自宅でのDIYやタイヤ交換をするときなど、六角ボルトを調節する際に便利な「インパクトレンチ」。高いトルクで、ボルトやナットを締められるため、手動のレンチよりも作業を効率化できます。

今回はおすすめのインパクトレンチをピックアップ。選び方やおすすめのメーカーも紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

インパクトレンチとは?

By: amazon.co.jp

インパクトレンチは、六角ボルトやナットを締めたり緩めたりする際に利用する工具のこと。手で回すよりも大きなトルクをかけられるのが特徴です。手工具用のソケットレンチをハンドルに取り付けて、ボルトやナットを締め付けます。

製品によっては、粉塵防滴性能を持ったものやブラシレスモーターを搭載したものなど、付加機能も充実。雨や粉塵の多い現場で使用したい方、またメンテナンスフリーのものを探している方は付加機能にも注目してみてください。

インパクトレンチの選び方

電源方式で選ぶ

充電式

By: amazon.co.jp

最近のインパクトレンチの主流は、取り回しのよいコードレスの充電式です。コードがないため、作業時に電源を用意する必要はありません。しかし全体的な重量が本体とバッテリーの両方を合わせた重さになるため、AC電源式よりも重い機種が多いのが特徴です。

充電式のインパクトレンチはAC電源式に比べると価格が高くなりがちですが、取り回しがよいのが最大の利点。さらに、大手メーカーの製品なら他の機種とバッテリーの使い回しができるため、複数台のインパクトレンチを所持する方はバッテリーを1セット持っていればあとは本体のみの購入で済みます。

AC電源式

By: amazon.co.jp

できるだけ安い価格で購入したい方や、高いトルクが必要な方にはAC電源式がおすすめです。充電式のインパクトレンチは取り回しがよく持ち運びもしやすいのが利点ですが、バッテリーの残量を気にする必要があります。

一方で、AC電源式のものなら、電源さえ確保できればバッテリーの残量を気にせずに長時間の使用が可能です。

締め付け能力で選ぶ

By: amazon.co.jp

インパクトレンチにおける締め付け能力とは、どのサイズのボルトを締め付けられるかという基準のこと。説明書では「締め付け能力 普通ボルト:M8~M14」や「締め付け能力 高力ボルト:M12~M16」のように表記されます。

M8やM14という数字はねじ径を指し、M8ならねじ径は8mm、M14ならばねじ径は14mmという意味です。指定された範囲より小さなサイズのボルトは締めすぎになりやすく、指定されている範囲より大きなサイズのボルトは本体のモーターが故障する原因になります。

そのため、締め付けるボルトのサイズが締め付け能力の範囲内に入っているかどうかを必ず確認してください。

ソケット取り付け角ドライブで選ぶ

By: amazon.co.jp

インパクトレンチは強いトルクと耐久性の高い取り付け部分の角ドライブが特徴です。インパクトレンチで使用される角ドライブは5種類。小さい順に6.3sq・9.5sq・12.7sq・19.0sq・25.4sqで、それぞれの規格に合うインパクトレンチ用のソケットが必要になります。

インパクトレンチ用のソケットは、手動用のソケットよりも外径が厚く、強靭性が高いのが特徴です。ソケット取り付け角ドライブのサイズが大きければ大きいほど、締められるボルトのサイズが大きくなります。

ソケット取り付け角ドライブサイズが6.3sqなら適合ボルトの目安はM5~M10、ソケット取り付け角ドライブサイズが9.5sqなら適合ボルトはM5~M14が目安。同様に12.7sqはM6~M22、19.0sqはM10~M30、25.4sqはM22~M30が目安です。

本体サイズと重量も確認しよう

By: amazon.co.jp

家庭でのタイヤ交換やDIYに使用する場合は、できるだけコンパクトで軽量なもののほうが取り回しやすいのでおすすめです。充電式のインパクトレンチはコンパクトで軽量の製品も多いですが、バッテリーの重量が加わるため注意しましょう。

一方で、頻繁にインパクトレンチを使わないという方なら、コンパクトなもののほうが収納場所を取らずに済みます。重いものなら2kg程度のものもありますが、1kgに満たない軽いものもあるので、用途に合わせた重量のものを選びましょう。

インパクトレンチのおすすめメーカー

マキタ(MAKITA)

By: amazon.co.jp

木工機械や園芸工具、エア工具といった幅広い充電工具を取りそろえている総合電動工具メーカー、マキタ。マキタのインパクトレンチは、コンパクトなものからパワフルなものまで、幅広く取り揃えています。

特に、マキタが開発したリチウムイオンバッテリーを採用しているインパクトレンチが人気。また、ブランド内の同じボルト数の製品ならバッテリーを使いまわすことができるため、マキタの充電工具を複数台所持している方にもおすすめです。

ハイコーキ(HiKOKI)

By: amazon.co.jp

もともとは国内最大の電気機器メーカー、日立のグループ会社であったハイコーキ。コンパクトでありながらパワフルなインパクトレンチが人気です。

また、握りやすい細径ハンドル設計のものや、締め付けモード切替機能で幅広い作業に対応できるものなど、種類も豊富。用途に合わせて締め付ける力を切り替えられる機能や、冷却効率の高い最適新風路設計を採用しています。

ボッシュ(BOSCH)

By: amazon.co.jp

世界シェアではマキタを上回るドイツのメーカー、ボッシュ。強固なつくりとおしゃれなデザインが人気を博しています。ボッシュのインパクトレンチは、特にプロユーザーのため安全性を重視しているのが特徴です。

ボッシュのインパクトレンチには、過放電や過充電、オーバーヒートといった、範囲外温度での使用からセルを保護するための、ボッシュ独自機能・ECPが採用されています。安全性の高いインパクトレンチを探している方におすすめのブランドです。

インパクトレンチのおすすめモデル

マキタ(MAKITA) 充電式インパクトドライバ MTD001DSX

マキタ(MAKITA) 充電式インパクトドライバ MTD001DSX

パワーとコンパクトさの両方を追求したインパクトレンチ。リチウムインライトのバッテリーを採用した充電式です。最大締め付けトルクは145N・m、回転数は0~2,700回転/分、打撃数は0~3,000回/分。パワーは十分なので、ウッドデッキ製作や、大がかりな家具の組み立てなどにも使用可能です。

全長143mm、重量1.2kgと軽量小型で、従来機よりも7mmサイズダウンしています。1充電あたりの作業量目安はネジ締め約130本。無段変速スイッチとLEDライトを付加機能として搭載しているのも魅力です。

ライトバッテリ専用機なので、本製品はほかのマキタ製品との互換性がないので、注意しましょう。小型のインパクトレンチを探している方におすすめです。

メルテック(meltec) 電動インパクトレンチ FT-50P

メルテック(meltec) 電動インパクトレンチ FT-50P

グリップが持ちやすく作業のしやすいインパクトレンチ。最大締め付けトルクは250N・mとパワーがあるため、大がかりな家具の組み立てや車のタイヤ交換の際に便利です。

本体の重量は約2.1kg、電源コードの長さは約2.1m。専用の収納ケースと19・21mmのディープソケットが付属するため、奥まったボルト締めにも対応できます。

また、連打式なので、タイヤを履き替える際の時間短縮にもなります。持ちやすさと作業効率の両方を重視したい方におすすめのインパクトレンチです。

マキタ(MAKITA) 充電式インパクトレンチ TW285DZ

マキタ(MAKITA) 充電式インパクトレンチ TW285DZ

サスペンションボルトを緩められるほどパワフルなインパクトレンチ。ブラシレスモーターを搭載しており、打撃力を3段で切り替えられます。最大締め付けトルクは260N・m、ソケット取り付け角ドライブは12.7sqで、DIYや家庭でのタイヤ交換だけでなくプロにもおすすめです。

ソケット抜け落ち防止機構を採用しているため、作業中にソケットが抜け落ちる心配がありません。さらに、逆転オートストップモードも搭載されているため、ナットの落下を防止できます。

充電用のバッテリーが2本と充電器、収納ケースが付属しているので、持ち運びに便利なのもポイント。一度の充電での作業量目安は高力ボルトM16で約330本。重量は1.7kgと軽量なので取り回しがよく、使いやすいインパクトレンチです。

エマーソン(Emerson) 電動インパクト&ジャッキアップ ハイブリッドレンチ EM244

エマーソン(Emerson) 電動インパクト&ジャッキアップ ハイブリッドレンチ EM244

エマーソンはニューレイトン社が提供する、タイヤ交換工具のブランド。本製品は電動ジャッキアップとナットの付け外しが1台で可能なインパクトレンチです。トルクリミッターによる安全締め付け機構を搭載しているため、ボルトを傷めることがありません。

また、バリアブルトリガーを採用しているため、ドライブスイッチの引き具合で回転数の調整ができます。締め付け能力はM10~M14、ソケット取り付け角ドライブは12.7sqです。本体重量は2.1kgと軽量。パワーは標準的なので、簡単な家具の組み立てやタイヤ交換などに向いています。

トネ(TONE) エアーインパクトレンチ AI4201

トネ(TONE) エアーインパクトレンチ AI4201

空気圧で動くエアーインパクトレンチです。特殊強化樹脂ボディを採用しているため、本体重量はわずか1kg。奥行きが短く、手に握った際のバランスがよいのが特徴です。軽量にも関わらず、1回の打撃力が大きいビッグハンマー機構を採用することにより、ハイパワーを実現しています。

最大700N・mの高トルクのため、建築現場での使用も可能です。緩め作業を効率よく行えるように、左回転の出力が大きめに設定されています。スイッチの引き具合で微妙な出力調整も可能です。

片手での操作性にこだわった形状になっているため、左右どちらの手でも操作できます。片手で使用しても操作しやすいインパクトレンチが欲しい方や、左利きの方におすすめです。

高儀(Takagi) EARTH MAN 18V 充電式 インパクトレンチ IW-180LiA

高儀(Takagi) EARTH MAN 18V 充電式 インパクトレンチ IW-180LiA

軽自動車や一般乗用車のタイヤ交換におすすめの充電式インパクトレンチ。重量はバッテリーを含め約1.4kgと軽量です。最大トルクは約200N・mで、ソケット取り付け角ドライブは12.7sq。家庭でのタイヤ交換や簡単なDIY向きのインパクトレンチです。

19mmと21mmの薄型ディープインパクトソケットが付属しているため、奥まったボルトを締める際にも便利。保護スリーブ付きなので、ホイールに傷がつきにくいのが特徴です。さらに、無段変速機能を採用しているので、スイッチ引金の引き具合によって回転数を調整できます。

ボッシュ(BOSCH) 10.8Vバッテリーインパクトレンチ GDS10.8V-EC

ボッシュ(BOSCH) 10.8Vバッテリーインパクトレンチ GDS10.8V-EC

メンテナンスフリーのブラシレスモーターを採用した、コンパクトな充電式インパクトレンチ。重量はわずか0.9kgと軽量です。最大締め付けトルクは115N・m、最大締め付け能力はM12、ソケット取り付け角ドライブは9.5sq。トルクはそれほど高くないため、簡単なDIYに向いています。

本製品は、打撃力を2段階に切り替えられるため、作業内容に応じて最適な打撃力に調整できます。また、過放電・過充電・オーバーヒートからセルを保護してくれる、ボッシュ独自のECP機能を搭載しているのもポイント。安全性が高いインパクトレンチを探している方におすすめです。

パナソニック(Panasonic) 充電インパクトドライバー EZ75A7X-R

パナソニック(Panasonic) 充電インパクトドライバー EZ75A7X-R

グリップ部がトレッド加工されているため、滑りにくい充電式インパクトレンチ。最大締め付けトルクは205N.m、最大締め付け能力はM16です。タイヤ交換や大がかりな家具の組み立てに向いています。重量は1.65kgと比較的軽め。本製品の最大の特徴は117.8mmという短いヘッド部分。長いネジが締めにくい狭い場所などでの作業が楽になります。

グリップの中心に重心があり、どんな向きで使用してもバランスが取りやすいセンターバランス設計です。さらに強・中・弱・テクス用、4種類のモードを搭載しているため、さまざまな用途に応じて使い分けることができます。

付加機能としては、防塵防滴・LEDライト・電池容量表示機能を搭載。ブラシレスモーター機能も搭載されているため、メンテナンスフリーで安心して使用できます。狭い場所でも取り回しがしやすいインパクトレンチを探している方におすすめです。

タジマ(Tajima) 太軸インパクト 足場200 PT-A200

タジマ(Tajima) 太軸インパクト 足場200 PT-A200

本体カバーの着せ替えができる充電式インパクトレンチです。太軸ソケット専用なので、インパクトレンチの扱いに慣れた方向けの製品。アクティブデュアルハンマブロックを搭載しているため、効率のよい打撃と低振動、低騒音であるのが魅力です。

最大締め付けトルクは190N.m、最大締め付け能力はM16なので、タイヤ交換や簡単なDIYにもおすすめ。重量は1.79kgと軽量で、防塵防滴仕様です。広角LEDライトが搭載されているため、暗所のボルトを締める際にも便利。また、回転数と打撃数はスイッチでコントロールできます。できる限り騒音と振動を抑えたいという方におすすめのインパクトレンチです。

ハイコーキ(HiKOKI) 18V コードレスインパクトレンチ WR18DBDL2

ハイコーキ(HiKOKI) 18V コードレスインパクトレンチ WR18DBDL2

ハイコーキの充電式インパクトレンチ。3種類の締め付けモード切替機能により、幅広い作業に対応できます。切り替えできるモードは、家具やラックの組み立て向きの単発モード、足場の取り付けなどの軽負荷作業の弱・中モード、鉄骨の組み立てなどの重負荷作業向きの強モードの3種類です。

また、重心位置をハンドル握り部中指付近にしたセンターバランス設計なので、どの向きで使用してもバランスがよく、作業者の負担を軽減可能。最大締め付けトルクは280N・mとパワフルなので、家庭でのタイヤ交換から建築現場での本格的な作業まで幅広く対応できます。

最適新風路設計を採用しているため、冷却効率が高いのも特徴です。1回の充電当たりの作業量は約280本。モーターの加熱が心配な方や、ハンマケースの耐久性を重視する方におすすめです。

ハイコーキ(HiKOKI) コードレスインパクトドライバ FWH14DGL

ハイコーキ(HiKOKI) コードレスインパクトドライバ FWH14DGL

全長166mm、重量1.3kgとコンパクトで軽量な充電式インパクトレンチ。最大トルクは140N・mなので、家庭でのタイヤ交換や大がかりな家具の組み立てにおすすめです。細径ハンドルなので握りやすく、どの向きで使用しても安定感があります。

スイッチを引いている間、自動で点灯するLEDライトを搭載しているのもポイント。また、ビットホルダー付きなので、予備のビットを本体に収納したい際にも便利です。小形インジェクションケースが付属するため、持ち運んで使用したい方向けのインパクトレンチです。

Ybang 充電式 インパクトレンチ BLE18B

Ybang 充電式 インパクトレンチ BLE18B

ジャッキの上げ下げとナットの着脱が1台でできる充電式インパクトレンチ。誤作動防止の正逆回転セレクター付きなので安全性が高いため、初めてインパクトレンチを使用する方にもおすすめです。ブラシレスモーターを採用しているため、メンテナンスフリーなのが特徴。さらに、LEDランプが搭載されているため、暗い場所での作業にも向いています。

重量は1.5kgと非常にコンパクト。最適新風路設計なので高い冷却効率が期待できます。4段階の打撃力切り替え機構を搭載しているため、多彩な作業に対応可能。ただし、バッテリーは別売のため注意が必要です。

パワーランド(powerland) インパクトレンチ IW03

パワーランド(powerland) インパクトレンチ IW03

人間工学に基づいたハンドルを採用することによって、高い快適性とコントロール性を重視した充電式インパクトレンチ。バッテリーには、2時間でフル充電になる急速充電機能が採用されています。重量は2.9kgとやや重めですが、最大締め付けトルクが300N・mなので大がかりな家具の取り付けや、建築現場での足場組み立てなどにも使用可能です。

グリップはソフトグリップタイプなので滑りにくく、しっかりと握れるので安定感があります。さらに放熱デザイン設計になっており、通風口がドリル放熱を加速してくれるため、長時間使用したい方にもおすすめ。専用収納ケースが付属しているので、持ち運びも簡単です。

京都機械工具(KTC) 1/2コードレストルクリミットインパクトレンチ JTAE411

京都機械工具(KTC) 1/2コードレストルクリミットインパクトレンチ JTAE411

最大トルク300N・mと非常にパワフルな充電式インパクトレンチ。本製品は締めすぎを防止するトルクリミットという機能を搭載しているのが特徴です。右回転で締める際に仮締めモード(75N・m)を選択することで、締めすぎを防止できるため、初心者でも安心して使用できます。重

量は、バッテリーを含んで1.9㎏と軽量。使い勝手のよいインパクトレンチなので、インパクトレンチの使用に不慣れな方にもおすすめです。

ストレート(STRAIGHT) コードレスインパクトレンチ 17-1800

ストレート(STRAIGHT)  コードレスインパクトレンチ 17-1800

最大トルクが600N・mの高トルクな充電式インパクトレンチ。高トルクのインパクトレンチにも関わらず価格が安く、コスパの高い製品です。

高トルクゆえにバッテリーが大きくなるため、重量はバッテリーを含んで2.7㎏と少々重めなので注意しましょう。バッテリー、充電器、本体収納ケースが付属するため、インパクトレンチに必要な周辺機器が一式揃っているのがポイント。高コルクでコスパのよいインパクトレンチを探している方におすすめです。