高温の熱風を吹き出せる「ヒートガン」。DIYで塩ビ管や熱収縮チューブを加工したいときや、塗料を乾かしたい場合に便利な工具です。しかし、さまざまな種類のモノが展開されているため、どれを選べばよいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめのヒートガンをご紹介。ドライヤーとの違いや選び方のコツも解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ヒートガンとは?

By: amazon.co.jp

ヒートガンとは、一般的に100~550℃ほどの熱風を吹き出して素材を加工する工具のこと。形状はドライヤーや電動ドリルに似ており、グリップのスイッチを押して先端から熱風を出す構造です。

プロが使用するイメージの強いヒートガンですが、車の塗装直しや塩ビ管の曲げ加工にも使用できるのがメリット。DIYや趣味のために導入すれば、行える作業の幅が広がります。

ヒートガンとドライヤーの違い

By: amazon.co.jp

ヒートガンとドライヤーの違いは排出される熱風の温度です。ドライヤーは、吹き出し口から3cmの熱風温度が140℃とJIS規格で定められています。塩ビ管の加工やはんだごてとして使用するには温度が足りないため、ヒートガンの代用には向いていません。

一方で、ヒートガンは300~600℃と高温の熱風を放出できるのがポイント。塗装の乾燥作業や素材の曲げ加工を効率的に行えます。

ヒートガンの選び方

形状で選ぶ

一般的なプロも使う「ガンタイプ」

By: amazon.co.jp

ドライヤーのような形状のガンタイプは、プロが使用できるモデルも展開されています。温度や風量を細かく調節できるモノや、本体が自立し両手で作業を行えるモノなどが多く使い勝手に優れているのがメリットです。

また、ノズルの取り外しができるモノもあり、塗料の乾燥やはんだ付けなど、さまざまな用途に応じて使えるのが魅力。幅広い作業で使えるヒートガンを探している方は、ガンタイプのモノを選ぶのがおすすめです。

コンパクトで細かな作業に適した「スティックタイプ」

By: amazon.co.jp

スティックタイプのヒートガンは、軽量かつコンパクトなモデルが多いのが特徴です。また、最高温度が200℃程度のモノが多数展開されているため、手芸ねんどの乾燥や封筒ワックス作りといったDIY用にぴったり。取り回しやすく、細かな作業にも向いています。

持ち運びやすく省スペースに収納しやすいので、ハンドメイド用として手軽にヒートガンを使いたい方におすすめです。

用途に合わせて最高温度をチェック

By: amazon.co.jp

ヒートガンはモデルによって最高温度が異なります。購入前に作業に合った温度が出るかどうかチェックしておきましょう。

塩ビ管の曲げ加工は約60~80℃、熱収縮チューブを収縮させるには約100℃のモノがおすすめ。また、包装用のシュリンクフィルム収縮に使うなら約150℃、はんだ付けには約350℃の温度が必要です。

温度や風量を調節できるかチェック

By: amazon.co.jp

ヒートガンを選ぶときは、温度や風量を調節できるかも確認しておきましょう。温度が調節できれば、幅広い作業で使えるので便利です。

また、温度だけでなく風量も作業を行ううえで重要なポイント。乾燥作業には強い風量、じっくりと作業する場合には弱い風量が適しています。風量が一定のモデルの場合、風量が強すぎて素材を吹き飛ばしてしまう可能性があり注意が必要です。

風量を調節できるモノであれば、ヒートガンの距離を変えずに使用できるのがメリット。さまざまな作業を行いたい場合は、温度や風量の調節幅が広いモノを選ぶのがおすすめです。

作業時間をチェック

By: amazon.co.jp

ヒートガンは、製品ごとに「定格使用時間」が異なります。定格使用時間とは、基準内の温度で機械が運転を継続できる時間のこと。ヒートガンの定格使用時間は20分前後のモノが多いですが、なかには長く連続使用できるモノも展開されています。

定格使用時間になると作業を中断してヒートガンを冷却する必要があるので、作業にかかる時間を考慮して選択しましょう。

ノズルの種類をチェック

By: amazon.co.jp

ヒートガン本体に加えて、取り外し可能なノズルが付属しているモデルもおすすめ。先が細長い形状のノズルであれば、ヒートガンが放出する熱風を一点に集められます。また、はんだ付けなどの細かい作業を行いやすいのもメリットです。

一方で、扇型にデザインされたノズルを使用すれば、広範囲に熱風を届けやすいのがポイント。車の塗装を直した際など乾燥させたい場合にぴったりです。ヒートガンを購入する際は、付属しているノズルの種類も確認しておきましょう。

冷却機能の有無をチェック

ヒートガンには「冷却機能」が搭載されているモデルもラインナップされています。

熱風で作業を行った場合、ヒートガンに取り付けているノズルや素材は冷めるまでに時間を要しますが、冷却機能を搭載しているヒートガンであれば比較的短時間で冷却可能。作業効率がアップするだけでなく、片付けまでの時間を短縮できるのがメリットです。

コードレスのモデルも人気

By: amazon.co.jp

コードレスタイプのヒートガンは、コンセントの位置を気にせず使用できるのがメリットです。充電しておくことで、屋外やコンセントが近くにない場所でも手軽に使えます。

また、コードが邪魔にならず取り回しやすいのもポイント。ただし、バッテリーを搭載していることにより、重量が増す傾向にあるので注意が必要です。気になる方は、購入する前に重量もチェックしておきましょう。

ヒートガンのおすすめ|プロ用

マキタ(MAKITA) ヒートガン HG6031VK

9段階の温度調節と2段階の風量調節ができるガンタイプのヒートガン。温度は50~550℃まで切り替えでき、幅広い作業に対応できるのが特徴です。本体は自立するので、上向きにして作業可能。塩ビ管の曲げ加工などの両手を使うシーンに適しています。

平面ノズル・曲面ノズル・丸ノズル・ガラス保護ノズル・スクレーパ2種が標準で付属。塗料の乾燥や細かな作業など、用途に応じて使い分けできるのがメリットです。また、収納ケースも付いているので、持ち運びしやすいのもポイント。使い勝手に優れたヒートガンを探している方におすすめです。

ボッシュ(BOSCH) ホットエアガン GHG 23-66 Professional

強力なモーターを採用しており、650°Cまで温度が上がるガンタイプのヒートガンです。塩ビ管の曲げ加工はもちろん、はんだ付けなどさまざまな作業で活躍します。また、LCDディスプレイを搭載しており、デジタルで温度調節ができるのも魅力です。

風量設定は10段階で行えるため、作業に適した風量に調節しやすいのもメリット。細かな調節が必要なプロの方にもおすすめです。さらに、自動熱保護機能を搭載しており、モーターが熱くなりすぎた場合にはヒーティングユニットを自動でオフにできます。

リョービ(RYOBI) ホットエアガン HAG-1551

用途に応じて50~550℃まで温度調節できるガンタイプのヒートガンです。重さ580gと比較的軽量なのが特徴。また、上向きに自立するので、塩ビ管の曲げ加工などでも活躍します。

スクレーパーが2種類付属しており、カーペットなどの剝がし作業や塗料の剝離作業にも便利。取り回しやすいヒートガンを探している方におすすめです。

ハイコーキ(HiKOKI) ヒートガン RH600T

ハンドルにソフトグリップが付いており、滑りにくいガンタイプのヒートガンです。温度と風量を2段階で切り替えられるので、初めてヒートガンを使う方でも扱いやすいのがポイント。温度は250℃と500℃に設定可能で、幅広い作業に使えます。

本体の重量は570gと軽量で取り回しやすいのもポイント。さらに、冷却ボタンを押すと約50℃の温風が吹き出される「急速冷却機能」を搭載しており、使用後のノズルや素材を素早く冷ませます。

本体を立てて作業するときにはスタンドとして使用できるハンガーフックが付属しているので、両手で素材を持って作業したいときに便利。扱いやすく、スムーズに作業を行えるヒートガンを探している方におすすめです。

パオック(PAOCK) Power Sonic ヒートガンセット HG-10S

ノズルとスクレーパーが4種類ずつ付属しているガンタイプのヒートガンです。塩ビ管の曲げ加工や塗料の乾燥、シール剝がしといった幅広い作業に対応できるのが特徴。加えて、収納用ケースも付いており、携帯性に優れているのも魅力です。

定格使用時間は30分と比較的長いのもポイント。また、電源コードの長さが2.5mあるので、コンセントから離れた場所でも作業ができます。

50~650℃までの間で温度調節できるのもメリット。LED温度インジケータを搭載しており、温度設定がひと目でわかります。付属品が多く、さまざまな作業に対応できるので初めてヒートガンを購入する方にもおすすめです。

白光(HAKKO) 熱風炉・工業用ドライヤー FV310-81

温度・風量ともに無段階で調節できるガンタイプのヒートガンです。温度は50~530℃の間で調節可能。ツマミによって細かく調節できるため、塩ビ管の曲げ加工やシュリンクフィルム収縮など幅広い作業で活躍します。

本体は自立するので上向きの作業に対応できるのもメリット。さらに、背面にラバーが付いており、転倒しにくいのも魅力です。

収納ケース付きのため、携帯性に優れているのもポイント。細やかな調節ができるヒートガンを求めている方におすすめです。

Anesty ヒートガン HG-02Y

液晶画面で温度調節ができるガンタイプのヒートガンです。ひと目で温度設定がわかるので初心者でも扱いやすいのが魅力。また、作業後には自動で数秒間本体を冷やす冷却機能を搭載しており、片付けまでの時間を短縮できるのもポイントです。

風量は2段階で切り替えでき、スムーズに作業を行えます。さらに、曲面ノズル・平面ノズル・丸ノズル大小・平面スクレーパー・三角スクレーパーが付属。塩ビ管の曲げ加工からシール剝がしまで幅広い作業に対応できます。

比較的リーズナブルな価格ながら、初心者からプロまで使いやすい機能が充実しているおすすめのヒートガンです。

elesories ヒートガン HG1012

無段階の温度調節と2段階の風量調節ができるガンタイプのヒートガン。温度は弱風モードで50~300℃、強風モードで50~650℃の間で調節できるのが特徴です。

5種類のノズルと三角スクレーパーが付属しており、用途に応じて使い分けられるのもポイント。また、比較的リーズナブルな価格で購入できるため、コスパを重視する方にもおすすめです。

イチネンMTM RELIFE ヒートガン RHG-1500

60~550℃の間で温度を調節できるガンタイプのヒートガンです。塩ビ管の曲げ加工や塗料の乾燥、シール剝がしといった幅広い作業に対応可能。また、送風機能が付いているので、作業終了後に素早く素材とノズルを冷やせるのも魅力です。

1500Wの高出力で効率的に作業を行いやすいのもメリット。さらに、比較的コンパクトかつ軽量なので、取り回しやすいヒートガンを探している方におすすめです。

ヒートガンのおすすめ|小型

石崎電機(ISHIZAKI ELECTRIC) プラジェット・ミニ 小型ヒートガン PJ-M20

電源コードを除いた本体の重さが約240gと、軽量かつ小型のヒートガンです。サイズは幅4.7×高さ4.9×長さ24.5cmとスリムなので、持ち運びしやすいのもメリット。さらに、折りたたみ式スタンドが付属しており、本体を置いて作業できるのも魅力です。

スイッチはスライド式で、熱風・送風・OFFの3段階に切り替えが可能。また、熱風の温度は約350℃と小型タイプでは比較的高温なのもポイントです。1回の連続運転時間は2時間以内と長めで、時間のかかる作業にも適しています。

Anesty ヒートガン MHG-01A

取り回しやすいスティックタイプのヒートガンです。重量は300gと軽量なのもメリット。また、電源を入れてから数秒以内で最高温度に到達し、スムーズに作業を行えるのも魅力です。

コンパクトで気軽に使えるので、DIY用としてもおすすめ。使い勝手に優れたヒートガンを使いたい方は、ぜひチェックしてみてください。

Mirao ヒートガン

グリップ部分に滑りにくいエストラマー素材を使用した、スティックタイプのヒートガンです。電気回路に温度制御装置が搭載されており、温度が異常に高くなった場合は自動で電源を切断できるのが特徴。安全性を重視する方におすすめです。

100°回転するスタンド付きで自立するため、両手を使って作業できるのもメリット。また、重量は約300gと軽量なので、持ち運びにも便利です。

Alioay ヒートガン

全長が22.5cmとコンパクトな小型タイプのヒートガンです。グリップ部分に滑り止めが施されており、しっかり握って作業しやすいのが特徴。加えて、本体にはスタンドが付属しているので、机などに置いて作業できるのも魅力です。

温風が出る先端に保護層が付いており、初めてヒートガンを使う方にぴったり。また、比較的リーズナブルな価格で購入できるため、コスパを重視する方にもおすすめです。

パオック(PAOCK) ミニヒートガン MHG-300PA

温風と送風をスイッチで簡単に切り替えられる小型タイプのヒートガンです。温風の温度は250℃なので、包装用のシュリンクフィルム収縮や熱収縮チューブの加工にぴったり。作業終了後に送風を使えば、本体や素材を短時間で冷ませます。

本体サイズは幅4.9×奥行23.5×高さ5.5cmとコンパクトのため、持ち運びやすいのも特徴です。また、本体にはスタンドが付属しており、両手を使って作業できます。

小型タイプながら定格使用時間は20分と比較的長いのもメリット。携帯性と機能性を兼ね揃えたヒートガンを探している方におすすめです。

CVVITOO ヒートガン 小型

2段階の温度調節ができる小型タイプのヒートガンです。スライドスイッチにより200℃と350℃に温度を切り替えできるので、塗料の乾燥やシール剝がしなど幅広い作業で使用可能。さらに、曲面ノズルが付属しており、熱収縮チューブを収縮させるのに役立ちます。

本体に付属しているスタンドを使用すれば自立するのもメリット。コンパクトサイズで多機能なヒートガンを探している方におすすめです。

ヒートガンのおすすめ|コードレス

リョービ(RYOBI) 充電式ホットエアガン DHAG180

熱風温度が500℃のコードレスタイプのヒートガンです。本体に高輝度LEDライトを搭載しており、暗い場所でも作業しやすいのが特徴。さらに、ノズルが3種類付属しているため、さまざまな作業に対応できるのもポイントです。

不意に電源が入らないセキュリティロックレバー付きで、安全面に配慮されているのもメリット。また、本体にはフックが搭載されており、吊るして保管することもできます。取り回しやすく、機能的なヒートガンを探している方におすすめです。

アストロプロダクツ(ASTRO PRODUCTS) 充電式 ヒートガン DC18V

誤作動防止機能を備えている、コードレスタイプのヒートガンです。トリガーを握っている間のみ温風が出る仕様。初心者でも扱いやすいのがメリットです。

スポットノズル・ワイドノズル・ベントノズルの3種類が付属しており、塩ビ管の曲げ加工やステッカー剝がしなどさまざまな作業で活躍します。また、本体にLEDライトを搭載しているので、暗い場所でも快適に使えるのもポイント。安全性に配慮されたヒートガンを探している方におすすめです。

LBSWYH 充電式 ヒートガン

温度を300~550℃まで調節できるコードレスタイプのヒートガンです。10秒以内に設定温度に到達すると謳われているので、スムーズに作業を行えるのが特徴。また、大容量のリチウム電池が付属しており、最大18分の連続使用が可能なのもメリットです。

曲面ノズルと平面ノズルも付属しているため、熱収縮チューブの収縮や広範囲の塗料の乾燥などの幅広い作業に対応可能。さらに、LEDライトが搭載されており、暗所でも作業しやすいのもポイントです。

グリップ部分は火傷防止ハンドガード付きで、熱くなりにくいのが魅力。ハイパワーで多機能なヒートガンを求めている方におすすめです。

ヒートガンのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ヒートガンのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。