高温スチームでしつこい汚れを掃除する「スチームクリーナー」。家中まるごと使えるタイプから、使用用途に合わせたコンパクトなタイプまで、さまざまな種類がラインナップされています。

そこで今回は、スチームクリーナーのおすすめモデルをピックアップ。スチームクリーナーのおすすめメーカーや選び方もあわせてご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

スチームクリーナーとは?

By: amazon.co.jp

スチームクリーナーとは、約100℃の高温スチームを当てて、汚れを柔らかく浮かせることで、頑固な汚れを手軽に掃除するアイテムのこと。熱と水分の力で汚れを落とすので、余計な洗剤を使用しないのがポイントです。

汚れを浮き上がらせて落とすだけでなく、高温の蒸気を使用することで除菌効果が期待できるのも魅力。ソファや家具、丸ごと洗えないカーペットなどのお手入れにも活躍します。

スチームクリーナーの選び方

形状タイプを選ぶ

壁や天井にぴったり「ハンディタイプ」

By: amazon.co.jp

ハンディタイプのスチームクリーナーはコンパクトさが最大のメリット。手持ちで簡単に使えるため、キッチンやお風呂、トイレなどの水回りの掃除に最適です。本体サイズも小さいので、収納にも場所をとりにくいのが魅力。使いやすい所に収納しておいて、汚れが気になるときにさっと使用できます。

一方、本体サイズが小さいため水を入れるタンク容量が小さい製品が多く、1回の連続作業時間が短めになるのがデメリット。短時間で局地的に掃除したいエリアがある場合におすすめです。

フローリングをきれいに「スティックタイプ」

By: amazon.co.jp

掃除機のように手軽に使えるのがスティックタイプのスチームクリーナー。主にフローリングの床掃除や窓の掃除など、広い面をサッと掃除したい方におすすめのタイプです。

また、ハンディタイプと違い床を滑らせて作業ができるので、腕が疲れにくいのも魅力です。なお、給水タンクがそこまで大きくないことから、長時間の作業にはあまり適していないので留意しておきましょう。

長時間使うなら「キャニスタータイプ」

By: kaercher.com

長時間掃除したい方におすすめのタイプ。本体サイズが大きい分、容量の大きな給水タンクを搭載しているのがポイントです。頑固な汚れもしっかりと落とします。

また、ノズル部分が軽く、作業しやすいのも魅力。窓や網戸、レンジフードなど高さがあるところでも腕の疲れが気になりにくいのがポイントです。

ただし、コード付きの製品がほとんどなので、移動の自由度は低め。家中を掃除する場合は、コンセントの抜き差しが必要です。キャニスタータイプを選択する際は、コードの長さも確認しておきましょう。

加熱方式をチェック

頑固な汚れには「ボイラー式」

By: amazon.co.jp

給水タンクが密閉されているのがボイラー式の特徴。密閉状態で水を加熱することで内部の圧力が高まり、ノズルを引くと水蒸気が一気に噴射します。

ボイラー式は「加圧噴射方式」とも呼ばれており、噴射する蒸気の温度の高さだけでなく、噴射の勢いが強いのもポイント。手ごわい汚れや細かい箇所の掃除におすすめです。

手軽に使える「パネル式」

By: amazon.co.jp

熱した板状パーツのうえに水を流して沸かすタイプです。加熱の待ち時間が短いのがメリット。使いたいときにさっと使えるため、毎日の拭き掃除やキッチン汚れにもおすすめです。

なお、ボイラー式に比べると噴射時の圧力が低く、頑固な汚れは落ちにくいこともあるので留意しておきましょう。ボイラー式に比べると本体価格が安いので、スチームクリーナーの導入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

重量をチェック

By: amazon.co.jp

スチームクリーナーを使って掃除をするときは、比較的使う時間が長くなりがち。腕や手首の負担を軽減するためにも、本体重量はできるだけ軽いモノを選ぶようにしましょう。

目安としてはハンディタイプは1~2kg以下、スティックタイプやキャニスタータイプであれば4kg程度がおすすめ。本体重量だけでなく、タンクに水を入れた後の重量も考慮して選んでみてください。

アタッチメントの種類をチェック

By: amazon.co.jp

スチームクリーナーに使えるアタッチメント種類もさまざま。ソファや家具などの布製品に使えるモノや、窓掃除やフローリング掃除専用のモノなど、掃除する場所に合わせて使い分ける必要があります。

本体価格が安くても、アタッチメントが別売りだと結果的に高額になってしまう場合もあるので注意が必要。使いたいアタッチメントが付属しているかどうかもチェックしてみてください。

安全機能をチェック

By: shark.co.jp

約100℃の高温蒸気を使用するため、スチームクリーナーは安全機能が付いているかどうかも重要。不意にスイッチが入ってしまわないよう「セーフティロック」が付いている製品や、高温時にタンクの蓋が開かないように設計されている「セーフティキャップ」が付いている製品がおすすめです。

特に小さな子供がいる家庭では、いたずらによる誤作動を防ぐためにも「チャイルドロック機能」が付いているとより安心。気になる方は、チェックしてみてください。

スチームクリーナーのおすすめメーカー

ケルヒャー(KARCHER)

ドイツ企業の「ケルヒャー」は、業務用および家庭向けの清掃システム販売で、世界的に有名なブランドです。スチームクリーナーに関しては日本でも多くの人気を集めており、オフィスや工場など企業向けの「業務用清掃洗浄システム」に導入されています。アタッチメントの数が豊富で、自由に組み合わせられるのも魅力です。

シャーク(Shark)

By: shark.co.jp

「シャーク」は、家庭向けフロアケアブランド。手に取りやすい価格帯で、使い勝手に優れた製品をラインナップしているのが特徴です。同ブランドのスチームクリーナーは、ハンディタイプから床専用タイプまで種類が豊富。使い方もシンプルなので、スチームクリーナーの導入を検討している方におすすめのブランドです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

By: rakuten.co.jp

家電製品や便利器具など、幅広く製品を扱っているブランド。リーズナブルな価格帯で購入できるアイテムを、多く取り揃えているのが特徴です。同ブランドのスチームクリーナーは、シンプルで使い勝手に優れているのがポイント。お手頃価格で購入できるスチームクリーナーを探している方にぴったりです。

スチームクリーナーのおすすめ

ケルヒャー(KARCHER) SC 4 EasyFix 15124570

ヒートアップの時間が約4分と短いスチームクリーナー。汚れが気になったときにすぐ使い始められます。給水タンクは取り外し可能で、簡単に給水が行えるのがポイントです。

長時間の使用におすすめのキャニスタータイプ。ノズル部分が軽く、窓や網戸、レンジフードなどの高い所にも使用できます。加熱方式はボイラー式を採用しており、手ごわい汚れの掃除におすすめです。

また、ノズルジョイントを自由自在に動かせるフロアノズルを採用。家具の下から壁際までしっかりと掃除できます。クロスには面ファスナーを採用しており、クロスの交換が簡単に行えるのもポイント。家の隅々まで掃除したい方におすすめのアイテムです。

ケルヒャー(KARCHER) SC 2 EasyFix 15120590

連続噴射時間が約30分と長いスチームクリーナー。一度の給水で広い範囲をきれいにできるので、部屋全体をまとめて掃除したい方におすすめです。ヒートアップ時間は約6分。使いたいときにすぐ使えるのも魅力です。

加熱方式はボイラー式を採用。温度と圧力で頑固な汚れも強力に落とし、除菌効果も期待できます。また、スチームを調節する機能が備わっており、掃除する箇所の材質や汚れの状態に応じて2段階に設定可能です。

付属品をまとめられるアクセサリー収納ホルダーが備わっており、収納性に優れているのもポイント。さらに、スチームロック機能が搭載されているので、安全性にも配慮されています。取り回しのよいスチームクリーナーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ケルヒャー(KARCHER) SC 1 EasyFix 15163360

ヒートアップ時間が約3分と短く、手軽に掃除が行えるスチームクリーナー。こまめに清掃を行いたい方におすすめのアイテムです。連続噴射時間は約6分。小型なハンディタイプで、キッチンやお風呂の水垢落としに適しています。

ボイラー式のスチームクリーナーで、高温度かつ高圧力のスチームを噴射するのが特徴。溜まった汚れも強力に落とします。また、スチームロック機能が備わっており、安全面に配慮されているのもポイントです。

クロスには面ファスナーを採用しているため、手を汚さず簡単に交換が可能。コンパクトでスペースを選ばず、取り出しやすい位置に収納できるため、一人暮らしの方にもぴったりです。

シャーク(Shark) 2-IN-1 プロ スチームモップ S3974J

モップとハンディが一体型になったスチームクリーナー。広い床から壁際などの細かい場所まで、あらゆる場所の掃除が行えます。キッチンの油汚れやお風呂の水垢を落とすのにもおすすめです。

シャーク独自の「スチームブラスターテクノロジー」を搭載しており、こびりついた汚れに集中噴射。また、汚れや床の種類に応じてスチーム量を調節できる「インテリジェントスチームコントロール」が備わっているのもポイントです。

加えて、衣料用のスチーマーが付属しており、衣類や布製品のシワ伸ばしが行えるのも魅力。専用のパッドは触ることなく簡単に取り外しできるほか、水洗い可能でお手入れが楽に行えます。取り回しのよいスチームクリーナーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

シャーク(Shark) ジーニアス スチームモップ S5013J

床の汚れを落とすことに特化しているスチームクリーナー。床の種類に応じてスチーム量が調節できる「インテリジェントスチームコントロール」が備わっており、フローリングや玄関など幅広い場所の掃除が行えます。

100℃を超える高温ドライスチームを噴射するため、なかなか落ちにくい頑固な汚れも強力に洗浄。集中的に汚れへのアプローチをする「スチームブラスターテクノロジー」も搭載しています。また、薬剤を使用せず水だけで洗浄を行うので、安全性も良好です。

三角ヘッドとブラシ付き三角パッドが付属しており、部屋の隅や家具の間もきれいにできるのもポイント。休日にまとめて床掃除を行いたい方におすすめのアイテムです。

シャーク(Shark) スチームモップ S1000J

本体寸法は幅28×奥行14.5×高さ108.5cmのコンパクトサイズで、重量が1.7kgと軽量なスチームクリーナー。コスパにも優れているため、初めてスチームクリーナーを購入する方におすすめのアイテムです。

薬剤や洗剤を使用せず水だけで洗浄を行うため、安全性も良好。100℃を超える高温のドライスチームを噴射するため、水だけでも頑固な汚れを落とせるのが魅力です。

専用パッドが2つ付属しているため、洗い替えに便利。触れることなく簡単に取り外しが可能です。また、使用しない時には立てて収納できる自立式なので、場所を取りにくいのもポイント。収納スペースが限られている方は、ぜひチェックしてみてください。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) スチームクリーナーキャニスタータイプ STM-410E

タンクの容量が1Lあり、約30分間連続して使用できるキャニスタータイプのスチームクリーナー。休日などに家中をまとめて掃除したい方におすすめです。加熱方式にはボイラー式を採用。約100℃のスチームを最大約3気圧で噴射し、こびりついた汚れを剥がして落とします。

また、複数のアタッチメントが付属しているため、網戸やレンジフードなど、高さがあるところの掃除にもおすすめ。トイレやエアコンの上などの細かい箇所や、手の届きにくい所も掃除できます。

水温が上昇すると圧力がかかって開かなくなる「セーフティキャップ」を採用しており、安全面に配慮されているのもポイント。また、チャイルドロックも付いているので、小さな子供のいる家庭でも取り入れやすいタイプです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) スチームクリーナーハンディタイプ STM-303

噴射待ち時間が約5分と短いスチームクリーナー。汚れが気になった時にすぐ使い始められます。タンク容量は300mlで、最大約12分間の連続使用が可能です。

取り回しがよく持ち運びやすいハンディタイプで、キッチンや排水口、換気扇などの細かい箇所の掃除におすすめ。100℃近いスチームを約3気圧で噴射して、しつこい汚れも強力に落とします。

サイドロックを押さないと解除できない「ダブルアクション方式」を採用しており、小さい子供がいたずらしても外れにくいのもポイント。コンパクトかつパワフルな性能をもつアイテムを探している方におすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) スティックスチームクリーナー STP-201

ヒートアップ時間がわずか30秒のスチームクリーナー。水を入れ、スイッチを入れるだけですぐに使い始められます。連続使用時間は約10分。水を注ぎ足すことで、さらに使い続けられるのも魅力です。

加熱方式にはパネル式を採用しているので、手軽に使えるのがポイント。毎日掃除する場合や普段使いしたい場合に適しています。また、約100℃の蒸気を過熱し、水分量の少ない蒸気を噴射する「スーパーヒートスチーム」を採用。掃除後に水気が残りにくく、さらりとしているのが特徴です。

本製品はスティックタイプなので、床掃除におすすめ。畳やカーペットなど、さまざまな材質の床に使用できます。価格が安く設定されており、初めてスチームクリーナーを購入する方にもおすすめのアイテムです。

ライト&イージー(Light’n’Easy) SteamGo モップタイプ S3101

ヒートアップ時間がわずか20秒と短い、モップタイプのスチームクリーナー。朝などの忙しい時間帯でもサッと取り出してすぐに掃除し始められます。タンクの容量は220mlで、注ぎ足すことで長時間使い続けることが可能です。

化学物質や薬剤を一切使用せず、水のみで掃除できるため、子供やペットのいる家庭での活用にもおすすめ。また、140℃まで加熱された高温のスチームを噴射するので、しつこい汚れもしっかり剥がして落とすのも魅力です。

スチームは速乾性に優れており、掃除後に乾拭きをせずに終えられるのも魅力。畳やフローリングなど、さまざまな材質の床に使えます。どんな角度でも扱いやすい人間工学に基づいた設計なので、誰でも簡単に扱いやすいアイテムです。

ライト&イージー(Light’n’Easy) SteamGo ハンディタイプ SC630

幅12×奥行26.5×高さ25.5cmとコンパクトで、重量が約1.4kgと軽量なハンディタイプのスチームクリーナー。ヒートアップ時間はわずか20秒と短く、使いたい時に手軽に使い始められるのが特徴です。

本製品は、さまざまなアタッチメントが備わっているのがポイント。筒型ヘッドを使用すれば、棚の上やエアコンの上などのホコリを除去できます。また、延長ホースを取り付ければ、家具の隙間やテレビラックの下など、手が届きにくいところまで掃除可能です。

ほかにも、噴射ノズルやスクレーパーなど、家中まるごときれいにできるアイテムが付属していて便利。油汚れの多いグリルカバーやコンロなどに対応しているのも魅力です。

スチームファースト(steamfast) スチームファースト ミニ NCL-203

本体重量が1.2kgで、取り回しのよいハンディタイプのスチームクリーナー。本体寸法は幅14.4×長さ33.8×高さ21.1cmとコンパクトで、収納スペースを取りにくいモデルです。

加熱方式はボイラー式。高温で高圧のスチームを噴射し、しつこい汚れも剥がしてきれいにします。カルキ除去パウダーが付属しているため、キッチンやお風呂、トイレなど水回りの掃除におすすめ。汚れが気になる時、さっと取り出して使えるスチームクリーナーを探している方にぴったりです。

フュージョンマーケティング(Fusion Marketing) ハイブリッドスチームクリーナー SMD005

フローリングや絨毯など、幅広い床に対応しているハンディタイプのスチームクリーナー。窓のサッシやエアコンなど、手が届きにくい場所もさっと掃除できます。また、キッチンやコンロなど、油汚れの多いエリアの掃除ができるのも魅力です。

タンクは350mlとハンディタイプとしては容量が大きいため、じっくり掃除したい場合におすすめ。本体の重量は2kgと比較的軽く、室内エアコンや車の掃除がしやすいのもポイントです。

本体には浄水装置が備わっているので、水道水に含まれる炭酸カルシウムを除去可能。噴射口の目詰まりを防げるため、長く使い続けやすいモデルです。

スチームクリーナーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

スチームクリーナーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。