香り・うま味・苦味・渋味のバランスを楽しめる日本茶。日本茶は、栽培方法や加工方法によって、さまざまな種類に分類されます。急須で楽しむ茶葉タイプや手軽に楽しめるティーバッグ、粉末タイプなど用途に合わせて選べるのもポイント。使い切りの個包装タイプや業務量タイプも展開されています。

そこで今回は、さまざまな種類の日本茶をご紹介。お気に入りの商品を選ぶ際の参考にしてみてください。

日本茶とは?

By: amazon.co.jp

日本茶は、日本で作られるお茶の総称です。茶葉の加工方法は大きく分けて、蒸し・炒りの2種類があります。また、日本茶は蒸して作る緑茶を示すことが一般的です。茶葉を蒸したり炒ったりして加熱し、発酵を止めることを「不発酵茶」ともいいます。発酵を止めると、茶葉やお茶の鮮やかな緑色が出るのがポイントです。

日本茶は、産地や品種の違いによって、異なる味や香りを楽しめるのも魅力のひとつ。同じ茶葉でも、育て方や仕上げ加工の違いによって、味や香りに変化が出ます。おいしく飲むには、日本茶の特徴をうまく引き出すことが大切です。日本茶の種類に合わせて、お湯の温度や浸出時間を調節してみてください。

香りを楽しみたいとき、うま味を堪能したいとき、鮮やかな緑色を楽しみたいときなど、気分やシーンに合わせて日本茶を使い分けるのもおすすめです。

日本茶の選び方

種類をチェック

煎茶

By: gion-kitagwahanbee.com

煎茶は日本で最も流通している日本茶です。水色が薄く透き通っているのが特徴で、さわやかな香りとうま味・甘味・渋味が堪能できます。

煎茶は、普通煎茶と深蒸し煎茶の2種類。普通煎茶は、蒸し時間が標準のごく一般的な煎茶です。深蒸し煎茶は、蒸し時間が普通煎茶の2〜3倍長く蒸して作られます。長く蒸すことで渋味を抑えられるので、まろやかで濃い味を楽しみたい方におすすめです。

お湯の温度は上級茶で70℃、中級煎茶で80〜90℃くらいが適温とされています。

ほうじ茶

By: amazon.co.jp

ほうじ茶は、火入れ工程で番茶や煎茶を強火で炒った日本茶です。香ばしい香りと、透き通った茶色の水色が特徴。強火で焙じることで、ほうじ茶の香ばしい香りが引き出されます。

ほうじ茶のおいしい淹れ方は、沸騰したお湯を一気に入れ、30秒ほど浸出。高温で入れても渋味が出にくく、香り高い味わいを楽しめます。

カフェインが少ないことも魅力のひとつです。小さい子供やお年寄りも飲みやすい日本茶です。

玄米茶

玄米茶は番茶や煎茶に玄米を混ぜた日本茶です。水に浸した後に蒸した白米をきつね色になるまで炒り、茶葉と一緒に混ぜて作ります。玄米の香ばしさと、緑茶のさわやかさを両方楽しめるのが魅力です。

玄米茶は玄米と茶葉を1:1の割合で混ぜているものが一般的。ただし、このほかにも玄米の多いものや茶葉の多いものなど、さまざまな商品が販売されています。玄米を加えることで1杯あたりの茶葉の使用量が減るため、カフェイン摂取を抑えたい方にもぴったりです。

玄米茶のよさを最大限に引き出すには、沸騰したての熱湯で淹れるのがおすすめ。抽出時間は30秒程度と短めにすることで、豊かな香りとさっぱりとした味わいを存分に楽しめます。

玉露・冠(かぶせ)茶

By: amazon.co.jp

玉露茶と茶葉が深い緑色をした高品質の日本茶。新芽が出たときに一定期間日光を遮って作られ、うま味の強いまろやかな味が特徴です。茶園に覆いをする一手間を加えるため、価格は相対的に高く、高級な日本茶として知られています。玉露茶に適したお湯の温度は50〜60℃です。

玉露茶のように、摘採前の一定期間、茶園に覆いをかける栽培方法のことを被覆栽培といいます。同じく被覆栽培をしているのが、かぶせ茶。やや青みのある鮮やかな緑色をした日本茶で、煎茶に比べて苦味が少なく、うま味があり飲みやすいのが魅力です。

かぶせ茶は、60℃程度の低めの温度で1分半〜2分じっくり抽出してみてください。うま味・甘味が引き立ちます。苦味・渋味も楽しみたいなら、80℃程度の高めの温度で1分程度抽出する淹れ方がおすすめです。

淹れ方のタイプをチェック

茶葉タイプ

By: gion-kitagwahanbee.com

茶葉タイプは、急須で淹れるタイプの日本茶です。香りを保つために、気密性の高い茶筒やチャック付きのパックで保存します。開封前は冷蔵庫または冷凍庫に保管。開封後は光・湿気・酸素・温度・においに注意しながら常温保管するのがおすすめです。

急須を使って淹れるので、ティーバッグタイプや粉末タイプに比べて手間がかかります。茶葉の量や浸出時間などを自分の好みに合わせて楽しめるのが、茶葉タイプの魅力。自分好みの日本茶を淹れたい方や、こだわりがある方におすすめです。

ティーバッグタイプ

By: rakuten.co.jp

ティーバッグタイプは、日本茶の葉や抽出物が入った手軽なアイテム。1杯分、または2〜3杯分にあらかじめ計量されているため、急須を使わず手軽に日本茶を楽しめます。お湯にも水出しにも対応しているモノが多く、季節を問わずに使えて便利です。

一般的なティーバッグは四角、もしくは角ばった形をしています。なかでも、テトラパックや三角錐のティーバッグが人気。テトラパックは通常の平バッグと比べて抽出面が多く、中で茶葉が踊るため、茶葉本来の味が出やすいのが特徴です。

保存方法は、空気に触れない容器に入れて3〜5℃で保存するのがおすすめ。一度開封したものを冷蔵庫に入れると、冷蔵庫内のにおいを吸収しやすいのが懸念点です。茶筒などに入れて湿気から守り、冷蔵庫で保存してみてください。

粉末タイプ

粉末タイプの日本茶は、大きく分けて2種類。茶葉をそのまま微粉末にした「粉末茶」と、一度抽出したお茶をスプレードライ製法で顆粒・粉末化した「インスタント茶」です。

粉末茶は、日本茶の栄養を余すことなく飲めるのが魅力。微粉末のため、水でもほぼ溶けますが、茶葉に含まれる食物繊維が残る可能性があります。また、粉末の煎茶は湿気に弱く、風味が落ちやすいのが懸念点。使用頻度に合わせて、使い切れるサイズを選ぶのがおすすめです。

インスタント茶は、冷水でも溶けやすく冷温共通タイプが多いのがポイント。スティックタイプとよばれる分包タイプと大容量タイプがあります。長期保存が可能で、賞味期限も長いのがメリットです。

粉末タイプはそのままお茶として飲むだけでなく、さまざまな料理に使えるのも特徴。ロールケーキやティラミスなど、アイディア次第で料理のバリエーションが広がります。

産地をチェック

By: amazon.co.jp

日本茶は東北から沖縄まで広く生産されています。それぞれの気候や土壌を活かし、時期や製法も異なるのがポイント。産地による味や香りの違いも、日本茶の楽しみ方のひとつです。なかでも、静岡・宇治・狭山は「日本三大茶」と呼ばれています。さまざまな日本茶が生産されている、お茶の名産地です。

ほかにも、全国2位の生産量を誇る鹿児島県のかごしま茶は、すっきりとした味わいが特徴。全国茶品評会の蒸し製玉緑茶で5年連続1位を獲得した佐賀県や長崎県の嬉野(うれしの)茶は、まろやかな甘みが人気です。

日本茶のおすすめ|茶葉タイプ

荒畑園 かぶがぶ飲める静岡深むし茶

6月摘みの二番茶を使用した、静岡県牧之原台地の日本茶です。豊かな大地で育てられた茶葉を使用しています。荒茶からでる粉や茎などを除き、お茶の葉だけを選別した本茶。渋めの日本茶が好きな方におすすめです。

本商品は深むし製法を採用。通常の煎茶の3〜4倍長く茶葉を蒸しており、まろやかな味わいときれいな緑色を楽しめます。茶葉が溶け出すため、高めの温度ですぐにおいしいお茶を楽しめるのもポイントのひとつ。90℃前後のお湯で急須にお湯を入れたら、10〜20秒で飲めるため、急な来客対応にも便利です。

・1袋

・3袋セット

祇園 北川半兵衛 煎茶

すっきりとした渋味とうま味が特徴の日本の食事に合わせやすい煎茶です。宇治創業150年の歴史を継承する茶師が毎年摘み取られる茶葉を厳選し、ブレンドしています。水出しも可能で、季節問わず楽しめる茶葉タイプの日本茶です。

本商品は、全国茶品評会で何度も最高賞を獲得している北川半兵衛の日本茶。茶葉は北川半兵衛商店と契約栽培農家から仕入れています。用途に合わせて250gと100gの茶葉・ティーバッグ100gが用意されているのもポイント。苦味のない上質な味わいは、来客用にもぴったりです。

一保堂茶舗 極上ほうじ茶

香り高く穏やかなうま味が特徴のほうじ茶。良質な茶葉を厳選し、複数の茶葉を組み合わせてひとつの銘柄に仕立てたハウスブレンドの日本茶です。京都府・奈良県・滋賀県の県境の山間部で栽培された茶葉が中心。日々の手入れから茶摘みまで、丁寧に人の手によって作業されています。

カフェインも少なく、夜に飲むお茶としてもおすすめ。ほのかに感じる苦味とうま味は、タブレットチョコと好相性です。香り豊かな日本茶を楽しむために、100℃の熱湯を使用するのがおすすめ。お湯を注ぎ始めてから30秒後に抽出すると、香りが際立ちます。

祇園辻利 玉露 瑞雲

ふくよかな香りと、まろやかなうま味や甘みが特徴の高品質の玉露茶です。とろみと艶を感じるほどの味わいが特徴。茶園に覆いを被せて育てた新芽を使用した日本茶です。丁寧に蒸して揉みながら、乾燥させて茶葉を作り上げています。その茶葉のなかから合組と呼ばれる調合をし、味を調整しているのがポイントです。

本商品は48gと96gの2サイズ展開。値段は少し高めですが、高級感を感じる包みは大切な方へのギフトや、自分へのご褒美にぴったりです。低温の50〜60℃でじっくりと丁寧に淹れることで玉露本来の味を楽しめます。夏は水出し玉露もおすすめ。玉露のうま味をじっくり引き出し、雑味のない贅沢な味わいを堪能できます。

JAかごしま茶業 ちらん茶畑午後3時

深い味わいが楽しめる、鹿児島県産の日本茶です。昔ながらの製造方法で作っています。一般的な煎茶は粉や茎を除いて製造しますが、本商品はあえてそのまま活かしているのが特徴。緑茶本来の香りとバランスのとれたうま味を楽しめます。

荒茶から厳選した茶葉をブレンドし、丁寧に焙煎しているのもポイントです。茶葉は緑豊かな薩摩の知覧で育てられたモノを使用。知覧は日照のよさと涼しい風が特徴のお茶の産地です。容量は300gでコストパフォーマンスが高く、毎日の食事のお供にもぴったりの日本茶です。

佐次本製茶 深蒸し ほんのり甘口 かぶせ茶

静岡県掛川市の深蒸し製法で作られた日本茶です。まろやかな甘さと鮮やかな緑色が楽しめます。まろやかでコクのある甘みなので、お茶の渋味が苦手な方にも適しています。

深蒸し茶は、お湯の温度や時間を気にせず、簡単においしいお茶を淹れられるのも魅力。1袋80gと内容量はやや少な目ですが、2煎目以降もおいしくいただけて経済的です。

パッケージは真空パックを採用しているので新鮮さをキープし保管できるのもメリット。飲む際は、70℃前後のお湯で1分ほど浸出するとよりおいしくいただけます。

・1袋

・3袋セット

大井川茶園 茶工場のまかないほうじ茶

昔から茶工場で食事のお茶として愛飲されているほうじ茶。ほのかな甘みを感じるうま味に、ほうじ茶独特の香りが特徴です。秋摘み茶番の焙煎した香りを引き立てるため強火で仕上げているので、香ばしさとさっぱりとした後味が特徴。静岡県牧之原産の茶葉を使用しています。

本商品は大容量の300g。毎日日本茶を飲みたい方に適しています。賞味期限は製造日から12か月です。ほうじ茶はタンニンやカフェインが少なく、刺激性も少ないのが特徴。子供や年配の方など、カフェインを控えたい方にぴったりです。

日本茶のおすすめ|ティーバッグタイプ

伊藤園 お~いお茶 プレミアムティーバッグ 宇治抹茶入り玄米茶

こんがりと炒り上げた国産のうるち米を使用した、ティーバックタイプの日本茶です。すっきりとした香り高い緑茶に、宇治抹茶をブレンド。急須で淹れた味わいが手軽に楽しめるのが魅力です。

ティーバッグには、茶葉が広がる三角ナイロンバッグを採用しています。伊藤園独自のティーバック加工技術により、使いやすい紐の長さも特徴です。ティーバッグ1個につき、2杯分楽しめます。

お気に入りのマグカップにお湯を注いだり、マイボトルに水と氷、ティーバッグを入れたりと、冷温両方で使用可能。密封性に優れた袋で個包装されているため、持ち運びにも便利です。

中根製茶 茶つみの里 抹茶入り 深蒸し掛川茶

深蒸し茶の名産地である静岡県掛川市で作られる日本茶です。掛川市は、気候や雨量など茶栽培の条件が揃っています。本商品は、お茶づくりに丹誠を込める生産農家によって作り上げた茶葉を使用しているのがポイントです。

摘み取られた茶葉は、伝統の技術と最新の技術で荒茶に加工され、熟練の茶師たちによってブレンド。苦味が少なく、まろやかでコクのある味わいを楽しめます。

本商品は、大容量の1袋100個入り。1パックあたりのコストパフォーマンスも高く、経済的です。また、抽出性のよい三角テトラ型のティーバックを採用しています。立体的なピラミッド形状で、抽出の際に茶葉が踊る空間面積が大きいのが特徴。茶葉のうま味をあますことなく楽しめます。

温冷どちらも楽しめるのも魅力のひとつ。お湯の温度は85℃前後にし、抽出目安は30秒〜1分がおすすめです。水出しの場合は、水につけて冷蔵庫で3〜5時間じっくり抽出してみてください。急須でもマイボトルでも日本茶を楽しめます。

・1袋

・5袋セット

ティーライフ(TeaLife) 抹茶入り 濃いまかない茶 ほうじ茶ブレンド

静岡県産緑茶・国産抹茶・静岡県産ほうじ茶をブレンドした日本茶です。まかない茶は、お茶を深く蒸すときにでる茶葉の茎と表皮で作られています。製茶の仕上げ工程でわずかしかできない希少なモノです。市場に出回らず、お茶屋さんがこっそり飲んでいたとされるお茶を商品化しています。

ティーバッグは、トウモロコシから作るフィルターを採用。お湯で溶けない、植物性の天然素材を使用しています。本商品は大容量の100個入り。温冷どちらでもお茶を楽しめます。

古賀製茶本舗 玉露入り八女茶 ティーバッグ

玉露が入っておりコクのある味わいが特徴の、古賀製茶本舗を代表する玉露茶です。福岡県八女市で栽培された茶葉を使用しています。八乙女市の気候や茶園の土地は上質な茶葉の生産にぴったりの環境です。

本商品は自然が育んだ豊かな香りと甘みが特徴。直射日光を遮った畑で育てられ、うま味を多く含みます。内容量は5gのティーバッグが15個入ったモノと50個入ったモノがあり、大容量サイズは人気の定番商品。高級品とされる玉露茶を気軽に楽しめます。水出しも可能のため、夏に冷たい玉露もおすすめです。

・1袋

・2袋セット

荒畑園 望 銀印 ティーバッグ

急須で淹れたような味わいが楽しめるティーバッグタイプの日本茶です。うま味・甘味・上品な香りが特徴。本商品は、お茶の品質を左右するうま味が豊富な荒茶だけを使用しています。静岡県の食のブランドである「静岡セレクション」に認定され、地域が一丸となって育てているブランドです。

また、厳しい審査基準をクリアしたものだけが「望 銀印」として認証されます。独自の検査基準を設け、おいしさと品質を保っているのがポイント。使用されている茶葉は被覆茶です。玉露に似た上品な香り・美しい緑色・独特の風味などに加え、まろやかで濃い味わいが楽しめます。

ティーバッグは三角バッグを採用。うま味や風味を損なうことなく抽出され、使い終わったら捨てるだけで、茶殻も出ません。さらに、保存にも便利なチャック付きのパッケージなので、茶葉の鮮度を保ち、新鮮なお茶をいつでも楽しめます。

宮崎茶房 釜火仕上げ 有機ほうじ茶

全国でも珍しい、茶葉を炒って製茶する「釜炒り茶」のほうじ茶です。澄んだ黄金色で蒸し緑茶より渋味・苦味が出にくく香りの高さが特徴。茎茶を強火でじっくり焙煎しているので、香ばしく仕上がっています。

香りがよく、すっきりとした味わいはご飯とも好相性。ティーバッグタイプで、カフェインの少ないほうじ茶を手軽に楽しめるのも魅力です。ティーポットに1袋を入れ、沸かしたての熱湯を注ぎ30秒ほどでおいしくいただけます。

・1袋

・3袋セット

日本茶のおすすめ|粉末タイプ

宇治の露製茶 伊右衛門 抹茶入りインスタント緑茶スティック

国産茶葉を使用したスティックタイプの緑茶です。急須で入れたお茶の味わいを、手軽に楽しめます。冷水でも溶けやすいのがポイント。夏場でも冷たい日本茶を堪能できます。

うま味のあるかぶせ茶・緑さわやかな煎茶・ふくよかな抹茶をブレンドし、コクのある味わいが特徴。1袋に1杯分の日本茶が入っているため、新鮮なお茶が楽しめます。1袋ずつ賞味期限が記載されているため、管理もしやすく便利です。

本商品は0.8g×120本と30本の分包タイプと、使用する分だけ取り出しやすい袋タイプが展開されています。使用用途や頻度に合わせて選びやすいのも魅力のひとつです。

共栄製茶 森半 どこでも抹茶 宇治抹茶スティック

茶葉がまるごと入っていると謳われるスティックタイプの日本茶。お湯でも冷水でも、スプーンでまぜるだけで簡単に抹茶が楽しめます。

スティックタイプで小分けされているので、外出先やアウトドアシーンでも活躍。お弁当のお供にもぴったりです。ミルクや豆乳と混ぜれば抹茶オーレや抹茶グリーンティー、抹茶味のスムージーなど、アレンジレシピも楽しめます。茶せんを使って本格的に抹茶をたてるのにもおすすめです。

ほんぢ園(Honjien tea) 鹿児島県産 粉末緑茶

鹿児島県産の茶葉だけを使用した粉末タイプの日本茶。鹿児島の深蒸し煎茶を強めに火入れしたモノと、普通深蒸し茶を加えた、ほんぢ園のオリジナルブレンドです。

作り方は水かお湯と混ぜるだけなので、好みに合わせて濃さを調節できます。本商品は100gと200gの2サイズ展開。100gの粉末緑茶で、500mlペットボトル約30本分作れるため、家計に優しく経済的なのも魅力のひとつです。

そのまま水に混ぜるとダマになりやすいので、少量のお湯で溶かしてから水やお湯を追加するとおいしくいただけます。粉末タイプはお菓子作りにもおすすめ。抹茶チョコや抹茶プリン、ロールケーキなどにぴったりです。

伊藤園 お~いお茶 さらさらほうじ茶 スティック

国産茶葉を使用したインスタントタイプのほうじ茶です。香り豊かな一番茶を使用しており、香ばしさが魅力。自然な味わいが手軽に楽しめる日本茶です。

1杯分ずつ分包されているため、湿気や酸化を防げて保管に便利。スティックタイプで使いやすく、外出のときやオフィスで使うのにもおすすめです。溶けやすい形状はアレンジにもぴったり。ミルクと合わせてほうじ茶ラテを作れるほか、食パンにふりかけても楽しめます。

AGF プロフェッショナル 特上煎茶

厳選したかぶぜ茶ならではの豊かな風味が楽しめる粉末の日本茶です。鈴鹿山麓かぶせ茶を93%以上使用しているとされています。ホットはもちろん、水にも溶けるのがポイント。手間いらずで、プロが淹れたような煎茶を楽しめるのが魅力です。簡単に作れるので、急な来客のときにもおすすめです。

豊かな風味の煎茶は、アレンジドリンクにもぴったり。バニラアイスやシナモンと合わせた煎茶シェイクや、生姜スライスやミントと合わせたジンジャー煎茶など、アイディア次第でレシピの幅が広がります。