これからはパーツを自分で3Dプリント?

世界的権威のあるiFデザイン賞を受賞した ETTインダストリーズのエレクトリックな乗り物たち。確かにその特徴的で近未来的なデザインはアーバンライディングに似合いスタイリッシュ! でも今回ご紹介する2台 Raker & Trayser は実力があるのはもちろん、カッコいいだけじゃないんです。なんとパーツを自分で3Dプリント可能! さっそく見てみましょう!

Raker & Trayser とはどんな乗り物?

Raker はスタイルがホンダ・エイプに少し似ている電動スクーター。約2.7馬力を発生するモーターにより最高45km/hを出し、5時間の充電で最長80km走行できるというから実用的です。

また Trayserは、ペダリングにより最高速度25km/hで最長97kmも走れる電動アシスト自転車。ギアは装備されていないですが、おもにアーバンユースを目的としているので十分なのでは?

Raker & Trayser のクールデザインに寄与しているのは、なんといってもレーザーカットによるアルミニウムモノコックフレーム。ここは好みがわかれると思いますが、近未来感ムンムンなのがイイかも。

交換パーツを自分でつくる!

ETTインダストリーズによると、Raker & Trayser のパーツやアクセサリーはウェブサイトからデータをダウンロードし、ユーザーが自分で3Dプリント、もしくはプリントサービスを利用するなどして入手できるそうです!

気になるのは入手可能なパーツの種類。たとえば Raker であれば、スペアパーツやカップホルダー、iPhoneマウント、JBLスピーカーのマウントなどを自分で調達して取り付け! これは楽しい!

もちろん Trayser にもドロヨケや特定のスペアパーツのデータが用意されています。しかも、両バイクのパーツのデータをどんどん増やす予定というからスゴい!

そのまま乗っても十分クールな Raker & Trayser は3,855/2,855ドル! ライダーの服装を選ぶかもしれないのが贅沢な悩み?!