空撮映像や飛行が楽しめる「ドローン」。子供のおもちゃとして使いやすいトイドローンや、屋外でも安定感があるカメラ付きの大型ドローンまで、幅広いモデルが販売されています。

本記事では、おすすめのドローン・マルチコプターをご紹介。航空法などの規制や技適マークの有無など、ドローンを選ぶ際のポイントも掲載しています。ドローン選びで迷ったときの参考にしてみてください。

ドローンとは?

By: amazon.co.jp

一般的にドローンと呼ばれているプロペラの付いた機体は、正式にはマルチコプターという名称です。趣味で手軽に楽しめるトイドローンや空撮用など、さまざまな種類があります。

なかでも、プロペラを4〜8枚程度搭載したドローンが有名。無線操縦装置ヘリコプターのような形状のマルチコプターもありますが、ドローンの場合はスマートフォンやコントローラーによって操縦を行うことができ、ホバリング(空中停止)や障害物の検知が可能など、さまざまな機能を備えています。カメラを使った空撮による一人称視点の迫力ある映像が楽しめるのも魅力です。

ドローンを使う上での注意点

航空法などのドローン規制

By: amazon.co.jp

ドローンは、個人の趣味や子供のおもちゃとしても手軽に楽しめるアイテムですが、航空法などのドローン規制が定められています。そのため、あらかじめ飛行ルールを確認しておくことが重要です。

特に、飛行禁止空域は要チェック。飛行禁止空域には、人口密集地域の上空や空港などの周辺、150m以上の空域など、航空機や人へ影響しやすい場所が含まれます。飛行させる場合には、所定の手続きをして許可を受けなければなりません。

さらに、小型無人機等飛行禁止法や地域の条例など、場所によってさまざまな規制があるので確認しておきましょう。

免許や許可申請は必要?

By: gforce-hobby.jp

2022年6月の法改正により、重量100g以上のドローンから「無人航空機」の登録が義務付けられています。購入後は必ず機体を登録しておきましょう。書類提出でもオンラインでも手続き可能です。

機体を登録したのち、発行された登記番号をドローンに表示すれば飛行可能。ドローンの飛行自体は免許や資格は不要です。

また、機体登録の手間を省いて手軽に楽しみたい場合は、100g未満のトイドローンをチェックしてみてください。100g未満のモデルは「模型航空機」に分類されるため、機体の登録不要で飛行できます。

ただし、夜間飛行で夜景を空撮したい場合など、航空法で定められた方法や空域以外での飛行は、機体の重量にかかわらず国土交通大臣の許可が必要です。十分に安全を確保して楽しみましょう。

初心者必見!ドローンの選び方

種類で選ぶ

By: amazon.co.jp

ドローンにはさまざまな種類があるので、使用シーンに合わせて選んでみてください。手軽に楽しみたい場合は、トイドローンやホビードローンと呼ばれる種類の小型ドローンがおすすめです。100g未満で低価格のモデルが多く、室内でも手軽に楽しめます。

一方、ドローンを屋外で飛ばしたい方や、空撮を楽しみたい方には、カメラ付きドローンがおすすめ。比較的大型のモデルが多く、飛行時にも安定しています。重量が100g以上あるモノが多いので、飛行前に機体の登録が必要です。

技適マークの有無をチェック

By: gforce-hobby.jp

技適マークは、電波法令の技術基準に適合することを示すマークです。技適マークが付いていないドローンを飛行させると、周囲の通信を妨害してしまい、電波法に違反する可能性が少なからずあります。

特に、日本の販売店を通していない並行輸入品は、技適マークがないモノも多いので要チェックです。技適マークはドローンの本体や送信機に付いているので、購入前に必ず確認してみてください。

初心者の方は操作性に注目

By: amazon.co.jp

ドローンは、飛行中に風の影響を受けて揺れたり、着陸時に地面へ衝突したりと、操作が難しいアイテムです。ドローンを初めて使う方は、操作のしやすさにも注目してみてください。

たとえば、ヘッドレスモードで操作できるモデルが便利。スティックを倒した方向へドローンが進行するため、ドローン初心者の方でも直感的に操作できます。

さらに、自動高度維持機能を搭載したモデルなら、初心者の方でも簡単にホバリングや水平飛行が可能です。遠くまで飛ばした後も、自動帰還機能を搭載していれば、ワンボタンで手元へ戻ってきます。

空撮を楽しみたい方はカメラ性能を調べよう

By: amazon.co.jp

多くのカメラ付きドローンはフルHDに対応しており、手軽に綺麗な映像を撮影できます。しかし、空撮した映像をテレビなどの大画面へ映し出す場合は、より高画質に撮影できる2Kや4K対応のドローンがおすすめです。

画素数がフルHDの倍以上ある2Kや4K対応モデルなら、大画面へ映し出したときも高画質をキープ可能。高画質モデルは本体価格も高くなる傾向にありますが、遠く見える景色も鮮明に撮影できます。

折りたためるかどうかをチェック

アウトドアレジャーなどでドローンを楽しみたい場合は、普段からコンパクトに収納できる折りたたみ式モデルが人気です。小さいモデルほど持ち運びも簡単なので、自宅から少し離れた場所にも手軽に持ち運べます。

また、折りたたんだ機体と送信機を一緒に収納できるケースがあればより便利です。折りたたみ後の機体サイズはモデルによって異なるため、持ち運びの方法や収納スペースに合わせて選んでみてください。

飛行時間をチェック

By: gforce-hobby.jp

ドローンはバッテリーが切れると落下するため、目的地までの飛行時間に加えて、ドローンが帰還するための時間も考慮に入れて選んでみてください。飛行時間は風の強さや飛行方法などにも左右されるので、余裕を持って選ぶのがポイントです。

たとえば、空撮などで高く遠くまで飛ばしたい場合は、30分以上飛行できるドローンがおすすめ。交換用のバッテリーを複数個用意しておけば、バッテリーを交換しながら、続けて空撮を楽しめます。

ただし、長時間飛行できるドローンは大型モデルが多数。室内で手軽に飛ばして遊びたい場合は、サイズとのバランスを見て選んでみてください。小さいトイドローンでも、多くのモデルは10分程度飛行できます。

ドローンのおすすめメーカー

ディー・ジェイ・アイ(DJI)

ディー・ジェイ・アイは、2006年に創業した中国のメーカーです。ドローンを中心に世界へ展開しており、一般家庭向けのドローン市場では、世界シェアの7割を誇ります。

ディー・ジェイ・アイのドローンは、豊富なラインナップから選べるのが魅力。手軽に飛ばせる軽量モデルから、本格的な空撮が楽しめる5.1K対応のプロ向けモデルまで、ニーズに合わせて選べるドローンの人気メーカーです。

パロット(Parrot)

By: amazon.co.jp

パロットは、フランスの人気ドローンメーカーです。EU一般データ保護規則やGDPRに準拠したセキュリティの高さが魅力。勝手にデータが共有されず、簡単にデータを削除できるため、自宅兼書斎などでも個人の情報を守りながら使えます。

パロットのドローンは、産業用から一般家庭向けまで種類が豊富です。手軽に使える100g未満のトイドローンのなかには、最高時速18kmのハイスピードモデルも展開。ドローンレースを楽しみたい方もチェックしてみてください。

ホーリー・ストーン(Holy Stone)

By: amazon.co.jp

ホーリー・ストーンは、2014年に創設した人気のドローンメーカーです。「消費者に安価で高品質なトイドローンを提供することに注力」と謳っている通り、コストパフォーマンスがよいドローンを展開しています。

なかでも、ヘッドレスモードや高度維持機能などを搭載したドローンは、初心者の方でも操作が簡単。身体の動きで操作できるモノもあり、まだ送信機の細かい操作が難しい子供へのプレゼントにもおすすめです。

また、初心者向けだけでなく、本格的な空撮ができるカメラ付きドローンも豊富。GPS機能や高度維持機能搭載モデルなど、操作性に優れたモノのほか、高精細に撮影できる4K対応モデルもラインナップしています。

ハブサン(Hubsan)

By: hubsan.com

ハブサンは、低価格のカメラ付きドローンを展開しているドローンメーカーです。「HUBSANはコストパフォーマンスの代名詞です」と謳っており、安くても高画質で長時間フライトできる高機能なモデルを多数ラインナップしています。

また、ハブサンのドローンは操作しやすいため、初めてドローンを使って空撮をする方にも人気。3軸ジンバルを搭載したモデルなら風などによる横ブレを軽減でき、安定した空撮が可能です。

ドローンのおすすめモデル|空撮

ディー・ジェイ・アイ(DJI) Mini 3 Pro

軽量ながら高機能を実現したドローンです。249g未満のボディは折りたたみに対応しており、コンパクトにしてカバンやポケットなどに収納できます。

4K動画撮影に対応しているため、景色を細部まで鮮明に撮影可能。最大34分間飛行できる大容量バッテリーを搭載しており、広大な敷地を長時間空撮したいときにもおすすめです。

また、優れた検知システムを採用しているので、木々が多い森や岩肌の壁が続く渓谷など、複雑な経路も安全に飛行可能。障害物が多い室内で楽しみたい方にも向いています。

ディー・ジェイ・アイ(DJI) Mavic 3

プロの使用にも対応できる高性能なフラッグシップモデルです。スウェーデンのハッセルブラッドと設計した「L2D-20c」カメラを採用しているのが魅力。5.1Kや4Kの動画撮影にも対応しており、細部まで高精細に撮影できます。

ライブ映像も高精細で、8km先からでも1080p/60fpsの高画質で伝送可能。飛行時間が最大46分間と長く、ライブ映像を確認しながら長時間空撮するときにもおすすめです。応答性も高いので、撮影したい場所へ素早くカメラを向けられます。

また、全方向障害物検知に対応しているのもメリット。自動で障害物を回避するため、ライブ映像に集中していてもスムーズに飛行可能です。ドローンをホームポイントへ自動帰還させるRTH機能も搭載しているので、複雑な復路を再び操作する手間が省けます。

ホーリー・ストーン(Holy Stone) HS720

初心者の方からプロのクリエイターまで、幅広い層に向けて設計されたドローンです。高精細な4K動画撮影に対応しているのが魅力。大きなテレビ画面でも細部まで鮮明に映し出せます。

ヘッドレスモードを搭載しているので、初心者の方でも直感的な操作で高精細な映像を空撮可能。専用アプリを使えば、「ウェイボイントモード」「ホバリングモード」「フォローミーモード」を設定でき、自動飛行や動く被写体の空撮にもおすすめです。

また、最大26分の飛行ができます。飛行スピードは2段階調節でき、最大時速36km/hで空撮したいエリアまで素早く飛行可能です。「オートリターンモード」を搭載しているので、撮影後はスムーズに帰還します。

使用後はプロペラも折りたたみできるため、カバンや車のトランクへコンパクトに収納可能。専用収納ケースが付属し、撮影場所への持ち運びも簡単です。

ホーリー・ストーン(Holy Stone) HS165

初心者の方でも操作しやすいドローンです。GPS機能により位置を固定できるのに加え、気圧センサーにより自動で高度をキープ可能。ヘッドレスモードにも対応しているので、初心者の方でも簡単に狙ったポイントまで水平飛行できます。

また、専用アプリを使えば、簡単にさまざまな飛行が可能。GPSを利用した「フォローミーモード」では、動いている被写体に合わせて飛行します。さらに、「ウェイポイントモード」で飛行経路を指定すれば、自動飛行も可能です。

低価格ながら、カメラ性能が高く、1080pの高精細な動画撮影が可能。収納ケース付属の折りたたみ対応モデルなので、撮影場所まで手軽に持ち運びできます。

ハブサン(Hubsan) ZINO MINI PRO

最大40分間飛行できる大容量バッテリーを搭載したドローンです。ホバリングでも最大37分間飛行可能。広いエリアを長時間飛行させたい方におすすめです。

3軸ジンバルを搭載しているため、屋外では風などによるブレを軽減しながら撮影できます。3方向の障害物回避機能も搭載しており、室内でも家具や柱を避けながらスムーズに飛行可能です。

また、「AIトラッキングモード」に対応しているので、ペットや乗り物などの動く被写体を撮影するときにもおすすめ。4K対応カメラにより高精細に撮影可能で、テレビなどの大画面へ映し出すときも高解像度をキープできます。

ジーフォース(G-FORCE) INGRESS BEYOND GB170

初心者の方にもおすすめのカメラ付きドローンです。4基のパワフルなブラシレスモーターにより、屋外でも安定した飛行が可能。自動帰還するRTHにも対応しているので、ドローンの操作に不慣れでも簡単に操作できます。

また、GPSを搭載しているのも魅力です。気圧センサーによる高度維持機能も備わっているため、送信機から手を離した状態でも自動でホバリングします。専用アプリを使用すればGPSによる航路の作成もでき、機体の操作不要で空撮可能です。

撮影中の空撮映像は、専用アプリからリアルタイムで確認できます。フルHD画質に対応したカメラには広角レンズを採用しているので、高所から広い範囲を撮影可能。飛行可能な高度も専用アプリから操作できるため、撮影場所に合わせて安全に飛行させられます。

パワービジョン(PowerVision) PowerEgg X エクスプローラPlus版 PEXE10SP

悪天候下でも空撮しやすい高性能なドローンです。大型のプロペラによる10m/sの耐風性能があり、風が強い日も飛行しやすいのが魅力。付属の防水カバーを使えば、雨天時も飛行や空撮を楽しめます。

3軸ジンバルにより空撮映像も安定。4k/60fpsのカメラを搭載しているため、広大な自然も高精細に撮影できます。ライブ映像も1080Pの高解像度で、最大6km離れた場所からでも確認可能です。

また、自律式パーソナルAIカメラを搭載しているのもポイント。顔認識機能があるため、自動で被写体を追尾できます。「ロック記憶機能」もあるので、被写体が撮影範囲外に出た場合も撮影範囲内に戻れば自動で再追尾可能です。

さらに、ジェスチャー操作も可能。自撮りや集合写真を撮るときなど、撮影者が被写体となるときにも便利です。自動障害物回避に対応しているため、室内で自動追尾させるシーンでも安全に使えます。

SNAPTAIN 1080PHDカメラ折りたたみ式GPSFPVビギナードローン SP500

飛行や空撮にも便利なトイドローンです。低価格ながら、GPS機能を搭載しているのが魅力。ドローン初心者の方も簡単にホバリング可能です。飛行エリアも設定できます。

2つのバッテリーで最大30分間飛行でき、広いエリアも長時間飛行可能です。バッテリー残量が少なくなるとGPS機能を利用して自動帰還するため、操作に不慣れでもドローンをスムーズに手元まで戻せます。

また、1080PHDカメラを搭載しているので、ドローンで空撮したいときにもおすすめ。身体の動きでシャッターを切る「ジェスチャコントロール」機能も備わっており、集合写真の撮影や自撮りに便利です。

ドローンのおすすめモデル|重量100g未満(トイドローン)

ホーリー・ストーン(Holy Stone) HS420

ドローン初心者の方や、子供のおもちゃとしてもおすすめの室内向けトイドローンです。本モデルは直感的に操作しやすいのが魅力。ヘッドレスモードのほか、高度維持機能もあるので、初心者の方でも簡単に操作できます。

また、ドローンを投げると自動で飛行する「手投げテイクオフモード」や、スマホの傾斜方向に合わせてドローンが飛行「体感操作モード」などに対応しているのもポイント。コントローラーの操縦が難しい子供も楽しめます。

本製品はHDカメラを搭載しているので、空撮をしてみたい方にもおすすめ。さらに、「全保護プロペラガード」と、障害物手前で停止する「緊急停止」機能により、家具が多い室内でも安全に空撮できます。

ジーフォース(G-FORCE) Ghost-Eye シングルロータードローン GB200

無線操縦装置ヘリコプターのようにプロペラを2枚搭載したドローンです。ミリタリーライクなデザインが魅力。使わないときは部屋のインテリアとしても楽しめます。

おもちゃのようなデザインながら、空撮ドローンとしても活躍。機体前方にアングル調節可能なフルHDカメラを搭載しており、Wi-Fi接続したスマホやタブレットから撮影可能です。

撮影データは接続先デバイスへ保存されるため、SNSなどを使ってスムーズに共有できます。さらに、専用アプリを使えばライブ中継が可能。ライブ配信の撮影用ドローンとしてもおすすめです。

また、操作性のよさもポイント。「ビジョンセンサー」や「気圧センサー」により、自動で機体の高度をキープでき、安定したホバリングが可能。ワンキー操作に対応しており、離着陸もワンタッチで操作できます。

ジーフォース(G-FORCE) LEGGERO GB181

ポケットサイズのコンパクトなドローンです。小さいながらも2Kや4Kに対応した高画質カメラを搭載しているのが魅力。カメラアングルの調節もでき、室内で空撮を楽しみたい方にもおすすめです。

撮影中の映像は、Wi-Fi接続したスマホやタブレットの専用アプリから確認可能。送信機のホルダーにスマホを固定できるので、手元でライブ映像を確認しながら操作できます。

さらに、さまざまな操作方法に対応しているのも魅力。スマホやタブレットの傾きで操作できる「チルト操作モード」や、ディスプレイを指でなぞって飛行経路を指定する「トラッキングモード」に対応しており、初心者の方も直感的に操作できます。

また、高輝度LEDヘッドライトを搭載しているため、暗い室内でも手軽に飛行可能。付属の専用プロペラガードを付ければ、家具が多く暗い室内の飛行も安全です。

京商(KYOSHO) LIVE STYLE Type-1000HD TS055

主に飛行を楽しみたい方におすすめの操作性に優れたトイドローンです。安価ながらも「オプティカルフローセンサー」を搭載しており、狙った位置でホバリングできるのが魅力。さらに、6軸ジャイロセンサーを備えているため、飛行に安定感があります。

また、スティックを倒した方向へ機体が動くヘッドレス機能や、ワンボタン着陸機能を搭載しているのもポイント。ドローンを初めて操作する初心者の方にもおすすめです。

送信機から操作できるほか、専用アプリをダウンロードすればスマホやタブレットからでも操作可能。送信機にはスマホなどを搭載できるため、1人称視点でのライブ映像を楽しみながら操作できます。

さらに、正面と底部へカメラを搭載しているので、簡単な空撮を楽しみたいときにもおすすめです。正面のカメラは200万画素、底部のカメラは30万画素に対応。2基のカメラは撮影シーンに合わせて切り替え可能です。

ドローンのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ドローンのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。