アウトドアシーンにおいて風対策や虫の侵入を防げる「スクリーンタープ」。日差しが強いときのデイキャンプやバーベキューで、日陰スペースを確保する際に活躍する便利なアイテムです。

そこで今回は、スクリーンタープのおすすめ製品をご紹介。ゆったりサイズからワンタッチで設営できるコンパクトなモデルまでピックアップしたので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

スクリーンタープの選び方

使用人数に合ったサイズを選ぶ

By: amazon.co.jp

スクリーンタープを選ぶ際にまず考えたいのが使用人数とサイズの関係。持ち運びや設営のしやすさばかりを優先して小さめのモノを選ぶと、タープの中が狭くて使いにくくなるので適切なサイズを知ることが重要です。

逆に、使用人数に対して大きすぎるモノを選ぶと、テント・タープ・車が1つのサイトに収まらないこともあります。テントと車のサイズが大きい方は、この点をよく確認してからスクリーンタープを選びましょう。

スクリーンタープの適切なサイズは、1~2人の場合300×300cm、3~4人だと330×330cm、5~6人は360×360cm、7人以上なら400×400cmが理想です。使用人数が変動する可能性がある場合は、やや大きめのサイズを選んでサイト内に収まるかを確認したうえで購入しましょう。

設営方法をチェック

組み立てタイプ

By: amazon.co.jp

組み立てタイプのスクリーンタープは、ほかのヘキサタープ・ウイングタープ・レクタタープとは異なり自立式なので、テントと同じ要領で設営できるのが特徴。製品によっては骨組みとなるポールをセットするだけで完成します。

ある程度の風にも対応できるようにしたい際は、ロープやペグなどを使って固定も可能。悪天候時での使用を考慮したい方は、備品もしっかりと用意しておきましょう。

ワンタッチタイプ

By: amazon.co.jp

ワンタッチタイプは折りたたみ傘と似たような仕様で、簡単に設営できるのが特徴。設営する際は本体を広げ、中央に用意されたジョイント部分を引き上げることで完成します。

なお、同類のアイテムとしてはポップアップタイプもありますが、柔軟性のあるアームを採用し、広げるだけで自立するのがポイント。たたんだ状態でもスリムで持ち運びに便利ですが、仕様上コンパクトなアイテムが多いので、その点は留意しておきましょう。

耐水性をチェック

スクリーンタープの耐水圧は、雨が降ったときにどの程度雨の浸水を防げるかが分かるので、非常に重要なポイント。山の天気は変わりやすいため、雨が降ることを想定して耐水性の高いモノを選ぶのがおすすめです。

傘の耐水圧は一般的に450mm程度なので、耐水圧が1000〜3000mmのモノを選んでおけば十分に耐えられます。ただし、表面にコーティングを施したモノは耐水圧が高い分通気性が悪く、夏のキャンプには不向きなことは覚えておきましょう。

1年のなかでどの季節にスクリーンタープを使う頻度が高いのかを考慮して選ぶと安心してキャンプを楽しめます。

遮光性をチェック

By: amazon.co.jp

夏キャンプがメインの方は遮光性をよく確認することが大事。強力な紫外線から身を守って熱中症を防ぐためにも、遮光性の高いモノを選んでおくと安心です。

遮光性の高さはスクリーンタープの厚みと色によって変わります。厚みは「デニール」や「デシテック」という単位で表され、数値の高いモノほど遮光性がアップ。色は黒や紺などの濃いモノほど光を吸収して遮光性が高まります。

また、スクリーンタープの生地にUVカット加工を施したり、裏地に遮光性の高い生地を採用したりしているモノも夏キャンプにぴったり。暑い日でも快適にアウトドアを楽しめるよう、ある程度の遮光性があるモノを選びましょう。

携帯性をチェック

By: dod.camp

スクリーンタープは製品によって収納サイズや袋の有無が異なります。収納サイズが大きいとコンパクトカーや軽自動車などに積めないこともあるので、事前に確認しておくことが大事です。大抵の製品には手持ち付きの収納袋が付属していますが、ない場合は自分で袋を用意しましょう。

一般的に、フルクローズのスクリーンタープは、収納サイズも大きく重量が重くなる傾向にあります。逆に、パーツが少ないワンタッチタイプや軽いメッシュスクリーンを採用しているモノは、コンパクトに収納できて軽いので扱いも簡単です。

スクリーンタープは機能性と携帯性の兼ね合いをよく考えて選ぶことが大切。耐水性や耐風性を重視したい方は、多少重くても機能面を重視して選びましょう。逆に、携帯性を優先するなら機能面には多少目をつぶって軽いモノを選ぶのがおすすめです。重さが10kg前後のモノであれば安定感が得られるので、選ぶ際の目安にしておきましょう。

テントと連結できると便利

By: dod.camp

スクリーンタープのなかには、同メーカーのテントと連結できるモノがあります。連結して設営すると、テントを寝室として使い、タープをリビング化できるので快適に過ごせます。また、雨が降った際にテントから出ても濡れないので便利です。

キャンプ場でミニバンやキャンピングカーに車中泊する場合は、車の屋根にセットできるスクリーンタープがおすすめ。車への激しい日差しや雨を遮れるだけでなく、着替えの際にも使えるので重宝します。

冬キャンプするならフルクローズ対応モデルがおすすめ

By: amazon.co.jp

タープには六角形のヘキサタープや四角形のレクサタープ、ひし形のウイングタープなどがありますが、スクリーンタープはそうした開放感のあるタープとは異なり、プライベート空間をしっかりと確保できるのが特徴です。

ただ、設営する季節によっては注意が必要。夏であれば、虫除けなどの対応を考慮したメッシュ仕様のほうが快適に過ごせますが、肌寒さを感じるほかの季節ではあたたかさをキープできるフルクローズ対応のタープのほうが重宝します。テントを寝室と考えると、タープはリビングにあたる部分になるので、双方の季節感は揃えるように配慮しましょう。

スクリーンタープのおすすめメーカー

コールマン(Coleman)

By: amazon.co.jp

アメリカのアウトドア用品総合メーカー。安定した品質と手頃な価格の製品を手掛けており、多くのアウトドア愛好家から支持されています。スクリーンタープにおいては、フルクローズできるモデルを中心に展開。大型のメッシュパネルを備えているのが特徴です。

なかでも、ジョイントフラップ付きでテントと連結できるモデルが人気。ベンチレーションシステムも充実しており、快適なリビングとして使用できるモデルもラインナップしています。メインポールとコーナーポールを差し込むだけで組み立てできる「ジョイントモールド」を採用しているモデルも便利。1人でも設営できる使い勝手のよさを実現しています。

スノーピーク(snow peak)

By: amazon.co.jp

新潟県三条市に本社を構えるアウトドア総合ブランドです。十分な検証の後に販売されるキャンプ、登山道具の数々は多くのアウトドアファンを魅了しています。アウトドアライフを体感できる、7つのキャンプフィールドを運営しているのも特徴です。

スクリーンタープでは、高い縫製技術を駆使した耐久性に優れているモデルをラインナップ。なかでも、生地にシールド加工を施しているモデルがおすすめです。生地を通す光を軽減できるため、一般的なモデルより低い体感温度で快適に過ごせます。

クイックキャンプ(QUICKCAMP)

By: amazon.co.jp

“アウトドアをもっと簡単に、もっと楽しく”をコンセプトに、初心者にも扱いやすいテントやタープ、サンシェードなどを販売しているアウトドアブランド。手頃な価格で購入できる製品を多く手掛けています。

スクリーンタープは、ワンタッチで簡単に設営できるモデルを展開。折りたたみ傘をワンタッチで広げるような感覚で組み立てできる、アウトドア初心者におすすめのモデルをラインナップしています。

ロゴス(LOGOS)

By: amazon.co.jp

キャンプ用品やBBQアイテム、ウェアなどを展開している総合アウトドアブランドです。「家族」をテーマに一貫して製品開発を行っており、ファミリーで楽しみやすい数々のアイテムを手掛けています。

スクリーンタープではハイグレードモデルから手軽に使えるタイプまで幅広くラインナップしており、なかでも「エアマジックシリーズ」のモデルが人気。空気を注入するだけで簡単に設営できるほか、独自開発の高機能メッシュ「デビルブロックEX」を採用しているなど、快適に過ごせる機能が充実しています。

スクリーンタープのおすすめ人気モデル

コールマン(Coleman) タフスクリーンタープ 400

1人でも設営できる、簡単アシスト機能を備えたスクリーンタープです。ジョイントフラップ付きで、テントとの連結も簡単。アルミ合金製メインポールの採用で強風に強いのも特徴です。耐水圧2000mmで突然雨が降っても安心。

大型のメッシュパネルを備えており、通気性も良好です。室内の空気循環に便利なサークルベンチレーションシステムも搭載しています。設営のしやすさや耐久性、価格のバランスに優れたおすすめのモデルです。

コールマン(Coleman) ドームスクリーンタープ 380

4本のFRPポールで構成されたシンプルなスクリーンタープです。風に強いドーム構造を採用。4面フルメッシュで開放的なリビングを実現しています。テントと連結できるジョイントフラップも搭載。

耐水圧2000mmの75Dポリエステルタフタを採用しているほか、防水加工が施されているので突然の雨でも安心です。さらに、テント内に溜まったあたたかい空気を逃がしたいときに便利な大型のベンチレーションも備えています。

コールマン(Coleman) タープ スクリーンキャノピージョイントタープ3 2000027986

メインポールとコーナーポールを差し込むだけで組み立てできる、「ジョインモールド」を採用したスクリーンタープです。簡単に設営できるため、初心者の方におすすめのモデル。ウェビングテープをポールに巻きつけて力を分散する「ストームガード」により、耐久性にも優れています。

4面フルメッシュ仕様で、開放的なリビングを作れるのもポイント。簡単にテントと連結できるジョイントフラップも付いています。紫外線に強く耐久性に優れた生地を採用しているので、天候や季節を問わず使用できるアイテムです。

スノーピーク(snow peak) タープ ランドステーション L TP-820

6~8人の使用に適したおすすめのスクリーンタープです。セッティングのバリエーションが豊富で、スタイルや天候に応じて好みでアレンジできるのがポイント。6本のファスナーの開閉で仕切られたパネルを切り離せるほか、ロールアップもできるなど使い勝手に優れています。

さらに、天井高210cmで開放感あるリビングスペースを確保できるのも魅力。左右のメインポール脇には空気循環に役立つベンチレーションを備えており、快適にアウトドアを楽しめます。生地にシールド加工が施されており、日差しが軽減できるのも特徴。天気のよい日でも快適に過ごしたい方は、ぜひチェックしてみてください。

スノーピーク(snow peak) タープ カヤード TP-400

フルメッシュ仕様で通気性に優れたスクリーンタープ。夏のアウトドアを満喫したい方におすすめのモデルです。内側からセットするインナールーフを取り付ければ、さらに快適に過ごせます。

6人での使用に適しており、2つのカヤードをドッキングさせればグループキャンプでも活躍。パネルはすべて巻き上げできるため、レイアウト方向を気にせずさまざまなセッティングを楽しめます。

さらに、インナールーフの生地に遮光性を高めるシールド加工が施されているのもポイント。本体の生地表面には撥水加工も施されており、突然の雨でも安心。150Dポリエステルオックス生地を採用し、強い雨にも対応できる耐水圧3000mmを実現しています。

クイックキャンプ ワイドスクリーンタープ QC-SS400

ワンタッチ設営が可能なスクリーンタープです。折りたたみ傘を広げるような感覚で90秒で組み立てられるので、初心者の方におすすめ。短時間で設営できるため、イベント時など時間に制限がある場合の使用にも適しています。

約幅400×奥行280×高さ200cmのワイドサイズで、大人数で快適に過ごせるのも魅力。折りたたみテーブルを2台置けるほか、イベント用の長机も設置できます。サイドジッパー仕様により、4面メッシュと2面フルオープンをシーンによって切り替え可能。背面にフラップを縫い付けるバージョンアップにより、日陰の調節もしやすくなっています。

フラップを組み合わせることで突然の小雨にも対応可能。別売りのキャノピーをセットすることで、さらに広々とした快適空間を確保できます。

クイックキャンプ ワンタッチ スクリーンタープ QC-ST300

フルクローズとフルメッシュをシーンに応じて切り替えできるスクリーンタープです。折りたたみ傘を開く要領で簡単に設営できて便利。収納も折りたたむだけと簡単なので、1人で設置したい方やはじめてタープを購入する方におすすめのモデルです。

約幅300×奥行300×高さ210cmでファミリーやグループでの使用にぴったり。テーブルやベンチを置いても圧迫感がなく、快適に過ごせます。さらに、別売りのキャノピーポールを使用することで、前室を設けることが可能。テントとドッキングさせてリビングスペースとしても活躍します。

UPF50+のUVカット加工が施されているので、紫外線が気になる季節でも安心。耐水圧1000mmの生地を採用しているほか、縫い目のシームレス加工で小雨程度なら防げます。

ロゴス(LOGOS) タープ グランベーシック エアマジック オクタゴンドーム-BJ 71805541

空気を注入するだけで設営できるドーム型のスクリーンタープです。空気入れと空気抜きに対応した便利な専用ポンプ付き。押しても引いても空気を注入できるダブルアクションと、押したときだけ空気を入れられるシングルアクションをレバーで切り替えられます。

空気を注入すれば自動的に立ち上がって約8分で設営可能。1人でも簡単に設営でき、セッティングの手間をなるべく減らしたい方におすすめのモデルです。さらに、メッシュ部には独自の高機能メッシュ「デビルブロックEX」を採用。通気性やUVカット効果を確保しながら虫の侵入を防げます。

壁面が立った構造で、大人数で快適に過ごしやすいのもポイント。ベンチやテーブルを置いてリビングスペースとして使えるほか、インナーテントを設置してテント泊でも活躍します。オプションが充実したおすすめのスクリーンタープです。

ロゴス(LOGOS) クイック デビルブロックスクリーン 3535-BJ

クイックシステムにより、約3分で組み立てられるスクリーンタープです。折りたたまれたフレームを伸ばしてロックするだけで、簡単に設営・撤収ができるおすすめのモデル。シートとフレームが一体化しているため、パーツを紛失する心配がないのもポイントです。

特殊コーティングを施した生地で高いUVカット率と遮光率を実現。独自開発の「デビルブロックメッシュ窓」の採用により、強い日差しを和らげながら虫の侵入を防ぎます。付属のキャノピーポールを使用すれば、前室を設けることも可能。車とリンクできる車体連結用ジョイントも付いています。

ロゴス(LOGOS) クイックどこでもターププラス 220-L No.71457622

クイックジョイントを伸ばすだけで簡単にセッティングできるスクリーンタープ。すばやく設営できるモデルを探している方におすすめです。シートとポールなどすべてのパーツが一体化しており、紛失の心配もなし。撤収はクイックジョイントを折り曲げるだけで完了します。

広い出入り口を設けており、車イスのままでも出入り可能。シャワーヘッド用フックとメッシュポケットを活用すれば、簡易シャワールームとしても使えます。アウトドアやレジャーのみならず、着替えやシャワー、災害用簡易トイレなどさまざまなシーンで活躍するマルチタープです。

山善(YAMAZEN) キャンパーズコレクション スクリーンハウス PSH-300UV

虫の侵入を防ぎながら、強い日差しを遮りたいときにおすすめのスクリーンタープです。大きなメッシュタイプ窓を採用しているため、虫が気になる季節でのアウトドアレジャーにおすすめ。本体は幅300×奥行300×高さ205cmと余裕のあるサイズで、ファミリーやグループでも快適に過ごせます。

さらに、UVコーティング生地を採用した日よけシート付き。日差しのきつい日でも快適に過ごせます。生地にはポリエステルタフタ185Tを採用。耐水圧1000mmを実現しています。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) レニアス スクリーンメッシュタープセット

メッシュパネルを全面に採用したスクリーンタープです。1mmメッシュで虫の侵入を防ぎながら通気性を確保。全面にスクリーンパネルを備えており、冬以外の3シーズン活躍するおすすめモデルです。サイズは4~5人が快適に過ごせる広さを備えています。

全面のウォール部は巻き上げでき、開放感いっぱいのスクエアタープとしても使用可能。両サイドの中央部には、雨水を逃がすフラップを備えています。天井部分の縫い目にはシームレス加工が施されているため、突然の雨でも安心。別売りのポールをセットすれば、スクリーンをひさしとしても使えます。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) CS ヘキサメッシュ タープ UV M-3150

5~6人のファミリーキャンプにおすすめのスクリーンタープ。耐風性に優れたヘキサゴンスタイルのメッシュタープです。メッシュには1mmの網目を採用しており、虫の侵入を防ぎながら通気性を確保できる仕様。夏場も快適に過ごせます。

タープフライ部はポリエステル70Dを採用し、耐水圧1000mmで突然の雨でも安心。ウォール部には、PU防水を施したポリエステル70Dを採用しています。UVプロテクションコーティングが施された生地を使用しているため、強い紫外線が気になるシーンでも活躍します。

オガワ(ogawa) ロッジシェルター2 3378

ひさしと分割張り出しを採用したスクリーンタープです。使い勝手に優れており、さまざまな張り出しを可能にしています。生地はポリエステル210Dを採用し、耐水圧1800mmを実現。シームシール加工が施されているため、雨でも安心して過ごせるおすすめのモデルです。

側面は巻き上げできるほか、前面部の大型ベンチレーションは空気を入れ替えたいときに便利。ライナーシートも付いているので、結露が気になる季節でも快適です。

フィールドア(FIELDOOR) ワンタッチスクリーンテント

広げて立ち上げるだけで設営できるスクリーンタープです。面倒なフレームの組み立てやポールを通す作業などが不要で、初心者の方でも簡単にセッティングできるモデル。設営時間をなるべく短縮したい方にぴったりです。

ワンタッチテントを組み合わせることで、リビングとしても活躍。4面メッシュ仕様で、虫の侵入を防ぎながら適度に日差しを確保して快適に過ごせます。キャノピーポールも付属しており、前室を設けることも可能。荷物置き場として活用できるほか、雨の日でも安心です。

ディーオーディー(DOD) サカナシェード TT4-58

リュックやトートバッグに入る収納サイズが特徴のスクリーンタープ。山岳テントで使われる魚座型フレーム構造で組み立てに少々時間を要するものの、軽量素材を採用しておりコンパクトな状態で持ち運びやすいのが特徴です。

コンパクトながら大人がくつろげる十分なスペースを確保可能。耐水圧2000mmで雨にも強く、シルナイロンを採用するなど高い強度を備えています。駐車場から距離がある場合や電車でのお出かけなど、持ち運びやすいモデルを求めている方におすすめです。

ヘリノックス(Helinox) Tac Vタープ

大型ドームシェルタータイプのスクリーンタープ。ミリタリースタイルの機能と特徴を取り入れたシリーズのモデルで、強度と携帯性に優れています。シェルターとポール、ペグを1つのダッフルバッグに収納できるため、持ち運びに便利です。

幅400×奥行400×高さ240cmの大人6人が余裕を持って過ごせるサイズで、ファミリーキャンプにもおすすめ。フロントパネルはメッシュ仕様になるほか、ロールアップできるため暑い日でも快適に過ごせます。幅広いシーンで活躍するおすすめのモデルです。

Hewflit メッシュスクリーン シェード

付属のポールでひさしを作れるスクリーンタープです。生地にはシルバーコーティングが施されており、高いUVカット率を実現しています。目の細かいメッシュシートで虫が気になる季節の使用におすすめ。

前後2カ所のファスナーで開閉でき、通気性にも優れています。テント上部の生地には150Dオックスフォード生地を採用。耐水圧2000mmで突然の雨にも対応可能です。

スクリーンタープのAmazonランキングをチェック

スクリーンタープのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。