タープとは、アウトドアなどで日光や雨をしのぐためのアイテム。軽さを重視した「軽量タープ」は持ち運びしやすいため、キャンプや登山の移動時などに役立ちます。ソロキャンプや少人数でのアウトドアでも、ラクに設営できるので便利です。

しかし、アウトドアでは、タープの下で過ごしたり荷物を保管したりすることが多いため、軽いだけでなく機能性が高い軽量タープを選びたいところ。そこで今回は、軽量タープの選び方とおすすめモデルをご紹介します。

軽量タープとは?

By: amazon.co.jp

軽量タープとは、軽さを重視したタープのこと。タープの重さはモデルごとにさまざまで、10kgを超えるタイプも多数展開されています。軽量タープの場合、天幕の素材にナイロンなどを採用したり、サイズをコンパクトにしたりと、持ち運びしやすいのが魅力です。

軽量タープの重さに明確な基準はないものの、1kg以下のモデルも数多くリリースされています。ツーリングキャンプのように荷物をなるべく軽くしたいという方におすすめのアウトドアガジェットです。

軽量タープの選び方

性能をチェック

遮光性

By: amazon.co.jp

タープの最も重要な役割のひとつが、日差しを防ぐこと。特に、標高が高いと日差しが強くなるため、登山利用などでは遮光性が高い軽量タープを選ぶのがおすすめです。

キャンプで利用する場合も、遮光性が高いタープを選びましょう。光を遮断できれば、タープの下に日影ができて、快適にアウトドアを楽しめます。日差しを吸収しやすい濃いカラーの軽量タープや、遮光加工を施したモデルを選ぶのがおすすめです。

通気性

By: amazon.co.jp

軽量タープを利用する場合には、通気性のよいモデルを選ぶのもおすすめです。タープ下での風通しがよくなり、空気がこもって蒸し暑くなるのを防ぎやすくなります。

長方形の「レクタタープ」や六角形の「ヘキサタープ」は、ひさしのように持ち上げることで通気性を高めることが可能。開放感のあるデザインなので、アウトドア気分も盛り上がります。

耐水圧

By: amazon.co.jp

天気が変わりやすい山でのキャンプは雨対策が必要。突然の雨に備えて、耐水圧の高い軽量タープを選ぶのもおすすめです。耐水圧が高いと、テーブルや椅子、料理や荷物が雨で濡れることを防げます。

快適にキャンプするためにも、撥水加工が施されたモデルや雨水が地面に流れやすいモデルの軽量タープがおすすめです。ただし、必要以上に耐水圧が高いモデルを選ぶと、通気性が悪くなったり重くなったりしてしまいます。キャンプスタイルに応じて優先順位を考慮し、最適な軽量タープを選びましょう。

難燃性

アウトドアでは、BBQや焚き火、ランタンを灯すなど、火を使う場面も多くなります。飛んできた火の粉によってタープに穴が空いてしまうという恐れもあるので、難燃性が高い軽量タープを選ぶのもおすすめです。

難燃性が高いコットン素材を採用した軽量タープや、焚き火利用ができるモデルも展開されています。ただし、難燃性が高い素材を採用していても、火気厳禁のモデルもあるので注意しましょう。

サイズをチェック

軽量・コンパクト性

By: amazon.co.jp

軽量タープを探している方なら、必ずチェックすべきはタープの重量です。タープの総重量は、天幕やポールなどを合計した重さで決まります。ポールが別売りなどで、天幕の重さのみ表記されているケースもあるので注意しましょう。

また、収納時のサイズもチェックしておくことをおすすめします。専用のケース付きでコンパクトに収納できる軽量タープなら、移動や自宅での保管時に便利です。

居住スペースの広さ

By: amazon.co.jp

タープを設営したとき、どれくらいの居住スペースがあるのかもチェックしておきましょう。天幕のサイズが同じでも、タープの種類によって居住スペースが変わります。天幕が同じサイズなら、レクタ型のタープがヘキサ型より居住スペースが広い傾向にあります。

また、ほとんどの製品には対応人数が表記されているため、居住スペースの目安としてチェックしておくと安心です。快適性も重視したい場合は、利用人数プラス1人のモデルがおすすめです。

設営のしやすさをチェック

By: amazon.co.jp

軽量タープを選ぶときには、設営方法も確認しておきましょう。特にソロキャンプをするときなどは重要。撤収時の時間も節約できるのも魅力です。

ポールを立てずに、天幕にロープを付けて簡単に設営できるタイプは素早く設営できるのでおすすめ。また、天幕にポールを差し込むだけのモデルや、ワンタッチで広げられる軽量タープもあります。

軽量タープのおすすめ

モンベル(mont-bell) ミニタープHX

天幕やペグ、張り綱、スタッフバッグを含めた総重量が870gの軽量タープ。居住スペースに余裕があるつくりで、2人で利用するのにおすすめのモデルです。ヘキサ型なので通気性が高く、耐水圧1,500mmのため雨の日でも安心して利用できます。

難燃加工が施されており、生地に火が当たっても穴が空きにくいのも魅力。専用のスタッフバッグに収納すると、直径12cm、高さ23cmとコンパクトにまとまるのでおすすめです。

ファイントラック(finetrack) ゴージュタープ

360×280cmという2~4人の利用にぴったりの大型サイズでありながら、490gという軽さを実現した軽量タープ。居住スペースが広いレクタ型で、 耐水圧1,600mmと雨に強いのも特徴です。天幕には「田」の字型にテープが施されていて、雨や時間経過によるたるみを防いでくれるのもポイント。

計17ヵ所のループ付きで、小屋掛けやシェルター型など多彩な張り方が可能。収納時には6×11×19cmまでコンパクトにまとまるので、移動や保管時に便利です。ただし、ポールは別売りなので注意しましょう。

スノーピーク(snow peak) ライトタープ ポンタ シールド

2本のポールで設営するレクタ型の軽量タープで、1~2名用におすすめのサイズです。シールド加工が施されているため遮光性が高く、耐水圧1,800mmと水に強いのもおすすめです。

ポールの高さや位置を変えると、片側からの風や日射し避けとして利用可能。直接地面に設置して、簡易テントとして活用することもできます。本体の重さは570gと軽量で、専用の収納ケースに入れると32×8×20cmとコンパクトになるのもおすすめです。

ZEROGRAM Minimalist III Hexa-Tarp z200002

サイズ370×370cmと4~6人で利用できる大型サイズでありながら、重量を590gに抑えた軽量タープ。両面をシリコンコーディングした「30D CORDURA」生地を採用しており、3,000mm以上の耐水圧を実現しています。テントの前室としても利用できるので便利です。

紫外線をカットするUV加工が施されているのもポイント。日焼けが気になる方もタープ下で快適に過ごせます。天幕の内部や外部にウェビングリングを設置しているため、テンション補強が簡単なのはもちろん、ランタンなどを吊るしたいときにも便利。家族でゆったりできるおすすめの軽量タープです。

エムエスアール(MSR) スルーハイカー 100 ウィング

総重量570gの軽量タープ。生地には20Dリップストップナイロンを採用しており、耐水圧1,200mmを実現しています。フロア面積9.29平方メートルのレクタ型で、2~3人の利用におすすめです。

同ブランドの「スルーハイカーメッシュハウス3」という軽量シェルターと組み合わせることが可能で、テント屋根のような使い方もできます。収納サイズが23×10cmとコンパクトなのも魅力です。

ヒルバーグ(HILLEBERG) タープ10エクスペディション

天幕のサイズは300×305cm、総重量が850gの軽量タープ。生地には75Dリップストップナイロンを採用していて、両面にはシリコン加工が施されています。そのため強度が高いだけでなく、耐水圧3,000mmと水に強いのも特徴です。

日影をつくったり、テントの前室として利用したりと、アレンジしやすいのも魅力。収納時には約23×26.5cmとコンパクトにまとまります。インパクトがある赤いタープなので、おしゃれで遠くからでも見つけやすいのもおすすめです。

パーゴワークス(PaaGo WORKS) NINJA TARP

「ニンジャタープ」の名の通り、手裏剣型のシルエットがおしゃれな軽量タープ。重さは480g。ペグダウンしてから最後にポールを立てる構造で、一人で設営しやすいのもおすすめです。

21ヶ所のジョイントポイントが設けられているため、30以上の設営バリエーションが楽しめます。生地にはシリコンコーティングされたナイロン30Dを採用しており、耐水性が高いのもおすすめ。専用のスタッフバッグが付属しているのもポイント。移動や収納もラクラクな軽量タープです。

テンマクデザイン(tent-Mark DESIGNS) ムササビウイング13ft.“Traveling light”

390×380・240cmという大きめサイズでありながら、大幅に重量を軽減した軽量タープ。通常モデルから生地を20Dポリエステルリップストップに変更することで、本体のみ420gという重量を実現しました。

表面はシリコンコーティングされていて、耐水圧2,000mmと雨に強いのも魅力。ポールやペグは別売りですが、専用の収納袋がセットになっています。ツーリングなどで気軽にキャンプへ出かけたい方におすすめの軽量タープです。

シックスムーンデザインズ(Six Moon Designs) ヘイブンタープ

トレッキングポールを使用し、テントのように設営する構造の軽量タープ。総重量は約930gといった軽量仕様でありながら、内部面積は122×229cmと余裕があるつくりです。

別売りのネットテントと併用すれば、ダブルウォールテントのように利用ができます。定員が2名なので、ソロキャンプやカップルでの利用にもおすすめの軽量タープです。

Motomo 軽量タープ ペンタシールド

426×255cmという大きめのサイズで、2~3人での利用ができる軽量タープ。遮光ピグメント加工とUV加工が施されており、日差しに強いのが特徴です。総重量は700g、専用の袋に収納すると30×12cmとコンパクトになります。

軽防水仕様なので、小雨や短時間の雨をしのげるのもポイント。ポールは付属していませんが、ロープの長さを調節できるため木をポールに見立てて使用できます。機能性が高い軽量タープであるにもかかわらず、価格がリーズナブルなのも魅力です。