話題となってから数年が経ち、製品ラインナップが充実した「ドローン」。本格的な空撮にトライしたい方はもちろん、ラジコン感覚で楽しみたい方なども増えてきており、さまざまな製品がリリースされています。

そこで今回はおすすめのドローンをご紹介。安価なアイテムからハイエンドクラスのモデルまでピックアップしたので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

ドローンとは?

By: amazon.co.jp

ドローンは、狭義の場合小型の無人航空機のことを指しますが、広義では遠隔操作や自動操縦が可能な機体全般を指すこともあります。一般的にドローンと呼ばれているプロペラのついた機体は、正式にはマルチコプターという名称です。スマートフォンやコントローラーによって操縦を行うことができ、ホバリング(空中停止)や障害物の検知が可能であるなど、さまざまな機能を備えています。カメラを使った空撮による一人称視点の迫力ある映像が楽しめるのが魅力です。

なお、200g以下のドローンなら指定外区域でも自由に飛ばせるため、最近ではSNSなどの空撮動画を撮影する方も増えてきています。

ドローンを使う上での注意点

日本

日本の航空法では、ドローン飛行に関しての制限が定められており、重さ200g以上のドローンは法律の対象となる恐れがあるため注意が必要です。

具体的には、空港や民家の密集地域でドローンを飛ばすことのほか、夜間や視認できない距離でのドローン操作、危険物の輸送や物を落下させる行為などが禁止されています。加えて、飛ばすことができる高さも150m以下に規制されているため、購入前にドローンの性能に注意して選びましょう。

また、200g以下のドローンであっても公園や観光地などでは使用を禁止しているところもあるため、旅行先や出かけた先で使用を考えている方は、事前に確認しておきましょう。

海外

海外でのドローンの規制は、持ち込みの段階で事前の登録が必要な国もあり、国によって規制レベルは大きく異なります。

同じ国でも州や地域によってルールが細かく分かれていることもあるので、海外旅行でドローンを使用したいと考えている方は事前に許可申請の方法をチェックしておきましょう。

私有地

By: pixabay.com

私有地でドローンを使用する場合、基本的には、航空法で定められている規制内での使用に限ります。なお、自宅の室内であれば、トイドローンと呼ばれる小型のドローンを自由に飛ばして遊ぶことは可能です。

また、例外的にネットで囲まれた空間であれば、室内とみなされ自由にドローンを飛ばすことができます。私有地とはいえ、規制外の使用は違法となり罰金の対象となるので、注意してドローンを使用しましょう。

初心者必見!ドローンの選び方

技適マークの有無をチェック

日本には電波法という法律があり、ドローンを操縦する際に使う電波もこの電波法が適応されます。国内で使用可能なドローンには、技術基準適合証明を受けていることを表す「技適マーク」が付いているので、選ぶ際には技適マークの有無をしっかりとチェックしましょう。

ちなみに、国内で技適マークが付いていないドローンを飛ばすと、場合によっては「電波法違反」となり、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処せられる恐れがあります。

正規代理店が国内にあるメーカーは、ほとんどのドローンに技適マークが付いていますが、並行輸入品などには技適マークが付いていないモノもあるので注意が必要です。

初心者の方は操作性に注目

ja6zkrs3ic0-caleb-woods

初めてドローンを選ぶという方は、操作性をしっかりとチェックしましょう。具体的には、電波が途切れても自動で帰還する「自動帰還機能」や、プロペラ接触時に自動で電源が切れる「緊急停止機能」、機体を安定した状態に保つ「高度維持機能」が付いていると初心者でも安心してドローンを飛ばせます。

室内でドローンを楽しむなら、プロペラを保護する「プロペラガード」を搭載しているモデルがおすすめです。予算に余裕のある方は、制限空域への侵入を防ぐ「エリア制限機能」や、各種センサーを使って障害物を回避する「障害物検知機能」が付いていると、より快適にドローンの操作を楽しめます。

空撮を楽しみたい方はカメラ性能を調べよう

camera-1866961_640

ドローンで本格的な空撮を楽しみたいならカメラの性能が重要です。予算に余裕のある方は、画質に優れた「4K対応カメラ」搭載モデルがおすすめです。コストパフォーマンスを重視する方は、価格と性能のバランスに優れた「フルHD対応カメラ」搭載モデルを選びましょう。

また、クリアな空撮映像を撮影したいなら、カメラだけでなくブレや揺れを抑える「ジンバル」の性能も重要なポイント。ブレない映像を撮影したいなら、パン・チルト・ロールを制御する「3軸ジンバル」、またはチルト・ロールを制御する「2軸ジンバル」を搭載したドローンがおすすめです。

人が多く集まる場所は迷惑になるだけでなく、事故が起きる恐れもあります。特にイベント会場の上空は航空法で操縦が禁止されているため、事前にロケーションの確認をしておきましょう。また、小型無人機等飛行禁止法により、国会議事堂のような重要施設の上空および周囲についても飛行が禁止されています。厳格な処罰の対象となるので十分に注意しておきましょう。

ドローンのおすすめメーカー

ディー・ジェイ・アイ(DJI)

中国の広東省深圳に本拠地を置き、8割以上の世界シェアを誇るドローン業界最大手のメーカーです。DJIのドローンは業界の標準規格に位置付けられており、一般のユーザーだけではなく、空撮を生業とするプロカメラマンのなかにも同社の機体を愛用している方が数多くいます。

低価格のエントリー機からハイクラス機までさまざまな機体が幅広くラインナップされており、自身の撮影目的や操縦技術に合う最適なドローンを選択できます。また、同社はドローンに装着できるレンズ交換式の一眼カメラを扱っているのもポイント。同社のドローンと組み合わせることで本格的な空撮を楽しめます。

パロット(Parrot)

By: amazon.co.jp

フランスのパリに本拠地を置く、ヨーロッパ発のドローンメーカーです。元々は自動車内でスマートフォンを安全に使用するためのハンズフリーキットを販売していましたが、そこで培ったWi-Fi通信の技術を応用することでドローン業界に参入しました。

低価格なエントリー機やハイエンド機はもちろん、広大な農地のマッピングやモニタリングが可能な産業用ドローンも取り扱っています。4K HDR動画の撮影にも対応したモデル「ANAFI」をリリースしているため、高画質な4K空撮動画を撮影したい方にもおすすめのメーカーです。

ホーリー・ストーン(Holy Stone)

By: holystone.com

中国の福建省に本拠地を置く、2014年創業の新興おもちゃメーカーです。ドローン分野ではトイドローンの開発に特化しており、中国国内をはじめ、日本・アメリカ・カナダ・ヨーロッパでドローンの販売を行っています。

日本では主にネット通販でトイドローンを販売しており、コストパフォーマンスに優れていることに加え、日本語でのサポートが手厚いことが魅力です。

ハブサン(Hubsan)

By: amazon.co.jp

中国の広東省深圳に本拠地を置く、2010年創業のドローンメーカーです。主に低価格帯のトイドローンを製造していますが、本格的な空撮ができるドローンも扱っています。

同社のドローンは本体やパーツが比較的安くコストパフォーマンスが高いので、ドローンをカスタマイズして楽しむ方におすすめのメーカーです。

ドローンのおすすめモデル

ディー・ジェイ・アイ(DJI) Ryze トイドローン Tello Powered

ディー・ジェイ・アイ(DJI)  Ryze トイドローン Tello Powered

機体重量が約80gと軽量なディー・ジェイ・アイの小型ドローン。200g以下の航空法規制対象外のモデルなので使用できる範囲が広いのが魅力です。

また、本製品は「Throw & Go」という手から投げるとその場で離陸する機能を採用しているため、離陸が簡単なのが特徴。ほかにもプロペラガードや、緊急停止機能などを搭載しているため、追突や墜落による故障を防げます。初心者の練習機としてもおすすめです。

ディー・ジェイ・アイ(DJI) Mavic Pro CP.PT 000667

ディー・ジェイ・アイ(DJI) Mavic Pro CP.PT 000667

3軸ジンバルの4Kカメラが搭載されているドローン。4K動画やフルHDのスローモーションが撮影できます。本製品の特徴はプロペラを折りたためる高い収納性。ペットボトルほどのサイズになるため、持ち運びやすさを重視したい方におすすめです。

さらに、新しいOcuSync伝送システムを採用しているため、最大4kmの長距離伝送ができます。最大速度は65km/h、最大飛行時間は27分。障害物検知システムも搭載しているため、追突のリスクを軽減して空撮を楽しめます。コンパクトでありながら高性能なドローンです。

ディー・ジェイ・アイ(DJI) DJI Spark Fly More コンボ アルペンホワイト

ディー・ジェイ・アイ(DJI) DJI Spark Fly More コンボ(アルペンホワイト)

重量は300g、2軸ジンバルを搭載したドローン。最大16分の長時間飛行ができます。フライトオートノミーシステムを搭載しているため、最大30mの範囲で正確なホバリングが可能です。

また、人のジェスチャーを認識して手から離陸するジェスチャーコントロール機能や、タップでドローンを操れるタップフライ機能が搭載されており、直感的な操作がしやすいのも魅力。

ほかにも、最大5m先の障害物を認識する衝突防止機能や、動く被写体を自動認識し速度を合わせて追いかけるアクティブトラックなど、飛行時に役立つ機能を搭載しているため、空撮の幅が広がります。ドローン操作に慣れてきた方におすすめです。

パロット(Parrot) ANAFI ドローン PF728005

パロット(Parrot) ANAFI ドローン PF728005

Sony製1/2.4 2100万画素のCMOSセンサーを搭載した高性能ドローン。4K HDRビデオと2100万画素の高画質撮影を可能にします。さらに、真上を映せる独自技術の180°回転ジンバルを採用しているため、自在なカメラワークで空撮したい方におすすめです。

機体はカーボン混合フレームで、重量は320g。最大16.6m/sの風に耐え、スポーツモードでは最高55km/hの高速飛行が可能です。なお、少々重くドローンの飛行に慣れていないと操作しづらいことがあるので購入する際は注意しましょう。

ハブサン(HUBSAN) GPS搭載ドローン H501S X4

ハブサン(HUBSAN)  GPS搭載ドローン H501S X4

HUBSANのなかでも上位モデルに位置している高性能なドローン。GPSを内蔵しており、ドローンの位置を見失わないため、一定の高度で自由にホバリングができます。

カメラは1080P HDカメラを搭載しており、付属の充電式バッテリーで60分間の飛行ができるため、高解像度で長距離空撮がしたい方におすすめ。電池残量がなくなるとモニターの表示が赤く変わるため、回収するタイミングが掴みやすいのも魅力です。

ホーリー・ストーン(Holy Stone) ドローン HS200

ホーリー・ストーン(Holy Stone) ドローン HS200

Wi-Fiを使用してスマホやタブレットでの操作ができるドローン。動画撮影に加えて、静止画の撮影もできます。FPV(ファーストパーソンビュー)機能が搭載されているため、スマホをコントローラーに装着して、リアルタイムで機体に乗り込んでいるような映像を楽しめるのが特徴です。

ワンキーリターンや気圧センサーによる高度維持機能など、安全に飛行できる機能を搭載。カンタンなスティック操作で360°宙返りができるフリップモードや機体がどこを向いていても、操縦者から見た方向に機体が動くヘッドレスモードも搭載されているため、ドローンの操作に慣れていない初心者にもおすすめです。

ホーリー・ストーン(Holy Stone) ドローン 折り畳み式 ポケット セルフィードローン

ホーリー・ストーン(Holy Stone) ドローン 折り畳み式 ポケット セルフィードローン

1万円以下で買えるドローン。重量は83.5g、飛行時間は5〜8分です。「FPVリアルタイム機能」が採用されているため、自分がドローンの操縦席にいるような感覚を味わえます。専用アプリを使用してスマホやタブレットから操作することも可能です。

また、気圧センサーを用いた高度維持機能が付いており、緊急停止ボタンも搭載されているため、安全に飛行できます。ただしプロペラガードが付いていないので、衝突しないように注意しましょう。また、折り畳むことができるため、持ち運びやすいドローンを探している方にもおすすめです。

ホーリー・ストーン(Holy Stone) ドローン HS300

ホーリー・ストーン(Holy Stone) ドローン HS300

気圧センサーによる高度維持機能と、自動ホバリング制御機能を搭載したドローン。スロットルスティックを離しても高度を保った飛行が可能です。バッテリーが2個搭載されているため、15分間と比較的長時間の飛行ができます。

機首の向きに関係なく、機体を自分から見た方向で動かせるヘッドレスモードを搭載しているので、飛行に不慣れな方でも簡単に操縦できます。さらにワンボタンで起動・着陸・緊急帰還が可能なので、初心者でも安心です。

ハブサン(HUBSAN) H107C+ X4 CAM PLUS 720P HDカメラ付きドローン

ハブサン(HUBSAN) H107C+ X4 CAM PLUS 720P HDカメラ付きドローン

重量57gと手のひらサイズのコンパクトなドローン。飛行時間は約6分です。カメラは720p HDカメラが搭載されています。操縦は左フリップ・右フリップ・フォワードフリップ・後ろ向きフリップなどに対応しているので、ドローン操縦の練習機に最適です。

また、電圧が2.8Vまで低下すると、機体が自動的に地上5mの高さまで下降する機能が搭載されているため、初心者でも安心して飛ばせます。なお、緊急停止機能は搭載されていないため、飛行させる際は必ず視認できる状態で飛ばすようにしましょう。

ジーフォース(G-Force) MOOVA クアッドコプター GB450

ジーフォース(G-Force) MOOVA クアッドコプター GB450

720pのHDカメラを内蔵した折りたたみできるドローンです。重量は29gと非常に軽量でありながら、高解像度での撮影にも対応できます。自然風景を綺麗に空撮したい方におすすめです。Wi-Fiでスマホとの接続ができるため、写真も簡単に転送できます。

ボタンひとつで離陸と着陸ができる機能が搭載されており、初心者にも優しい操作感なのもポイント。満充電で5分間の飛行が可能です。Wi-Fiでスマホとの通信ができるため、LIVEビューやスマホでの操縦ができます。価格も安く、コスパの高いドローンです。

SMAO(シュマオ) 超小型ドローン FG-SMAO01

SMAO(シュマオ) 超小型ドローン FG-SMAO01

2Kのカメラを搭載したスクエア型のドローン。飛行時間は6分で、最大通信距離は100mです。付属の高機能コントローラーとスマホアプリの2通りの操作方法を選択できます。

また、高度安定機能や衝撃センサー、プロペラガード、ワンボタン緊急帰還機能などが搭載されているため、紛失や追突を避けられるのもポイント。スマホを傾けるだけで操作できる機能も搭載されているので、直感的な操作も可能な初心者におすすめのドローンです。

DBPOWER WI-FI FPV ドローン

DBPOWER WI-FI FPV ドローン

安価で購入できるコスパ良好なドローン。フル充電状態で最長8分間の飛行が可能です。操縦者を基点にして機体を動かせる「ヘッドレスモード」や、安定感を持たせる「6軸ジャイロ」など、操縦を簡単にするための機能も充実しています。

LEDライト付きなので、夜間飛行が楽しめるのもポイント。MJX FPVアプリをダウンロードすることでFPV機能も使用できるほか、別売りの3D VRヘッドセットと組み合わせることで3D VR体験ができます。多彩な機能を持ちながらも価格が安いため、ドローン初心者にもおすすめです。

EACHINE ドローンE56

EACHINE ドローンE56

携行性に優れたドローンです。折りたたみができるほか、収納ケースも付属しているので、撮影スポットへ移動する際に便利。際重量は410gで、飛行時間は7分です。気圧センサーによる高度維持機能に加え、自動ホバリング制御も搭載しているため、安定感のある飛行が可能です。スマホでの操作も可能なので、初心者でも簡単に操縦できます。

コントローラーもコンパクトなので、片手での操作も可能。ナイトナビゲーションLEDライトが搭載されており、夜間飛行を行いたい方にもおすすめです。

Luxon ドローン ミニドローン

Luxon ドローン ミニドローン

多彩な機能を持ちながら安価なのが魅力のドローン。ホバリング、高速・低速スイッチ、ヘッドレスモード、ワンキーリターン、3D飛行など、飛行をアシストする機能が多く搭載されているため、飛行の練習に最適です。

重量は16.6gと非常に軽量。最新の6軸ジャイロ飛行制御システムを採用しているので、安定感のある飛行ができます。デザインもかわいく、操作方法も簡単なので初心者や子どもにもおすすめです。

3DR 2017 Solo Drone クアッドコプター SA11A

3DR 2017 Solo Drone クアッドコプター SA11A

操縦しやすい機能が揃ったドローン。周回飛行・往復飛行・パイロット追跡飛行などの自立飛行機能が多数搭載されています。重量は1.5kgと重いため、ドローン操作に慣れた方向けです。

撮影アシスト機能が非常に充実しているのが特徴。2つの撮影ポイントをスムーズに飛行する「CABLE CAM」、被写体に接近したり遠ざかったりする「SELFIE」、移動する対象物を自動追跡する「FOLLOW」、撮影したい場所を旋回する「ORBIT」という4つのカメラアシスト機能を搭載しています。空撮をもっとこだわりたいという方におすすめです。

ドローンのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ドローンのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。