ボールチェアは球体をくり抜いたようなフォルムが特徴の家具。集中して読書をしたい方や、パーソナルスペースが欲しい方におすすめです。

今回はボールチェアのおすすめアイテムと選び方をご紹介します。カラーやサイズはバリエーションがあるので、部屋のスペースや好みに合った製品を選びましょう。

ボールチェアとは?

By: rakuten.co.jp

ボールチェアは球体をくり抜いたようなフォルムのチェアです。ビビットな色づかいと近未来的なデザインが相まって、部屋の雰囲気をがらりとおしゃれに変えてくれます。1966年にフィンランド人デザイナーのエーロ・アールニオ氏によって発表されて以来、世界中で長く支持されているアイテムです。

ボールチェアの魅力

パーソナル空間を演出

By: sugoballchair.com

ボールチェアは前面だけが開いた卵の殻のような形状をしているので、背後と左右から身体を包み込んでパーソナルスペースを演出します。例えば、集中して読書をしたいときやパソコンで作業したいときなど、1人になりたい時におすすめ。

安心感のある座り心地もさることながら、自分だけの空間を作り出してくれるのが魅力です。

インテリア性が高い

By: rakuten.co.jp

ボールチェアを特徴づけているのはインテリア性の高さです。球体をくり抜いたようなフレームのなかにファブリックが張られたデザインは、近未来的なのに誰しもが親しみやすく考えられています。

現在発売されている製品は完全な球体以外にもオーバル型などがあり、ファブリックもいくつかの色からチョイスすることが可能です。

ボールチェアの選び方

予算に応じてオリジナルかリプロダクトかを選ぶ

オリジナルの製品は現在、ドイツのアデルタというメーカーが公認で製造販売を行なっています。本物にこだわりたいところですが、エーロ・アールニオ氏のデザインを受け継いだ正規品は、100万円を超える高額アイテム。どうしても本物が欲しい方は検討してみてください。

正規品は高すぎると思う方や、廉価なモノでまずは試してみたい方は、リプロダクト品がおすすめです。リプロダクト品はデザイナーの意匠権が切れたモノを、ほかのメーカーが忠実に再現したモノのこと。オリジナル版に近い製品がより安価に手に入ります。

設置スペースに合ったサイズを選ぶ

By: e-comfort.info

球体に近いフォルムのボールチェアは余裕を持った設置場所の確保が必要。一般的に横幅と奥行きは100cm程度、高さは120cm程度あるので、大きめのパーソナルチェアくらいと考えておくとよいでしょう。

小さめサイズの製品でも、なかでくつろげるくらいにゆったりとした設計なので、余裕を持ってレイアウトを考えておくのがおすすめです。

搬入経路と梱包サイズをチェック

大型家具に分類されるボールチェア。正規品の場合、一体成型なので解体して運ぶことができません。分解できるタイプでも、床と接するベース部分しか取り外せない場合が多くあります。

集合住宅の場合はエントランスからエレベーター、廊下から部屋までの経路を確認しておきましょう。戸建ての場合は窓からの搬入など、ドア以外の搬入経路も考えておくのがおすすめです。

ボールチェアのおすすめモデル

アデルタ(ADELTA) ボールチェア

エーロ・アールニオ氏のデザインを受け継ぎ、同ブランドの職人が忠実にオリジナル品を再現した正規品です。フレーム部分は軽量かつ強度の高いFRP素材で作られており、ベース部にのみアルミニウムが使用されています。

サイズは、幅110×奥行98×高さ120cmと存在感ばっちり。つるんとした球体にファブリックの鮮やかなカラーが映えます。高額であるものの、本物だけが醸し出す風格と美しさを存分に味わいたい方におすすめのボールチェアです。

タンスのゲン ボールチェア エーロ・アールニオ リプロダクト デザイナーズチェア

リーズナブルな価格でボールチェアを取り入れてみたい方におすすめのリプロダクト品です。安価でオリジナルに近いクオリティを楽しむことが可能。真っ白なフレーム部分には、オリジナルと同様に軽量かつ強度の高いFRP素材を採用しています。

また、座面・背もたれともに約6cmの厚みがあり、やや硬めの座り心地。さらに、座面と背もたれは取り外してクッションカバーを洗濯できるため、衛生面にも配慮されています。ベース部分は360°回転するので、座ったままの状態で近くのモノを手に取ることも可能です。

ファブリックのカラーは、レッドとブラックの2色を展開しています。なお、選ぶカラーによってサイズは若干異なり、レッドは幅106×奥行90×高さ123cm、ブラックは幅103×奥行80×高さ120cmです。

タンスのゲン Sessle Eye ボールチェア

オーバル型がおしゃれな人気のリプロダクト品です。幅91×奥行85×高さ137cmと横幅がややスリムなので、球形形状のボールチェアよりも省スペースで設置できます。

また、座面と背もたれのクッションは約10cmとしっかり厚みがあるのもポイント。柔らかすぎないやや硬めの座り心地なので、長時間座り続けやすい仕様です。

真っ白で光沢のあるフレーム部分には、軽量で強度も高いFRP素材を採用しています。さらに、ボディと一体化したべース部分は360°回転するため、前後左右のモノを取る際に便利です。ベースの裏面には滑り止めが付いているので、安全面に配慮されているのも魅力。ファブリック部分のカラーは、レッドとブラックの2色を展開しています。

トレジャー(TREASURE) ボールチェア エーロ・アールニオ デザイン

ホワイトとパープルの組み合わせが個性的なリプロダクト品です。オリジナル同様に、腰を掛けるとまるで異空間にいるかのような雰囲気を楽しめます。サイズは、幅101cm×奥行83×高さ120cm。フレーム部分には、光沢感の美しいファイバーグラス素材を採用しています。

本製品は、本体と脚部分が別になった組み立て式。本体を脚に差し込むだけで簡単に完成します。

トレジャー(TREASURE) スピーカーチェア エーロ・アールニオ デザイン

オットマンが付属したモデルのリプロダクト品です。足をまっすぐに伸ばしてくつろげるので、よりリラックスタイムを充実させられるのが魅力。オットマンは幅54×奥行35×高さ37cmと十分なサイズがあるので、余裕をもって両足を置けます。

チェアは幅98×奥行77×高さ155cmのスリム設計なので、設置場所にも困りません。また、腕をゆったり預けられるアームレスト付きであるのもポイントです。ブラックのファブリックカラーとホワイトフレームのコントラストが印象的。デザイン性のみならず、実用性も重視したい方におすすめのモデルです。

トレジャー(TREASURE) ボールチェア アルミ外装モデル

本製品は、ファイバーグラス製のフレームにアルミ外装を施しているのが特徴です。ファブリックにはブラックカラーを採用。シルバーとブラックの組み合わせにより、エッジの効いたスタイリッシュな空間を演出できます。

サイズは、幅101×奥行83×高さ120cm。アルミの洗練された素材感が魅力で、インテリアのアクセントにもなるおすすめのボールチェアです。

デザイナーズ ボールチェア ミッドセンチュリー

ホームシアターを楽しむ際にもおすすめのボールチェア。座ると外部の音が遮断されて前方に音が集まるため、映画やライブ映像などの鑑賞時に臨場感のある音を楽しめます。本体サイズは、幅約105×奥行88×高さ120cmです。

フレーム部分の素材には、強度が高く光沢感の美しいファイバーグラスを採用。ファブリック部分にはウレタンが使われており、座り心地も良好です。ファブリックのカラーはこっくりとした暗めのオレンジ色なので、ポップでありながらも落ち着いた大人の雰囲気を演出します。

ボールチェア エーロ・アールニオ リプロダクト

ファブリックのカラーラインナップが多彩なボールチェアです。カシミアブラックやカシミアウィート、カシミアダークグレー、カシミアレッドなどの計8色からファブリックを選択可能。部屋の雰囲気に合わせて選びたい方におすすめです。また、いずれもカシミア混合ウール素材なので、心地よい肌触りも楽しめます。

フレーム部分には、軽量かつ強度の高いFRP素材を採用。サイズは、幅100×奥行85×高さ120cmと正規品に近い大きさです。なお、本製品は受注生産であるため、生産期間に2~3ヵ月かかる点には留意しておきましょう。

ゼンシン(ZENSIN.Inc) スピーカー付きボールチェア

高音質なスピーカーを左右に2つ搭載した、ユニークなボールチェアです。スピーカーにはSDカード・USB・Bluetoothの3パターンで接続でき、密閉性の高い空間で臨場感のある音を楽しめます。

また、ファブリック部分とフレーム部分ともに多彩なカラーをラインナップしているのも特徴。ファブリック部分はホワイトやグレー、ピンク、イエローなどの計16色から選択でき、フレーム部分は世界中で使用されている色見本「Phantone」から自由に色味を指定することが可能です。

チェア内部には高密度のウレタンファブリック素材を採用しているため、ふんわりしたる座り心地。さらに、ベース部分は360°回転式で便利に使えます。機能性とデザイン性を兼ね備えたボールチェアを探している方におすすめのアイテムです。

ASK TRADING カーボン製 ボールチェア

球体の上に腰を掛ける仕様の、一風変わったボールチェアです。座る部分は臀(でん)部の形に沿った緩やかな曲線で設計されており、すっぽりと包み込まれるような座り心地を楽しめます。

また、素材には軽量で強度の高いカーボンを採用しているのも特徴。カーボン素材ならではの幾何学的な文様で、強い存在感を発揮します。さらに、カーボンにはクリアコーティングが施されているため、紫外線による素材の劣化を防ぎながら美しい光沢を保つことが可能です。

本体サイズは、幅約63×奥行63×高さ47cm。カラーは、シルバー・ゴールド・レッドなどの計5色から選べます。

トレジャー(TREASURE) バブルチェア エーロ・アールニオ

「バブルチェア」という名のとおり、泡のなかに入っているかのような浮遊感を楽しめるモデルです。一般的なバブルチェアは天井からチェーンで吊り下げるように設計されていますが、本製品はステンレススチールから吊り下げるハンギングベース仕様。天井への取り付け工事不要で、手軽に設置できます。

また、フレーム部分は透明なアクリル製であるのもポイント。日の光を反射して、室内にさわやかな明るさをもたらします。全体のサイズは幅128×奥行67×高さ162cm、チェア自体のサイズは奥行67×高さ105cm。ゆらゆらと揺れる、ユニークな座り心地を楽しみたい方におすすめです。