屋外で快適空間を作れるタープは、キャンプやアウトドアには欠かせない存在です。しかし、重いモノを選んでしまうと車からの積み下ろしや移動が大変。ピクニックで直射日光に当たりたくない方や、ソロキャンプで急な雨をしのげればよい方には「軽量タープ」がおすすめです。

そこで今回は、おすすめの軽量タープをご紹介。選び方も解説するので、自分に合うモノを探してみてください。

軽量タープとは?

By: rakuten.co.jp

キャンプ場などで日差しを遮るために設営するタープのなかでも、特に軽いモノを「軽量タープ」といいます。タープにはさまざまな重さのモノがあり、重いモノは15kg以上あります。軽量タープの重さは特に決められていませんが、3kg以下を目安に選びましょう。

1kg前後までの軽量タープなら、カバンに入れたりバイクで積んだりしても負担になりません。軽くてコンパクトでも、テントの前に設営してリビングを作ったり夏場の暑さをしのいだりできるので、アウトドアやキャンプには欠かせないアイテムです。

また、ヘキサタープやスクエアタープ、自立式タープ、スクリーンタープなどさまざまな形状があり、それぞれ重さが異なります。骨組みのパーツが少なく、生地の面積も小さいヘキサタープやスクエアタープが比較的軽量です。

軽量タープの選び方

性能をチェック

遮光性

By: amazon.co.jp

タープを使う目的のひとつは、日差しをしっかり遮ること。特に夏場のキャンプでは直射日光を浴びて熱中症になる危険性があるため、遮光性の高いモノを選ぶことが大切です。タープの生地の色が濃いモノを選ぶと、直射日光をしっかり遮れるので快適に過ごせます。

タープは生地が厚いモノほど遮光性が高くなりますが、その分重くなってしまうのがデメリットです。生地にUVカット加工を施したモノであれば、薄くて軽い生地でもしっかり日差しをカットできるので、日焼け対策もできます。

通気性

By: amazon.co.jp

タープの中で過ごすときに重要なのが通気性。風が全く入らないタープを選んでしまうと、湿度が上がって蒸れてしまいます。ヘキサタープやスクエアタープは壁がないので通気を保てますが、入り口を閉じて使えるモノを選ぶ場合は風通しがよいかチェックしましょう。

ヘキサタープを選ぶ場合は、ポールを立てるポイントや高さを変えて設営できるモノを選ぶのもおすすめです。その場の風の流れに合わせてタープの形状を変えることで、心地よく風が通ります。低く設営して周りからの視線を遮れば、プライバシーの確保も可能です。

耐水圧

By: amazon.co.jp

雨が降ってきたときにタープ中に入って雨をしのげるかどうかも重要。タープの生地がどれだけの水圧に耐えられるかを表す「耐水圧」の数値を必ず確認しておきましょう。

タープの耐水圧は1000~3000mm程度までありますが耐水圧が高すぎると通気性が悪くなるため、1000~1500mmくらいのモノを選ぶのがおすすめ。壁がないヘキサタープやスクエアタープは通気性がよいため、耐水圧が2000mm以上のモノを選んでも問題ありません。

耐水圧が高いモノほど価格が高くなることも把握しておきましょう。コスパのよい軽量タープを手軽に持ち歩き、パッと広げて快適に使いたい場合は、耐水圧だけを重視せずに使い勝手のよさなどのバランスを考えて選ぶことが大切です。耐水圧が高くなくても生地に撥水加工が施されていれば、ある程度の雨をしのげます。

難燃性

アウトドアやキャンプではバーベキューや焚き火などで火を使うため、難燃性のある生地を採用しているタープを選ぶのがおすすめです。風で火の粉が飛び散ってタープに引火してしまうと一気に燃え広がって危険なため、安全を重視して選びましょう。火を使わない場合は一般的なモノでも問題ありません。

サイズをチェック

軽量・コンパクト性

By: hilleberg.jp

キャンプやアウトドアで問題になるのが荷物の多さと重さです。特に自転車でのソロキャンプやバイクでのツーリングキャンプの場合は、できるだけ荷物を減らさないと積みきれなくなってしまいます。軽量タープは軽いだけでなく収納サイズも小さいので、楽に積みこめるのが魅力です。

軽量タープのなかには本体にペグとロープのみが付属しており、ポールが別売になっているモノがあります。タープが重くなる原因であるポールがないため、軽くてコンパクトになり持ち運びしやすいのが魅力です。ポールを使わずに樹木などに設営できる場合に適しています。

居住スペースの広さ

By: amazon.co.jp

タープの居住スペースは重要なポイント。軽いタープは生地の面積が小さい可能性があるため、展開サイズだけでなくポールに立てて地面に固定したときにどのくらいの広さになるのかもチェックしましょう。特に日差しを遮るために低く設営する場合は居住スペースが狭くなるので、収容人数が少なくなります。

ピクニックやテント前などで使用する場合は、人数分のテーブルや椅子が入るかを確認しましょう。ソロテントで使用する場合は、シュラフと荷物が雨に濡れないように置けることが大事。自転車やバイクがある場合はタープの下に入れられるかもチェックしておくと安心です。

設営のしやすさをチェック

By: amazon.co.jp

設営のしやすさを把握するために、購入前にタープの設営方法を確認しておきましょう。ポールを使うタイプは、本体とポールが接続しやすいモノを選んだほうが簡単に設置できます。タープの高さを変えて使いたい場合は、ポールの長さを調節できるかどうかもチェックしておきましょう。

樹木に吊り下げて設営するタープは、ロープの先端をペグで地面にしっかり固定できるかが重要です。ペグは金属製のほうが地面に打ち込みやすく簡単に設営できます。ポールの扱いが苦手な方は吊り下げて設営できるモノがおすすめ。キャンプ場では樹木に吊り下げても問題ないか事前に確認しましょう。

軽量タープのおすすめモデル

スノーピーク(snow peak) ライトタープ ペンタ シールド STP-381

スノーピーク(snow peak) ライトタープ ペンタ シールド STP-381

ソロキャンプに適したモノを探している方におすすめの製品。センタートップに1本のポールを立てて自立させるワンポールタイプで、本体の重さが790gと軽く、収納ケースに入れても幅32×奥行9×高さ20cmとコンパクトなので楽に持ち運びができます。バイクに積むのにも最適です。

設営するとユニークな変形五角形になり、見た目がおしゃれなのも魅力。シールド加工とUV加工を施しており、遮光性が高いので暑い日でも快適に過ごせます。夏場はシュラフがあれば、テント替わりとしても使えるので便利。テフロン撥水加工が施されており、耐水圧も1800mmと高いので急な雨でも安心です。

モンベル(mont-bell) ミニタープHX #1122474

モンベル(mont-bell) ミニタープHX #1122474

収納時の重さが870gと軽量なモンベルのタープ。収納バックに入れると直径12.5×高さ23cmとコンパクトになるので、ソロキャンプで荷物を減らしたい方やツーリングでバイクに積みたい方に適しています。

付属のメインポールだけでも十分な居住空間を作れますが、別売のポールを組み合わせるとさらに広い空間を作ることが可能。短いポールのみを使って低く設営すれば、プライバシーが守れるテントのような空間になります。耐水圧は1500mmで難燃加工も施されているのが魅力です。

ユニフレーム(UNIFLAME) REVOタープ solo TAN 682050

ユニフレーム(UNIFLAME) REVOタープ solo TAN 682050

ユニフレームのタープは、一人用ながら広い空間を作り出せるのが特徴。3m前後に広げて設営できるので、2~3人で日よけとして使ったり食事をしたりするのにも最適です。ツーリングでソロキャンプに行く場合は、バイクをタープの下に入れて夜を過ごせます。

収納サイズは幅約40×奥行15×高さ15cmとコンパクトなので、バイクの荷台に積むことも可能。シートのみの重さが1.1kgと軽く楽に扱えます。 UV-CUTコーティングとテフロン撥水処理が施されており、耐水圧も1800mm以上あるので、強い日差しや急な雨にも対応可能です。

ヒルバーグ(HILLEBERG) タープ5 UL

ヒルバーグ(HILLEBERG) タープ5 UL

本製品は設営すると五角形になり、快適な居住空間と荷物置き場を確保できるのが魅力。本体のみの重さが320gと軽量なので、ツーリングでソロキャンプをしたい方におすすめ。別売のポールで自立できるだけでなく、樹木から吊り下げても設営できるので便利です。

出入りがしやすい形状のため、快適に動き回ることが可能。低く設営してプライバシーを確保したり、高く設営して通気性をよくしたりできるので、シチュエーションに合わせて切り替えられます。生地には防水性と耐光性に優れたKerlon1000を採用しており、急な天候の変化にも対応可能です。

アクアクエスト(Aqua Quest) タープ Safari

アクアクエスト(Aqua Quest) タープ Safari

圧縮して折りたたむと幅10×奥行9×高さ×9cmとポケットサイズになり、重さが600gと軽いのが魅力の製品。広げると縦300×横200cmになるため、2~3人で使うのに最適です。本体にはポールが付属していないため、樹木に吊り下げて地面に固定して使うのがおすすめ。サイズ違いで大きいタイプもあり用途に合わせて選べます。

防水性、耐水性、防風性を備えているため、さまざまな天候下で使えるのがポイント。センターからも吊るせるように中心にループがあり、好みの形に変えて設営できます。山の風景にしっくり馴染むオリーブカラーもおしゃれ。耐久性も高いので長く愛用できます。

KERUN 超軽量タープ Desert Walker

KERUN 超軽量タープ Desert Walker

本製品はポールを除いた重さが440gと軽量なのがポイント。収納バックに入れると直径18×高さ25cmとコンパクトになるため、バックに入れて持ち歩いても負担にならないのが魅力です。ソロキャンプはもちろん、家族で公園や海に出かける時などに重宝します。

別売のポールを購入すれば、その場の状況に合わせてさまざまな形で設営することが可能。展開サイズが縦300×横350cmあるため、2~3人で過ごすのに最適です。シリコンオイル生地を採用し、耐水圧が3000mmなので急な雨でも安心。UVカット加工も施されている使いやすい製品です。

ムラコ(MURACO) ヘキサウルトラタープ

ムラコ(MURACO) ヘキサウルトラタープ

収納バックに入れると手のひらサイズになるコンパクトなヘキサタープ。荷物を極力減らしたいソロキャンプやツーリングに最適です。本体のみの重さが536gと軽いため、カバンに入れて携帯しやすいのだ魅力。シンプルなデザインとカラーでおしゃれなキャンプを演出します。

展開サイズは縦320×横290cm。ソロキャンプで使用すれば広めの空間を確保することが可能です。設営には別売のポールが必要になります。生地には撥水コーティングと耐水PUコーティングが施されており、耐水圧が2000mmと高いのも魅力です。

Soomloom ピラミッドタープ

Soomloom ピラミッドタープ

本製品は別売のポール1本とロープで自立できるピラミッド型のタープ。本体のみの重さが420gと軽いため、バイクに積んだりカバンに入れたりして楽に携帯できます。収納バッグに入れると直径約9×高さ24cmとコンパクトになり、扱いやすいのがポイントです。地面から数cm浮かせて設営できるので、通気性も問題ありません。

厚手で丈夫な生地の裏側にはPUコーティングが施されており、耐水圧が3000mmと高いのが魅力。生地の表側にはシリコン塗装が施され、紫外線をカットするだけでなく防風性と防雪性も兼ね備えています。入り口を閉じてフルクローズにすれば、簡易テントとしてプライバシーを確保することが可能です。

Motomo 超軽量タープ ペンタシールド

Motomo 超軽量タープ ペンタシールド

安い価格が魅力の製品。UVカット加工が施されており、日差しをしっかり遮れるので暑い日に重宝します。軽度の撥水加工は施されていますが、天気がよい日のピクニックやキャンプで日よけとして使うのがおすすめ。収納時のサイズが直径12×高さ30cmとコンパクトで、重さも700gと軽いので、自転車でも持ち運びできます。

ポールが付属していないため、樹木などに取り付けて設営するのがおすすめ。別売のポールを購入すれば自立させることも可能です。展開サイズは縦426×横255cmと広く、3人前後でもゆったり過ごせます。コスパのよいモノを探している方におすすめの製品です。

YUEDGE 防水タープ

YUEDGE 防水タープ

六角形デザインのおしゃれなタープ。前後を樹木から吊るして左右を地面に固定するだけで簡単に設営できるのが魅力です。収納サイズは幅21×奥行14×高さ11cmとコンパクトで、重さは950g。海辺のレジャーや公園でピクニックをするのにも適しています。

生地には高耐水加工が施されており、耐水圧が3000mmあるので大雨でも安心して使うことが可能。UV加工は施されていませんが、通常のレジャーで日よけとして使うのには十分です。1つ持っていると便利に使える製品です。