お気軽に読書が楽しめる電子書籍

スマートフォンやタブレット、Kindleなどの電子書籍端末で、読書を楽しんでいる方も多いですよね。

電子書籍のいいところは、お手軽なところ。

本を持っていなくても、スマートフォンやタブレットがあれば、どこでも読書ができます。クラウド連携を活用すれば、端末を問わずに読書が楽しめますね。

今回は、そんな電子書籍を簡単に作ることができるウェブサービス、Liberioをご紹介します。読むだけでもお手軽なのですが、Liberioを使えば、電子書籍の制作もお手軽にできますね。

3つのステップで電子書籍を簡単につくろう

電子書籍をお手軽につくることのできるウェブサービス、Liberio。早速、その使い方を見ていきましょう。

ステップ1.文章をつくる

まずは、Google Drive上で、文章を制作しましょう。

Google Drive、とても便利ですよね。もちろん、Wordファイルにも対応しています。

しっかりと内容を練って、文章を制作していきましょう!

ステップ2.Liberioにインポート

文章が完成したら、制作した文書をLiberioにインポートしましょう。

LiberioはGoogle Driveの仕様に対応しているので、Google Driveで制作した文章を、そのままインポートすることが可能です。フォーマット、フォント、画像も、そのまま取り込むことができます。

文章のインポートと同時に、ブックカバーの割り付けも行います。Liberioの無料テンプレートもあるので、オリジナルのブックカバー素材がなければそちらを使いましょう。

ステップ3.電子書籍を公開

それでは最後のステップ、電子書籍の公開です。

Liberioで制作した電子書籍は、標準規格であるEPUBに準拠しています。そのため、AmazonやGoogle Play Books、iBooks Storeなどの大手電子書籍ストアでの公開もできますね。

またLiberioは、SNSへの共有機能も備えています。たとえば制作した電子書籍は、TwitterやFacebook、Googleプラスへシェアすることができます。