キャンプの必需品といえば、日差しや雨をしのげる「タープ」。テントよりも意外と過ごす時間が長いので、よく考えて選ぶ必要あります。場合によってはタープとしっかりしたシュラフがあれば、テント抜きでもキャンプが可能。ただし、安いタープを買ってしまうと紫外線が通り抜けてくるので、信頼性の高いメーカーのモノを買っておくと安心です。

そこで今回は、簡単設置できるタープからおしゃれなモノまで、おすすめ人気メーカーのタープをご紹介します。

タープとは?

b5a5014037544915bf54dca6b50f0c02[1]

By: store.snowpeak.co.jp

アウトドアで日差しや雨などから身を守り、快適な空間を作ってくれるタープ。テントとどう違うの? と疑問を持つ方がいますが、基本的にテントは「寝室」です。

一方、タープは「リビング」として食事や団らんの時間を過ごす憩いの空間。1枚の布とポール、そしてロープをペグダウンすることで設営します。布の形状によって設営の仕方はさまざまですが、慣れれば誰でも簡単にセッティング可能です。

コールマンのおすすめタープ

2000028621[1]

By: ec.coleman.co.jp

ガソリン式ランプからスタートしてすでに115年を超える歴史を持つコールマン。その製品は使いやすくて丈夫、そして価格もリーズナブルです。

もちろんタープにも力を入れており、さまざまなラインナップを用意しています。日本のキャンプブームをけん引してきたブランドだけに、その品質は折り紙付き。迷ったらコールマンの製品を買っておけば、まず間違いありません。

コールマン(Coleman) タープ スクエアスクリーン/340 170T5200S

アウトドアと言えばやっぱりコールマンというほど定番のブランド。大きな買い物をする時は、必ずチェックしておきたいですね。写真は蚊帳つきのタープです。虫が苦手な方のことを考えると、とても便利な製品ですね。

コールマン(Coleman) タープ ヘキサライト2 2000028618

31M8y8Apf8L[1]

こちらはコールマンのリーズナブルなヘキサタープ。直径25㎜の太いポールを採用して強度を維持しながら、6節のポールでコンパクトに収納できます。リーズナブルでも耐久性と防水性は十分! 設営も簡単で初心者にはうってつけです。3~5人で使うのに向いている広さで、タープの下で快適なアウトドアを満喫できます。

コールマン(Coleman) タープ スクエアタープ 2000023119

31E6kYz9HSL[1]

広い空間が生まれるワイドサイズのスクエアタープです。直径30mmの極太アルミ合金のメインポールを採用しているので強度は万全。大空間の下で大人数での食事や団らんの時を過ごすことができます。別売りのコールマンの復刻版ロッジ型テント、オアシスと相性抜群! ゴージャスなキャンプを楽しみたい人におすすめです。

コールマン(Coleman) タープ パーティーシェード/360 2000010469

独特のシルエットのタープ。使用時のサイズは約360×360×218cmと広々しています。大人数でのアウトドアパーティーにおすすめです。

天井部の通風口「トップベンチレーション」を装備しているので、バーべキューなどの際、タープ内に熱い空気が溜まりません。また、サイドに2箇所メッシュポケットがあるのも魅力。飲み物やスマホなどの小物をしまっておけます。

コールマン(Coleman) XPヘキサタープ/MDX 2000028621

オーソドックスな形状のヘキサタープ。コールマンのモデルは両端のポールがそれぞれ2本のクロスポールになっているのが特徴。2本のポールを1本のロープで固定するようにすることによって安定感が増し、より立てやすいように工夫されています。

クロスポールの広げ方によってタープの高さ調整も簡単で、伝統のコールマンならではの優れた設計といえるでしょう。サイドポールが標準装備されているので片側だけ大きく開くスタイルも可能。シーンに合わせた設営を楽しめます。

コールマン(Coleman) ドームスクリーンタープ/380 2000027291

41G45OWhUbL

スクリーンタープは床のないテントです。4面がメッシュスクリーンになっており、虫よけやちょっとした壁が欲しい場合など居住性を高めたい場合に役立ちます。コールマンのドームスクリーンタープは4面の開放も可能。大型のベンチレーションもあり通気性に関しても十分な設計。テント連結が容易なジョイントフラップもついており、サイトの増設なども試してみたい仕様です。

ロゴスのおすすめタープ

2456_5[1]

By: logos.ne.jp

日本を代表するアウトドアギアメーカーのひとつ、ロゴス。メイプルリーフのロゴマークはあまりにも有名です。そのブランドの特徴は高い機能性と使いやすさ、デザインカラー、そして手頃な価格。この4つすべてを兼ね備えたアイテムはアウトドア好きに定評があります。タープも高品質でリーズナブルなアイテムが数多くそろっています。

ロゴス(LOGOS) プレミアム ヘキサタープ-N 71805511

31YeZvX64AL[1]

ロゴスのプレミアムシリーズのヘキサタープです。軽くて強靭なジュラルミンポールを採用。耐水圧は3000mm。耐久性も抜群ですべてが高性能です! タープの裾をアーチ型にすることでドームテントとフィットしやすいデザインになっています。張力の負荷がかかるすべての部分が補強されており、長く使えるタープです。

ロゴス(LOGOS) タープ チェッカーTepee ブリッジヘキサ

41uBj7HU3hL[1]

ロゴスが力を入れているファッショナブルな色柄が人気のシリーズのチェックタイプ。ここ数年、愛用者が急増しているワンポール型のティピーテントと連結させればキャンプ場でひときわ目立つことでしょう。耐水性・耐久性にも優れているので安心。キャンプを楽しくしてくれるタープです。

ロゴス(LOGOS) タープ neos カーサイドオーニング 71807009

61XAO-vTvwL[1]

ワンボックスやミニバンの車のサイドに吸盤で連結して設営できるカーサイドタープ。車とタープの行き来がしやすいワイドタイプで、3方向から出入りできます。雨水や害虫が入りにくい泥除けを装備。車からつながる広い空間を確保することができます。フルクローズにして着替えもできるシークレットな空間にしてもよし、オープンにしてアウトドアを満喫してもよし! 車中泊にうってつけのタープです。

ロゴス(LOGOS) プレミアム パネル スクリーンタープ 71805521

416ECYPKPsL[1]

高性能なプレミアムシリーズのスクリーンタープです。快適さをとことん追求し横開きのドアを装備。天気が荒れた日や寒い冬場はフルクローズにしますが、換気性能に優れているので居心地は抜群! 夏場はメッシュで風通りもよく快適に過ごすことができます。車やテントとの連結も可能。耐水性・耐久性などの基本性能は最高レベルなので万全です。

ロゴス(LOGOS) neosドームFITヘキサ 4443-N

41kIRZOGOaL 

ロゴスのneosドームFITヘキサ。裾部分がテントの出入り口とフィットしやすいアーチ型になっているのが特徴です。風に強いデザインになっていて収納もコンパクト。防水、耐水加工に加えてUVカット機能がある点も素晴らしいです。張力のかかるコーナー部にはすべて補強が施されており、安心して使うことができます。

ロゴス(LOGOS) ナバホラウンドタープ 71806504

41xVHMw-tbL

ロゴスの個性的なブランド、ナバホシリーズのスクリーンタープ。複数のテントをはじめ、チェアやシュラフ、トートバッグまであり、一通り揃えたら目立つことは間違いありません。スクリーンはフルクローズ、フルメッシュ、オープンに設定可能。高さはそれほどないのでお座敷タイプでの使用となります。

スノーピークのおすすめタープ

db54059474c54704a8bf21184ed863b5[1]

By: store.snowpeak.co.jp

ものづくりの街として有名な新潟県燕三条で1958年に誕生したスノーピーク。本社の隣には5万坪のキャンプ場を併設しており、自然と向き合いながら独自のアウトドアギアを開発しています。そんなスノーピークのタープは、日本の気象条件に最適な素材を使い、職人の技を駆使した雨と日差しを防ぐ加工と強風にも耐える高い縫製技術が活かされています。ポールやロープ、ペグに至るまで全てが高品質! スノーピークのこだわりを感じます。

スノーピーク(snow peak) クラシックタープヘキサL FES-101

31kF5HdfREL[1]

スノーピークのヘキサタープの限定カラーです。エンジ色がはえるツートーンカラーが特徴。ワンポイントにスノーピークのクラシックロゴをプリントしています。 耐水圧は3000mm、UVカット加工、テフロン撥水加工と基本性能の高さはさすがはスノーピーク。ヘキサの究極形とも言うべきタープの逸品です。

スノーピーク(snow peak) ライトタープペンタシールド

31gh9nsbCiL[1]

離陸する飛行機のように美しい小型の五角形タープ。ポール1本で自立させることができ設営は簡単です。専用のポール以外にもパドルやウォーキングポールでもセッティング可能。しっかりと日差しや雨から身を守ってくれ、快適な空間を作りだすことができます。軽量でコンパクトなのでツーリングなどのソロキャンプに最適です。

スノーピーク(snow peak) タープ ポンタAir STP-171

重量わずか0.27kgと、軽量性を追い求めたタープ。長時間の登山でもラクラク持っていけます。また、テープループが12箇所についているので、ポールや張り網のセッティングポジションは自由自在。状況に応じた張り方ができて便利です。

シリコンコーティングによって高い撥水性を実現しているのもポイント。特に短時間で環境が変化しやすい山岳での使用におすすめです。

スノーピーク(snow peak) テント タープ トルテュ ライト TP-750

スノーピークのタープテントのエントリーモデル。寝室とリビングを兼ね備えています。そのため、これさえあればキャンプは一気に快適になります。4人家族を想定したサイズで、ファミリーでの使用だけでなく、友人とのキャンプでも活躍してくれます。

また、接続部分がわかりやすく色分けされているのも魅力。初心者でも色に従えば、簡単に設営可能です。

スノーピーク(snow peak) HDタープ "シールド"・ヘキサ TP-861

31nrv+mvIBL

美しさと高品質を兼ね添えたスノーピークのシールド・ヘキサ。高い縫製技術による耐久性、テフロン加工による撥水性、シームテープによる防水性でスノーピークらしい満足度の高いアイテムになっています。風にも強い、この美しいフォルムは憧れる人が多いのも頷けます。

スノーピーク(snow peak) ランドステーション TP-820

314tmFwqccL

スノーピークのランドステーション。こちらは個性的なタープで、完全に閉じた状態から各パネルを自由に開けることができ、開放的なパターンからプライベート空間を兼ね添えたパターンまで自在に変更することができます。次世代タープとも言えるタープでシーンに合わせた折り紙のような設営を楽しんでみてください。

スノーピーク(snow peak) カヤード TP-400

41G5q+bBpLL

見ただけで特徴的であることがわかるスノーピークのカヤード。大きな6面のメッシュスクリーンは全て開放可能で自由なレイアウトが可能。吹き抜ける心地よい風を実感できるでしょう。2つのカヤードのドッキングも可能で、大人数でも余裕のある空間を生み出すことができます。

オプションのフロント&サイドパネルでメッシュ部を塞いだり、インナールーフによって暑さを軽減することもできます。

キャプテンスタッグのおすすめタープ

3297[1]

By: captainstag.net

キャプテンスタッグは使いやすさと購入しやすさを第一に考えているアウトドアブランド。1976年の設立当初は、バーベキューコンロやアウトドア用の食器などをメインに展開していましたが、現在、扱っているアイテム数は実に4000点以上! より手軽で快適にアウトドアを楽しみたい入門者にはありがたいブランドです。タープも高機能で低価格! コスパに優れたラインナップがそろっています。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) クイックシェード キャスターバッグ付

41j5a8F1ZGL

キャプテンスタッグの特徴は、比較的安価ながらしっかりした製品を販売していること! この製品もしっかりとUVカットできていますし、中央部に風を逃がす為の穴が設けてあり、突風によりタープごと飛ばされるのを防いでいます。ただ、ペグ打ちはしっかりとやりましょうね。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ヘキサゴン ポータブル タープ UA-1056

31ZMb8k3ONL[1]

こちらはヘキサゴン(6角形)のフレームを採用したワンタッチタープ。フレームを広げてフライをセットするだけなので設営は至って簡単! 約5.5畳の広さがあり、5~6人で余裕もって使えます。高さは3段階に調節できるので天候などに合わせてロースタイルにすることも可能。別売りのサイドシートを使えば横からの雨や風を抑えることができます。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) オルディナ リビングスクリーンドーム340UV M-3171

41sZgGrDATL[1]

オルディナは2本のポールでサイドシートを持ち上げるとリビングスペースがさらに広がる快適なスクリーンドームです。通気性抜群のメッシュを全サイドに装備しており夏でも快適! フルクローズにもできるので3シーズンに対応します。丈夫なグラスファイバー製ポールで設営も簡単。紫外線を95%カットするコーティング生地を採用しているので女性や子供にも優しく安心です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) レジーナメッシュタープセット M-3166

レジーナは開放感抜群のメッシュタープ。通気性がよく虫の侵入を防ぐメッシュを全面に装備しているので昼夜を問わず快適に過ごせます。また、全面のウォール部分を巻き上げればさらに開放的なスクエアタープとしても使用可能。タープ内に差し込む太陽光をカットするひさしを両サイドに装備し、夏の暑い日差しや紫外線をカットしてくれます。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) オルディナヘキサタープセット 3167

31LYhxdc0cL (2)

キャプテンスタッグのリーズナブルなタープ。幕部分はUV-PROTECTIONコーティングを採用、縫い目にはシームレス加工も施されており、必要な機能は十分に備えています。別売りのポールを活用すればウィング部を開放してリビングスペースをより広くすることができます。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) CSヘキサメッシュタープUV M-3150

31qZ8hqx0iL

キャプテンスタッグのCSヘキサメッシュタープUV。メッシュ部分を巻き上げてしまえば、普通のヘキサタープのように全面開放されたスタイルに変更が可能。昼間の暑い時間帯は全開で風通しを優先、夕方になってきたらメッシュを降ろして虫除けを装備というように実用的な使い方ができます。室内の広さも十分にあり、テーブルを使ったキャンプにも最適です。

キャンパルジャパンのおすすめタープ

10261712_526b796879e97[1]

By: campal.co.jp

100年を超える歴史を持つ老舗テントメーカー、小川キャンパルの技術と伝統を受け継ぐキャンパルジャパン。ドームテントとヘキサタープをセットで設営する「小川張り」はあまりにも有名です。日本のアウトドアを知り尽くしたメーカーが作る素材と強度に優れたタープは快適のキャンプを約束してくれます。

小川キャンパル(OGAWA CAMPAL) カーサイドタープ 80 2332

41Vs8tPpnrL

日本ではテント関係の老舗で根強いファンがいる小川キャンパル。この製品は10分ほどで設営でき、軽自動車でもリアゲートなら取り付けできます。車体への取り付けには吸盤を使用するので車体が傷つきません。小さな車でも居住性を広げ、キャンピングカーのように使えるので、快適にオートキャンプを楽しめる魅力のある商品ですね。

小川キャンパル(OGAWA CAMPAL) テント システムタープヘキサDX 3331

21ChG5oGE4L[1]

システムタープヘキサはセッティングテープとラチェットポールを採用しドームテントとの一体設営、いわゆる小川張りがベストバランスで行えます。 今でこそドームテントとタープをセットで設営するのが普通になっていますが、その元祖が小川キャンパル! テントからリビングスペースへの出入りも楽でリビングの広さを最大限確保する絶妙のバランスで美しく機能的にセットアップできるのです。

小川キャンパル(OGAWA CAMPAL) ツインピルツフォーク 3342

31wyODdDckL[1]

2本のポールで設営すると広い空間が生まれるツインピルツフォーク。フルクローズにすればプライベートな空間となり、サイドを跳ね上げればアウトドアを堪能できる開放的な空間にもなります。インナーテントを装着すると快適な就寝スペースを作ることも可能。一体型のテント&リビングとしても使えます。キャンプの幅が広がる機能性をもったアイテムです。

小川キャンパル(OGAWA CAMPAL) フィールドタープヘキサDX 3333

211m5xUKhfL

高品質で人気の小川キャンパルのフィールドタープヘキサDX。生地のよさには定評があり、テフロン加工によって撥水性、撥油性、防汚性、耐摩擦性を実現。UVカット加工と防水加工に加えて斜光コーティングが強い日差しを和らげ、内部の温度上昇を緩和してくれます。

小川キャンパル(OGAWA CAMPAL) ロッジシェルターⅡ 3378

41GEZOXkczL[1]

ロッジ型の大型スクリーンシェルターです。サイドシートを2分割して別々に跳ね上げることができるので、天気や気温によって調整することができます。フルオープンにすればリビングが広がり開放感は抜群! 10~12人で使えて大人数のキャンプなどでも余裕をもって過ごせます。大勢でちょっとゴージャスにキャンプを楽しみたいという人にはうってつけです。

ドッペルギャンガーのおすすめタープ

44-min[1]

By: doppelganger-sports.jp

高品質なのにリーズナブル、そしてデザインやカラーリングがおしゃれなドッペルギャンガー。若者を中心に人気のブランドです。そんなドッペルギャンガーのタープは、簡単で便利な上に色柄とデザインが実に豊富。価格もお手頃なので、使う目的にあわせて数種類持っているととっても便利です。キャンプ場を明るくしてくれて気分もあがるタープです。

ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER) ツーリング仕様 コンフォートタープ TT5-282

バイクごと中に収容できるように広々と設計されたタープです。耐水圧2000mmなので暴風雨にも耐えられます。ツーリング仲間と一緒に、このタープの下で語り明かすなんてこともできます。

ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER) ワンタッチリビングタープ TT8-400

3×3mの大型タープ。5.5畳の空間が確保できるので、広々とアウトドアを楽しめます。また、サイドパネルが2枚付属するのも特長。追加のタープとして、または目隠しの壁としても活用できます。

さらに、2枚別途でサイドパネルを購入すれば、20畳分の日除けとしても利用可能。大人数での使用を考えている方におすすめです。

ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER) ワンタッチクレイジータープ TT5-98

41irDc64CKL[1]

フレームを広げてトップの布をかぶせるだけで誰でも簡単に設営できるワンタッチタープ。あっという間にリビングスペースが完成します。高さは3段階に調節できて便利。風や雨の日にはロースタイルにすると吹き込みが少なくて安心です。明るくてポップなカラーリングは若い世代を中心に大人気! キャンプの気分を盛り上げてくれるタープです。

ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER) スマートタープ TT5-484

1人でも簡単に設営できるヘキサタープです。ガイドリボンに沿ってペグを打ってロープをかけ、ポールを立てれば、設営完了。タープを初めて買うという方におすすめです。メインポールとは別に2本、サブポールを付属しているのもポイント。必要に応じて、サイドを跳ね上げられて便利です。カラーはリバーシブル。気分に応じて白と黒で切り替えられます。

モンベルのおすすめタープ

k_1122293_gn[1]

By: webshop.montbell.jp

日本のトップクライマーの一人、辰野勇氏が1975年に設立したモンベル。「機能美と軽量・迅速」をコンセプトに作られたアウトドアギアの品質の高さは世界的に認められています。タープも使いやすくて丈夫! ポールとの接合部には生地に負担のかかりにくいステンレス金具を使い、テープとタープ本体の縫製部分は、上下で縫製位置をずらしてテンションを分散するなど、高い耐久性を実現しています。細部にまでこだわりが感じられるタープです。

モンベル(mont-bell) ビッグタープHX 1122569

大型ながら2本のポールで簡単に設営できるタープ。設営時の横幅は約5mで、大人数での使用にも余裕があります。別途「オプショナルルーム」を購入すれば、前室付きの4人用テントとしても使用可能。

難燃加工が施されているのも大きなメリットです。万が一生地に火が当たっても燃え広がらないので、安心してバーベキューを楽しめます。

モンベル(mont-bell) ビッグルーフ 1122293

31ZPHb5OQFL

開放感が特徴のモンベルのビッグルーフ。広々と開放的な空間は多人数での使用にもぴったりです。強風時にも確実に設営できるよう、張り綱をとる位置は17カ所に設けられています。雨天時は1カ所から張り綱をとれば雨水が溜まることなく流れ落ちてくれるよう設計されています。

ポールは別売りですが、アルミ製とスチール製から選ぶことができますので必要に応じて選んでみてください。

モンベル(mont-bell) ミニタープHX 1122474-GN

31elClYEcEL[1]

こちらは少人数用のミニタープ。居住空間にゆとりがあり、風に強いヘキサタープです。ヘッドランプなどの光を反射して輝く軽量で強度に優れた張り綱や軽量のアルミペグなどモンベルのこだわりがつまっています。自転車やオートバイのツーリングなど、できるだけ荷物を軽くしたい時に最適! ひとり旅のよきパートナーになってくれることでしょう。

モンベル(mont-bell) タープ ビッグルーフレクタ 1122294

31LGpROYTsL[1]

6本のポールで設営する長方形の大型タープ。ポールを共有して複数のビッグルーフレクタをつなぐこともできるので、大人数のキャンプのベースなどにもうってつけ。広い空間はグループでの食事や団らんなど、余裕をもってくつろぐことができます。また、簡易テントや防水カバーとしても使用可能。多少の雨などものともしない安心感があるタープです。

モンベル(mont-bell) アストロドーム 1122515

家族や仲間が集まるリビングとして使える、スペースドーム型の自立式タープ。モンベルの名品ムーンライトテントと組み合わせたり、インナールームをつけてテントにしたりとさまざまなアレンジが可能です。モンベル独自の吊り下げ式で設営や撤収が簡単。サイドを跳ね上げてひさしにすれば開放感は抜群です。虫や隙間風の侵入を防いでくれるマッドスカートや、天井に小物を収納できるロフトなど、小さな魅力もたくさん詰まっています。

その他ブランドのおすすめタープ

ニューテックジャパン カンタンタープ

71iK7c7lYLL._SL1500_

このメーカーのタープは巷で大人気。一般的にはあまり聞かない名ですけど、アウトドア好きの間では有名です。テント関係の数々の特許を所得し、高品質の製品を提供しています。設営が女性にも簡単にでき、ワンタッチで開閉できる骨組みが人気です。この製品は累計200万張りの販売実績をもち、信頼出来るブランドと言って良いでしょう。

ユニフレーム(UNIFLAME) REVOタープ

独自の発想で開発されたユニフレームのREVOタープ。左右非対称の独特なデザインが抜群の開放感と心地良い居住スペースを作りだします。設営時にシワになりにくい構造。特殊加工された生地は日差しを適度に遮り、夜はランタンの灯りを反射して明るくなります。同じREVOシリーズのテントと組み合わせると一体感がありとってもおしゃれです。

ノルディスク(NORDISK) タープ カリ ダイヤモンド

31F3jsxGsFL[1]

シロクマの愛称で知られるノルディスクの美しいダイヤ型のタープです。ノルディスクのおしゃれなワンポールテントと組み合わせるとキャンプサイトで目立つこと間違いなし。ポリエステルとコットンの混紡素材で撥水処理が施されているので水をしっかりと防いでくれます。防水シートとしても使用可能。ワンランク上のキャンプ向けの、大人のタープです。

FREE SOLDIER 多機能性タープテント

さまざまな使い方ができるタープテント。普通のテントやタープとして使えるので1つ持っていて損はありません。5000円以下という気軽に購入できる価格も魅力。2枚購入するとさらに活用できます。

アルパインデザイン(Alpine DESIGN) ヘキサタープ 440.マルチ

スポーツオーソリティのアウトドア用品のブランドであるアルパインデザイン。独特のデザインと形状で、個性的なタープを求める人に人気です。カラーバリエーションには、ストライプもあり、広いキャンプ場で目印にもなるでしょう。3段階調整が可能なポールと向きを変えることによって選択できる形状の変化で自在なサイト設営を楽しめます。

タープの選び方

985e6431c68febd71ec087353c5b8cea-725x400[1]

By: uniflame.co.jp

タープを選ぶ時のポイントは、「季節」「大きさ」「性能」の3つ。いつ誰とどんなキャンプをしたいのかによってタイプが決まってきます。快適で楽しいキャンプをするために、これだけは知っておきたいタープの選び方をご紹介しましょう。

季節によって違うタープ選び

キャンプをする季節によって適したタープは変わってきます。春秋の気候のいい時なら風を感じるヘキサやレクタがおすすめ!冬キャンプにはフルスクリーンで暖かく過ごしたいものです。

また、夏でも虫が苦手という人には、虫は遮断しながらも風通しが良い、フルメッシュになるスクリーンタープが良いでしょう。

大きさはジャストサイズを!

利用する人数によってタープの大きさは変わります。よく「大は小を兼ねる」と大きめのサイズを選ぶ人がいるのですが、収納サイズが大きく重い、その上、大きすぎてキャンプサイトに収まらない…なんてことも! なので、大きさは人数に見合ったジャストサイズを選ぶことをおすすめします。

性能を確認しよう!

タープ選びでもっとも大切なのがその性能。素材は紫外線による劣化に強く、水分を含みにくいポリエステルを基本にした新素材などが使われています。タープは強風にあおられると大きな負荷がかかるので生地と縫製はしっかりしたものを選びたいもの!

そしてもうひとつ確認が必要なのが防水性能です。一般的には耐水圧1000mmでふつうの雨、耐水圧1500mmで強い雨に耐えられるとされています。普段使いなら耐水圧は1200mm以上のものがおすすめです。商品サイトなどで確認して下さい。

タープの設営

40-min[1]

By: doppelganger-sports.jp

タープの設営はタイプによって手順が異なりますが、説明書を読みながら組み立てればそれほど難しくはありません。慣れれば数分で設置できるものもあります。しかし、タイプに関わらず設営や撤収の際、注意するべき点があるのでご紹介しましょう。

サイトの広さを確認しよう!

タープはロープをペグダウンすることを考えると、意外に広さを必要とします。大きめのタープだとサイトに収まらないこともあるので、自分のタープのおおよその設置面積とサイトの広さを事前に確認して、タープとテントをどうレイアウトできるか考えておくことをおすすめします。

風と太陽を確認しよう!

タープで快適に過ごすためには、まず、風の向きや強さを確認することが必要です。強風にあおられるとペグが外れて飛んでいったり、タープ自体が飛ばされたりして大変危険です。

そしてもうひとつ太陽の位置と動きも計算して設営しなくてはなりません。時間が経ったら日差しが直撃! なんて事態は避けたいものです。風と太陽の動きを確認して、タープの向きや角度を調節してセットアップしましょう。

タープのメンテナンスをしよう!

タープのメンテンナンスの基本は砂利や砂などを落として十分乾燥させること。ここで手を抜くと、小石などで生地が破れたり、カビが生えたりして余計に手間がかかることになってしまいます。キャンプを終えて撤収の際はザッと砂利などを払っておいて、家に帰ってから、しっかりと掃除と乾燥をしてください。

仕上げに防水スプレーもお忘れなく! これでタープの寿命がグンと伸びること請け合いです。

タープの種類

ヘキサタープ

2454_9[1]

By: logos.ne.jp

タープの定番で六角形(ヘキサゴン)の布を2本のポールと6本のロープで設営するヘキサタープ。設営や収納は簡単で、慣れれば1人でもできます。開放感が抜群で、風を感じながらアウトドアでくつろぐのに最適!

テントとセットで設営する小川張りやポールの高さを変えて斜めに張ることで日差しや風を効果的に遮断したりと、工夫次第で張り方のバリエーションが豊富なのも魅力です。

ワンタッチタープ

3535[1]

By: ec.coleman.co.jp

骨組みが折りたたみ式なので2人で開くだけのワンタッチで設営できるタープ。初心者でも簡単です。キャンプはもちろん、音楽フェスやスポーツイベントなど手軽に使えてとっても便利! 別売りのサイドシートをセットすることで横からの雨や風を防ぐことができます。

また、夏場はメッシュシートで囲むことで虫の侵入を防いで快適に過ごせます。

カーサイドタープ

2859_3[1]

By: logos.ne.jp

車の側面に取り付けられるのがカーサイドタープ。居住空間がグッと広がり、オートキャンプや車中泊にうってつけ! 車中をベッドルームにして、屋外のタープ下をリビングやキッチンとして使うなどアレンジは自由自在です。

吸盤で連結するタイプが多く、車を傷つけません。跳ね上げ式のリアドアに装着できるタイプもあります。

スクリーンタープ

2000017135_1[1]

By: ec.coleman.co.jp

スクリーンタープの特徴は、サイドを布で覆うことができるということ。フルクローズにすれば雨や風をシャットアウトすることができます。また、気温の低い季節でもタープ内は暖かく快適!

逆に夏場はフルメッシュにすることで風を通しながらも虫は入れずに過ごすことができます。安心感があるので子供連れのファミリーに人気です。

スクエアタープ

10261655_526b755947c11[1]

By: campal.co.jp

スクエアタープはその名の通り四角形のタープのことでレクタタープとも呼ばれています。メインポール2本とサブポール4本を使って組み立てるシンプルな構造なので慣れれば設営は簡単。高さがあるので解放感は抜群です。

日陰の空間が広いので大人数でも使いやすいタープです。ただし、ポールの数が多く布の面積も広いので収納スペースは必要になります。