自宅でのDIYやタイヤ交換をするときなど、六角ボルトを調節する際に便利な「インパクトレンチ」。高いトルクで、ボルトやナットを締められるため、手動のレンチよりも作業を効率化できます。

今回はおすすめのインパクトレンチをピックアップ。選び方やおすすめのメーカーも紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

インパクトレンチとは?

By: amazon.co.jp

インパクトレンチは、六角ボルトやナットを締めたりゆるめたりする際に利用する工具のこと。手で回すよりも大きなトルクをかけられるのが特徴です。手工具用のソケットレンチをハンドルに取り付けて、ボルトやナットを締め付けます。

製品によっては、粉塵防滴性能を持ったモノやブラシレスモーターを搭載したモノなど、付加機能も充実。雨や粉塵の多い現場で使用したい方や、メンテナンスフリーのモノを探している方は付加機能にも注目してみてください。

インパクトレンチの選び方

電源方式で選ぶ

充電式

By: amazon.co.jp

最近のインパクトレンチの主流は、取り回しのよいコードレスの充電式です。コードがないため、作業時に電源を用意する必要はありません。しかし、全体的な重量が本体とバッテリーの両方を合わせた重さになるため、AC電源式よりも重い機種が多いのが特徴です。

充電式のインパクトレンチはAC電源式に比べると価格が高くなりがちですが、取り回しがよいのが最大の利点。さらに、大手メーカーの製品ならほかの機種とバッテリーの使い回しができるので、複数台のインパクトレンチを所持する方はバッテリーを1セット持っていればあとは本体のみの購入で済みます。

AC電源式

By: amazon.co.jp

できるだけ安い価格で購入したい方や、高いトルクが必要な方にはAC電源式がおすすめです。充電式のインパクトレンチは取り回しがよく持ち運びもしやすいのが利点ですが、バッテリーの残量を気にする必要があります。

一方で、AC電源式のモノなら、電源さえ確保できればバッテリーの残量を気にせずに長時間の使用が可能です。

締め付けトルクをチェック

By: amazon.co.jp

締め付けトルクとは、ボルトを締め付けるパワーのこと。一般的に、トルク数の高いインパクトレンチほど性能が高く、大きなサイズのボルトも締め付けられます。ただし、必要以上にトルク数の高いインパクトレンチを使うと、ボルトなどを破損してしまう場合もあるため要注意。ボルトのサイズや用途に合わせて適切なトルク数のモノを選ぶことが大切です。

インパクトレンチを車のタイヤ交換に使う場合は、普通車なら90~110N・m、軽自動車なら70~90N・m程度のトルク数があれば十分といわれています。とはいえ、メーカーが公表しているトルク数はあくまでも最大値。使用環境によっては最大のパワーが出ない場合もあるため、用途よりもやや高めのトルク数を選ぶのがおすすめです。なお、家庭で使うインパクトレンチなら200~250N・mくらいを目安に選びましょう。

逆転トルクをチェック

By: amazon.co.jp

逆転トルクとは、ボルトをゆるめる際にインパクトレンチを反対方向に回転させるパワーのこと。ボルトがサビついてしまった場合は、締めたときより高い逆転トルク数が必要になります。

ボルトをゆるめる作業が多い方は、逆転トルク機能付きのモノがおすすめ。購入の際は、スペックに記載されている逆転トルクの数字もチェックしておきましょう。ボタン1つで簡単に逆転トルクに切り替えられるモデルが便利です。

ソケット取り付け角ドライブで選ぶ

By: amazon.co.jp

インパクトレンチは強いトルクと耐久性の高い取り付け部分の角ドライブが特徴です。インパクトレンチで使用される角ドライブは5種類。小さい順に6.3sq・9.5sq・12.7sq・19.0sq・25.4sqで、それぞれの規格に合うインパクトレンチ用のソケットが必要になります。

インパクトレンチ用のソケットは、手動用のソケットよりも外径が厚く、強靭性が高いのが特徴です。ソケット取り付け角ドライブのサイズが大きければ大きいほど、締められるボルトのサイズが大きくなります。

ソケット取り付け角ドライブサイズが6.3sqなら適合ボルトの目安はM5~M10、ソケット取り付け角ドライブサイズが9.5sqなら適合ボルトはM5~M14が目安。同様に12.7sqはM6~M22、19.0sqはM10~M30、25.4sqはM22~M30が目安です。

本体サイズと重量も確認しよう

By: amazon.co.jp

家庭でのタイヤ交換やDIYに使用する場合は、できるだけコンパクトで軽量なモノのほうが取り回しやすいのでおすすめです。充電式のインパクトレンチはコンパクトで軽量の製品も多いですが、バッテリーの重量が加わるため注意しましょう。

一方で、頻繁にインパクトレンチを使わないという方なら、コンパクトなモノのほうが収納場所を取らずに済みます。重いモノなら2kg程度のモデルもありますが、1kgに満たない軽いモノもあるので、用途に合わせた重量のモノを選びましょう。

インパクトレンチのおすすめメーカー

マキタ(MAKITA)

By: amazon.co.jp

木工機械や園芸工具、エアツールといった幅広い充電工具を扱っている総合電動工具メーカー、マキタ。マキタのインパクトレンチは、コンパクトなモノからパワフルなモノまで、幅広く取り揃えています。

特に、マキタが開発したリチウムイオンバッテリーを採用しているインパクトレンチが人気。また、ブランド内の同じボルト数の製品ならバッテリーを使いまわすことができるため、マキタの充電工具を複数台所持している方にもおすすめです。

HiKOKI

By: amazon.co.jp

もともとは電気機器メーカー日立のグループ会社であったハイコーキ。コンパクトながらパワフルなインパクトレンチが人気です。

また、握りやすい細径ハンドル設計のモノや、締め付けモード切替機能で幅広い作業に対応できるモノなど、種類も豊富。用途に合わせて締め付ける力を切り替えられる機能や、冷却効率の高い最適新風路設計を採用しています。

ボッシュ(BOSCH)

By: amazon.co.jp

世界シェアではマキタを上回るドイツのメーカー、ボッシュ。強固なつくりとおしゃれなデザインが人気を博しています。ボッシュのインパクトレンチは、特にプロユーザーのため安全性を重視しているのが特徴です。

ボッシュのインパクトレンチには、過放電や過充電、オーバーヒートなど、範囲外温度での使用からセルを保護するための機能「ECP」が採用されています。安全性の高いインパクトレンチを探している方におすすめのメーカーです。

インパクトレンチのおすすめモデル

マキタ(Makita) インパクトレンチ TW285DZ

作業効率を重視した、マキタの充電式インパクトレンチ。「逆転オートストップモード」を搭載しているので、ナットなどの不意な落下を予防して作業できます。

全長約147mmで重さは約1.7kgとコンパクトですが、最大締め付けトルクは260N・mとパワフルな点も魅力。打撃力は3段階切り替えが可能なので、用途に合わせて調節できます。1回の充電で高力ボルトM16を約330本締め付けることが可能です。

本体は防塵防滴構造のため、屋外での作業にも対応しているのも魅力のひとつ。充電式で電源コードを気にせず取り回せるのもうれしいポイントです。

マキタ(Makita) インパクトレンチ TW181DRFX

高所作業時に心配なナットの落下を防ぐ、「逆転オートストップモード」を搭載したマキタのインパクトレンチ。ナットがゆるむと約0.2秒後に回転を自動停止し、ナットなどが落下するのを防ぎます。また、ピンを差し込む前にソケットを仮保持できる「Cスプリング式」を採用したことで、ソケットの抜け落ちも対策可能です。

本体は重さ約1.4kgと軽く、コードレスタイプなので取り回しやすい点も魅力。最大締め付けトルクは180N・mで、1充電につきM12の高力ボルトを約550本締め付けるパワーがあります。

バッテリー2個のほか、充電器や専用ケースも付属。充電時間も短く、約17分で実用充電、約22分でフル充電できるので、万一バッテリーが切れてしまった場合でも作業を長時間中断せずに済みます。

ハイコーキ(HiKOKI) インパクトレンチ WR22SE

パワフルなインパクトレンチを探している方におすすめなのが、最大締め付けトルク620N・mのモデル。AC電源式なので、充電切れを気にせずに高力ボルトM16~M22mmをしっかり締め付けられます。

全長は約280mmで、重さは約4.6kg。業界のなかでもコンパクトかつ軽量ながら、高い堅牢性と耐久性を備えているのも魅力です。持ち手は滑りにくく、握りやすいソフトグリップ。フックハンガー付きなので、ワイヤーやロープに吊り下げられます。

本製品は、ACブラシレスモーターを採用したことで、過酷な環境下でもレアショートやアマチュアの断線などのトラブルが起きにくいのも魅力のひとつ。また、電源や負荷状況を常に検知するので、延長コードを使用した際も安定的なトルクを発揮します。

HiKOKI コードレスインパクトレンチ FWR14DGL

家庭で気軽にインパクトレンチを使いたいという方におすすめのモデル。重さ約1.3kgで全長約177mmの軽量コンパクトなインパクトレンチです。また、充電式なので屋内外を問わずさまざまな場所で気軽に使用できます。

最大締め付けトルクは162N・m。軽自動車や普通自動車のホイールナットを仮締めしたりゆるめたりできるほか、多種多様なボルトやナットの締め付け、取り外しに対応します。1回の充電で、M16×55mmのボルトを約85本、M16×55mmなら約36本締め付けることが可能です。

幅19・21mmの薄口ロングソケットが付属しているのもポイント。スイッチと連動して点灯する白色LEDライト付きです。

ボッシュ(BOSCH) コードレスインパクトレンチ GDS18V-EC250

全長約163mmのコンパクトボディで、最大締め付けトルク250N・mを発揮するボッシュのハイパワーなインパクトレンチ。充電式のコードレスタイプです。正転・逆転どちらも同じトルクで、ボルトやナットの締め付け、ゆるめ作業をスムーズに行えます。

「電子無段階変速スイッチ」で回転数を調節可能。ブレーキ機能も搭載しているので、締め過ぎによるボルトの破損対策にも役立ちます。

また、連続作業にも強いので家庭用はもちろんプロの現場にもおすすめ。メンテナンスの手間がかからない高効率のECモーターを採用したことで、同じバッテリーを使用した従来品よりも作業効率がアップしています。

ボッシュ独自のテクノロジーにより、バッテリーの過放電や過充電、過電流、オーバーヒートなどが起きにくい点も魅力です。5.0Ahバッテリー2個のほか、充電器、専用のキャリングケースが付属しています。

パナソニック(Panasonic) インパクトレンチ EZ7552LJ2S

建設現場や機器の保守作業といったプロの現場にも対応できる、最大締め付けトルク470N・mのインパクトレンチです。「ダブルハンマーブロック」を採用したことで、高トルクながらもコンパクト・軽量化を実現しています。本体サイズは幅約214×奥行き77×高さ252mmで、重さは約3.31kgです。

また、振動を抑える仕様なので、手にかかる負担を低減できるのも魅力のひとつ。さらに、肉厚のゴムカバーによって、本体や相手部材への衝撃ダメージを抑えられます。

「リテーナリング(Cバネ)」を採用しているのでソケットが落ちないほか、ピンが差し込みやすいため、高所での作業時も安心です。本体に加えて、18Vのバッテリー2個と急速充電器、ケースを付属。電池残量がチェックできるので、作業中の急なバッテリー切れの心配もありません。

パナソニック(Panasonic) デュアルインパクトレンチ EZ75A3LS2F

驚きのスタミナを誇る、4.2Ah電池を搭載したパナソニックのインパクトレンチ。打撃力は強・中・弱の3段階切り替えが可能です。電池が長持ちするので、高負荷作業や高所作業時に電池を切り替える手間を軽減します。また、電池寿命までの作業量が従来モデルの約7.5倍あるため経済的です。

さらに、モーター劣化の原因であるブラシやコミュテータをなくした「ブラシレスモーター」を採用したことで、長寿命化を実現しています。防塵耐水設計なので、ホコリや水しぶきの多い現場でも使用可能です。

操作性に優れているのも本製品のポイント。ソケットが落下しないよう「リテーナリング(Cバネ)」を採用しているほか、仮保持ができるためソケット交換もスムーズに行えます。暗所での作業時に便利なLEDライトや、引き掛けフック付きです。

リョービ(Ryobi) インパクトレンチIW-2000 657200A

締め付けトルクのパワーを用途に合わせて調節できる、リョービのインパクトレンチです。「強」なら最大締め付けトルク200N・m、「弱」なら100N・mの能力を発揮します。普通ボルトM10~M16、高力ボルトM10~M16を締め付け可能です。

本製品は、充電切れを気にせず使えるAC電源式。電源コードの長さは約5mもあるので、広い作業場でも快適に使用可能です。また、ソケット差込口は12.7mmのワンタッチ式で、薄口ロングタイプソケット19・21mmを付属しています。暗い現場での作業をサポートするようLEDライト付き。さらに、本体・コード・ソケット類をまとめて収納できる専用ケースも付属しています。

エスケー11(SK11) エアインパクトレンチ SIW-1300S

最大締め付けトルク350 N・mのエアインパクトレンチ。1回転で1打撃の「シングルハンマー機構」のため、より強いパワーでスピーディーに作業できる点が魅力です。「後方正逆レバー」を切り替えれば、ボルトやナットの締め付けだけでなくゆるめ作業もできます。

空気排気口が下方向に付いているため、排気が作業の邪魔になりにくいのもポイント。「4段階流量レギュレーター」は回転式で、用途に合わせてスムーズに流用を調節できます。

本体のほか、17・19・21mmのインパクトソケットやエア用ワンタッチプラグ、エアーツールオイルが付属しているのもポイント。使い勝手がよいだけでなく、価格が安いのも魅力です。

髙儀(Takagi) 充電式インパクトレンチ EARTH MAN IW-180LiB

軽自動車・一般乗用車のタイヤ交換や、ホイールナットの締め付け、ゆるめ作業におすすめ。18Vのパワフルな充電式インパクトレンチです。スイッチ引き金を引くと回転がスタートし、同時にLEDライトが点灯する仕様。手元を照らせるので夜間や暗所での作業時に便利です。また、切り替えスイッチで回転方向を変えられるほか、「安全ストッパー」を使えばスイッチ引き金を固定できます。

「充電残量チェッカーボタン」を押せば電池残量を確認できるので、急なバッテリー切れの心配もありません。そのほか、バッテリーパックに市販のUSBを接続すれば、スマホやタブレットなどの電源としても使えるので、災害などの非常時にも重宝します。

メルテック(meltec) 電動インパクトレンチ FT-50P

ナットの締め付け・ゆるめ作業をラクに行える、AC電源式のインパクトレンチです。自宅でのタイヤ交換などでインパクトレンチをたまにしか使わない方におすすめ。締め付けトルクは250N・mで、およそ2秒でしっかり締め付けられます。

電源コードの長さは約2.1m。コンセントに差し込むだけで、すぐにパワフルな締め付けが可能です。重さは約2.1kgありますが、グリップが持ちやすい形状なので、強力な回転トルクでナットを回す際も手元が安定します。さらに、ホイールナットをラクに着脱できるのも本製品の魅力。連打式なのでタイヤの履き替えがよりスムーズに行えます。

アストロプロダクツ 電動インパクトレンチ

締め付けやゆるめ作業をパワフルに行える、AC電源式のインパクトレンチです。最大締め付けトルクは510N・mで、通常ボルトならM12~M22、高力ボルトならM12~M16までに対応しています。

トリガースイッチを握ると一気に高速回転する仕様で、片手で正逆の回転を切り替えられるため、操作性にも優れています。トルク調節ができないモデルなので、どちらかというと逆転トルクを使ったゆるめ作業におすすめです。一般的に外しにくいといわれているバイクのドリブンスプロケナットや、普通車のハブナットなども楽にゆるめられます。