ラジコンのように大空を縦横無尽に飛び回る空撮「ドローン」。当初は高性能なプロ仕様のモデルが大半でしたが、最近はリーズナブルかつ使い勝手良好なモデルも増えてきています。

そこで今回は、初心者におすすめのドローンをご紹介。1万円前後で購入できる低価格モデルをピックアップしたので、気軽にトライしたい方はぜひチェックしてみてください。

低価格ドローンを選ぶ際の注意点

ドローンの飛行ルールを確認

ドローンに関する法律は国土交通省の「無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール」が航空法として定められており、運用が制限されています。このルールに違反すると、罰金が課される場合もあるので注意しましょう。

バッテリーなどの消耗品やパーツが簡単に入手できるか

By: amazon.co.jp

低価格ドローンは機体が小さく、搭載されているバッテリーの大きさの関係で飛行時間は5〜10分程度が目安。長時間の飛行には対応していないのがほとんどです。よりドローンを楽しむためには、交換用のバッテリーをあらかじめスタンバイしておきましょう。

また、操作中に墜落や追突する場合もあるので、ローターなどの破損しやすいパーツや消耗品は別途予備を用意しておくと安心です。

ローターガードが付属しているか

By: amazon.co.jp

ドローンの操作が不慣れなうちは、操作ミスで思った方向に飛ばず、障害物にぶつかることも考えられます。万が一に備えるためにも、ローターガードが付属しているモデルを選びましょう。

高度保持(ホバリング)機能があること

By: symatoys.com

ドローンは、空から見た景色を動画や写真にきれいに撮影できるのが魅力。そして、ドローンを思うように操作をしてイメージ通りの撮影を楽しむためには、高度保持(ホバリング)機能が重要です。

外部からの影響を抑えてくれる6軸ジャイロセンサーと気圧センサーがサポートすることで、ホバリングがより安定します。ホバリングが不安定だと、機体の操作も難しくなるだけでなく、空撮映像や写真がブレてしまいます。2つのセンサーの有無も合わせてチェックしましょう。

ヘッドレスモードがあるかを確認

By: symatoys.com

ヘッドレスモードは、機体がどこを向いていてもコントローラーのレバーに合わせて動いてくれるモードのことで、操縦者から見た方向へ直感的にドローンの操作できます。

ヘッドレスモードは、ドローンに慣れていない初心者の方でも安心して操縦を楽しむことができる機能なので、初めてドローンを購入する際はしっかりとチェックしておきましょう。

FPV機能があるかを確認

FPVとは、First Person Viewの略でリアルタイムにドローンの映像をコントローラーやWi-Fiで連携したスマホなどのディスプレイに表示させる機能のことです。

パイロットの視点で写真の構図を決めるほか、動画内容を確認するためには必須の機能なので、事前にしっかりとチェックしておきましょう。

画像伝送に使われている電波の周波数を確認する

ドローンのFPV画像伝送には、2.4GHzと5.8GHzの2種類があります。2.4GHzの電波を採用しているモデルでは特殊な免許を必要としないため、購入してすぐにFPVでの空撮が楽しめます。

最近では、FPV画像伝送に画像遅延のない5.8GHzの電波を使用したモデルがありますが、5.8GHz帯の電波は日本国内では無免許で利用することができないため、アマチュア無線4級の免許の取得と5.8GHz画像送信機(VTX)の開局登録申請が必要です。購入前の確認を忘れないようにしましょう。

低価格ドローンのおすすめモデル|1万円以下

パロット(Parrot) Mambo Fly PF727078

パロット(Parrot) Mambo Fly PF727078

ドローンの操縦テクニックを習得するのに最適なフランス製のトイドローン。パロットはドローン業界でDJIに次ぐ規模を持つフランス発のメーカーで、ヨーロッパの厳しい安全基準のもとで製品の製造が行われています。そのため、初心者でも安心して使用できるのがポイントです。

本製品は、操縦をサポートしてくれる機能を搭載しているのが特徴。手からそっと投げるだけで飛行を開始する「フリーフォールテイクオフ」や、自動で高度を保持してくれる「オートホバリング」などが使えます。これらの機能を使用しつつ練習することで、初心者でもドローンの操縦テクニックを覚えることが可能です。

また、機体重量は63gなので航空法の規制対象外なのもポイント。操縦は別売の「Parrot Flypad」のほか、Bluetooth接続した手持ちのスマホでも行えます。ゲーム感覚で操縦が楽しめるのも魅力です。機体前部には強力なヘッドライトを搭載しているので、方向の確認も容易にできます。

ジーフォース(G-Force) Hubsan X4 HD H107-C

ジーフォース(G-Force) Hubsan X4 HD H107-C

初心者がドローンの操縦を練習するのにおすすめの小型トイドローン。本体重量が約51gと軽く、航空法の規制対象に含まれません。飛行の度に当局の許可を得る必要がないので、初心者でも手軽に操縦や空撮を楽しめます。

ドローン本体が送信機に収納できるほど小さいので簡単に持ち運びが可能。気圧センサーが非搭載のため、ホバリングができるようになるには若干の練習が必要ですが、ドローンの操縦テクニックを学ぶには最適です。

本体の前後には機体の向きを把握しやすいようにLEDライトを搭載。初心者でも飛行方向に迷うことなく操縦ができます。さらに、壁や障害物との接触を防ぐローターガードも付属するので、室内でも安全に操縦の練習が可能です。

飛行可能時間は約6分、送信機の伝送距離は約40m。200万画素の静止画撮影とHD(720p)の動画撮影が可能な空撮用カメラを内蔵しています。本体には4GBのmicroSDカードが同梱するので、機器を追加することなく購入後すぐに空撮が可能です。

ポテンシック(Potensic) A20W

ポテンシック(Potensic) A20W

小型軽量ながらも多彩な機能を使用できるのが魅力のトイドローン。リーズナブルな価格にも関わらず、機能性に優れているためコスパ重視の方におすすめです。

本体重量は約24gで、特別な許可を得る必要なく手軽に飛行が可能。飛行時間は最長6分、伝送距離は最長15mで、操縦の際は同梱の送信機にスマホを接続して使用します。スマホの画面をモニターに使用しながら指1本で飛行経路を指定できるので、初心者や子供でも簡単に操縦可能です。

ドローンの暴走や紛失を防ぐ機能も充実。ボタン1つで機体の離着陸が簡単にできる「ワンキー離陸・着陸」に加えて、バッテリー残量の低下や有効距離外での操縦を感知すると伝えてくれるアラーム機能が搭載されており、安全にドローンの飛行が楽しめます。

ホバリング機能による高度維持や、ヘッドレスモードによる機体方向の確認も簡単。FPVでのリアルタイム伝送にも対応しています。

ホーリーストーン(Holy Stone) HS160

ホーリーストーン(Holy Stone) HS160

操縦や空撮が手軽に楽しめるコンパクトで高性能なトイドローンです。アーム展開時の本体サイズは17×16×3.4cm、重量はわずか83.5g。アームを折り畳めば大画面スマホと同じくらいの大きさに収納できるので、かさばらず楽に持ち運べます。

操縦の際は、同梱の専用送信機(2.4GHz)のほか、スマホをコントローラーとしても使用可能。操作モードの変更も可能なので、ゲームなどで慣れた操作方法で簡単に操縦が楽しめます。また、スマホを傾けることで前後左右の動きを操作する体感操作モードに対応しているのもポイントです。

ワンキー起動も魅力的な機能。ドローンの操縦に不慣れな人は機体の離着陸という最初の一歩につまずいてしまう傾向があります。しかし、本機は起動も離着陸もワンキー操作で行えるので、初心者でも苦戦することなくドローンを始められます。

内蔵カメラは静止画のほか、HD解像度(720p)での動画撮影に対応。スマホの専用アプリで撮影映像の確認もできます。

ディービーパワー(DBPOWER) X708W

ディービーパワー(DBPOWER) X708W

操縦者の習熟レベルに応じて飛行速度を変えられるトイドローン。飛行時は3段階の速度変換が可能なのが特徴で、最初のうちは遅い速度で練習を重ねて、上達具合に応じて徐々に速度を速めていくという使い方ができます。

そのほか、初心者の操縦練習をサポートする機能を多数搭載。慣れないうちは機体を自分がいる位置(ホームポイント)まで戻すのが一苦労ですが、「ワンキーリターン」機能を使えばボタン1つで迷わず即座に帰還できます。機体の紛失防止にも効果的です。

そのほか、「ヘッドレスモード」も搭載されているので、操縦時に機体の向きで悩むこともありません。加えて、「3Dフリップ」機能により、360°宙返りなどのアクロバット飛行が楽しめるのも魅力です。

HD(720p)での撮影が可能なカメラを内蔵。スマホの専用アプリとVRゴーグルを使用すれば、FPVによるリアルタイム映像も楽しめます。飛行時間は最長8分。衝突による故障を防ぐローターガードが付属するのもポイントです。

低価格ドローンのおすすめモデル|2万円以下

ディージェイアイ(DJI) Ryze Tello ブーストコンボ

ディージェイアイ(DJI) Ryze Tello ブーストコンボ

DJIとIntelが持つ技術の粋を集めた高性能トイドローン。DJIで人気を博した本格派小型ドローン「Spark」のトイドローン版とも言える位置付けの商品で、両社から技術供与を受けたRYZEが開発しています。

機体重量は約80g、飛行時間は最長13分、飛行距離は最長100m。内蔵のカメラでは500万画素の静止画とHD解像度(720p)の動画が撮影できます。滑らかで安定した映像を実現する「電子式映像ブレ補正」や、初心者でも高度な空撮表現が簡単にできる「EZショット」が搭載されているのもポイントです。

フライトをサポートする機能も充実しています。ワンキー離着陸やホバリングアシスト機能はもちろん、連携したスマホ画面のスワイプ方向に応じて宙返りする「8D Flips」や、バウンス飛行機能も搭載。アラート警告による「ローバッテリー保護機能」や、接続切断時に安全着陸する「フェールセーフ保護機能」もあるので、初心者でも安全に楽しめます。

コストパフォーマンスが優れているのも魅力。「ブーストコンボ」は、ローターガードや予備バッテリー2個に加えてバッテリー充電ハブが付属しながらも、2万円以内で購入できます。

ハブサン(Hubsan) H216A X4 DESIRE PRO

ハブサン(Hubsan) H216A X4 DESIRE PRO

トイドローンでありながらも高性能GPSと高画質カメラを搭載した本格モデル。内蔵のGPSモジュールにより、機体がどこにいても正確な位置情報が操縦をサポートしてくれるのが特徴です。ボタン1つで機体の離着陸やホームポイントへの自動帰還もできるので、初心者でも安全かつ簡単にフライトや空撮が楽しめます。

さらに、GPSは機体制御に役立つのもポイント。ドローンが自動的に操縦者に向いて追従する「フォローミー」や、操縦者の周囲を中心として円形に飛行する「サークルフライト」、連携したスマホの画面上で飛行ルートをなぞって指定できる「GPSウェイポイント」などの高度な操縦テクニックが簡単に使用できます。

内蔵カメラは、フルHD解像度(1080p)での高画質動画の撮影にも対応。さらに、FPV機能により、ドローンを操縦しながらWi-Fi接続したスマホの画面で迫力のあるライブ映像を楽しめます。

本体重量は、162gで航空法の規制対象外。飛行時間は最長11分で、伝送距離は最長50mまでとなっています。

ポテンシック(Potensic) T18

ポテンシック(Potensic) T18

デュアルGPSポジショニングに対応した高性能トイドローン。アメリカのGPSとロシアのGLONASSという2種類の衛星によるデュアル測位システムが利用できるため、より精度の高い機体位置の制御が可能なのが特徴です。

搭載されている「オートリターンモード」は、バッテリーの残量不足や接続切れを感知した場合、自動で起動して機体を帰還させることが可能。また、最後の着陸位置をアプリの地図上に表示できるので、紛失してもすぐに見つけられるのもポイントです。

内蔵カメラは、広角120°でフルHD解像度(1080p)での動画撮影が可能。旅先の風景をダイナミックかつ高画質に記録できます。さらに、自動ホバリング制御により狙った位置の上空で簡単に高度の維持もできるので、抜群の安定感で撮影が可能です。

飛行時間は最長10分、伝送距離は最長300m。スマホ伝送時はHD解像度(720p)になりますが、最長150mまでのFPVリアルタイム映像も楽しめます。

ホーリーストーン(Holy Stone) HS200

ホーリーストーン(Holy Stone) HS200

普段慣れ親しんだWi-Fi接続でスマホやタブレットとの連携が可能なトイドローン。専用アプリを使えば、スマホをコントローラーにしてゲーム感覚でドローンの操縦ができるほか、FPVでのリアルタイム映像も楽しめます。伝送距離は最長100m、飛行時間は最長9分です。

本体重量は、約116gで航空法の規制対象外。本機も含め、ホーリーストーンのドローンは全て技適マークが付いており安全性が高く配慮されているので、安心して使用できます。

「自動ホバリング制御」や「ワンキーリターン」、「ヘッドレスモード」など初心者のドローン操縦をサポートする機能も充実。操縦レベルに合わせて切り替えられる4段階の速度変換にも対応するので、練習用のドローンとしてもおすすめです。

内蔵カメラでは、HD解像度(720p)の動画撮影が可能。専用の送信機や予備のローターのほか、ローターガードや4GBのmicroSDカードなども付属するので、購入後すぐに空撮を楽しめます。

ディービーパワー(DBPOWER) U818A

ディービーパワー(DBPOWER) U818A

初心者にも扱いやすく高性能な小型のトイドローン。「ホバリング制御」や「ワンキー離陸・着陸」、「ヘッドレスモード」、「低電圧アラーム」など操縦をサポートする機能が充実しているので、ドローンの操作が初めての方でも簡単に扱えます。

本体重量は、約132gと軽量なので、飛行可能区域であれば特別な申請をしなくてもフライトや空撮の練習が気軽に可能です。内蔵カメラは、120°の広角レンズでHD解像度(720p)での動画撮影ができ、FPV伝送にも対応しています。

高性能な「6軸ジャイロ飛行制御システム」によって安定した、飛行姿勢で写真や動画が撮影できるのも特徴。また、送信機の「360°フリップスイッチ」を押せば、360°宙返りなどのアクロバット操作が初心者でも簡単に楽しめます。

飛行時間は最長9分、操作距離は最長80mです。パッケージには専用の送信機に加えて、バッテリー2個と4GBのmicroSDカードが付属するのもポイント。購入後すぐに始められ、他機種と比べて倍長くフライトや空撮を楽しめます。