のカメラ付きドローンがおすすめです。なお、バッテリーを含めた本体の重量が100g未満の小さなカメラ付きドローンを、「トイドローン」や「模型航空機」と呼びます。

本格的な空撮に使用するドローンと比べて軽量コンパクトなのがトイドローンの特徴。飛行の練習場所まで簡単に持ち運べるほか、自宅などの屋内でも飛行が楽しめます。また、価格が手頃なので、初心者向けのカメラ付きドローンとしても人気です。

トイドローンは改正航空法の規制対象には含まれないため、100g以上のカメラ付きドローンと比べて気軽に使用できるのも魅力。ただし、飛行する場所や方法によっては申請が必要になる場合があるので、自宅以外の場所で使う場合は注意しましょう。

カメラの画質をチェック

高画質な空撮動画を楽しみたい場合は、ドローンに搭載されているカメラの記録解像度も重要なポイントです。カメラの記録解像度が高くなるほど、被写体や風景の細部まで高精細に描写できるため、美しい空撮動画が撮影できます。

画質にこだわるなら、フルHD(1920×1080)以上の解像度で動画記録できるカメラ付きドローンを選ぶのがおすすめ。さらに画質を重視したい方は、フルHDと比べて4倍も高精細に記録できる4K(3840×2160)に対応するモデルを選びましょう。

4K解像度に対応するカメラ付きドローンなら、飛行中の風景もより臨場感豊かに録画が可能。旅行の思い出を残す場合にも重宝します。ただし、記録解像度が上がると動画ファイルのデータ容量も著しく増えるので注意が必要です。

飛行可能時間をチェック

By: amazon.co.jp

飛行可能時間もカメラ付きドローン選びで外せないポイントです。飛行可能時間とは、フル充電時に飛行を継続できる最長時間のこと。搭載されているバッテリーの容量にもよりますが、モデルによって10〜40分程度の連続飛行が行えます。

軽く飛行や空撮の練習を楽しむ場合には、飛行可能時間が10分程度でも十分。軽量コンパクトなトイドローンを選べば、自宅などの屋内でも気軽に使用できます。

本格的に飛行や空撮を楽しみたい場合には、飛行可能時間が30分以上のモノを目安に選ぶのがおすすめ。サイズが大きくなり、事前の機体登録や許可申請が必要になりますが、野外で時間を気にせず存分にカメラ付きドローンの魅力を堪能できます。

操作方法をチェック

By: amazon.co.jp

操作方法の使いやすさもカメラ付きドローンを選ぶ際に考慮したいポイントです。ドローンを初めて使う方には「ヘッドレスモード」に対応したモデルがおすすめ。ドローンの向きに関係なく、送信機のスティックを倒した方向へ進行できるため、初心者の方でも直感的に操縦できます。

「自動ホバリング」も初心者には外せない機能。カメラ付きドローンを指定した位置の上空に浮かばせた状態で待機させられるので、空撮中は機体の制御に気を取られることなく撮影に集中できます。

連携機能によってスマホの画面を送信機のモニターとして使えるモデルも便利。操縦者から徐々に離れていくドローニーや、周囲を旋回するサークルなどの高度な操縦技術が画面の数タップで利用できるため、ドローン空撮の魅力がより身近に味わえます。

便利な機能をチェック

自動追尾機能

By: gforce-hobby.jp

メーカーによって「フォーカストラック」や「フォローミーモード」などと名称は異なりますが、操縦者や被写体を追いかけながら空撮する場合は「自動追尾機能」があると便利。カメラ付きドローンで対象に追随しながら撮影するには、地上を走るラジコンカーと比べてより繊細で高度な操縦技術が必要になります。

自動追尾機能があれば、モニターに使っているスマホの画面を数回タップするだけで簡単に追尾撮影が可能なのがポイント。一定の距離と速度を保ちつつ、フレーム内に捕捉した対象を自動で追跡できるため、初心者でも簡単に追尾撮影が楽しめます。

障害物検知・落下防止機能

By: amazon.co.jp

カメラ付きドローンは障害物にぶつけたり落下させたりすると高い確率で全損してしまいます。そこで、大事なドローンを不慮の事故から守るのに役立つのが、「障害物検知機能」と「落下防止機能」です。

障害物検知機能は、ドローンから一定の距離に障害物があると逆方向に後退する機能のこと。操縦時の空間認識に慣れていない初心者でも衝突による事故を回避できます。安全性をより重視するなら、前方・後方・下方など3方向以上に障害物回避センサーを搭載したカメラ付きドローンを選ぶのがおすすめです。

落下防止機能は、送信機やスマホとの接続が途切れたり、バッテリー残量が少なくなったりした場合でも安全に着陸できる機能のこと。フェールセーフ保護機能とも呼ばれており、不意のトラブルによる落下からドローンを保護できます。

GPS機能

By: amazon.co.jp

「GPS機能」とは、現在地における緯度や経度などの位置情報を測定できるシステムのこと。最近のカメラ付きドローンには大半のモデルに搭載されており、さまざまな機能に活用されています。ドローンをより便利に使いたい方におすすめです。

GPSを使う代表的な機能が、高度を一定に保ちつつ上空で待機を続ける「自動ホバリング」。加えて、あらかじめスマホアプリ上で指定したルートに沿って飛行する「自動航行」にもGPSの技術が応用されています。

最近はGPS機能を安全システムに活用するカメラ付きドローンも登場。付近を飛行中の航空機やヘリコプターの位置を連携したスマホのマップ画面に表示できるため、進路を妨害しないように機体を遠ざけられます。

初心者でも操作しやすい自動帰還機能

By: amazon.co.jp

ドローンを安心して使ううえで欠かせないのが「自動帰還機能」です。別名でリターントゥホーム(RTH)とも呼ばれます。機能を作動させると、飛行中の地点から操縦者のいる位置まで自動でドローンが戻ってくるのが特徴。飛行中に機体を見失った場合などでも安心して対処できます。

初心者の方には、送信機やアプリのリターンボタンを押すだけで、簡単に自動帰還機能が作動できるカメラ付きドローンがおすすめです。また、電波状況が悪くなったり、バッテリー残量が少なくなったりするなどのトラブルが発生すると自動でRTHが起動するモデルも発売されており、初心者に適しています。

カメラ付きドローンのおすすめメーカー

ディー・ジェイ・アイ(DJI)

By: amazon.co.jp

DJIは中国の深圳に本社を置く2006年設立の映像機器メーカーです。2012年に空撮用のカメラ付きドローン「Phantom」を発売して以来、リーディングカンパニーとして世界のドローン市場を牽引。 約7割という世界トップの市場シェアも有しています。

業界屈指の高性能を持つのがDJIのカメラ付きドローンの特徴です。エントリーモデルでも3方向、上位モデルでは全方向の障害物検知機能を備えているほか、質の高い映像伝送システムも採用。初心者でも安心して飛行が楽しめます。

高画質な空撮が可能なのもDJIのカメラ付きドローンの魅力。描写力の高い大型のイメージセンサーを搭載しているため、光量の少ないシーンでも美しい空撮映像が撮影できます。空撮で本格的な映像作品を制作したい方にもおすすめです。

ジーフォース(G-FORCE)

By: amazon.co.jp

ジーフォースは東京の千代田区に本社を置く2013年設立のドローンメーカーです。海外から輸入したドローンなどの卸売販売を国内向けに行なっているほか、自社で企画した独自ブランドのドローンも取り扱っています。

コスパが優れているのがジーフォースのカメラ付きドローンの特徴。1万円以下で購入できるモデルも多く、多彩な機能を備えた上位モデルも2万円程度で入手できるため、導入コストを抑えつつ飛行や空撮を手軽に楽しみたい方にもおすすめです。

ラインナップが豊富なのも魅力。改正航空法の規制対象に含まれない重量100g未満のトイドローンも豊富に扱っているので、初めてドローンを購入する方や、子供へのプレゼントを探している方にも適しています。

カメラ付きドローンのおすすめモデル

ディー・ジェイ・アイ(DJI) カメラ付きドローン DJI Mini 2

小型・軽量で携帯しやすいエントリークラスのカメラ付きドローンです。重量は199gで、改正航空法の規制対象には含まれますが、折りたたみ設計によってコンパクトに収納が可能。加えて、価格がリーズナブルなので、初めて野外での空撮に挑戦する方にもおすすめです。

3軸モーター内蔵のジンバルを搭載しており、滑らかで見やすい4K 30fps動画が録画できるのもポイント。また、5種類の高度なカメラワークを活用した撮影が数タップで簡単に楽しめる「クイックショットモード」も使用できます。

ミニサイズながら最長18分の連続飛行が可能なのも魅力。さらに、GPS機能も搭載しており、自動離陸・自動ホバリング・スマートRTHにも対応しているため、野外での空撮の経験が少ない方でも安心してカメラ付きドローンが楽しめます。

ディー・ジェイ・アイ(DJI) カメラ付きドローン DJI Mini 3 Pro

小型ボディに高性能を凝縮したスタンダードクラスのカメラ付きドローンです。重量249gながら、やや大きめの1/1.3インチセンサーを搭載。肉眼の明るさに近いHDR動画の記録にも対応するため、臨場感のある空撮映像を撮影したい方にもおすすめです。

高解像かつ滑らかな動きの4K 60fps動画に加えて、スローモーション表現が可能なフルHD 120fps動画も撮影できるのもポイント。また、プロが撮影したようなアングルの「マスターショット」や「フォーカストラック」に加えて、スマホ向けの「縦向き撮影」も手軽に楽しめます。

前方・後方・下方にデュアルビジョンセンサーを搭載しており、「3方向障害物検知」に対応しているのも魅力。加えて、ミニマムボディに34分の連続飛行が可能なバッテリーを搭載しているほか、別売りの拡張バッテリーで最長47分の飛行も可能です。

ディー・ジェイ・アイ(DJI) カメラ付きドローン MAVIC AIR 2

携帯性と機能性を兼ね備えたミドルクラスのカメラ付きドローンです。重量は570g、最長34分の連続飛行も可能。4K 60fps動画やHDR動画の記録に対応しながら、価格が比較的安いため、コスパ重視の方にもおすすめです。

対象を自動追尾しながら空撮できる3種類の「フォーカストラック」や、プロのカメラワークで撮影できる6種類の「クイックショット」を搭載しているのもポイント。さらに、移動しながら8K解像度で時間の流れを記録する「8Kハイパーラプス」の撮影も楽しめます。

GPSによる高度なマッピング技術を利用した高度操縦支援システム「APAS 3.0」を搭載しているのも魅力。3方向の障害物検知機能と組み合わせることで、複雑の地形でも障害物を回避しながら安全に飛行が可能です。

ディー・ジェイ・アイ(DJI) カメラ付きドローン DJI AIR 2S

高画質なミドルハイクラスのカメラ付きドローンです。一般的なスマホのイメージセンサーと比べて4倍も大きな1インチセンサーを搭載。夜景など光量の少ないシーンでも低ノイズで撮影が可能なので、画質を重視する方にもおすすめです。

高解像度な4K 60fpsや5.4K 30fpsの動画撮影が可能なのもポイント。加えて、10種類の異なるパターンの飛行動作を順番に実行しながら撮影する「マスターショット」や、高性能な「フォーカストラック」などのインテリジェント機能も使用できます。

上方・下方・前方・後方の「4方向障害物検知機能」や、高度操縦支援システム「APAS 4.0」を内蔵しているのも魅力。アプリ内の地図で付近の飛行物を表示できる安全システム「AirSense」も利用できます。重量は595gで、最長31分の連続飛行が可能です。

ディー・ジェイ・アイ(DJI) カメラ付きドローン MAVIC 3

プロユースの空撮映像が撮影できるハイエンドクラスのカメラ付きドローンです。映画制作で主流のシネマ4K 120fpsや5.1K 50fpsでの動画記録が可能。また、後処理を前提とした情報量の豊富な記録形式10bit D-Logも選択できるため、本格的な空撮映像作品の制作に挑戦したい方にもおすすめです。

スウェーデンの高級カメラメーカー「ハッセルブラッド」と共同開発した24mm広角カメラをメインで搭載しているのもポイント。高画質で空撮が可能です。また、独自開発した望遠カメラも搭載。シーンに応じて2種類のカメラを使い分けられます。

「全方向障害物検知」や高度操縦支援システム「APAS 5.0」を備えているのも魅力。自動で帰還ルートを決定する新機能「アドバンストRTH」を使えば、安全に帰還できます。重量は895gで、最長46分の連続飛行が可能です。

ジーフォース(G-FORCE) カメラ付きドローン LEGGERO

安い価格で入手できる小型のカメラ付きトイドローンです。重量60gと軽く、展開した状態でもパスポートサイズ並みと小さいのが特徴。改正航空法の規制対象に含まれず、初心者でも気軽に楽しめるので、飛行や空撮の練習用としてもおすすめです。

折りたたみ可能なポケットサイズボディに、フルHD動画と800万画素静止画が撮影できるカメラを搭載しているのもポイント。カメラは前方から真下まで手動でチルトできるため、撮影シーンに合わせて自由にアングルを調節できます。

低価格ながら自動ホバリングに対応しており、初心者でも操縦しやすいのも魅力。また、専用プロペラガードが付属するので、自宅内で飛行の練習をする場合でも接触によって家具や機体が損傷するのを防げます。最長で約10分の飛行が可能です。

ジーフォース(G-FORCE) カメラ付きドローン INGRESS BEYOND

初心者でも手軽に野外空撮が楽しめるカメラ付きドローンです。重さ196gの軽量ボディに4基の高出力ブラシレスモーターを搭載しており、野外でも安定した飛行が可能。フルHD動画も撮影できるため、これから野外空撮にデビューする方にもおすすめです。

GPSを活用したインテリジェントフライトが可能なのもポイント。操縦者から斜め上空45°へ離れていく「ディスタンスモード」や、周囲を旋回する「サークフライトモード」、操縦者を自動追尾する「フォローミーモード」などが使用できます。

スイッチ一押しで簡単に作動できる自動帰還機能「RTH」を搭載しているのも魅力。加えて、初期設定では離陸地点から30mを越えようとすると進めなくなる「ジオフェンス機能」も備えているので、初心者でも機体紛失を防ぎつつ安心して空撮が楽しめます。

ジーフォース(G-FORCE) カメラ付きドローン SKYHIGH

撮影アングルを自在に変えられるカメラ付きドローンです。解像度2048×1152の2K動画と800万画素静止画の記録に対応。スマホのアプリ画面や付属の送信機からカメラの角度を上下90°にリモート調節したり、機体真下のサブカメラに切り替えたりできるため、映像を確認しながら目的の被写体に狙いを合わせたい方におすすめです。

重量185gの軽量コンパクトなボディに1800mAhの大容量バッテリーを搭載しており、最長で約18分の飛行が可能なのもポイント。機体底部のビジョンセンサーを利用した自動ホバリング機能も搭載しており、空撮中でも安定した状態で高度の維持が可能です。専用プロペラガードも付属するので、自宅内での飛行練習にも重宝します。

ライズ(Ryze) カメラ付きドローン Tello

子供や初心者におすすめのカメラ付きトイドローンです。DJIの飛行技術を採用しており、スマホの専用アプリを使って簡単に操縦が可能。重量も改正航空法の対象外となる約80gのため、初めてカメラ付きドローンを使う方にもおすすめです。

プロのようなカメラワークでショートビデオが自動撮影できる「EZショット」機能を搭載しているのもポイント。また、手からトスするとその場でホバリングする「Throw&Go」や、画面スワイプで宙返りする「8D Flips」などの機能も使えるので、初心者でも直感的に操作できます。

手頃な価格ながら、コーディングシステム「Scratch」に対応しており、ドローンの動作をコードで操れるため、プログラミングの基礎学習にも活用が可能です。

スナップテイン(Snaptain) カメラ付きドローン SP500J

コスパに優れたカメラ付きドローンです。重量200g未満でコンパクトながら、最長26分の飛行が可能。折りたたみ機構によって移動時も持ち運びやすく、価格も安いので、初心者向けのカメラ付きドローンとしてもおすすめです。

低価格ながら「フォローミーモード」にも対応しており、操縦者を自動で追尾しながら超広角動画を撮影できるのもポイント。また、特定のジェスチャーで撮影や録画を指示できる機能も備えているため、スポーツ中の撮影にも重宝します。

自動ホバリング機能やヘッドレスモードに対応しており、初心者でも操縦しやすいのも魅力。野外でも安心して飛行や空撮が楽しめます。

カメラ付きドローンの売れ筋ランキングをチェック

カメラ付きドローンのランキングをチェックしたい方はこちら。