運動後や普段の生活のなかで失われた水分やミネラルを効率的に補給できる「スポーツドリンク」。液体やパウダー、ゼリータイプなどさまざまな形状があり、どれを選んだらよいか迷ってしまう方もいるのではないでしょうか。

今回は、おすすめのスポーツドリンクをご紹介します。スポーツドリンクの成分や選び方のポイントも併せて解説。ニーズや好みに合うものを、見つけてみてください。

スポーツドリンクに含まれる成分とは?

スポーツドリンクの成分でまずチェックしたいのが、発汗によって失われやすいナトリウムです。運動時の水分補給だけでなく、熱中症対策を兼ねるなら0.1~0.2%の食塩が必要とされています。栄養成分表示を確認し、ナトリウムなら100mlあたり40~80mg程度、食塩相当量なら0.1~0.2g程度入っているモノがおすすめです。

糖質の量も確かめてみてください。運動するときに必要な糖質濃度は4~8%。スポーツドリンクをはじめとする清涼飲料水の炭水化物はほぼ糖質であるため、炭水化物量として100mlあたり4~8g程度入っているモノが適しています。

ほかにも、クエン酸や乳酸菌やポリフェノールなどが入っているスポーツドリンクも。特定保健用食品や機能性表示食品として販売されているモノもあるので、ニーズに合わせて選んでみてください。

スポーツドリンクの選び方

タイプをチェック

液体タイプ

By: pocarisweat.jp

手軽に飲めるのが液体タイプで、ペットボトルに入ったモノが一般的です。液体タイプは300ml以下の小さめサイズから2L入りの大容量まで、サイズ展開が豊富なのが魅力。日常生活での水分補給や、激しい運動を継続して行う場合にも対応できます。

蓋つきのパウチに入ったハンディタイプなら、冷凍もできて便利。缶や瓶に入ったモノもあります。手軽に水分補給をしたい方におすすめです。

粉末(パウダー)タイプ

By: rakuten.co.jp

水や牛乳に溶かして飲む粉末タイプは、持ち運びやすさとコスパのよさが魅力。ペットボトルなどと比べて保管場所を取らないので、災害時に備えて備蓄しておくのもおすすめです。1回分ずつ個包装になったモノもあり、利便性にも優れています。

粉末を溶かす水分量を少なくすると経口補水液になるモノもあり、状況に応じて調節できるのもメリット。ただ、薄めすぎると炭水化物や食塩の濃度が低下し、吸収速度が落ちる可能性があるので注意が必要です。

ゼリータイプ

By: amazon.co.jp

パウチ容器に飲み口がついたタイプ。水分と栄養を一度に摂れる、やわらかい食感で年代問わず食べやすいなどの特徴があります。片手で素早く食べられることもあり、粉末タイプと同様に備蓄食としてもおすすめです。

ゼリータイプはほかのタイプよりも食べ応えがあるのもポイント。満足感が欲しいときにも重宝します。

飲むタイミングにあった種類を選ぶ

運動前には「アイソトニックタイプ」を

By: amazon.co.jp

人間の体液とほぼ同じ浸透圧で設計されているスポーツドリンク。運動する前に、エネルギー源となる糖質やミネラルをあらかじめ補給しておく目的で飲むのがおすすめです。

効率的な栄養源として有効で、運動によって失われた栄養素を手軽に摂れます。スポーツをする習慣がある方は、商品を選ぶ際にチェックしてみてください。

運動中や運動後には「ハイポトニックタイプ」を

By: amazon.co.jp

体液よりも低い浸透圧で設計されたスポーツドリンクです。運動や屋外での活動によって失われた水分と栄養を摂るのに有効なタイプ。水分と浸透圧の性質を利用し、水分を素早く吸収できます。

持久力や疲労回復に着目したスポーツドリンクもあるので、運動の種類やケアしたい要素に合わせて適したモノを選んでみてください。

カロリーをチェック

By: rakuten.co.jp

カロリーゼロのスポーツドリンクも多く販売されていますが、カロリーに関する表示にはさまざまなルールがあります。100mlあたり5kcal未満の商品には「カロリーゼロ」、100mlあたり20kcal未満のものには「低カロリー」「カロリー控えめ」と表示されています。

液体タイプの場合、栄養成分表示は100mlあたりで記載されていることが多い傾向にあります。1本の容量が500mlなら、表示されているカロリーの5倍に相当するので、栄養成分表示をよく確認することが大切です。

スポーツドリンクのおすすめ|液体タイプ

日本コカ・コーラ(Coca-Cola) アクエリアス

BCAA、ナトリウム、クエン酸を配合を配合した代表的なスポーツドリンク。すっきりとした後味で飲みやすい、アイソトニックタイプの商品です。カロリーは100mlあたり19kcal。炭水化物は4.7gです。

ペットボトルタイプだけでも280ml入りから2L入りまでさまざまなラインナップがあるのが特徴。液体タイプのほかにパウダータイプもあり、ニーズに合わせて使い分けができます。定番のスポーツドリンクが欲しい方におすすめです。

日本コカ・コーラ(Coca-Cola) アクエリアス ゼロ

100mlあたり0kcalのアクエリアスです。カロリーが気になる方も気兼ねなく飲めます。L-カルニチンを配合しているのが特徴。ほどよい甘さで飲みやすく作られているのもポイントです。

サイズは500ml入りと2L入りで、持ち運びたい方にもたっぷり飲みたい方にもおすすめ。摂取カロリーを抑えたい方にぴったりのスポーツドリンクです。

サントリー(SUNTORY) グリーンダ・カ・ラ

緑色のハートがトレードマークのスポーツドリンク。フルーツの風味を活かしたさわやかな味わいが特徴です。ぶどうとレモンの果汁を使用しているほか、シークワーサーエキスやうんしゅうみかんエキス、ゆずピールなどさまざまなフルーツ由来成分を配合。しつこくない甘味が魅力の果糖を使い、おいしく手軽に水分補給できます。

食塩相当量として100mlあたり0.1g含まれているため、熱中症対策としてもおすすめ。アミノ酸やクエン酸も含んでいます。アイソトニックタイプのスポーツドリンクなので、運動前に飲むスポーツドリンクを探している方にぴったりです。

大塚製薬 ポカリスエット

発汗初期の汗に近い成分組成で設計されたスポーツドリンク。汗をかいて失った水分やイオンを素早く補給できます。回収と洗浄を繰り返して使えるリターナブル瓶入りを発売したことでも話題の商品です。

ぶどう糖と果糖を両方含み、糖質を効果的に吸収できるよう配慮しているのも特徴。スポーツシーン以外にも、お風呂の後や就寝前後、お酒を飲んだ後の水分補給にもおすすめです。250ml入りから2L入りまで豊富なサイズ展開があり、さまざまなニーズに対応できます。

大塚製薬 ポカリスエット イオンウォーター

汗をかかない日常生活でも飲みやすいイオンバランスで設計されたスポーツドリンクです。甘すぎない後味のよさが魅力。常温でもおいしく飲めるように作られています。

カロリーは、100mlあたり11kcal。低カロリーのスポーツドリンクを探している方にぴったりです。液体タイプには250ml・300ml・500ml・900mlと規格が多いのもポイント。パウダータイプもあるので、用途に合わせて選んでみてください。

大塚製薬 ボディメンテ ドリンク

乳酸菌B240と電解質を配合したスポーツドリンクです。乳酸菌B240はメーカー独自の乳酸菌。タイ北部の伝統的な発酵茶から発見された植物由来の乳酸菌です。体液組成に近づけたこだわりの電解質バランスも特徴で、効率的に水分補給できます。

100mlあたり18kcalとカロリー控えめに作られているのも魅力です。さわやかなグリーンシトラス味で飲みやすさにも配慮。明るいフレッシュグリーンのラベルが目印です。水分補給だけでなく、ボディケアにも興味がある方に向いています。

大塚製薬 アミノバリュー4000

機能性関与成分としてBCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)を含む機能性表示食品です。クエン酸を100mlあたり450mg配合しているため、運動後の疲労が気になる方にもおすすめ。摂取目安量は1日2本です。

シトラス味でさわやかな飲み口が魅力。100mlあたり18kcalで、摂取カロリーを抑えたい方にも適しています。マラソンなど持久力が必要なスポーツをしている方や、機能性表示食品のスポーツドリンクを試してみたい方におすすめです。

明治 VAAMスマートフィットウォーター

独自のアミノ酸配合が特徴のスポーツドリンク。アラニン・アルギニン・フェニルアラニン混合物に加え、カリウムやカルシウムといったミネラルも含まれています。体脂肪が気になる方におすすめの特定保健用食品として展開されており、ダイエットや健康維持目的で運動する方にぴったりです。

味は、香るレモン風味とアップル風味の2種類。賞味期限は9ヵ月です。カロリーゼロのハイポトニックタイプのスポーツドリンクで、運動中や運動後に気兼ねなく飲めます。

キリン(KIRIN) アミノサプリC

鮮やかなピンク色のスポーツドリンク。レモンとアセロラ果汁を配合し、甘酸っぱいさわやかな口当たりが特徴です。1本にオルニチン400mg、ビタミンC1000mgを含んでいます。

1本555ml入り。運動した後以外にも、仕事の合間やお酒を飲んだ後の水分補給としてもおすすめです。定番のスポーツドリンク以外を試してみたい方、ビタミンを補給したい方に適しています。

アサヒ飲料 アサヒスーパーH2O

透明感のあるブルーラベルが目印のスポーツドリンクです。カロリーが100mlあたり12kcalと低めで、クリアな後味が特徴。ハイポトニックタイプなので、運動後の水分補給にぴったりです。

ナトリウムを100mlあたり40mg配合しているため、熱中症対策としても活用できます。サイズは600ml入りと2L入りの2種類。容量が多いスポーツドリンクを探している方や、後味がしつこくないスポーツドリンクが欲しい方におすすめです。

サンガリア ポストニックウォーター

柑橘系のさわやかな風味が特徴のスポーツドリンク。レモン風味もラインナップされています。どちらも食塩相当量が100mlあたり0.1g以上含まれており、熱中症予防にも効果的です。

本商品は100mlあたり12kcalと低カロリー。ハイポトニックタイプで素早く水分補給できるのがポイントです。500ml入りのペットボトルと340g入りの缶タイプがあります。カロリーオフのスポーツドリンクを探している方におすすめです。

ダイドードリンコ(DyDo DRINCO) ミウ スポーツアップ

室戸海洋沖の深層水を使用したスポーツドリンクです。酸味のきいたさわやかな味わいが特徴。カリウム・マグネシウム・カルシウムなど、海洋深層水由来ミネラルも含まれているのがポイントです。

本商品に使う深層水は、室戸岬沖の水深700~1000m地点から湧き出ている深層水をくみ上げています。シリーズ商品初の機能性表示食品として発売されたタイプで、機能性関与成分はクエン酸です。

カロリーは100mlあたり50kcal前後で、1本550ml入り。さっぱりとした口当たりのスポーツドリンクを探している方に向いています。

光食品 オーガニックスポーツドリンク

有機果汁と食塩で作ったスポーツドリンクです。砂糖不使用で、有機ぶどう果汁と有機りんご果汁のやさしい甘みが特徴。海外産有機レモン果汁と国産有機ゆず果汁も配合してさっぱりとした後味に仕上げた、アイソトニックタイプの商品です。

原材料にこだわって作られているのもポイントです。水は長野県安曇野のモノを使用。食塩には山口県下関の海水から作った「最進の塩」を採用しています。100mlあたり17kcalと低カロリー。280ml入りで飲みきりサイズで、持ち運びにも便利です。

運動時だけでなく、風邪をひいたときの水分補給にもおすすめ。オーガニック食材にこだわりがある方や、少し珍しいスポーツドリンクを飲んでみたい方にも向いています。

・1本

・24本セット

スポーツドリンクのおすすめ|粉末(パウダー)タイプ

ファイン イオンドリンク

分包タイプで持ち運びにも便利なスポーツドリンクです。スティック状の顆粒タイプで、500mlの水に溶かして飲みます。150mlで溶かすと経口補水液としても使えるため、用途に合わせて使えるのが魅力。アイスでもホットでも飲めるように設計されています。

本商品は砂糖不使用で、カロリーも1包あたり9.1kcalと低いのが特徴です。クエン酸を配合したハイポトニックタイプで、失った水分や電解質をスピーディに補給したいときにぴったり。シリーズ商品のなかには、乳酸菌を配合したモノやビタミンを強化したモノもラインナップされています。

・1個

・3個セット

タマチャンショップ ショクササイズ

栄養機能食品として販売されているスポーツドリンクです。ビタミンやミネラルに加え、乳酸菌やフルーツポリフェノールなどさまざまな成分を配合。

じゃがいも由来の植物性たんぱく質と動物性タンパク質のホエイプロテイン、卵白ペプチドも含んでおり、1杯でさまざまな栄養素が摂れるのが魅力です。よりたんぱく質を摂りたいときは牛乳で割ってもおいしく飲めます。

1食5gあたりBCAAとクエン酸を1000mgずつ配合。運動するときに飲む場合は500mlの水に10g程度溶かすのがおすすめです。砂糖は不使用で、天然の甘味料である羅漢果(らかんか)を使っています。ほろ苦いグレープフルーツ風味で、さわやかな口当たりに仕上げているのもポイントです。

福岡県で製造されており、国産のスポーツドリンクを探している方にぴったり。ビタミンやミネラル以外のさまざまな種類の栄養素を手軽に摂りたい方にも向いています。

クラシエフーズ スカイウォーター

ハイポトニックタイプのスポーツドリンクです。程よい甘さのグレープフルーツ味、アミノ酸を強化したグレープ味、糖類ゼロでビタミンを強化したライチ味の3種類があります。なかでも、グレープフルーツ味は、機能性関与成分であるクエン酸を配合した機能性表示食品として販売されているのが特徴です。

1包15g入りで、1Lのスポーツドリンクが作れる分量。1包を規定量で溶かした場合、カロリーが100mlあたり5kcalと低いのが魅力です。日常的にスポーツをする方や、家族でシェアして飲みたい方にぴったりのスポーツドリンク。日々の疲労が気になる方にも向いています。

・1個

・3個セット

スポーツドリンクのおすすめ|ゼリータイプ

味の素 アミノバイタル ゼリードリンクマルチエネルギー

運動によって失われやすいとされるビタミンB1とビタミンCを配合したスポーツドリンクです。普段から不足しがちなビタミンDとカルシウムも強化しています。1パックあたり160kcalとごはん1杯分に相当するカロリーが手軽に摂れるのも特徴です。

さわやかなりんご味で飲みやすいのもポイント。食事量が減ってきた方の栄養補給としてもおすすめの商品です。スポーツシーン以外でも活躍できるスポーツドリンクを探している方に適しています。

・1個

・6個セット

ファイテン エクストリーム イミダゼリー

イミダゾールペプチドとBCAAを配合したスポーツドリンクです。エネルギー代謝に必要なビタミンB群にも着目した配合で、疲労が気になる方やマラソンなど持久系のスポーツをする方におすすめ。さわやかなマスカット味です。

アスリート向けのスポーツネックレスやサポーターなどを手がけるメーカーが製造するスポーツドリンク。1本100gあたり60kcalです。運動前後のボディケアに力を入れたい方におすすめです。

・1個

・10個セット

ユーグレナ スパート SPURT

栄養豊富な石垣島ユーグレナを配合したスポーツドリンク。食物繊維に似た働きを持つ、石垣島ユーグレナ特有の成分「パラミロン」を含みます。のどごしのよいグレープフルーツ風味で、さわやかな口当たりに仕上げています。

アミノ酸の一種であるGABAを配合しているのも特徴。国際基準のアンチドーピング認証「インフォームド・スポーツ」を取得しており、アスリートにも適しています。1パック180gあたり160kcal。効率的にエネルギーや栄養素を補給したい方におすすめです。

スポーツドリンクの飲み過ぎには注意が必要

一般的なスポーツドリンクには糖質が多く含まれています。肥満や虫歯の原因や、清涼飲料水の飲みすぎによる「清涼飲料水ケトーシス(ペットボトル症候群)」のリスクも懸念されるため、注意が必要です。

生活のなかで飲むことを考慮したスポーツドリンクもあります。商品の特徴をよく確認しながら、過剰摂取にならないように注意することが大切です。

スポーツドリンクの売れ筋ランキングをチェック

スポーツドリンクのランキングをチェックしたい方はこちら。