美味しく、栄養バランスのとれた食事を自宅まで届けてくれる「宅食サービス」。最近では、1人暮らしの方や高齢者の方、日頃から忙しい方など幅広い方に人気があります。

今回は、おすすめの宅食サービスをジャンル別にご紹介。選び方のポイントや、利用する際の注意点もあわせて解説しているので、利用を検討している方はぜひチェックしてみてください。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

宅食サービスとは?

By: nosh.jp

宅食サービスとは、調理済みのお弁当などを届けてくれるサービスです。インターネットや電話で注文可能。メニューの種類はサービスによって異なりますが、和・洋・中と幅広いジャンルのメニューをラインナップしているところが多くあります。

一食当たりのおかずは、主菜と副菜合わせて3〜5品ほど入っているのがポイント。また、一食当たりの平均価格は、700〜800円(税込)です。食事はトレーまたは真空パックに入っています。

宅食サービスのメリット

By: kikubari-bento.com

宅食サービスを利用することで、食事の準備や片付けの手間を省けるのがメリット。調理済みの食事が届くため、そのまま、または電子レンジで温めたり湯煎したりするだけですぐに食べられます。

トレータイプの場合、食べ終わった後は容器を捨てるだけなので、洗い物をしなくてもよいのがポイント。真空パックの場合、盛り付けたお皿のみ洗います。日頃から忙しく、時短で食事を準備したり片付けをしたりしたい方におすすめです。

また、食事を自宅まで届けてくれるので、食材の買い出しに行けないときに重宝します。さらに、栄養バランスに配慮して作られているため、手軽に健康的な食事を摂れるのも魅力です。なかには、低カロリーのメニューや、減塩・低糖質のメニューなどもラインナップされています。

宅食サービスのおすすめランキング|1人暮らし

第1位 ナッシュ(nosh)

ナッシュ(nosh)

ナッシュは、ライフスタイルに合わせて利用しやすい宅食サービス。メニューは、和・洋・中の60種類以上をラインナップしています。また、糖質は30g以下、塩分は2.5g以下に設定されているため、健康に配慮した美味しい食事を手軽に楽しめるのが魅力です。

冷凍なので日持ちしやすいほか、レンジで温めるだけですぐに食べられます。容器は、家庭の燃えるごみとして処分できるため、後片付けの手間を省けるのもポイントです。

プランは6食セット・8食セット・10食セットを用意しています。配送間隔は、1週間に1回、2週間に1回、3週間に1回から選択可能。さらに、宅配が必要のない週は、「スキップ機能」を利用できます。

専用アプリなどから都合に合わせて食数・配送日時・メニューなどを変えられるので、1人暮らしの方にもおすすめの宅食サービス。一食当たりの価格は599円(税込)〜で、配送料は814〜2,827円(税込)です。

第2位 セブンミール

セブンミール

セブン-イレブンに立ち寄ることが多い方におすすめの宅食サービス。商品は「日替わりおかず」「日替わり弁当」に加えて、パン・麺類・乳製品・デザートなど幅広くラインナップしています。特に日替わりおかずと日替わり弁当は、手軽に栄養バランスのよい食事をとりたい方にぴったりです。

商品は1つからでも注文できるのがポイント。自宅や出先近くの店舗での受け取りは、昼または夕方の時間帯に対応しています。配達時間を気にせずに外出したい方にもおすすめです。さらに、配達を実施している店舗であれば、指定した場所へ届けてくれます。

一食当たりの価格は日替わりおかず・弁当の場合、626円(税込)〜です。配送料は店舗受取りの場合無料。なお、指定場所への配送料は、合計3,000円(税抜)以上注文すれば無料になります。そのほか、セブンマイルを貯められるのも魅力。貯まったマイルはnanacoポイントや特典に交換できます。

第3位 三ツ星ファーム

三ツ星ファーム

三ツ星ファームは、栄養バランスのよい冷凍おかずを食べられる宅食サービス。一流シェフが監修しているため、本格的なメニューを楽しめます。糖質は25g以下、カロリーは350kcal以下に抑えられ、たんぱく質は15g以上に設定されているので、健康を意識した食事を摂りたい方にもおすすめです。

メニューは、和・洋・中・エスニックの50種類以上を用意しています。主食と2品の副菜が付いており、食べ応えがあるのも魅力です。

プランは、7食コース・14食コース・21食コースをラインナップ。配送頻度は、1週間に1回、2週間に1回、3週間に1回、1ヶ月に1回から選べます。一食当たりの価格は680円(税込)〜。そのほか、メニューを変更したり配送をスキップしたりなど自由にカスタマイズできるのもメリットです。

第4位 DELIPICKSサブスクリプション

DELIPICKSサブスクリプション

シェフボックスは、レストランのような本格的な味わいの冷凍弁当を楽しめる宅食サービス。メニューは一流レストラン出身のシェフが監修しており、レストランで実際に使用されている食材と調理法を用いています。約150種類のメニューをラインナップしているのもポイントです。

アンケートに答えることで、自分にぴったりの料理を提案してくれます。プランは、6食セットや8食セットの「ご飯付きプラン」と、8食セットの「おかずのみプラン」を用意しています。

ご飯付きプランは、ご飯を半分ブロッコリーに変えられるため、糖質や野菜不足が気になる方におすすめの宅食サービスです。さらに、脂質が気になる場合は、脂質30g以下のメニューも指定できます。

一食当たりの価格は557円(税込)〜で、配送料は1,089〜1,386円(税込)です。配送頻度は、毎週、2週間に1回、3週間に1回、4週間に1回から選べます。

第5位 わんまいる

わんまいる

わんまいるは、和・洋・中の飽きがこないメニューを楽しめる宅食サービス。メニューは管理栄養士が監修しています。たんぱく質・脂質・炭水化物・食物繊維・糖質・食塩相当量の栄養バランスを考えてメニューを作っているのが特徴です。

食材には、国産のモノを使用しています。メニューの構成は、主菜1品と副菜2品です。味や香りを損ないにくい冷凍技術や、食材の美味しさ引き出す真空圧力を採用しているのもポイントです。

パックに詰めているため、冷凍庫に省スペースで収納できます。収納場所をあまり確保できない1人暮らしの方にもおすすめの宅食サービス。一食当たりの価格は896円(税込)〜です。配送頻度は、1週間に1回または2週間に1回から選べます。

第6位 ミールズ(Meals)

ミールズ(Meals)

ミールズは、レシピ動画メディア「DELISH KITCHEN」がプロデュースした宅食サービス。管理栄養士がカロリー・糖質・塩分などに配慮し、必要な栄養素を摂れるようにメニューを考えています。野菜量は120g以上、食材は16品目以上を取り入れているので、バランスのよい食事を手軽に食べたい方におすすめです。

魚は骨抜きのモノを使用しているため、食べやすいのもポイント。おかずは急速冷凍しており、作り立ての美味しさを閉じ込めています。冷凍で3ヶ月以上保存できるので、ストックしておけるのもメリットです。

1セット当たりの食数は7食・10食・14食・21食で、一食当たりの価格は638円(税込)〜。配送頻度は1週間に1回、2週間に1回、3週間に1回、1ヶ月に1回から選べます。

宅食サービスのおすすめランキング|ダイエット向け

第1位 ダイエティシャン(Dietician)

ダイエティシャン(Dietician)

ダイエティシャンは、高たんぱく・低糖質の弁当が楽しめる宅食サービス。メニューは管理栄養士が監修しており、三大栄養素のバランスを考慮して作っています。また、食材と味付けが豊富で、40種類のメニューをラインナップしているのもポイントです。

プランは、ダイエット中の方におすすめの「SMALL PLAN」と、筋トレをしている方におすすめの「MEDIUM PLAN」の2種類を用意しています。目的に合わせて自分に合ったプランを選びやすいおすすめの宅食サービスです。

さらに、できたての美味しさを閉じ込められる急速凍結の機械などを導入しているのも魅力。冷凍ながら美味しい食事を実現しています。そのほか、一食当たりの価格は868円(税込)〜で、配送料は商品代金に含まれています。

第2位 マッスルデリ(Muscle Deli)

マッスルデリ(Muscle Deli)

マッスルデリは、ボディメイクやダイエットなどに取り組む方におすすめの宅食サービス。メニューには、筋肉や身体のさまざまな部位に必要なたんぱく質が豊富に含まれています。肉・魚・豆類など幅広い食材から摂取できるように食事を作っているのが特徴です。

また、食事の色味にもこだわっているため、彩りがきれいな食事を楽しめます。プランは、「女性ダイエット用」「男性ダイエット用」「増量用」「低糖質ダイエット用」の4種類を用意。自分に合ったメニューを選びやすいのがメリットです。

さらに、管理栄養士が食事の相談にのってくれるため、初めての方でも食事管理を行いやすいのが魅力。そのほか、一食当たりの価格は単品購入の場合、933円(税込)〜です。

第3位 ライザップサポートミール

ライザップサポートミール

ライザップサポートミールは、パーソナルトレーニングジムを運営する「ライザップ」が提供している宅食サービス。メニューは管理栄養士が栄養バランスに配慮して作っています。一食当たりに糖質を10g前後、タンパク質を18g以上、野菜・きのこ類を100g以上取り入れているのが特徴です。

また、メニューは和・洋・中とバラエティに富んでいるのが魅力。複数のメニューを組み合わせたプレートのアソートセットが楽しめます。さらに、肉または魚を中心としたセットも用意しているのがポイント。食数は7食と14食から選択可能です。

一食当たりの価格は882円(税込)〜。配送頻度は2週間に1回、3週間に1回、1ヶ月に1回、2ヶ月に1回、3ヶ月に1回から選べます。ライザップの食事メソッドを凝縮したおすすめの宅食サービスです。

第4位 筋肉食堂DELI

筋肉食堂DELI

筋肉食堂DELIは、美味しさと栄養バランスのよさを兼ね備える宅食サービス。すべてのメニューは、高たんぱく質・低脂質・低カロリーです。また、100種類以上のメニューのなかから、自分の目的に合わせて食事を選べます。

コースは3種類をラインナップ。「エブリデイコース」は、さまざまなメニューを楽しみたい方におすすめです。「ダイエットコース」は、低糖質で高たんぱく質なメニューを味わえます。そのほか、たんぱく質と炭水化物がしっかり摂れる「バルクアップコース」も用意しているのが魅力です。

一食当たりの価格は734円(税込)〜。食数は7食・14食・21食から、配送頻度は1〜4週間に1回から選べます。

第5位 ミールラボ(MEALLAB)

ミールラボ(MEALLAB)

ミールラボは、目的別にコースを選べる宅食サービス。「LOWFAT 7食セット」は高たんぱく質で、カロリーと脂質を低く設定したメニューです。独自製法により、もちもちした食感の玄米も味わえます。「LOWCARB 7食セット」は、味にこだわったローカーボの食事を楽しみたい方におすすめです。

「WOMENS 5食セット」は、ボディメイクに取り組む女性に適しています。一般の方からアスリートの方まで幅広く利用できるのが魅力。さらに、調理後はムラなく瞬間冷凍しているので、⾵味や⾷感を損ないにくいのがポイントです。

一食当たりの価格は843円(税込)〜。配送頻度は毎週1回、2週間に1回、3週間に1回、毎月1回から選べます。

宅食サービスのおすすめランキング|安い・コスパ重視

第1位 ヨシケイ夕食ネット

ヨシケイ夕食ネット

ヨシケイ夕食ネットは、初めての方でも気軽に始めやすい宅食サービス。管理栄養士が生活習慣病予防をふまえて監修しているため、栄養バランスのよい食事を摂れるのが特徴です。

また、メニューには摂取エネルギー量や栄養成分値、食塩相当量、アレルギー表示などを記載しているがポイント。食事内容に気を遣いたい方にもおすすめの宅食サービスです。プランには、冷凍おかずを3食セットにした「シンプルミール」を用意しています。

一食当たりの価格は376円(税込)〜、配送料は基本的に無料です。インターネットで好きなメニューを朝5時まで注文できます。さらに、置き配にも対応しているのがポイントです。

第2位 ワタミの宅食ダイレクト

ワタミの宅食ダイレクト

ワタミの宅食ダイレクトは、栄養バランスのよい冷凍惣菜を食べられる宅食サービス。メニューは、管理栄養士が塩分やカロリーに配慮して設計しています。また、できたてを急速冷凍することで美味しさを閉じ込めるほか、電子レンジで温めたときに1番美味しく感じられるように工夫を重ねているのがポイントです。

さらに、塩分に配慮しながらも、奥深い旨みを実現した独自の出汁を使っているため、豊かな味わいの食事を楽しめます。プランは、2〜5種類の惣菜セットや、低糖質の惣菜セットなどをラインナップしているのが特徴です。

一食当たりの価格は390円(税込)〜と安いので、予算を抑えて利用したい方におすすめ。購入サイクルは常に10%オフの定期コースと、好きなタイミングで買える都度購入があります。自分のライフスタイルに合わせて注文できるのがメリットです。

第3位 ベルーナグルメ

ベルーナグルメ

ベルーナグルメは、惣菜などの定期便を100コース以上も展開している宅食サービス。1つのトレーに複数のおかずを入れたお弁当タイプや、おかずを個包装したタイプなどを用意しています。自分の生活スタイルに合ったタイプを選びやすいのが魅力です。

薄い味付けから濃いめの味付けのメニューまで幅広く用意しているのもポイント。自分が美味しいと感じるメニューを見つけられます。各商品ページには塩分・カロリーを表記しているため、食事に気を遣いたい方にぴったりです。

さらに、冷凍保存だけでなく、常温保存のメニューもあります。冷蔵庫が不要なので、保管場所に悩む方にもおすすめの宅食サービスです。1食当たりの価格は389円(税込)〜、配送料は商品ごとに異なります。

第4位 まごころケア食

まごころケア食

まごころケア食は、彩りや栄養バランスがよい冷凍弁当を味わえる宅食サービス。おかずのみですが、主菜1品と副菜3品が入っており、満足感を得やすいのがポイントです。また、管理栄養士が栄養バランスを考慮して献立を作っているため、健康面が気になる方やカロリーが気になる方にもおすすめです。

コースは、5種類を用意しています。本サービスのなかでも人気が高い「健康バランス食」のほかにも、「糖質制限食」「塩分制限食」「たんぱく調整食」「カロリー調整食」があるのが特徴。冷凍弁当の数量は、7食・10食・14食・21食を選択可能です。

冷凍タイプなので、3ヶ月以上保存できるのもメリット。一食当たりの価格は502円(税込)〜で、配送料は一部地域を除いて無料です。そのほか、置き配に対応しているため、遅い時間に帰宅する方でも気軽に始められます。

第5位 ウェルネスダイニング

ウェルネスダイニング 制限食料理キット

ウェルネスダイニングは、食事制限を無理なく継続したい方におすすめの宅食サービス。管理栄養士が監修した栄養バランスのとれた冷凍おかずを届けてくれます。出汁や香辛料、調理方法にこだわることで、しっかりとした味付けに仕上げているのもポイントです。

一食当たり、主菜1品と副菜3品を味わえます。気配り宅配食のコースは5種類で、塩分・糖質などを制限したメニューや、国産の食材を中心としたメニューなどをラインナップしているのが特徴。3ヶ月保存できる冷凍タイプなので、自分のペースで食べやすいのも魅力です。

食数は7食・14食・21食から選択できます。一食当たりの価格は648円(税込)〜です。そのほか、管理栄養士が常駐しているため、食生活の相談にも対応してくれます。

第6位 ママの休食

ママの休食

ママの休食は、産前・産後のママにもおすすめの宅食サービス。冷凍弁当は、電子レンジで約5分温めるだけで食べられます。買い物や調理、献立を考える手間を減らせるため、生活にゆとりができやすいのがポイントです。

メニューは、管理栄養士や有名ホテルの元シェフなどが監修しています。栄養バランスを考慮しつつ、美味しさにもこだわっているのが魅力です。また、ライフステージに合わせて、プレママ向け・育児ママ向け・子供向けといったメニューを選べます。

食数は冷凍弁当の場合、4食・8食・12食から選択可能。一食当たりの価格は945円(税込)〜です。そのほか、管理栄養士にLINEで食事などについて相談できます。

宅食サービスのおすすめランキング|高齢者向け

第1位 メディカルフードサービス 健康うちごはん

メディカルフードサービス 健康うちごはん

ニーズに応じた豊富なメニューを展開している宅食サービス。飽きがこないように献立を工夫し、和・洋・中と幅広いジャンルの日替わりメニューを提供しています。管理栄養士と調理師が、制限食ながらも味と食感を楽しめるようにメニューを作っているのもポイントです。

コースは、「やわらか食」「ムース食」「塩分制限食」「糖質制限食」「バランス健康食」などをラインナップしています。やわらかい食感のメニューもあるので、高齢者の方でも噛んだり飲み込んだりしやすいのが魅力。また、幅広いコースのなかから、自分に合ったモノを選びたい方におすすめです。

定期コースは、週6〜14食を選べます。一食当たりの価格は定期コースの場合、694円(税込)〜。配送料は無料です。なお、初めての方や不定期で注文する方に便利な、お試しセットも用意されています。

第2位 やわらかダイニング

やわらかダイニング

やわらかダイニングは、やわらかい食感の食事を摂れる宅食サービス。できるだけ食材の形を残しながら、独自の調理法でやわらかく仕上げています。やわらかさは3段階で、一般的な硬さからムース状まで用意しているのが特徴。噛む力や飲み込む力が弱くなってきたと感じる高齢者の方におすすめです。

彩りにもこだわっているため、見た目にも楽しい食事が魅力。また、栄養バランスに配慮した、和・洋・中の豊富なメニューを作っています。新しいメニューが日々開発されているので、飽きずに味わいやすいのがメリットです。

冷凍タイプを採用しており、電子レンジで温めるだけでおかずを準備できるため、調理が苦手な方にも適しています。賞味期限は冷凍で3ヶ月以上なので、常備食としても利用可能。一食当たりの価格は694円(税込)〜です。配送料は基本770円(税込)ですが、定期コースに申し込んだ場合は385円(税込)と安くなります。

第3位 食宅便

食宅便

食宅便は、医療・福祉施設などに食事を提供している「日清医療食品」が運営する宅食サービス。美味しさにこだわりながら、栄養バランスに配慮した冷凍弁当を味わえます。

コースを豊富に展開しているのもポイント。歯茎でつぶせる硬さの食事が食べられる「やわらかい食事」や、食事バランスが気になる方に適した「おまかせコース」、一食当たり約400kcalの「カロリーケア1200」などを用意しています。高齢者の方も含め、幅広い方が利用しやすいおすすめの宅食サービスです。

おかずの品数は5品と比較的多いため、さまざまな料理を楽しめるのも魅力。一食当たりの価格は596円(税込)〜です。配送料は、都度便なら780円(税込)、定期便なら390円(税込)かかります。配送頻度は、毎週、隔週、月1回から選択可能です。

第4位 ニチレイフーズダイレクト

ニチレイフーズダイレクト

ニチレイフーズダイレクトは、冷凍食品メーカー大手の「ニチレイ」が提供する宅食サービス。栄養バランスがよい健康的なメニューや外食気分を味わえるメニュー、お酒に合うメニューなど幅広くラインアップしています。

なかでも、「気くばり御膳 やわらか」コースのメニューは、やわらかな食感に仕上げているのがポイント。食べやすさに配慮しているため、硬い食材や大きな食材が食べにくい高齢者の方も楽しく味わえます。さらに、おかずだけでなく主食付きのメニューが用意されているので、主食を準備する手間を省きたい方にもおすすめの宅食サービスです。

配送料は冷凍が800円(税込)、常温が600円(税込)とタイプによって異なります。一食当たりの価格は694円(税込)〜です。味わいのよさを重視したい方も、ぜひチェックしてみてください。

第5位 Dr.つるかめキッチン

Dr.つるかめキッチン

Dr.つるかめキッチンは、美味しさと栄養バランスを両立した宅食サービス。メニューは各分野の専門医と管理栄養士が監修しており、栄養バランスがとれています。また、美味しく味わえるように、味にもこだわっているのが特徴です。

コースは5種類で、カロリー・塩分・糖質・タンパク質を制限したメニューを食べられます。さらに、コースごとに豊富なメニューを用意しているため、飽きずに続けやすいのもポイント。硬すぎるモノや飲み込みにくいモノを入れていないので、高齢者の方も食べやすいのが魅力です。

食数は7食・14食・21食を選べます。一食当たりの価格は633円(税込)〜。制限食に物足りなさを感じる方にもおすすめの宅食サービスです。

第6位 コープ・生協のお弁当宅配

コープ・生協のお弁当宅配

コープ・生協のお弁当宅配は、日替わりのお弁当を冷蔵で届ける宅食サービス。基本のコースとしては、おかずを詰め合わせた「おかずコース」と、おかずと白ご飯をセットにした「お弁当コース」を用意しています。また、コープ・生協によっては、噛む力や飲み込む力が弱い方におすすめの「介護食」も展開しているのがポイントです。

注文サイクルは、毎週月曜日~金曜日の週5日間が基本。地域によっては、週3日間の利用にも対応しています。さらに、置き配もできるため、不在時には専用の保冷箱に入れて届けてくれるのがメリットです。

そのほか、コープ・生協によって、お弁当を届けたときの状況を離れて暮らす家族へメールで知らせるサービスを提供しています。一食当たりの価格は約500円(税込)〜です。

第7位 まごころ弁当

まごころ弁当

まごころ弁当は、常温のお弁当を毎日届けてくれる宅食サービス。お弁当は日替わりの献立で、栄養バランスや味付けなどに配慮しています。また、季節に合わせてメニューを入れ替えているのもポイントです。

お弁当は、「小町」「普通食」「糖質カロリー調整食」「たんぱく調整食」「ムース食」を用意しています。さらに、アレルギーやおかゆ、きざみ食などに無料で対応しているのも魅力。高齢者の方はもちろん、幅広い年代の方が利用しやすいおすすめの宅食サービスです。

注文数は1食から対応しています。そのほか、お弁当を届ける時間帯は、「昼食のみ」「夕食のみ」「昼食と夕食」から選択可能。一食当たりの価格は345円(税込)〜です。

第8位 食のそよ風

食のそよ風

食のそよ風は、介護事業やレストラン事業を展開してきた「SOYOKAZE」が運営する宅食サービス。美味しさを追求しつつ、管理栄養士が栄養バランスに配慮してメニューを監修しています。

プランは3種類をラインナップ。「そよ風のやさしい食感」は、歯茎でつぶせるやわらかさに仕上げています。噛む力や飲み込む力が気になる方におすすめです。「国産プレミアム」は国産食材を主原料としており、30種類のメニューを用意しています。「プチデリカ」は、低価格のおかずセットで経済的です。

一食当たりの価格は475円(税込)〜と安いのが魅力。高齢者にも適したリーズナブルな宅食サービスを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

宅食サービスの選び方

利用シーンから選ぶ

1人暮らしの方は配達タイミングや保存スペースに注意

By: nosh.jp

1人暮らしの方は、自分が無理なく受け取りできるように配達タイミングをしっかり確認しておきましょう。都合がよい日時に配送指定ができる宅食サービスを利用するのがおすすめです。なかには、置き配に対応しているサービスもあります。

また、冷凍庫や冷蔵庫に保存スペースを確保できるかもあわせてチェックしてみてください。届けられる食事の容器がどのくらいのサイズか確認しておくと安心。1度に注文する食数が多すぎると収まりきらない場合があるので、保管のことも考えて適量を購入することが大切です。

健康志向の方は、減塩・低糖質メニューのあるサービスがおすすめ

By: dietician-family.jp

多くの宅食サービスの食事は管理栄養士が監修しているため、栄養バランスがとれています。さらに、サービスによっては、減塩メニューや低糖質メニューなど制限食をラインナップしているのがポイントです。

より自分に合った健康的な食事を摂りたい方や、ダイエット中で食事に気を遣いたい方におすすめ。制限食ながら美味しさにもこだわっているメニューが多いため、楽しく続けやすいのも魅力です。

高齢者向けのやわらかい食事メニューがあるサービスも

By: wellness-dining.com

高齢者の方には、やわらかい食感に仕上げているメニューを用意した宅食サービスがおすすめ。歯茎でつぶせるようなやわらかさであれば、噛む力が弱くなってきたと感じる方でも食べやすいのがポイントです。

また、嚥下(えんげ)が難しい場合は、ムース状のメニューをラインナップしているサービスが適しています。介護食として利用したい方も、ぜひチェックしてみてください。

価格で選ぶ

By: kikubari-bento.com

宅食サービスを選ぶ際は、価格にも注目してみましょう。一食当たりの価格は、350〜1,100円(税込)前後と幅があります。また、配送料がかかる場合があるので、合わせてどのくらいの価格になるか確認しておくことが重要。予算を抑えて利用したい方は、低価格のメニューを用意したり、配送料を無料に設定したりしているサービスがおすすめです。

なかには、割引制度やポイント制度を設けているサービスもあるのが魅力。お得に利用し続けたい方に適しています。そのほか、お試し価格で始められるサービスが展開されており、気軽に始めたい場合に便利です。

主食の有無で選ぶ

宅食サービスの食事は、主食がないモノとあるモノがあります。おかずのみのタイプは、自分でご飯などの主食を用意したい方におすすめ。主食が付いていない分、価格が抑えられている傾向にあるのも魅力です。

一方、ご飯やパスタなど主食が付いているタイプは、食事を準備する手間がより省けます。自分のライフスタイルに合わせて選んでみてください。

お届け時の状態から選ぶ

長期保存をしたいなら「冷凍」

By: delishkitchen.tv/lp

冷凍タイプは、長期保存できるのが特徴。なかには、3ヶ月以上ストックしておけるメニューもあります。まとめて注文できるため、仕事などで自宅にいる時間が少なく、頻繁に配達を受け取るのが難しい方におすすめです。

また、自分の食べたいタイミングで食べられるのもメリット。宅食サービスの食事を忙しい日のみ食べたり、保存食として利用したりできます。

ただし、1度に大量のメニューを注文したときは、冷凍庫に収まりきらない場合があるのがデメリット。冷凍庫の収納スペースを考慮して、適切な食数を注文するようにしましょう。

できたての料理を楽しみたい方は「冷蔵・常温」

By: coop-takuhai.jp

冷蔵タイプは新鮮な状態を保ちつつ、冷凍タイプよりも少ない時間で温められます。常温タイプは、受け取ってからすぐに食べられるのがポイント。どちらも基本的に届いた日に食べることを想定して作られているので、保存スペースを確保する必要がないのがメリットです。

ただし、賞味期限が短いことがデメリット。作りたての美味しさを味わいたい方や、保存スペースが少ない方などにおすすめです。

配達タイミング、配達可能エリアも確認

By: muscledeli.co.jp

利用する宅食サービスを決める際は、配達のタイミングや配達可能エリアもしっかり確認しておきましょう。配達日時を指定できる場合は、自分のライフスタイルに合わせて無理なく受け取りやすいのがポイント。平日に受け取りが難しい場合は土日に、帰宅時間が遅めの場合は夜遅い時間に配達を指定できるところがおすすめです。

配達エリアは全国に対応しているところもあれば、限定しているところもあります。気になるサービスを見つけたら、まず初めに自分が住んでいる地域への配達に対応しているかチェックすることが大切です。

番外編|宅食サービスを利用する際の注意点

注文から配達までに時間がかかることも

By: nosh.jp

宅食サービスは、注文してから配達までに時間がかかる場合があります。サービスによって異なりますが、自宅に届くまで2~7日ほどかかるのが特徴。食べたい日までに届くように、日にちに余裕をもって早めに注文するのがおすすめです。

なお、利用を継続したいサービスが決まったときは定期配達を活用してみてください。都度注文する手間をはぶけるほか、配達タイミングなどを把握しやすいのがメリットです。

冷蔵庫などで保存スペースをとる

1度に注文する食数が多い場合は、冷蔵庫や冷凍庫の保存スペースを多く確保する必要があります。全て収まりきるように、注文する食数には注意するようにしましょう。省スペースで保管したい方は、サイズが小さめの容器を採用している宅食サービスを利用するのがおすすめです。

なお、サービスによっては、冷凍庫のレンタルに対応しているところも。保存スペースが足りない場合は、利用を検討してみてください。

食材・お弁当の賞味期限に注意

By: muscledeli.co.jp

宅食サービスを利用するときは、食材やお弁当の賞味期限に注意してみてください。冷蔵・常温タイプのメニューは、基本的に届いてから当日に食べるのがおすすめです。

冷凍タイプのメニューは、製造から6ヶ月~1年間ほど保存できるモノもあります。ただし、賞味期限が過ぎてしまうことがないように、保存していることを忘れないようにしましょう。常に賞味期限を把握し、無駄がないように利用することが大切です。

配送料がかかるサービスも

宅食サービスによっては、配送料がかかります。同じサービスでも、配達エリアによって送料が異なる場合があるのも注意ポイント。なかには、2,000円以上かかるサービスがあり、利用するうえで負担になる可能性があります。できるだけ価格を抑えて利用したい方は、送料が安いサービスを選ぶのがおすすめです。

なお、都度購入ではなく定期購入を選択した場合、送料が安くなることもあるのでチェックしてみてください。