高温スチームでしつこい汚れを掃除する「スチームクリーナー」。家中まるごと使えるタイプから、使用用途に合わせたコンパクトなタイプまで、さまざまな種類がラインナップされています。

そこで今回は、スチームクリーナーのおすすめモデルをピックアップ。スチームクリーナーのおすすめメーカーや選び方もあわせてご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

スチームクリーナーとは?

By: amazon.co.jp

スチームクリーナーとは、約100℃まで熱した高温の蒸気を汚れに当てて浮かせることで落としやすくする掃除機具のこと。通常の水拭きでは落としきれないキッチンの頑固な油汚れはもちろん、床にこびりついた皮脂汚れや布製品に深く付着した染みも蒸気を当てるだけで簡単に除去できます。

さらに、単に汚れを落とす以外にも多彩な用途に使えるのもスチームクリーナーの魅力。高温スチームの力で風呂場や洗面所でカビの発生を予防したり、カーペットの奥に潜むダニを駆除したりなどができます。宅内のさまざまな場所をよりきめ細かく清掃したい方におすすめです。

スチームクリーナーのメリット・デメリット

メリット

By: amazon.co.jp

高温の蒸気を当てるだけで頑固な汚れを落とせるのがスチームクリーナーのメリット。洗剤を使わなくても十分なクリーニング効果が得られるため、カーペット・ソファ・自動車の車内など洗剤の使用を躊躇するような場所にも気軽に使えます。

使用後に洗剤をしっかりと除去したか確認する必要がないのもメリット。拭き残した洗剤で健康に害を及ぼす心配がないため、赤ちゃんやペットがいる家庭でも安心して掃除できます。

使用中に水を噴射しないのもメリット。高圧洗浄機と異なり周囲がびしょ濡れにならず、使用後に撒き散らかされた水の後片付けをしなくて済むので、風呂場や屋外以外でも気にせず清掃に使用できます。

デメリット

使用できる場所に一部制限があるのがスチームクリーナーのデメリット。例えば、塗装が施された車体の外装や、ペンキの塗られた家の外壁などを清掃する場合、高温の蒸気によって塗装が剥がれたり、外装が変質して脆くなったりすることもあります。

車体や家の外壁などに付着した汚れを清掃したい場合は、素材に与える影響の少ない高圧洗浄機を使用しましょう。

スチームクリーナーの選び方

形状タイプを選ぶ

汚れが気になるときにさっと使える「ハンディタイプ」

By: amazon.co.jp

気になった場所を気軽に清掃したい場合にはハンディタイプのスチームクリーナーがおすすめです。軽量コンパクトで小回りが効くのが特徴。重さ1〜2kg程度のモノが多く、片手で楽に扱えます。

キッチンのコンロ周りや洗面所の水回りなど清掃箇所まである程度の高さがある場所も軽快に掃除が可能。また、電子レンジの庫内や自動車の車内などスペースの狭い場所を清掃する場合にも重宝します。

ただし、給水タンクの容量が小さいのが難点。連続で使用できるのは10分程度と短いので長時間の清掃には向きません。また、付属するノズルのサイズも小さいため、床やカーペットなど広範囲を清掃する場合には手間がかかります。

フローリングをきれいに「スティックタイプ」

By: amazon.co.jp

掃除機のように手軽に使えるのがスティックタイプのスチームクリーナー。主にフローリングの床掃除や窓の掃除など、広い面をサッと掃除したい方におすすめのタイプです。

また、ハンディタイプと違い床を滑らせて作業ができるので、腕が疲れにくいのも魅力。なお、給水タンクがそこまで大きくないことから、長時間の作業にはあまり適していないことに留意しておきましょう。

長時間使うなら「キャニスタータイプ」

By: amazon.co.jp

長時間掃除したい方におすすめのタイプ。本体サイズが大きい分、容量の大きな給水タンクを搭載しているのがポイントです。がんこな汚れもしっかりと落とします。

また、ノズル部分が軽く、作業しやすいのも魅力。窓や網戸、レンジフードなど高さがある箇所でも腕の疲れが気になりにくいのがポイントです。

ただし、コード付きの製品がほとんどなので、移動の自由度は低め。家中を掃除する場合は、コンセントの抜き差しが必要です。キャニスタータイプを選択する際は、コードの長さも確認しておきましょう。

加熱方式をチェック

がんこな汚れには「ボイラー式」

By: amazon.co.jp

給水タンクが密閉されているのがボイラー式の特徴。密閉状態で水を加熱することで内部の圧力が高まり、ノズルを引くと水蒸気が一気に噴射します。

ボイラー式は「加圧噴射方式」とも呼ばれており、噴射する蒸気の温度の高さだけでなく、噴射の勢いが強いのもポイント。手ごわい汚れや細かい箇所の掃除におすすめです。

手軽に使える「パネル式」

熱した板状パーツの上に水を流して沸かすタイプです。加熱の待ち時間が短いのがメリット。使いたいときにさっと使えるため、毎日の拭き掃除やキッチン汚れにもおすすめです。

なお、ボイラー式に比べると噴射時の圧力が低く、がんこな汚れは落ちにくいこともあるので留意しておきましょう。ボイラー式に比べると本体価格が安いため、スチームクリーナーの導入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

重量をチェック

By: shark.co.jp

スチームクリーナーを使って掃除をするときは、使う時間が比較的長くなりがち。腕や手首の負担を軽減するためにも、本体重量はできるだけ軽いモノを選ぶようにしましょう。

目安としてはハンディタイプなら1~2kg以下、スティックタイプやキャニスタータイプであれば4kg程度がおすすめ。本体重量だけでなく、タンクに水を入れた後の重量も考慮して選んでみてください。

使い勝手のよさも重要

By: amazon.co.jp

スチームクリーナーを選ぶ際には、自分にとって使い勝手がよいかどうかもチェックしましょう。広い場所を掃除するのが目的ならば、スチーム噴射時間が長いモノがおすすめ。キッチンなどの狭い場所には、コンパクトで持ち上げやすいモノを使った方が楽に掃除できます。

アタッチメントの種類も重要なチェックポイントです。サッシの隙間などを掃除したい場合は、先端が細いノズルが付いているか確認しましょう。ガスレンジにこびり付いた油などの汚れには、ブラシアタッチメントを使うと楽に掃除できます。

アタッチメントの種類をチェック

By: amazon.co.jp

スチームクリーナーに使えるアタッチメント種類もさまざま。ソファや家具などの布製品に使えるモノや、窓掃除やフローリング掃除専用のモノなど、掃除する場所に合わせて使い分ける必要があります。

本体価格が安くても、アタッチメントが別売りだと結果的に高額になってしまう場合もあるので注意が必要。使いたいアタッチメントが付属しているかどうかもチェックしてみてください。

安全機能をチェック

約100℃の高温蒸気を使用するため、スチームクリーナーは安全機能が付いているかどうかも重要。不意に蒸気が噴出しないロック機能を備えた製品や、高温時にタンクの蓋が開かないように設計されている「セーフティキャップ」が付いている製品がおすすめです。

特に小さな子供がいる家庭では、いたずらによる誤作動を防ぐためにも「チャイルドロック機能」が付いているとより安心。気になる方は、チェックしてみてください。

スチームクリーナーのおすすめメーカー

ケルヒャー(KARCHER)

By: amazon.co.jp

ドイツ企業の「ケルヒャー」は、業務用および家庭向けの清掃システム販売で、世界的に有名なブランドです。スチームクリーナーに関しては日本でも多くの人気を集めており、オフィスや工場など企業向けの業務用清掃洗浄システムなどにも導入されています。アタッチメントの数が豊富で、自由に組み合わせられるのも魅力です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

By: amazon.co.jp

家電製品や便利器具など、幅広く製品を扱っているブランド。リーズナブルな価格帯で購入できるアイテムを多く取り揃えているのが特徴です。同ブランドのスチームクリーナーは、シンプルで使い勝手に優れているのがポイント。お手頃価格で購入できるスチームクリーナーを探している方にぴったりです。

シャーク(Shark)

By: shark.co.jp

「シャーク」は、家庭向けフロアケアブランド。手に取りやすい価格帯で、使い勝手に優れた製品をラインナップしているのが特徴です。同ブランドのスチームクリーナーは、ハンディタイプから床専用タイプまで種類が豊富。使い方もシンプルなので、スチームクリーナーの導入を検討している方におすすめのブランドです。

スチームクリーナーのおすすめ|ハンディタイプ

ケルヒャー(KARCHER) スチームクリーナー SC MINI

使用中の取り回しや収納が簡単にできる

水だけで掃除と除菌作業が同時に行えるハンディスチームクリーナーです。洗剤やアルコールを使わず、頑固な汚れと一緒に除菌が可能と謳われています。家族がよく触れる場所や目に見えない場所の除菌作業にもおすすめです。

小型ながら加熱方式にボイラー式を採用しているのもポイント。水を入れてから噴射を開始できるまでのヒートアップ時間が約3分と短いため、気軽に使用可能です。また、約6分の連続噴射が行えます。

本体質量1.6kgの軽量コンパクトボディなので、使用中の取り回しや収納が簡単にできるのも特徴。スチームロック機能も備えているため、小さな子供がいる家庭でも安心して使えます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) スチームクリーナー コンパクトタイプ STM-304N

高温スチームで掃除と除菌作業が同時に行える

コスパに優れたハンディスチームクリーナーです。手頃な価格ながら加熱方式にボイラー式を採用しているのが特徴。パネル式よりも安定したパワフルな高温スチームで掃除と除菌作業が同時に行えるので、コスパを重視する方にもおすすめです。

清掃のプロ用を含め6種類のアタッチメントが付属するのもポイント。「ポイントパッド」を装着すればシンクの水垢やグリル網の焦げつきもしっかり洗浄可能です。また、「スクレイパー」を使えば床にこびりついたガムやシールを削ぎ落とすのが楽になります。

「セーフティキャップ」や2段階式の「チャイルドロック」など3種類の安全装置を搭載しているのも魅力。ヒートアップ時間は約5分で、約12分の連続噴射が可能です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) キッチンクリーナー STM-304KC

約100℃のスチームで油汚れを浮かせる

キッチン周りを徹底的に掃除したい方におすすめの製品です。約100℃のスチームでガスコンロなどの油汚れを浮かせて落とせます。五徳などにこびり付いた汚れもきれいに落とせるのがポイントです。

グリルの掃除に適したポイントパッドや、鍋の焦げ付きを落とせる真鍮ブラシも付属していて便利。洗剤を使わずに油汚れを落とせるため、掃除後の後始末にほとんど手間がかかりません。

1.2mのロングホースで高い場所の汚れもきれいに掃除可能です。コンパクトノズルはテーブルなどの広い面を掃除するのに適しています。キッチンの油汚れを解消したい方におすすめのスチームクリーナーです。

シャーク(Shark) ハンディスチームクリーナー SA1001J

汚れが気になったときに気軽に使える

1台でさまざまな場所を素早く掃除できるハンディスチームクリーナーです。パネル式でスチームが出始めるまでのヒートアップ時間が30秒と短いのが特徴。クイックスタートが可能なので、汚れが気になったときに気軽に使いたい方におすすめです。

本体重量約1.55kg、幅13.1×奥行29.2×高さ18.1cmと軽く小さいため、取り回しが苦にならないのもポイント。コードが5mと長いので、コンセントから離れた場所でも快適に掃除できます。

3種類のアクセサリーが付属するのも魅力。ホースと小型ポケットツールを組み合わせれば、テーブルなどの広い面や手の届きにくい狭い場所も楽に掃除可能です。また、衣類用スチーマーを装着すれば、衣服のシワ取りにも活用できます。

ライト&イージー(Light’n’Easy) スチームクリーナー ハンディタイプ V2 SteamGo LE-ST-06

衣類用スチーマーとしても活用できる

小型ながら高い持久力を持つハンディスチームクリーナーです。重さ約1.4kgの軽量コンパクトボディに430mlの大容量タンクを搭載。約20分の連続使用が可能なので、宅内に点在する複数の箇所をまとめて掃除したい場合にもおすすめです。

急速ヒートアップと安定駆動を実現した独自設計の「G3ボイラー」を搭載するのも特徴。160℃まで加熱し、水を入れてからわずか約20秒でスチーム噴射を開始できるため、掃除と同時に除菌作業もしっかり行えます。

豊富なアタッチメントが付属するのも魅力。噴射ノズル・スクレーパー・ブラシヘッド・スリムブラシなどを場所や用途に応じて付け替え可能です。また、衣服のシワ取りが行える衣類用スチーマーとしても活用できます。

ブラック&デッカー(Black+Decker) ハンディスチームクリーナー SteaMitt FSH10SM

ミットタイプの直感的に掃除できるハンディスチームクリーナーです。ヘッド先端にミットタイプのマイクロファイバー製パッドを搭載。ミットを手にはめることで、スワイプやグリップなどの動作をそのまま反映しながら掃除できるため、複数のアタッチメントを取り替えるのが面倒な方にもおすすめです。

テーブルなどの平面はもちろん、蛇口や椅子の脚などの曲面に付いた汚れも隅々まで除去できるのもポイント。さらに、表面に付着した菌も除去できると謳われているので、掃除と同時に除菌作業も行えます。

重さ約1.66kgの軽量ボディにはホースが付属するため、本体を置いたまま高所の清掃が行えるのも魅力。安全面も配慮されており、電源ボタンとスチームボタンを押さないと噴射を開始しない方式を採用しています。

MLMLANT スチームクリーナー MLA-SC112

コスパ良好のハンディスチームクリーナーです。容量350mlの給水タンクを備えており、最長30分の連続噴射が可能。本体は軽量コンパクトで片手でも簡単に扱えるため、普段使いにもおすすめです。

リーズナブルな価格ながら合計9点のアクセサリーが付属するのもポイント。台所の換気扇やエアコンを掃除する際などに重宝する「湾曲ノズルヘッド」や、衣類やソファなどに使える「ファブリックスチーマー」などのアタッチメントも同梱されています。

本体ノズルは角度を自在に調節できるので、通常は困難な位置にある汚れも掃除可能なのも魅力。安全カバーやセキュリティロックなど安全性に配慮した設計も施されています。

スチームクリーナーのおすすめ|スティックタイプ

ケルヒャー(KARCHER) スチームクリーナー SC 1 EasyFix プレミアム

強力な洗浄力と扱いやすさを兼ね備えた高性能なスティックスチームクリーナーです。加熱方式にボイラー式を採用しており、ヒートアップ時間が約3分と短いのが特徴。約6分の連続噴射ができ、毎日手軽に掃除したい方におすすめです。

新設計の「イージーフィックスフロアノズル」を採用しているのもポイント。ノズル全体から均等にスチームが出る構造と水平を保つ設計によって、ムラなく清掃できます。面ファスナーと大きなタグによって手を汚さずにクロスを交換できるのも魅力です。

安定した高温スチームを噴射することで掃除と同時にカビなどを除去できると謳われています。また、本製品はプレミアムバージョンで、同梱する標準アクセサリーの種類が充実しているのが特徴です。

ケルヒャー(KARCHER) スチームクリーナー SC Upright 15133490

狭い場所を楽に掃除できるモノを使いたい方におすすめの製品です。約6cmの家具下まで入り込めるフロアノズルを搭載しており、普段の掃除で手が届かない床もきれいに拭けます。

約100℃の高温スチームで、床の汚れを浮かせて落とすのが特徴です。パワフルスチームでカビなどを除去すると謳われています。

フロアノズルよりひと回り大きいクロスを採用しており、部屋の角まできれいに掃除可能です。手が届きにくい場所もきれいに拭けます。スリムでおしゃれなデザインも魅力。スタイリッシュなスチームクリーナーを探している方にもおすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 3WAYスチームクリーナー STP-102

汎用性の高い3Wayタイプのスチームクリーナーです。付属のアタッチメントを付け替えることで、スティック・ハンディ・フレキシブルノズルという3通りの形態で使い分けが可能。1台でさまざまな場所を掃除したい方におすすめです。

スティック形態で使用するコンパクトフロアノズルの先端には、約80°の角度調節が可能な「フレキシブルヘッド」を搭載しているのも特徴。低く狭い場所にもノズルを簡単に這わせられるので、テーブルやソファの下を掃除する場合にも活躍します。

加熱方式にパネル式を採用しているのもポイント。水の継ぎ足しが行えるため、タンク容量を気にせず掃除を続けられます。ヒートアップ時間が約40秒と短いのも魅力です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 2WAY スチームクリーナー STP-202W

豊富なパーツを組み合わせて家中のさまざまな場所を掃除できるスチームクリーナーです。換気扇の掃除に適したポイントブラシ、高い場所の掃除に便利なコンパクトヘッドと延長ホースなどが付属しています。汚れを浮かせて吹き飛ばしたいサッシなどは、本体のみで掃除可能です。

モップ用マイクロファイバーパットは、フローリングや畳などの広い場所の掃除に適しています。約100℃のスチームで床掃除ができるのもポイントです。

傾きセンサー搭載で、本体が傾くと自動で電源が入るので便利。水を入れてから約30秒でスチームを噴射できるため、時間がないときでもサッと掃除できます。ハンディとスティックの2WAYで使える高機能な製品です。

シャーク(Shark) スチームモップ S1000J

シンプル操作で扱えるエントリーモデルのスティックスチームクリーナーです。重さ1.7kg、幅28×奥行14.5×高さ108.5cmと比較的軽量でコンパクト。使うときは水を入れて蒸気の力で拭くだけと単純なので、スチームクリーナーを初めて使う方にもおすすめです。

コンパクトなモップヘッドを搭載しているため、掃除機などが届きにくいスペースや窓もしっかり掃除できるのも特徴。2枚付属するマイクロファイバーの専用パッドは水洗いができるので、汚れても洗えば繰り返し使用できます。

本体は自立できる構造を採用しているため、掃除するときも収納するときも邪魔になりにくいのもポイント。また、375mlの容量を持つ着脱式タンクも備えており、給水作業も手軽に行えます。

シャーク(Shark) ジーニアススチームモップ S5013J

床の汚れを徹底的に落とすことに特化したスティックスチームクリーナーです。モップパッドの付け根に高温スチームの噴射口を備えているのが特徴。ヘッドを裏返すだけで集中噴射によって頑固な汚れを剥がれやすくするので、フローリングのこびりつきなども簡単に拭きとれます。

吸水・吸着力の高いマイクロファイバーと、汚れを擦り取るスクラブ素材を採用した専用パッドが付属するのもおすすめポイント。タッチフリー設計によって手で触れずにパッド交換が可能なため、使用後の後片付けも手を汚さずに行えます。

汚れの種類や掃除面の材質によって噴射するスチームの量を調節できるのも魅力。また、部屋の隅を掃除する際に重宝する「三角ヘッド」などのアタッチメントも付属します。本体の長さが平均的な日本人の身長に合うように設計されているのも特徴です。

シャーク(Shark) 2-IN-1プロスチームモップ S3974J

シーンに応じてハンディ型としても活用できる2in1タイプのスティックスチームクリーナー。モップとハンディが一体になっており、脱着が簡単に行えるのが特徴です。キッチンの油汚れや洗面所の水垢を掃除したり、衣類のシワ取りを行ったりする際にも便利なので、1台でさまざまな用途に使いたい方にもおすすめ。

スティック型のスチームクリーナーとしても高性能なのもポイントです。2種類の素材を組み合わせた強力な洗浄力を備える専用パッドが付属するほか、掃除する場所の材質や汚れの種類によって噴射するスチームの量を調節できる機能も搭載。さらに、パッドの交換が手を汚さずに行えるため、掃除後の後片付けも快適に行えます。

ライト&イージー(Light’n’Easy) SteamGo モップタイプ S5 LE-ST-05

高温で除菌作業をしながら拭き掃除できるおしゃれなスティックスチームクリーナーです。ボイラー内で140℃まで加熱されたスチームを高温のまま噴射。拭き掃除と同時に除菌できると謳われているため、効率よく清掃を行いたい方にもおすすめです。

蒸気や熱を逃さず内側に閉じ込められるように設計されたモップヘッドを搭載しており、無駄のない清掃や除菌作業が可能なのも特徴。また、スチームの吐出量を直感的な動きで調節できる「スチームコントロールポンプ」を備えています。

日本の伝統工芸からヒントを得た美しいデザインが魅力。部屋のインテリアに自然と溶け込みやすく、約1.8kgの軽量ボディなので力を入れずに簡単に持ち運べます。別売の専用カーペットリングを使えばカーペットの清掃も可能です。

フュージョン スチームクリーナー ハイブリッド次世代型

浄水機能付きのスチームクリーナーです。加熱器内部に白い沈殿物が目詰まりしにくいのが特徴。長く使えるモノを探している方におすすめです。

100℃を超えるドライスチームで浮かせた汚れをマイクロファイバーパットできれいに拭き取ります。また、可動式ヘッドを採用しており、部屋の隅もスムーズに掃除できるので便利です。

モップを外すとサッシの溝やタイルの目地をきれいに掃除できるハンディスチームクリーナーとして使えます。スタイリッシュなデザインでおしゃれなのも魅力のひとつ。カラーはピンクとブラックをラインナップしています。

スチームクリーナーのおすすめ|キャニスタータイプ

ケルヒャー(KARCHER) スチームクリーナー SC 2 EasyFix

コスパと高性能を兼ね備えたキャニスタースチームクリーナーです。加熱方式にボイラー式を採用しており、約6分の短時間でヒートアップが可能。連続噴射時間も約30分と長いので、休日などに家中をまとめて掃除したい方にもおすすめです。

使いやすさがより向上した「イージーフィックスフロアノズル」を搭載しているのも特徴。独自設計の採用によって一度のスワイプでムラなく掃除できるほか、可動式のジョイント部分で家具の下も快適に清掃可能です。

本体にはフロアノズルなどを立て掛けられる「アクセサリー収納ホルダー」が搭載されているため、作業を一時中断する際にも便利。また、2段階の「スチーム量調節機能」や、「スチームロック機能」も備えています。

ケルヒャー(KARCHER) スチームクリーナー SC 3 EasyFix

手早く掃除が始められるキャニスタースチームクリーナーです。内部のコイルに電気を流して熱を発生させるフローヒーター式を加熱方式に採用。たった35秒でヒートアップが可能なので、汚れに気付いたらすぐに掃除を始めたい方におすすめです。

水の継ぎ足しも行えるため、給水の度に中断せず掃除を続けられるのがポイント。また、内蔵のスケール除去カートリッジが水垢やカルキを入口で取り除くため、通常のボイラー式と違って内部を定期的に清掃する手間が不要なのも魅力です。

「イージーフィックスフロアノズル」を搭載しているのが特徴。柔軟なヘッドの動きでムラなく掃除できるほか、クロスも手を汚さずに交換可能です。2段階のスチーム量調節機能やアクセサリー収納ホルダーも備えています。

ケルヒャー(KARCHER) スチームクリーナー SC 4 EasyFix プレミアム

安定した高温噴射と長時間の連続使用を両立した高性能なキャニスタースチームクリーナーです。取り外し可能な給水タンクを搭載。ボイラー式を採用しながら使用中でも水を自由に継ぎ足せるので、休日に高圧縮の高温スチームで家中や車内などをまとめて掃除したい方にもおすすめです。

ボイラー内で約143℃、吐出口で約100℃の蒸気を圧縮して噴射できるのも特徴。こびりついた油汚れもごっそり落とせるのはもちろん、清掃と同時に除菌できると謳われています。
使いやすくなった新設計の「イージーフィックスフロアノズル」を搭載しているのもポイント。本製品はプレミアムバージョンで、付属する標準アクセサリーの種類が充実しているのも魅力です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) スチームクリーナー キャニスタータイプ STM-410E

コスパに優れたキャニスタースチームクリーナーです。低価格ながら1Lの大容量タンクを搭載しているのが特徴。最長で約30分の連続噴射が可能なので、導入コストを抑えつつ家中をまとめて掃除したい方にもおすすめです。

加熱方式にはボイラー式を採用しているのもポイント。安定した約100℃の高温スチームを噴射できるため、清掃と同時に防カビにも効果があると謳われています。また、大容量タンクを備えながら約8分という短時間でヒートアップが可能です。

さまざまな場所の掃除に活用できるアクセサリーが充実しているのも魅力。セーフティキャップやチャイルドロックなど、安全性に配慮した設計もしっかりと施されています。

MLMLANT スチームクリーナー MLA-SC541

長時間使用できるおすすめのスチームクリーナーです。本製品は水タンクが1.5Lと大容量で、最大35分間スチームを噴射できます。床を一気に拭き掃除できるので便利です。

丸ブラシやガラスブラシを付属しており、床以外の場所にも使えるのがポイント。お風呂や洗面所の掃除もできるため、家中を清潔に保てます。掃除場所に合わせてスチーム量の調節も可能です。

スチームロックボタンで連続スチームを噴射できるので、広い場所の掃除が楽にできます。電源コードが5mと長く、車のシートやマットの掃除も可能です。汚れが気になる場所をじっくり掃除したい方に適しています。

スチームクリーナーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

スチームクリーナーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。