話題となってから数年が経ち、製品ラインナップが充実した「ドローン」。本格的な空撮を行いたい方からラジコン感覚で楽しみたい方までユーザーの嗜好が幅広いため、形態や飛ばし方もさまざまタイプが取り揃っています。

そこで今回はおすすめのドローンをご紹介。興味があり、お気に入りの1台を見つけたい方はぜひ購入する際の参考にしてください。

ドローンを使う上での規制ってあるの?

日本

日本には航空法が法律で定められており、重さが200g以上のドローンはこの法律の対象となる可能性があるため注意が必要です。規制の内容としては、空港や民家の密集地域でドローンを飛ばすのが禁止されていたり、夜間や目視できない距離でのドローンの操作、危険物の輸送や物を落下させる行為などがあげられます。飛ばすことができる高さも150m以下に規制されています。

また、200g以下のドローンであっても公園や観光地などではドローンの使用を禁止しているところもあるため、旅行先や出かけた先で使用を考えている方は、事前に確認しておきましょう。

海外

海外でのドローンの規制ですが、国によって規制のレベルは大きく異なります。厳しいところでは、持ち込みの段階で事前の登録が必要な国もあります。また、同じ国の中でも州や地域によってルールが細かく分かれていることもあるので、海外旅行でドローンを使用したいと考えている方は事前に、許可申請の方法をチェックしておきましょう。

私有地

私有地でのドローン使用の場合、基本的には先述同様、航空法などの規制内での使用となります。なお、自宅の室内などであれば、トイドローンと呼ばれる小型のドローンを自由に飛ばして遊ぶことは可能。また、例外的にネットで囲まれた空間であれば、室内とみなされ自由にドローンを飛ばすことができます。私有地と言えど、規制外の使用は違法となり罰金の対象となるので、注意してドローンを使用しましょう。

初心者必見! 空撮用ドローンの選び方

ドローンのカメラ性能

camera-1866961_640

そもそもドローンは無人航空機のことですが、最近は手軽な空撮用機器として活用の幅が広がっています。カメラが搭載されているドローンの場合、性能はデジタルカメラと同様ないし、それ以上のポテンシャルを秘めているモデルもあり、準じて価格に比例しているのが現状です。

なお、レンズ交換の有無は機種によって異なり、固定視点かつ固定絞りのタイプがほとんどですが、空中で自由に撮影ポジションを確保できる点は大きなメリットです。

ドローンの操作性

ja6zkrs3ic0-caleb-woods

ドローンは専用のコントローラーないし、スマホやタブレットに対応するアプリで操作が可能。製品によって多少の差異はあるものの、基本的に左右のスティックを動かすことで機体を操作します。

なお、ドローンの上昇下降は「スロットル」、左右の移動は「エルロン」、前進後退は「エレベーター」、左右旋回は「ラダー」、空中で浮遊している状態を「ホバリング」と呼ぶので、覚えておきましょう。

注意すべきシチュエーション

障害物

電線や木々などが障害物となり、ドローンと接触してしまうことがあるので注意。また、フライトの際は飛行コースも事前にしっかりと確認しておきましょう。

悪天候

雨風が強いとドローンの飛行コントロールが難しいほか、バッテリーの消耗も激しくなることは留意しておきましょう。なお、風速が5m以上であればフライトを諦めるのが無難。雷が懸念される場合はフライトは中止してください。

電波状況

携帯電話の基地近くやWi-Fi電波が頻繁に飛んでいる場所などは電波障害が起きやすく、フライトに影響が出る場合があります。ドローンのコントロールに違和感がある場合は周囲の状況を確認しましょう。

ロケーション

人が多く集まる場所は迷惑になるだけでなく、事故が起きる可能性もあるので注意。特にイベント会場の上空は航空法でフライトが禁止されてることは事前に知っておきましょう。また、小型無人機等飛行禁止法により、国会議事堂などの重要施設における上空および周囲についても飛行が禁止されています。厳格な処罰の対象となるので十分に気をつけましょう。

2017年おすすめできるドローンの人気モデル

DJI Mavic Pro

ハイスペックで人気のドローン。最大で27分間の飛行が可能で、送受信は最大で4km。センサーを搭載しているため飛行も安定しており、ストレスなく広範囲の撮影が可能です。

また、自動で障害物を避けて飛行してくれる衝突回避機能や自動で狙った被写体を追跡飛行してくれる自動トラッキング機能なども充実。プロペラ部分は折りたたみ式となっており、コンパクトに収納できるものポイントです。

HUBSAN X4 Air Pro H501A

スタイリッシュなデザインとリーズナブルな価格帯で人気の「X4 AIR PRO」。リモート操作許容範囲は最長300m程度で、カメラ対応は動画がMOV形式/1920×1080、静止画がJPG形式/2048×1536。充電時間は約210分で、フライト可能時間は20分です。

フライトに関しては、機体を空中で停止している状態で維持をしてくれる「ホバリングモード」や操縦者との距離を保ちながら被写体の追跡を行なってくれる「フォローミーモード」などが搭載され、使い勝手は良好です。また、スマホ画面にリアルタイムで画像が映し出されるので、ドローン初心者の方でも気軽に多様なアングルから空撮を楽しめるのが特長です。

Potensic F181DH

2017年秋発売のドローン。720pのHDカメラが搭載されており、臨場感あふれる動画の撮影をリアルタイムで体感できるのが特長です。

高度維持機能や宙返り機能もついており、操作性は良好。記録媒体はSDカードで、バッテリーは予備も含めて4つ付属しています。専用の収納ケースもついているので、持ち運びにも便利。初心者でも扱いやすいおすすめのドローンです。

Parrot PF727078

重量63gと軽量で人気のドローン。カメラの有効画素数は30万画素とそれほどではありませんが、送受信可能距離は最大で60mほどなので、室内での使用に向いています。

水平方向と垂直方向のスタビライザーが搭載されており、撮影時も機体が安定するものポイント。ドローン入門機としておすすめの1台です。

ESPADA GB100

折りたたみ式ドローンとして人気の「ESPADA(エスパーダ)」。アームを折りたたんだ状態のサイズは136×184mm、総重量は148gとカバンに入れて持ち歩けるほど、コンパクトなのが特長です。

操作は専用の送信機(プロポ)を使っての操縦のほか、アプリ上で送信機同様の操作が行なえる「スマートタッチモード」、スマホを傾けて操作する「チルトモード」、アプリ上に描いた軌跡に沿って自動で航行する「トラッキングフライトモード」に対応。

フライトは内蔵された高精度の気圧センサーより安定感があり、上下の揺れもしっかりカバーしてくれるので安心してスマホのモニターを見ながら操縦や撮影を楽しめます。なお、本製品はホワイトとブラックの2色をラインナップしているので、購入する際はお好みのカラーを選びましょう。

Zerotech セルフィードローン Dobby D100B-S

ドローンメーカーZerotechによる人気のドローンです。重量はギリギリ航空法の規制対象にならない199g。また、折りたたんでポケットに入るほどのコンパクトなサイズで、持ち運びしやすいところも魅力です。

本機の最大の魅力は4K映像の撮影が可能な点。しかも、操作はスマホのみと誰でも気軽に高画質な空撮が楽しめます。スティック操作や傾き、指のスライドやピンチインなど、豊富な操作方法があるのも特徴です。

さらに、人物を自動追尾する機能を搭載しているのもポイント。航空法の規制に引っかからない範囲でなるべく本格派のドローンが欲しい方には特におすすめの機種です。予備バッテリーやプロペラガードなどがセットになったデラックス版など、バリエーションも用意されているのであわせて検討してみてください。

空撮用ドローンのおすすめ人気モデル

DJI(ディージェーアイ) Phantom4 Professional

DJI社Phantomシリーズのハイエンドモデル。高度な動画処理性能を持ち、2000万画素のCMOSセンサーを搭載しているのが特長です。

後方にはデュアル・リア・ビジョンセンサー、左右に赤外線センサーが追加され、合計で5方向にある障害物を認識できるのもポイント。高額な製品ではありますが、空撮用ドローンとして代表的なおすすめモデルです。

DJI(ディージェーアイ) Phantom3 Professional

DJIのPhantom4と比較して外観のゴールドラインが特徴のドローン。4K動画撮影が可能で、高精細な画質を楽しめます。飛行距離は最大2000mと長距離撮影も可能。「ビジョンポジショニング機能」も搭載しているので、低空でも安心して飛行撮影ができます。

なお、類似品に「Phantom3 SE」という機種もありますが、こちらは日本未発売モデル。技適マークがつかない仕様となっており、日本国内の法律に反するので注意しましょう。

ワルケラ(Walkera) QR X350 PRO

気軽に空撮ができるドローン。カメラを安定させる装置のジンバルも搭載されているほか、最大で25分の連続飛行が可能なので、充実した動画撮影が可能なモデルです。

送信機には大画面モニターも搭載されており、操作性は良好。また、GPS機能なども揃っているので便利です。ラジコン感覚でドローンを楽しみたいという方はぜひチェックしておきましょう。

DBPOWER  U842

6軸ジャイロシステムを採用し、安定した撮影が可能なドローン。3Dフリップボタンを採用しており、簡単に宙返りさせることができるのが特長です。

操作はスマホとコントローラーのセット。リアルタイムで表示できるFPV機能や重力センサーも搭載しているので、軽快な操作が可能。価格は1万円台なので、手頃なドローンを探している方におすすめです。

低価格帯のドローンおすすめ人気モデル

Luxon ミニドローン

3000円以下で購入できるリーズナブルなドローン。安価ではありますが、6軸ジャイロ飛行制御システムを採用しており、ホバリングや宙返りなどの動きにも対応できるモデルです。

撮影には対応していませんが、「とりあえずドローンを飛ばして遊んでみたい」という方にはおすすめ。室内で気軽に楽しめる機種を探している方はぜひお試しください。

ホーリーストーン(Holy Stone) SHADOW HS160

ポケットサイズの低価格おすすめドローン。気圧センサーによる高度維持機能が付いているため自動でホバリングさせることが可能なモデルです。

解像度はそれほど高くはないですが、720pHDカメラを搭載しているのでちょっとした撮影にも対応。専用のアプリで映像を確認しながら操作ができるfpv仕様もポイントです。

また、4段階のスピード調整機能もついていて、操縦レベルに合わせて柔軟に設定できるのも魅力。リーズナブルな価格ではありますが、十分楽しめるドローンです。

シルイ(SHIRUI) XS809HW

折りたたみ式のドローン。旅行先などに持っていくのにおすすめのモデルです。バッテリーは900mAhと安価な機種にしてはコスパ良好。制御距離は専用リモコンで約100m、スマホで約50mです。

720PのHD広角カメラを搭載しているのもポイント。気軽に空撮を楽しんでみたいという方はぜひチェックしてみてください。

Syma X20

手のひらサイズのコンパクトかつ低価格なドローン。宙返りや速度変更、ワンキーリターンなどの多彩な動きを楽しむことができるのが特長で、最大100m離れたところからの操作も可能です。

充電はUSBケーブルで対応。本体もリモコンも手のひらサイズの小型設計なので、室内で楽しむトイドローンとしておすすめです。

FQ777 Pocket drone

ヘッドレスモードに対応した小型格安ドローンです。本体のサイズは5cm×5cmと非常に小さく屋内での使用にも向いていて、20分の充電で5~6分ん飛行が可能です。カラーはブラック・ブルー・レッド・ホワイトの4種類でとっても可愛くておしゃれです。

特に目立った機能などはありませんが、非常に低価格で気軽にドローンを飛ばす楽しみを味わうことができます。

Noiposi クアッドコプター JJR/C h42 RC

見た目が個性的な蝶々型のドローン。子ども用のトイドローンを探している方におすすめです。おもちゃっぽい見た目に反して、指定した高度を維持して飛行できたり、宙返りや重力感知などにも対応しているなど、機能性は良好です。

操作は専用アプリの「Butterfly Drone」で対応。40~60分の充電で飛行時間は約5分とややバッテリーには物足りなさを感じますが、自宅や公園で気軽に遊ぶには十分。また、写真や動画の撮影も可能で、カメラには美顔機能などが搭載されているのもポイントです。

ドローンのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ドローンのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。