ダージリンティーはクセが少なく、上品で芳醇な香りが特徴の紅茶です。ティータイムや来客時に飲んだり、プレゼントに贈ったりなど、さまざまな場面で活躍します。

しかし、ダージリンティーといってもさまざまな種類があり、香りや風味が異なるので、どれを選べがよいか悩んでしまうこともあるのではないでしょうか。そこで今回は、ダージリンティーの種類やおすすめの商品をご紹介。ぜひ参考にしてみてください。

ダージリンティーとは?

By: amazon.co.jp

ダージリンティーは、インド北東部のダージリン地方で栽培・収穫された茶葉を使用した紅茶です。世界三大銘茶のひとつともいわれており、特有の香り高さから「紅茶のシャンパン」と呼ばれています。

クセの少ないフルーティーで爽やかな香りに、深いコクと引き締まった渋さが特徴。収穫する時期によって香りや味が変化します。ダージリンティーは初心者から上級者まで楽しめる紅茶です。

ダージリンティーの味と特徴

収穫時期で味わいが変わる

3~4月:「ファーストフラッシュ」は爽やかな香り

By: rakuten.co.jp

3~4月に収穫された茶葉はファーストフラッシュと呼ばれます。春の時期に収穫できる量が少ないため、希少価値の高い茶葉です。青々とした新芽の爽やかな香りと渋みを楽しめます。

茶葉本来の香りと緑茶に似た渋みがあるので和菓子との相性がよく、ストレートで飲むのがおすすめのシーズンティーです。

6~7月:「セカンドフラッシュ」はフルーツのような甘い香りが特徴

By: rakuten.co.jp

6~7月に収穫される茶葉は、セカンドフラッシュと呼ばれます。恵まれた気候条件のなかで生育されるため、味と香りに優れた茶葉です。マスカテルフレーバーと呼ばれる香りが特徴で、マスカットのような爽やかな香りと甘みのある口当たりを楽しめます。

また、ダージリンのなかでも人気のあるシーズンティーです。セカンドフラッシュはファーストフラッシュと比較すると味や香り、色も強く渋みも増しています。

バターを使用したお菓子との相性がよいので、ストレートだけでなく、ミルクティーやロイヤルミルクティーとして飲むのがおすすめです。

10〜11月:「オータムナル」は渋みが少ないので初心者におすすめ

By: hampsteadtea.com

10~11月に収穫される茶葉はオータムナルと呼ばれます。秋摘みの茶葉は厚みが増して、シーズンティーのなかでも最も甘みの成分が凝縮されており、甘みがしっかり活かされた深く濃い味わいが楽しめます。

渋みが少なく芳醇でまろやかな風味なので、ダージリンティー初心者におすすめの紅茶です。価格もほかのシーズンティーよりリーズナブル。ミルクティーとして飲むと美味しさがより際立ちます。

また、渋みが少ないので、さまざまなタイプのお菓子やシーンにもぴったりです。

茶園やブランドによっても味に違いがある

By: amazon.co.jp

ダージリンには、さまざまな茶園やブランドが存在します。ブランドでは、トワイニング・ウェッジウッド・フォションなどが、茶園では、サングマ茶園・キャッスルトン茶園・ジュンパナ茶園などが代表的です。

各ブランドでは契約茶園を持っていることがほとんどなので、どの茶園かを知っておくと自分好みのダージリンティーを選びやすくなります。

なお、バランスのよい甘みや渋み、香りを味わいたい方は「単一茶園(シングルエステート)」のモノを選んでみてください。

ダージリンティーのおすすめ|ティーバッグタイプ

TWG Tea ロイヤル ダージリン ティーバッグ FTGFOP1

力強く鮮烈な味わいと、熟したアプリコットを感じる香り高いダージリンティー。インド紅茶の王様ともいわれる、春摘みのファーストフラッシュです。FTGFOP1はファイネスト・ティッピー・ゴールデン・フラワリー・オレンジ・ペコー・ファーストクオリティーの頭文字をとっており、茶葉の等級と品質のよさを表しています。

内容量は15袋。コットン100%の手縫いのティーバッグを採用しており、紅茶本来の味わいを楽しめるのもポイントです。個包装されているので持ち運びにもぴったり。オシャレなパッケージ入りなので、手土産やギフトにもおすすめです。

シルバーポット(SILVER POT) お徳用パック ダージリン ファーストフラッシュ

草木の若々しい息吹を思わせる香りのダージリンティー。春摘みのファーストフラッシュです。淡さのなかにも、春のエネルギーを感じる味わいが魅力。新鮮で質のよい茶葉にこだわって買い付けています。風味豊かな紅茶でワンランク上のティータイムを楽しみたい方にぴったりです。

内容量は50g。2.5gのティーバッグが20袋入っています。茶葉がしっかり開くテトラ型のティーバッグを採用しており、紅茶本来の風味を手軽に楽しめるのがメリット。ホットはもちろん、アイスもおすすめです。シナモンやジンジャーなどのスパイスを合わせても楽しめます。

ユニリーバ(Unilever) サー・トーマス・リプトン ダージリン アルミティーバッグ

気品あふれる繊細な香りと、爽やかですっきりとした渋みが特徴のダージリンティー。味・コク・香りともに充実した、夏摘みのセカンドフラッシュです。地域や茶園にとって良質な茶葉が摘まれる時期を指す「クオリティシーズン」の茶葉を50%使用しています。

茶葉のよい部分だけを、人の手で丁寧に摘み取っているのもポイント。収穫から24時間以内に加工することで、茶葉独自の味を引き出しています。内容量は2.2gのティーバックが50袋。一流のティーエキスパートたちが厳選した茶葉を味わいたい方におすすめです。

ロンネフェルト(Ronnefeldt) ジョイオブティー ダージリンサマーゴールド

マスカットの芳香をしっかりと感じる、インドにあるジュンパナ茶園のダージリンティー。夏摘みのセカンドフラッシュです。ロンネフェルトは、1823年に創設された歴史あるドイツの紅茶メーカー。優れた品質の紅茶は、ドイツ国内の5つ星級のホテルや世界で唯一の7つ星ホテルなどで使用されています。

内容量は15袋。茶葉がジャンピングしやすい構造の大きなフィルターに入っていることもポイントです。個包装されているので香りを逃さず、フレッシュな味わいが楽しめるのもメリット。ストレートで紅茶を味わいたい方やデザートと一緒に楽しみたい方におすすめです。

ジャンナッツ(Janat) ダージリン ティーバッグ

手摘みで収穫された、新鮮で香り高い茶葉を使用したダージリンティー。専用の茶園で栽培されたセカンドフラッシュを中心にブレンドしています。マスカテルフレーバーといわれる独特な香りや爽やかな味わい、赤みの薄いオレンジの水色が特徴です。

質のよい紅茶を提供するため、生産から配送まで一貫して厳しい品質管理を行っているのもポイント。内容量は50袋で、茶葉のフレッシュな状態をより長く保てるアルミの袋に個包装されています。クセのない味わいで、ミルクやレモンと合わせるのもおすすめです。

ハムステッド(HAMPSTEAD) ハムステッドティー オーガニック ダージリン ティーバッグ

「バイオダイナミック農法」で栽培していると認定されたマカイバリ茶園の茶葉を使用しているティーバッグ。バイオダイナミック農法とは、動植物の生態系など自然の摂理を活かした有機農法です。

シングルエステートにこだわっているのもポイント。セカンドフラッシュとオータムナルをブレンドしています。内容量は20袋。個包装なので、いつでも開けたての風味を楽しめます。オシャレなパッケージも印象的。自宅で楽しむのはもちろん、ギフトにもおすすめです。

ひしわ 有機ダージリン紅茶

日本初の有機JAS認証を獲得したダージリンティーです。契約茶園で有機栽培した茶葉を使用。香り高いセカンドフラッシュに、穏やかな味のオータムナルをブレンドしています。ベストシーズンの茶葉のみで作られた紅茶は、高貴な香りが魅力です。

内容量は2gのパックが20袋入り。淡いオレンジのキレイな水色もポイントです。ストレートで優雅な香りを楽しむのがおすすめ。ホットだけでなく、アイスでも楽しめます。

ウェッジウッド(Wedgwood) シグニチャー ティー マハラジャ ダージリン ティーバッグ

繊細なフローラルノートが香るダージリンティーです。フローラルノートとは、柔らかく香る花の香りのこと。味・香り・水色にこだわり、高品質な茶葉を使用しています。

紅茶の国といわれるイギリス発祥の「ウェッジウッド」が、自信を持って創り出したコレクション。思わず飾りたくなるような美しいパッケージも魅力のひとつです。自宅で楽しむのはもちろん、ギフトにもおすすめ。20パック入りで平形のティーバッグを採用しています。

トワイニング(TWININGS) ダージリン

創業300年のイギリス老舗紅茶ブランドが手がけるダージリンティー。豊かな香りと、繊細な渋みが特徴です。毎年世界中から良質な茶葉を選び、買い付けているのがポイント。熟練のバイヤーによるブレンド技術で、年々の気候や風土に左右されない質の高い紅茶を作り出しています。

持ち運びに便利な個包装タイプが50袋入っていて、たっぷり味わえるのも魅力のひとつ。香ばしく焼けたトーストやフルーツと一緒に、ちょっと贅沢な朝食を楽しむのもおすすめです。

ディルマ(Dilmah) ダージリン

緑を感じる繊細な香りと、独特の渋みを感じられるダージリンティー。明るい黄金の水色やほのかにマスカットを感じる爽やかな後味が特徴です。他国産の茶葉とのブレンドは一切行わず、ダージリン地方で採れた新鮮な茶葉のみの使用にこだわって作られています。

内容量は20袋。個包装なのでいつでもフレッシュな味わいが楽しめます。緑茶に似た味わいで、食事のときにもぴったり。好みで蜂蜜などの甘みを合わせるのもおすすめです。

ダージリンティーのおすすめ|茶葉タイプ

ルピシア(LUPICIA) ダージリン・ザ ファーストフラッシュ

若葉のようなフレッシュな香りと、キレのある渋みを感じられるダージリンティー。春摘みのファーストフラッシュのみをブレンドしています。軽やかな味わいと淡い水色が特徴です。

ルピシアは、バイヤーが世界中の産地に直接足を運び、上質かつ安心して飲める茶葉を厳選して買い付けています。茶園の情報や摘まれた時期などの情報を公開しているのもポイント。混じり気のないダージリン産の紅茶を味わいたい方におすすめです。内容量は50g。150mlに対し3~3.5gを目安に淹れてみてください。

マリアージュフレール(MARIAGE FRERES) ダージリン プリンストン

フレッシュで繊細かつ、華やかな味わいのダージリンティー。さまざまな茶園のファーストフラッシュをバランスよくブレンドしています。1854年パリ創業の老舗が手がける紅茶を味わいたい方におすすめです。

内容量は100g。インテリアに馴染みやすいオシャレなデザインの缶も魅力のひとつです。自宅で楽しむのはもちろん、ギフトにも適しています。

・1缶

・2缶セット

シルバーポット(SILVER POT) ダージリン ファーストフラッシュ 2021年 サングマ茶園

ジャスミンのような花の香りと、緑のブドウを思わせるフルーティーな味わいが魅力のダージリンティーです。2021年のサングマ茶園産。150年以上の歴史があるビンテージ区画の中国種系茶樹から摘採されたファーストフラッシュを使用しています。

青苦みが無く、香りのよさに集中できるサラリとした味わいが特徴。ストレートティーで楽しむのがおすすめです。内容量は50g。150~200mlに対して、茶葉3gを目安に淹れてみてください。

セレクティー(Selecty) ダージリン紅茶 2021年セカンドフラッシュ キャッスルトン茶園

渋みが強めで芳しい香りが特徴のダージリンティー。有名な茶園のひとつ、キャッスルトン茶園で育てられた、夏摘みのセカンドフラッシュです。茶葉はやや細く、水色は透き通った褐色をしています。

真空包装に加え、冷凍や氷温庫で保管しているため品質のよい状態が保たれているのもポイント。ホットだけでなく、アイスで楽しむのもおすすめです。ストレートで味わってみてください。内容量は50g。オリジナルデザインのスタンドパック茶袋入りで保存も便利です。

アーマッドティー(AHMAD TEA) ダージリン リーフ缶

フルーティーな香りと、ほどよい渋みをもったダージリンティー。マスカテルフレーバーの強いセカンドフラッシュを多くブレンドしています。厳選された上質な茶葉を使用し、繊細で香り高い味わいが魅力です。味わい・水色・香り・茶葉の形など細部にまでこだわり、品質チェックしたモノだけが製品化されています。

内容量は200g。密閉したアルミポーチ入りで香りが飛びにくいのもメリットです。ロンドンの風景画が描かれた、高級感のあるパッケージも印象的。缶タイプなので開封後の保管にも適しています。炭酸水で割るティースカッシュを作るのもおすすめです。

ティチャイチャイ ダージリン アッパーファグ茶園 オータム

鼻に抜ける香りが心地よく、旨味が強いダージリンティ―。アッパーファグ茶園で栽培された独特の苦味があるオータムナルです。グレードは希少価値の高い芯芽「シルバーティップス」の質、量ともに良質なモノであることを示すSFTGFOP1です。

濃い栗色の茶葉で、水色は深い銅色。マスカットフレーバーは薄くなりますが、代わりにまろやかな甘みと「メローカップ」と呼ばれる熟成した香りが期待できます。内容量は50g。コクがあるのでミルクティーにもおすすめです。

フォション(FAUCHON) ダージリン 缶入り

「ゴールデンティップ」と呼ばれる芯芽を多く含んだ茶葉を使用したダージリンティーです。ゴールデンティップが多いほど、口に含んだときになめらかでやさしく感じるといわれています。ストレートはもちろん、ミルクティーで味わうのもおすすめです。

1886年創業の美食のブランドとして知られている「フォション」が手がける、質の高い紅茶が楽しみたい方にぴったり。黄色の缶も印象的です。内容量は125g。使用量は250mlにつき2gの茶葉が目安です。

ユニリーバ(Unilever) リプトン エクストラクオリティ ダージリン 白缶

ダージリン産茶葉を厳選して使用した、味わい深いダージリンティーです。質のよい紅茶を生産するため、広大な茶園を買い取り茶樹の栽培から生産まで一貫して管理。伝統の味と香りはそのままに、磨き抜かれたブレンド技術で安定した味と香りの紅茶を生産しています。

白のオシャレな缶も印象的。保存に便利なだけでなく、洗練されたデザインなのでギフトにもおすすめです。450g入りでたっぷり楽しめるため、頻繁に紅茶を飲みたい方にぴったり。使用量は150~170mlに対し3gが目安です。

パートリッジズ(Partridges) ダージリンティーリーフ

英国王室御用達の高級食料品店が手がけるダージリンティー。フルーティーなマスカットの香りが魅力の高級品です。紅茶に目がないイギリス人にも人気があり、世界中で親しまれています。

シックで高級感のある缶入りなので、ギフトにもぴったりです。内容量は125gで、使用量は180mlに対し2gが目安。華やかな風味を感じながら、お気に入りのスイーツと一緒に優雅なティータイムを演出するのもおすすめです。

フォートナム&メイソン(FORTNUM&MASON) ダージリン FTGFOP

ヒマラヤ山脈の高地で育った、最上級の茶葉のみを収穫して作られたダージリンティー。100年以上の歴史を持つ農園で採取されています。「ティップ」と呼ばれる新芽から作られた紅茶は、ほのかなマスカット味と濃厚なコクのある味わいが特徴です。

グレードは、FTGFOPでダージリンのなかでは上級品。質のよい「ゴールデンティップス」を多く含んでいるといわれています。内容量は125gでオシャレな缶入り。自宅で楽しむのはもちろん、ギフトにもおすすめです。

ダージリンティーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ダージリンティーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

ダージリンティーのおすすめの飲み方

ストレートティー

ダージリンは香り高さがしっかり感じられるため、ストレートで飲むことの多い茶葉。収穫される時期で選ぶなら、ファーストフラッシュとセカンドフラッシュがおすすめです。

新鮮な水を沸かした熱湯を、ティーカップに注ぎます。そして静かにティーバッグをお湯のなかに入れましょう。途中でティーバッグを揺すったりせず、静かに待つのがポイントです。

抽出時間は2~3分ほどが一般的。最後にティーバッグを数回揺すってから引き上げたら完成です。ダージリンのストレートティーはスッキリとしているので、優しい甘さの和菓子と一緒に食べてみてください。

レモンティー

少し渋みがあってもよい方は、レモンティーで飲むのもおすすめ。ダージリンの芳醇な香りとレモンの風味がほどよく合います。

まず、やかんに水をたっぷり入れ、5円玉程度の泡が吹き出すまで沸騰させてみてください。ポットとカップにはお湯を注いで1~2分あたためましょう。次に、ポットに茶葉を目安より少し少なめに入れ、お湯を勢いよく注ぎます。 1杯あたり150~160mlが目安です。

蒸らし時間は、細かい茶葉の場合は2分半~3分、大きい茶葉は3~4分。渋みを抑えるには、少し短めにします。茶こしでこしながらまわし注ぎし、最後の1滴まで注いでみてください。

飲む直前に薄切りレモンを入れ、2~3回かき回して取り出せばレモンティーの完成です。

ミルクティー

ダージリンはミルクとの相性がよいので、ミルクティーとして飲むと香りと味をより楽しめます。風味の濃いセカンドフラッシュやオータムナルタイプの茶葉がおすすめです。

まず、作りたい量の半分の水を沸騰させます。沸騰したら茶葉を入れ、1~2分火にかけたまま抽出。残りの半量のミルクを鍋に入れ、吹きこぼれないようにときどき混ぜます。

鍋の表面が煮立ち始めたら火を止めて、茶こしでこしながらカップに注いで完成です。甘いミルクティーが好きな方は砂糖を入れて調節してみてください。スコーンなどと一緒に食べるとより一層ティータイムを楽しめます。