バリエーション豊かな香りや風味で、西洋で古くから愛されてきた「ハーブティー」。用いるハーブの種類によって味や香りなどが変わるのが醍醐味です。しかし、種類が豊富なので、どのハーブティーを選んだらよいのか分からないこともあるのではないでしょうか。

そこで今回は、ハーブティーのおすすめ商品とともに、ハーブの種類やブレンドの違いをご紹介します。参考にして、自分に合った商品を見つけてみてください。

ハーブティーの魅力

By: amazon.co.jp

ハーブティーは、ハーブと呼ばれる植物を乾燥し、煮出して作られます。そのため、自然の素材ならではの香りを楽しめるのが魅力。ほんのり優しい香りなので、アロマなどの強い香りが苦手な方でも楽しめます。

苦みや酸味が特徴的なものから、甘みやフルーティーさを感じられるものまで、味のバリエーションも豊富。また、ハーブティーの種類によってさまざまな色合いがあり、視覚的にも楽しめます。

ハーブティー単体で味わうだけでなく、フルーツを添えてみたり、ゼリーにしてみたりなどのアレンジを加えるのもおすすめです。

紅茶もハーブと混同されがちですが、紅茶の原料はチャノキの葉で、ハーブではありません。ハーブは香り高く、加えてカフェインを含まないのものが多いのも特徴です。

ハーブティーの選び方

種類ごとの味や香りの特徴

カモミール

By: amazon.co.jp

カモミールは、コスモスのような白い小さな花びらが特徴。特有の甘い香りは、よくリンゴに例えられます。

ほんのり感じる甘みに加え、ハーブティーらしい苦みと渋みを感じられるのも魅力。ドイツやフランスでよく飲まれており、クセがないので日本でも非常に人気のあるハーブティーです。

ルイボス

By: kusmitea.jp

ルイボスは、苦みの成分「タンニン」の含有量が少なく、ハーブティー特有の苦みや渋みが少ないのが魅力。色は紅茶に似た、赤みがかった鮮やかな茶色です。

ルイボスには、発酵させるレッドルイボスティーと、発酵させないグリーンルイボスティーの2種類があります。レッドルイボスティーは甘みがあり、安価で手に入りやすいのが特徴です。一方、グリーンルイボスティーはクセがなくすっきりした味わいを楽しめます。

ローズヒップ

By: amazon.co.jp

ローズヒップは酸味と柔らかい口当たりが特徴的なハーブです。酸味といってもそれほど刺激が強いわけではなく、ふんわりと感じるほのかなもの。クセがなく、砂糖を加えるとより美味しくなります。

見た目は、緑茶に黄色を加えたような鮮やかな色味。ビタミンが豊富に含まれているのも魅力です。

ラベンダー

ラベンダーティーは薄茶色の見た目で、甘さ控えめなのが特徴。ラベンダー特有の強い香りは、お茶にしてもしっかり残ります。渋みや苦みを楽しみたい場合はシングルのまま、飲みにくさを感じる場合はほかのハーブとブレンドして、香り付けに使うのがおすすめです。

ラベンダーは地中海沿岸部が原産で、古代ローマでは入浴剤がわりに使われていたという記録も。日本では、北海道の富良野地区で多く栽培されています。

ブレンドかシングルかで選ぶ

By: amazon.co.jp

ハーブティーには、複数のハーブを混ぜたブレンドと、単体のハーブだけで楽しむシングルの2種類があります。ブレンドはハーブそれぞれのクセを中和させるようにブレンドされていることが多く、安価で手に入るため初心者におすすめです。

一方、シングルは高価で市場での流通量もあまり多くありません。なかには、ハーブ専門店でしか手に入らないものもあります。入手の難しさがネックですが、使用されているハーブそのものの香りや味を楽しめるのがポイントです。

淹れ方に合ったタイプを選ぶ

手軽な「ティーバッグタイプ」

By: amazon.co.jp

ティーバッグタイプは、お湯を注ぐだけで本格派のハーブティーが楽しめる手軽さが魅力。初めてハーブティーを購入する方や、日常にハーブティーを取り入れたい方におすすめです。

また、安価な商品が多く、さまざまなハーブティーを楽しめるのもポイント。カモミール・ルイボス・ローズヒップ・ラベンダーなど、王道のハーブティーであればティーバッグで気軽に楽しめます。

本格的な「茶葉タイプ」

By: enherb.jp

ハーブティーの香りにこだわりがある方は、茶葉タイプがおすすめ。茶葉から丁寧に淹れたハーブティーには、ティーバッグタイプでは感じられない豊かな香りがあります。

茶葉を開かせたり、適切な温度に調節したりなど、美味しく淹れるためには多少の準備や知識が必要な点は留意しましょう。

ハーブティーのおすすめ

トワイニング(TWININGS) ハーブティー バラエティパック

イギリスの人気ブランド「トワイニング」が販売している、ハーブティーのバラエティパック。カモミール・ペパーミント・ローズヒップ・ジンジャーの4種類が2つずつ封入されており、さまざまな味を楽しめます。

カモミールとペパーミントはシングル、ローズヒップは赤みと爽やかさを加えるハイビスカスとのブレンド、ジンジャーはほどよい酸味を加えるレモンとのブレンドで、飲みやすく仕上げられているのが特徴。さまざまな種類のハーブティーから、自分の好きな味を見つけたい方におすすめです。

ポンパドール(POMPADOUR) カモミールフラワー

ドイツで100年以上の歴史を持つ「ポンパドール」が販売している、優しい味わいのハーブティー。ノンカフェインなので、就寝前などにも飲めるのがポイントです。

カモミールフラワーだけを使用したシングルのハーブティーのため、カモミール本来の味わいを楽しめるのが魅力。なお、ハーブティーの渋みや苦みが気になる方は、はちみつを加えると飲みやすくなります。

ゾネントア(SONNENTOR) 20種類のお茶 アソート

オーストラリアで栽培された、オーガニックのハーブティーアソート。ゾネントアのハーブティーは日本でも人気があり、多くのハーブティーが販売されています。

本商品は、ゾネントアのハーブティーのなかでも、人気のハーブティー20種類を味わえるのが魅力。どれを選んだらよいか迷ってしまう方におすすめです。

完全オーガニックの農園で栽培され、手作業で摘み取った質のよいハーブのみを使用しているのもポイント。また、加工から包装に至るまで殺菌や殺虫などの化学処理を一切していない、人と環境に配慮したハーブティーです。

日東紅茶 アロマハウス リラックス カモミール

カモミールのほのかな甘みに加え、ペパーミントをブレンドして飲みやすさを追求したハーブティー。無香料・無着色なのが魅力です。また、ティーバッグには金具を一切使用しておらず、金属の成分が溶け出す心配もありません。

ティーバッグは個別に包装されているため、初めてのハーブティーにおすすめ。カップで1杯分だけ淹れたり、ポットで数杯分淹れたりなど、簡単に本格的なハーブティーが楽しめます。

ナチュラルショップなごみ オーガニックルイボスティー なごみ

カフェインの摂取を控えている方でも飲みやすいルイボスティー。オーガニックのハーブを使っているのが特徴です。

本商品は、農林水産省が認定するオーガニック商品の証、有機JASマークを取得。飲みやすさと、ティーバッグならではの手軽さが魅力です。苦み成分のタンニンが少なく、ホットでもコールドでも美味しく飲めます。

リプトン(Lipton) ハーブティー 5種アソート アルミティーバッグ

リプトンから販売されている、オレンジハーブ・カモミールハーブ・シナモンアップルハーブ・ジャスミン・レモンハーブの5種類が楽しめるハーブティーアソートです。60包入りで、1袋当たり25円とコストパフォーマンスが良好。さまざまなハーブティーを気軽に楽しみたい方におすすめです。

なかでも、オレンジハーブとカモミールハーブ、レモンハーブにはローズヒップがブレンドされており、ローズヒップの持つ酸味がしっかり抽出されています。

さまざまな味から自分の好みに合ったハーブティーを選びたい初心者は、ぜひチェックしてみてください。

マンサニージャ(Manzanilla) カモミールティー蜂蜜入り

スペインで生産されたカモミールを使用した、はちみつブレンドのハーブティーです。マンサニージャとは、スペイン語で「カモミール」という意味で、スペインでは食後やティータイムによく提供されます。

甘さは控えめで、ほんのり感じる程度。和洋中問わずさまざまな食事とよく合います。寝る前に味わうハーブティーにもおすすめです。

トワイニング(TWININGS) ローズヒップ&ハイビスカス

ローズヒップの鮮やかな赤色を、ティーバッグで手軽に楽しめるハーブティーです。ハイビスカスをブレンドすることで、無香料・無着色でもローズヒップならではの色合いに。ノンカフェインで、気軽に飲みやすいのもポイントです。

ローズヒップの酸味がしっかり感じられるのが特徴。また、はちみつや砂糖を加えて甘めにすると、まろやかな味わいになります。気分をスッキリさせたいときにおすすめのハーブティーです。

・1箱

・4箱セット

クリッパー(CLIPPER) オーガニック ハーブティー スノア&ピース

オーガニックのハーブを楽しめるハーブティーです。ティーバッグは無漂白で作られており、安全性を求める方にもおすすめ。なお、クリッパーはイギリスで有機紅茶を販売している企業で、数々の国際的な賞も獲得しています。

本商品の主なブレンドは、カモミール・レモンバーム・ラベンダー・ローズヒップ・レモングラス。ローズヒップとカモミールの優しい味わいに、レモンの爽やかさが加わっているのが特徴です。レモンによってクセが中和されているため、すっきりとした口当たりが楽しめます。

セレッシャル(CELESTIAL) スリーピータイム

アメリカで人気のあるセレッシャルから販売されているブレンドハーブティーです。ナイトキャップを被った、かわいいクマのパッケージが特徴。カモミール・ローズ・レモングラス・スペアミント・オレンジの5種類がブレンドされています。

カモミールのほのかな甘みに、レモングラスやローズのさっぱりした爽やかな香りが効いているのもポイント。就寝前などにおすすめのハーブティーです。

ムソー(MUSO) PTハーブス オーガニックハーブティー・ローズヒップ&ハイビスカス

オーガニックのローズヒップとハイビスカスをブレンドし、すっきりとした飲みやすい口当たりに仕上げたハーブティーです。ローズヒップとハイビスカスのブレンドハーブティーはクセの強い酸味が特徴ですが、本商品はほんのりとした優しい酸味を楽しめます。

少し長めにお湯につけることで、コクが出てしっかりした味わいになるのがポイント。落ち着きたいときや気分転換したいときにおすすめのハーブティーです。

クスミティー(KUSUMI TEA) ラブリーナイト

完全オーガニックのハーブで作られた、茶葉タイプのハーブティー。ルイボスをベースに、はちみつの香りを持つハニーブッシュやリンデン、バーベナなどのハーブを加えています。さらに、シナモンの刺激感も加わり、切れ味のあるすっきりした味わいを楽しめるのが特徴です。

名前の通り、就寝前にホッと一息つきたいときにおすすめ。また、特徴的な缶の容器もかわいらしく、ギフトにも適しています。

エンハーブ(enherb) ストレスでキリキリしちゃう時に

独自ブレンドのハーブティーを販売しているハーブ専門店、エンハーブのブレンドハーブティーです。エンハーブで販売されているハーブは、全て生命力が強い野生のワイルドクラフトを使用。専門知識のあるブレンダーがこだわりを持ってブレンドしています。

本商品は、カモミールやオレンジピールを中心に、リンデンやスカルキャップなどのハーブを配合。仕事中にひと休みしたい際などにおすすめです。

ハーブティーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ハーブティーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。