リアルな操縦で機体操作を楽しんだり、上空から映像を撮影したりできる「ドローン」。最近では開発競争が激しくなってきていることもあり、1万円前後でも十分な性能の製品を購入できます。

そこで今回は、1万円前後で購入できるおすすめドローンをご紹介。Holy StoneやDJIといった有名メーカーのモノもピックアップしたので、ぜひ参考にしてみてください。

1万円前後のドローンを選ぶポイント

重量200g未満のモデルなら航空法の規制対象外

By: ryzerobotics.com

1万円前後のドローンを選ぶ際、まずは製品の重量が200g未満かどうかを確認することが重要。本体とバッテリーの重量の合計が200g未満であれば、航空法の規制対象外となるため、比較的自由に機体を操作できます。

航空法においては、「日中での飛行」や「目視できる範囲内での操作」「建物・人・自動車などから30m以上の距離確保」などが求められています。ほかにも、「イベント会場での飛行禁止制限」がなされているなど、厳しい要件をクリアしなければなりません。

できるだけ開放的にドローンを使用したい方は、200g未満の製品を選択しましょう。ただし、200g未満の機体でも、「小型無人機等飛行禁止法」「道路交通法」「民法」「電波法」といった法律を守る必要がある点には注意が必要です。

必ず技適認定を受けたモデルを選ぶ

By: holystone.co.jp

ドローンは電波を使って無線で操縦するのが一般的。そのため、ドローンを購入して使用する場合は、製品が日本の電波法をクリアしている必要があります。とくに、海外製品を購入する際は要注意。なかでも、製品が「技術基準適合証明」を受けているかどうかは必ず確認しましょう。

技適認定を受けていない製品を国内で利用すると、電波法違反となってしまう場合があります。罰金刑や懲役刑が課されることもあるので、十分に注意して製品を購入しましょう。

消耗品やパーツが簡単に入手できるかチェック

By: amazon.co.jp

1万円前後のドローンは小型なモノが多く、飛行可能時間は最大で30分程度とさほど長くありません。電池切れの対策としては、予備のバッテリーを追加で購入しておくのがおすすめです。

また、追突や墜落に備えて、ローターやローターガードといった各種パーツも事前に購入しておきたいところ。海外製のドローンにおいては、日本国内からのパーツ購入が困難なこともあるので、通販サイトで販売しているかどうかをあらかじめ確認しておきましょう。

初心者はローターガードが付いたモデルを選ぼう

By: hitecrcd.co.jp

ドローンを家の中や体育館などの室内で飛ばす際は、ローターガードが付いたモノを選ぶのがおすすめです。ローターガードとは、ドローンのプロペラまわりに付ける保護部品のこと。衝突時のケガや、機器の故障リスクを減らせます。

とくにドローン初心者は、方向感覚がつかめなかったり操作方法が分からなかったりすることもあるため、本体を障害物にぶつけてしまいがち。ドローンを安心して利用するためにも、忘れずにチェックしておきましょう。

1万円前後のドローンおすすめモデル

ホーリー・ストーン(Holy Stone) HS160Pro

「オプティカルフローポジショニングシステム」を採用した、1万円前後のドローンです。底部に内蔵された映像センサーがズレを検知し、本体の姿勢を自動で制御。高い操縦スキルがなくても、機体を安定させてきれいな写真を撮影できます。

本体は、スマホの専用アプリでの操作可能。外出先へ送信機を持ち運ぶ負担が減らせます。4つのプロペラ付きアームは、折りたたんでコンパクトにできるのもポイントです。付属の収納ケースを使えば、製品一式をスッキリ収められます。

また、「体感操作モード」も利用可能。スマホを傾けてドローンの方向を直感的に制御できます。そのほか、操縦者目線で操作できる「ヘッドレスモード」を搭載するなど、ドローン初心者にぴったりの機能が満載です。

ホーリー・ストーン(Holy Stone) HS161

1080pの高画質カメラを搭載した、1万円前後のおすすめドローンです。動画と写真の2種類の空撮を行えるのが特徴。本体を直接手に持てば、通常の写真撮影や動画撮影用としても使用できるのがメリットです。

機器の操作は、専用アプリをダウンロードしたスマホと、付属のコントローラーを使って行います。別売のVRヘッドセットと連携させて、よりダイナミックな映像で楽しめるのもうれしいポイントです。また、低速・中速・高速の3段階で機体スピードを切り替えられます。

外出時にスマホの電池がなくなったときは、モバイルバッテリーとしても使用できて便利。さらに、夜間用ライトとして、夜道の歩行時やテントでの就寝前などにも利用できます。

スナップテイン(SNAPTAIN) SP650 Snaptain-SP650

200g未満で飛行の自由度が比較的高い、1万円前後のドローンです。合計6軸のジャイロを搭載し、安定したホバリングを実現。1080pの高画質カメラで、安定感のある撮影を行えます。

カメラの画角は120°で、90°の下方向へカメラの角度を調節すれば、地上の対象物を真上から撮影することが可能です。また、人の手の形で撮影モードを設定できる「ジェスチャーコントロール機能」を搭載。映像センサーに手のひらを向けたときは動画に、ピースをした場合は静止画の設定に切り替えられます。

飛行時間は24分と良好です。万一制御が効かなくなってしまったときは、LEDインジケータと音声で警告。墜落する前に帰還させられます。簡単に操作できるので、初心者の練習用としてもおすすめです。

EACHINE E58

収納時のサイズが幅125×奥行75×高さ50mmと小型でポケットにも入れやすい、1万円前後のドローンです。重量は100g未満の超軽量。2.4HGz帯の電波を使って、快適に機体を操縦できます。

100万画素120°画角の高性能カメラを内蔵しているのもポイント。iPhoneやAndroidの専用アプリで、画面を見ながら操縦できます。付属のプロポを使って本格的な操作ができるのも魅力です。

さらに、高度維持機能を搭載。気圧センサーが空気の状況を感知し、ホバリング時の安定性を高められます。スペアパーツも別売りされているので、長期間使い続けたい方にもおすすめです。

ディー・ジェイ・アイ(DJI) Tello CP.PT.00000208.01

子供から大人まで幅広く楽しめる、1万円前後のドローンです。スマホの「Tello」アプリで直感的に操作可能。別売のスマホ用ヘッドセットを装着すれば、迫力あるVR映像が楽しめます。

本体上部には、2本のスマートアンテナを搭載。飛行中の動画を安定した通信で伝送できるのがうれしいポイントです。また、「EZショット機能」を使って、円を描いたり360°回転したり、後方へ上昇したりしながらプロのような動画を撮影できます。

かっこいいアクションを簡単に実行できるのも魅力。手のひらの上でホバリングする「Throw & Go」、画面のスワイプ方向へ宙返りする「8D Flips」、バウンスしながら上昇していく「Bounce」などを行えます。

さらに、ローターガードも付属。屋外だけでなく、体育館や広い講堂などで安心して飛行させられます。

ハブサン(Hubsan) X4 DESIRE H502E

精度の高いGPSを内蔵した、1万円前後のドローンです。操作中に居場所が分からなくなっても、「リターントゥホーム機能」によって離陸したポイントまで自動で帰ってきます。

機体の操作は、付属のプロポで行う仕様。電池残量やGPSの受信状態、距離などを画面でしっかり確認できるのが特徴です。本体の操作設定を切り替えたい際は、mode1とmode2のボタンを押せば瞬時に切り替えられます。

フライト時間は、12分と良好。重量はバッテリー込みで154gと軽量なので、航空法を気にせずに飛行させられます。

ハブサン(Hubsan) X4 STAR PRO H507A

スマホアプリ上でフライトコースを事前に設定できる、1万円前後のドローンです。機体の操作は、iPhoneやAndroidに対応している「X-Hubsan」アプリで実行。航空マップをもとに、折り返し地点や着陸ポイントなどを設定できます。

直観的に操作できる「タッチコントロールシステム」を採用しているのもポイント。画面上で指をタッチした箇所にスティックが現れ、ゲーム感覚で操縦を楽しめます。また、ローターガードが付属しているので、室内でも安心して使用できるのがメリットです。

DEERC ドローン D50

おしゃれな専用ケースが付属した、1万円前後のおすすめドローンです。また、予備プロペラやローターガード、送信機なども幅広く備わっています。すべてケースに収めて、快適に持ち運び可能です。

90°の可変式カメラを搭載しているのも魅力。120°の画角と2Kの画質で、迫力ある映像を映し出します。自分視点で操作できる「ヘッドレスモード」や、ワンキー起動や着陸などのアシスト機能も付いているので、初心者の方でも安心です。

バッテリーモジュールが2つ付属しており、飛行時間は最大で24分。両方のバッテリーを充電しておけば、外出先で長時間楽しめるのがポイントです。さらに、電池不足を感知したときは、送信機の警告音で知らせます。

ポテンシック(Potensic) GPSドローン 1080P T25 ASD

高精度なGPSシステムを内蔵した、1万円前後の高機能ドローンです。アメリカの「GPS即位システム」、そしてロシアの「GLONASS衛星測位デュアルGPS」の2つを搭載。機体の場所をしっかり認識し、より安定したホバリングを行います。

また、オートリターンモードを搭載。バッテリー不足や故障などのトラブルが発生したときに、自動で帰還できるのがポイントです。万一紛失してしまったときでも、最後の着陸地点が地図上に表示されます。

さらに、「フォローミー機能」を利用可能。操縦者の位置を自動で認識し、動きとともに追随して撮影できるのが魅力です。