前後左右への素早い動き出しや、鋭い一歩目の実現をサポートする「バドミントンシューズ」。軽量性に優れ、高いグリップ力を備えているのが一般的な体育館シューズとの違いです。

バドミントンシューズはさまざまなメーカーが手掛けており、モデルによって特徴が異なるので、どのアイテムを選べばよいか迷いがち。そこで今回は、バドミントンシューズのおすすめモデルと選び方をご紹介します。

バドミントンシューズの選び方

サイズはつま先に少し余裕がある程度がおすすめ

By: amazon.co.jp

バドミントンシューズを選ぶ際、まずはサイズを要チェック。特に注目したいのは、つま先の部分。バドミントンシューズを着用して直立したときに、足の指が自由に動くかどうかが重要です。

目安としては、つま先の部分に1.0~1.5cm程度の余裕があるモデルを選ぶのがおすすめ。余裕がないと指が痛くなることもあるので、注意が必要です。なお、1.5cmよりも大きすぎるモデルを選ぶと、シューズの内部で足がずれてしまう場合があるので留意しておきましょう。

足幅にも注目

By: amazon.co.jp

バドミントンシューズを選ぶ際は、足幅にも注目しましょう。自分の足に対して足幅が狭いモデルを選ぶと、着用時に窮屈さを覚えることがあります。場合によっては思うようなプレイができないこともあるので、注意が必要です。

バドミントンシューズを選ぶ際に注目したいのが「E」のアルファベット。Eは足囲を表しており、「2E」「3E」と数字が大きく表示されているモデルほど、足囲が大きくなります。足が幅広の方は、3Eや4Eのモデルを選ぶのがおすすめです。

グリップ力の高いモノを選ぶ

By: amazon.co.jp

バドミントンシューズを選ぶ際は、高いグリップ力が備わったモデルを選ぶのがおすすめです。グリップ力に優れたモデルは、プレイ中に滑りにくいのが特徴。鋭い一歩目を踏み出しやすいので、スピード感のあるプレイが実現可能です。

なかには、前後左右に優れたグリップ力を備えているアウトソールが搭載されたモノも存在。また、シューズの中でずれないよう、グリップ力の高いインソールを搭載したモデルもラインナップされています。

軽さをチェック

By: amazon.co.jp

バドミントンシューズを選ぶ際は、軽さも併せてチェックしておくのがおすすめです。バドミントンは動きの激しいスポーツのため、重量のあるシューズを着用すると思うように動けないことがあります。

軽量性に優れたモデルは、長時間着用しても重さを感じにくいのがメリット。快適に着用し続けられます。なかには、特殊設計を用いることで、優れた軽量性を実現しているモデルもあります。

形状をチェック

ローカット

By: amazon.co.jp

ローカットタイプのバドミントンシューズは、履き口の高さがくるぶしの下に設定されているのが特徴です。足首がほとんどホールドされないので動きが制限されにくく、可動域を広く取れるのが魅力です。

また、前後左右へ素早い一歩目を踏み出しやすいのもポイント。ただし、ミドルカットタイプと比べて足首の保護性がやや弱く、捻挫などのケガをするリスクが高い点には留意しておきましょう。

ミドルカット

By: amazon.co.jp

ミドルカットタイプのバドミントンシューズは、履き口がくるぶしと同等の高さで作られているのがポイント。高い保護性が備わっており、ケガのリスクから足首を守りやすいのが魅力です。

一方、足首の可動域が取りづらく、前後左右への動きに制限がある点には要注意。フットワークやスピード感のあるプレイを持ち味としているプレイヤーは、動きやすいローカットのモデルを選ぶのがおすすめです。

アッパー部分の素材をチェック

By: amazon.co.jp

バドミントンシューズを選ぶ際は、アッパーの素材もチェックしておきましょう。アッパーに用いられる素材にはニットやポリウレタン、天然皮革などがあります。

ニットのモデルは包み込まれるような履き心地を得られるのが特徴です。ポリウレタンのアッパーは高いホールド性が備わっており、耐久性も兼ね備えているのがポイント。また、天然皮革が用いられたモノは高いフィット性と動きやすさを実現しています。プレイスタイルに応じて選び分けるのもおすすめです。

バドミントンシューズのおすすめメーカー

ヨネックス(YONEX)

By: amazon.co.jp

「ヨネックス」は、日本のスポーツ用品メーカーです。設立当初よりバドミントンラケットの製造を行っており、以降ラケット競技を中心にさまざまなスポーツのアイテムを手掛けています。

ヨネックスのバドミントンシューズは、高いクッション性を備えているのが特徴。着地時の衝撃を緩和し、次のフットワークをサポートします。タングと履き口が一体化したモノや、ニット素材が用いられたモデルがあるのもポイントです。

ミズノ(MIZUNO)

By: amazon.co.jp

「ミズノ」は、1906年に誕生した日本の大手総合スポーツ用品メーカーです。創業以来、長年にわたってスポーツ振興に力を注いでおり、オリンピックなどの国際大会に協力するなど国内外で高い評価を得ています。

ミズノのバドミントンシューズは、軽量性に優れているのが特徴。長時間の着用や練習でも重さを感じにくく、快適に履き続けられます。フットワークやスピード感のあるプレイスタイルを得意としている方におすすめです。

アシックス(Asics)

By: amazon.co.jp

「アシックス」は、1977年に設立された日本の大手総合スポーツ用品メーカーです。マラソンやバレーボール、バスケットボールをはじめ、さまざまなスポーツのアイテムを手掛けています。

アシックスのバドミントンシューズは、クッション性やホールド性に優れているのが特徴。着地時の衝撃を緩和し、横ブレを防ぎながら快適にプレイできます。また、独自のサポート技術が用いられたモデルが多いのもポイントです。

バドミントンシューズのおすすめモデル

ヨネックス(YONEX) パワークッションエクリプションZミッド SHBELZ2MD

ヨネックス独自の軽量衝撃吸収材「POWER CUSHION+」が用いられているバドミントンシューズ。高い衝撃吸収性と優れた軽量性を実現しており、着地時に受けるエネルギーを次のフットワークに繋げます。

また、縦・横・斜め方向に高いグリップ性が備わっている新形状ソール「ラディアルブレードソール」を搭載。前後左右へ素早く動き出せます。さらに、踏み付け部とかかと部の外側のラバーを一体化することで、剛性を高めているのも特徴です。

タングと履き口を一体化した「インナーブーティ構造」を採用しているのもポイント。ニット素材が用いられているので履きやすいほか、ミドルカットなので、包み込まれるようなフィット感が得られます。

ヨネックス(YONEX) 75THパワークッションエアラスZメン SHBAZMA

ヨネックス75周年の記念として作られたバドミントンシューズです。本体重量が26.0cmの場合、片足で約250gと軽量なのが特徴。長時間の着用でも重さを感じにくく、軽やかなプレイを持続して行えます。

また、12mの高さから落とした生卵が割れることなく跳ね返ると謳われている、POWER CUSHION+を搭載。格子状の溝を適した間隔と深さで入れることで、優れた衝撃吸収性と反発性を実現しているのも魅力です。

アウトソールには、ヨネックス独自の弾む素材「フェザーバウンスフォーム」を搭載。着地時の衝撃を分散し、エネルギーを推進力に変換します。そのほか、シームレスアッパー設計の採用により、屈曲性と通気性に優れているのもポイントです。

ヨネックス(YONEX) パワークッションエアラスZメン SHBAZM

足囲が3Eと幅広設計のバドミントンシューズ。足の幅が広い方でも窮屈さを覚えにくく、快適に履き続けられます。また、シューレースによる固定方式が採用されており、紐の締め具合でフィット感が調節できるのも特徴です。

シームレスアッパー設計が採用されているのもポイント。26.0cmで片足約250gの優れた軽量性と、高い屈曲性を同時に実現しています。また、ダブルラッセルメッシュの面積が広いため通気性が高く、蒸れにくいのも魅力です。

そのほか、POWER CUSHION+とフェザーバウンスフォームが搭載されており、高い衝撃吸収性と反発性が備わっています。着地時の負荷が少ないのが魅力。軽やかなフットワークを実現したい方におすすめのアイテムです。

ヨネックス(YONEX) パワークッションコンフォートZ2ワイドミッド SHBCFZ2WM

足囲が4Eと、ワイド設計が採用されているバドミントンシューズ。足が幅広の方でも余裕を持って履き続けられます。また、履き口の高さがくるぶしと同じほどに作られたミドルカット仕様で、包み込まれるような履き心地を体感可能です。

シューレースによる固定方式が採用されているので、紐の締め方でフィット感を自由に調節できます。加えて、ミッドソールに「パワーカーボンドライブ」が配置されているのもポイント。高い安定性が備わっており、過度なねじれを低減します。

つま先部とかかと部にはPOWER CUSHION+を搭載。軽量性・衝撃吸収性・反発性を同時に実現しています。スムーズに次の一歩を踏み出せる推進力があるので、スピードを重視したい方におすすめです。

ヨネックス(YONEX) パワークッションインフィニティ SHBIF

アッパーに2つのダイヤルを搭載した「BOAフィットシステム」が採用されているバドミントンシューズ。ダイヤルを回し、甲部分のカバーを締め付けることで簡単にフィット感を調節できるのが特徴です。

つま先部分にはPOWER CUSHIONを搭載。着地時に受ける衝撃をエネルギーに変換して、次のプレイに繋げます。さらに、かかと部にはPOWER CUSHION+を配置。高い衝撃吸収性と軽量性も備わっています。

アッパーの素材には、弾力性と耐久性を兼ね備えたPU素材「デュラブルスキンライト」を採用。高いホールド性が備わっており、シューズ内部での足ずれを低減します。着脱しやすく機能性に優れたモデルを探している方におすすめのアイテムです。

ヨネックス(YONEX) パワークッション88ダイヤル SHB88D

タングと履き口を一体化した、インナーブーティ構造が採用されているバドミントンシューズ。シューズ内での足のずれを低減する「シンクロフィットインソール」も採用されており、高いホールド力を得られます。

また、ダイヤルを回すだけでワイヤーが締まるBOAフィットシステムを搭載。簡単な操作で、フィット感をミリ単位で調節できます。ソフトレースを用いることで、足を締め付けにくいのも特徴です。

つま先部分にはPOWER CUSHIONを、かかと部分にはPOWER CUSHION+をそれぞれ搭載。衝撃吸収性・推進性・軽量性の3つを同時に実現しています。機能性に優れ、快適な履き心地が体感できるおすすめモデルです。

ミズノ(MIZUNO) ウエーブクロー 71GA1915

ラバー面積を狭くしたセパレートソールが採用されているバドミントンシューズ。優れた軽量性を実現しています。加えて、中足部には「D-Flex Groove」を搭載。自然な足の蹴り出しをサポートします。

外甲側の中足部が張り出したソール構造を採用しているのも特徴。優れた安定感とステップの踏みやすさを両立しています。また、波形のプレートを挟み込むことで、高いクッション性も同時に実現しているのが魅力です。

そのほか、アッパーとシュータンを一体化したブーティ構造を採用。激しい動きでも足に吸い付くようなホールド感やサポート性が備わっています。シューレースによる固定方式で、フィット感を細かく調節できるのもポイントです。

ミズノ(MIZUNO) ウエーブクロー2 WIDE 71GA2113

ミズノ独自の高反発ソール素材「MIZUNO ENERZY」が搭載されているバドミントンシューズ。着地時の衝撃をエネルギーに変換します。鋭い一歩目が踏み出せ、スムーズにプレイを繋げられるのが魅力です。

ソフトな接地感と跳ねるような反発性、軽量性の3つを同時に実現しているのもメリット。加えて、波形のプレートを挟み込むことで、安定性もプラスされています。

アウトソール中足部にはD-Flex Grooveを搭載。ラバーの設置面積が狭いセパレートソール仕様で、自然な蹴り出しをサポートします。また、アッパー内部とタン部を一体化し、フィット性を向上したハーフブーティ構造を採用しているのもポイントです。

ミズノ(MIZUNO) ウエーブクロー NEO 71GA2070

アッパーとシュータンを一体化したブーティ構造が採用されているバドミントンシューズ。激しいプレイでも足に吸い付くようなホールド性やサポート性が体感できます。また、シューレースによる固定方式で、フィット感を調節できるのも特徴です。

ミッドソールの素材には「U4icX」と「PoWnCe」を採用。ソフトな接地感と跳ねるような反発性を同時に実現しています。加えて、波型のプレートが用いられており、クッション性も備わっているのがポイントです。

アウトソールの中足部にはD-Flex Grooveを搭載。斜め方向へ屈曲溝を施すことで自然な蹴り出しをサポートします。さらに、ラバーの面積が狭く、軽量性が高められているのもポイントです。

ミズノ(MIZUNO) ウエーブファング PRO 71GA2100

伸縮性が求められる甲の部分を中心に、天然皮革が配置されたバドミントンシューズ。優れたフィット性と動きやすさを両立しており、素早いステップが実現できます。足運びの際、シューズにかかる負担を分散するのが特徴です。

また、足の甲部分のホールド感を向上させるタングバンド構造を採用。激しい動きでもベロが左右にずれにくく、やわらかな足入れ感を得られます。また、ベロの素材にはメッシュ素材が採用されており、高い通気性が備わっているのも魅力です。

そのほか、ハトメを波型にカットした「ウエーブフィットシューレース」を採用。屈曲時の高いフィット感を実現しています。さらに、インソールにはグリップ力のあるスエードインソールを搭載。素足のような感覚で着用できるアイテムです。

ミズノ(MIZUNO) ウエーブファングZERO 2 71GA2190

かかとから前足部にかけてソールを水平に繋げた、フラットソールが用いられているバドミントンシューズ。優れたグリップ力と高い安定性が備わっており、足の裏全体で地面を掴むような感覚が得られます。

かかとの強く力のかかる部分には、カットアウトしたヒールカウンターを搭載。かかとにかかる衝撃を低減します。また、ミズノ独自の「MIZUNO WAVE」を搭載することで、クッション性と安定性を両立しているのも特徴です。

アッパーにはシュータンと一体化したブーティ構造を採用。激しい動きでも足ずれが起こりにくいホールド性と、包み込まれるような履き心地を得られます。さらに、シューレースによる固定方式で、フィット感を細かく調節できるのも魅力です。

ミズノ(MIZUNO) ウエーブスマッシュ5 71GA1960

足とシューズとの均一な履き心地の実現を目指した、「MBホールドフィット」が採用されているバドミントンシューズです。シューレースによる固定方式が採用されているので、フィット感を細かく調節できます。

また、波形のプレートを挟むことで、優れたクッション性と高い安定性を両立させたMIZUNO WAVEを採用。アウトソールには、体育館の床にマークが付きにくい「NON MARKING SOLE」が用いられています。

アッパーの素材には人工皮革と合成繊維を採用。耐久性と通気性に優れ、長時間着用しても蒸れにくいのが魅力です。また、24.0cmの場合、本体重量が片方で約240gと、優れた軽量性を実現しています。

アシックス(Asics) GEL-BLADE 8 1071A066

アッパーの素材に人工皮革が採用されているバドミントンシューズ。素早く動く足元をしっかりとサポートする、快適な履き心地を体感できます。また、高い耐久性が備わっており、激しく動いても破れたり穴が開いたりしにくいのも魅力です。

シューレースによる固定方式が採用されており、紐の締め具合でフィット感を細かく調節できるのもポイント。さらに、ヒールトップを高くすることで安定性を向上させつつ、足の自由な動きを実現しているのが特徴です。

アウトソールにはアシックス独自の「X GUIDANCEテクノロジー」を採用。斜め方向への動き出しをサポートする、高い柔軟性が備わっています。機能性に優れたモデルを探している方におすすめです。

アシックス(Asics) COURT CONTROL FF 2 1071A056

アッパーの素材に、合成樹脂で覆われたメッシュ素材を使用しているバドミントンシューズ。通気性に優れているので蒸れにくく、長時間快適に着用できます。また、高い柔軟性が備わっているのも特徴です。

かかと部分にはアシックス独自の「GEL」を封入。足にかかる衝撃を分散します。また、ミッドソールが厚めに設計されているのもポイント。優れたクッション性が備わっており、持続性があるのも魅力です。

そのほか、プレイ時の接地角度を考慮したラウンドソールを採用。安定性も良好です。シュータンの上に、横ブレを防ぐバンドが配置されているのもポイント。攻撃型のプレイヤーにおすすめのアイテムです。

アシックス(Asics) COURT BREAK 2 1073A013

アウトソールにフラットなモデルが搭載されているバドミントンシューズ。足の裏全体で床を掴むような感覚を得られます。また、小指側に巻き上げられたラバーが用いられており、安定性が備わっているのも特徴です。

アウトソールは、あらゆる動きと回転動作に対応しやすい構造。前後左右へ素早く動き出せるのがポイントです。優れた屈曲性も備わっており、軽快な動きをサポートします。

アッパーの素材には人工皮革を採用。曲がったり擦れたりすることの多い前足部が覆われています。高い耐久性が備わっており、これからバドミントンを始める方にもおすすめのアイテムです。

アシックス(Asics) GEL-COURT HUNTER 2 1071A059

アウトソールに、アシックス独自の「FLEX GROOVE」が配置されているバドミントンシューズ。高い柔軟性が備わっています。軽やかなフットワークをサポートし、前後左右へ素早く動き出せるのが特徴です。

厚めに設計されたミッドソールのほか、前足部にGELが配置されているのもポイント。クッション性が高く、着地時の衝撃を緩和します。長時間プレイしても足に負担がかかりにくいのが魅力です。

アッパーにはメッシュ素材を採用。高い通気性が備わっているので蒸れを感じにくく、長時間着用できます。そのほか、軽量性にも優れているので、快適に履き続けられるモデルを探している方におすすめです。

バドミントンシューズのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

バドミントンシューズのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。