アウトドアシーンにおいて風対策や虫などの侵入を防ぐことができる「スクリーンタープ」。日差しが強い時のデイキャンプやバーベキューで、日陰スペースを確保する際にも活躍してくれる便利なアイテムです。

そこで今回は、スクリーンタープのおすすめ製品をご紹介。ゆったりサイズからワンタッチで設営できるコンパクトなモデルまでピックアップしたので、購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

スクリーンタープの選び方

使用人数に合ったサイズを選ぶ

By: amazon.co.jp

スクリーンタープを選ぶ際にまず考えたいのが使用人数とサイズの関係。持ち運びや設営のしやすさばかりを優先して小さめを選ぶと、タープの中が狭くて使いにくくなるので適切なサイズを知ることが大事です。

逆に、使用人数に対して広すぎるモノを選ぶと、テント・タープ・車が1つのサイトに収まらないこともあります。特にテントと車のサイズが大きい方はこの点をよく確認してからスクリーンタープを選びましょう。

スクリーンタープの適切なサイズは、1~2人の場合300×300cm、3~4人だと330×330cm、5~6人は360×360cm、7人以上なら400×400cmが理想です。使用人数が変動する可能性がある場合は、ひとつ大きめのサイズを選んでサイト内に収まるかを確認して購入しましょう。

設営方法をチェック

組み立てタイプ

By: amazon.co.jp

組み立てタイプのスクリーンタープは他のヘキサタープ・ウイングタープ・レクタタープとは異なり自立式なので、テントと同じ要領で設営できるのが特徴。製品によっては骨組みとなるポールをセットするだけで完成します。

ある程度の風にも対応できるようにしたい際は、ロープやペグなどを使って固定することも可能。悪天候時での使用も考慮したい方は備品をしっかりと用意しておきましょう。

ワンタッチタイプ

By: amazon.co.jp

ワンタッチタイプは折りたたみ傘と似たような仕様で、簡単に設営ができるのが特徴。設営する際は本体を広げ、中央に用意されたジョイント部分を引き上げることで完成します。

なお、同類のアイテムとしてポップアップタイプもありますが、こちらは柔軟性のあるアームを採用し、広げるだけで自立するのがポイント。たたんだ状態でもスリムで持ち運びに便利ですが、仕様上コンパクトなアイテムが多いので、その点は留意しておきましょう。

耐水性をチェック

スクリーンタープの耐水圧は、雨が降ったときにどの程度雨の浸水を防げるかが分かるので、とても重要なポイント。山の天気は変わりやすいため、雨が降ることを想定して耐水性の高いモノを選ぶのがおすすめです。

傘の耐水圧は一般的に450mm程度なので、耐水圧が1000〜3000mmのモノを選んでおけば十分に耐えられます。ただし、表面にコーティングを施したモノは、耐水圧が高い分だけ通気性が悪く夏キャンプには不向きということも覚えておきましょう。

1年のなかでどの季節に一番スクリーンタープを使うかをよく考え、最適な耐水圧を備えたモノを選ぶと安心してキャンプを楽しめます。

遮光性をチェック

By: amazon.co.jp

夏キャンプがメインの方は遮光性をよく確認することが大事。強力な紫外線から身を守って熱中症を防ぐためにも、遮光性の高いモノを選んでおくと安心です。

遮光性の高さはスクリーンタープの厚みと色によって変わります。厚みは「デニール」や「デシテック」という単位で表され、数値の高いモノほど遮光性がアップ。色は黒や紺などの濃いモノほど光を吸収して遮光性が高まります。

また、スクリーンタープの生地にUVカット加工を施したり、裏地に遮光性の高い生地を採用したりしているモノも夏キャンプに最適。暑い日でも快適にアウトドアを楽しめるよう、ある程度の遮光性があるモノを選びましょう。

テントと連結できると便利

By: dod.camp

スクリーンタープのなかには、同メーカーのテントと連結できるモノがあります。連結して設営すると、テントを寝室として使い、タープをリビング化できるので快適に過ごせます。また、雨が降った際にテントから出ても濡れないので便利です。

キャンプ場でミニバンやキャンピングカーに車中泊する場合は、車の屋根にセットできるスクリーンタープがおすすめ。車への激しい日差しや雨を遮ることができるだけでなく、着替えの際にも使えるので重宝します。

冬キャンプするならフルクローズ対応モデルがおすすめ

By: amazon.co.jp

タープには六角形のヘキサタープや四角形のレクサタープ、ひし形のウイングタープなどがありますが、スクリーンタープはそうした開放感のあるタープとは異なり、居住空間をしっかりと確保できるのが特徴です。

ただ、設営する季節によっては注意が必要。夏であれば、虫除けなどの対応を考慮したメッシュ仕様のほうが快適に過ごせますが、肌寒さを感じる他の季節では暖かさをキープできるフルクローズ対応のタープのほうが重宝します。テントを寝室と考えると、タープはリビングにあたる部分になるので、双方の季節感は揃えるように配慮しましょう。

スクリーンタープのおすすめ人気モデル

コールマン(Coleman) タフスクリーンタープ 400+

コールマン(Coleman) タフスクリーンタープ 400+

本製品は同シリーズのエントリーモデルに遮光コーティングを加えたスクリーンタープ。夏場のキャンプでもタープ内の温度上昇を軽減できるため、遮光性の高さを重視したい方におすすめです。

コールマンのドームテントと連結すれば、広々とした快適空間を作ることが可能。耐水圧は約2000mmで激しい雨にも耐えることができます。サイズは約400×360cmで5~6人での使用に最適です。

1人でも設営できる「アシスト機能」や強風にも耐える「アルミ合金製メインポール」を備えているのもポイント。「エアーコントロールウィンドウ」で通気性を保てるので、1年中快適に過ごせます。

コールマン(Coleman) ウェザーマスター Rスクリーンタープ/400

コールマン(Coleman) ウェザーマスター Rスクリーンタープ/400

スタイリッシュな外観と機能性の高さで人気がある「ウェザーマスターシリーズ」の製品。スクリーンタープの四方が大型メッシュになっており、開放的で通気性のよい空間を作れるのがポイントです。

また、大型ベンチレーションを備えており、フルクローズしても熱気や湿気がこもらず快適に過ごすことが可能。5~6人で使用できるワイドサイズでテントと連結できるのも魅力です。

テントと連結してもリビング空間を狭めない「ジョイントフラップ」が付いているため、広々と使いたい方におすすめ。雨天時はキャノピーポールを使用して前室にキャノピーを作れます。細部にまでこだわった使いやすい製品です。

オガワ(ogawa) リビングシェルター5

オガワ(ogawa) リビングシェルター5

本製品はロッジ型の広い居住空間で快適に過ごせるのが魅力。7~8人で使用しても窮屈感を感じないのがポイントです。同メーカーのドームテントとの連結もできます。

フルオープンでもフルクローズでも使用できるため、季節を問わずに使用可能。シートには「テフロン加工」が施されており、耐水圧1800mmなので急な雨でも安心して過ごせます。

「ライナーシート」を備えており、嫌な結露の滴下を抑制できるのもポイント。「ベンチレーション」や「UV加工」などの快適機構も備えています。大人数でも広々と使える機能性の高い製品です。

ロゴス(LOGOS) Q-PANEL iスクリーン

ロゴス(LOGOS) Q-PANEL iスクリーン

本製品はパネルルーフの採用により3分で設営できるのが特徴。前面にはアーチ型フレームを交差させているため、設営が簡単でも強度と居住性を兼ね備えているのがポイントです。サイズは3~4人で使用するのに適しています。

付属の連結用ジョイントを使えば車にも連結でき、パネルルーフはキャノピーにもなるなど汎用性が高いのも魅力。耐水圧は1600mmで表面に「UV-CUT加工」を施しているので、雨も日差しもしっかり遮ります。

タープ生地は「難燃性ポリエステルタフタ」で燃えにくい点も安心です。また、フルオープンとフルクローズができ、季節に合わせて使えます。設営が簡単で強度が高いモノを探している方におすすめの製品です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) モンテ メッシュタープ UA-1076

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) モンテ メッシュタープ UA-1076

本製品は通気性に優れた「1mmメッシュ」を全面に採用しているのが特徴。夏場のキャンプでリビングスペースに虫を侵入させたくない方におすすめです。4~5人に適したサイズでテーブルと椅子を置いても広々使えます。

また、全面のメッシュ部分を巻き上げると、スクエアタープとしても使えるのがポイント。キャンプだけでなく海辺のレジャーやスポーツ観戦にも使える汎用性の高さが魅力です。

収納時のサイズがコンパクトで重量も6kgと軽いので移動が楽にできます。高性能ながら価格が安いのも魅力。通気性のよい開放的なリビングルームを実現できるスクリーンタープです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) リビングシェルター320UV-S

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) リビングシェルター320UV-S

フレームを6本使用してタープの強度をアップさせた製品。強風に耐えられるモノを探している方におすすめです。シートには「シルバーコーティング」を施し、耐水圧が1000mmなので雨もしっかり防ぎます。

4面のどこにでも簡単に取り付けできる「サイドパネル」を2枚搭載。強い日差しをカットしたり、プライバシーを保護したりするのに便利です。3~4人用なので、ファミリーキャンプに適しています。

タープの内側には小物を入れるのに便利なポケットがあり、紛失しやすいキャンプ道具を入れておけて便利。強度の高いスクリーンタープで使いやすいモノを探している方におすすめです。

スノーピーク(snow peak) リビングシェル TP-623R

スノーピーク(snow peak) リビングシェル TP-623R

シェルタータイプのスクリーンタープとしてファミリー層に人気がある製品。見た目よりも設営が簡単で、慣れると1人でも20分程度で組み立てられるのがポイントです。

また、豊富なオプションが揃っており、汎用性が高いのも魅力。別売のインナーテントを入れて寝室を作ったりテントと連結したりできるので、シチュエーションに合わせて快適なリビングを作りたい方におすすめです。

ルーフ部の耐水圧は3000mm、ウォール部は1800mmと強度が高いのもポイント。「UVカット加工」や「テフロン撥水加工」も施されているので、季節や天候を問わずに快適に使えます。

スノーピーク(snow peak) タープ ランドベース6 TP-606

スノーピーク(snow peak) タープ ランドベース6 TP-606

本製品は800×700cmという超巨大なリビング空間が最大の特徴。4人掛けテーブルを2つ入れて8人で使用しても窮屈さを感じないため、大人数のキャンプに適しています。

オプションのシートやマットを広げれば、仲間と趣味を楽しむ広いフィールドスペースとして使えて便利。ランドベース専用の別売りインナールームは最大で5張までセットでき、テントとしても活用できるのもポイントです。

ルーフ部の耐水圧は3000mm、ウォール部が1800mmと雨対策も万全。ルーフ部には「シールド加工」が施されており、紫外線をしっかり遮るので夏キャンプも快適に過ごせます。大人数で広々と使えるモノを探している方におすすめです。

クイックキャンプ(QUICKCAMP) ワンタッチスクリーンタープ ワイド QC-SS400

クイックキャンプ(QUICKCAMP) ワンタッチスクリーンタープ ワイド QC-SS400

ワンタッチで約400×300×210cmのワイドなリビング空間を設営できるスクリーンタープ。フレームを広げて持ち上げるだけの簡単な手順で設営できるので、キャンプ初心者にもおすすめです。

4面がフルメッシュで2面がフルオープンにできるため、出入りしやすい空間を作ることも可能。別売のサンシェードを取り付ければ、日差しが強い日でも暑さをしのいで快適に過ごせます。

水圧は1000mmで「UVカット加工」が施されているのも魅力。別売のフラップを追加すればキャノピーや壁面クローズなどのアレンジもできます。 設営が簡単で雨や紫外線にもしっかり対応できるスクリーンタープです。

ノースイーグル(North Eagle) フルクローズスクリーンタープ300

ノースイーグル(North Eagle) フルクローズスクリーンタープ300

本製品は比較的リーズナブルなスクリーンタープ。2本のポールで楽に組み立てができるため、短時間で設営したい方におすすめです。耐水圧は1000mmとやや低めですが、豪雨でなければ十分に耐えられます。

4面全てがメッシュなので夏のアウトドアにも最適。フルクローズもできるので、急な雨や風にも対応できます。シートには「UV加工」が施されており、紫外線を90%カットできるのもポイントです。

サイズは300×300cmと1~2人で使うのに最適。収納時はコンパクトにまとまり、重量も7.3kgと軽いので楽に移動できます。必要最低限の機能を備えた安いモノを探している方におすすめです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ラニーメッシュタープテント M-8717

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ラニーメッシュタープテント M-8717

6人用のスクリーンタープ。日差しをカバーできるのはもちろん、通気性をキープしつつも虫除けにもなるメッシュ仕様で、夏場に大活躍してくれるアイテムです。

メッシュ部分は取り外しが可能。シーンに合わせて、リビングテント・メニュテント・大型タープと、マルチに使えるのが魅力です。また、コンパクトに収納できるのもポイント。汎用性の高いスクリーンタープを探している方はぜひチェックしておきましょう。

コールマン(Coleman) シェード IL スクリーンIGシェード タイダイ

コールマン(Coleman) シェード IL スクリーンIGシェード タイダイ

定員3〜4人程度のスクリーンタープ。山・海・川を問わず、さまざまなシーンで使えるデザインを採用しているのが特徴です。

スクリーンはフルオープンとフルクローズのいずれにも対応。骨組みには風に強いクロスポールを採用しています。

また、虫対策を講じたメッシュ素材も注目すべきポイント。収納ケースやベグもセットとなっています。おしゃれなスクリーンタープを探している方におすすめです。

ソコス(sokos) SolidEarth SunLight

ソコス(sokos) SolidEarth SunLight

アウトドアチェアやテープルなどが設置できるスクリーンタープ。スクリーンはメッシュ仕様で、フルクローズはもちろん、1面オープンや2面オープンにも対応できるのが特徴です。

サイズは300×300×200cmと大型で、高さも十分。天面にはフックが用意されているので、蚊取り線香などが設置できるほか、ランタンをセットすれば夜間でも快適に過ごすことができます。

比較的リーズナブルな価格帯も注目すべきポイント。コスパ重視でスクリーンタープを選びたい方はぜひ候補として検討してみてください。

ノースイーグル(North Eagle) スクリーンキャノピー250

ノースイーグル(North Eagle) スクリーンキャノピー250

4面スクリーン仕様のタープ。本体サイズは約250×250×215/245cmとコンパクトなので、キャンサイトでちょっとした個室を作りたい方におすすめです。付属の棒を使用することで、高さを215cmもしくは245cmの2段階に調節することができます。

スクリーンは巻き上げることができるので、より開放的に使うことも可能。日差しを避けるための簡易的な荷物置き場としても活用できます。キャンプなどのアウトドアシーンはもちろん、運動会などのイベントなどでも使いやすいので、気になる方はぜひチェックしておきましょう。

スクリーンタープのAmazonランキングをチェック

スクリーンタープのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。