日差しや雨を防ぐ役割を持つタープは、キャンプなどのアウトドアシーンで快適な空間を作るのに欠かせないアイテムのひとつです。そんなタープを張る際に使用するのが「タープポール」。素材や形状、機能などの種類が豊富なため、用途に合わせて選べます。

そこで今回は、機能別におすすめのタープポールを紹介します。選ぶ際のポイントについてもあわせて解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

タープポールとは?

By: amazon.co.jp

「タープポール」とは、キャンプの際などに日よけや雨よけとして活躍するタープを張る際に使うポールのこと。

幅広い天候に対応する耐久性を重視したモノや、高さを調整したい際などに役立つ伸縮可能なタイプ、軽くてコンパクトに収納できる携行性に優れたモデルなど、さまざまな種類があります。

タープを購入した際に付属品として付いてくることもありますが、用途にあわせて別途購入する方も多いアイテムです。また、タープポールの高さを変えることでタープの設置方法をアレンジできるため、アイデア次第でタープの使い道が広がります。

タープポールの選び方

構造をチェック

簡単に組み立て可能な「ジョイント式」

By: amazon.co.jp

バラバラになったポールをつなげることで完成するジョイント式。シンプルな構造ゆえ強度が高いのがこのタイプの特徴です。

組み立てや分解をサポートしてくれるショックコード内蔵のモノもあり、工具不要で設営・撤収を素早く行いたいという方におすすめです。ただし長さの調節ができないというデメリットがあります。

頑丈な「プッシュボタン式」

By: amazon.co.jp

抜き差しするだけで連結やリリースをスムーズに行えるプッシュボタン式のタープポール。シンプルな構造のジョイント式と大きく異なる点としてあげられるのが、ポールの連結本数を変えることで長さを変えられるということです。

また、先端のポールのみ伸縮可能な機能が備え付けられているモノも多くあります。差し込むだけでストッパーによって連結部分がしっかり固定されるため、頑丈なタープポールを探している方におすすめです。

長さの微調整が可能な「スライド式」

By: amazon.co.jp

アウトドアでは、天候の変化に合わせてタープの高さを調整する必要があります。そんなときに活躍するのが、タープ設置後でも手軽に長さを変えられるスライド式のタープポールです。

ポールをひねってスライドさせるだけで長さの微調整が可能なため、いくつかのタープやテントでタープポールを併用したい方におすすめ。また、キャノピーと呼ばれるテントの前室にあるひさし部分を固定するのにも適しています。

素材の特徴から選ぶ

By: amazon.co.jp

タープポールの主な素材は「スチール」と「アルミニウム合金」です。スチール製のタープポールは耐久性に優れていますが、サビやすく重いというデメリットがあります。

アルミニウム合金は、スチール製に比べると強度は劣りますが軽量で持ち運びやすいのが特徴。そのほかに、自然の中に溶け込む木製のタープポールなどもあるので、用途や好みに合わせて選んでください。

タープのサイズや用途に合った長さを選ぶ

By: dod.camp

タープポールを選ぶ際には、使用するタープのサイズや用途に合わせて長さを選ぶことが大切です。また、ハイスタイルとロースタイルのどちらで使用したいかによっても大きく異なります。

メーカーが推奨する選び方や口コミなどを参考にしながら、自分に合った長さのタープポールを見つけてください。迷った場合は、伸縮可能なタイプのタープポールを選ぶのがおすすめです。

重さと太さもチェック

By: amazon.co.jp

ソロキャンプやツーリングなど、持っていける荷物の量が限られるアウトドアシーンでは軽量でコンパクトに収納できる携行性に優れたモノを選ぶのがおすすめです。

ただし、軽すぎるモノは強い風が吹いた際に倒れてしまうことも考えられます。また、大きなテントやタープを張る場合には強度的に適さない場合もあるため留意してください。

また、アウトドアでは急な天候変化が起きることもあるため、突風や豪雨などに対応できる強度を持つタープポールを選ぶことが重要です。そこでチェックしたいのが、タープポールの太さ。特に、風の影響を受けやすい大型のタープを張る際は、直径25mm以上の太くしっかりとしたポールを選ぶと安心です。材質や構造なども強度に関係するため、あわせて確認してください。

タープポールのおすすめモデル|頑丈タイプ

スノーピーク(snow peak) ウイングポール 280cm TP-001

太さ30mmで安定感があると評判のスノーピークの「ウイングポール」。素材には、軽さと耐久性のバランスに優れたアルミニウム合金を採用しています。プッシュボタン式なので、簡単に連結や切り離しが可能です。

先端部のピンには、滑り止め効果のある「ローレット加工」が施されおり、タープのグロメット穴やロープ抜けを防いでくれます。さらに、収納に便利な専用のキャリングケースが付属するおすすめのタープポールです。

ロゴス(LOGOS) タフ33mm コネクトタープポール280 71902004

高品質でリーズナブルな価格のアウトドアグッズを提案するロゴスの「タフ33mm コネクトタープポール280」。タフで耐久性に優れた直径33mmの極太タープポールです。強めのテンションや悪天候にも耐えられる丈夫なタープポールを探している方におすすめ。

組み立てが簡単なプッシュボタンタイプで、127〜287cmの間で6段階の長さ調節ができるなど機能面も充実しています。テントサイトをおしゃれに演出してくれる深みのあるカラーも大きな特徴です。

ディーオーディー(DOD) ビッグタープポール 250cm XP5-507-WD

軽くて頑丈なアルミ合金を採用した直径28mmの「ビッグタープポール」。大型のタープもしっかり支えられる強度を持ったタープポールを探している方におすすめです。プッシュボタン式なので、差し込むだけでしっかり固定できます。

また、連結するポールの本数によって100〜300cmまで50cm単位で長さを調節することが可能。さらに、ポールの先端にはハトメやロープを滑りにくくする「ローレット加工」と「曲げ加工」を施しているため、設営中にタープが抜けてしまう心配もありません。

木目調などの珍しいカラー展開もポイント。ブランドロゴがプリントされた専用のキャリーバッグ付きで、収納時のサイズはわずか58cmと持ち運びにも便利です。

モンベル(mont-bell) アルミタープポール240cm 1122302

直径32mmの極太サイズで、大型タープのメインポールとしても使用できるモンベルのアルミ合金製の「アルミタープポール」。高い強度を持ちながらも、重量1.08kgと軽量で持ち運びにも便利です。

優れた性能を持ちながらも、手頃な価格で購入できるおすすめのタープポールです。ただし収納袋が付属しないため、必要な方は別途購入する必要があります。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) スチールポール 180cm×径22mm 3本つなぎM-9213

コスパのよい製品が手に入るキャプテンスタッグの「スチールポール」です。剛性の高いスチール素材を使用しており、突風や悪天候でも安心して使用できます。ジョイント式で組み立ても簡単です。

直径22cm、長さ180cmでタープやテントのキャノピーを支えるポールとして幅広いシーンで使えます。リーズナブルなのも嬉しいポイント。手頃な価格で購入できるシンプルなタープポールを探している方におすすめです。

エリッゼ(ELLISSE) アルミ タープポール

丈夫で軽量なアルミニウムを採用した3本つなぎのタープポールです。直径28mm、アルミ厚1.4mmで十分な強度を備えています。先端のポールのみ10cm刻みで伸縮し、185・195・205・215cmと4段階に長さ調節が可能。

さらに、ポール先端の金具にはテントやタープが傷付くのを防ぐゴム製キャップが取り付けられています。高級感が漂うマットな質感もポイント。優れた機能を持ちながらも手頃な価格で購入しやすいおすすめのタープポールです。

タープポールのおすすめモデル|伸縮タイプ

フィールドア(FIELDOOR) アルミテントポール

120〜280cmの間で5cm刻みに伸縮するタープポールです。ボタンを押すだけで簡単に長さを変えられるプッシュピン式。分割式ポールなので、連結させるポールの数によっても長さを調節できるおすすめのタープポールです。

表面に耐食性を高めるアルマイト加工が施されたアルミニウム合金を採用。直径32mm、厚さ1.5mmで強度面も十分です。

ロゴス(LOGOS) プッシュアップポール 250cm

105〜250cmの間で34段階の長さ調節ができるロゴスの「プッシュアップポール」。プッシュピン方式なので、選んだ高さでしっかりと固定できるおすすめのタープポールです。

アルマイト加工済みのアルミニウムを採用しており、重量は約670gと軽量なので女性でもラクラク持ち運べます。タープやテントの生地を傷めないように、ポールの先端にゴムキャップが取り付けられているのもポイントです。

ロゴス(LOGOS) システムロックポール230cm

タープを設置した後でも簡単に長さを変えられるロックピン式のタープポールです。長さ90〜230cmまで、5cm刻みで28段階に調節できます。

ロープ抜けやタープ生地に傷が付くのを防ぐ「ポールエンドロック」という球状のアクセサリーが付属するのも大きな特徴。アウトドアでの急な天候の変化に対応できるおすすめのタープポールです。

エムエスアール(MSR) アジャスタブル ポール 8フィート 1本 37830

登山を想定した耐久性に優れたアウトドアグッズがそろうエムエスアールの伸縮式タープポールです。208~259cmの間で5段階の長さ調節が可能。材質には軽量で丈夫なアルミニウムを採用しています。

鮮やかな赤色がテント周りを華やかに演出してくれるおすすめのアイテムです。なお、これよりも短い可動域130~152cmの5フィートタイプもあります。

ザキャンパー(THE CAMPER) スライド式アルミキャノピーポール 2本セット

先端のポールのみ上部のシャフトを回転させることで伸縮・ロックするスライド式のタープポールです。長さが一目でわかる目盛り付き。160〜195cmの間で簡単に長さを調整できます。

そのほかのポールはショックコード内蔵のジョイント式で組み立てもラクラク。高強度のアルミニウムを採用したおすすめのタープポールです。

Fungoal テント タープ用 アルミポール 2本セット

ポールをひねるだけで自由に長さを変えられるスライド式のアルミ製タープポールです。長さ90~230cmの間で細かな微調整が可能。難しい組み立てが不要なため、キャンプ初心者にもおすすめのタープポールです。

直径15~21mmで、テント入り口の跳ね上げ用や軽量タープのメインポール、大型タープのサブポールとしてなど幅広い使い道があります。

タープポールのおすすめモデル|軽量・コンパクトタイプ

モンベル(mont-bell) アルミミニタープポール165 1122460

重量270gと軽量なモンベルのアルミ製タープポールです。5本つなぎで収納時の全長はわずか40cm。携行性に優れたおすすめのタープポールです。

ショックコード内蔵のジョイント式で素早く組み立てられるのも大きなポイント。長さは165cmで小型のタープに適しています。大型のテントやタープを支えるのには不向きなので注意が必要です。

スノーピーク(snow peak) ライトタープポール125 2本セット TP-161

5本継ぎタイプで使用しないときは小さく折りたたんで収納できるスノーピークの「ライトタープポール」です。 長さは125cmで、本来は同ブランドの長方形小型タープ「ライトタープ ポンタ シールド」専用の製品ですが、1〜2人用程度のタープであれば問題なく使用できます。

アルミニウム合金でできており、重量は0.44kgと非常に軽量。専用の収納ケースが付属する持ち運びに便利なおすすめのタープポールです。

アライテント コンパクトポール150cm 520100

日本の登山・アウトドア用品メーカーであるアライテントの「コンパクトポール」です。収納サイズ41cmと非常にコンパクトで、バックパックの中に入れて気軽に持ち運べます。

アルミニウム合金の一種であり軽量かつ丈夫な「7001ジュラルミン」素材を使用。トレッキングやソロキャンプの際など、とにかく荷物を減らしたいという方におすすめのタープポールです。

Sutekus アジャスタブル ポール 2本セット

46×15cmのコンパクトな専用袋に入れて持ち運べるタープポールです。5本継ぎタイプで、すべてのポールをつなげると長さ190㎝になります。本数を減らすことで、長さの調節をおこなえるおすすめのタープポールです。

素材には非常に高い強度を持つスチールを採用。ただし、アルミ製のタープポールと比べると重いというデメリットがあります。リーズナブルな価格も魅力のひとつです。