話題となってから数年が経ち、製品ラインナップが充実した「ドローン」。本格的な空撮にトライしたい方はもちろん、ラジコン感覚で楽しみたい方なども増えてきており、さまざまな製品がリリースされています。

そこで今回はおすすめのドローンをご紹介。安価なアイテムからハイエンドクラスのモデルまでピックアップしたので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

ドローンを使う上での規制ってあるの?

日本

日本には航空法が法律で定められており、重さが200g以上のドローンはこの法律の対象となる恐れがあるため注意が必要です。

規制の内容としては、空港や民家の密集地域でドローンを飛ばすことが禁止されているほか、夜間や目視できない距離でのドローン操作、危険物の輸送や物を落下させる行為など。飛ばすことができる高さも150m以下に規制されているため、購入前にドローンの性能に注意して選びましょう。

また、200g以下のドローンであっても公園や観光地などでは使用を禁止しているところもあるため、旅行先や出かけた先で使用を考えている方は、事前に確認しておきましょう。

海外

海外でのドローンの規制は、持ち込みの段階で事前の登録が必要な国もあり、国によって規制レベルは大きく異なります。

同じ国でも州や地域によってルールが細かく分かれていることもあるので、海外旅行でドローンを使用したいと考えている方は事前に許可申請の方法をチェックしておきましょう。

私有地

By: pixabay.com

私有地でドローンを使用する場合、基本的には、航空法で定められている規制内での使用に限ります。なお、自宅の室内であれば、トイドローンと呼ばれる小型のドローンを自由に飛ばして遊ぶことは可能です。

また、例外的にネットで囲まれた空間であれば、室内とみなされ自由にドローンを飛ばすことができます。私有地とはいえ、規制外の使用は違法となり罰金の対象となるので、注意してドローンを使用しましょう。

初心者必見!ドローンの選び方

技適マークの有無をチェック

日本には電波法という法律があり、ドローンを操縦する際に使う電波もこの電波法が適応されます。国内で使用可能なドローンには、技術基準適合証明を受けていることを表す「技適マーク」が付いているので、選ぶ際には技適マークの有無をしっかりとチェックしましょう。

ちなみに、国内で技適マークが付いていないドローンを飛ばすと、場合によっては「電波法違反」となり、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処せられる恐れがあります。

正規代理店が国内にあるメーカーは、ほとんどのドローンに技適マークが付いていますが、並行輸入品などには技適マークが付いていないモノもあるので注意が必要です。

初心者の方は操作性に注目

ja6zkrs3ic0-caleb-woods

ビギナーの方はドローンの操作性をしっかりとチェックしましょう。具体的には、電波が途切れても自動で帰還する「自動帰還機能」や、プロペラ接触時に自動で電源が切れる「緊急停止機能」、機体を安定した状態に保つ「高度維持機能」が付いていると初心者でも安心してドローンを飛ばせます。

室内でドローンを楽しむなら、プロペラを保護する「プロペラガード」を搭載しているモデルがおすすめです。予算に余裕のある方は、制限空域への侵入を防ぐ「エリア制限機能」や、各種センサーを使って障害物を回避する「障害物検知機能」が付いていると、より快適にドローンの操作を楽しめます。

空撮を楽しみたい方はカメラ性能を調べよう

camera-1866961_640

ドローンで本格的な空撮を楽しみたいならカメラの性能が重要です。予算に余裕のある方は、画質に優れた「4K対応カメラ」搭載モデルがおすすめです。コストパフォーマンスを重視する方は、価格と性能のバランスに優れた「フルHD対応カメラ」搭載モデルを選びましょう。

また、クリアな空撮映像を撮影したいなら、カメラだけでなくブレや揺れを抑える「ジンバル」の性能も重要なポイント。ブレない映像を撮影したいなら、パン・チルト・ロールを制御する「3軸ジンバル」、またはチルト・ロールを制御する「2軸ジンバル」を搭載したドローンがおすすめです。

注意すべきシチュエーション

障害物

電線や木々などが障害物となり、ドローンと接触してしまうことがあるので注意。また、フライトの際は飛行コースも事前にしっかりと確認しておくことが重要です。

悪天候

雨風が強いとドローンの飛行コントロールが難しいほか、バッテリーの消耗も激しくなることは留意しておきましょう。なお、風速が5m以上であれば操縦を諦めるのが無難。雷が懸念される場合も操縦を中止してください。

電波状況

携帯電話の基地近くやWi-Fi電波が頻繁に飛んでいる場所などは電波障害が起きやすく、フライトに影響が出る場合があります。ドローンのコントロールに違和感がある場合は周囲の状況を確認し、使用を中断してください。

ロケーション

人が多く集まる場所は迷惑になるだけでなく、事故が起きる恐れもあります。特にイベント会場の上空は航空法で操縦が禁止されているため、事前にロケーションの確認をしておきましょう。また、小型無人機等飛行禁止法により、国会議事堂などの重要施設の上空および周囲についても飛行が禁止されています。厳格な処罰の対象となるので十分に注意しておきましょう。

ドローンのおすすめスポット

初心者がいきなり屋外でドローンを飛ばすと、物損や自損などの危険があります。そのようなリスクを回避するためにも、初心者の方は屋内練習場を利用するのがおすすめです。

ドローンの重さを気にせず練習できるうえに、屋外と違って風がないので初心者でも快適にドローンの操作を楽しめます。屋外でドローンを飛ばす際は、しっかりと操縦に慣れてからトライしましょう。

ドローンのおすすめメーカー

ディー・ジェイ・アイ(DJI)

中国の広東省深圳に本拠地を置き、8割以上の世界シェアを誇るドローン業界最大手のメーカーです。DJIのドローンは業界の標準規格に位置付けられており、一般のユーザーだけではなく、空撮を生業とするプロカメラマンの中にも同社の機体を愛用している方が数多くいます。

低価格のエントリー機からハイクラス機までさまざまな機体が幅広くラインナップされており、自身の撮影目的や操縦技術に合う最適なドローンを選択できます。また、同社はドローンに装着できるレンズ交換式の一眼カメラを扱っているのもポイント。同社のドローンと組み合わせることで本格的な空撮を楽しめます。

パロット(Parrot)

By: amazon.co.jp

フランスのパリに本拠地を置く、ヨーロッパ発のドローンメーカーです。元々は自動車内でスマートフォンを安全に使用するためのハンズフリーキットを販売していましたが、そこで培ったWi-Fi通信の技術を応用することでドローン業界に参入しました。

低価格なエントリー機やハイエンド機はもちろん、広大な農地のマッピングやモニタリングが可能な産業用ドローンも取り扱っています。最近では、4K HDR動画の撮影にも対応したモデル「ANAFI」をリリースしたことで多くの注目を集めました。

ホーリー・ストーン(Holy Stone)

By: holystone.com

中国の福建省に本拠地を置く、2014年創業の新興おもちゃメーカーです。ドローン分野ではトイドローンの開発に特化しており、中国国内をはじめ、日本・アメリカ・カナダ・ヨーロッパでドローンの販売を行っています。

日本では主にAmazonでトイドローンを販売していますが、コストパフォーマンスに優れていることに加え、日本語でのサポートが手厚いことから人気の高い製品です。

ハブサン(Hubsan)

By: amazon.co.jp

中国の広東省深圳に本拠地を置く、2010年創業のドローンメーカーです。主に低価格帯のトイドローンを製造していますが、本格的な空撮ができるドローンも扱っています。

同社のドローンはコストパフォーマンスが高いことから世界的に人気があり、本体やパーツが比較的安く、ドローンをカスタマイズして楽しむ方からも広く支持されているのが特徴です。

ドローンのおすすめ機種

ディー・ジェイ・アイ(DJI) Mavic 2 Zoom

2倍の光学ズームレンズ(24-48mm)を備えた小型ドローン。飛行時間や伝送距離などの飛行性能は同シリーズモデルで共通していますが、ズーム機能を始めとした多彩な撮影機能が搭載されています。

デジタルズームとの併用で最大4倍のズーミングに対応。望遠側では被写体を強調する効果を得られるので、空撮ポートレートや旅行、ドキュメンタリーの撮影におすすめです。

特殊撮影機能も充実。背景が迫ってくるような効果を得られる「ドリーズーム」や、4800万画素の超解像度画像を連写合成する機能などが搭載されています。全方向の障害検知センサーも搭載されているので、初心者でも安心して本格的な空撮を楽しめます。

ディー・ジェイ・アイ(DJI) Phantom 4 Pro

空撮を専門とするプロのクリエイターから絶大な支持を集める本格仕様のドローン。高級コンパクトカメラにも搭載される1インチの大型イメージセンサー(約2000万画素)を搭載しているのが特徴です。

静止画が高画質に撮影できるだけでなく、超解像の4K動画(60fps)も最大100Mbpsというプロクオリティで撮影できるので、業務用ドローンとして活用できます。

飛行時間は最大30分、伝送距離は4kmで、前後・左右・下方の計5方向の障害物を検知するセンサーを内蔵。付属するディスプレイ付きの専用送信機を使えば、高度な操縦もスマホ感覚で対応できます。満足度の高いドローンを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

パロット(Parrot) Bebop 2 FPV

飛行操縦や空撮の練習用としておすすめの小型ドローン。カメラ性能や飛行性能は上位モデルほどではありませんが、価格が約4万円とリーズナブルで、入門機としては十分な性能が備わっています。

小型かつ軽量で操作系もシンプルなのもポイント。カメラの画素数は1400万で画角180°の広角レンズを搭載し、フルHDでの動画撮影ができます。最高時速の60kmでも安定した飛行で画質低下なく撮影できるので、子供やペットを追いかける空撮やレースの撮影にもおすすめです。

飛行時間は最大25分、伝送距離は最大2km。付属のFPVゴーグルにスマホをセットして装着すれば、一人称視点での操縦も楽しめます。気軽にドローンを試してみたい方はぜひ購入候補として検討してみてください。

ホーリー・ストーン(Holy Stone) HS200

価格1万円台で購入できる安価な小型トイドローン。機体重量が116gで航空法の規制対象となる200gを下回るので、初心者でも飛行や空撮が気楽に楽しめます。

カメラはHD(720p)解像度の動画撮影が可能。付属の送信機にはモニターとしてスマホを装着でき、専用アプリを介してFPV(一人称視点)での映像体験も楽しめます。

操縦可能距離は最大100m。本製品は機体の向きに関係なく操縦者から見た方向に機体が動くので、操作に不慣れな方でも安心です。自動ホバリング制御やリターンモードも搭載されているので、初心者でも気軽に空撮を楽しめます。

ハブサン(Hubsan) X4 HD H107C-1

子どもと一緒に遊べるトイドローンを探している方におすすめの小型軽量モデル。1万円を下回る価格帯ながらも機体重量は51gと軽く、航空法の規制対象外となるので、普通のラジコンと同じような感覚で気軽に飛行や空撮を楽しめます。

200万画素・HD(720p)解像度のカメラを搭載。機体に搭載のLEDライトにより機体の向きが把握しやすいので、初心者でも直感的に操縦ができます。飛行時間は約6分、伝送距離は約40mです。

4GBのmicroSDカードが付属するので、購入後すぐに空撮の記録が始められます。さらに、室内フライト用のプロペラガードも付属。壁や障害物との接触による故障や落下のリスクを抑えて安全に飛ばせるので、子どもでも安心して遊べます。

ライズテック(Ryze Tech) Tello

子どもから大人まで楽しめるトイドローンです。手からトスするとその場でホバリングする「Throw & Go」や、スムーズなフライト操作が可能な「Telloアプリ」に対応しているので、初心者でも快適にドローンの操作を楽しめます。

バッテリー残量が少なくなるとアラートで警告する「ローバッテリー保護機能」や、接続が切れても安全に着陸する「フェールセーフ保護機能」を搭載。室内はもちろん、屋外でも安心してドローンを飛ばせます。

重さわずか80gの軽量ボディながら、正確なホバリングをアシストする「ビジョンポジショニング・システム」、滑らかで安定した撮影が楽しめる「電子式映像ブレ補正」、最大13分の飛行が可能な「ロングバッテリー」などのオプションが充実しているのもポイント。MIT開発のコーディングシステム「Scratch」を使えば、簡単なプログラミングでドローンを自由自在に飛ばすこともできます。

ディー・ジェイ・アイ(DJI) Mavic 2 Pro

飛行が安定していると好評のドローン。1回の充電で約30分間のロングフライトが可能な「3950mAhバッテリー」を採用しているので、時間を気にせず思う存分空撮が楽しめます。また、CMOSセンサーの有効検知範囲が広く、暗い環境下でも鮮明な映像を撮影できます。

全方向障害物検知センサー「フライトオートノミー技術」、8つのセンサーから機体の周囲を分析し、自動で障害物を検知しながら飛行する「アドバンスパイロットアシストシステム」など、DJI独自のセーフティー機能を多数搭載。ドローン初心者の方でも安心して空撮が楽しめます。

未使用時にはプロペラを折りたたんでコンパクトに持ち運べるので、ドローンの携帯性を重視する方にもおすすめです。

パロット(Parrot) Disco FPV PF750071

臨場感あふれるフライトが楽しめる固定翼タイプのドローンです。鮮明なリアルタイム映像が楽しめる1080pの「3軸方向補正フルHD前方カメラ」を搭載。付属のFPVゴーグルを装着すれば、自分がコクピットで操縦しているかのようなリアルな体験ができます。

専用アプリ「FreeFlight Pro」を使えば、高度・速度などを自由に設定して自律フライトプランを作成することも可能。時速80kmの高速フライトが可能な「ハイパワーモーター」や、1回の充電で最大45分飛ばせる「3セルリポバッテリー」など、飛行性能にも優れているので長距離撮影を楽しみたい方にもおすすめです。

固定翼タイプのドローンは操作が難しいと言われていますが、本製品は初心者の方にも扱いやすく、特に安定した飛行が可能な「失速予防システム」やボタンひとつで自動帰還する「リターンホームボタン」などは便利な機能。発売から数年が経ち、価格が落ち着いているので、お得感の高いドローンを探している方はぜひチェックしておきましょう。

パロット(Parrot) ANAFI PF728005

2100万画素の静止画と4K動画が撮影できる高性能カメラを備えたドローン。解像度を損なうことなくクローズアップできる最大2.8倍の「ロスレスデジタルズーム」やカメラが上下に動く「180°チルトジンバル」など、便利な機能が搭載されているのも特徴です。

モバイルバッテリーを使って充電ができる「USB-C充電システム」、ドローンの持ち運びに便利な「専用ケース」、折りたたんでどこにでも持ち運べる「ウルトラポータブルデザイン」など使いやすさにこだわって作られているのもポイントです。

ボディには丈夫な「カーボン繊維」「ガラスマイクロビーズ」を採用。耐久性が高いドローンを求めている方にもおすすめのモデルです。

パロット(Parrot) Mambo MISSION PF727077

多機能なホビードローン。高性能な飛行制御機能と精密なセンサーを採用することで、初心者の方でも少し練習をすれば簡単に飛ばすことができます。

飛行モードはユーザーのレベルに応じて「イージーモード」「ドリフトモード」「レースモード」の3種類から選択可能。1台あれば子どもから大人まで楽しめます。

また本体底面には「垂直カメラ」が付いているので、気軽に空撮できるのもポイント。専用のアタッチメントを付け替えれば、プラスチックの玉を発射したり、モノを掴んだり、FPVを楽しんだりと、さまざまなアクションが楽しめるのも魅力です。

iPadを使って簡単なプログラミングができる「Swift Playgrounds」にも対応しているので、「とりあえずドローンを試してみたい」という方はぜひチェクしておきましょう。

ドローンのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ドローンのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。