スポーツのなかでもスピード感があり、瞬発力や動体視力が必要となる「バドミントン」。前後左右だけでなく上下にも動くのが特徴で、ジュニアから中高生、社会人に至るまで幅広く親しまれています。

場所としては屋内外を問わずできますが、本格的にやる場合は室内がほとんど。靴は体育館履きでも十分ですが、より激しく動くのであれば専用のシューズを用意するのがおすすめです。そこで今回は、バドミントンシューズのおすすめモデルをご紹介します。

バドミントンシューズの選び方

形状をチェック

動きやすい「ローカット」

By: amazon.co.jp

くるぶしが出る「ローカット」は自由度が高く、動きやすいのが特徴。比較的軽量のため、ジャンプしたり、飛びついたりと、激しい動きに対して軽快なフットワークでカバーできるのが魅力です。

各社ラインナップが豊富で、数多くの選択肢があるのもポイント。価格帯としても幅広く、エントリーモデルからハイエンドクラスのバドミントンシューズまで用意されています。

足首のホールド力が高い「ミドルカット」

By: amazon.co.jp

くるぶしを覆う「ミドルカット」は、足首のホールド力が高いのが特徴。かかとを覆う部分に高さがあるので、足首をしっかりと固定しやすいのが魅力です。

ローカットと比べてやや重さは増えますが、しっかりと踏み込めるのもポイント。スマッシュ後の着地やネット前に落とされた際のフットワークに安心感があるのも注目すべき点です。

サイズはつま先に少し余裕がある程度がおすすめ

By: amazon.co.jp

バドミントンシューズの性能を引き出すためには、フィット感を意識するのがポイント。大きすぎて隙間があるとフットワークに支障をきたし、ケガの原因にもなりかねないので注意しておきましょう。

一方、タイトすぎると窮屈さから痛みを感じたり、競技に集中できなくなったりする場合も。靴下の厚みなども考慮する必要があるので、サイズを選ぶ際はつま先に少し余裕をもたせるのがおすすめです。

足幅をチェック

By: amazon.co.jp

バドミントンシューズの選び方で重要なのが足囲(ワイズ)。ワイズとは、足幅が1番広いところの長さで、「2E」や「3E」など数字+Eで表し、数字が大きくなればなるほど幅広になります。

きつかったり緩かったりすると、ソールに足がしっかりと乗らず、フットワークが不安定になるので注意。シューズの購入を検討する際は事前に自身の足幅を測っておきましょう。

アッパー部分の素材をチェック

軽量で通気性に優れた「メッシュ素材」

By: amazon.co.jp

メッシュ素材は通気性に優れているのが特徴。また、軽量の製品が多く、軽快なフットワークを持続できるのが魅力です。

バドミントンは激しく動き回るスポーツなのでよく汗をかきますが、それは足裏も同様。メッシュ素材によってシューズ内部の蒸れに配慮できる点がメリットです。

耐久性の高い「人工皮革」

By: amazon.co.jp

人工皮革は耐久性に優れており、比較的長く履けるのが魅力。バドミントンシューズは穴あきやコートとの擦れが多く、継続的に履き続けられるかは選ぶ際のポイントとなります。

バドミントンは前後左右上下に激しく動くスポーツなので、シューズへの負担が大きいのが特徴。フットワークが固まっていない初心者の方は人工皮革がおすすめです。

グリップ力の高いモノを選ぶ

By: amazon.co.jp

バドミントンはコートの奥にシャトルを送られたり、ネット前に落されたりするので、止まりたい時にピタッと止まれるかが重要。そのためにも、シューズには高いグリップ力が求められます。

また、コートの左右にもシャトルが飛んでくるので、しっかりと拾えるかどうかもポイント。さらに、スマッシュレシーブを返すためにもしっかりと踏ん張れるかどうかも重要です。

注目すべきはソール部分で、ヨネックスであれば「ラディアルブレードソール」、ミズノであれば「セパレートソール」や「フラットソール」などが代表的。足腰を支えるにはグリップ力の高いバドミントンシューズが欠かせないので、ぜひチェックしておきましょう。

クッション性も重要

バドミントンは前後左右にふられるスポーツなので、コート内をしっかりとカバーできるかどうかがポイント。蹴り出す足や踏み込む姿勢、体の切り返しなどがスムーズにだと無駄な動きが減り、俊敏に動けるようになります。

それらをサポートするには高いクッション性が重要。機能としてはヨネックスの「パワークッション」や「パワークッションプラス」、ミズノの「MIZUNO WAVE」などが代表的です。

素早く動けるか、柔軟に動けるかはバドミントンのプレーに大きく影響してくるので、どういった機能がクッション性に関わってくるのかはしっかりと確認しておきましょう。

好みのデザインをチェック

By: babolat.com

かつてのバドミントンシューズは体育館シューズに似た地味なデザインで、白系カラーが主流でしたが、最近は流線的なおしゃれなデザイン、カラフルなカラーラインナップも増えてきています。

機能性にこだわるのも重要ですが、自分好みのデザインやカラーを重視するのも選択肢のひとつ。見た目のよさはプレーに対する集中力や、気持ちよく練習し続けられることにも関わってくるので、ぜひチェックしておきましょう。

バドミントンシューズのおすすめメーカー

ヨネックス(YONEX)

By: amazon.co.jp

「ヨネックス」は国内バドミントン市場におけるシェアの高いメーカー。ラケットやシューズはもちろん、ガット、グリップ、シャトル、ソックス、ウェアなども数多く取り揃えており、ラインナップも豊富なのが特徴です。

また、国内外を問わず、トップ選手との契約が多いのもポイント。長年の経験とノウハウをいかし、実績と信頼のおけるアイテムが揃っているのが魅力です。

ミズノ(MIZUNO)

By: amazon.co.jp

「ミズノ」は幅広いスポーツに精通する国内メーカー。バドミントンも同様で、特にシューズのラインナップが豊富なのが特徴です。

メーカーとしては2016年のリオデジャネイロオリンピックの女子シングルスで銅メダルを獲得した奥原希望選手と契約しているのもポイント。世界レベルの選手も愛用するおすすめのメーカーです。

アシックス(Asics)

By: amazon.co.jp

「アシックス」は日本を代表するスポーツメーカー。なかでも、シューズに精通しており、ランニングシューズのほか、サッカーや野球のスパイク、バッシュ、バレーボールシューズなど、さまざまな分野の製品を取り揃えています。

バドミントンにも参入しており、同社が培ってきた技術やノウハウをシューズに踏襲。機能性の高いバドミントンシューズを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

リーニン(LI-NING)

By: amazon.co.jp

「リーニン」は中国のスポーツメーカー。さまざまなスポーツ分野に参入していますが、バドミントンでも見かける機会が増えてきており、中国の勢いを感じるメーカーのひとつです。

日本においては2020年の東京オリンピックの混合ダブルスで銅メダルを獲得した渡辺勇大選手と契約していることでも有名。興味がある方はぜひおさえておきましょう。

バボラ(Babolat)

By: amazon.co.jp

「バボラ」はフランスのスポーツメーカー。テニスやバドミントンなどのラケットスポーツに精通しており、世界的に知名度が高いのが特徴です。

また、創業は1875年と古く、長年製品開発に携わっているのもポイント。製品ラインナップとしてはラケットやシューズのほか、バッグやアパレルも揃っており、トータルコーディネートしやすいのも魅力です。

バドミントンシューズのおすすめモデル|初心者向け

ヨネックス(YONEX) パワークッション670

同社ロングセラーシリーズ「パワークッション」のエントリーモデル。パワークッションとは同社が独自に開発した軽量衝撃吸収材のことで、着地時に受ける衝撃を和らげながらも、そのエネルギーを次のフットワークにいかし、軽快に動けるのが特徴です。

本製品はローカットモデルで、足の幅は3E設計。なお、ラインナップには「パワークッション670ジュニア」も用意されており、こちらはマジックテープ仕様となっています。レギュラータイプよりも小さいサイズが揃っているので、子供用のバドミントンシューズを探している方は併せてチェックしておきましょう。

ヨネックス(YONEX) パワークッション771スリム

2E設計のバドミントンシューズ。やや足幅の狭いスリムなモデルで、細身の中高生や女性のほか、タイトめの履き心地を求める方におすすめの一足です。

機能としては同社が開発した軽量衝撃吸収材のパワークッションを採用しており、軽快なフットワークが可能。また、価格帯がやや控えめなのも魅力です。

ミズノ(MIZUNO) ライトスカイ

同社バドミントンシューズにおけるエントリーモデル。屈曲しやすい軽量のアウトソールを採用しており、スムーズに足を運べるのが魅力の一足です。

足の幅は2E相当で、フィッティングを重視した仕様。価格帯も安いので、これからバドミントン部に入ろうとしている中高生におすすめです。

アシックス(Asics) COURT BREAK 2

オーソドックスなバドミントンシューズ。アッパー部分に人工皮革を採用しており、屈曲や摩耗の多い前足部をしっかりとケアできるのが魅力です。

また、足への負担に配慮しているのもポイント。耐久性の高いアイテムなので、社会人初心者はもちろん、練習量の多い中学生や高校生にもおすすめのモデルです。

バドミントンシューズのおすすめモデル|軽量

ヨネックス(YONEX) パワークッション65Z

人気の高いおすすめのバドミントンシューズ。従来の軽量衝撃吸収材「パワークッション」に弾性のある特殊な樹脂を添加した「パワークッションプラス」を採用しており、軽量性・衝撃吸収性・反発性に優れているのが特徴です。

また、「ラディアルブレードソール」によってグリップ性が高いほか、高い推進力を生み出す「フェザーバウンスフォーム」もポイントです。

ヨネックス(YONEX) パワークッションエアラスZメン

軽快なフットワークが可能なおすすめのバドミントンシューズ。軽量性や衝撃吸収性、反発性に優れた同社「パワークッションプラス」を採用しているほか、高いクッション性で着地衝撃を分散する「フェザーバンスフォーム」によって、推進力も高められるのが特徴です。

また、材料を真空圧着することで過度な変形を防ぐ「シームレスアッパー設計」もポイント。なお、メンズのほかウィメンズモデルも用意されています。

ミズノ(MIZUNO) ウエーブクローEL 2

ローカットタイプのバドミントンシューズ。ラバー面積を減らすことで軽量性を高めており、俊敏に動けるのが特徴です。

足とシューズとの均一なフィット性を目指した「MBホールドフィット」に安定感があるのもポイント。また、柔らかさと反発性に優れたミッドソール素材を母趾球部分に搭載しており、跳ねるように足を蹴り出せるのも魅力です。

なお、本製品の足幅はスタンダードな3E相当のシューズですが、ラインナップには4Eワイドタイプの「ウエーブクローEL 2 WIDE」も用意。気になる方は併せてチェックしておきましょう。

リーニン(LI-NING) AYAP009

メッシュ構造を採用することによって通気性を追求したバドミントンシューズ。バドミントン日本代表の渡辺勇大選手が着用したことも知られているモデルで、軽量に仕上がっているのが特徴です。

本製品は同選手との共同開発によってグリップ力を高めているのもポイント。ヒール部分やソール中央部にはねじれに配慮したカーボンプレートを採用しており、俊敏な動きにも十分対応できます。

バドミントンシューズのおすすめモデル|幅広・4E

ヨネックス(YONEX) パワークッションコンフォート3ワイド

学生から社会まで幅広いユーザーにおすすめできるバドミントンシューズ。軽量衝撃吸収材の「パワークッション」を採用した4Eの幅広タイプで、3Eではキツいという方にとっては候補となる一足です。

また、厚底ソールを搭載しているのもうれしいポイント。機能性十分ながらは安いため、コスパ良好なのも魅力です。

ヨネックス(YONEX) パワークッション88ダイヤルワイド

4Eワイド設計のバドミントンシューズ。しなやかで強靭なフィルムを熱圧着させた「デュラブルスキンライト」、ダイヤルによるワイヤー調節で締め込むBOAを採用しており、包み込むようにフィットするのが特徴です。

また、「ラディアルブレードソール」によって、しっかりとしたグリップ力があるのもポイント。さらに「パワークッションプラス」によって軽量性や衝撃吸収性、反発性に優れているのも魅力です。

ミズノ(MIZUNO) ウエーブクロー2 WIDE

幅広4Eのバドミントンシューズを求める方のおすすめのモデル。アッパー内部とタン部(ベロ)を一体にした「ハーフブーティー構造」を採用しており、ソフトなフィッティングで動けるのが特徴です。

また、ラバー面積を少なくすることで軽量性を高めた「セパレートソール」や、内側へのねじれをしやすくする「D-Flex Groove」を採用しているのもポイント。より自然な蹴り出しができ、フットワークをしっかりとサポートするのも魅力です。

バドミントンシューズのおすすめモデル|おしゃれ・かっこいい

ヨネックス(YONEX) パワークッション840ミッド

ロングセラーモデルのバドミントンシューズ。タイプとしてはミドルカットで、足首まわりまでしっかりとサポートしてくれるのが特徴です。

機能としては同社の軽量衝撃吸収材のパワークッションを採用しており、スムーズな足運びが可能。カラーはシックなブルーグレーとアウトソールが目立つホワイト/ピンクの2パターンをラインナップしています。

ヨネックス(YONEX) パワークッションエクリプションZ

グリップ力が高く、安定したフットワークが望めるバドミントンシューズ。メインの機能としては「パワークッションプラス」を採用しており、軽量性や衝撃吸収性のほか、強い弾力性による反発で蹴り出せるのが特徴です。

また、部位によって素材の形状を変える「デュラブルスキン」もポイント。適材適所にすることによって快適さにも配慮されています。

なお、本製品はローカットタイプですが、よりくるぶしを覆うタイプのミドルカットもラインナップ。いずれもタングと履き口を一体化した「ブーティ構造」によってフィット感が高いので、そこも選ぶ際は意識しておきましょう。

ヨネックス(YONEX) パワークッションコンフォートZ

トータルバランスに優れた3E仕様のバドミントンシューズです。機能面は軽量性・衝撃吸収性・反発性に優れた「パワークッションプラス」のほか、「フェザーライト エックス」と「フェザーバウンスフォーム」 という2つのソールを組み合わせているのが特徴。さらに、「 3D パワーカーボンドライブ 」 を入れることで、フットワークの安定性と推進力アップを図っているのも魅力です。

なお、同シリーズにはワイドな4Eが用意されているのもポイント。高みを目指す中級から上級者の方はぜひチェックしておきましょう。

ヨネックス(YONEX) パワークッションインフィニティ

ハイエンドクラスのバドミントンシューズ。ダイヤルによるワイヤー調節で締め込むBOAのなかでもベルトで中足骨全体を抑える「パワークッションインフィニティ」を採用しており、高いフィット感を求める方におすすめです。

また、同社「パワークッションプラス」で軽量性や衝撃吸収性、反発性に優れているのもポイント。タイプとしては3Eのローカットモデルで、カラーはメタリックブルーとメタリックレッドの2色を用意しています。

ミズノ(MIZUNO) ウエーブクローSPECIAL EDITION

ロングセラーモデルのバドミントンシューズ。軽量性と加速性に配慮した製品で、足の蹴り出しをスムーズにできるのが特徴です。

足幅は3E相当とスタンダートな仕様。ラバー面積を少なくすることで軽量性を高めた「セパレートソール」や、内側へのねじれをしやすくする「D-Flex Groove」を採用しているのもおすすめのポイントです。

ミズノ(MIZUNO) ウエーブファングPRO

フィット感が高く、安心してプレーし続けられるバドミントンシューズ。素材に天然皮革を採用しているのが特徴で、履き込んでいくことでプレーヤーの足に馴染んでいくのが魅力です。

靴紐には屈曲時のフィッティングを高める「ウエーブフィットシューレース」、中敷きには足裏との密着性を高める「グリップインソール」を使用しているのもポイント。ハイエンドクラスのバドミントンシューズを求めている方はぜひおさえておきましょう。

ミズノ(MIZUNO) ウエーブファングZERO 2

しっかりと踏み込めるおすすめのバドミントンシューズ。グリップ力と安定性がある「フラットソール」、柔軟性・サポート力・フィット感に配慮した「フーディー構造」を採用しており、激しいプレーにもしっかりと対応できるのが特徴です。

また、ミズノ独自の波形のプレートをソールに搭載した「MIZUNO WAVE」によりクッション性が高いのがポイント。さらに、さまざまなプレーヤーのフットワークを計測・分析することで、かかとにかかる衝撃の軽減を図っているのも魅力です。

ミズノ(MIZUNO) ウエーブファングプロ MID

ミドルカットモデルを求める方にとって候補となる一足。発売から年数が経っていますが、天然皮革を採用しており、安心感のあるフィッテングでプレーできるのが特徴です。

バドミントンシューズとしては同社の「フラットソール」がポイント。かかとから前足部にかけてのソールをフラットにつなげることで、スムーズに動けるのが魅力です。興味がある方はぜひチェックしておきましょう。

アシックス(Asics) GEL-BLADE 8

コート内を素早く動けるバドミントンシューズ。サポート力のある履き心地を体感できるのが特徴で、プレーに安定感が出るのが魅力です。

アッパーには人工皮革を採用しており耐久性も良好。また、さまざまな方向への屈曲を柔軟に対応できる「X GUIDANCE」によって、スムーズかつ俊敏に動けるのもポイントです。

アシックス(Asics) COURT CONTROL FF 2

クッション性とホールド性に優れたバドミントンシューズ。アッパーは合成樹脂で覆われたメッシュ素材を採用しており、耐久性・柔軟性・通気性に優れているのが特徴です。

また、靴紐だけでなく、シュータンの上にバンドが配置されているのもポイント。中足部のブレを軽減することで、フットワークが安定するのも魅力です。

バボラ(Babolat) メンズ用シャドウ ツアー

長時間のプレイにも十分対応できるバドミントンシューズ。快適性と通気性に配慮した仕様で、上級者でも安心して動けるのが特徴です。

かかと部分には中密度ソールを採用しており、衝撃吸収性や反発性が高いのもポイント。また、靴底には独自のラバー成分を組み合わせた3Dの滑り止めを採用しており、耐久性がありながらグリップ力に優れているのも魅力です。なお、本製品は男性用ですが、女性用のモデルも用意されています。

バボラ(Babolat) メンズ用シャドウ スピリット

耐久性の高いおすすめのバドミントンシューズ。サイド部分の補強、かかと部分の衝撃吸収に配慮されており、安心してハードに動けるのが特徴です。

アウトソールはタイヤメーカーとして有名な「ミシュラン」のラバーを採用しており、グリップ力も十分。なお、本製品は男性用ですが、同シリーズには女性用モデルも別途用意されています。

ウィルソン(Wilson) VERTEX

ロングセラーモデルのローカットバドミントンシューズ。タン全体が甲を包み込むインナースリーブを採用しており、フォット感や一体感を意識して作られているのが特徴です。

また、中足部をしっかりとサポートすることで、安心して動けるのもポイント。力強い踏み込みや俊敏なフットワークにも十分に対応できる一足に仕上がっています。

ウィルソン(Wilson) VERTEX AMPLIFEEL

足首へのサポート力が高いバドミントンシューズ。「アンプリフィール・ベルト」を採用しており足首に巻き付けることで、捻挫のリスクを軽減できるのが特徴です。

また、俊敏なフットワークに寄与するのもポイント。スムーズな足の蹴り出しやしっかりとした踏み込みに対応できるのも魅力です。

バドミントンシューズのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

バドミントンシューズのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。