日差しや雨を防ぐタープは、キャンプなどのアウトドアシーンで快適な空間を作るのに役立つアイテム。また、タープを張る際には「タープポール」が欠かせません。製品によって素材や形状、機能が異なり、種類も豊富なため、用途に合わせて選ぶことが大切です。

そこで今回は、タープポールのおすすめ製品を機能別にご紹介。選ぶ際のポイントについても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

タープポールの選び方

素材の特徴から選ぶ

By: amazon.co.jp

タープポールに使われる主な素材は、「スチール」と「アルミニウム合金」です。スチール製のタープポールは耐久性に優れていますが、サビやすく重いというデメリットがあります。

アルミニウム合金製のモノは、スチール製に比べて強度は劣るものの、軽量で持ち運びやすいのが特徴。そのほか、自然のなかに溶け込みやすい木製のタープポールなども存在するので、用途や好みに合わせて選んでみてください。

タープのサイズや用途に合った長さを選ぶ

By: dod.camp

タープポールを選ぶ際は、製品の長さを確認することが大切。使用するタープのサイズや、用途を考慮しながら選ぶのがおすすめです。また、ハイスタイルとロースタイルのどちらで使用するかによっても、適した長さは異なります。

メーカーの製品スペックなども参考にして、自分に合った長さのタープポールを見つけてみてください。迷った場合は、伸縮可能で長さが調節できるモノを選ぶのもおすすめです。

重さと太さもチェック

By: amazon.co.jp

ソロキャンプやツーリングなど、持っていける荷物の量が限られるアウトドアシーンでは、軽量でコンパクトに収納できるモノがぴったりです。

ただし、軽すぎるモノは強い風が吹いた際に倒れてしまうことも考えられます。大きいテントやタープを張るには強度が足りない場合もあるため、留意しておきましょう。

また、アウトドアでは急に天候が変わることもあるので、突風や豪雨に対応できるタープポールを選ぶのがおすすめ。特に、風の影響を受けやすい大型タープの設営には、直径2.5cm以上の太さがある頑丈なモノを選ぶと安心です。材質や構造なども強度に関係するため、あわせて確認してみてください。

長さ調節ができるものは構造をチェック

簡単に組み立て可能な「ジョイント式」

By: amazon.co.jp

ジョイント式は、バラバラのパーツをつなげてタープポールを完成させるタイプ。シンプルな構造で、強度に優れているのが特徴です。

組み立てや分解をサポートする「ショックコード」を内蔵したモノも存在し、工具不要で素早く設営や撤収を行えます。ただし、長さの調節ができないのは懸念点。手軽さを重視する方におすすめです。

頑丈な「プッシュボタン式」

By: amazon.co.jp

抜き差しするだけで連結や分解をスムーズに行えるのが、プッシュボタン式のタープポール。ジョイント式と大きく異なる点としてあげられるのが、ポールの連結本数によって長さを変えられることです。

また、先端のパーツに伸縮機能を搭載したモノも多く存在します。ストッパーが備わっており、差し込むだけで連結部分がしっかり固定されるため、頑丈なタープポールを探している方におすすめです。

長さの微調節が可能な「スライド式」

By: amazon.co.jp

アウトドアでは、天候に合わせてタープの高さを調節する必要があります。スライド式のタープポールは設置後でも手軽に長さを変えられるので、天候の変化が激しい際にも活躍するアイテムです。

ポールをひねってスライドさせるだけで長さの微調節が可能なため、複数のタープやテントで併用したい方にもおすすめ。また、「キャノピー」と呼ばれるテントの前室を固定する際にも適しています。

タープポールのおすすめモデル

ディーオーディー(DOD) ハイパームテキポール XP8-632

ディーオーディー(DOD) ハイパームテキポール XP8-632

直径3.5cmの太さで、高い強度を備えたアルミニウム合金製のタープポール。組み立てが簡単なジョイント式で、使用する本数によって長さの調節もできます。パーツは1本あたり65cmで、4本連結した際の長さは260cmです。

先端部分に、滑り止め加工と曲げ加工が施されているのも特徴。タープやテントを張る際に、ロープが抜けるのを防ぎます。

専用のキャリーバッグが付属しているので、携行性も良好。頑丈で、使い勝手のよいタープポールを探している方におすすめのアイテムです。

ディーオーディー(DOD) テント・タープポール XP-01

ディーオーディー(DOD) テント・タープポール XP-01

先端部分の直径が0.5cmと細く、他社のテントやタープにも使いやすいスチール製のタープポール。連結が可能なプッシュボタン式です。工具が不要なほか、差し込むだけでしっかり固定できるので、初心者の方でもスムーズに組み立てられます。

先端・中継ぎ・土台ポールの3本が2セットずつ付属しており、1セット連結時のサイズは直径1.5×長さ170cmです。中継ぎポールを省けば、115cmの長さでも使用できます。

専用の収納ケースが備わっているため、収納や持ち運びにも便利。テントやタープのサイズに応じて、高さが調節できるタープポールを探している方におすすめのアイテムです。

フィールドア(FIELDOOR) アルミテントポール 280

フィールドア(FIELDOOR) アルミテントポール 280

高い耐久性を備えたタープポール。直径320cmと丈夫な設計で、素材には「アルマイト加工」が施されたアルミニウム合金を採用しています。1セットあたりの重量も1300gあるので、大型のタープやテントをしっかり支えます。

5cm間隔で8段階の調節が可能なのもポイント。合計2~4本のパーツを連結させる仕様で、120~280cmの長さで使えます。また、プッシュボタン式のため、簡単に長さの調節が可能。大型のタープやテントを使用する際や、高さを細かく調節したい方におすすめです。

フィールドア(FIELDOOR) 木製テントポール 240

フィールドア(FIELDOOR) 木製テントポール 240

天然木を使用した、自然に馴染みやすいデザインのタープポールです。木材には、強度に優れた「タモ材」を採用。直径も3.2cmと太めなので、大型のタープやテントの設営にもおすすめです。

3種類のパーツが2セットずつ付属しており、3本連結した際の長さは240cm。連結部分はネジ締め付け式でしっかり固定できるため、安定感も良好です。また、先端部分にはロープ抜けを防ぐ「ローレット加工」も施されています。

スノーピーク(snow peak) ウイングポール 280cm TP-001

スノーピーク(snow peak) ウイングポール 280cm TP-001

直径3cmと太めの、頑丈なアルミニウム合金製タープポール。4本のパーツを連結させて、最大280cmの長さで使用できるプッシュボタン式モデルです。

親指でプッシュボタンを押し込んで、簡単に組み立て可能。ポールの先端部分には、ロープ抜けを防ぐ「ローレット加工」が施されています。

耐久性が高く、扱いやすいタープポールを探している方におすすめです。

エムエスアール(MSR) アジャスタブル ポール 8フィート 37830

エムエスアール(MSR) アジャスタブル ポール 8フィート 37830

大型タープに適した、アルミニウム合金製のタープポールです。208~259cmの長さで使用可能。10cmごとに5段階で調節できる伸縮機能付きで、タープやテントのフロントパネルを好みの高さに設定できます。

収納時は長さ76cmとコンパクトで、重量も635gと軽量。持ち運びにも便利です。スタイリッシュなレッドのカラーリングで、アウトドアシーンをおしゃれに演出します。

大型のタープやテントに使用できるほか、サブ用としてカスタムやアレンジも楽しめるアイテムです。

ロゴス(LOGOS) プッシュアップポール 250cm

ロゴス(LOGOS) プッシュアップポール 250cm

長さを細かく調節できるアルミニウム合金製のタープポールです。プッシュピン方式で、105~250cmで34段階の高さ調節が可能。小型から大型のタープやテントまで、幅広く使用できます。直径は2.8cmと太めの設計で、ロープをしっかり張れるのも特徴です。

総重量は670gと軽量なので、扱いやすさや携行性も良好。タープの大きさや状況に応じて、細かく使い分けられるおすすめアイテムです。

村の鍛冶屋 アルミ タープポール

村の鍛冶屋 アルミ タープポール

素材に「6061アルミ」を使用したタープポール。耐食性と強度に優れているのが特徴です。素材に厚みがあり、直径も3.2cmと太いので、大型のタープやテントもしっかり支えます。長さは185〜215cmで、10cm間隔の4段階伸縮が可能です。

先端部分には、用途に応じて縦と横で使い分けられるゴム製の「エンドロック」を搭載しています。縦方向で使用すればロープ抜けを防ぐことが可能。横方向で使用してタープを下から支えれば、雨天時に水の逃げ道を作れます。

丈夫で高機能なタープポールを探している方におすすめです。

Soomloom タープ ウイング用 アジャスタブル ポール

Soomloom タープ ウイング用 アジャスタブル ポール

プッシュボタン式で、初心者でも簡単に組み立てやすいタープポール。厳選されたスチール素材が使用されているため、強度に優れているのが特徴。表面には、カビが入りにくい加工を施しています。

長さは、2本連結で100cm、3本連結で150cm、4本連結で200cmと、使用する本数によって調節可能。まとめて収納できる専用ケースも付属しているので、持ち運びにも便利です。

HIKEMAN アルミタープポール

HIKEMAN アルミタープポール

90~230cmまで自由に長さが調節できる、アルミニウム合金製のタープポールです。スライド式のため、ひねるだけで簡単に伸縮可能。初心者の方でも使いやすいのが魅力です。

収納ケース付きで1本あたりの重量も500gと軽量なので、持ち運びにも便利。手軽に使えるタープポールを探している方におすすめのアイテムです。

アライテント(ARAITENT) コンパクトポール150cm

アライテント(ARAITENT) コンパクトポール150cm

コンパクトに収納できる、ジュラルミン製タープポールです。収納時のサイズは41cm。重量も225gと軽量で、ディパックなどに入れて手軽に持ち運べます。

両端に付いているゴムキャップは、片側が石突きとして、もう片側はタープのバタつきを抑えるキャップとして使用可能。組み立てが簡単なのも魅力のひとつです。