自分の好きなタイミングで購入し、スマホやタブレットなどで手軽に読める「電子書籍」。最近では、さまざまな電子書籍サービスがあるので、どれを選べばよいか迷う方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめの電子書籍サービスをジャンル別にご紹介します。選び方のポイントや、メリット・デメリットなどもあわせて解説しているため、利用を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

人気の電子書籍サービス一覧・比較表

サービス

Amazon Kindle

楽天Kobo

Kindle Unlimited

コミックシーモア

eBookJapan

ブックライブ

まんが王国

DMMブックス

Amebaマンガ

BOOK☆WALKER

Renta!

楽天マガジン

dマガジン

U-NEXT

auブックパス

dブック

紀伊国屋書店ウェブストア

honto

ブック放題

めちゃコミック

ひかりTVブック
公式サイト
作品数700万冊以上400万冊以上200万冊以上137万冊以上100万冊以上100万冊以上非公開98万冊以上130万冊以上153万冊以上レンタル作品42万冊以上、購入作品102万冊以上1400誌以上1400誌以上105万冊以上120万冊以上60万冊以上約200万冊非公開6万冊以上、800誌以上非公開約21万冊
強いジャンルオールジャンルオールジャンルオールジャンル漫画・小説・ラノベ漫画漫画・小説・ラノベ漫画漫画・小説漫画・ラノベ漫画・ラノベ漫画・小説雑誌雑誌漫画・雑誌オールジャンル漫画・小説オールジャンルオールジャンル漫画・雑誌漫画漫画
購入方法購入型購入型サブスク型購入型・サブスク型購入型(一部レンタル型)購入型購入型購入型購入型購入型・サブスク型レンタル型・購入型サブスク型サブスク型購入型・サブスク型購入型・サブスク型購入型購入型購入型サブスク型購入型購入型
特徴幅広いジャンルをラインナップ楽天ポイントを貯められる&使える幅広いジャンルの電子書籍が読み放題さまざまな購入方法を展開しているPayPayポイントでの購入がお得アプリの使い勝手がよい還元率が高い成人向けの漫画も充実貯めたポイントを漫画購入時に使ったり、他サービスのポイントに交換したりできる定額で幅広い作品を楽しみたい方にもおすすめレンタルでお得に読める楽天ポイントを貯められる&使えるアプリの使い勝手に優れている動画も一緒に楽しめるPontaポイントが貯まる&使えるdポイントを貯められる&使える電子書籍に加えて、紙の本も購入できる電子書籍と紙書籍が併用できる漫画・雑誌をコスパよく読める無料で読める漫画が20万話以上あるdポイントを貯められる&使える
特典日替わりセールや月替わりセール初めての購入金額に対し、楽天ポイント70倍初回限定で30日間無料新規登録で70%オフクーポンがもらえる初回限定で6回使える70%オフクーポンをもらえる新規登録で70%オフクーポンがもらえる日替わりタイムセールなど初回限定で90%オフクーポンがもらえる新規登録した方限定で漫画100冊まで50%還元クーポンがもらえる初回購入時に半額還元 / 読み放題コースは初回限定で14日間無料会員登録することでお得な特典がもらえる初回限定で31日間無料初回限定で31日間無料31日間の無料トライアル読み放題プランは初回30日間無料初回購入は50%オフ新規会員登録で電子書籍で使える500円×2回クーポンプレゼント新規会員登録で70%OFFクーポン(値引上限2,000円)がもらえる(電子書籍のみ)初回限定で1ヶ月無料会員登録すると1日1回来店するだけで1ポイントをプレゼント
特になし

最近では、さまざまな電子書籍サービスが展開されています。サービス内容がそれぞれ異なるので、比較できるように作品数・ジャンル・購入方法・特徴・特典を表にまとめてみました。

この後では各サービスをより詳しくご紹介するので、あわせて参考にしてみてください。

SAKIDORIおすすめの電子書籍サービスはコレ!

Amazon Kindle

Amazon Kindle

Amazon Kindleは、和書・洋書ともに豊富なジャンルを楽しめる電子書籍サービス。漫画・小説・ビジネス書・ラノベ・雑誌・参考書・児童書などさまざまなジャンルが展開されています。また、歴史・暮らし・語学・スポーツ・アート・科学などの小カテゴリに細分化されているため、気になる作品を探しやすいのがポイントです。

全体の作品は700万冊以上、無料で読める作品は5万冊以上をラインナップしているのが魅力。さらに、「Kindle日替わりセール」「Kindle月替わりセール」なども提供しているので、お得に作品を楽しみたい方にもおすすめです。

端末は、スマホ・タブレット・パソコン・Kindle電子書籍リーダーに対応しています。そのほか、アプリとブラウザのどちらでも作品を読めるため、自分の使いやすいほうにあわせられるのがメリットです。

楽天Kobo

楽天Kobo

楽天Koboは、楽天ユーザーの方におすすめの電子書籍サービス。作品を購入すると、100円(税抜)ごとに楽天ポイントが1ポイント貯まります。また、貯まった楽天ポイントで作品を購入できるのも魅力です。

作品数は400万冊以上で、漫画・小説・ビジネス書・ラノベ・雑誌・洋書など幅広いジャンルを取り扱っています。なかでも、無料作品は常時数千冊をラインナップしているので、気軽に試し読みできるのがメリット。さらに、セール中の作品も展開しているため、お得に書籍を楽しめます。

利用端末は、スマホ・パソコン・タブレット・電子書籍リーダーに対応。台数制限がなく、所有しているすべての端末に同期できるので、利用シーンに応じて使い分けられます。そのほか、アプリで読めるため、事前に作品をダウンロードしておけばオフラインで楽しめるのが特徴です。

電子書籍サービスを選ぶときのポイント

読み方や購入方法

購入型

購入型の電子書籍サービスでは、読みたい作品ごとに都度課金するのが特徴。サービスによって異なるものの、1巻・1冊ごとや、シリーズごとで購入できます。

欲しい作品の分だけ支払えばよいため、無駄なく利用しやすいのがメリットです。特に電子書籍を購入する機会が少ない方や、初めて電子書籍サービスを利用する方におすすめです。

事前にポイントをチャージしてから作品を購入するサービスの場合、ポイントを余らせてしまう可能性があります。まず試しに使ってみたいときは、少額でポイントをチャージしてみてください。また、チャージするポイントによっては、プラスでポイントをもらえるのが魅力です。

レンタル型

レンタル型の電子書籍サービスでは、名前の通りインターネット上で作品を借りられます。一定のレンタル期間が終了すると、該当の電子書籍は読めなくなるのが特徴。購入するよりも価格が安い傾向にあり、経済的にサービスを利用したい方におすすめです。

また、紙の書籍レンタルとは異なり、店舗に行く手間を省けたり、送料や延滞料がかかったりしないのも魅力。ただし、レンタル期間をすぎた場合、読み返せないのがデメリットです。読み返したいときは、再度レンタルする必要があります。そのほか、人気作や新作はレンタルできなかったり、品揃えが少なかったりすることもあるので、留意しておきましょう。

サブスク・読み放題型

一定の金額で作品の読み放題ができるのが、サブスク・読み放題型の電子書籍サービスです。サービスによってラインナップしているジャンルは異なり、漫画・雑誌・小説・ラノベなどがあります。

あらかじめ読みたいジャンルが決まっている場合はそれぞれのジャンルに特化したサービス、幅広いジャンルを楽しみたい場合は電子書籍全般を展開しているサービスがおすすめ。また、読み放題の対象のラインナップを確認することも大切です。

そのほか、月額料金はサービスによって差があります。予算を考慮するほか、料金に対して満足感を得られるかをしっかりとチェックしておきましょう。

読みたいジャンルのラインナップが多いサービスを選ぶ

電子書籍サービスを選ぶときには、自分が読みたいジャンルのラインナップが多いか確認してみてください。サービスによって、漫画・小説・ラノベ・雑誌・ビジネス書などの得意なジャンルが異なります。

また、特定のジャンルによって、強みがさらに細分化されることがあるのもポイント。例えば、漫画ジャンルに強いサービスのなかでも、女性向けの漫画が多かったり、TL・BL作品が充実していたりといった場合があります。どのジャンルを中心に楽しみたいかを明確にし、自分にマッチしたサービスを利用するのがおすすめです。

セール・キャンペーン・クーポンの還元率や頻度

多くの電子書籍サービスでは、新規会員やリピーター向けにセール・キャンペーンを実施したりクーポンを発行したりしています。できるだけお得に電子書籍を読みたい方は、各サービスのセール・キャンペーン・クーポンの還元率や頻度をチェックしてみましょう。

例えば、サービスによっては初回限定の特典だけでなく、定期的に開催されるお得なキャンペーンや、通常より安く作品を楽しめる割引クーポンなどを利用できます。また、ポイントを使う場合、チャージする金額にあわせてボーナスポイントが追加されたり、作品を購入したときにポイントが還元されたりするのも魅力です。

さらに、PayPayで支払った際に、PayPayポイントが還元されるサービスもあります。電子書籍以外でポイントを使いたい方におすすめです。

機能や使用感で選ぶ

電子書籍サービスごとに、機能や使用感が異なります。作品を快適に読むためにも、どのような機能性があるのか、使用感が自分に合っているかなどを確認することが大切です。

検索機能が高いサービスは、自分が読みたい作品を探しやすいのがメリット。また、サービスによっては、拡大・しおり・マーカー・辞書などの便利なリーダー機能があるのが魅力です。さらに、ページをめくる方向や、ページのめくり方などもサービスごとに異なります。

多くのサービスで無料の電子書籍サンプルを提供しているため、本格的に利用する前に、試し読みをして使用感をチェックするのがおすすめです。

サービス終了の可能性が低いモノを選ぼう

紙の本とは違い電子書籍は手元に残るわけではないので、電子書籍サービスが終了してしまうと、購入した作品も含めて読めなくなる可能性があります。また、自分にマッチするサービスを再び探す必要がある点もデメリットです。

そのため、電子書籍サービスを選ぶときには、運営する企業がどこか、運営している年数がどれくらいかをしっかりとチェックしておきましょう。特に、サービスが終了する可能性の低い、大手企業や有名企業が運営するサービスを選ぶのがおすすめです。

電子書籍サービスのおすすめ|安く読みたい方向け

サービス

BOOK☆WALKER

Amebaマンガ

eBookJapan

DMMブックス

まんが王国
公式サイト
特典初回購入時に全作品200冊まで50%コイン還元新規登録した方限定で漫画100冊まで50%還元クーポンがもらえる初回限定で6回使える70%オフクーポンをもらえる(割引上限 合計3,000円)初回限定で90%オフクーポンがもらえる(割引上限 合計2,000円)毎日最大50%が還元される

電子書籍を安く読みたい方は、初回特典があるサービスや、キャンペーン・クーポンの提供が多いサービス、還元率の高いサービスを選ぶのがおすすめです。例えば、「BOOK☆WALKER」は、初回購入時に200冊までコインが50%還元されます。

「Amebaマンガ」「eBookJapan」「DMMブックス」は、初回特典として50〜90%オフのクーポンを配布しているのがポイント。「まんが王国」は毎日最大50%が還元されるので、継続的に安く漫画を購入したい方におすすめです。

また、それぞれのサービスでは定期的にお得なキャンペーンやクーポンを提供しているのも魅力。1社のみ使うだけでもお得に楽しめますが、複数社を組み合わせて使いこなせば、よりお得に作品を読めます。

電子書籍サービスのおすすめ|漫画が読みたい方向け

サービス

コミックシーモア

Amebaマンガ

DMMブックス
公式サイト
タイトル数19万7千件以上18万6千件以上15万7千件以上

※タイトル数を公開していないサービスは除外しています

漫画を中心に読みたい方は、ラインナップされているタイトル数をチェックしてみてください。サービス上で公開されている漫画のタイトル数が多いのは、「コミックシーモア」「Amebaマンガ」「DMMブックス」です。

また、自分が読みたいジャンルのタイトル数もあわせて確認することが大切。電子書籍サービスによっては、少年・青年・少女・女性・BL・TLのほかに、ファンタジー・アクション・SF・スポーツ・コメディーなどの詳細ジャンルにおいてもタイトル数を公開しています。

電子書籍サービスのおすすめ|小説が読みたい方向け

サービス

コミックシーモア

ブックライブ


DMMブックス
公式サイト
タイトル数11万1千件以上10万5千件以上10万3千件以上

※タイトル数を公開していないサービスは除外しています

小説をたくさん読みたい方は、特に「コミックシーモア」「DMMブックス」「ブックライブ」がおすすめです。タイトルは10〜11万件以上をラインナップしており、数多くの小説を楽しめます。

また、自分が好きなジャンルのタイトル数もあわせてチェックしてみてください。電子書籍サービスのなかには、BL小説・TL小説・官能小説のほかに、ミステリー・サスペンス・歴史・ファンタジー・ホラー・SFなどの詳細ジャンルにおいてもタイトル数を公開しているところがあります。

電子書籍サービスのおすすめ|ラノベが読みたい方向け

サービス

コミックシーモア

Amebaマンガ

ブックライブ
公式サイト
タイトル数5万7千件以上4万件以上2万件以上

※タイトル数を公開していないサービスは除外しています

ラノベを多く楽しみたい方は、特に「コミックシーモア」「Amebaマンガ」「ブックライブ」がおすすめ。タイトルは2〜5万件以上をラインナップしており、たくさんのラノベを読めます。

また、自分が読みたいジャンルのタイトル数もあわせてチェックしてみましょう。電子書籍サービスによっては、異世界・転生・悪役令嬢・恋愛・ロマンス・BL・TLなどの詳細ジャンルのタイトル数を確認できます。

電子書籍サービスのおすすめ|雑誌が読みたい方向け

サービス

楽天マガジン

dマガジン

ブック放題
公式サイト
料金プラン(税込)月額418円で、1400誌以上が読み放題月額580円で、1400誌以上が読み放題月額550円で、800誌以上が読み放題

主に雑誌を読みたい方は、手頃な価格で読み放題に対応している「楽天マガジン」「dマガジン」「ブック放題」がおすすめ。ラインナップ数は、楽天マガジンとdマガジンが1400誌以上と非常に多いのが特徴です。ブック放題は雑誌のほか漫画の取り扱いもあるため、雑誌のみで満足できない方に適しています。

どのサービスも幅広いジャンルを展開していますが、選ぶときには事前に自分が読みたい雑誌があるかチェックしておくことが大切です。そのほか、楽天マガジンは楽天ポイント、dマガジンはdポイントを貯めたり使ったりできるのも魅力。楽天経済圏やドコモ経済圏の方は、よりお得に利用できます。

電子書籍サービスのよくあるQ&A

電子書籍のメリットとデメリット

電子書籍のメリットは、好きなタイミングで購入したり読んだりできる点です。インターネット上で購入できるため、書店の営業時間などを気にする必要がありません。1つの端末で何冊もの電子書籍を所有できるので、移動中や外出先でもさまざまな作品を手軽に楽しめます。

また、収納スペースを確保する必要がなく、引っ越しするときもラクです。さらに、割引キャンペーンやポイント還元などを豊富に提供しているため、お得に作品を購入したい方にもおすすめ。そのほか、書籍が売り切れる心配がないのも魅力です。

デメリットは、書籍の貸し借りをしたり古本として売却したりできないことが挙げられます。また、紙の本よりも電子書籍の販売日が遅い場合があったり、サービスが終了すると読めなくなったりするのも注意点。さらに、端末の充電が切れると読めなくなるほか、作品をダウンロードすると端末の容量を消費してしまいます。

電子書籍を読むのに必要な端末は?

電子書籍が読める端末は、スマホ・タブレット・パソコン・電子書籍リーダーです。スマホは端末サイズが小さいので、持ち歩きやすさを重視する方におすすめ。通学・通勤などの移動中でも手軽に作品を読めます。

タブレット・パソコン・電子書籍リーダーは、大きな画面で読書したい方にぴったり。ただし、パソコンは持ち歩きしにくいモノもあるため、自宅での読書に限定される場合があります。

電子書籍リーダーはモノクロ表示のモノが多く展開されているので、カラー表示に対応していないことがある点には留意しておきましょう。なお、タブレットとは異なりメッセージ通知などが気にならないので、特に読書に集中したい方に適しています。

作品をダウンロードできる?

電子書籍サービスのなかには、作品のダウンロードに対応しているところがあります。ダウンロードすることで、インターネットに接続せずにオフラインで電子書籍を読めるのがメリットです。

通信環境に左右されないため、どこでも快適に作品を楽しめます。通学・通勤途中など外出中に読書する場合に便利。また、電子書籍を読むときにデータ通信量を消費しないのも魅力です。

ただし、端末の容量が不足しているとダウンロードできないので注意しておきましょう。利用している端末の容量に余裕があるか、あらかじめチェックしておくことが大切。なお、作品をダウンロードするときは、データ通信量を必要以上に消費しないようにWi-Fi環境下で行うのがおすすめです。

サービスによって電子書籍の値段は変わる?

電子書籍は紙の書籍とは異なり、出版社が書籍・雑誌の定価を決定し、書店で定価販売できる「著作物再販制度」の対象から除外されています。そのため、電子書籍の値段は、サービスによって変わる場合があります。読みたい作品があれば、事前に値段を確認してみてください。

なお、セールを実施したりクーポンを発行したりしているサービスを利用すれば、より安く電子書籍を購入できます。

サービスが終了したら購入した作品はどうなる?

電子書籍サービスが終了した場合の対応は、各サービスによって異なるので要チェック。例えば、ダウンロードした作品を、サービス終了後も引き続き楽しめるケースがあります。ほかにも、購入した作品やポイントを他サービスに引き継いだり、該当サービスでのみ使用できるポイントで返金したりなどの対応方法があるのも特徴です。

終了した多くのサービスは、ユーザーの不利益にならないような対応を行っていますが、サービス移行などの手間が発生する可能性もあるのがデメリット。サービス終了のリスクを避けたい方は、運営が安定している大手のサービスを選ぶようにしましょう。

アプリ版とブラウザ版の違いは?

電子書籍は、サービス専用のアプリやブラウザで読めます。それぞれの違いを把握しておくことが大切です。

アプリで読むときは、利用端末にアプリをインストールしてから、作品をダウンロードする必要があります。オフラインで読めるので、通信環境が悪い場所でも快適に読書を楽しみたい方におすすめ。また、読むときにデータ通信量の消費を気にしなくてよいのもメリットです。ただし、作品をダウンロードするときは、データ通信量や端末容量を消費するため留意しておきましょう。

ブラウザで読むときは、アプリのインストールや電子書籍のダウンロードが不要です。気軽に試し読みできるほか、端末容量を気にしなくてよいのが魅力。ただし、インターネット環境が必要なので、電波の入りにくいところではスムーズに読書できない場合があります。さらに、読書するときは常に電子書籍のデータを取得しているため、データ通信量の消費が多くなりやすいのが注意点です。

人気の電子書籍サービス19社の特徴を解説

Kindle Unlimited

Kindle Unlimited

Kindle Unlimitedは、Amazonが提供している読み放題の電子書籍サービス。漫画や小説、雑誌、実用書などさまざまなジャンルの作品を200万冊以上ラインナップしています。また、 アニメ化や映画化した作品も幅広く楽しめるのが魅力。趣味としてはもちろん、勉強目的として活用したい方にもおすすめのサービスです。

サービス内では各ジャンルなどの特集が組まれており、自分が新たに興味を持てる作品を見つけやすいのもポイント。端末は、スマホやタブレット、パソコン、Kindleの電子書籍リーダーに対応しています。

専用アプリで電子書籍をダウンロードした場合は、インターネット環境がない場所でもスムーズに読書できるのがメリット。料金は月額980円(税込)です。そのほか、初回限定で30日間の無料体験を行っているので、まず試しに使ってみたい方もチェックしてみてください。

コミックシーモア

コミックシーモア

コミックシーモアは、購入方法を選べる電子書籍サービス。購入型の場合は、クレジットカード決済・キャリア決済・ポイント決済などを選べます。

サブスク型の場合は、2つのプランを展開しています。料金は「読み放題ライト」が月額780円(税込)、「読み放題フル」が月額1,480円(税込)。予算を抑えたい方は読み放題ライト、多彩なジャンルを楽しみたい方は読み放題フルがおすすめです。

全体の作品は137万冊以上をラインナップしており、読み放題作品は7〜15万冊以上です。また、無料の漫画は約3万冊を展開しているので、手軽に試し読みできるのが魅力。作品はアプリとブラウザで読めます。そのほか、大手企業のNTTグループが15年以上も運営しているため、初めての方でも安心して利用可能です。

ブックライブ

BookLive!

ブックライブは、アプリの使い勝手が優れている電子書籍サービス。アプリの本棚では、シリーズごとに整理したり鍵を付けたりできます。また、しおりやメモなどの便利な機能があるので、リーダー画面が使いやすいのも魅力。初めて電子書籍サービスを利用する方にもおすすめです。

作品数は100万冊以上で、漫画やラノベに加えて、小説・ビジネス書・雑誌・写真集をラインナップしています。無料作品は1万冊以上を展開しているので、気になる作品を手軽に試し読みできるのがメリットです。さらに、毎日引けるクーポンガチャや、1日1回取得できる来店ポイントを提供しています。

本サービスは10年以上も運営しているため、安心して利用可能。そのほか、作品を購入するときにVポイントを使えるほか、Vポイントが貯まるのも特徴です。

eBookJapan

ebookjapan

eBookJapanは、お得に漫画を楽しめる電子書籍サービス。曜日ごとにお得なクーポンを配布していたり、安く作品を購入できるキャンペーンを実施したりしています。また、対象作品を購入することでPayPayポイントが付与されるので、PayPay決済を利用している方にもおすすめです。特に、Yahoo!プレミアム会員の方などは、還元率が上がります。

作品は、漫画を中心に100万冊以上をラインナップしているのが特徴。さらに、先行配信・オリジナル配信などの作品や、1万8千冊以上の無料で読める漫画も取り扱っています。

本サービスは基本的に購入型を採用していますが、一部の漫画をレンタル可能です。そのほか、ブラウザだけでなくアプリでも作品を読めるため、事前にダウンロードしておけばインターネット環境が悪い場所でも楽しめます。

まんが王国

まんが王国

まんが王国は、ポイントを購入したり使ったりすることで、お得に楽しめる電子書籍サービス。ポイントの購入金額、または期間中の累計使用ポイントに応じてポイントが還元されます。毎日最大50%も還元されるので、特にまとめ買いをしたい方におすすめです。

また、日替わりのタイムセールや、安く購入できるクーポンも提供しているため、気になる漫画を手軽に楽しめます。無料の漫画は、1万冊以上をラインナップ。期間限定で無料の作品や、1冊丸ごと無料の作品などを読めるため、自分好みの漫画を見つけやすいのが魅力です。

そのほか、本サービスは2種類のポイント購入方法を用意しています。ポイントを都度購入する「ポイント追加」と、ボーナスポイントをもらえる「月額コース」を選べるのが特徴です。

DMMブックス

DMMブックス

DMMブックスは、DMM.comが提供している電子書籍サービス。作品数は98万冊以上で、漫画・雑誌・小説・ビジネス書・写真集など幅広いジャンルをラインナップしています。また、成人向けの漫画も充実しているのが特徴です。

なかには、本サービスでのみ楽しめるオリジナル作品も配信しています。無料作品は名作から新作まで3万7千冊以上を取り扱っており、気軽に読み始められるのがメリット。さらに、縦スクロールかつフルカラーで楽しめる漫画「GIGATOON作品」も展開されています。スマホで漫画を読む機会が多い方にもおすすめです。

本棚機能では鍵機能を利用できるため、成人向けコンテンツなどを見えないように整理できます。そのほか、支払いにDMMポイントを使えるので、DMMグループのサービスをよく利用する方もぜひチェックしてみてください。

Amebaマンガ

Amebaマンガ

Amebaマンガは、国内外の900社以上が提供する名作や新作も楽しめる電子書籍サービス。漫画のほかにも、ラノベ・小説・ビジネス書・雑誌などを含めて130万冊以上をラインナップしています。また、毎日更新される1万冊以上の無料漫画を楽しめるのが特徴です。

漫画を購入することで、「マンガポイント」を貯められるのも魅力。貯まったポイントは作品を購入するときに使えるほか、Amazonギフトカードやdポイントなど50種類以上の国内主要ポイントと交換できます。他サービスとあわせてお得に利用したい方にもおすすめです。

さらに、毎月さまざまなクーポンを提供したり、キャンペーンを実施したりしています。作品は、アプリとブラウザのどちらでも読むことが可能。そのほか、欲しい分のみ購入できるコインチャージや、お得にコインをもらえる月額プランを用意しています。

BOOK☆WALKER

BOOK☆WALKER

BOOK☆WALKERは、KADOKAWAのグループ会社であるブックウォーカーが運営している電子書籍サービス。KADOKAWAに加えて、講談社・集英社・小学館など1400社以上の出版社の電子書籍をラインナップしています。作品は153万冊以上を取り扱っており、アニメや映画、ドラマ化された人気作も楽しめるのが魅力です。

購入方法は、購入型とサブスク型を用意しています。読み放題プランは、漫画と雑誌を読める「読み放題 マンガコース」と、幅広いジャンルを楽しめる「読み放題 MAXコース」の2種類です。料金は月額836〜1,100円(税込)。人気シリーズ全巻を一気に読みたい方にもおすすめです。

さらに、お得なセールやキャンペーンを実施しているので、自分好みの作品を手頃な価格で購入できます。そのほか、デジタルメッセージぺーバーや書き下ろしショートストーリーなど、本サービスのみの購入特典も提供しているのがポイントです。

Renta!

Renta! は、レンタルでお得に読みたい方におすすめの電子書籍サービス。レンタル期間は48時間です。1話10ポイントから購入できるので、気になっている漫画を安い価格で楽しめます。また、購入型にも対応しており、レンタル作品を読んで気に入ったら差額で購入できるのがメリットです。

レンタル作品は42万冊以上、購入作品は102万冊以上を展開しています。少女漫画・少年漫画・青年漫画といったジャンル以外にも、学園・コメディといった詳細ジャンルや、オフィス・同居といった属性ジャンルなど細かく分類されているのが特徴。自分好みの作品をラクに探せます。

そのほか、会員登録することでお得な特典をもらえるのが魅力。会員ランク特典で購入するたびに還元されるほか、独自のスタンプを貯めることで購入ポイントに交換できます。

楽天マガジン

楽天マガジン

楽天マガジンは、安く雑誌を読みたい方におすすめの電子書籍サービス。ファッション・ライフスタイル・グルメ・トラベル・スポーツ・アウトドアガジェット・経済・インテリアなど、多彩なジャンルの雑誌を好きなだけ読めます。雑誌は1400誌以上ラインナップしており、最新号とバックナンバーを楽しめるのも特徴です。

また、アプリには便利な機能が付いています。お気に入り記事を登録する「ふせん機能」を使うことで、再度読みたいときにすぐアクセスできるのがメリット。キーワード検索したときは、関連記事が掲載された雑誌が一覧で表示されるので、簡単に情報を集められます。気になる話題や人物、場所などを調べたいときに便利です。

さらに、楽天ポイントを貯めたり支払いに使ったりできるため、特に楽天ユーザーの方におすすめのサービス。料金は月額418円(税込)または年額3,960円(税込)です。

dマガジン

dマガジン

dマガジンは、1400誌以上の雑誌を提供している電子書籍サービス。最新号はもちろん、バックナンバーを含んだ3300冊以上の雑誌を定額で読み放題できるのが魅力です。総合週刊誌や女性・男性ファッション誌、ライフスタイル誌など、幅広いジャンルを取り扱っています。

また、アプリの使い勝手に優れているのもメリット。小さな文字・画像を拡大したり、一覧ボタンを使って雑誌全体を見ながら読みたい記事を探したりできます。さらに、検索の機能性も高く、記事単位で欲しい情報を得られるのがポイントです。

利用端末はスマホ・タブレット・パソコンに対応しており、通学・通勤中はスマホ、在宅時はタブレット・パソコンといったように利用シーンによって使い分けられます。料金は月額580円(税込)なので、コスパよく雑誌を楽しみたい方におすすめです。

U-NEXT

U-NEXT

U-NEXTは、電子書籍と動画コンテンツを配信しているサービス。105万冊以上の漫画・書籍・ラノベをラインナップしています。無料漫画は、5万話以上を展開しているのが特徴。また、読み放題対象の雑誌は190誌以上で、女性・男性ファッション誌・グルメ雑誌・旅行雑誌・スポーツ誌・ビジネス誌など幅広いジャンルを取り扱っているのが魅力です。

本サービスで利用できる1,200円分のポイントを毎月受け取れるのもメリット。漫画の購入や最新映画のレンタルで使えるため、お得に作品を楽しめます。なお、ポイントは最大90日まで有効なので、自分の好きなタイミングで利用可能です。

そのほか、スマホアプリに作品をダウンロードしておけば、データ通信量を消費せず、好きな場所で書籍や動画を快適に楽しめます。サブスクを利用する場合の料金は、月額2,189円(税込)。1つのサービスで、書籍と動画を楽しみたい方におすすめです。

auブックパス

auブックパス

auブックパスは、KDDIが提供している電子書籍サービス。漫画・小説・ビジネス書・ラノベ・雑誌など、さまざまなジャンルの作品を120万冊以上展開しています。また、会員登録をせずに無料で読める漫画がラインナップされているので、気になる作品をすぐに楽しめるのが特徴です。

本サービスは、購入型とサブスク型を採用。読み放題プランは、「総合コース」「マガジンコース」を用意しています。総合コースは、漫画・小説・実用書・雑誌が読み放題で、月額618円(税込)。マガジンコースは300誌以上の雑誌が読み放題で、月額418円(税込)です。

さらに、Pontaポイントを貯めたり使ったりできるほか、お得に購入できるクーポンを配布しています。Pontaポイントを利用する機会が多い方にもおすすめのサービスです。

dブック

dブック

dブックは、NTTドコモが運営している電子書籍サービス。漫画・小説・ラノベ・ビジネス書・雑誌など、幅広いジャンルの作品を60万冊以上取り扱っています。また、最大3千冊の無料漫画がラインナップされているので、手軽に試し読みできるのが特徴です。

本サービスでは、dポイントを貯めたり使ったりできるのも魅力。毎月10日・20日・30日には、dポイントが20%還元されるキャンペーンなどを実施しています。特に、dポイントを使う方におすすめのサービスです。さらに、お得なクーポンも配布しています。

そのほか、端末はスマホやタブレットなどに対応しているのがメリット。外出中はスマホで、在宅中はタブレットで読書するといったように利用シーンに応じて使い分けられます。

紀伊國屋書店ウェブストア

紀伊國屋書店ウェブストア

紀伊國屋書店ウェブストアは、国内の大型書店「紀伊國屋書店」が提供している電子書籍サービス。漫画・小説・ビジネス書・ラノベ・写真集など幅広いジャンルの電子書籍をラインナップしています。なかには、無料で読める作品も用意されているのが特徴です。

また、紙の書籍を同じストアで購入できるのもメリット。指定の実店舗が対応している場合は取り置きできるため、読みたい作品が在庫切れで購入できないといったリスクを減らせます。利用シーンに応じて、電子書籍と紙の本を使い分けたい方にもおすすめのサービスです。

さらに、作品を購入すると、100円(税抜)ごとに1ポイントが貯まります。お得なポイントキャンペーンが実施されているときは、より多くのポイントが付くのも魅力。1ポイントあたり1円として使えます。

honto

honto

hontoは、書店や本の通販サイト、電子書籍ストアがひとつになったサービス。丸善・ジュンク堂・文教堂といった大型書店と連携しているので、電子書籍だけでなく紙の本も購入できます。作品のジャンルによって使い分けたい方や、好きな作品は電子書籍と紙の本をどちらも所有したい方におすすめです。

ジャンルは、漫画・小説・実用書・雑誌など幅広いのが特徴。また、話題作も含めた無料作品がラインナップされています。さらに、ネットストア別・書店別のランキングや、専門家がおすすめの作品を紹介するコーナーなどがあるため、自分好みの作品を見つけやすいのが魅力です。

本サービスでは、電子書籍ストア・本の通販ストア・実店舗で共通するポイントを貯めたり使ったりできます。そのほか、安く購入できるクーポンやキャンペーンも提供しているのがメリットです。

ブック放題

ブック放題

ブック放題は、漫画と雑誌をコスパよく楽しみたい方におすすめの電子書籍サービス。漫画は6万冊以上、漫画雑誌は100誌以上、雑誌は800誌以上が読み放題です。漫画は、少年・青年・少女・女性・TL・BL・ハーレクインなど幅広くラインナップしています。

また、雑誌も週刊誌・ファッション誌・実話誌・ビジネス誌・旅行誌などさまざまなジャンルを楽しめるのが魅力。新刊だけでなく、バックナンバーも読み放題です。

端末はスマホ・タブレット・パソコンを利用できます。同時接続はアプリなら5台まで、ブラウザなら1台まで対応しているのがポイント。そのほか、事前に作品をダウンロードしておけば、オフライン環境で読めます。料金は月額550円(税込)です。

めちゃコミック

めちゃコミック

漫画を中心に展開しているスマホ・タブレット・パソコン向けの電子書籍サービス。人気作品や定番作品に加えて、本サービスのみで読めるオリジナル漫画も多数ラインナップしています。また、無料で読める話数は20万話以上で、気軽に試し読みできるのが魅力です。

漫画のレビュー数は861万件以上あるため、読む前にどのような漫画なのかが把握できます。自分にあった作品を見つけやすいのがおすすめのポイント。購入した漫画は、対象の作品であれば退会後も無期限で読めるのも魅力です。

作品の読み方は、タップ読み・縦スクロール読みから選べます。本サービスはあらかじめポイントをチャージしてから作品を購入する仕様で、月額コースまたはポイントプラスを選択可能。月額コースの場合は、購入額によって毎月ボーナスポイントがもらえるのでお得です。

ひかりTVブック

ひかりTVブック

ひかりTVブックは、NTTドコモが提供している電子書籍サービス。漫画や小説、ラノベなどを含む約21万冊の作品をラインナップしています。また、オリジナルのBLコミックレーベル「ピリカピリカ」を展開しており、特にBL作品に力を入れているのが特徴。王道のBL漫画を楽しみたい方にもおすすめのサービスです。

さらに、無料作品も提供しているので、気になった作品をお得に楽しめます。本サービスは、dポイントを貯めたり使ったりできるのもメリット。貯まったポイントは、1ポイントにつき1円で利用可能です。

なお、本サービスはアプリとブラウザで読めます。アプリの本棚機能を利用すれば、たくさんの作品を一括で管理可能。ブラウザを利用する場合は、すぐに読書を楽しめるのが魅力です。