最新のマッチングサービス、SingldOut

最新の科学技術を活用した、大注目のマッチングサービス、SingldOut。これまでの出会いサービスとは、コンセプトも仕組みも全く異なります。早速レビューしていきましょう!

科学の力でパートナー探し!?

これまでのマッチングサービスは、写真や経歴で相手を探すものがほとんどですよね。相手のプロフィールを見て、マッチングを確認していきます。ですが、SingldOutは違います。なんと、DNAのレベルから相手を探すんです。驚きですね!

それでは、SingldOutの利用手順を確認していきましょう。

まずは、SingldOutにサインアップしましょう。SingldOutは、ソーシャルサービス大手LinkedInと連携しています。サインアップ後、プロフィールを登録しましょう。その後、SingldOutからDNAキットが送られてくるので、口内の細胞(サンプル)を採取しましょう。

採取したサンプルをSingldOutに送付すれば、数日ののち、結果が確認できます。DNAのチェックが完了すれば、SingldOutで自由にパートナーを探すことができます。

生物学的な適合性をもとにマッチング

SingldOutは、ユーザーのDNA情報をもとに最適なパートナー探しができるのです。それでは、なぜDNA情報から、最適なパートナーが見つかるのでしょうか?SingldOutの仕組みをご紹介していきましょう。

SingldOutでは、「生物学的な適合性」をもとにマッチングができます。少し難しい言葉ですが、見た目や性格だけでなく、遺伝子が合うかもチェックできるのです。

例えば、DNAのサンプルからHLA(ヒト白血球抗原)を調べます。HLAは、白血球の血液型のようなもので、人が恋に落ちるかどうかに関係していると言われています。このHLAの遺伝子をもとに、相性の良いパートナーを見つけようというわけです。

また、セロトニントランスポーター遺伝子も調べます。セロトニントランスポーター遺伝子は、感情に関わる遺伝子と言われていて、情緒や耐ストレス性の参考になるとのことです。

フィーリングだけではなく、生物学的な適合性も調べるので、より確実にパートナーを探すことができそうです。利用するためには料金も必要ですが、どうやら本格的な雰囲気です。ぜひ試してみたいですね。