通勤、通学時の移動に、音楽を聴くためのスマホや音楽プレーヤーが欠かせないという方は多いのではないでしょうか。毎日使うなら、「音」にもこだわりを持ちたいもの。かといって、いきなり高額のイヤホンに手を出すのは尻込みしてしまいますよね。

今回は、コスパにこだわりつつ日々の音楽ライフをワンランクアップさせる、高音質イヤホンをランキング形式でご紹介していきます。

【価格別】5000円以下のおすすめイヤホンランキング

第1位 フィリップス(Philips) SHE9700シリーズ カナル型イヤホン SHE9720WT

310cE7W1CDL

商品価格 ¥ 3,038

人の耳を徹底的に研究して生まれたイヤホンで、耳によくフィットする構造になっています。また、タボバースのエアベントにより、深みのある低音を実現。低音がよく響く音楽を聴いている人にはおすすめのイヤホンです。

イヤーピースにこだわっているだけではなく、耳にぴったりとはまる設計になっているので、周りの音が遮断され高音質の音を聴けます。常に上位にくいこんでくる、SHE9700シリーズならではのコスパ最強イヤホンです。

第2位 ゼロオーディオ(ZERO AUDIO) カルボ テノーレ ZH-DX200-CT

6156sJ7nETL._SL1283_

商品価格 ¥ 2,827

ZERO AUDIOのインナーイヤーステレオヘッドホン。中低域の音を得意とするマイクロドライバーユニットを搭載し、バランスよくタイトな音を実現。カーボンファイバーとアルミニウムのボディが不要な振動を抑え、ドライバーの性能を100パーセント発揮させます。

イヤホンのコードには、OFCを使用したフレキシブルコードを採用。伝送ロスを抑えピュアな音源転送を可能にします。J-POPのように中音域の音が多い曲をよく聴く人におすすめのイヤホンです。

第3位 エレコム(ELECOM) ハイレゾ対応ステレオヘッドホン EHP-CH1000GD

31C+ZOPcGhL

商品価格 ¥ 4,343

コストパフォーマンスに優れたハイレゾ対応イヤホン。このイヤホンは、ハイレゾ音源に対応しているので、従来のイヤホンとは一味違った、ワンランク上のサウンドが気軽に楽しめます。値段も安くコストパフォーマンスにも優れているので、ハイレゾ対応のイヤホンを安く購入したい方にもおすすめです。

第4位 アーカーゲ(AKG) Y23 ウルトラスモール カナル型イヤホン Y23BLK

31aCyN6RXWL

商品価格 ¥ 4,536

アーカーゲーのカナル型イヤホンエントリーモデルです。世界最小クラス高性能5.8mm径ダイナミックドライバーを採用。それにより、本体重量1gの超軽量・超コンパクト設計を実現しています。4色展開なので、自分の服装に合わせて選ぶのもよいですね。

アーカーゲーデビューを果たしたい方にもおすすめできるイヤホンです。

第5位 タオトロニクス(TaoTronics) Bluetoothイヤホン TT-BH06

41KmIfAZLqL

商品価格 ¥ 2,499

スポーツに最適なBluetoothイヤホン。軽量でコンパクトなため、音楽を聴きながらランニングをする方におすすめです。ワイヤレスで使えるので、ケーブルが邪魔になりません。14gの超軽量ボディーは、スポーツシーンでも大活躍! 耳から外れにくいイヤーフックが付いているため、運動中でも外れる心配がありませんよ。

第6位 TDK CLEF-FINE TH-EC130GD

41rNDaSxoUL

商品価格 ¥ 900

携帯性に優れた巻き取り式イヤホン。有線イヤホンは、使わない時にカバンの中でコードが絡まったり、グチャグチャになったりしますよね。それをストレスに感じている方も少なくないはず。この巻き取り式イヤホンなら、ケーブルを引っ張るだけで簡単にコードを収納できます。

きれい好きな方や、荷物はコンパクトにまとめたい方におすすめのイヤホンです。

第7位 ミュイクス(MUIX) IX3000

5114oujsgUL._SL1000_

商品価格 ¥ 3,980

MUIXのHi-Fiイヤホンは、低域と広域の音をバランスよく再生します。製作者が作った「音源」をそのまま味わえる、ハイレゾ時代のアイテム。アジャスターや断線を防止するタブの採用で、シンプルなデザインながら機能性や耐久性に優れた製品となっています。

また、外れにくいL字型ケーブルを採用していたり、リモコンが付いていたりと操作性も十分。満足できるイヤホンです。Hi-Fiイヤホンをお探しの方におすすめですよ。

第8位 ミュイクス(MUIX) カナル型イヤホン IX1000-BK

31uC9PIV9PL

商品価格 ¥ 3,072

独自のDual Sound Systemを搭載しているこのイヤホンは、1台で2つの音色を楽しめます。スイッチを切り替えることで、音源の魅力をそのまま楽しめる「Flat Sound」、ベース音を強調させて迫力のある音楽を聴ける「Active Bass」に切り替えができます。音楽のジャンルや気分に合わせて音が自由に調整できるおすすめのイヤホンです。

第9位 タオトロニクス(TaoTronics) ワイヤレスイヤホン TT-BH09

41wZqSdw96L

商品価格 ¥ 3,599

大容量バッテリーを搭載したイヤホン。ワイヤレスイヤホンはわずらわしいケーブル不要で使えるので、いろいろな用途や環境で使える便利なイヤホンです。しかし、充電が頻繁に必要だったり、値段が高かったりなどの弱点もあります。その点、このワイヤレスイヤホンには、独自の改良型バッテリーを採用しているので、1回の充電で約10時間音楽が楽しめます。

第10位 フィリップス(Philips) SHE9000/98

71a+GeFFOLL._SL1500_

商品価格 ¥ 3,590

Philipsのカナル型イヤホンは、金属でコーティングされた本体が余計な震動を防止し、サウンドを忠実に伝えてくれます。角度付きのアコースティックパイプと優れたフィット感により遮音性が高く、小さい音量でも高音質のサウンドを楽しめます。

第11位 JVCケンウッド(KENWOOD) XXシリーズ カナル型イヤホン HA-FX3X

418hL1+0v+L

商品価格 ¥ 3,793

重低音に優れたイヤホン。3000円台のイヤホンの中では、ずば抜けて重低音に優れています。ダンスミュージックや洋楽をよりパワフルに楽しめますよ。また、音質がよいだけでなく、耐久性にも優れています。多少乱暴な使い方をしても簡単に壊れることなく、長く安心して使えます。

第12位 Xiaomi Piston 3.0 ZBW4185CN

41VcSEDHwbL

商品価格 ¥ 1,768

音質と価格の両方に優れたイヤホン。あまりお金をかけずに高音質なイヤホンが欲しい方には、こちらがおすすめです。2000円以下で購入できるにも関わらず、独自のサンドイッチ構造を採用。高級イヤホンに引けを取らない、迫力のあるサウンドが楽しめます。人気のイヤホンだけに、偽物も多く出回っているので購入する際には注意が必要です。

第13位 JVCケンウッド(KENWOOD) HA-FXH30

41nc1AdelUL

商品価格 ¥ 4,200

JVCケンウッドのカナル型イヤホンです。新開発のHi-SPEEDマイクロHDユニット搭載によって入力された信号への応答が早まり、濁りが少なくクリアな高解像度のサウンドを実現。抜群のフィットサポートで、つけ心地のよさと安定感を両立させています。

衝撃に強いエラストマー素材のタフラバープロテクター採用しているため、ハウジングを防いでくれますよ。イヤーピースはS、M、Lを用意。自分の耳のサイズに合わせて適切なものを選べますね。

第14位 ソニー(SONY) カナル型イヤホン XBA-C10/B

31hot5hr2al

商品価格 ¥ 2,783

それまで1万円以上していたBA型イヤホンを一気に身近な存在にした記念碑的機種です。ソニーが大企業ならではのコスト管理のうまさで実現しました。そのサウンドもBA型ならではの繊細でデリカシーに溢れた高音質。

ワイドレンジは無理ですが、ピアノ、弦楽、ボーカルなどではダイナミック型では得難い世界を十分に堪能できますよ。デルタ形状の独自スタイルも高い装着感とフィット性につながっています。ハイコスパBA型イヤホンとしておすすめです。

第15位 OKCSC ハイブリッドカナル型イヤホン MMCXリケーブル DD3

41hilrxm2dl

商品価格 ¥ 3,500

この価格では異例のハイブリッド型イヤホンです。コスパで市場を席捲する中国系メーカーの威力を感じさせる一台。さらに、MMCX規格によるリケーブルにも対応します。その上、スマホ用マイク付きリモコンまで装備。MMCXケーブル自体そう安価には買えないので、もはや価格破壊レベルのコスパです。

重厚な低音と解像度の高い中高音というハイブリッド型ならではの高音質を楽しめます。ハイブリッド型イヤホンを試してみたいけれど、国内メーカー製は高くて…という方におすすめです。

第16位 ゼロオーディオ(ZERO AUDIO) ステレオヘッドホン ZERO BASS ZB-03

31besniowbl

商品価格 ¥ 4,418

この価格帯では珍しいハイレゾ対応イヤホンです。40kHz再生をクリアするワイドレンジ。ダイナミック型ながら、伸びやかで繊細な再生ができるファインチューン設計を施しています。筐体は制振性に優れた削り出しのアルミニウムで、滑らかなフォルムにベイキングフィニッシュを施している美しい外観も価格を超えていますよ。

筐体後方にパンチングメタルによるバスブーストポートを配置。低域の再生能力を高めています。日本メーカー製であることもポイント。リーズナブルなハイレゾ対応イヤホンとしておすすめです。

第17位 TTPOD T1

41rODSC80uL

商品価格 ¥ 3,999

TTPODのデュアル・ダイナミックドライバーで構成されたイヤホン。ドイツ製のバイオナノダイヤフラムにより、中広域の表現に特化。2機の大型ネオジウムマグネットを搭載しており、小さいイヤホンながら迫力あるサウンドを提供してくれます。

コスパが最強で、しかも高音質! デザイン性に特化しているため、フィット感がおざなりになっているのでは? と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、耳へのフィット感もよく、長時間の使用でも快適に過ごせますよ。

【価格別】10000円以下のおすすめイヤホンランキング

第1位 ビーツ(beats) Urbeats SE カナル型イヤホン MHD02PA/A

51BoULKAs1L._SL1000_

商品価格 ¥ 8,000

Dr.dreが会長を務めるビーツのイヤホンです。音楽プロデューサーから、イヤホンやヘッドホンなどの音響機器メーカーに転身。現在は、アップルの子会社です。音の特徴は、重低音に強いところ。クラブミュージックやEDMなどを聴く方におすすめのイヤホンです。

デザイン性も高いので、ファッションの一部としておしゃれに使いこなせますよ。

第2位 ゼンハイザー(SENNHEISER) カナル型イヤホン レッド CX 3.00 Red

41WdH9EqWJL

商品価格 ¥ 5,527

CX300シリーズの最新モデル。本体重量約10gからは予想できない迫力のある重低音を再現。しかし、重低音だけを意識しているのではなく、中音域、高音域共にバランスをもたせているイヤホンです。

VGP 2015 SUMMERを受賞していることもあり、高級感のある点が目立ちます。バランスのよいイヤホンを探している方には一押しの商品です。通勤・通学中に手放せないイヤホンになりますよ。

第3位 クリエイティブ(Creative) Sound BlasterX P5 SBX-P5

41tvJ3m9+qL

商品価格 ¥ 7,654

ゲーミングユーザー向けのイヤホン。独自のチタンコートドライバーを採用しているので、優れたレスポンスでゲームや音楽が快適に楽しめます。マイクには高性能インラインマイクを搭載しており、ゲーム中のパフォーマンスを損なうことなく、クリアなボイスで会話ができます。

自宅でのゲームや、通勤・通学中のスマホゲームを高音質で楽しみたい方におすすめします。

第4位 シュア(SHURE) SE112

51DMUaX+iuL._SL1032_

商品価格 ¥ 5,200

SHUREのダイナミック型マイクロドライバー搭載機種。低音が力強いサウンドと、周囲の遮音性に優れたカナル型イヤホンです。耳にフィットするように研究された本体デザインに、3種類のイヤーパッドを選択することによって、使う人に合わせた最適な環境を提供してくれます。

SHUREのSEシリーズはプロのミュージシャンも愛用しているため、音質は保証。音源制作でも使えるイヤホンですね。

第5位 ソニー(SONY) カナル型ワイヤレスイヤホン MDR-EX31BN/B

41aeS9B4jkL

商品価格 ¥ 6,980

リモコン付きワイヤレスイヤホン。Sonyが販売するこのイヤホンには、音量調整や再生・停止ボタンを搭載したリモコンが付いてくるので、わざわざデバイスで操作しなくても、これだけで手軽に操作が行えます。周囲の雑音を軽減させるノイズキャンセリングにも対応。電車の中や移動中でも音楽を快適に楽しめます。

第6位 AfterShokz 骨伝導ヘッドホン AS400

4118oyj+e7L

商品価格 ¥ 6,650

骨電動に対応したイヤホン。骨を振動させて音を伝える骨伝導タイプなので、自転車や車の運転中でも耳を塞がずに音楽を楽しめます。防滴・耐水仕様なので、通勤・通学はもちろん、汗をかくスポーツシーンでも快適に使えますよ。本体にはアンプを内蔵、パワフルなサウンドが楽しめるのもポイントです。

第7位 ソニー(SONY) EXTRA BASSシリーズ DR-XB31IP

31YZTdT6jnL

商品価格 ¥ 7,980

Sonyのカナル型イヤホン。高感度の13.5mmドライバーユニットで、重低音の迫力と、中高音のクリアさが楽しめます。移動中に便利なリモコンやマイクといったオプション付き。iPhoneやiPodと相性がよい機種なので、スマホユーザーにもおすすめですよ。

第8位 ヤマハ(YAMAHA) カナル型イヤホン ワイヤレスユニットタイプ ブラック EPH-W22(B) 国内正規品

41x-ikTV9BL

商品価格 ¥ 6,699

高磁力のネオジムマグネットをドライバーユニットに採用したイヤホン。イヤホンの振動板には独自の技術を盛り込んでおり、小さいながら、幅広い帯域再生を実現しています。また、高音質を追求するために、サウンドチューニングパイプなどを搭載。ど迫力の低音を楽しみたい方におすすめです。

第9位 オンキヨー(Onkyo) ブラック/シルバー IE-HF300(S)

21xKjRSzbhL (1)

商品価格 ¥ 7,957

よりクリアな音を出すために、音楽信号の伝送を強化しています。素材にこだわっており、導体に無酸素銅を使用。従来のイヤホンよりも音質を高めることに成功しました。ドライバーには、大口径14.3mmドライバーを採用しており、キメ細かなサウンドを体感できます。音質にこだわったコスパに優れた、おすすめイヤホンです。

第10位 オーディオテクニカ(audio-technica) カナル型モニターイヤホン ATH-IM70

41maladfxxl

商品価格 ¥ 8,900

8.8mm径のダイナミック型ユニットを2基搭載するユニークな「デュアル・シンフォニックドライバー」構造を採用したカナル型イヤホンです。これにより、ドライバーの歪みを抑え、高解像度でタイトな低域を再生できます。アルミと硬質樹脂のハイブリッド仕様の筐体は共振を抑え、クリアな高音質に寄与。

ダイナミック型として全体的な解像度の高さが他と違う特徴です。それでいて低音の厚みも確保されています。BA型的な繊細さは欲しいけれど、低音の弱さが気になる方にもおすすめです。

第11位 ソフトバンクセレクション(SoftBank SELECTION) ハイレゾ対応 カナルイヤホン SE-5000HR

31dcnmrgnyl

商品価格 ¥ 5,981

ハイコスパが光るハイレゾ対応イヤホンです。高品位なアルミニウムハウジングを楽器をモチーフにしたデザインに仕上げたおしゃれな外見。8mm径の独自開発ダイナミック型ドライバーにより、45kHzもの広帯域再生を実現しています。クリアで解像度の高い高音質なサウンドを聴かせてくれますよ。

携帯キャリアによる製品らしく、マイク付きリモコンも装備。しかも、幅広いスマホとの動作保証もさすがです。リモコン部のデザインも美しく、総合的な満足度の高さもポイント。幅広くおすすめできるイヤホンです。

第12位 JVCケンウッド(KENWOOD) 重低音 カナル型イヤホン XXシリーズ HA-FX77X

41ybymqzvzl

商品価格 ¥ 7,430

価格帯随一のハイコスパ重低音イヤホン。「重低音&タフ」をコンセプトとしたXXシリーズはその重低音の凄まじい再現性から人気の高いイヤホンです。磁束密度を高めた新開発の高磁力ネオジウムドライバーと、ハウジング内部にトルネード状にダクトを配置する「エクストリームトルネードダクト」を採用することにより、重低音はもちろん、全音域でクリアでキレのある高音質を実現しています。

ダイヤカットを施したアルミ切削のハウジングもクールで、スタイリッシュな仕上がりがよいですね。

【価格別】10000円以上のおすすめイヤホンランキング

第1位 JVCケンウッド(KENWOOD) WOODシリーズ HA-FX1100

41ai2L6EZuL

商品価格 ¥ 35,293

木の振動板を採用したイヤホン。独自の加工技術で他のイヤホンとは違う音の響きが楽しめます。ヘッドホンと同じく、立体的に広がる音場を体験できるので、ぜひチェックしてみてください。

第2位 クリプシュ(Klipsch) Xシリーズ X10 Rev.1.2 KLRFXA0112

61v-kD8EoSL._SL1200_

商品価格 ¥ 28,940

従来の物よりも一回り小さい、超コンパクトイヤホン。まるで何も装着していないかのような感覚で、長時間のリスニングも快適に楽しめますよ。小さくなると音痩せする一般的なイヤホンと比べて、メーカー独自の技術により小さくても高音質なサウンドが楽しめます。

少し高価ですが、この価格を出すだけの高い性能がおすすめです。

第3位 オンキヨー(Onkyo) カナル型イヤホン ブラック E700MB

315WbWND5tL

商品価格 ¥ 13,246

ハイレゾ対応のイヤホンです。何回もテストを重ねて完成させているため、バランス性に非常に優れています。人間工学に基づいて作られており、耳に対するフィット感は抜群! いきなりの通話に対応できるように、コントロールマイクも搭載。コスパが優秀なおすすめのイヤホンです。

第4位 ボーズ(Bose) イヤホン SoundTrue IE

41Gw5IOAkOL

商品価格 ¥ 13,980

TriPortテクノロジーを搭載したボーズのイヤホンです。TriPortテクノロジーにより、深みのあるサウンドを提供。ボーズ独自のイヤーチップが、長い時間着けていても快適な装着感を実現します。マイク付が付いているため、音楽を聴いていてもすぐに通話に切り替えられます。

低音がきれいなイヤホンのため、ベースが効いた音楽を聴いている人におすすめです。

第5位 フィリップス(Philips) ワイヤレススポーツイヤホン TX2BTBK

31UHIB90ZoL

商品価格 ¥ 14,490

フィリップスのインナーイヤー型イヤホン。NFC接続により、簡単にペアリングできます。高磁力なネオジウム磁石を採用しているため、低音の効いたサウンドが特徴です。楕円形のサウンドチューブにより、耳に対するフィット感を実現。気持ちよい付け心地が快適です。

高音質と評価が高い「TX2」にいろいろな機能をつけた、コスパ高のおすすめイヤホンです。

第6位 シュア(SHURE) カナル型 高遮音性イヤホン SE215SPE

417ivt-vrcl

商品価格 ¥ 11,206

1万円を少し上回る価格ながら、全ての価格帯のイヤホンの中でも基準の存在と言われる、ハイコスパの名機です。ダイナミック型ユニットを1基使うだけのシンプルな構成ながら、全ての音域で過不足なくバランスのよい高音質が特徴。MMCXコネクターによるケーブル着脱に対応するのも便利です。

ケーブルを耳の上に出して装着する「シュア掛け」の本家なだけに、快適な使い心地もポイント。クリアカラーの外見もおしゃれです。幅広いジャンルの音楽を聴く方におすすめします。

第7位 エレコム(ELECM) ハイレゾイヤホン ハイブリッド EHP-F/HH1000ABK

31e3vdxmgdl

商品価格 ¥ 15,800

パソコン周辺機器の有名メーカーによる力作。安価なイヤホンも多いエレコムですが、最近は高級機にも進出。しかも、大メーカーにヒケを取らない高音質で話題なんです。本機は1基ずつのBA型とダイナミック型によるハイブリッド型。しかもハイレゾ対応の40kHz再生をクリアしたハイスペックも満たしています。

音はワイドレンジでフラット、情報力も多い高音質。かといってモニター調ではなく、聴きごたえのある音作りなのも特徴です。細身のケーブルを生かした斬新なデザインも見事。MMCXリケーブル対応と、スマホ用マイク・リモコン付きケーブルも付属。機能性に関してもおすすめしたい高音質イヤホンです。

第8位 エティモティック・リサーチ(Etymotic Research) スタジオリファレンスイヤホン BA型 ER4SR

31jpzuknjxl

商品価格 ¥ 39,900

録音現場、ステージなどで使われるプロ用イヤホン定番機の最新版です。超ロングセラー・ER-4Sを改良しました。BA型ユニット一基という従来同様のシンプル構造ながら、驚異的なワイドレンジと全音域でのフラットさを実現。モニターらしく豊富な情報量も備えます。接続機器を選ぶER-4Sの気難しさも改善し、より幅広く簡単に使えるイヤホンに進化しました。

生音さながらのリアルな高音質をイヤホンで聴きたい方に真っ先に推薦したい名機です。超高級機とも互角以上のコスパも魅力。3段フランジ式による装着感はきついと感じることもあるので、試聴を強くおすすめします。

高音質イヤホンの特徴

416kru7t4al

By: amazon.co.jp

高音質なイヤホンとは「音のよいイヤホン」。漠然としていますね。音のよさは感じ方に個人差と好みがあり、なかなか数値化できにくいものです。それでも基本的には、より「リアルで生演奏に近い」音のイヤホンが高音質であると言えます。

これをオーディオで表現すると、低音から高音まで、より広い範囲を再生できるワイドレンジさ、細かい音まで再現できる情報量の多さ、楽器の質感の高さと位置関係の正確さ(定位)を備えるものが高音質です。幅広い音域での出音バランスの平坦さ(フラットさ)も加わります。

ハイレゾ対応が一つの目安

41vev0ockll

By: amazon.co.jp

この中で再生周波数範囲として数値化できるのがワイドレンジさ。例えば高域が40kHz再生できると、ハイレゾ対応のハイスペックです。出音バランスをグラフ化した周波数特性という指標もあります。

一般的には、ハイレゾ対応かつ、モニター系のフラットな周波数特性の製品が幅広く対応できる高音質なイヤホンとされます。また、音質重視設計のイヤホンはリケーブル(ケーブル着脱)可能が多いことも付け加えておきますね。

ただ、自分のよく聴くジャンルに合ったイヤホンを見つけることも大事。フラットなイヤホンはクラシック音楽をはじめとするアコースティック楽器音楽では高音質と感じても、低音が重要なロック、ヒップホップなどでは面白みがなく聴こえることがあるからです。

低音重視の方は重低音イヤホンと言われるタイプの方が高音質に感じる場合があります。

イヤホンの種類

41bc8kdgcl

By: amazon.co.jp

イヤホンには外音の遮音性と装着性の違いによるインナーイヤー型と、カナル型の分類があります。現在は耳栓のようなイヤーピースを押し込んで聴くカナル型が主流です。インナーイヤー型は軽快な装着性ですが、遮音性が低いのが欠点。

また、発音方式による分類もあります。まず、一般的なスピーカーを小型化したダイナミック型。主流の方式で、極めて安価な製品にも高級機にも幅広く使用されています。低コストで幅広い音域を安定した音質で再生できるからです。低音再生能力の高さも魅力。

最近増えているのがバランスド・アーマチュア(BA)型。ダイナミック型では難しい、繊細な音の再現が得意です。その反面、幅広い音域を再生するのが苦手で低音も弱い傾向。従来は高価でしたが、現在では2000円台まで価格が下がっています。

ダイナミック型とBA型を両方採用するハイブリッド型も登場。両方のいいとこ取りをしたタイプで急激に注目を集めています。いずれの方式でも発音部を複数採用することで弱点を補い高音質を狙うイヤホンもあります。ただ、複雑なタイプは高価なので、どこで区切りをつけるかも大事です。