新しい製品が次々と登場している「ドローン」。ラインナップが増えるにつれて、価格やサイズ、性能も多様化しており、自分にとって最適な機種を選ぶのはなかなか難しいモノです。

そこで今回は、誰でも気軽に空撮が楽しめるカメラ付きドローンをご紹介。選ぶ際の注意点やポイントなども合わせて解説するので、カメラ付きドローンに興味のある方や、購入予定の方はぜひ参考にしてみてください。

カメラ付きドローンとは?

By: amazon.co.jp

カメラ付きドローンとは、機体に内蔵したカメラで気軽に空撮が楽しめるドローンのこと。自分でカメラを選んで取り付けなくても、購入してすぐに空撮が始められます。

空を自由に飛び回れるドローンの特徴を活かせば、地上からは決して見られないアングルで風景を撮影できるのも大きな特徴。ちなみに、専用ゴーグルを装着して操縦できるタイプを選べば、まるで自分が空を飛んでいるかのような感覚を体験することも可能です。

カメラ付きドローンの選び方

カメラの性能をチェック

By: amazon.co.jp

カメラ付きドローンで美しい写真・動画を撮影したいなら、画像の鮮明さを表す「画素数」を要チェック。きれいな映像で空撮を楽しみたいなら「フルHD(1920×1080)」以上に対応したモデルがおすすめです。

また、ドローンで空撮を楽しむ際には、撮影時のブレや揺れを抑えるジンバルの性能も重要なポイント。ブレのない美しい映像を撮影したいなら、価格は少し高くてもパン・ティルト・ロールの動きに対応した「3軸ジンバル」を選んでおくと安心です。

ドローンのサイズをチェック

By: amazon.co.jp

カメラ付きドローンには、気軽に持ち運べるコンパクトなドローンから、高性能なカメラを搭載した大型ドローンまでさまざまなサイズのモノがあります。基本的にドローンは、サイズが大きくなるほど高性能になるため、きれいな映像で空撮を楽しみたい方はできるだけサイズの大きなモノを選ぶようにしましょう。

ただし、サイズの大きなドローンは重量が重く、事故や怪我、器物損壊などのリスクが高くなるので、取り扱う際には細心の注意が必要。安全にドローンを楽しむためにも初心者の方は、小さなドローンである程度操縦に慣れてから大きなドローンを選ぶのがおすすめです。

ちなみに、日本で重量200g以上のドローンを飛行させる場合には、あらかじめ国土交通省への申請が必要になります。手続きが面倒な方や、気軽にドローンを飛ばして楽しみたい方は、申請不要で飛ばせる重量200g未満のドローンを選んでみてください。

飛行可能時間をチェック

By: amazon.co.jp

実際にドローンを飛ばして楽しめる飛行可能時間をチェックするのも大切なポイントです。ちょっとした空撮を楽しんだりする程度なら、約10~20分の飛行可能時間でも十分快適に楽しめますが、長時間の本格的な空撮を楽しみたいのであれば、飛行可能時間が約20分以上のモノをチェックしてみてください。

より長時間空撮を楽しみたい方は、あらかじめ予備のバッテリーをいくつか用意しておくと安心。万が一空撮の途中でもバッテリーが切れても、サッと交換して空撮をそのまま楽しむことが可能です。

操作方法をチェック

By: amazon.co.jp

カメラ付きドローンの操作方法には、遠隔操作とプログラミングによる自動飛行の2種類があります。遠隔操作では、「プロポ」というコントローラーを使用して操作可能。パソコンでプログラムを組み、ドローンに読み込ませれば自由度の高い飛行ができます。

また、最近ではスマホにアプリをインストールし、スマホで操作できるモデルも登場。より利便性を重視したい方は、ぜひチェックしてみてください。

ドローンを使う上での注意点

By: amazon.co.jp

200g以上のドローンを飛ばす場合、空港周辺や150m以上の上空、人家の密集地域などの一部エリアではドローンの飛行が禁止されています。万が一違反してしまうと、場合によっては50万円以下の刑罰が科せられることもあるので注意が必要です。

ほかにも、「ドローンの夜間飛行禁止」「操縦者が目視できないエリアでの飛行禁止」「飲酒時の飛行禁止」など、さまざまな飛行ルールが細かく定められています。ドローンを飛ばす際にはこれらの飛行ルールをしっかりと守って、安全かつ適切な飛行を心がけましょう。

カメラ付きドローンのおすすめモデル

ディー・ジェイ・アイ(DJI) Mavic Air 2 Fly More コンボ CP.MA.00000172.01

DJIの人気シリーズ「Mavic Air」の2020年モデルです。5つのシーンを認識して適したパラメーターを自動設定する「スマートフォト」や、専用アプリが撮影後の編集作業を自動で行う8K撮影に対応した「8Kハイパーラプス」など、独自の最新機能を多数搭載。プロレベルの本格的な空撮が誰でも気軽に楽しめます。

1/2インチCMOSセンサーを備えた高性能なカメラで、バランスのとれた美しい映像・写真が撮影できるのもポイント。1回の充電で最大34分のフライトが可能な大容量バッテリーを採用しているので、時間を気にせず思う存分空撮を楽しめます。

ディー・ジェイ・アイ(DJI) Mavic Mini コンボ CP.MA.00000128.01

DJIの最新技術が詰まったカメラ付きドローンです。2.7Kカメラと3軸ジンバルを搭載しており、きれいな映像を撮影できます。また、重量は航空法の規制対象外の199g。空港周辺や150m以上の上空、人家の密集地域などの一部エリア以外であれば、屋外でも気軽に飛ばして楽しめます。

専用アプリ「DJI Fly」と連携しているのもポイント。豊富なテンプレートが用意されており、撮影した映像をスマホで簡単に編集できるおすすめアイテムです。

ジーフォース(G-FORCE) GRANFLOW GB061

2つのカメラを搭載したドローン。撮影シーンに応じて適したアングルで静止画・動画の撮影が可能です。映像のズレを検知して姿勢を自動制御する「オプティカルフローポジショニングシステム」や、操縦者から見た方向に機体が動く「オリエンテーションモード」など、快適な飛行をアシストする機能も備えています。

最大飛行時間は12分で、最大飛行距離は60m。また、モーターはハンダ作業を必要としない「コネクタ接続方式」を採用しているので、何かトラブルが発生しても自分で簡単に交換できます。さらに、ドローン本体・送信機などをまとめて収納できる「専用キャリングケース」が付属しているのもポイントです。

ジーフォース(G-FORCE) SQUARED CAM GB050

格子状の「メッシュガードフレーム」を搭載したカメラ付きドローンです。高速で回転するプロペラをしっかりと保護することで、操縦者はもちろん周囲の人やモノへの安全にも配慮し、安心してフライトが楽しめます。

重量わずか58gの軽量ボディを実現していながら、きれいなリアルタイム映像が楽しめる「720p HDカメラ」や、描いたルートに沿って飛行するトラッキングフライトモード、感覚的に操縦できるオリエンテーションモードなど、便利な機能を多数搭載。フリップスイッチを押せば、360°のアクロバット飛行が気軽に楽しめるのも魅力です。

また、スマホに専用アプリをインストールすれば、リアルタイムで映像を確認したり、画面に描いた通りにドローンを飛行させたりと、さまざまな楽しみ方が可能。使い勝手に優れたおすすめアイテムです。

パワービジョン(PowerVision) PowerEgg X ウィザード版 PEM10W

さまざまな使い方ができる高性能なカメラ付きドローンです。撮影時のブレを抑える「3軸機械式ジンバルブレ補正」をはじめ、風の強い環境下でも安定して飛行できる「5級耐風」、20m以内の障害物をリアルタイム検出する「自動障害物回避」を搭載。ドローンの操縦に自信がない方でも、安定した飛行で空撮が楽しめます。

モードに切り替えることで、ドローンとしてだけでなくハンディカメラとして使えるのも嬉しいポイント。機能性に優れたドローンを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ホーリー・ストーン(Holy Stone) HS161

価格と性能のバランスに優れたカメラ付きドローン。気軽に購入できるリーズナブルな価格を実現していながら、きれいな映像が楽しめる「1080pHDカメラ」や、機体を水平に自動制御する「オプティカルフローポジショニング機能」、ドローンの向きに関係なく操縦できる「ヘッドレスモード」を搭載。コスパを重視する方に適しています。

ドローンのスピードは、低速・中速・高速の3段階切り替えが可能。気軽に空撮が楽しめるドローンとしてはもちろん、モバイルバッテリーや手持ちカメラ、ランプなど、1台でさまざまな使い方ができるおすすめアイテムです。

パロット(Parrot) ANAFI PF728005

基本性能が充実したパロットの人気モデルです。スムーズなショットを撮影できる「インテグラルメカニカルジンバル」と、ソニー製CMOSセンサーを採用した「4K HDRカメラ」を搭載。また、ボディには軽量で持ち運びがしやすい「カーボン混合フレーム」を採用しています。

独自の「180°回転ジンバル」を使えば、従来のドローンでは難しかった低角度画像の撮影が気軽に楽しめるのもポイント。さらに、ユーザーを追走して撮影し続ける「Follow Me」や、緊急時に自動で出発点に戻る「スマートRTH」など、便利な機能が充実したおすすめアイテムです。

京商(KYOSHO) LIVE STYLE Type-300HD TS050

手のひらサイズのカメラ付きドローン。本体サイズは約幅110×高さ30×奥行110mmとコンパクトなので、どこにでも気軽に持ち運んで飛ばせます。プロペラをガードする付属のプロテクターを装着すれば、室内でも安心して飛行が可能。本体正面には、100万画素カメラを備えています。

ドローンの向きに左右されず操作できる「ヘッドレス機能」や、ワンタッチで着陸できる「ワンボタン着陸」、空中でホバリングさせる「オプティカルフローセンサー」など、飛行をアシストする便利な機能も魅力のおすすめアイテムです。

ライズテック(Ryze Tech) Tello Boost コンボ

シンプルで扱いやすいカメラ付きドローン。専用の「Telloアプリ」を使えば、初心者でも直感的な操作で飛行が楽します。トスするとその場でホバリングする「Throw & Go」や、アクロバットな宙返り飛行が楽しめる「8D Flips」、上下に動きながら自動飛行する「Bounce」など、ユニークな飛行モードも魅力です。

最大飛行時間は13分で、最大飛行距離は100m。機体の動きをしっかりと制御する「DJIフライトテクノロジー」と、安定した通信が可能な2本の内蔵アンテナを組み合わせることで、室内はもちろん屋外でも安心して飛行が楽しめます。また、VRヘッドセットを使用すれば、まるで自分が空を飛んでいるかのような飛行体験もできるおすすめアイテムです。

エル DRONE STAR 01

大人も子供も一緒になって遊べるカメラ付きドローン。重量わずか18gの超軽量ボディを実現していながら、高度維持のサポートを行う「気圧センサー」を内蔵。ドローンに初めて触れる方でも安心して飛ばせます。専用のスマホ向けアプリ「DRONE STAR」を使えば、ドローン操縦の基礎を楽しみながら学習することも可能です。

また、ワンタッチで操作できる自動着陸機能や、3段階のスピード調節機能を搭載しているのもポイント。ドローン本体は送信機に収納することが可能なので、さまざまな場所へ気軽に持ち運んで使えるおすすめアイテムです。