思い通りのパッティングを実現するのに重要な要素のひとつが、パターグリップ。製品によってグリップの太さや形状が異なるので、自分に合うモノを探すのが難しいと感じている方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、パターグリップのおすすめアイテムをご紹介。選び方についても解説するため、ぜひ参考にしてみてください。

パターグリップとは?

By: amazon.co.jp

パターグリップとは、パター専用に作られたグリップのこと。太さ・形状・重さ・素材などに細かな違いがあり、一人一人の打ち方や握り方の違いに合わせて選択可能です。グリップを変えてみることで、スコアアップが期待できます。

ゴルフのルール上、クラブのグリップは「横断面が円形でなければいけない」という決まりがあります。一方で、パターグリップにおいては円形以外の使用が許されているため、四角形・五角形・楕円形など、さまざまな形状があるのがポイントです。

ウッドやアイアンなど、ほかのクラブと統一したい方には円形グリップがおすすめ。パターのストロークの仕方に合わせたい方なら、四角形や楕円形のグリップもチェックしてみてください。

パターグリップの選び方

グリップの太さをチェック

打ち方に合わせて選ぶ

自分に合ったパターグリップを見つけるためには、自分の打ち方に合った太さを選ぶことが重要。例えば、パターの慣性に任せて真っ直ぐストロークするスタイルの方には、太いパターグリップがおすすめです。

太いパターグリップは、手首の余計な動きを軽減できるのが大きなメリット。左に引っ掛けてしまったり、右に押し出してしまったりといったミスを減らしたい方にぴったりです。なかには、「極太グリップ」と呼ばれる従来より太いモノも注目を集めています。

一方、手首を使いつつインパクトの強弱で打ち出すスタイルの方には、細めのパターグリップがおすすめ。細めのパターグリップは手で包み込むようにしっかり握れるので、手の感覚を活かして距離感や方向性を繊細にコントロールしやすいのがメリットです。

ヘッドの形状に合わせて選ぶ

By: amazon.co.jp

パターグリップの太さを選ぶ際には、パターヘッドの形状の違いを考慮しておくことも大切です。

例えば、ピン型・L字型のパターは、ヘッドを開閉させやすい重心設計を採用することで、手の感覚でインパクトの強弱をコントロールしやすいのが魅力。そのため、手の感覚が伝わりやすい細めのパターグリップと組み合わせるのがおすすめです。

一方、マレット型やネオマレット型のパターは、真っ直ぐ打ち出しやすいよう、慣性モーメントが大きくなる重心設計を採用しています。ヘッドの特性を活かしたい方は、 ストロークが安定しやすい太めのパターグリップを選んでみてください。

打ち方に合ったグリップの重さをチェック

オートマチックなストロークをしたいなら軽いモノを

By: amazon.co.jp

パターグリップは太さが同じでも、重さが違うと使用感が大きく異なります。パターグリップが軽いほどヘッドの重さを感じやすいので、振り子のようなイメージでオートマチックにストローク可能です。

特に、マレット型やネオマレット型のように慣性モーメントが大きいパターを使っている方には、軽いモノがおすすめ。パターグリップの平均的な重さは70g前後なので、軽いモノが欲しい場合は70g以下を目安に選ぶようにしましょう。

手の感覚でコントロールしたいなら重いモノを

By: amazon.co.jp

手の感覚重視でパッティングをしたい方には、重いパターグリップがおすすめ。パターグリップが重いほどヘッドの重さを感じにくく、手の感覚を活かした繊細なコントロールが可能です。

特に、重いパターグリップは、操作性を重視するピン型・L字型のパターと好相性。重いパターグリップが欲しい場合には、90g以上を目安に選んでみてください。

グリップの形状をチェック

テーパー型

テーパー型とは、ヘッド側に向かって少しずつ細くなっているパターグリップのことです。テーパー型は手首が動きやすいため、手の感覚重視でパッティングをしたい方に向いています。

また、どこを握るかによって握り具合が変化するのもテーパー型の特徴。太い部分を握ったり、細い部分を握ったりすることで、フィット感を微調整できます。

ノンテーパー型

By: amazon.co.jp

ノンテーパー型とは、どこを握っても太さが均一なパターグリップ。テーパー型と比べると、手の余計な動きが制限されるため、ストロークが安定しやすいのが特徴です。手が動いてボールが左右にズレやすい方に適しています。

一方、手の感覚で打ち出す方には不向きなので、自分のパッティングスタイルを考慮して選ぶようにしましょう。

グリップの素材をチェック

コードグリップ

By: amazon.co.jp

コードグリップとは、ゴム素材に糸を練り込み、滑りにくさを追求したパターグリップのことです。多少水に濡れても高い摩擦力を発揮するのが特徴。特に、手に汗をかきやすい方や、雨で手が滑るのを防ぎたい方におすすめです。

固い質感の素材で、耐久性が高いのも魅力。長く愛用しやすいので、グリップ交換の頻度を減らしたい方にも適しています。

ラバーグリップ

By: amazon.co.jp

ラバーグリップは、ゴム素材を使用した一般的に普及しているグリップです。硬さ・グリップ力・滑りにくさのバランスがよく、手が乾燥しやすい方やソフトなグリップを好む方に適しています。

さまざまな形状を作り出せることから、ソフトな握り心地を追求したモノ、滑りにくさを追求したモノなど、機能的なモデルも豊富。ただし、汗で滑りやすい点は留意しておきましょう。

レザーグリップ

By: thegripmaster.jp

パターグリップのなかには、レザー素材を使ったモノもあります。しっとりとした質感で手に心地よく馴染みやすいのが特徴。インパクトの感触をしっかりと感じたい方におすすめです。

見た目に高級感があるのも魅力。デザインにこだわりたい方にも適しています。ただし、雨や手汗で濡れてしまうと滑りやすい点には注意しておきましょう。

パターグリップのおすすめメーカー

スーパーストローク(SuperStroke)

By: amazon.co.jp

太いグリップの代表格ともいえる「スーパーストローク」。ノンテーパーテクノロジーという特許技術を用いて太さを均一にした形状が特徴です。パターストロークが安定しやすいため、プロ・アマを問わず世界中のゴルファーに親しまれています。

軽量素材の「バイキャストポリフォーム」を使っており、太くてもヘッドの重さを感じやすいのが魅力。パターグリップを選ぶ際には、まずチェックしておきたいメーカーです。

オデッセイ(ODYSSEY)

By: amazon.co.jp

「オデッセイ」は、「ロッシー」などの人気パターを生み出した世界有数のパターメーカー。1997年に「キャロウェイゴルフ」の傘下になった後も、高機能なパターやパターグリップを作り続けています。

オデッセイのパターグリップは、太さやデザインのバリエーションが豊富。自分に合うパターグリップが分からず悩んでいる方は、ぜひチェックしてみてください。

ラムキン(Lamkin)

1925年に、エルバー・ラムキンによって創業されたゴルフグリップメーカー「ラムキン」。グリップの素材に皮革を利用したモデルを手掛けたメーカーとして有名です。

ラムキンのグリップは、重さや太さ、硬さなどを多彩なラインナップから選択できるのが魅力。独自の技術を採用したグリップも多数揃っているので、自分に合ったパターグリップが欲しい方におすすめです。

パターグリップのおすすめ

スーパーストローク(SuperStroke) スーパーストローク TR CLAW 2.0 GR-228

モノトーンでおしゃれなデザインが魅力

ブラックとホワイトを組み合わせたスタイリッシュなデザインが魅力のパターグリップです。グリップエンド側は、しっかりと握れるピストル形状。ほかの部分は太さが均一なノンテーパー型を採用しています。

ノンテーパー型かつ、口径58・幅29mmと太めのグリップなので、手首の余計な動きを軽減できるのが魅力。グリップの表面には独自のスリットデザインやエンボス加工を施すことで、グリップ力を高めています。

重さは63.0±5gと、やや軽め。グリップエンドには別売りのウエイトを取りつけられるテックポートを備えているため、自分好みのフィーリングに微調整できます。ストロークの安定感を高めたい方におすすめのパターグリップです。

スーパーストローク(SuperStroke) スーパーストローク TR FLATSO 3.0 GR-238

握りやすく滑りにくいモデル

ホームベースのような五角形のフォルムが特徴のパターグリップです。太さが均一なノンテーパー型で、横幅は35mmとかなり太め。正面はフラットに設計されているため、目標に向かって真っ直ぐ構えやすいのも魅力です。

ポリウレタンとラバーを配合した独自素材を採用しており、握り心地も良好。また、グリップ表面には独自の溝「トラクションコントロール」を配置しているので、滑りにくいのもポイントです。

デジカモ柄を取り入れたデザインも魅力。極太タイプでおしゃれなパターグリップを探している方におすすめです。

スーパーストローク(SuperStroke) スーパーストローク TR PISTOL GT 1.0 GR-225

独自のテクノロジーを採用したパターグリップ

伝統的なピストル形状に独自の「ノンテーパーテクノロジー」を取り入れたパターグリップです。バットエンド側はしっかりと握りやすい形状ですが、利き手側は余計な動きを制限しやすいため、手打ちによる左右へのズレを軽減できます。

重量は83.0±5gと、程よい重さ。グリップの正面には十字のスリット、側面にはXパターンのスリットを散りばめることで、優れたグリップ力を生み出しています。

グリップの背面には、背骨のようなエンボス加工のライン「スパインテクノロジー」を採用。手の位置決めがしやすいのも嬉しいポイントです。太めのパターグリップに初めて挑戦する方でも扱いやすいので、ぜひチェックしてみてください。

スーパーストローク(SuperStroke) スーパーストローク TR TOUR 2.0 XL GR-229

スタンダードな円筒型をベースに、フロントをフラットにして握りやすくしたパターグリップです。重量は77.0±5g、幅は28mm。太いグリップながらも標準的な重さなので、ヘッドの重みを感じながらストロークできます。

グリップの表面には、2種類のスリットデザインでグリップ力を高める「トラクションコントロール」を配置。さらに、毎回同じ位置で握れるようサポートする「スパインテクノロジー」を搭載しており、初心者から上級者まで使いやすいのが魅力です。

全長は349mmと長いため、長めのパターとの相性も良好。クセの少ない形状で、さまざまな握り方に対応できるおすすめのパターグリップです。

スーパーストローク(SuperStroke) スーパーストローク TR SS2R GR-230

手の感覚を大切にしたい方におすすめのパターグリップです。重量は109.0±5gあり、太くて正方形型のフォルムが特徴。2種類のスリットデザインによって正面を認識しやすいので、パターフェースを目標に向かってスクエアに構えるのをサポートします。

ラバーにポリウレタンを配合しているため、握ったときの感触がやわらかく手にフィットしやすいのも嬉しいポイント。フィーリングを重視しながらも、手首の余計な動きによるミスを減らしたい方におすすめのパターグリップです。

スーパーストローク(SuperStroke) スーパーストローク WRISTLOCK GR-239

口径58・横幅30mmの極太タイプのパターグリップです。握ると上手首が自然と固定される独特の形状を取り入れているのが特徴。手首をこねるクセのある方や、緊張で手に余計な力が入ってしまう方にぴったりです。

極太タイプながらも重量は75.0±5gと標準的なので、ヘッドの重みを活かしたストロークも可能。また、グリップ表面には2種類のスリットデザインが施されています。

カラーバリエーションはブラック・グリーン・オレンジの3色展開。左への引っ掛けや、右への押し出しのミスを減らしたい方にもおすすめのパターグリップです。

オデッセイ(ODYSSEY) ジャンボライト パターグリップ 5714013

ブランドロゴを大きくあしらったデザインのパターグリップです。太めながらも、重量は約58gと軽いのが特徴。手首の余計な動きを制限しやすく、ヘッドの慣性に任せたストロークをしたい方にぴったりです。

素材にはラバーを採用。表面にはきめ細かい凹凸があしらわれており、グリップ力も良好です。初心者の方でも扱いやすいアイテムなのでチェックしてみてください。

オデッセイ(ODYSSEY) STROKE LAB WMB SLIML 5719075

スリムに設計されたパターグリップです。手首を動かしやすいので、手の感覚でコントロールしたい方にぴったり。ホワイトとネイビーを組み合わせた爽やかなデザインもおしゃれです。

手の小さい方でも握りやすいのが魅力。繊細なパッティング技術を身につけたい方はもちろん、ジュニアゴルファーにもおすすめのパターグリップです。

オデッセイ(ODYSSEY) Putter Grip Mid JV 571024

幅広い打ち方に対応できる、ミッドサイズのパターグリップです。形状はヘッドに向かって細くなるテーパー型。シンプルな楕円形のフォルムで、逆オーバーラッピングはもちろん、クローグリップやクロスハンドグリップなどでも握りやすいのが魅力です。

重さは77g前後。ラバーの表面にはきめ細かい凹凸加工が施されており、手に心地よく馴染みます。定番のブラックに加え、オレンジやブルーなどの個性的なカラーを展開。さまざまな握り方を試したい方におすすめのパターグリップです。

オデッセイ(ODYSSEY) スウォール 14 AM 571468

カラフルなうずまき状のブランドロゴをあしらった、個性的なデザインのパターグリップです。重量は62±2gと、ヘッドの重みを感じやすい軽さ。ひし形状のきめ細かい表面パターンを採用しており、グリップ力を高めているのが魅力です。

カラーはブラックがベースのモノや、ホワイトをベースにしたモノなど3種類を展開。使いやすくてかわいいデザインのパターグリップを探している方におすすめです。

ラムキン(Lamkin) Deep-Etched Paddle Putter 101401

90年以上にわたって高い人気を集めているゴルフメーカー「ラムキン」のパターグリップです。素材には独自に開発した新素材「ジェネシス」を採用。高い粘着性があり、雨に強いのが特徴です。

重量は81±3g。グリップの表面には水平ラインとV字を組み合わせた溝があしらわれており、手のひらに心地よく馴染みます。さまざまな天候で使えるおすすめのパターグリップです。

ラムキン(Lamkin) シンク スクエア 11インチ 101408

正面にネオンカラーの楕円模様を3つあしらったパターグリップです。楕円模様を目安にすることで、毎回一定の位置で握れるのが便利。また、人間工学にもとづいた設計を取り入れており、上側の手が握りやすいように配慮しています。

グリップの表面にダイヤモンドパターンを配置することで、雨の日でも高いグリップ力をキープ。重量は66±3gと軽めなので、ヘッドの重さをしっかり感じられます。ストロークを安定させたい方におすすめです。

ラムキン(Lamkin) CROSSLINE PUTTER 101400

表面にクロスラインパターンをびっしりと配置し、グリップ力を高めたパターグリップです。オーソドックスなテーパー型のフォルムで、72±3gと標準的な重さ。素材には程よい硬さのラバーを採用しており、握り心地は良好です。

モノトーンカラーでまとめた大人っぽいデザインも魅力。クセの少ない形状を採用しています。価格が比較的安いので、パターグリップを初めて購入する初心者にもおすすめです。

グリップマスター(GRIP MASTER) クラシック ラップ パター グリップ

By: thegripmaster.jp

レザー製のグリップを専門に取り扱うメーカー「グリップマスター」のパターグリップです。素材には上質なカウハイドレザーを採用。高い粘着性を備えており、手に吸いつくような握り心地を楽しめます。

太さは25×28mmのツアーと、28×28mmのDスリムの2種類。レザーグリップならではの高級感のあるデザインも魅力です。手が乾燥しやすい方や、機能性だけでなく見た目もこだわりたい方は、ぜひ購入を検討してみてください。

ムジーク(Muziik) マイクロファイバーグリップ ミッド MFG-16

本革のような風合いを再現した「マイクロファイバーレザー」のパターグリップです。雨の日でもグリップ力をキープできるのが魅力。形状は握りやすいピストル型で、しっとりとした手触りです。

サイズはやや太めで、重量は81g。カラーは落ち着いた雰囲気のブラックに加え、ネイビー・ブルー・レッドなどもラインナップされています。高級感のあるデザインと優れた機能性を兼ね備えた、おすすめのパターグリップです。

ピン(PING) PP60 パターグリップ

アメリカの老舗ゴルフメーカー「PING」のパターグリップです。正面にフラットな面を向けた五角形のフォルムが特徴。正面を認識しやすく、フェース面をスクエアに構えるのをサポートします。

やや硬めの手触りは、力を入れてしっかりと握りたい方におすすめ。ブランドロゴをアクセントにしたスタイリッシュなデザインも魅力です。フェース面を意識したパッティングを心がけている方は、ぜひチェックしてみてください。

ゴルフプライド(GOLFPRIDE) PRO ONLY 72cc

ラバーグリップを開発したグリップメーカーとして知られる、「ゴルフプライド」のロングセラーモデルです。形状はクラシカルなテーパー型。表面から継ぎ目を省いているため、握り心地は良好です。

重さは74.5g。レッドスターが正面だけでなく、グリップエンドにもあしらわれているなど、ディテールまでこだわりを感じられるデザインも魅力です。

同シリーズには形状や重さが異なるブルー、グリーンもラインナップ。コントロール性の高いアイテムを探している方はチェックしてみてください。

ゴルフプライド(GOLFPRIDE) PRO ONLY コード 88cc

重量を重めの90gに設定しつつ、楕円形のフォルムを採用することで、優れた操作性を実現したパターグリップ。ラバーにはコードが入っているので手触りは硬めですが、手汗や雨の日で滑りにくいのが魅力です。

グレーをベースに、グリーンスターのアクセントを加えたデザインもおしゃれ。夏場や雨の日でも快適にパッティングできるおすすめのパターグリップです。

ゴルフプライド(GOLFPRIDE) TOUR SNSR CONTOUR PRO 140cc

新開発のSNSRラバーを採用し、インパクトの打感を得やすく設計したパターグリップです。重量は124gと、かなり重め。手の感覚を意識しやすいので、ピン型やL字型のパターを使って繊細にコントロールしたい方にぴったりです。

グリップエンド側は、手に沿うよう微妙にカーブしているピストル型。ヘッド側に向けて徐々に細くしたテーパー型で、手首をナチュラルに動かせます。

ブラック・グレー・イエローを組み合わせた斬新なデザインも魅力。機能性だけでなく、見た目にもこだわりたい方はチェックしてみてください。

エリートグリップ(elite grips) GeRON TYPE N1

プロのトーナメント会場で培ったノウハウをもとに開発したパターグリップ。素材には、新たに開発した「NK.R6」を採用。優れたグリップ力を保ったまま、耐摩耗性能を高めているのが特徴です。

重量は約77gと、扱いやすい標準的な重さ。レザーを巻きつけたような、クラシカルなデザインも魅力です。上級者向けのパターグリップを探している方は、ぜひ購入を検討してみてください。

エリートグリップ(elite grips) パターグリップ RS74

カラーラインナップが豊富なパターグリップ。好みの色を選択することで、モチベーションアップにも期待できる製品です。素材には「NO.NK510特殊合成ゴム素材」を採用。グリップがねじれにくく、適切なトルクバランスを実現します。

さらに、水分に強いのもポイントです。ストロークの邪魔になりがちな汗や油、雨などの水分の影響を軽減し、安定したストロークが可能。雨の日のラウンドでも快適なパッティングをサポートします。

また、握りやすさを考慮したピストル型なのも魅力。グリップエンド一体型のすっきりしたフォルムで、シンプルなデザインが好みの方にもおすすめです。

マゼル(MAZEL) ゴルフパターグリップ

軽量で快適な使用感を実現したパターグリップ。耐摩耗性に優れたPU素材を採用しているため、長く愛用できるアイテムです。

また、グリップの中心部分には軽量の「EVAインナーチューブ」を採用。フィーリングを最大化しており、スムーズにパッティングできます。

グリップの表面は、滑り止めのテクスチャを採用。パッティングレベルの向上を目指している方や、感覚を重視してパッティングしたい方にもぴったりです。

さらに、グリップの形状はヘッド方向に徐々に細くしたテーパー型。親指側が平らな半円状のフォルムです。手のひらのフィット感を高め、より正確に狙いを決めたストロークを可能にします。

セープライズ パター用グリップ

握りやすくて操作しやすいミッドサイズのパターグリップです。先端にかけて細くなるテーパー形状を採用しているので、しっかり手に馴染みます。軽量のEVA素材のため、手にかかる負担を軽減できるのもポイントです。

表面には手触りのよいPU素材を施しています。湿気が多いときや炎天下など、過酷な環境下でも安定したパフォーマンスを発揮しやすいのが魅力です。

パターグリップには平らなポジションがあるため、正しいポジションへと指先をすばやく戻せます。また、全5色のカラーバリエーションを展開しており、デザイン性を重視したい方にもおすすめです。

Geoleap パターグリップ

円形の凹面設計を採用したミディアムサイズのパターグリップです。表面に細かい円のテクスチャを施すことで、ボールを打つときに手が滑るのを防ぎます。グリップを掴む感覚があり、パターの動きを正確にコントロールしやすいのも魅力です。

外側は手に馴染みやすいPU素材、内側には耐久性に優れたEVAフォームを採用。手触りがよく、握っていてもベタつきを感じにくい仕様です。また、小さな穴を設けることで、スイングの振動を軽減します。軽量かつ耐久性に優れており、アクティブに使用可能です。

シンプルかつスタイリッシュなデザインは落ち着きのある印象を与えられるので、見た目を重視している方にも適しています。

Geoleap Pro パターグリップ

独特な模様のデザインをあしらったパターグリップです。存在感のある見た目なので、デザイン性を重視したい方にもおすすめ。高級感とスタイリッシュな印象を与えられます。

ミッドサイズのパターグリップは程よい太さのため、ホールド感も良好。表面に施した凹面設計により、ショット時に手元が滑りにくく、より正確に力を伝えられます。

内部のゴムを支えるPU素材はやわらかい触り心地で、手に馴染みやすいのが特徴です。また、EVAフォームを採用しており、軽量ながら優れた耐久性を発揮します。

番外編:パターグリップの握り方

パターでは、ドライバーやアイアンなどのショットとは異なり、繊細な感覚が求められます。手のひらの感覚に委ねられるので、パターを気持ちよく振れて、力を正確に伝えられる握り方が自分にとっての正解といわれています。

しかし、パターを正確に決めるためには、いくつかの共通点があるのがポイント。両手の親指をグリップの平らなポイントの真上に乗せ、両手を少し浮かしてハンドアップに構えましょう。また、肘から先とシャフトが真っ直ぐになるように意識することが大切です。さらに、ショットのときは手首に角度をつけるために小指側から握ります。

両手からパターを吊るすイメージで構えると、手首が安定。ストローク中に手首が折れてしまうミスを減らせるのがメリットです。そのほか、パターの名手である「ローリー・マキロイ」や「ジューダン・スピース」は、両手の位置を反対にして握るクロスハンドグリップを採用しています。

番外編:パターグリップはどのくらいの頻度で交換するべき?

パターグリップは自動車のタイヤと同様に、使うたびに消耗します。グリップが劣化すると手元が滑ったり余計な力が入ったりするため、定期的に交換することが大切です。手触り・太さ・カラーバリエーションなどラインナップは豊富なので、お気に入りのグリップを選んでみてください。

パターグリップの交換頻度は使い方や状態によって異なるため、手元が滑りやすいと気になり始めたタイミングで交換しましょう。メーカーが推奨する交換頻度は、年1回や40ラウンドに1回程度です。ラウンドや練習量が多い方は、2週間〜2ヶ月に1回の頻度で交換する場合もあります。

また、グリップ交換にかかる費用の目安は、500〜2,000円程度。ショップで交換を依頼する場合は、別途で工賃も発生します。グリップ交換用の溶液や両面テープがあれば自分でも交換できるので、パターグリップにこだわりたい方はチャレンジしてみましょう。