従来のドローンに飽きてきたら…。

すでにドローン空撮を楽しんでいる人も増えてきているのでは? でも慣れてくると、航続距離や飛行時間が短い、飛行速度が遅いなど、不満が出てくるかもしれません。今回ご紹介するのは、そんな不満がふっ飛ぶかもしれない、飛行機とクアッドコプターのいいとこ取りをした、ハイブリッドドローン Vertex です。

VTOL機です

Vertex の最大の特徴は、90度方向転換型のプロペラをもつ、VTOL(垂直離着陸機)であること。つまり、ヘリコプターのように離着陸でき、飛行機のように高速で航続距離が長い。戦闘機のハリアーやオスプレイが有名ですね。

形がいろいろ変わります

Vertex の別の特徴は、用途に合わせて機体の形を簡単にカスタマイズできること。タンデムウィングが一番短いホバリングモードで、最大飛行時間21分、最大航続距離約6.4キロです。

タンデムウィングを少し伸ばしたスタンダードモードでは、48分間、約38.4キロ飛行可能。オプションの延長ウィングを装着したハイエンデュランスモードで、70分間、48キロ飛行可能。いずれもダブルバッテリー仕様でのスペックです。

ドローンのようにホバリングによる空撮が適している場合、スタンダードモードで巡航速度時速48キロにも達するスピード感あふれる映像が欲しいとき、それらが一つの機体で実現できるのがスバらしい!その雄姿を映像でチェック!