ドローンはラジコンとしてだけでなく、高画質な空撮も楽しめるのが魅力です。値段が高そう、操作が難しそうという声も上がりますが、それは間違い。1万円以下で購入できる価格帯のドローンもあるし、操作が比較的簡単なものもあります。

中にはiPhoneで撮影、さらには操縦できるものも。手軽な趣味、遊び道具でもあるドローン。とはいえ、中には上級者向けの難しい機種があるのも事実です。

今回は、初心者でも簡単に操作や撮影が楽しめるドローンを、iPhone対応機に絞ってご紹介します。

おすすめのカメラ付きドローン7選

Holy Stone ドローン HS200

商品価格 ¥ 12,620

初心者にも優しい操作性と、十分な撮影性能を持ちつつ、リーズナブルさで大人気のカメラ付きドローンです。カメラは720p解像度。Wi-Fi接続すれば、iPhoneでのFPV(一人称視点)ライブビューが楽しめます。

iPhoneのタッチ操作で操縦可能な、スマートタッチモードでラクラク操縦。初心者にうれしい自動離陸と自動着陸、そしてホバリング機能(空中での自動静止)も見逃せません。壊したり、風に流されたりする心配も減りますよ。

ボタン1つでOKの自動帰還機能も便利。カメラ付きドローンの楽しさを存分に楽しめる、エントリーレベルを大きく超えたおすすめのドローンです。

ディー・ジェイ・アイ(DJI) ドローン 2.7Kカメラ標準搭載 PHANTOM 3 STANDARD

商品価格 ¥ 64,800

ディー・ジェイ・アイ社のエントリー機。同社は、高性能なドローンに定評のあるメーカーです。ただ、ほとんどのドローンが10万円を超えるので、初心者には手が出しにくいのが難点。その点、本機は約6万円と同社にしては圧倒的な安さです。

それでいて、同社ならではの機能、性能を満載したお買い得機。カメラはフルHD、飛行時間は25分のハイスペックです。自動離陸や自動帰還、ホバリングなど高機能な自律操縦も充実し、操縦を補助してくれます。

一定以上遠くに行くことを防ぐ飛行制限設定により、ありがちな電波範囲外への飛行による墜落も防止。実機を飛ばすことなく操縦訓練できる、iPhone専用フライトシミュレーターも使えます。

壊すリスクを回避して腕をあげられるので、初心者にもおすすめのドローンです。

MJX ドローン WIFI カメラ付き

商品価格 ¥ 6,290

安さが魅力の、初心者向けカメラ付きドローンです。指定サイトから、MJX FPVアプリがダウンロード可能。それにより、iPhoneでのFPVライブビュー飛行が楽しめます。ヘッドレストモードを搭載しているので、誰でも簡単操縦可能。

機首の向きに関係なく、スティックを前後左右に動かすと自分から見て前後左右に動きます。高性能6軸ジャイロ搭載により、安定した飛行を実現しているのも魅力です。一度の飛行時間は約8分。

FPSは多少タイムラグがありますが、総じてこの低価格では信じられない高性能です。安価なので、プレゼントにもおすすめ。

パロット(Parrot) ドローン Bebop Drone PF722040

商品価格 ¥ 39,800

180度以上もの視野角がある魚眼レンズの装備が最大の特徴です。普通のレンズは視野角が40~60度しかないのに比べ、圧倒的な広範囲を映し出せます。動画はフルHD、静止画は1400万画素のハイスペックも魅力。

カメラを水平に保つデジタルジンバル機能による、安定撮影性も見逃せません。Wi-Fi MIMOに対応し、最長250mの範囲でiPhoneと連携可能。iPhoneでの操縦方法も複数用意されているので、初心者から上級者まで楽しめるドローンです。

ジャイロ、各種センサーによる飛行安定性の高さも申し分なし。また、この価格帯では圧倒的な、420gの軽量さも驚きです。レンズに限らず高性能なので、幅広くおすすめできるドローン。

シーマ(Syma) クアッドコプター X8W

商品価格 ¥ 14,200

安価な初心者向けながら、内容充実のカメラ付きドローンです。iPhoneでの操作、撮影にもちろんFPVで対応。画質は720pです。気圧センサーによる自動高度制御機能を搭載。それにより、自動ホバリング機能も装備しています。

価格を超えた飛行安定性が魅力のドローン。バッテリー残量が少なくなると、一定の高度以上には上昇しないように制限されているのも便利です。プロペラ1台分と、シャフトとギアのセットがスペアとして付属しています。

必要な工具も同梱されているので、メンテ性が高いのもポイントです。

PXY カメラ付きドローン GB401

商品価格 ¥ 8,910

非常に小さなカメラ付きドローンです。機体サイズは42×42×22mm、重量17g。指でつまめるほどの小ささで、かわいらしいドローンです。発売当時はFPV機能搭載機として世界最小でした。

iPhoneを傾けて操縦できるチルト操作モードが便利。スティックでの操作に慣れない初心者にうれしい機能です。特に高画質を謳ってはいませんが、価格を考えると立派。軽量かつコンパクトなので、持ち運んでいろいろな場所で撮影したい方におすすめのドローンです。

ディー・ジェイ・アイ(DJI) ドローン フルHDカメラ標準搭載 PHANTOM 3 ADVANCED

商品価格 ¥ 96,000

ディー・ジェイ・アイの機能充実の中級機です。フルハイビジョン画質で、もちろんFPV機能も搭載。FPVはほとんど遅れがないのが大きな魅力です。機体を自在に操りながら、リアルタイムでの映像体験が楽しめます。

連続飛行時間23分、最大飛距離も2000mの高性能ドローン。安価な機種に差を付けます。自動帰還機能も備えるので、初心者にも優しいドローンですよ。上位機との差はカメラ性能が主。飛行性能はほぼ同等なので、価格対性能比も高いんですね。

とはいえ、一般的には安いとは言えない値段です。ドローンに多少親しんでから、2台目以降として、予算があればおすすめします。

カメラ付きドローンの選び方

操作性と飛行性能で選ぶ

By: amazon.o.jp

高価なドローンほど飛行性能は高いですが、操縦に熟練を要します。初心者は、ホビータイプと呼ばれる操縦の簡単な小型、廉価タイプのドローンで経験を積むことがおすすめ。

プロポでなく、iPhoneを利用した感覚的な操縦ができるタイプも、初心者に扱いやすくおすすめです。飛行性能には、どこまで遠くまで飛べるかと、飛行自体の安定性が含まれます。

km単位で遠くまで飛ばせるのは楽しいですが、電波の範囲外に出てしまうと容易に墜落するのが事実。範囲外には出ないよう自動統制する機能もあると安心です。

安定飛行は、加速度計・ジャイロ・磁力計・超音波高度センサー・圧力センサー・GPSの結集により実現。難しい部分での自動操縦機能、ホバリング(自動静止)機能もあると便利です。価格が高いほど高性能ですが、現実的には予算との兼ね合いが必要。

性能、機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

空撮をドローンのメインの目的にするのであれば、まずはカメラの性能が重要でしょう。ハイビジョン、フルHD、4Kと行くに従って高画質。高画質になるほど高価になります。趣味的範囲ならば、ハイビジョンで十分です。

撮影中の動画をリアルタイムでiPhoneなどの端末に映し出せる、FPV機能も便利。映像を見ながら操縦できる面でも、おすすめ機能です。

ホバリング機能があると、静止状態での動画撮影が簡単にできます。自動的に被写体を追ってくれる機能を搭載したモデルもありますが、高価なプロ向け。一般レベルではそこまでの機能は不要でしょう。

大きさ、価格、バッテリー持続時間

By: amazon.co.jp

カメラ付きドローンは非常に価格が幅広いだけでなく、大きさも大小さまざま。手の平サイズから、片手では持てないほどの大型機まであります。あまりに小さいと、iPhoneでの撮影には対応しないものもあるので、注意してください。

価格は1万円以内から10万円以上までです。初心者には1万円程度のドローンがおすすめですが、性能や画質の面から不満も出てくるでしょう。趣味の撮影用としては、5万円前後がバランスがよく人気です。

バッテリーを一度に2個装着できるものは、1回の飛行時間が長くなります。一度に20分以上飛行できれば優秀です。また、交換用バッテリーの入手のしやすさはメーカー、機種によって異なります。ドローンを長く使いたいなら要チェックですよ。

搭載カメラのスペックの見方

By: amazon.co.jp

まずは画像の細かさを示す解像度です。静止画はデジタルカメラと同じく画素数で示されます。動画用には1080pで、フルHDといったテレビ同様の表現です。

視野角は一度に撮影できる範囲の広さを示します。普通は40~60度。魚眼レンズによる180度もの広角タイプもありますよ。手ぶれ補正機能があれば、ありがちな空撮中の揺れを抑え、安定した動画を撮影できます。

カメラを傾けられる、チルト機構も便利。ドローン自体の振動によるブレを低減する、スタビライザー機能の有無もポイントです。