アウトドアシーンにおいて風対策や虫などの侵入から身を守ることができる「スクリーンタープ」。日差しの強い時のデイキャンプやバーベキューでは日陰スペースを確保する際にも活躍してくれるので、テントとはまた違った使い方ができる便利なアイテムです。

そこで今回はスクリーンタープのおすすめ製品をご紹介。ゆったりサイズのタイプからワンタッチで設営できるコンパクトなモデルまで網羅しているので、購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

スクリーンタープとは?

By: amazon.co.jp

天蓋部分と壁部分が布に覆われているスクリーンタープ。日差しや雨を防げるのはもちろんのこと、メッシュ仕様のタープを選べば通気性がありながらも、蚊や蜂などの虫対策にも効果が期待できるアイテムです。

フルクローズすれば他人の視線が気にならないプライベート空間を確保することも可能。着替えをしたり、赤ちゃんのお世話をしたりする際にも便利です。

また、テントと組み合わせて使うとさらに拡張性が広がるのもポイント。テントを寝室、スクリーンタープをリビングとして使い分けるなどもできるので、より快適なアウトドア空間を作りたい方におすすめです。

スクリーンタープのメリット

By: amazon.co.jp

スクリーンタープはヘキサタープのような1枚布タイプとは違い、使用感としてはテントとタープの中間。開放的でありながらも雨風がしのげるほか、他人の視線を気にせずにくつろげる“プライベート空間”が作れるのもポイントです。

スクリーンタープの選び方

使用人数にあわせたサイズ

By: amazon.co.jp

スクリーンタープを選ぶときには、使用する人数にあわせてサイズを決めること重要。1~2人用で300×300cm、3~4人用で330×330cm、5~6人用で360×360cmあたりが目安となります。

なお、360×360cm以上と大きいサイズの場合は注意が必要。キャンプ場によっては事前にテントやタープを設営するスペースや区画が決まっていることが多いので、周囲とのトラブルにならないよう確認しておきましょう。

フルクローズタイプ

By: amazon.co.jp

フルクローズタイプとは、全方向を締め切ってテントのようにも使えるアイテムのこと。荷物を置くスペースや簡易倉庫として使えるのはもちろん、着替えなど周りの目線が気になる際にも便利です。

フルオープンにすれば大きなメッシュ窓から風を通すことができるので、通気性も良好。夏はフルオープンで涼しく開放的に、肌寒さを感じる春や秋は締め切って活用するなど、汎用性が高いのも魅力です。

耐水性

雨天のときに大切になのがタープ生地の耐水性です。一般的な耐水圧は1000~3000mmで、数値が高くなるほど強い雨にも耐えられることを示しています。

アウトドアで使える目安となるのは耐水圧1500mm。それ以上の耐水圧でも使用する上では問題ありませんが、数値が高いほど通気性の遮断やタープ内の湿気との兼ね合いも懸念されるようになるので、留意しておきましょう。

遮光性

By: amazon.co.jp

もともとタープは日陰をつくることを目的として設計されており、遮光性はとても大切なポイントです。真夏の強い日差しでもしっかりと身体を守ってくれるタープを選び、日焼けや熱中症には十分注意しましょう。

基本的には生地が厚いものほど、遮光性が高い傾向にあります。最近では裏地に遮光性の高い生地を採用しているタイプやUVカット機能が付いたタープもあるので、遮断性を重視する方は事前にしっかりとチェックしておきましょう。

設営方法

By: amazon.co.jp

スクリーンタープタープはなるべく設営や撤収が簡単なものが便利。なお、種類としては、テントと同じように張り上げるロープとペグを必要するタイプもあれば、ワンタッチで設営ができるポップアップタイプもあるので、より耐久性を重視するのであれば前者、より簡易性を求めるのであれば後者がおすすめです。

テントと連結

By: amazon.co.jp

スクリーンタープによっては、タープ自体を連結したり、同じメーカーのテントと組み合わせたりして使うことができるタイプもあります。特に後者の場合はテントを寝室、タープをリビングのように使うことができ、住み分けが可能となるので、よりキャンプの利便性向上させたい時に使うと便利です。

スクリーンタープのおすすめ人気モデル

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) プレーナメッシュタープセット M-3154

4~5名でゆったりと使うことができるキャプテンスタッグのスクリーンタープ。側面が地面に対して垂直に立っているため、テーブルなどを置いても余裕のある空間が広がるのが特徴です。

全面メッシュで虫の侵入をゆるさず、安心して快適に過ごせるのもポイント。メッシュを巻き上げれば、開放感がアップするので使い勝手は良好です。

PU加工・防水仕様なので雨の日でも安心。コンパクトに収納できるので、持ち運びにもおすすめのスクリーンタープです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ヘキサメッシュタープUV M-3150

5~6名用にぴったりなリビングスペースを確保できるキャプテンスタッグのスクリーンタープ。1mmのメッシュは虫よけにはもちろん、通気性も優れているのでタープ内で気持ちよく過ごすことができます。

PU防水加工のほか、UV-POROTECTIONコーティング生地を採用しているので、紫外線をしっかりとカットしてくれるのも魅力。大型モデルのスクリーンタープを求めている方におすすめです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ラニー メッシュタープテント M-8717

日差しを反射するシルバーコーティングを採用したキャプテンスタッグのスクリーンタープ。サイズは350×380×210cmで、大人4~5名でも広々と使うことができるのが特徴です。

防水性にも優れているほか、シームレス加工なので縫い目からの雨の侵入をカバーするのもポイント。全面と両サイド面はファスナーで分割してメッシュを張ることが可能で、出入り口の設置に関しても汎用性が高いので、使い勝手のよいスクリーンタープを探している方におすすめです。

コールマン(COLEMAN) スクリーンキャノピージョイントタープ2

テントと連結して使用できるコールマンのキャノピージョイントタープ。4~5名でもゆったり使える広さが特徴です。背面にジョイントフラップが付いているので、雨天でも安心してテントとタープを行き来することができます。

耐水圧も約1200mmあるので、ある程度強い雨にも対応。キャノピーが小雨のときや日除けに便利です。

コールマン(COLEMAN) タフスクリーンタープ 400

雨や風に強いタフコンセプトなコールマンのスクリーンタープです。耐水性は約2000mm、強い雨にも対応できるのが特徴。また、強風を想定したアルミ合金製のメインポールを使用しているので、悪天候でも安心して使えるのもポイントです。

サイズは約400×360×210cmで、5~6名で使っても広々。テーブルと椅子を設置してもゆったりと過ごすことができます。大きなタープですが、簡単アシスト機能付きで、比較的容易に設営できるのも魅力です。

ロゴス(LOGOS) ナバホラウンドタープ

ロースタイルでの使用に最適なロゴスのスクリーンタープ。ナバホ柄の生地や丸みを帯びた独特のフォルムが特徴的です。

フルオープンすれば開放的な空間として、フルクローズすれば着替えもできるプライベート空間として活躍してくれます。また撥水・耐水加工済みなので雨天でも安心。紫外線も約90%もカットすると謳う製品なので、真夏の日射しが強い日でも重宝するスクリーンタープです。

ロゴス(LOGOS) カーサイドオーニング

ワンボックスカーやミニバンなどの車に横付けが可能なスクリーンタープ。吸盤ジョイントで車への固定も簡単にでき、車体を傷つける心配が少ないのが特徴です。

3方向からスムーズに出入りが可能なのもポイント。アウトドアシーンで車を有効活用したい方はもちろん、車中泊を快適にするアイテムを探している方にもおすすめです。

スノーピーク(snow peak) トルテュライト TP-750

インナーテントがあり、快適な寝室とリビングを提供してくれるスノーピークのトルテュライト。インナーテント側からも、両サイドからでも自由に出入りできる設計なので、レイアウトを容易に切り替えられるのが特徴です。

耐水圧は約1800mmもあるので、ある程度強い雨にも対応。大きなメッシュ窓により通気性も良好なので、タフなシーンでもスクリーンタープを活用したい方におすすめです。

スノーピーク(snow peak)カヤード TP-400

6名用でゆったりとした空間が広がるスノーピークのカヤード。ジリジリとした夏の強い日差しのなかでも、フルメッシュで快適に過ごせるのが魅力です。シールド加工が施されたインナールーフを使えば、さらに涼しく体感温度が低くなります。

全方向をフルオープンすれば、さらに開放的に活用することが可能。なお、本製品はタープ単体で、設営には210cmポール2本、140cmのポールが4本、さらにはタープを張り上げる際に使うペグ複数本も別途必要となります。購入を検討している方は留意しておきましょう。

オガワ(OGAWA) ドームシェルターラナ

4面スクリーンに専用のドアが付いているスクリーンタープ。大型ベンチレーションでフルクローズしても通気性がよいのが特徴です。

天井のライナーシートは露をしっかり防いでくれるのもポインで、耐水圧も約1800mmと雨にも耐えられる仕様。シームシール加工をしているので縫い目からの雨の侵入もカバーしてくれます。また、UVカット機能も付いているので強い日差しでも安心して過ごすことができるのも魅力。5~6名で快適に使える本格的なスクリーンタープを探している方におすすめです。

オガワ(OGAWA) ロッジシェルター2

7~8名でテーブルセットを広げても余裕があるアイテム。別売りのインナーテントと組み合わせれば、寝室とリビングダイニングがオールインワンで楽しめる秘密基地のような空間が広がります。

基本スペックも高く、耐水圧は約1800mmで、UVカット加工にも対応。しっかりとしたスチール製のポールを採用しているので、強度も良好です。大型ながら設営は簡単なのもポイント。オールシーズン使用可能な、大型のスクリーンタープを求めている方におすすめです。

クイックキャンプ(QUICK CAMP) ワンタッチ スクリーンタープ

ワンタッチ式で簡単に設営ができるクイックキャンプのスクリーンタープ。4名でテーブルセットを広げても余裕のあるサイズを採用しているのが特徴です。

耐水圧は約1000mmあるので、ちょっとした雨には十分に対応。UVカット加工をしてあるので紫外線が気になる夏でも快適に過ごすことができます。手軽で快適なスクリーンタープを探している方におすすめです。

フィールドア(FIELDOOR) メッシュスクリーンテント

コンパクトに収納できるフィールドアのスクリーンタープ。本製品の玄関の屋根となるキャノピー部分を活かして、雨天時には車との行き来をスムーズにしたり、テントを併設したりできるのが魅力です。

4名でテーブルセットを広げられるゆったりサイズ。天井にはフックが付いているので、ランタンを吊るすことも可能と、コンパクトで使い勝手のよいスクリーンタープです。

キャンパーズコレクション(Campers Collection) スクリーンハウス300

ちょっとした雨の日や日差しをカバーしてくれるキャンパーズコレクションのスクリーンタープ。取り外し可能な日除けシートが付いているのもポイントです。

重量は6kgと比較的軽く、専用キャリーバックが付属しているのもポイント。持ち運びに便利なスクリーンタープとしておすすめです。

ノースイーグル(North Eagle) スクリーンキャノピー250 NE182

コンパクトで小回りの効くノースイーグルのスクリーンタープ。小型ながら、側面がほぼ垂直に組み立てられるのが特徴です。

4名でテーブルセットを広げても余裕のあるサイズ感が魅力。耐水圧は約1000mmあるので小雨程度であれば充分に対応するほか、UVカット加工を施してあるので日差しが強い日でも安心して使うことができます。キャンプはもちろん、ちょっとしたイベントごとなどにも幅広く使えるスクリーンタープとしておすすめです。

スクリーンタープのAmazonランキングをチェック

スクリーンタープのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。