オフロードコースを走るモトクロスやエンデューロに欠かせない「オフロードブーツ」。プロテクターを備えた頑丈な作りで、走行時の衝撃や転倒から足を保護できます。ただし、さまざまなタイプが販売されており、はじめて購入する場合に迷ってしまうケースも少なくありません。

そこで今回は、おすすめのオフロードブーツをピックアップ。あわせて選び方も解説しますので、気になる方はチェックしてみてください。

オフロードブーツの種類

初心者におすすめの「トライアルブーツ」

By: rakuten.co.jp

オフロードブーツのなかで、もっともスタンダードなタイプがトライアルブーツです。柔らかい履き心地と、ライダーの動きを妨げない適度なプロテクション性を備えているのが特徴。優れた操作性により、高低差のあるトライアルレースや複雑な地形のダート走行、街乗りなどさまざまなシーンで活躍します。

プロテクターが薄くて動きやすい、軽快な履き心地も魅力のひとつ。はじめて購入するオフロードバイク初心者にもおすすめです。

ロングツーリングにおすすめの「エンデューロブーツ」

By: amazon.co.jp

ダートコースを走行するエンデューロレースに対応しているのが、エンデューロブーツです。操作性やグリップ力を重視しており、トライアルブーツと比べてよりオフロード向きに設計されています。

足首の自由度を高めるべく柔軟性に優れているほか、プロテクターの数が少ないのも特徴。長時間履いても疲れにくく、押しながら進むシーンが多いコースなどでレースをサポートします。操作性とプロテクション性のバランスのよさも魅力。初心者向けモデルにも多く採用されています。

プロテクト性の高い「モトクロスブーツ」

By: amazon.co.jp

オフロードで速度を上げて走りながら高くジャンプもする、モトクロス用のオフロードブーツです。頑丈なプロテクターを備えているのが特徴。足首のホールド感も強く、オフロードブーツのなかでもっともプロテクション性に優れています。

ただし、歩行には不向き。重みを感じる硬い履き心地でギアチェンジしにくいため、熟練した本格的なベテランライダー向きです。

オフロードブーツの選び方

自分の足に合ったサイズをチェック

By: japexstore.net

オフロードブーツは、足首をがっちりホールドして衝撃から守るために、一般的なシューズと比べてきつめに設計されています。実寸より1cmほど大きいサイズが快適に履きやすくおすすめ。普段履いている靴のサイズ通りに選んでしまうと、窮屈すぎて脱ぎ履きしにくくなるケースがあります。

ただし、緩すぎても悪路でがたつきやすくなるため要注意。バックルで履き心地を調節できるモデルなら、しっかりと固定して安全性を確保しながらも、高いフィット感を得やすくなります。

ソールの形状をチェック

ウェーブソール

By: japex.net

フラットソールとも呼ばれている、引っかかりの少ないソール形状がウェーブソールです。操作性に優れているのが特徴。上級者向けのモトクロスブーツに多く採用されています。

足を着く際のグリップ感を重視したい場合には、溝の配置パターンや深さもチェック。厚みがあって深さがあるほどグリップ力に優れており、悪路を歩く際でも安心です。

タンクソール

By: amazon.co.jp

トレッキングシューズやワーキングブーツのように、ゴツゴツとして深い溝のあるタイプがタンクソールです。ブロックソールとも呼ばれており、ウェーブソールと比較してグリップ力に優れているのが特徴。傾斜のきつい場所や岩場でバイクを押すようなシーンで活躍します。

ゴツゴツしているぶん、ステップやペダルの操作性に劣るのがデメリット。滑りやすい場所や悪路で、バイクを押すシーンが想定されるコースを走行する場合に向いています。

素材の耐久性をチェック

By: amazon.co.jp

オフロードブーツを選ぶ際は、素材の耐久性もチェックしておきましょう。転倒したときの摩擦に強く、足を守る効果も期待できるのが本革です。エンジンなどの熱に強いほか、柔軟性のある履き心地のよさも特徴。快適性と耐久性を重視したい場合におすすめです。

ただし、定期的なメンテナンスが欠かせないのがデメリット。しっかりと手間をかけてお手入れすれば、長く愛用可能です。最近では、しなやかさのあるマイクロファイバー製合成皮革など、軽さと耐久性を両立した素材を使ったモデルもあります。価格やメンテナンスの手間など、バランスを考慮して選んでみてください。

防水性をチェック

By: amazon.co.jp

オフロードコースでは水場や泥地を走行するため、防水性に優れたオフロードブーツがおすすめ。泥や水がかかっても、ブーツ内部に染みこみにくい素材かどうかを確認するのが大切です。

防水性を重視するなら、油分を多く含んだ高級本革や、透湿防水性素材を採用しているモデルがぴったり。また、バックル部分がしっかり閉じる仕様なのかもあわせてチェックしてみてください。

吸湿性をチェック

By: amazon.co.jp

快適な履き心地を求める場合は、吸湿性もチェックしておきましょう。長時間バイクに乗り続けていると汗をかくほか、太陽光の熱によってブーツ内が蒸れやすくなります。透湿性に優れた素材を使用したモデルなら、ブーツ内の湿気を逃がして快適な状態をキープ可能。メッシュ素材を採用しているモデルもおすすめです。

湿気がこもるとニオイが気になるため、ソール内部に抗菌加工を施しているモデルにも注目。抗菌仕様インソールを使用しているモデルなら、効果的なニオイ対策が可能です。

オフロードブーツのおすすめ

ガエルネ(Gaerne) オフロードブーツ サイファーJ

日本人のふくらはぎの形状に合わせて設計されたオフロードブーツです。ニーブレースを装着して履きたい方にもおすすめ。ふくらはぎが太めで体格のよい方にも適しています。軽量なので、長時間過酷なコースを走り続ける際の負担を軽減したい方にぴったりです。

柔軟性と耐久性に優れた本革を採用しているのもポイント。ペダルやステップワークの操作性をサポートします。プロテクションは、重量と保護性のバランスを考慮して厚みやレイアウトを最適化。足首にシャーリングを追加しており、ペダルの操作性と歩きやすさが向上しています。

すね周りには速乾性に優れたポリエステルメッシュを採用。激しいオフロード走行でも蒸れにくく、快適な状態をキープします。ブーツ側面のジャパンオリジナルグラフィックや、レリーフデザインのプロテクションパーツなどを採用した外観も魅力です。

ガエルネ(Gaerne) オフロードブーツ ファストバック エンデューロソール

ひねりを予防する「アンクルフレーム」を採用したエンデューロ用オフロードブーツです。足首の縦の動きを妨げずに横の動きを制御できます。ライディングやペダルの操作性を保ちながらも、転倒などのアクシデント時に足を保護できるおすすめモデルです。乗り降りの多いエンデューロやラリー競技に適しています。

ソールにこだわって開発しているのもポイント。北イタリア伝統の「ノルウェージャン製法」で作られており、高い剛性を実現しています。マイクロファイバー製の合成皮革を採用しているのも特徴です。

ガエルネ(Gaerne) オフロードブーツ ED-PRO art.405

「歩きやすく、履きやすい」をコンセプトに設計されているオフロードブーツです。樹脂パーツを極力使用せず「フルグレインレザー」を採用しており、革本来のプロテクション性能を活かしています。

かかと部分には、プロテクションパーツの代わりにシャーリング加工を施しており、しなやかな動きでオフロード走行をサポートするのが魅力です。

バックルベースの3カ所に取り付けナットを備えた「ふくらはぎ拡張システム」を搭載。バックルを外して前の2カ所に取り付ければ、ふくはぎ部のフィット感を調節できます。

溝の深い「ビブラムブロックソール」採用で、グリップ力も良好。滑りやすい場所や、悪路でバイクを押すシーンが想定されるコースで威力を発揮します。

ガエルネ(Gaerne) トライアルブーツ バランス クラシック

すね部のプラスチックガードを浮かせた「フローティングシンプレート」を搭載している、トライアルタイプのオフロードブーツです。ガードを浮かせてフィット感と運動性能を向上させているのが特徴。バイクとの一体感を重視したいライダーにおすすめのモデルです。シンプレートは、好みに合わせて3段階で位置を調節できます。

3カ所のバックルをビスだけで調節できるのも便利。自分の足に合ったフィット感を得られます。特殊なヒートガードを内蔵しており、従来モデルと比べて耐熱効果を維持したまま軽量化を実現。透湿性素材を採用しているのも魅力です。

ガエルネ(Gaerne) オフロードブーツ SG-12

激しいレースの衝撃に耐えられる強さと、運動性能を徹底的に検証して作られたモトクロス用オフロードブーツです。熟練した職人によって手作業で製造されているため、高品質なモデルを求めている方におすすめ。引っかかりの少ないウェーブソールを採用し、優れた操作性でペダルワークをサポートします。

高い剛性感と適切なポジショニングを実現する「ダブルピボットシステム」を搭載。自然なペダル操作を実現しているほか、ジャンプして着地した際の衝撃を吸収し、過酷なオフロード走行で活躍します。

内側にラバーガードを備えており、バイクとの一体感を高められるのもポイント。かかと部分にショック吸収素材を採用したインソールにより、優れたフィット感を得られます。

ガエルネ(Gaerne) オフロードブーツ GMX MACH80

1980年代の雰囲気をイメージして開発されたオフロードブーツです。フルグレインレザーのアッパーやフロントプレート、バックルなどにレトロなデザインを採用。同社のロゴも当時のモノを使用しており、クラシカルなデザインが好みの方におすすめのモデルです。

アッパー素材には3mm厚の上質なレザーを採用。職人によってひとつずつ縫製された質の高さも魅力です。サイドに設けた2つのバックルと、ふくはぎの大きなベルクロストラップで脱ぎ履きも楽々。フロントプレートやくるぶし部などにプロテクションを施して耐衝撃性を高めています。

ガエルネ(Gaerne) Gアドベンチャー

軽量なトライアルブーツをベースに開発された、アドベンチャーツーリング用ブーツです。重量は、サイズ26.5cmの場合で片足1000g。一般的なオフロードブーツと比べて約40%軽量化しています。履き心地を重視したい方におすすめのモデルです。

内装のくるぶし部に内蔵したパットも履き心地の向上に貢献。プラスチック製シンプレートやシフトガードを搭載しており、プロテクション性能にも優れています。履き口のベルクロフラップで足をしっかりと固定可能。また、ダボスブロックソールを採用することで、足場が悪い場所での高いグリップ力を発揮します。

フォックス(FOX) モトクロスブーツ COMP-X

ストラップのアームをつかんだ状態で上下に可動する、「フローティングカフシステム」採用のオフロードブーツです。足を踏ん張ったときにブーツの前側が可動。突っ張りや食い込みを予防して、足の甲にぴったりとフィットします。

内側にシューレースを設けることで、足首周りのフィット感やホールド感を高めているのもポイント。TPU製のシンプレートとふくらはぎのガード、そしてトゥキャップにより、足をしっかりと保護します。レースロック付きで靴紐を結ぶ手間がなく、スピーディーに締め付けられるのも魅力です。

フライレーシング(Fly Racing) マーベリックブーツ

丈夫な作りを採用しており、過酷なオフロードコース攻略で活躍するオフロードブーツです。アウトソールラバーで高いグリップ力を実現しているため、安定感を重視したい方にも適しています。

クイックロックバックルシステムによって、足をしっかりとホールドできるのもポイント。成形アウトソールで軽量化を図った、スタイリッシュなデザインも魅力です。

アルパインスターズ(Alpinestars) エンデューロブーツ テック7

耐摩耗性に優れた軽量マイクロファイバーを採用しているオフロードブーツ。ゲートルによって水や泥の侵入を予防できます。通気性に優れた3Dメッシュライナーとの組み合わせにより、快適な履き心地を求めている方におすすめのモデルです。

インソールは取り外し可能でお手入れする際に便利。かかと部分には滑りにくいスエードを施したライナーを採用しています。ソールには交換が可能なフラットインサートを使用。フットペグとの相性もよく、理想的な操作性とグリップ性能でエンデューロレースをサポートします。

アルパインスターズ(Alpinestars) オフロードブーツ SMX-6 V2 BOOT

耐久性に優れたハイテクマイクロファイバー製アッパーを採用したオフロードブーツです。TPUアンクルブレースプロテクターで、柔軟性と安全性を確保しており、初心者にも扱いやすいおすすめモデルです。

シンプレートやカフ、ヒールカウンターには通気性に優れたメッシュインサートを備えているエアベントを配置。さまざまなファッションに合わせやすい、豊富なカラーバリエーションも魅力です。

フォーマ(FORMA) オフロードブーツ ADVENTURE 4950545117267

素材に油分を含んだ高級本革を使用しているオフロードブーツです。透湿防水性を備えたDRYTEXメンブレンも採用しており、優れた防水性を発揮。過酷なエンデューロからロングツーリングまで、コースや天候を問わず対応可能です。

締め付け具合を調節できるベルクロとプラスチックバックルを搭載。また、ブーツ内部に形状記憶ポリマーを採用することで履き心地を高めています。APS+抗菌インナーソールを採用しているのも魅力です。

スコイコ(Scoyco) オフロードトレッキングブーツ MBT012

快適性と操作性を重視して開発された、林道ツーリングにおすすめのオフロードブーツです。軽量で長時間履き続けても疲れにくいのがポイント。プロテクション性を確保しながらも足首を曲げやすく、オフロードブーツに慣れていない初心者にも適しています。

泥や沢で滑りにくい形状のソールを採用しているのもポイント。バイクに触れる内側の素材には、熱や摩擦に強い牛革を使用しています。リーズナブルな価格ながら防水仕様なのも魅力です。

コッホマン(Kochmann) マッドクロスブーツ

個性的なデザインのオフロードブーツ。5本のストラップとステンレスメタルバックを組み合わせています。素材には、水気の多いコースでも安心して走行できる高品質な防水レザーを採用しているのが特徴です。

すね部の保護性能に優れているのもポイント。また、滑りにくいラバーソール採用で安全性を高めています。通気性に優れたライニングを使用するなど、蒸れにくい工夫がされている点にも注目です。

ソアー(Thor) オフロードブーツ BLITZ XP BOOTS

アウトソールの強度を補強するメタルトゥキャップを採用したオフロードブーツ。くるぶし上部の補強プレートで足首を保護できます。過酷なモトクロスレースにもぴったりです。

メッシュライナー採用により、通気性に優れているのもポイント。蒸れにくい快適な履き心地を実現します。また、射出成形ポジティブロックバックルや、調節可能なストラップによりフィット感を高めているのも魅力です。

seakysea レーシングブーツ

足首を包み込むような効果を発揮する、インナーフォームを備えたオフロードブーツです。足にフィットしやすく安定感のある履き心地を実現。高速換気システムで通気性にも優れており、快適に履けるアイテムを探している方におすすめです。

くるぶし部分にプロテクションを搭載することで、側面の衝撃から足を保護。軽量構造を採用しており、足の負担を軽減したい方にも適しています。シンプルなデザインを採用しているのもポイントです。

O’Neal オフロードブーツ Element

アッパー部に、耐久性の高いマイクロファイバー合成素材を採用したオフロードブーツです。フィット感を調節できる4点バックルシステムを搭載。かかと部にパッドを備えることでサポート性を向上させており、快適な履き心地を求めている方におすすめのモデルです。

メタル製シャンク付きのゴム製アウトソールに加えて、つま先にはメタル製トゥキャップを搭載。射出成形プロテクターとの組み合わせにより、足をしっかりと保護します。

オフロードブーツの楽天市場ランキングをチェック

オフロードブーツの楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。