高温のスチームで油汚れやカビなどを掃除できる「スチームクリーナー」。ソファなどのファブリックの汚れにも対応でき、さらには除菌効果が期待できるモデルもリリースされています。最近ではリーズナブルな家庭向けモデルも数多く、ラインナップが豊富なのも魅力です。

そこで今回は、スチームクリーナーのおすすめモデルをピックアップ。ハンディタイプとキャニスタータイプに分けてご紹介するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

スチームクリーナーとは?

By: amazon.co.jp

スチームクリーナーとは、約100℃の高温スチームを当てることで、汚れを浮かせて落とす便利な家電のことです。熱い蒸気を当てると、熱と水分で汚れがゆるむため、普通に掃除するよりも簡単に汚れを落とすことができます。

高温の蒸気を使用するため、高い除菌効果が期待できるのが魅力。強い薬剤を使用せずに除菌ができるので、小さな子どもやペットがいる家庭にもおすすめです。

スチームクリーナーの種類

ハンディタイプ

By: rakuten.co.jp

ハンディタイプのスチームクリーナーはコンパクトさが最大のメリットです。手持ちで簡単に使えるため、キッチンなどの水回りやすき間など、ちょっとした汚れにおすすめ。収納にも場所を取らないため、使いやすい所に置いて毎日手軽に使用できます。

ただし、本体がコンパクトなため、水を多くためておけず、1回の連続噴射時間は短め。広範囲を長時間掃除することが多い方には不向きです。また、持ち手部分に給水タンクが付いている分重さを感じやすいため、水を入れた状態の重さもチェックしておきましょう。

スティックタイプ

By: amazon.co.jp

スティックタイプのスチームクリーナーは、掃除機のように毎日手軽に使えるのがポイントです。フローリングの床掃除など、広い面をさっと掃除したい方におすすめ。特に赤ちゃんやペットがいる家庭で、床のベタつきが気になっている方には重宝します。

ただし、スティックタイプもハンディタイプと同じように給水タンクは小さめ。あまり長時間の稼働はできないので注意が必要です。

キャニスタータイプ

By: rakuten.co.jp

キャニスタータイプのスチームクリーナーは、給水タンクが大きいのが最大の特徴です。家中の掃除に使うなど長時間の掃除をしたい方におすすめ。加熱方式も出力の高いボイラー式が多いため、頑固な汚れもしっかり落としてくれます。

また、給水タンクが本体部分に付属しており、ノズル部分が軽いのも特徴。腕が疲れにくいのもポイントです。窓や網戸、レンジフードなど高さがある所も楽に掃除できます。

ただし、キャニスタータイプはコード付きの製品がほとんどのため、移動の自由度は低め。家中あちこち掃除する場合は、コンセントの抜き刺しが必要になるため注意が必要です。キャニスタータイプの製品を購入する場合は、コードの長さにも注意して選びましょう。

スチームクリーナーの選び方

加熱方式をチェック

By: amazon.co.jp

ボイラー式

給水タンクが密閉されているのがボイラー式の特徴。水を入れてから、密閉状態で加熱することで内部の圧力が高まり、ノズルを引くと蒸気が一気に噴射するタイプです。キッチン家電の圧力鍋と似た構造で作られています。

ボイラー式は加圧噴射方式とも呼ばれており、噴射する蒸気の温度の高さだけでなく、噴射の勢いが強いのもポイント。手ごわい汚れや外の掃除に使用する方におすすめのタイプです。

デメリットは、掃除途中に水が無くなった場合、内部の圧力が下がるまで水を継ぎ足せないものがほとんどであること。キャニスタータイプなど、もともとの給水量が多いタイプであれば問題ありませんが、給水タンクが小さい製品だと連続使用する際に注意が必要です。

また、使い始めるまでの加熱時間がパネル式に比べると長いため、時間に余裕をもって使用することが大切。大掃除や、週末掃除など頑固な汚れをしっかり落としたい方におすすめです。

パネル式

板状のパーツを熱して、その上に水を通して沸かすタイプがパネル式です。給水タンクからポンプを使って水を送ることから、別名ポンプ式とも呼ばれています。

パネル式のメリットは、加熱の待ち時間が短い点です。使いたい時にさっと使えるため、毎日の拭き掃除にもおすすめ。また、ボイラー式に比べると本体価格が安いため初めてスチームクリーナーを購入したい方や、普段使い用に向いています。

ただし、ボイラー式に比べると噴射時の圧力が低いため、頑固な汚れは落ちにくかったり、蒸気の温度が低く水滴が残りやすかったりするデメリットがあります。主な掃除用途に合わせて選ぶようにしましょう。

毎日こまめに使用するならハンディタイプがおすすめ

By: amazon.co.jp

ハンディタイプのスチームクリーナーは毎日こまめに掃除する場合に便利。軽いのでキッチンの換気扇などの高い場所も手軽に掃除できます。特にキッチンは、レンジフードやコンロ、水栓など複雑な形状をしているものが多いのでハンディタイプがおすすめです。

また、電源を確保する必要はありますが、クルマのシートやタイヤホイールなど、屋外で使用しやすいのもメリット。使用頻度が高い方にとっては便利なタイプです。

フローリングや床をキレイにしたいならスティックタイプがおすすめ

By: rakuten.co.jp

ハイハイする赤ちゃんがいる家庭や、ペットを飼っている家庭はフローリングがベタベタしがち。フローリングを毎日ピカピカに保ちたい方は、手軽に使えるスティックタイプがおすすめ。

頑固な汚れがつきにくいフローリングであれば、パネル方式の製品でも十分汚れを落とせるうえ、安価で手に入るのもポイントです。加熱時間も短いため、急な来客時も待たずにすぐ掃除が可能です。

広い範囲をしっかり掃除するならキャニスタータイプがおすすめ

By: amazon.co.jp

キャニスタータイプのスチームクリーナーは給水タンクの容量が1L以上のモデルが多数あります。スチーム連続噴射時間が30分を超えるモデルもあり、連続して使用することが可能。床掃除など広い範囲をしっかり掃除したい方にもおすすめです。

セーフティ機能

By: amazon.co.jp

スチームクリーナーは水を加熱するとともに加圧する仕組みです。タンク内部では100℃以上、噴射口では約100℃ほどのスチームになり、火傷などの危険もあります。

そのため、加熱中や圧力が高い間はタンクのキャップが開けられなくなる「セーフティキャップ」を搭載しているモノなど、セーフティ機能が付いているモデルがおすすめです。

また、子どもがイタズラしても簡単にスイッチが入らないようにする「チャイルドロック」機能も重要。さらに、異常な高温になった際に自動で電源が切れる「温度ヒューズ」が搭載されているモデルもあります。

スチームクリーナーのおすすめメーカー

ケルヒャー(KARCHER)

By: amazon.co.jp

「ケルヒャー」は、業務用および家庭向けの清掃システム販売で世界的に有名なドイツの企業です。グローバルに営業展開しており、売上の85%はドイツ国外の実績と言われています。

家庭向けの清掃関連製品は、高圧洗浄機およびスチームクリーナーが代表的。オフィスや工場などの業務用清掃洗浄システムに導入されていることも多く、ハイクオリティなスチームクリーナーを探している方におすすめのメーカーです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

By: rakuten.co.jp

照明機器や収納インテリア、ガーデニング製品など、生活関連製品を幅広く取り扱っており、リーズナブルな価格でも人気のメーカーです。ユーザーのニーズを反映した製品開発も好評。スチームクリーナーは、リーズナブルで使い勝手がよいのが特徴です。

シャーク(Shark)

By: rakuten.co.jp

ボストン生まれの家庭用フロアケアブランドです。2018年7月に日本に上陸したブランドで、手に取りやすい価格で使いやすい製品を販売しているのが特徴。

「最も売れているコードレススティック掃除機よりも強モードで確実にゴミを取り除きます」というインパクトのあるキャッチコピーの掃除機を販売したことでも有名で、着々と日本の掃除家電のシェアを伸ばしています。日本の生活環境に合わせた製品が魅力なブランドです。

スチームクリーナーのおすすめ|ハンディタイプ

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) スチームクリーナー コンパクトタイプ STM-304N

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) スチームクリーナー コンパクトタイプ STM-304N

約1.2mのホースを採用しているハンディタイプのスチームクリーナーです。本体を置いたままノズルだけ伸ばして使えるので、使い勝手がよいのがポイント。スイッチが手元にあるため、本体を操作することなく効率よく掃除ができます。

加熱方式はボイラー式で、約100℃の高温・高圧のスチームで頑固な汚れもすっきり洗浄。洗剤を使わないため、小さな子どもがいる家庭でも安心して使用できます。

スチームが当たりにくいカーブを描いた部分や、魚焼きグリルなどの金網も掃除できるポイントパッドなど、付属のアタッチメントが豊富なのもポイント。ほかにも、シールやガムのこびりつきをはがせるスクレイパーなど、掃除のプロが使うアイテムを家庭でも使えます。

内部の圧力が下がるまでキャップが開かないセーフティキャップや、2段階のチャイルドロック、温度ヒューズなどを採用。安全性に配慮されているのもポイントです。

iSiLER スチームクリーナー

iSiLER スチームクリーナー

350mlの給水タンクが付属したハンディタイプのスチームクリーナー。本体重量約1.4kgとコンパクトながらも連続使用時間が10分間のため、気になる汚れをしっかり掃除できます。

「ナイロン製ブラシ」と、ブラシの毛の部分が真ちゅう製のブラシが付属しており、こげなどのこびりついた汚れ落としにもおすすめ。ほかにも布用ブラシや窓用ブラシなどアタッチメントが豊富なため、家中の掃除に活躍します。

給水キャップの内側には耐高温性のアルミ合金を施すことで、キャップの開閉がスムーズに行えるのもポイント。チャイルドロックも付いているため、小さな子どもがいる家庭でも安心して使用できます。

MidasAgent スチームクリーナー

MidasAgent スチームクリーナー

ノズルを付け替えることで7通りの使い方ができるスチームクリーナー。キッチンの油汚れから窓や布の汚れまで、さまざまな場所を掃除できます。洗剤を使わず、スチームだけで汚れや雑菌を落とすので、小さい子どもがいる家庭でも安心です。

強力な120~130℃の高温高圧蒸気を使用するため、ハンディながらも頑固な汚れに対応。電源を入れてからおよそ1〜3分ほどでスチームが噴射できるので、使いたい時にさっと使えるのがポイントです。

約1.2kgコンパクトなボディは片手で持ちやすく、腕が疲れにくいのも特徴。約3mのコードを内蔵しているため、何度もコンセントを挿し替える必要がありません。

勝手にフタが空かない安全ロックや、水がなくなった時の温度の異常上昇を感知する自動電源オフ機能など、セーフティ機能も充実。小さな子どもやペットがいる家庭でも安心して使用できます。

Light’n’Easy ポータブルスチームクリーナー

Light’n’Easy ポータブルスチームクリーナー
本製品はスチームの温度を140℃に保って連続噴射できるのがポイント。普段の掃除ではなかなか落とせない汚れや、長年ため込んでしまったしつこい汚れを掃除するのに役立ちます。連続で最大20分間のスチーム噴射ができるので、広範囲の掃除が可能です。

高温のスチームにより家庭内に潜むバクテリアなどを99.99%除菌する効果が期待できるため、小さな子どもやペットがいる家庭に最適。付属のアタッチメントが豊富なので、窓掃除や床掃除に加えてガスレンジや換気扇の掃除も楽にできます。

また、使用途中に水の継ぎ足しができるため、長時間連続で使用可能。本体重量が約1.4kgと軽く約5mのロングコードを採用しているので、片手に持ったままコンセントを挿し替えずに掃除できます。家中を徹底的にきれいにできる使い勝手のよい製品です。

スチームクリーナーのおすすめ|スティックタイプ

ケルヒャー(KARCHER) スティックスチームクリーナー SC1 EasyFix

ケルヒャー(KARCHER) スティックスチームクリーナー SC1 EasyFix

軽量・コンパクトで毎日手軽に掃除したい方向けのスティックタイプのスチームクリーナーです。加熱時間が約3分と使いたい時にすぐに使えるのもポイント。連続使用時間は約6分のため、毎日の床掃除に使用したい方にもおすすめです。

加熱方式は本格ボイラー式で、ボイラー内で約143℃、吐出口で約100℃の高温スチームを噴射。安定した温度と圧力で溜まった汚れもしっかり落としてくれます。梅雨時期のベタつきや、カビ対策にもぴったり。

クロスに付属した面ファスナーと大きなタグによって、手を汚さず簡単に交換できる新型ノズルを採用しているのもポイントです。スチームが均等に出るため、同じ場所を何度も掃除する必要がありません。また、ノズルのジョイント部分が自在に動くため、家具やソファ、ベッドの下も楽に掃除できます。

ロック機能付きのスチームボタンや、使用中は開かない安全バルブなど、セーフティ機能も充実。ノズル部分を付け替えればハンディタイプとしても使用できるのもポイントです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 2WAYスチームクリーナー STP-202

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 2WAYスチームクリーナー STP-202

スティックタイプとしてもハンディタイプとしても使える2WAYタイプのスチームクリーナー。ハンディタイプの場合はタッチセンサーに触れるだけで簡単に噴射できるため、作業中に指や手が疲れにくいのもポイントです。

スティックタイプは傾きセンサーを搭載。本体を15°以上傾けると自動でスイッチが入るので、かがむ必要がありません。さらに、自立するため使用しない時にはすっきりと収納できます。垂直に立てるとスチームが自動でオフになるので安全性も良好です。

また、3段階のスチーム切り替え機能を搭載。スチーム量とヒーター出力を組み合わせると全部で9つのモード切り替えが可能です。汚れの種類や床の材質に合わせて出力を調整できます。そのため、フローリングやキッチン汚れだけでなく衣類のシワ伸ばしにも使用可能です。

電源コードが5mと長く、タンク容量も約300mlあるため長時間の使用にもおすすめ。連続使用時間は最大20分間なので、広範囲の掃除にも適しています。加熱時間が約30秒と短く使いたくなった時にさっと使えるため、日常使いに向いている製品です。

シャーク(Shark) ジーニアススチームモップ

シャーク(Shark) ジーニアススチームモップ

さまざまな床の汚れを徹底的に落とすことに特化したスチームクリーナーです。キッチンやリビングの床だけでなく、玄関やお風呂タイルなどあらゆる床を掃除できます。部屋の四隅や家具のすき間も簡単に掃除できる三角ヘッド付きなのもポイントです。

「インテリジェントスチームコントロール」機能を搭載しており、汚れの種類や床の材質に合わせて理想的なスチーム量を選択可能。また、ヘッドを裏返すだけで高温スチームを直接噴射できる「スチームブラスターテクノロジー」によって頑固な汚れも吹き飛ばします。

タッチフリー設計を採用しているため、パッドの取り付けがボタン1つで簡単に行えるのもポイント。掃除した後に汚れたパッドに触れる必要がありません。掃除する時も収納する時も便利な自立式モップと、着脱式の給水タンクなど毎日手軽に使える工夫がされているおすすめの製品です。

ライト&イージー(Light’n’Easy) スチームクリーナー

ライト&イージー(Light’n’Easy) スチームクリーナー

フローリング・畳・玄関タイルなどを手軽に掃除できるモップ付きのスチームクリーナー。100℃を超える高温スチームで除菌しながら掃除するため、清潔さを保ちながら床を磨くことができます。

独自設計のG2ボイラー式を採用しており、ボイラー内部で140℃までしっかり加熱された高温スチームを噴射。しつこい汚れもしっかり落とせます。起動時間がわずか20秒と、使いたくなった時にすぐ使用できるのもポイントです。

ハンドル式で軽量なため、片手でもスイスイ操作が可能。スチームモップトレイ・カーペットグライダー・マイクロファイバーなどの付属品も豊富なため、床の素材を選ばず掃除できます。

自立式で収納時はコードをまとめてすっきり収納できるため、リビングの使いやすいところに置けるのもポイント。セーフティ機能も搭載しているため、小さな子どもがいる家庭でも安心して使用できます。

ドウシシャ(DOSHISHA) ピエリア スチームクリーナーDSM-1601YL

ドウシシャ(DOSHISHA) ピエリア スチームクリーナーDSM-1601YL
本製品は高温のスチームを大量に噴射する「凄ボイラー」が特徴。しつこい泥汚れや油汚れをしっかり浮かせてから拭き取るので、キッチン周りや玄関の掃除に向いています。100℃の高温スチームで床やキッチンなどの除菌効果が期待できるのも魅力です。

電源スイッチを入れてから約10秒で立ち上がる素早さもポイント。汚れが気になったらすぐに掃除できます。アタッチメントも豊富なので、スティッククリーナーとしてだけでなくハンディやホースに形状を変えてさまざまな場所の掃除が可能です。

スチームの噴射量を無段階に調節できるため、床や壁などの材質に合わせて使用できます。ノズルが未装着の状態だとスチームが噴射されない安全設計を採用していることもポイント。コンパクトでも家中を幅広く掃除できる便利な製品です。

iwoly スチームクリーナー M11

iwoly スチームクリーナー M11
振動機能付きモップヘッドを搭載し、頑固な汚れを掻き出すように掃除できるスチームクリーナー。付属のカーペットライダーに本体を載せると畳やじゅうたんの上をスムーズに動かせるので、力を入れなくても楽に掃除できるのが魅力です。

本体の手元部分にスイッチがあり、スチーム量を2段階で調整することが可能。水タンクは約410mlの容量があり、20分間の連続使用ができるので汚れが気になる場所を集中して掃除できます。電源コードが5mと長くて使いやすいのもポイントです。

スチームモップを垂直に立てると、自動でスチームがオフになる機能も便利。急に作業を中断したいときでも慌てずに対処できます。電源コードは本体のフックに巻き込んですっきり収納することが可能。細かい機能に気配りを感じる使いやすい製品です。

スチームクリーナーのおすすめ|キャニスタータイプ

ケルヒャー(KARCHER) スチームクリーナー SC 4 EasyFix プレミアム

ケルヒャー(KARCHER) スチームクリーナー SC 4 EasyFix プレミアム

新型ノズルを採用し、付属のアタッチメントを充実させることで家中の掃除を可能にしたスチームクリーナー。ボイラーで加熱した約100℃の高温スチームが頑固な汚れもしっかり浮かせて取り除きます。

加熱時間は約4分必要ですが、給水タンクを取り外しができるため、使用中に水がなくなってもすぐ給水可能。連続して2時間まで使用できます。

また、独自設計のフロアノズルはタグを引っ張るだけで手を汚さずにクロスが交換できる優れもの。ラメラ構造によってスチームがクロス全体に行き渡るため、1回で均等に掃除できます。何度も同じ箇所を往復する必要がないため、掃除時間の短縮が可能です。

ノズルの角度が自由に変えられるので、家具の下など狭い場所の掃除も簡単。付属のアクセサリーの種類が非常に豊富なため、家中の気になる箇所をまとめて掃除できます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) スチームクリーナー キャニスタータイプ STM-416

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) スチームクリーナー キャニスタータイプ STM-416

1.5Lという大容量給水タンクが特徴のキャニスタータイプのスチームクリーナー。加熱方式はボイラー式で、約100℃の高温スチームがこびりついた油汚れもしっかり落とします。汚れた畳やカーペットも洗剤を使わず手軽に掃除できるのがポイントです。

加熱時間が約14分と、起動に時間はかかるものの連続使用時間が40分と長時間使えるのが特徴。さらに、コードが4mもあるため、広い範囲を一度に掃除できます。約190cmのロングホースを採用しており、腰をかがめる必要がないのも嬉しいポイントです。

そのほか、21点ものアタッチメントが付属。マイクロファイバーパッドは2種類の固さの異なる繊維で頑固な汚れを吸着します。コンロの掃除に便利なポイントブラシや、窓用クリーナーなども付いているため、窓掃除から衣類のシワ伸ばしまでさまざまなシーンで活躍するスチームクリーナーです。

スチームファースト(SteamFast) スチームクリーナー

スチームファースト(SteamFast) スチームクリーナー

アメリカでも人気のキャニスタータイプのスチームクリーナー。連続使用時間45分と長時間の使用に対応しているため、家中の掃除を一気に済ませられます。

高温で高い噴射力があるボイラー式を採用しており、頑固な汚れにも対応。スイッチロック機能を搭載しているため、掃除中ずっとスイッチを押し続ける必要がありません。

また、スチームクリーナーと相性のよい専用洗剤「スチームマジック」が付いているのもポイント。スチームファーストと一緒に使うことで約10倍の掃除効果が期待できます。専用洗剤はすすぎ不要で、万が一口に入っても安全な素材だけで作られているため、赤ちゃんのいる家庭でも安心です。

13種類もの専用アタッチメントが付属しているので、床・窓ガラス・キッチン・換気扇・お風呂場などあらゆるところの掃除が可能。価格もキャニスタータイプのなかでは手軽で手が出しすいのも特徴です。

スチームクリーナーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

スチームクリーナーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。