アウトドアシーンにおいて風対策や虫の侵入を防げる「スクリーンタープ」。日差しが強いときのデイキャンプやバーベキューで、日陰スペースを確保する際に活躍する便利なアイテムです。

そこで今回は、スクリーンタープのおすすめ製品をご紹介。ゆったりサイズからワンタッチで設営できるコンパクトなモデルまでピックアップしたので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

スクリーンタープの選び方

使用人数に合ったサイズを選ぶ

By: amazon.co.jp

スクリーンタープを選ぶ際にまず考えたいのが使用人数とサイズの関係。持ち運びや設営のしやすさばかりを優先して小さめを選ぶと、タープの中が狭くて使いにくくなるので適切なサイズを知ることが大事です。

逆に、使用人数に対して広すぎるモノを選ぶと、テント・タープ・車が1つのサイトに収まらないこともあります。テントと車のサイズが大きい方は、この点をよく確認してからスクリーンタープを選びましょう。

スクリーンタープの適切なサイズは、1~2人の場合300×300cm、3~4人だと330×330cm、5~6人は360×360cm、7人以上なら400×400cmが理想です。使用人数が変動する可能性がある場合は、ひとつ大きめのサイズを選んでサイト内に収まるかを確認したうえで購入しましょう。

設営方法をチェック

組み立てタイプ

By: amazon.co.jp

組み立てタイプのスクリーンタープは、ほかのヘキサタープ・ウイングタープ・レクタタープとは異なり自立式なので、テントと同じ要領で設営できるのが特徴。製品によっては骨組みとなるポールをセットするだけで完成します。

ある程度の風にも対応できるようにしたい際は、ロープやペグなどを使って固定も可能。悪天候時での使用を考慮したい方は、備品もしっかりと用意しておきましょう。

ワンタッチタイプ

By: amazon.co.jp

ワンタッチタイプは折りたたみ傘と似たような仕様で、簡単に設営できるのが特徴。設営する際は本体を広げ、中央に用意されたジョイント部分を引き上げることで完成します。

なお、同類のアイテムとしてはポップアップタイプもありますが、本製品は柔軟性のあるアームを採用し、広げるだけで自立するのがポイント。たたんだ状態でもスリムで持ち運びに便利ですが、仕様上コンパクトなアイテムが多いので、その点は留意しておきましょう。

耐水性をチェック

スクリーンタープの耐水圧は、雨が降ったときにどの程度雨の浸水を防げるかが分かるので、非常に重要なポイント。山の天気は変わりやすいため、雨が降ることを想定して耐水性の高いモノを選ぶのがおすすめです。

傘の耐水圧は一般的に450mm程度なので、耐水圧が1000〜3000mmのモノを選んでおけば十分に耐えられます。ただし、表面にコーティングを施したモノは、耐水圧が高い分だけ通気性が悪く夏キャンプには不向きということも覚えておきましょう。

1年のなかでどの季節に一番スクリーンタープを使うかをよく考え、最適な耐水圧を備えたモノを選ぶと安心してキャンプを楽しめます。

遮光性をチェック

By: rakuten.co.jp

夏キャンプがメインの方は遮光性をよく確認することが大事。強力な紫外線から身を守って熱中症を防ぐためにも、遮光性の高いモノを選んでおくと安心です。

遮光性の高さはスクリーンタープの厚みと色によって変わります。厚みは「デニール」や「デシテック」という単位で表され、数値の高いモノほど遮光性がアップ。色は黒や紺などの濃いモノほど光を吸収して遮光性が高まります。

また、スクリーンタープの生地にUVカット加工を施したり、裏地に遮光性の高い生地を採用したりしているモノも夏キャンプに最適。暑い日でも快適にアウトドアを楽しめるよう、ある程度の遮光性があるモノを選びましょう。

携帯性をチェック

By: dod.camp

スクリーンタープは製品によって収納サイズや袋の有無が異なります。収納サイズが大きいとコンパクトカーや軽自動車などに積めないこともあるので、事前に確認しておくことが大事です。大抵の製品には手持ち付きの収納袋が付属していますが、ない場合は自分で袋を用意しましょう。

一般的に、フルクローズのスクリーンタープは、収納サイズも大きく重量が重くなる傾向にあります。逆に、パーツが少ないワンタッチタイプや軽いメッシュスクリーンを採用しているモノは、コンパクトに収納できて軽いので扱いも簡単です。

スクリーンタープは機能性と携帯性の兼ね合いをよく考えて選ぶことが大切。重くて大きくても耐水性や耐風性に優れた方がよいなら、機能面を重視した方が後悔がありません。携帯性を優先するなら機能面には多少目をつぶって軽いモノを選ぶのがおすすめです。重さが10kg前後のモノであれば安定感が得られるので、選ぶ際の目安にしておきましょう。

テントと連結できると便利

By: dod.camp

スクリーンタープのなかには、同メーカーのテントと連結できるモノがあります。連結して設営すると、テントを寝室として使い、タープをリビング化できるので快適に過ごせます。また、雨が降った際にテントから出ても濡れないので便利です。

キャンプ場でミニバンやキャンピングカーに車中泊する場合は、車の屋根にセットできるスクリーンタープがおすすめ。車への激しい日差しや雨を遮れるだけでなく、着替えの際にも使えるので重宝します。

冬キャンプするならフルクローズ対応モデルがおすすめ

By: amazon.co.jp

タープには六角形のヘキサタープや四角形のレクサタープ、ひし形のウイングタープなどがありますが、スクリーンタープはそうした開放感のあるタープとは異なり、居住空間をしっかりと確保できるのが特徴です。

ただ、設営する季節によっては注意が必要。夏であれば、虫除けなどの対応を考慮したメッシュ仕様のほうが快適に過ごせますが、肌寒さを感じるほかの季節ではあたたかさをキープできるフルクローズ対応のタープのほうが重宝します。テントを寝室と考えると、タープはリビングにあたる部分になるので、双方の季節感は揃えるように配慮しましょう。

スクリーンタープのおすすめ人気モデル

コールマン(Coleman) タフスクリーンタープ 400 2000031577

コールマン(Coleman) タフスクリーンタープ 400 2000031577

コールマン製のドームテントに連結できるスクリーンタープ。テントに広々とした空間をプラスして、キャンプを快適に過ごしたい方におすすめです。タープサイズは約幅400×奥行360×高さ210cmと広く、単体で使用しても5~6人でゆったり過ごせます。収納時サイズは直径約26×長さ74cmで重さが約12.5kgなので、持ち運びも可能です。

アシスト機能により1人でも簡単に設営することが可能。メインポールはアルミ合金製で強風にも耐えられます。室内の空気循環を促すサークルベンチレーションシステムにより、フルクローズにしても快適な空間を保てるのがポイント。耐水性や耐光性も備えたハイスペックな大型スクリーンタープです。

コールマン(Coleman) スクリーンキャノピージョイントタープ3 2000027986

コールマン(Coleman) スクリーンキャノピージョイントタープ3 2000027986

スクリーンタープの4面全てに大型メッシュパネルを採用した製品。テントに連結できるジョイントフラップが付いているので、開放的なリビング空間を作れます。メインポールとコーナーポールを差し込むだけで簡単に設営できるので、スクリーンタープ初心者の方にもおすすめです。

収納時サイズは直径約23×長さ82cmとコンパクトで重さも11.3kgほどと軽いので、車からの移動も楽にできます。耐水性と耐光性も備えており、紫外線や急な雨から身を守れるのがポイント。風が強い日はフルクローズにして防風できます。さまざまな用途に使える中型サイズのスクリーンタープです。

ロゴス(LOGOS) クイック デビルブロックスクリーン 3535-BJ

ロゴス(LOGOS) クイック デビルブロックスクリーン 3535-BJ

本製品は折りたたまれたフレームを伸ばしてロックするだけで組み立てられるのが特徴。約3分で設営できるので、夕暮れ時にキャンプ場に到着しても慌てずに作業できます。シートとフレームが一体化した構造のため、大切なパーツを紛失する心配がないのもポイントです。

LOGOSが独自開発した高機能メッシュのデビルブロックシステムを採用し、虫の侵入を防ぎつつ日差しもやわらげることが可能。高い防水性も備えています。車体連結用ジョイントを標準装備しているので、車との連結も簡単です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) エクスギア スクリーンツールームドーム UA-21

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) エクスギア スクリーンツールームドーム UA-21

大型のフライシートと吊り下げ式インナーテントがセットになった製品。フライシート単体でスクリーンタープとして使用すれば、大人8人でも使用できる幅345×奥行460×高さ200cmの大空間を作れます。フルクローズにもフルメッシュにもできるので、四季を問わずに使えるのがポイントです。

側面のウォールパネルは上部のみを開けられるので、空気の入れ替えができるだけでなくプライバシーも確保できます。極太で丈夫な直径19mmのメインポールを使用し、耐風性が高いのも魅力。撥水加工も施されているので雨が降っても濡れずに過ごせます。テントとしてもスクリーンタープとしても使える、便利な製品です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) スクリーンパネル 300×200UV M-3174

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) スクリーンパネル 300×200UV M-3174

夏場のキャンプやレジャーの難点である虫の侵入をしっかり防げる、メッシュタイプのスクリーンタープ。1mmメッシュを全面に採用しており、通気もしっかり確保できます。タープサイズは幅約300×奥行200×高さ187cmで、3~4人でゆったり過ごすことが可能です。

天井部分のスクリーンにはUVカット加工が施されており、防水性も高いので日差しや雨をしのげます。4面のうち2面のメッシュスクリーンはファスナーで開閉できるので、片面を開いて出入りしやすくすることが可能です。重さは約1.8kgと軽量で携帯しやすいのも魅力。夏のキャンプに便利な通気性の高い製品です。

スノーピーク(snow peak) メッシュシェルター TP-925

スノーピーク(snow peak) メッシュシェルター TP-925

おしゃれなスクリーンタープを探している方におすすめの製品。丸みを帯びたデザインと落ち着いたカラーでキャンプサイトを個性的に演出できます。スノーピーク製のテントと連結して、広いリビング空間を作れるのも魅力。タープサイズは幅約400×奥行390×高さ220cmで大人4人に対応しています。

フレームの数が少なく単純な構造のため、短時間で簡単に設営できるのがポイント。メッシュパネルが多く虫の侵入をしっかり防いで通気できます。耐水性や耐光性も高く、紫外線もカットすることが可能。収納時サイズは幅77×奥行27×高さ31cmとコンパクトで、重さも12kgと軽量です。

ヘリノックス(Helinox) Tac Vタープ4.0

ヘリノックス(Helinox) Tac Vタープ4.0

高強度で軽いキャンプ用のチェアを開発して一世を風靡した、ヘリノックスのスクリーンタープ。タープサイズが幅400×奥行400×高さ240cmと広いにも関わらず、収納サイズが直径27×長さ72cmとコンパクトで重さも約10kgと軽量なのが魅力です。

重厚感がありデザインがおしゃれなのもポイント。2つのフロントパネルと4つのサイドドアを設けており、フルオープンにすると開放感が得られます。耐水性や耐光性も備えているので、1年を通して使うことが可能。収納可能人数は6人でキャンプだけでなく、レジャーにもおすすめの製品です。

オガワ(ogawa) ロッジシェルター2 3398000000

オガワ(ogawa) ロッジシェルター2 3398000000

本製品はワイドな空間を作れるのが特徴。フルオープンも可能なので、テント脇に開放感のあるスペースを作りたい方におすすめです。側面のスクリーンを張り出してキャノピーにすれば、日差しや雨をしのいで快適に過ごせます。全面をフルメッシュにして虫を防ぐことも可能です。

遮光性や結露を軽減するライナーシートを付属しており、耐水性が高いのでさまざまな天候に対応できます。薪ストーブの煙突を出すのに便利なトリプルファスナーを採用しているため、真冬のキャンプやアウトドアにもおすすめ。広い空間を確保できる頑丈なスクリーンタープです。

ディーオーディー(DOD) ファイヤーベース T8-524

ディーオーディー(DOD) ファイヤーベース T8-524

冬場のキャンプやアウトドアで焚火を楽しみたい方におすすめのスクリーンタープ。火の粉に強いポリコットン素材を全面に採用しているため、焚火だけでなく炭火コンロなども安心して使えます。ポリコットンは遮光性と吸湿性も高いので、1年を通して快適に使えるのがポイントです。

付属のフロアを取り付ければ、靴を脱いでくつろいだりテントとして使用したりできるのも魅力。4面のスクリーンは全て開放することが可能でフルメッシュにもできるので、天候に合わせて切り替えられます。ベンチレーションやランタンフックも搭載しており便利。重さは約15kgで収納袋に入れるとコンパクトになります。

ディーオーディー(DOD) サカナシェード TT4-533

ディーオーディー(DOD) サカナシェード TT4-533

ピクニックやバーベキューなどのレジャーで日差しを防げるコンパクトな製品。山岳用テントで用いられる魚座型フレーム構造を採用しており、収納サイズと重量を最小限にしているので気軽に持ち運べます。重さは約2kgと軽量なので、楽に扱うことが可能です。

ポップアップタイプではなく組み立て式ですが、慣れれば設営も簡単にできます。遮光性と耐風性が高くスポーツ観戦や釣りなどのレジャーにもおすすめ。ソロキャンプの簡易タープとして使うのにも適した、価格が安い製品です。

キャンパーズコレクション(Canpers Collection) スクリーンハウス PSH-300UV

キャンパーズコレクション(Canpers Collection) スクリーンハウス PSH-300UV

ジェネリック家電で人気の山善が手掛けるアウトドアブランドの製品。幅も奥行きも300cmの広々とした空間を作れるので、キャンプだけでなくファミリーのレジャーにもおすすめです。出入り口は対向面に2ヵ所ありスムーズに動けます。

4面全てのメッシュスクリーンをフルクローズすれば、虫の侵入を防ぐことが可能。UVコーティング生地を採用しており、紫外線もしっかり防げます。耐水性も高いので雨が降ってきても安心。収納サイズが幅62×奥行19.5×高さ20cmとコンパクトで、重さが6kgと軽いのも魅力です。

クイックキャンプ(QUICKCAMP) ワイドスクリーンタープ QC-SS400

クイックキャンプ(QUICKCAMP) ワイドスクリーンタープ QC-SS400

簡単に設営できる大型のスクリーンタープを探している方におすすめの製品。折りたたみ傘をワンタッチで広げるような感覚で設営できるため、手間がかからないのが魅力です。タープサイズは幅約400×奥行き300×高さ210cmなので、大人4人で広々と使えます。

UV加工が施されているため、日差しが強い日でも紫外線を防ぐことが可能。耐水性もあるので急に雨が降ってきても安心です。収納時のサイズは長さ138×直径20cmと小さく、重さも約9.8kgと軽いので移動も楽々。簡単に設営できる大型のスクリーンタープです。

フィールドア(FIELDOOR) ワンタッチスクリーンテント

フィールドア(FIELDOOR) ワンタッチスクリーンテント

広げて脚を伸ばすだけで設営できる手軽さが魅力のモデル。重さが6kgと軽いのでママと子供だけのピクニックや女子キャンプにも最適です。タープサイズは幅285×奥行285×高さ208cmで大人4人でもゆったりくつろぐことが可能。収納サイズも小さいので車からの移動も楽にできます。

フルクローズにしたり4面メッシュにしたりできるため、気温や天候に合わせて快適に使えるのがポイント。前面のスクリーンをキャノピーにすれば、さらに広い空間を確保できます。ランタンを吊るすフックや収納ポケットも付いており便利。手間をかけずに設営できるおすすめの製品です。

武田コーポレーション ガーデンガゼボヘキサドーム YF-3039N

武田コーポレーション ガーデンガゼボヘキサドーム YF-3039N

キャンプやレジャーに便利な8〜10人用のスクリーンタープ。西洋の庭に設置されるガゼホタイプで、広い空間を確保できるのが魅力です。タープサイズが幅410奥行375×高さ262cmなので、イスやテーブルを入れても窮屈にならず快適に過ごせます。

折りたたみ式なので設営も撤収も簡単にできるのがポイント。約17kgと重量があるので、2人で作業するのがおすすめです。付属の収納バックに入れるとコンパクトになるので楽に持ち運びができます。メッシュスクリーンで通気性が高いスクリーンタープです。

Hewflit メッシュスクリーンシェード

Hewflit メッシュスクリーンシェード

本製品は4面全てのスクリーンを張り出してキャノピーにできる、価格が安いモデルです。屋根のある広い空間を確保できるとともに紫外線をしっかり防げるので、さまざまなアウトドアシーンに役立ちます。天井部分には紫外線をカットするシルバーコーティングが施されているのもポイントです。

スクリーンを巻き上げてフルメッシュで使用することも可能。虫が気になる季節でも安心してレジャーを楽しめます。タープサイズは幅300×奥行300×高さ220cmで4~5人に最適。防水性にも優れているので、急な雨が降っても濡れずに過ごせます。重さは約8kgでコンパクトに収納して運ぶことが可能です。

スクリーンタープのAmazonランキングをチェック

スクリーンタープのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。