空から臨場感のある写真や映像を撮影できる「カメラ付きドローン」。一口にドローンといっても、安価に購入できるトイドローンや、100万円超の業務用ドローンなど、さまざまな種類の製品があります。製品数が多いため、どれを選べばよいか分からないという方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、気軽に空撮が楽しめるおすすめのカメラ付きドローンをピックアップ。高画質モデル・コスパ重視モデルに分けてご紹介するので、空撮に興味のある方はぜひチェックしてみてください。

カメラ付きのドローンの選び方

画質をチェック

ドローンの画質は、画素数が多いほど細かい箇所まで鮮やかな描写が可能です。HD(1280×720)、フルHD(1920×1080)の順に画質がよくなり、4K(3840×2160)で撮影できるモデルも登場しています。

画素数が大きくなるにつれて容量も大きくなりますが、大容量のメモリーカードを複数用意することで長時間の撮影が可能。しかし、よい画質で撮影できるカメラ付きのドローンほど値段が高くなるので、用途や予算に合わせて画質を選ぶのがおすすめです。

折りたためるかチェック

By: amazon.co.jp

最近のドローンは、折りたたみ式を採用している機種も増えてきています。ドローン本体・ローター・アームを折りたたむことでカバンなどへコンパクトに収納可能。携帯性に優れ、手軽に持ち運べます。

ドローンは性能が上がるに従い、本体が大きくなるのが特徴。本格的な空撮を楽しみたい方は性能で選ぶのがおすすめですが、おもちゃ感覚で気軽に楽しみたい方は折りたためるかどうかや、操作性もチェックしておくことがおすすめです。

操作方法をチェック

By: amazon.co.jp

カメラ付きドローンの操作方法には、遠隔操作とプログラミングによる自動飛行の2種類があります。遠隔操作では、「プロボ」というコントローラーを使用してラジコンのように操作可能。パソコンでプログラムを組み、ドローンに読み込ませれば自由度の高い飛行ができます。

また、最近ではスマートフォンにアプリをインストールし、スマートフォンで操作できるモデルも登場。接続方法にはWi-FiとBluetoothの2種類があり、どちらも簡単に接続できます。

ドローンを使う上での注意点

航空法などのドローン規制

By: amazon.co.jp

国土交通省は、200g以上のドローンを航空法で規制対象に定められている区域や人が集中している地区、150m以上の高さで飛行させることを原則禁止しています。飛行させるには、地方航空局長の許可が必要。違反すると50万円以下の罰金が科せられる場合があるので、注意が必要です。

そのほかにも日中に飛行させることや目視範囲内で飛行させること、ドローンから物件を投下しないことなどのルールが設けられています。しっかりと法律を把握し、ルールのなかで楽しむことが大切です。

免許や許可の必要性

ただドローンを飛行させるだけであれば免許や許可は必要ありません。決められたルール内であれば誰でもドローンを飛ばすことが可能です。しかし、夜間に飛ばしたり目視の範囲外で飛ばしたりなど、規制がかけられている飛行をする場合は、国土交通省へ手続きして許可を得なくてはなりません。

またドローンの操縦には電波を用いるため、2.4GHz帯の電波を使用して飛行させるドローンには「特定無線設備の技術基準適合証明」が必要です。国内大手メーカーのドローンであればほとんどが基準を満たしているので安心ですが、海外で購入したドローンに関しては基準を満たしているかどうかチェックしておきましょう。

カメラ付きドローンのおすすめ|高画質モデル

ディー・ジェイ・アイ(DJI) Mavic Mini CP.MA.00000122.01

ディー・ジェイ・アイ(DJI) Mavic Mini CP.MA.00000122.01

機能性と携帯性のバランスに優れたカメラ付きドローンです。重量わずか199gの軽量ボディを実現していながら、飛行時間は最大18分、最大2kmまでのHD動画伝送に対応。ブレや揺れを軽減して滑らかな動画撮影を可能にする「3軸モーター」を採用することで、本格的な空撮が気軽に楽しめるのも大きなポイントです。

専用アプリ「DJI Fly」を使えば、直感的な操作でドローンを飛ばしたり、映画のような高いクオリティの映像を作成したりできるのも魅力。下方ビジョン検知システムとGPSにより、屋内はもちろん屋外でも正確なホバリングで安定した飛行が楽しめます。

ディー・ジェイ・アイ(DJI) Mavic 2 Pro CP.MA.00000025.01

ディー・ジェイ・アイ(DJI) Mavic 2 Pro CP.MA.00000025.01

画質を重視する方におすすめのモデルです。20MPの空撮映像を撮影できる「Hasselblad L1D-20c カメラ」や、色彩の細部まで忠実に再現できる「HNCS技術」、低照度環境下でも優れた性能を発揮する「1インチ CMOS センサー」を搭載。どのような状況下でも滑らかで安定した映像撮影が可能です。

最長飛行時間は31分、操作可能距離は5kmに対応。ドローンと送信機はコンパクトに収納できる「折りたたみ式設計」を採用しているので、外出先にも気軽に持ち運んで使えます。アクティブトラック2.0や、クイックショットなどの多彩なインテリジェント機能も魅力です。

ディー・ジェイ・アイ(DJI) Phantom 4 Pro+ V2.0 CP.PT.00000238.01

ディー・ジェイ・アイ(DJI) Phantom 4 Pro+ V2.0 CP.PT.00000238.01

DJIの人気シリーズ「Phantom」の上位モデルです。複数のセンサーで障害物を認識する自動飛行プラットフォーム「FlightAutonomy」を搭載。5方向の障害物を検知して誰でも安全に空撮が楽しめます。独自の「インテリジェントフライトバッテリー」を採用することで、最長飛行時間は30分、操作可能距離は4kmを実現。バッテリー残量を心配せずにロングフライトが楽しめるのも魅力です。

夜景など光量の少ないシーンでも高画質で写真・動画が撮影できる「Exmor R CMOSセンサー」や、100MbpsでCinema 4Kを動画撮影できる「2000万画素カメラ」、高速で動く被写体をクリアに撮影できる「メカニカルシャッター」など、カメラ性能に優れているのも大きな特徴。ワンランク上のカメラ付きドローンが欲しい方におすすめの1台です。

パワービジョン(Powervision) PowerEgg X PEM10W

パワービジョン(Powervision) PowerEgg X PEM10W

ユニークな見た目が特徴的なタマゴ型ドローン。AIカメラモード・ドローンモード・ハンディ撮影モードの3種類のモードに対応しており、用途やシチュエーションに合わせてさまざまな使い方ができます。4K/60fpsのカメラと三軸ジンバルを組み合わせることで、ダイナミックな航空撮影が気軽に楽しめるのもポイントです。

専用の防水アクセサリーを装着すれば、雨の日に飛ばしたり、水上離着陸をしたり、水まわりで安心して使えるのも魅力的。障害物との距離をリアルタイム検出する「自動障害物回避」が付いているので、ドローン初心者の方でも安心して空撮が楽しめます。

パロット(Parrot) ANAFI PF728005

パロット(Parrot) ANAFI PF728005

最新テクノロジーを搭載したパロットのハイエンドモデルです。色鮮やかな映像撮影が可能な「4K HDRカメラ」に加えて、機体上空の風景が撮影できる「180°チルトジンバル」や、細部をクリアに撮影する「ロスレスズーム」を搭載。プロレベルの本格的な空撮が誰でも気軽に楽しめます。

構造体にカーボン繊維やガラスマイクロビーズを充填することで、わずか320gの軽量ボディを実現しているのも大きな特徴。飛行エリアを制限できる「Geofence」、緊急時に自動で出発点に戻る「スマートRTH」など、安全機能が充実しているのも魅力です。

カメラ付きドローンのおすすめ|コスパ重視モデル

ジーフォース(G-FORCE) SKYHIGH GB030

ジーフォース(G-FORCE) SKYHIGH GB030

デュアルカメラを搭載したカメラ付きドローン。前方と底部に2つのカメラを備えており、シチュエーションに応じて好きなアングルで撮影できます。本体内蔵のセンサーでドローンの高度や姿勢が自動制御できるのも魅力のひとつ。

コストパフォーマンスに優れたモデルながら、最大18分の連続フライトが可能な「1800mAhの大容量バッテリー」を採用しているので、長時間フライトを楽しみたい方にもおすすめです。専用プロペラガードを装着すれば、屋外だけでなく室内でも安心してドローンを楽しめます。

ライズテック(Ryze Tech) Tello CP.PT.00000208.01

ライズテック(Ryze Tech) Tello CP.PT.00000208.01

基本性能が充実したカメラ付きドローン。重量わずか80gの軽量モデルながら、最長飛行時間は13分、操作可能距離は100mに対応。滑らかで安定した映像が撮影できる「電子式映像ブレ補正」を搭載しているので、ドローン初心者の方でも気軽に空撮が楽しめます。

機能面では、タップするだけの「自動離陸・自動着陸」、正確なホバリングをアシストする「ビジョンポジショニング・システム」、接続が切れても安全に着陸する「フェールセーフ保護機能」を搭載。MIT開発のコーディングシステム「Scratch」を使えば、ドローンの動きを自由にカスタマイズすることも可能です。

ホーリー・ストーン(Holy Stone) カメラ付きドローン HS161

ホーリー・ストーン(Holy Stone) カメラ付きドローン HS161

カメラ付きドローンは欲しいけど価格が高くて手が出せないという方におすすめの製品です。気軽に購入できるリーズナブルな価格を実現していながら、機体を自動制御する「オプティカルフローポジショニング機能」や、色鮮やかな映像が撮影できる「高画質HDカメラ」、ドローンの向きがひと目で分かる「ヘッドレスモード」を搭載。

専用アプリをインストールすれば、ドローンのカメラ映像をリアルタイムで確認しながら飛行を楽しむことも可能です。スマートフォンやタブレットの充電ができる「モバイルバッテリー」、手に持って使える「手持ちカメラ」など、さまざまな使い方ができるのも嬉しいポイントです。

ジーフォース(G-FORCE) SQUARED CAM GB050

ジーフォース(G-FORCE) SQUARED CAM GB050

安全性に優れたカメラ付きドローン。高速回転するプロペラを格子状の「メッシュガードフレーム」でしっかりと覆うことで、周囲のモノや人を傷つけずに飛ばせます。手持ちのスマホに専用アプリをインストールすれば、リアルタイムで映像を確認したり、画面に描いた通りにドローンを飛行させたり、さまざまな楽しみ方が可能です。

重量わずか58gの軽量ボディながら、感覚的に操縦できる「オリエンテーションモード」や、かんたんな操作でアクロバット飛行が可能な「フリップモード」など、オプション機能が充実しているのも魅力。子供から大人まで一緒になって遊べる1台です。

ポテンシック(Potensic) カメラ付きドローン D58

ポテンシック(Potensic) カメラ付きドローン D58

価格と性能のバランスに優れたカメラ付きドローンです。設定した高度・座標でホバリングする「ダブルGPS」に加えて、設定した線路に従って飛行する「トラック飛行」や、ワンタッチで機体を離陸・着陸させる「ワンキー離陸/着陸」を搭載。初心者の方でも本格的な空撮が気軽に楽しめます。

コストパフォーマンスに優れたモデルながら、最長飛行時間は32分、操作可能距離は300mに対応。きれいな映像で動画・写真撮影ができる「1080P 120°広角HDカメラ」を搭載しているのも大きな特徴です。

ホーリー・ストーン(Holy Stone) カメラ付きドローン HS160Pro

ホーリー・ストーン(Holy Stone) カメラ付きドローン HS160Pro

携帯性に優れたカメラ付きドローン。コンパクトに収納できる「折りたたみ機構」を採用しており、どこにでも気軽に持ち運んで使えます。スマホを傾けるだけで機体を制御できる「体感操作モード」や、機体の向きがひと目で確認できる「ヘッドレスモード」、ボタンを押すだけの「ワンキー起動/着陸」など、使いやすさにこだわって作られているのも魅力です。

重量は約124g、最大飛行時間は20分に対応。機体の傾きを検知する「オプティカルフローセンサー」により、誰でも安定した飛行が楽しめます。長時間飛行が楽しめる予備バッテリーや、ドローン・バッテリーを衝撃から保護する専用ケースなど、オプションが充実しているのも特徴です。

ポテンシック(Potensic) カメラ付きドローン A20BW

ポテンシック(Potensic) カメラ付きドローン A20BW

手のひらサイズのカメラ付きドローン。扱いやすいコンパクトなモデルながら「HDカメラ」を搭載。きれいな映像で空撮が楽しめます。別途VRゴーグルとスマートフォンを用意すれば、ドローンのコックピットに乗っているかのような、ダイナミックかつ臨場感あふれる体験ができます。

機能面では、機体の高度を維持させる「高度維持」、ワンタッチで操作できる「ワンキー離陸/着陸」、スマホの傾きで機体をコントロールできる「体感モード」を搭載。機体にはプロペラガードが付いているので、子供でもケガの心配なく安心して飛ばせます。