自宅でのDIYやタイヤ交換をするときなど、六角ボルトを調節する際に便利な「インパクトレンチ」。高いトルクでボルトやナットを締められるため、手動のレンチよりも作業を効率化できます。

今回はおすすめのインパクトレンチをピックアップ。選び方やおすすめのメーカーもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

インパクトレンチとは?

By: amazon.co.jp

インパクトレンチとは、六角ボルトやナットを締めたり緩めたりする際に利用する工具のこと。手で回すよりも簡単にトルクをかけられるのが特徴です。ソケットを本体に取り付けて、ボルトやナットを締め付けます。

製品によっては、粉塵防滴性能を備えたモノや、ブラシレスモーターを搭載したモノなど付加機能も充実。雨や粉塵の多い現場で使用したい方や、メンテナンスが少ないモノを探している方は付加機能にも注目してみてください。

インパクトレンチとインパクトドライバーの違い

By: amazon.co.jp

インパクトレンチとインパクトドライバーは、どちらも回転方向へ打撃を加えることで高い締め付け力を得られるのが特徴の工具です。それぞれの構造や使用目的には明確な違いがあります。

インパクトレンチは太く頑丈な四角形状の「角ドライブ」を備えているのが特徴です。ボルトやナットを締め付ける「ソケット」をセットして使用し、高トルクを要する締め付け・緩めなどの作業を実施する場面に向いています。

さらに、インパクトレンチは高い打撃力を得るため、大きなハンマー部とブラシレスモーターなど高出力のモーターを搭載しているのもポイント。インパクトドライバーと比べ、大きな力を発揮できるのがメリットです。

対して、インパクトドライバーは六角軸のアクセサリー「ビット」を装着して使うのが特徴。主に小径のボルト・ナット・ネジの締め付けや緩め作業に使用します。

インパクトドライバーについて詳しく知りたい方はこちら

インパクトレンチの選び方

電源方式で選ぶ

充電式

By: amazon.co.jp

最近のインパクトレンチの主流は、取り回しのよいコードレスの充電式です。コードがないため、作業時に電源を用意する必要はありません。しかし、全体的な重量が本体とバッテリーの両方を合わせた重さになるため、AC電源式よりも重いモデルが多いのが特徴です。

充電式のインパクトレンチはAC電源式に比べると価格が高くなりがちですが、取り回しのよさが大きな利点。さらに、大手メーカーの製品ならほかの機種とバッテリーの使い回しができることが多いので、複数台の電動工具を所持したい方は、バッテリーが1セットあれば本体のみの購入で済みます。

AC電源式

By: amazon.co.jp

できるだけ安い価格で購入したい方や、高いトルクが必要な方にはAC電源式がおすすめ。AC電源式のモノなら、電源さえ確保できればバッテリーの残量を気にせずに長時間の使用が可能です。

充電式のインパクトレンチは取り回しがよく持ち運びもしやすいのが利点ですが、バッテリーの残量を気にする必要があります。長時間の作業をする際は、AC電源式のモデルがあると安心です。

締め付けトルクをチェック

By: amazon.co.jp

締め付けトルクとは、ボルトを締め付けるパワーのこと。一般的に、トルク数の高いインパクトレンチほど性能が高く、大きなサイズのボルトも締め付けられます。ただし、必要以上にトルク数の高いインパクトレンチを使うと、ボルトを破損してしまう場合もあるため要注意。ボルトのサイズや用途に合わせて適切なトルク数のモノを選ぶことが大切です。

使用環境によっては最大のパワーが出ない場合もあるため、用途よりもやや高めのトルク数を選ぶのがおすすめ。なお、家庭で使うインパクトレンチなら200~250N・mくらいを目安に選びましょう。

緩め作業は逆転トルクをチェック

By: amazon.co.jp

締め付けトルクと同様、インパクトレンチを選ぶ上で重要となる要素のひとつが「逆転トルク」。ボルトやナットなどを緩めるため、インパクトレンチを逆転させるパワーのことを指します。

通常、ボルトなどを緩める際には、締め付け時の8割程度の逆転トルクが必要です。インパクトレンチでの緩め作業がメインになる場合は、逆転トルク機能を備えたモデルを用意しておくことで効率よく作業を進められます。

なお、錆びついたボルトなどを緩める場合は、締め付け時の適正トルクと比べて2倍以上の力が必要となることも珍しくありません。緩め作業へ対応したモデルを選ぶ際、正転に比べて逆転トルクが10%ほど高いモノを選ぶのがおすすめです。

製品によってはスペック表へ逆転トルクを記載しているインパクトレンチもあります。インパクトレンチを選ぶ際、ぜひ参考にしてみてください。

ソケット取り付け角ドライブで選ぶ

By: amazon.co.jp

インパクトレンチは、強いトルクと耐久性の高い取り付け部分の角ドライブが特徴です。インパクトレンチで使用される角ドライブのサイズは主に5種類。小さい順に6.3sq・9.5sq・12.7sq・19.0sq・25.4sqで、それぞれの規格に合うインパクトレンチ用のソケットが必要になります。

インパクトレンチ用のソケットは、手動用のソケットよりも外径が厚く、強靭性が高いのが特徴です。ソケット取り付け角ドライブのサイズが大きければ大きいほど、締められるボルトのサイズが大きくなります。

ソケット取り付け角ドライブサイズが6.3sqなら適合ボルトの目安はM5~M10、ソケット取り付け角ドライブサイズが9.5sqなら適合ボルトはM5~M14が目安。同様に12.7sqはM6~M22、19.0sqはM10~M30、25.4sqはM22~M30が目安です。

本体サイズと重量も確認しよう

By: amazon.co.jp

家庭でのタイヤ交換やDIYに使用する場合は、できるだけコンパクトで軽量なモノのほうが取り回しがしやすくおすすめです。充電式のインパクトレンチには軽量小型モデルも多くありますが、本体の重量にバッテリーの重量が加わるため留意しておきましょう。

頻繁にインパクトレンチを使わない場合は、コンパクトなモノを選べば収納場所を取らずに済みます。重いモノなら2kg程度のモデルもありますが、1kgに満たない軽いモノもあるので、用途に合わせた重量のモノを選びましょう。

インパクトレンチのおすすめメーカー

マキタ(MAKITA)

By: amazon.co.jp

木工機械や園芸工具、エアツールといった幅広い充電工具を扱っている総合電動工具メーカーのマキタ。マキタのインパクトレンチは、コンパクトなモノからパワフルなモノまで幅広く取り揃えられています。

特に、マキタが開発したリチウムイオンバッテリーを採用しているインパクトレンチが人気。また、ブランド内の同じボルト数の製品ならバッテリーを使い回せるため、マキタの充電工具を複数台所持している方にもおすすめです。

ハイコーキ(HiKOKI)

By: amazon.co.jp

元々は電気機器メーカー日立のグループ会社だったハイコーキ。コンパクトながらパワフルなインパクトレンチが人気です。

また、握りやすい細径ハンドル設計のモノや、締め付けモード切替機能で幅広い作業に対応できるモノなど、ラインナップも豊富。用途に合わせて締め付ける力を切り替えられる機能や、冷却効率の高い「最適新風路設計」を採用したモデルも存在します。

ボッシュ(BOSCH)

By: amazon.co.jp

世界シェアではマキタを上回るドイツのメーカー、ボッシュ。強固なつくりとおしゃれなデザインが人気を博しています。ボッシュのインパクトレンチは、プロユーザーのために安全性を重視しているのが特徴です。

ボッシュのインパクトレンチには、過放電や過充電、オーバーヒートなど、範囲外温度での使用からセルを保護するための機能「ECP」が採用されています。安全性の高いインパクトレンチを探している方におすすめのメーカーです。

インパクトレンチのおすすめモデル

マキタ(MAKITA) 充電式インパクトレンチ 6.0Ah TW285DRGX

「逆回転オートストップモード」を搭載したインパクトレンチです。逆回転でボルトが緩んだら、約0.2秒後に自動で停止。回転の勢いで、外れたボルトがそのまま落下してしまうトラブルを防げるのが特徴です。

コンパクトながらパワフルなブラシレスモーターを搭載しており、締め付けトルクは260N・m。取り回しがしやすいだけでなく、強力にボルトを締め付けられます。本製品は防塵防水性能を搭載しているので、屋外での使用にもおすすめ。ボディや内部パーツをホコリから保護できるのもメリットです。

握りやすく滑りにくいソフトグリップや、ソケット部の抜け落ちを防ぐピンを挿し込む機構も採用。使い勝手に優れている点もおすすめのインパクトレンチです。

 

マキタ(MAKITA) インパクトレンチ TW0250

パワフルな締め付けが可能なAC電源式のインパクトレンチです。締め付けスピードは2段階で切り替え可能。高速での最大トルクは250N・m、低速での最大トルクは185N・mです。普通ボルトであれば、M10~M20までのサイズに対応。強度の高い「高力ボルト」は、M8~M14のサイズで使用できます。

無段変速機能が搭載されているので、指先での回転速度コントロールも可能です。

ハイコーキ(HiKOKI) 14.4V コードレスインパクトレンチ FWR14DGL

ロングソケットが標準で付属しているインパクトレンチです。19mmと21mmの薄口ロングソケットが付いているので、ホイールナットの仮締めにもおすすめ。最大トルク160N・mのパワフルな締め付けができる点も魅力です。

全長は約177mmと比較的コンパクト。重量は1.3kgほどと軽く、使いやすいのもポイントです。手元にはスイッチと連動する「白色LEDライト」も搭載。締め付けるボルトを照らしながら、効率よく作業できます。

ハイコーキの14.4Vリチウムイオン電池であれば、高容量タイプも使用可能。1.3~5.0Ahまでの幅広いバッテリーに対応できるのもおすすめポイントです。

ハイコーキ(HiKOKI) マルチボルト 36V コードレスインパクトレンチ WR36DA

コードレスタイプながら、AC電源タイプ並みの強力な締め付けができるインパクトレンチです。ブラシレスモーターと高出力な蓄電池により、最大締め付けトルク1100N・mを実現。錆びついたボルトを緩めたい場合におすすめです。

打撃のパワーは4段階で切り替えが可能。弱1・弱2・中・強の4モードを、スイッチ1つで簡単に変更できます。全長は約221mmと比較的コンパクト。取り回しがしやすい点も魅力です。また、IP56相当の防塵防水性能も搭載。ホコリや水の影響を受けにくいので、屋外での作業にも適しています。

ハイコーキ(HiKOKI) インパクトレンチ WR16SE

AC電源タイプながら、比較的コンパクトなボディのインパクトレンチです。小型で軽量なブラシレスモーターが採用されており、全長約228mと、取り回しのしやすいサイズを実現。狭い場所での作業におすすめです。

電源や負荷状態を検知し、安定したトルクで締め付けが可能。延長コードを利用して、コンセントから離れた場所で作業をしてもパワーがほぼ落ちません。起動や停止時の反動を抑える「ソフトスタート・ブレーキ」が搭載されているのもポイント。手や腕にかかる負担を軽減できます。

締め付けパワーは4段階で調節可能。弱・中・強・最強の4モードを、スイッチ1つで簡単に切り替えられる点もおすすめです。

ボッシュ(BOSCH) コードレスインパクトドライバー/レンチ GDX 18V-200 C H Professional

電動ドライバーとしても使える便利なインパクトレンチです。六角ソケットと角ドライブの「2-in-1ツールホルダー」を備えているのが特徴。幅広い用途に使えるので、DIYにおすすめです。別売りのBluetoothコネクト機能を利用すれば、工具の使用履歴やサービス情報もスマホで受け取れます。また、LEDライトの明るさ設定も可能です。

締め付けトルクは最大200N・m。比較的コンパクトで使い勝手に優れていながら、パワフルな締め付けができるのもポイントです。締め付け速度は3段階で調節可能。電子無段変速機能も搭載されているので、指先でも細かく回転速度を調節できます。

また、防塵防滴性能も搭載されており、屋外で作業する場合にもおすすめです。

ボッシュ(BOSCH) コードレスインパクトレンチ GDS 10.8V-EC

コンパクトで使い勝手に優れたインパクトレンチです。本体サイズは幅約137×奥行54×高さ179mm。重量も0.9kgほどと軽いので、長時間の作業はもちろん、力の弱い方でも扱いやすいのが特徴です。最大締め付けトルクは115N・m。作業に応じて使い分けられる2段階の「打撃力調整ボタン」が搭載されています。

普通ボルトはM4~M12のサイズに対応。高力ボルトはM4~M10のサイズが使えます。過放電・過電流・過充電・オーバーヒートなどの対策ができる、安全性を考慮した機能が搭載されているのもポイント。長期間愛用できるインパクトレンチを探している方にも適しています。

ヘッド部には「3灯式リング状LEDライト」を搭載。暗い場所や狭い場所での作業が効率よく行える仕様です。カラビナフックや4色のカラークリップも付属。不使用時にベルトに掛けておける点もおすすめです。

高儀(TAKAGI) infini-Link 18V充電式インパクトレンチ IW-180LiB

軽自動車から普通乗用車までのタイヤ交換におすすめのインパクトレンチです。19mmと21mmの保護スリーブ付きインパクトソケットが付属。タイヤ交換時にホイールナットへのアクセスがしやすい仕様です。

付属のバッテリーパックにはUSBポートを搭載。スマホやタブレットの充電にも使用できます。「充電残量チェッカーボタン」を押せば、一目でバッテリーの残量を確認可能。3段階でランプが点灯して、残量を表示します。

外れたボルトの落下を防ぐ「ブレーキ機能」も搭載。そのほか、手元を照らすLEDライトが付いており、使い勝手にも優れています。

リョービ(RYOBI) 充電式インパクトレンチ BIW-148L5

狭い場所でも作業がしやすいインパクトレンチです。全長124mmほどとコンパクトで、取り回しのよさが特徴。小型ながらパワフルなブラシレスモーターが採用されており、力強い締め付けができる点もメリットです。

締め付けパワーは弱・中・強の3段階で調節可能。作業に応じて簡単に切り替えられるのもポイントです。本製品はIP56相当の防塵耐水性能も搭載。屋外で作業中に急な雨に降られても安心です。

2個のバッテリーや充電器が付属しながら、比較的低価格で購入できる点も魅力。携帯や収納に便利なキャリングケースも備わっています。

リョービ(RYOBI) インパクトレンチ IW-3000

パワフルな締め付けが可能な、プロ仕様のインパクトレンチです。本体サイズは幅約295×奥行90×高さ235mmとやや大きめですが、AC電源式を採用しており、最大締め付けトルク300N・mのパワーを有しています。大型のボルトの締め付けや錆びついたボルト外しなど、パワーのいる用途におすすめです。

ソケット差し込み口はワンタッチ式。簡単にソケットの付け替えができる点がメリットです。

KTC 12.7sq. ホイールナット専用コードレストルクリミットインパクトレンチセット JTAE473

2つの締め付けモードを搭載したインパクトレンチです。「右回転フルパワーモード」と「2段階の仮締めモード」を切り替えて使用可能。ボルトやナットの締め付けや緩め作業はもちろん、タイヤ交換作業にも適しています。

ヘッド部には「4灯LEDライト」を搭載。対象物を視認しやすく、暗い場所での作業にもおすすめです。

メルテック(meltec) FT-50P 電動インパクトレンチ

リーズナブルな価格で購入できるAC電源式のインパクトレンチです。19mmと21mmのディープソケットが付属。ホイールナットの仮締めや緩め作業におすすめです。持ちやすい構造のグリップにより、力を入れやすいのもポイント。手や腕にかかる負担を軽減して、快適に作業できる設計です。

本製品には専用のケースも付属。携帯時はもちろん、収納時にも便利です。

新興製作所(SHINKO) インパクトレンチ ACIW-350

電池残量を気にする必要がないAC電源式を採用したインパクトレンチです。ヘッド部にLEDライトを搭載。暗所で手元を照らし、ボルトやナットをしっかりと確認しながら作業できるのがポイントです。

また、17mm・19mm・21mmの「セミロング薄肉ソケット」が付属しているのも魅力。ホイールナットにアクセスしやすく、タイヤ交換作業をスムーズに行えます。

Abeden インパクトレンチ HY-S500

片手でも扱えるコンパクトなコードレスタイプながら、最大トルク500N・mと強力なパワーも備えているインパクトレンチ。本製品はマキタの18Vバッテリーと互換性を持っているのが特徴です。

また、人間工学に基づいて設計されたグリップ部分へソフトグリップを採用しているのもポイント。握りやすく、長時間の作業でも疲れにくいのが魅力のひとつです。

さらに、トリガーの引き具合でトルク・回転数を調節できるため、直感的な操作を求める方にも向いています。そのほか、回転と同時に点灯するLEDライトを搭載しており、手元が見づらい暗い場所での作業にも便利。

家庭のDIYから高所作業など幅広い場面に対応できる、扱いやすいインパクトレンチです。

インパクトレンチのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

インパクトレンチのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。