アウトドアシーンでの風や虫への対策ができる「スクリーンタープ」。日差しが強いときのデイキャンプやバーベキューで、日陰スペースを確保する際に活躍する便利なアイテムです。

今回は、スクリーンタープのおすすめ製品をご紹介。ワンタッチで設営できるコンパクトなモデルからゆったりサイズのモデルまでピックアップしたので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

スクリーンタープの選び方

使用人数に合ったサイズを選ぶ

By: amazon.co.jp

スクリーンタープを選ぶ際にまず考えたいのが、使用人数とサイズの関係。持ち運びや設営のしやすさだけを優先して小さめのモノを選ぶと、タープの中が狭くて使いにくくなるので適切なサイズを知ることが重要です。

逆に、使用人数に対して大きすぎるモノを選ぶと、テント・タープ・車が1つのサイトに収まらないこともあります。テントと車のサイズが大きい方はよく確認してからスクリーンタープを選びましょう。

スクリーンタープの適切なサイズは、1~2人の場合300×300cm、3~4人だと330×330cm、5~6人は360×360cm、7人以上なら400×400cmです。使用人数が変動する可能性がある場合はやや大きめのサイズを選んで、サイト内に収まるかを確認したうえで購入しましょう。

設営方法をチェック

組み立てタイプ

By: amazon.co.jp

組み立てタイプのスクリーンタープは、ほかのヘキサタープ・ウイングタープ・レクタタープとは異なり自立式なので、テントと同じ要領で設営できるのが特徴。製品によっては骨組みとなるポールをセットするだけで完成します。

風にも対応できるようにする際は、ロープやペグなどを使って固定も可能。悪天候時での使用を考慮したい方は、備品もしっかりと用意しておきましょう。

ワンタッチタイプ

ワンタッチタイプは折りたたみ傘と似たような仕様で、簡単に設営できるのが特徴。設営する際は本体を広げ、中央に用意されたジョイント部分を引き上げることで完成します。

なお、同類のアイテムとしてポップアップタイプもありますが、柔軟性のあるアームを採用し、広げるだけで自立するのがポイント。たたんだ状態でもスリムで持ち運びに便利ですが、仕様上コンパクトなアイテムが多いので、その点は留意しておきましょう。

耐水性をチェック

スクリーンタープの耐水圧は、雨が降ったときにどの程度雨の浸水を防げるかが分かる、非常に重要なポイント。山の天気は変わりやすいため、雨が降ることを想定して耐水性の高いモノを選ぶのがおすすめです。

傘の耐水圧は一般的に450mm程度なので、耐水圧が1000〜3000mmのモノを選んでおけば十分に耐えられます。ただし、表面にコーティングを施したモノは耐水圧が高い分通気性が悪く、夏のキャンプには不向きなことは覚えておきましょう。

どの季節にスクリーンタープを使う頻度が高いのかを考慮して選ぶと安心してキャンプを楽しめます。

コンパクトに収納できれば持ち運びも簡単

By: amazon.co.jp

移動が必要なアウトドアシーンでは、荷物を最小限にまとめておきたいもの。スクリーンタープを選ぶ際にも、コンパクトに収納できるモノを選ぶのがおすすめです。

特に、収納袋付きの製品ならば、スクリーンタープを小さくまとめられるだけでなく、持ち運びにも便利。製品のサイズによっても大きさは異なりますが、持ち運ぶ機会が多い場合には、収納時のサイズも確認するようにしましょう。

遮光性が高いモデルは日焼けや熱中症対策にも

By: amazon.co.jp

日焼けや熱中症の対策にスクリーンタープを使用したい場合には、遮光性の高いモデルを選ぶことが重要です。遮光性とは、日光をはじめとした光を遮断する性能のこと。高ければ高いほど光が入りにくく、体感温度を下げる効果が期待できます。

遮光性は、主に生地の厚さや色などによって判別が可能。厚みがあり、暗い色の製品ほど光を遮る性質を持っています。遮光性能を高めた独自の生地を採用しているメーカーもあるため、購入の際には確認しておきましょう。

製品によってはUVカット加工などが施されている場合もあり、日焼け対策にも効果が期待できます。こまめに水分を補給しつつ、直射日光を避けることで熱中症予防にも繋がるため、特に夏場に使用する場合には遮光性を備えた製品を選ぶのがおすすめです。

テントと連結できると便利

By: dod.camp

スクリーンタープのなかには、同メーカーのテントと連結できるモノがあります。連結して設営すると、テントを寝室として使い、タープをリビング化できるので快適に過ごせます。また、雨が降った際にテントから出ても濡れないため便利です。

キャンプ場でミニバンやキャンピングカーに車中泊する場合は、車の屋根にセットできるスクリーンタープがおすすめ。車への激しい日差しや雨を遮れるだけでなく、着替えの際にも使えるので重宝します。

夏キャンプには通気性のよいモデルを

By: amazon.co.jp

夏キャンプの際には通気性のよいモデルがおすすめ。スクリーンタープは、タープのなかでもテントに近い形状をしており、風よけや雨よけの壁が設けられているため、やや開放感に欠ける部分があります。

閉め切った状態ではタープ内に空気がこもり、蒸れたり暑くなったりする可能性があるため、空気を入れ替えることが重要。外からの空気を取り込みやすい、通気性に優れたモデルを選ぶと、体感温度の高い夏場のアウトドアレジャーでも快適に過ごせます。

冬キャンプならフルクローズ対応モデルがおすすめ

By: amazon.co.jp

タープには六角形のヘキサタープや四角形のレクサタープ、ひし形のウイングタープなどがあります。一方、スクリーンタープはそうした開放感のあるタープとは異なり、プライベート空間をしっかりと確保できるのが特徴です。

ただし、設営する季節によっては注意が必要。夏であれば、虫除けなどの対応を考慮したメッシュ仕様のほうが快適に過ごせますが、肌寒さを感じる季節ではあたたかさをキープできるフルクローズ対応のタープのほうが重宝します。テントを寝室と考えると、タープはリビングにあたる部分になるので、双方の季節感は揃えるように配慮しましょう。

スクリーンタープのおすすめメーカー

コールマン(Coleman)

By: amazon.co.jp

アメリカのアウトドア用品総合メーカー。安定した品質と手頃な価格の製品を手掛けており、多くのアウトドア愛好家から支持されています。スクリーンタープは、フルクローズできるモデルを中心に展開。大型のメッシュパネルを備えているのが特徴です。

なかでも、ジョイントフラップ付きでテントと連結できるモデルが人気。ベンチレーションシステムも充実しており、快適なリビングとして使用できるモデルもラインナップしています。メインポールとコーナーポールを差し込むだけで組み立てできる「ジョイントモールド」を採用しているモデルも便利。1人でも設営できる使い勝手のよさを実現しています。

スノーピーク(snow peak)

By: amazon.co.jp

新潟県三条市に本社を構えるアウトドア総合ブランドです。十分な検証の後に販売されるキャンプ・登山道具の数々は多くのアウトドアファンを魅了しています。アウトドアライフを体感できる、7つのキャンプフィールドを運営しているのも特徴です。

スクリーンタープでは、高い縫製技術を駆使した耐久性に優れているモデルをラインナップ。なかでも、生地にシールド加工を施しているモデルがおすすめです。生地を通す光を軽減できるため、一般的なモデルより低い体感温度で快適に過ごせます。

クイックキャンプ(QUICKCAMP)

By: quickcamp.jp

“アウトドアをもっと簡単に、もっと楽しく”をコンセプトに、初心者にも扱いやすいテントやタープ、サンシェードなどを発売しているアウトドアブランド。手頃な価格で購入できる製品を多く手掛けています。

スクリーンタープは、ワンタッチで簡単に設営できるモデルを展開。折りたたみ傘をワンタッチで広げるような感覚で組み立てできる、アウトドア初心者におすすめのモデルをラインナップしています。

ロゴス(LOGOS)

By: amazon.co.jp

キャンプ用品・BBQアイテム・ウェアなどを展開している総合アウトドアブランドです。「家族」をテーマに一貫して製品開発を行っており、ファミリーで楽しみやすい数々のアイテムを手掛けています。

スクリーンタープではハイグレードモデルから手軽に使えるタイプまで幅広くラインナップしており、なかでも「エアマジックシリーズ」のモデルが人気。空気を注入するだけで簡単に設営できるほか、独自開発の高機能メッシュ「デビルブロックEX」を採用しているなど、快適に過ごせる機能が充実しています。

スクリーンタープのおすすめ|小型モデル

コールマン(Coleman) スクリーンIGシェード 2000033129

コスパ重視の方におすすめ

コールマン独自の防虫テクノロジーブランド「Olytecメッシュ」を用いた小型のスクリーンタープ。虫の侵入を効率よくブロックします。有効成分が拡散しない設計なので安全性も良好。通気性が高く、快適に使用できます。

風に強いクロスポール構造を採用。フルオープン・フルクローズの両方に対応しているため、季節を問わず使用できます。また、フロアには約1500mmの耐水圧が備わったPEフロアを採用。水が染み込みにくいのも魅力です。

使用時のサイズは約210×180×120cmで、1~2人での使用におすすめ。収納時には直径約15×60cmまでコンパクトになるので、持ち運びにも便利です。コストパフォーマンスに優れるスクリーンタープを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

コールマン(Coleman) スクリーンキャノピージョイントタープ3 2000027986

高い通気性が備わり、湿気がこもることなく快適に過ごせる

約1200mmの耐水圧が備わっている小型のスクリーンタープ。突然の雨に見舞われても体を濡らさずに過ごせます。また、ジョイントフラップ付きで、テントとの連結が可能。広々と使用できるのも特徴です。

4面すべてがメッシュ仕様になっているので、開放的に使えるのも魅力。高い通気性が備わっており、湿気がこもることなく快適に過ごせます。フルオープンにもできるため、夏場におすすめです。

生地とポールに圧力を分散させる仕様で、耐久性も良好。メインポールとコーナーポールを挿し込むだけで簡単にセットアップできるので、デイキャンプにも適しています。

クイックキャンプ(QUICKCAMP) スクリーンタープ QC-ST300

利便性と機能性を兼ね備えているアイテム

天井のロープを引っ張り、サイドポールを伸ばすだけで簡単に設営できるワンタッチタイプの小型スクリーンタープ。収納も折りたたみ傘のようにワンタッチで行えます。

使用時のサイズは幅300×奥行300×高さ210cm。家族やグループでの使用におすすめです。フルオープンやフルクローズ、フルメッシュなど、用途に合わせてアレンジできるのもポイント。シーズンを問わず活躍します。

国内検査機関の基準をクリアしたUPF50+の生地を採用。日差しが強い日でも活躍します。また、1000mmの耐水圧が備わっているのも魅力。利便性と機能性を兼ね備えているアイテムです。

ロゴス(LOGOS) クイックどこでもターププラス 220-L

クイックジョイントを伸ばすだけで、簡単にセットアップできる小型のスクリーンタープ。すべてのパーツが一体化したワンタッチタイプで、素早く設営できるのが魅力です。また、撤去もワンタッチで行えます。

使用時のサイズは幅220×奥行220×高さ200cm。入り口が広く作られているので、車椅子のままでも使用できます。内部にはシャワーヘッド用のフックを搭載。メッシュポケットが備わっているなど、さまざまな用途で使用できます。

アメリカの難燃性基準「CPAI-84」に適合した生地を採用。火の粉が付着しても燃え広がりにくいのが特徴です。また、UVカットや撥水などの加工が施されているのもポイント。ソロキャンプにおすすめのアイテムです。

山善(YAMAZEN) スクリーンハウス300 PSH-300UV

UVコーティング生地を採用した小型のスクリーンタープ。日差しの強い夏場での使用におすすめです。取り外しが自由に行える日除けシートが付属しており、時間とともに変化する太陽の位置に対応できます。

4面がすべてメッシュ仕様になっているので、湿気がこもることなく快適に使用できるのも魅力。虫の侵入もブロックできます。また、使用時のサイズは幅300×奥行300×高さ205cmで、ゆったりとした空間で過ごせるのもポイントです。

収納時のサイズは幅60×奥行17.5×高さ17.5cm。キャリーバッグ付きで、持ち運びにも便利です。さまざまなフィールドでアウトドアを楽しみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) モンテ メッシュタープ UA-1076

アウトドアテーブルやチェアを入れても十分なスペースが確保できるスクリーンタープです。全面に1mmメッシュとスカートを搭載しており、虫が侵入しにくいのが魅力。大きなメッシュ窓で圧迫感が少ないうえ、通気性が高く熱気がこもりにくいので、夏場でも快適に過ごせます。全面のパネルを巻き上げればスクエアタープとして使用でき、より開放感を得ることが可能です。

本体約310×330×200cmのゆったりサイズで4~5人程度での使用におすすめ。収納時は約72×22×22cmとスリムかつコンパクトにまとめられるので、持ち運びや保管に便利です。耐水圧1000mmの70Dポリエステルを採用しているため、多少の雨なら気にせずアウトドアが楽しめます。屋根の両サイド中央には雨水を逃がすフラップが付いており、雨水が溜まることによるタープの倒壊や破損が防げるのも魅力です。

スクリーンタープのおすすめ|中型モデル

コールマン(Coleman) タフスクリーンタープ/400 2000031577

アシスト機能が備わっている中型スクリーンタープ。1人でも簡単に設営できるのが魅力です。メインポールの素材にはアルミ合金を採用。風に強く、あおられても倒れにくいのが特徴です。

空気の入れ替えを促すサークルベンチレーションシステムを搭載。タープ内で石油ストーブなどを使用した際に効率よく換気を行えます。また、メッシュドアになっているので、夏場でも快適に使用可能です。

使用時のサイズは約400×360×210cm。収納時には直径約26×74cmにまで小さくなります。オールシーズンで活躍するスクリーンタープを探している方におすすめです。

スノーピーク(snow peak) メッシュシェルター TP-925

フレーム数が少ないのが特徴のおすすめ中型スクリーンタープ。構造が単純なので複雑な操作を必要とせず、簡単に設営や撤去が行えます。メッシュパネルが多く搭載されているので、開放的な空間を作り出せるのが特徴です。

PUコーティングや撥水加工が施されたルーフシートを採用。約1800mmの耐水圧が備わっており、急な雨に見舞われても雨漏りしにくいのが魅力です。また、UVカット加工も施されているため、日差しが強い日の使用にも適しています。

クイックキャンプ(QUICKCAMP) ワイドスクリーンタープ QC-SS400n

用途に応じてスタイルが変えられるスクリーンタープ。4面フルメッシュ仕様で通常のスクリーンタープとして使えるほか、前後2面をオープンにして風通しをよくしたり、前面のパネルを跳ね上げて前室を作ったりできるのが魅力です。

ワイドサイズのため、3~4人程度で使うのにぴったり。90秒設営を謳っており、フレームを広げて紐を引くだけなので1人でも簡単に設営できます。収納時は約20×20×138cmとスリムになるため、携行性と収納性も良好。耐水圧1000mmの防水性能とUPF50+のUVカット機能を備えており、天候を気にせず使えるのもおすすめのポイントです。

ロゴス(LOGOS) クイック デビルブロックスクリーン 3535-BJ

ロゴス独自の「デビルブロックメッシュ窓」を搭載している中型のスクリーンタープ。風や空気のみを通し、雨や虫の侵入をブロックします。また、生地の表面にはソーラーブロックコーティングが施されており、日差しや紫外線もシャットアウト可能です。

使用時のサイズは幅350×奥行350×高さ225cm。各フラップを広げることで約5mの日陰を確保可能です。また、フルクローズできるので、冬場の使用にもおすすめ。車体連結用ジョイントを活用すれば、雨の日でも濡らすことなく荷物が出し入れできます。

折りたたみ式のフレームを操作するだけで、簡単に設営や撤去が行えるのもポイント。専用の収納バッグが付いているため、簡単に持ち運びできます。機能性と携行性に優れ、シーズン問わず活躍するアイテムです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) CS リビングシェルター 320UV-S

6本のフレームが搭載されている中型のスクリーンタープ。高い耐久性と耐風性が備わっており、さまざまな環境下で安定して設営できます。また、入り口が大きな作りになっているので、開放的なリビング空間が実現できるのも魅力です。

生地にはシルバーコーティングが施されたポリエステルを採用。紫外線を95%以上ブロックすると謳われています。また、1000mmの耐水圧が備わっているため、急な雨でも安心です。

簡単に着脱できるサイドパネルを2枚搭載。4面すべてに取り付け可能で、熱中症対策やプライバシーの保護に役立ちます。収納時のサイズは約52×16×16cm。キャリーケース付きで、携行性にも優れているアイテムです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) CSヘキサメッシュタープUV M-3150

ヘキサゴンスタイルの中型スクリーンタープ。風に吹き上げられてもポールが浮きにくいのが魅力です。使用時のサイズは360×435×210cm。広々としたリビングスペースが確保できます。

1mmメッシュスクリーンを全面に搭載。高い通気性を確保しつつ、虫の侵入をブロックするのが特徴です。また、メッシュは巻き上げ可能で、開放的なヘキサタープとしても使用できます。

素材には70デニールのポリエステルを採用。「UV-PROTECTIONコーティング」が施されており、紫外線を抑えられます。

オガワ(ogawa) ロッジシェルター2 3398

オールシーズン使えるスクリーンタープを求めている方におすすめのモデルです。通気性の高いフルメッシュ仕様で夏の使用はもちろん、フルオープン・フルクローズに加え、側面2分割の張り出し機能により天候に合わせてアレンジが可能。ライナーシート付きで天井部の通気性も確保できるため、結露しにくく冬場の使用も快適です。

使用サイズ350×460×210cmと広く、ファミリーキャンプにぴったり。大きめサイズながら収納時は92×36×54cmとスリムになるので、かさばりにくく携行性も良好です。耐水圧1800mmの防水性能により、突然雨に降られても安心。出入り口はひさし付きで雨水が侵入しにくく、テントとの連結時に隙間ができにくいのもポイントです。

スクリーンタープのおすすめ|大型モデル

スノーピーク(snow peak) カヤード TP-400

シールド加工のインナールーフが備わっている大型のスクリーンタープ。遮光性に優れているので、日差しの強い日でも涼しく過ごせます。また、全面がメッシュパネルになっており、夏場でも湿気や熱がこもりにくいのも魅力です。

すべてのパネルが巻き上げ可能なのも特徴。開放的な空間が作り出せるほか、レイアウト方向を気にせず設営できるのが特徴です。また、オプションのフロントパネルやサイドパネルをセットすることで、プライベートスペースも作れます。

サイドパネルのコーナーを巻き上げることで別のタープと連結することも可能。グループキャンプなどで活躍します。また、キャリーバッグ付きで、携行性に優れるのもポイント。さまざまなシーンにおすすめのアイテムです。

スノーピーク(snow peak) リビングシェル TP-623R

スノーピーク独自のドッキングシステムを採用している大型のスクリーンタープ。同社のテントと連結することで、外に出ることなくタープとテント内を行き来できます。使い方に幅を持たせられるのが特徴です。

タープにはシールド加工を施した素材を採用。高い遮光性が備わっており、日差しの強い日や気温の高い日でも快適な空間が作り出せます。また、フルクローズにできるので、冬場にも使用可能です。

使用時のサイズは455×415×210cm。ドアパネルを上げることで、より開放的に使用できます。また、収納時のサイズは76×28×33cmで、持ち運びやすいのもポイント。オールシーズンで活躍するアイテムです。

スノーピーク(snow peak) リビングシェルロング Pro. TP-660

広範囲にメッシュパネルを搭載している大型のスクリーンタープ。明るく開放的な空間を作り出せます。また、通気性に優れているので、湿気の多い夏場でも湿気や熱がこもることなく快適に過ごせるのが魅力です。

同社が発売しているテントとトンネルを介さずにドッキングが可能。使い方に幅を持たせられます。自然と調和しやすいカラーで、キャンプなどでの使用におすすめのアイテムです。

ロゴス(LOGOS) スペースベース・デカゴン-BJ

フレームを伸ばし、ロックするだけで簡単に設営できるスクリーンタープ。使用時のサイズが幅610×奥行570×高さ295cmと大型ながらも、数分で組み立てられるのが魅力です。付属の連結用タープを活用すれば本製品同士を連結できます。

「筋交い構造」を採用しており、フルクローズ時の耐久性が高いのもポイント。ロゴス独自の「PANEL SYSTEM」により、広々とした空間も作り出せます。季節を問わず使用できるアイテムです。

ロゴス(LOGOS) グランベーシック エアマジック オクタゴンドーム-BJ

空気を注入するだけで設営可能な「エアマジックシリーズ」の大型スクリーンタープ。押しても引いても空気が入るダブルアクションポンプが付属しているので、1人でも素早く組み立てられます。

ロゴス独自の「デビルブロックST」を採用しており、虫の侵入を防げるのが特徴。天井にはベンチレーションがあり、暑い時期でも快適に過ごせます。また、有効スペースが広く、大人数でも開放的に過ごせるのが魅力です。

スクリーンタープのAmazonランキングをチェック

スクリーンタープのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。