話題となってから数年が経ち、製品ラインナップが充実した「ドローン」。本格的な空撮を行いたい方からラジコン感覚で楽しみたい方までユーザーの嗜好が幅広いため、形態や飛ばし方もさまざまタイプが取り揃っています。安価なモデルも登場しているので、ドローンデビューにはベストなタイミングと言えるでしょう。

そこで、今回はおすすめのドローンをご紹介します。興味があり、お気に入りの1台を見つけたい方はぜひ購入する際の参考にしてください。

ドローンを使う上での規制ってあるの?

日本

日本には航空法が法律で定められており、重さが200g以上のドローンはこの法律の対象となる可能性があるため注意が必要です。規制の内容としては、空港や民家の密集地域でドローンを飛ばすのが禁止されているほか、夜間や目視できない距離でのドローンの操作、危険物の輸送や物を落下させる行為などがあげられます。飛ばすことができる高さも150m以下に規制されています。

また、200g以下のドローンであっても公園や観光地などではドローンの使用を禁止しているところもあるため、旅行先や出かけた先で使用を考えている方は、事前に確認しておきましょう。

海外

海外でのドローンの規制ですが、国によって規制のレベルは大きく異なります。厳しいところでは、持ち込みの段階で事前の登録が必要な国もあります。

同じ国の中でも州や地域によってルールが細かく分かれていることもあるので、海外旅行でドローンを使用したいと考えている方は事前に許可申請の方法をチェックしておきましょう。

私有地

私有地でのドローン使用の場合、基本的には先述同様、航空法などの規制内での使用となります。なお、自宅の室内などであれば、トイドローンと呼ばれる小型のドローンを自由に飛ばして遊ぶことは可能。

また、例外的にネットで囲まれた空間であれば、室内とみなされ自由にドローンを飛ばすことができます。私有地と言えど、規制外の使用は違法となり罰金の対象となるので、注意してドローンを使用しましょう。

初心者必見! ドローンの選び方

ドローンのカメラ性能

camera-1866961_640

そもそもドローンは無人航空機のことですが、最近は手軽な空撮用機器として活用の幅が広がっています。カメラが搭載されているドローンの場合、性能はデジタルカメラと同様ないし、それ以上のポテンシャルを秘めているモデルもあり、準じて価格に比例しているのが現状です。

なお、レンズ交換の有無は機種によって異なり、固定視点かつ固定絞りのタイプがほとんどですが、空中で自由に撮影ポジションを確保できる点は大きなメリットです。

ドローンの操作性

ja6zkrs3ic0-caleb-woods

ドローンは専用のコントローラーないし、スマホやタブレットに対応するアプリで操作が可能。製品によって多少の差異はあるものの、基本的に左右のスティックを動かすことで機体を操作します。

なお、ドローンの上昇下降は「スロットル」左右の移動は「エルロン」前進後退は「エレベーター」左右旋回は「ラダー」空中で浮遊している状態を「ホバリング」と呼ぶので覚えておきましょう。

注意すべきシチュエーション

障害物

電線や木々などが障害物となり、ドローンと接触してしまうことがあるので注意。また、フライトの際は飛行コースも事前にしっかりと確認しておくことが重要です。

悪天候

雨風が強いとドローンの飛行コントロールが難しいほか、バッテリーの消耗も激しくなることは留意しておきましょう。なお、風速が5m以上であればフライトを諦めるのが無難。雷が懸念される場合はフライトを中止してください。

電波状況

携帯電話の基地近くやWi-Fi電波が頻繁に飛んでいる場所などは電波障害が起きやすく、フライトに影響が出る場合があります。ドローンのコントロールに違和感がある場合は周囲の状況を確認しましょう。

ロケーション

人が多く集まる場所は迷惑になるだけでなく、事故が起きる可能性もあるので注意。特にイベント会場の上空は航空法でフライトが禁止されていることは事前に知っておきましょう。また、小型無人機等飛行禁止法により、国会議事堂などの重要施設における上空および周囲についても飛行が禁止されています。厳格な処罰の対象となるので十分に気をつけましょう。

ドローンのおすすめメーカー

DJI

中国の広東省深圳に本拠地を置き、8割以上の世界シェアを誇るドローン業界最大手のメーカーです。DJIのドローンは業界の標準規格に位置付けられており、一般のユーザーだけではなく、空撮を生業とするプロカメラマンの中にも同社の機体を愛用している方が数多くいます。

低価格のエントリー機からプロ向けのハイクラス機までさまざまな機体が幅広くラインナップされており、自身の撮影目的や操縦技術に応じて最適なドローンを選択できます。また、DJIはドローンに装着できるレンズ交換式の一眼カメラも扱っているのもポイント。同社のドローンと組み合わせることでプロの用途にも通用する高画質を得られます。今、最も人気のあるドローンメーカーです。

GoPro

By: amazon.co.jp

アメリカのカルフォルニア州サンマテオに本拠地を置くカメラメーカーで、アウトドアや探検といった屋外撮影向けのウェアラブルカメラを主に製造しています。GoProのウェアラブルカメラシリーズの「HERO」は滑らかで臨場感のある映像が撮影できることから、日本でもバラエティ番組の撮影クルーを始め多くのユーザーがいます。

ドローンメーカーとしては後発ですが、同社のドローンには「HERO」を装着できるのが特徴です。そのため、「HERO」の既存ユーザーでドローンを使った空撮にも挑戦したいという方から人気を集めています。

Parrot

By: amazon.co.jp

フランスのパリに本拠地を置く、ヨーロッパ発のドローンメーカーです。元々は自動車内でスマートフォンを安全に使用するためのハンズフリーキットを販売していましたが、そこで培ったWi-Fi通信の技術を応用することでドローン業界に参入しました。

低価格なエントリー機やプロユースのハイエンド機はもちろん、広大な農地のマッピングやモニタリングが可能な産業用ドローンも取り扱っています。最近では、2年ぶりとなるドローンの新作として、4K HDR動画の撮影にも対応したANAFIをリリースしたことで多くの注目を集めています。

Holy Stone

By: holystone.com

中国の福建省に本拠地を置く、2014年創業の新興おもちゃメーカーです。ドローン分野ではトイドローンの開発に特化しており、中国国内をはじめ、日本、アメリカ、カナダ、ヨーロッパでドローンの販売も行っています。日本では主にAmazonでトイドローンを販売していますが、製品自体が低価格かつ高品質であることに加え、日本語でのサポートがとても手厚いことから多くの人気を集めています。

Hubsan

By: amazon.co.jp

中国の広東省深圳に本拠地を置く、2010年創業のドローンメーカーです。主に低価格帯のトイドローンを製造していますが、本格的な空撮ができるドローンも扱っています。同社のドローンはコストパフォーマンスが高いことから世界的にも人気があり、本体やパーツが比較的安いことから、ドローンをカスタマイズして楽しむ方からも広く支持されています。

ドローンのおすすめ人気モデル

ディー・ジェイ・アイ(DJI) ドローン Mavic Air

トイドローンからステップアップしたい方や本格的な空撮に挑戦したい方におすすめ。本体はとてもコンパクトで、プロペラを折り畳めばスマホほどの縦横サイズに収納することが可能。普段使用しているバッグのポケットに入れて簡単に携帯できます。搭載されたカメラは高画質で、1200万画素の静止画と4K UHD 30pの動画のほか、水平および垂直方向180度の広大な範囲を撮影できるパノラマ写真やFHD1080 120pのスローモーション動画の撮影も可能です。

最大飛行距離は10km、最大飛行時間は21分と十分なスペック。映像ブレを効果的に補正する機能や前後下3方向の障害物を検知する機能も搭載されているため、初心者でも滑らかで高画質な空撮を安全に楽しめます。また、手のジェスチャーでドローンの起動から操作、撮影までを簡単にコントロールすることが可能。高めの視点から気軽に自撮りや集合写真を撮影したい方におすすめです。

ディー・ジェイ・アイ(DJI) ドローン Phantom 4 Pro

空撮を生業とするプロのドローンカメラマンの中にも愛用者が多くいるDJIの人気モデル。妥協なしの高画質を求める方におすすめです。高級コンパクトカメラにも搭載される1インチのセンサーをカメラに内蔵していることが最大の特徴で、2,000万画素の静止画や4K UHD 60pの動画をプロ用途でも通用する高画質で撮影できます。

最大30分という長めの飛行時間と4kmという長距離伝送、風の影響を低減する剛性の高い金属製ボディ、そして前後・左右・下方の計5方向の障害物を検知するセンサーによって、離れた場所でも安全に長時間の空撮を楽しめます。

また、本体に最適化されたディスプレイ一体型の専用送信機が付属しており、スマートフォンを操作するのと同じ感覚で簡単に飛行ルートのコントロールが可能です。加えて、精密設計の操作レバーによって旋回などの高度な操作も滑らかに行えるので、本格的な作品の撮影にも対応できます。

ライズテック(Ryze Tech) トイドローン Tello

ドローンに興味がある方や空撮を体験したい方におすすめのトイドローンです。価格が1万円弱と比較的手に入りやすく、機体重量も80gと航空法の規制対象となる200gを大きく下回るため、初心者でも気軽に空撮を始められます。500万画素の静止画とHD720 30pの動画が撮影できるカメラには、振動によるブレを防ぐ電子式の映像ブレ補正機構を搭載。映像にこだわりたい方におすすめです。

最大飛行距離は100m、最大飛行時間は13分とやや短め。しかし、ドローンを手からトスするとその場でホバリングをしたり、連携したスマホの画面をスワイプするとその方向へ宙返りをしたりと、初心者でも簡単にドローンの楽しさを体験できる機能が多数盛り込まれています。また、MIT開発のシステムによって独自の飛行プログラムをTelloにコーディングできる機能が搭載されているため、子供から大人まで誰でもドローンを通じてプログラミングの基礎を学べるのも特徴です。

ゴープロ(GoPro) ドローン カメラ付き Karma

GoProのウェアラブルカメラ「HERO」と合体して使用する独特な機構のドローン。最大の特徴はドッキング機構です。状況に応じて「HERO」をブレ防止用のグリップスタビライザーや「Karma」本体に接続することで、手持ち撮影のハンドヘルドモードとドローン空撮のボディマウントモードとの切り替えが簡単に行えます。

最大飛行距離3km、最大飛行時間20分という優秀な飛行性能によって長距離撮影にも十分対応が可能です。加えて、ディスプレイ一体型の高性能コントローラーが付属しており、初心者でもゲーム感覚でドローンの操作を楽しめます。写真や映像の画質は合体させる「HERO」のカメラ性能に依存しますが、「HERO」を既に所有している方は「Karma」を購入するだけで気軽に本格的な画質の空撮に挑戦できるのでおすすめです。

パロット(Parrot) トイドローン Mambo Fly

本体サイズ18×18cmのコンパクトなボディが特徴のトイドローン。重量も航空法の規制対象となる200gを大きく下回る63gなので、初心者でも気軽にドローンを使った空撮が始められます。最大飛行距離は100m、最大飛行時間は9分と飛行性能は控えめ。一方、3軸方向のブレを補正できる機構が搭載されているため、ブレの少ない滑らかな映像の撮影が可能です。

本機はAppleが推進する子供向けの初級プログラミング学習コンテンツ「Swift Playgrounds」に対応しており、ドローンとiPadを使ってプログラミングの基礎を楽しく学べます。また、機体には別売りのパーツをブロックのように追加できる機構が採用されているので、アームやピンポン球発射用のキャノン砲、飛行風景を一人称視点で楽しめるカメラなどの装着が可能となっています。プログラミングを体験したい方やドローンのカスタマイズを楽しみたい方にもおすすめドローンです。

ホーリー・ストーン(Holy Stone) トイドローン HS200

By: holystone.com

寸法31×31cmのやや大きめなサイズのトイドローン。価格も1万円弱と比較的安いので、初心者でも気軽にドローンを使った空撮が始められます。カメラ性能は静止画200万画素、動画HD720とやや控えめですが、Wi-Fiを介してスマホと連携することで空撮映像をリアルタイムで確認しながら撮影を楽しめます。

また、ドローン初心者を支援するサポート機能が充実していることも本機の特徴です。気圧センサーによる高度維持によってオートホバリングができる機能をはじめ、ボタンひとつで操縦者の元に帰還できる機能、スマホのタッチ操作で簡単に操縦ができる機能などが搭載されています。ドローンに興味のある方や空撮を体験したい方におすすめです。

ハブサン(Hubsan) トイドローン Hubsan X4 Desire

寸法18.5×18.5cmのコンパクトなトイドローン。重量も航空法の規制対象となる200gを下回る155gなので、初心者でも気軽にドローンを使った空撮が始められます。本機はトイドローンとしては初のGPSユニットを搭載しており、気圧センサーによる高度維持機能と合わせて自動ホバリング制御が可能。初心者でも狙った位置にドローンを飛行させることができます。

また、送信機のリターンスイッチひとつで機体を離陸地点まで自動帰還させられる機能のほか、送信機からの電波をロストした場合にも自動帰還できる機能も搭載。初心者でも機体喪失のリスクを抑えて安全に空撮を楽しめます。最大飛行時間12分、最大飛行距離150mと飛行性能は標準的。箱には4GBのMicroSDカードが同梱されているため、記録メディアを別途購入することなく、購入後すぐに空撮が可能です。

ハブサン(Hubsan) ドローン Hubsan X4 Air Pro

飛行性能とカメラ画質が強化されたX4 Desireの上位機。最大飛行時間20分、最大飛行距離300mと飛行性能が約2倍になったのでより自由度の高い撮影が可能です。画質の面でもFHD1080の動画撮影に対応したため、より高画質な空撮映像を記録できます。また、X4 Desire同様に、GPSユニットを活用したオートホバリング機能やオートリターン機能を搭載。初心者でも安全にドローン空撮を楽しめるところが魅力です。

加えて、本機には自動航行システムも搭載。Wi-Fiで連携したスマホやタブレットのアプリ画面に表示されたマップをタップして航路を指定すれば、自動でそのルートを辿って飛行してくれます。また、ドローンが操縦者から一定の距離と高度を保ちながら自動で追従したり、指定した地点の上空を旋回したりする機能もあるので、空中からのアングルを生かした自撮りなどに応用が可能です。初心者でも高度な操作を簡単に行えます。

ドローンのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ドローンのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。