ボールチェアは球体をくり抜いたようなフォルムが特徴の家具。集中して読書をしたい方や、パーソナルスペースが欲しい方におすすめです。

カラーやサイズはバリエーションがあるので、部屋のスペースや好みに合った製品を選びましょう。今回はボールチェアのおすすめアイテムと選び方をご紹介します。

ボールチェアとは?

By: rakuten.co.jp

ボールチェアは球体をくり抜いたようなフォルムのチェアです。ビビットな色づかいと近未来的なデザインが相まって、部屋の雰囲気をがらりとおしゃれに変えてくれます。1966年にフィンランド人デザイナーのエーロ・アールニオにより発表されて以来、世界中で長く支持されているアイテムです。

ボールチェアの魅力

パーソナル空間を演出

By: rakuten.co.jp

ボールチェアは前面だけが開いた卵の殻のような形状をしているので、背後と左右から体を包み込んでパーソナルスペースを演出します。例えば、集中して読書をしたいときやパソコンで作業したいときなど、ひとりになりたい時におすすめ。

安心感のある座り心地もさることながら、自分だけの空間を作り出してくれる点が評価されています。

インテリア性が高い

By: e-comfort.info

ボールチェアを特徴づけているのはインテリア性の高さです。球体をくり抜いたようなフレームの中にファブリックが張られたデザインは、近未来的なのに誰しもが親しみやすく考えられています。

現在発売されている製品は完全な球体以外にもオーバル型などがあり、ファブリックもいくつかの色からチョイスすることが可能です。

ボールチェアの選び方

予算に応じてオリジナルかリプロダクトかを選ぶ

By: amazon.co.jp

オリジナルの製品は現在、ドイツのアデルタというメーカーが公認で製造販売を行なっています。本物にこだわりたいところですが、エーロ・アールニオのデザインを受け継いだ正規品は100万円を超える高額アイテム。どうしても本物が欲しい方は検討してみてください。

正規品は高すぎると思う方や、廉価なモノでまずは試してみたい方は、リプロダクト品がおすすめです。リプロダクト品はデザイナーの意匠権が切れたモノを他のメーカーが忠実に再現したモノのこと。オリジナル版に近い製品がより安価に手に入ります。

設置スペースに合ったサイズを選ぶ

By: amazon.co.jp

球体に近いフォルムのボールチェアは余裕を持った設置場所の確保が必要。一般的に横幅と奥行きは100cm程度、高さは120cm程度あるので大きめのパーソナルチェアくらいと考えておくとよいでしょう。

小さめサイズの製品でも、中でくつろげるくらいの余裕を持って作られているので、余裕を持ってレイアウトを考えておくのがおすすめです。

搬入経路と梱包サイズをチェック

大型家具に分類されるボールチェア。正規品の場合、一体成型なので解体して運ぶことができません。分解できるタイプでも、床と接するベース部分しか取り外せない場合がほとんどです。

集合住宅の場合はエントランスからエレベーター、廊下から部屋までの経路を確認しておきましょう。戸建ての場合は窓からの搬入など、ドア以外の搬入経路も考えておくのがおすすめです。

ボールチェアのおすすめモデル

アデルタ(ADELTA) ボールチェア

アデルタ(ADELTA) ボールチェア

本製品はボールチェアの正規品。サイズは幅110×奥行98×高さ120cmです。現在、エール・アールニオがデザインした家具はドイツのアデルタでのみ公式に復刻が認められています。アデルタの職人が忠実にオリジナル品を再現しているため、非常に高額で高クオリティ。カラーはレッドやブルー、ブラックなどをラインナップしています。納品までに時間がかかる場合があるので購入時に確認しておきましょう。

タンスのゲン ボールチェア エーロ・アールニオ リプロダクト デザイナーズチェア

アデルタ(ADELTA) ボールチェア

リプロダクト品のボールチェアです。サイズは幅103×奥行80×高さ120cmと正規品に近いサイズ感です。フレームは白、中のファブリックは赤でできており、メインのインテリアとしてインパクトがあります。置き型なので、フックなどを取り付けられない賃貸住宅に住んでいる方にもおすすめの製品です。

ボールチェア ball-or-4

フレームに「ファイバーグラス」を用いたリプロダクト製品です。サイズは幅105×奥行88×高さ120cm。内部のファブリックは「ミッドセンチュリーオレンジ」と呼ばれる色を使っており、落ち着いた雰囲気が特徴。腰掛けると外部の音が遮断されるだけでなく、前方の音が集まって聞こえるのでホームシアターにもおすすめです。

Sessle Eye ボールチェア 48300001

オーバル型のフォルムが特徴の製品です。フレームはガラス繊維を加えて強度を高めたFRPを使用しています。サイズは幅80×奥行80×高さ135cm。球体に近い正規品に比べて横幅が狭い作りです。

程よい硬さのある内部のファブリックは10cmの厚みがあり、長時間の使用でも疲れにくいこともポイントです。フレームとベースは別々の状態で配送され、届いたら取り付けが必要。取り付け後は接合部が360°回転するので、方向転換のたびに移動の必要がなく便利です。

Pleasure ボールチェア

ブルーのファブリックが目を引くボールチェア。サイズは幅100×奥行93×高さ125cmの製品です。体を包み込むような座り心地が魅力で、読書などに最適。組み立て式なので、届いたら本体に足を差し込んで使用します。自室や書斎の中などにひとりで集中できるスペースが欲しい方におすすめの製品です。

Sandy style ボールチェア

周囲の騒音を70%ほどカットするリプロダクト品のボールチェア。小さな部屋の中にいるような安心感が味わえます。この製品はフレームと中のファブリックの色や質感を選べるので、部屋のインテリアの雰囲気や好みに合わせてカスタムできる点が魅力です。サイズは幅109×奥行97×高さ120cm。フレームの色やファブリックの質感にこだわって製品選びをしたい方におすすめです。

サンディースタイル(Sandy style) ボールチェア

中国製のリプロダクト品ながらクオリティの高いボールチェア。生地の質感やカラーリングをオーダーできるのが特徴で、既存のインテリアや家具に合わせてチョイスすることができます。

ファブリックに関してはR・C・Tの3種類。Rは素材にリネンを多く採用し、Cはコットン100%の仕様、Tはウールとナイロンで構成されています。また、ボディのFRP樹脂の塗装は艶のあるグロスと艶なしのマットの2パターンを用意。特にセット購入、なかでも色違いの製品を望んでいる方はぜひチェックしておきましょう。

Roomware ボールチェア CH7144

フレームとファブリックの色を選べるボールチェア。特にファブリックはウール85% とナイロン15%を使用。ツイードのような暖かみのある質感ながら、耐久性と手入れのしやすさを実現しています。サイズは幅109×奥行97×高さ120cm。生地の色や質感にこだわった製品選びをしたい方におすすめの製品です。