インクジェットプリンターで写真を印刷する際に使用するのが「写真用紙」です。写真印刷に特化した処理が用紙の表面に施されているため、普通紙で印刷するよりもシャープで鮮明な仕上がりの写真プリントが楽しめます。

そこで今回は、プリント初心者の方向けに写真用紙の特徴や選び方を解説。写真を明るく華やかな印象に仕上げられる光沢系の写真用紙を中心におすすめのモノもご紹介するので、写真用紙を選ぶ際の参考にしてみてください。

写真用紙とは?

写真用紙とは、インクジェットプリンターを使った写真印刷に特化した用紙のことです。用紙の表面に写真を明るく鮮やかに見せる処理が施されているのが特徴。書類のコピーに使われる普通紙と比べて、インクの色乗りがよく、写真を鮮明に仕上げられるため、大切な写真を高画質で印刷したい場合におすすめです。

一般的な写真用紙の表面には光沢感を演出するコーティングが施されているのもポイント。水彩絵の具に近い性質を持つ染料インクで写真を印刷した際に、華やかで高級感の仕上がりが得られます。また、印刷から長期間が経過しても色が褪せにくいのも魅力。きれいな状態のまま写真を長く保管したい場合にも重宝します。

写真用紙の選び方

光沢紙や絹目紙など種類の違いをチェック

写真用紙には光沢紙や絹目紙などのさまざまな種類が存在します。それぞれの写真用紙で性質や仕上がりが異なるため、印刷の目的や写真の作風に応じて選びましょう。

「光沢紙」はスタンダードな写真用紙で、表面に適度なツヤがあり、コントラストがやや高いのが特徴。華やかで発色のよい写真に仕上げられるので、家族写真の印刷などの普段使いに適しています。

光沢やコントラストがより強く出る「高光沢紙(超光沢)」も人気。価格はやや高くなりますが、光沢紙よりも上質な仕上がりが得られるため、壁に飾る写真やフォトコンテスト応募用の作品など画質を重視する印刷におすすめです。

「絹目紙(半光沢紙)」は表面にきめ細かな微粒面を備えた写真用紙。光沢紙と比べて光沢感が抑えられており、落ち着きのある上品な仕上がりが得られるので、モノクロ写真の印刷にも重宝します。

レーザープリンター用かインクジェットプリンター用かチェック

写真用紙を選ぶ際は所有しているプリンターに対応するかの確認が必要です。どんなに上質な仕上がりが得られる写真用紙でも、自宅にあるプリンターに対応しないモノでは印刷できません。購入の前にあらかじめ確認しておきましょう。

特に注意が必要なのが、レーザープリンター用の写真用紙。家庭用として一般的なインクジェットプリンターで使われる写真用紙とは構造が異なるため、インクが定着しにくく、希望の仕上がりで印刷できないことが多々あります。インクジェットプリンターを使う際は、必ずインクジェットプリンター用の写真用紙を選びましょう。

サイズをチェック

用紙サイズも写真用紙選びでは重要なポイントです。同じシリーズの写真用紙でL判・ハガキサイズ・A4などさまざまな用紙サイズが用意されている場合があります。印刷の用途に応じて選びましょう。

普段使い用として使用する頻度が高い用紙サイズがL判。コンパクトで扱いやすいサイズ感なので、アルバムなどに収納して楽しむ用途にも人気があります。はがきサイズはL判に比べて一回り大きく、贈答用のポストカードを作成する場合におすすめです。

写真を大きく印刷したい場合におすすめなのがA4。L判の5倍以上の大きさです。額装して壁に飾る写真やフォトコンテストに応募するための写真を仕上げる際にも重宝します。

厚さをチェック

用紙の厚さも写真用紙を選ぶ際に決め手となるポイントです。厚さには薄手・普通・厚手の主に3種類があり、用紙の厚みが増すほど高品質になって強度も上がります。ただし、価格も厚さに比例するため、写真プリントを使用する目的に応じて選びましょう。

一般的な用途には、厚さと価格のバランスがよい厚みが「普通」の写真用紙がおすすめ。より薄く、価格の安い「薄手」の写真用紙は、アルバムやスクラップブックを作成する場合に重宝します。

「厚手」の写真用紙は耐久性が高く、折れやしわができにくいのがポイント。さらに、光沢系の写真用紙では光沢をしっかり発揮でき、作品をより上質かつ華やかな印象で仕上げられるので、本格的な作品の制作にもおすすめです。

白色の違いをチェック

写真用紙の白色は写真の仕上がりを左右するポイントです。インクを混ぜて作る赤・緑・青・黒などの色と違って、写真の白色は写真用紙の地色がそのまま反映されます。

同じ写真を印刷する場合でも写真用紙の白色で仕上がりの印象が大きく変わるのがポイント。白色が青みがかったモノではシャープで冷たい印象に、黄色みがかったモノではレトロであたたかな印象に仕上げられます。印刷する写真の雰囲気に合わせて使い分けるのがおすすめです。

白色の再現性を重視する場合は写真用紙の「白色度」も重要。数値が100%に近い写真用紙ほど白色を忠実かつきれいに再現できるので、真っ白な服を着たポートレート写真を印刷する場合などにも重宝します。

両面か片面かチェック

写真用紙には片面のみに印刷できるモノと両面に印刷できるモノの2種類が存在します。両面タイプの写真用紙は表と裏の両面にインクの受容層があるのが特徴。製品のラインナップは少なめですが、両面印刷を活用することで用紙コストを半減できます。製本したオリジナル写真集を低予算で作成したい場合にもおすすめです。

片面タイプの写真用紙は表面にのみインクの受容層があるのが特徴。裏面には印刷できませんが、両面タイプと違って透過する光でインクが透けて見えにくいため、より高品質な仕上がりの写真プリントが印刷できます。

写真用紙のおすすめ

エプソン(EPSON) 写真用紙ライト 薄手光沢 L判 100枚 KL100SLU

優れたコスパで人気がある薄手光沢タイプの写真用紙です。プリンターメーカーの純正品ながら、用紙の厚みを0.2mmに抑えることで価格を安く抑えているのが特徴。薄く扱いやすいため、アルバムへの保存やスクラップブックの作成などの用途におすすめです。

低価格ながら、きれいな仕上がりが得られるのもポイント。白色度は92%です。本製品にはL判の写真用紙が100枚封入。より多くの枚数を日常的に印刷したい方向けに、200枚入りと400枚入りのセットも用意されています。

エプソン(EPSON) 写真用紙 絹目調 ハガキサイズ 20枚 KH20MSHR

写真本来の風合いを生かせる絹目調タイプの写真用紙です。光沢を抑えるきめ細かな微粒面を備えた表面処理が施されているのが特徴。しっとりと落ち着いた仕上がりが得られるので、レトロな雰囲気の写真やモノクロ写真を印刷する場合におすすめです。

厚みは0.28mmと普通で幅広い用途に使いやすいのもポイント。白色度は92%です。また、耐水性と耐光性が高く、長期間経っても色褪せしにくいため、大切な写真の保管にも適しています。

ハガキサイズの写真用紙が20枚封入された製品。裏面には郵便番号枠が用意されています。

エプソン(EPSON) 写真用紙クリスピア 高光沢 A4 20枚 KA420SCKR

発色層を追加した7層構造によって、優れた発色と高い色再現性を実現した、高光沢タイプの写真用紙。白色度も98%と高く、忠実で透明感あふれる白さを持つ美しいプリントに仕上げます。

0.3mmと厚手なのもポイント。豪華な光沢感に加えて、プロが写真集の印刷に使う印画紙のコシや高級感も再現しています。展示会やフォトコンテストなどの作品制作にもおすすめです。

本製品にはA4サイズの写真用紙が20枚封入されています。より大判の写真プリントを必要とする方向けに、A4と比べて面積が約2倍も大きなA3や、さらにひと回り大きなA3ノビの写真用紙も用意されています。

エプソン(EPSON) 両面写真用紙 光沢 A4 10枚 KA410PSKD

写真を表裏両面に印刷できる光沢タイプの写真用紙です。用紙の両面にインクの受容層を備えているのが特徴。両面印刷を活用することで用紙の消費を半分に抑えられるため、印刷コストを節約したい場合にも重宝します。

用紙の厚みは0.2mmと薄手ですが、両面とも良好な仕上がりが得られるのもポイント。また、96%と高い白色度も備えているので、白色の再現性を重視した写真の印刷にも便利です。

本製品にはA4サイズの写真用紙が10枚入っています。写真プリントを製本したオリジナルの写真集を低コストで制作したい方にもおすすめです。

キヤノン(Canon) キヤノン写真用紙・光沢 ゴールド L判 100枚 GL-101L100

ワンランク上の仕上がりが手軽に楽しめる光沢タイプの写真用紙です。プロが使う印画紙と同じベース紙を採用。リーズナブルな価格ながら引き締まった黒と豊潤なカラーがプリント直後から味わえるので、旅行やお祝い事など特別な写真の印刷にもおすすめです。

機能で2層に分けたインク受容層を含む、6層構造の採用しているのも魅力。厚みは 0.27mmと普通ですが、高級感が感じられる厚みとコシが得られます。加えて、最表面にはハイグロスコート層も搭載。艶のある色味と耐久性を兼ね備えています。

本製品にはL判の写真用紙を100枚封入。ほかにはスクエアサイズを採用した写真用紙も用意されており、Instagram風の写真を印刷したい方にもおすすめです。

・1個

・2個セット

キヤノン(Canon) キヤノン写真用紙・微粒面光沢 ラスター A4 20枚 LU-101A420

落ち着いた質感を醸し出す半光沢タイプの写真用紙です。表面に光沢を和らげる微粒面の処理が施されているのが特徴。しっとりとした高級感のある仕上がりが得られるので、レトロな雰囲気の写真や重厚なモノクロ写真などの印刷におすすめです。

優れた速乾性を備えており、インクが定着して見え味が安定するまでの時間が短いのもポイント。加えて、照明の影響を受けにくく、作品の展示に採用する写真用紙としても人気があります。

厚みは0.26mmと普通で、白色度は92%。本製品にはA4サイズの写真用紙が20枚入っており、より大判となるA3やA3ノビのモノも用意されています。

キヤノン(Canon) キヤノン写真用紙・光沢 プロ クリスタルグレード A4 20枚 CR-101A420

フィルム写真に近い質感で、水晶のような輝きのある光沢と鮮明な画質を両立した、超光沢タイプの写真用紙。高品位で美しい発色が得られるので、展示会やフォトコンテストなどの作品制作におすすめです。

新開発の8層構造を採用しているのもポイント。要となる3層のインク受容層が高い発色性を実現し、直下のハイスムージング層によって鮮やかな画質と高い光沢感も再現しています。白色度も95%と高め。白色の再現性でも優れています。

厚みが0.34mmと極厚仕様なのも魅力。重厚感のあるコシも味わえるため、プロユースの仕上がりに自信作を印刷可能です。本製品にはA4サイズの写真用紙が20枚入っています。

ブラザー(Brother) 写真光沢紙 L判 100枚 BP71GLJ100

高画質プリントが低コストで楽しめる光沢タイプの写真用紙です。プリンターメーカーが手掛ける純正品としては安い価格で入手できるのが特徴。印刷コストをできるだけ抑えつつ、メーカーが推奨するきれいな仕上がりの写真が手軽に印刷できます。

対応プリンターはPRIVIOとMyMioの2シリーズ。「ブラザー」が製造している家庭用のインクジェットプリンターでのみ使用できます。自宅でPRIVIOを愛用しており、写真をより高画質で印刷したい方におすすめです。

本製品にはL判の写真用紙を100枚封入。写真の印刷頻度が多い方向けに、300枚や500枚のセットも用意されています。

富士フイルム(FUJIFILM) 写真用紙 画彩 写真仕上げ 光沢プレミアム L判 100枚 WPL100PRM

高級感あふれる仕上がりが楽しめる光沢タイプの写真用紙です。写真店で使われている紙と同じ構造を採用。加えて、フィルム写真の技術を応用することで鮮やかな色再現と高い光沢感、滑らかな粒状性も実現しているので、大切な写真を写真店のクオリティで印刷したい方におすすめです。

色再現性を高める独自技術「LUMINAX」を採用しているのもポイント。細かな色彩も自然で豊かな色合いで鮮やかに再現可能です。写真用紙の地色で白色度100.5%を実現しているのも魅力。白の美しさも味わえます。

0.28mmで、手に持つと心地よい厚みを実感できるのも特徴。本製品にはL判の写真用紙が100枚入っています。

富士フイルム(FUJIFILM) 写真用紙 画彩 写真仕上げ Pro A4 12枚 WPA412PRO

光の粒までしっかり表現し、記憶に強く残る印象的な仕上がりが得られる超光沢タイプの写真用紙。品質にこだわった本格的な作品制作にもおすすめです。

白色度が102%と優れており、白色を忠実に再現できるのもポイント。さらに、写真で最も暗い色である黒色の再現性も高く、暗部が濃く引き締まった黒を表現できるため、夜景や星空の写真を印刷する場合にも重宝します。

本製品にはA4サイズの写真用紙を12枚封入。ブラザーの一部プリンターに搭載されている専用の「画彩 写真仕上げ Proモード」を使えば、用紙の特徴をより生かせるため、PRIVIOユーザーの方にもおすすめです。

写真用紙の売れ筋ランキングをチェック

写真用紙のランキングをチェックしたい方はこちら。