「ハンドミキサー」は、自分の手で混ぜる労力と時間をカットできるキッチンアイテム。料理の効率が上がるだけでなく仕上がりもよくなるので、1台持っておくと便利です。レシピのレパートリーを増やすこともでき、料理の時間をより楽しめます。

そこで今回は、ハンドミキサーのおすすめモデルをご紹介。ハンドミキサーとハンドブレンダーの違いや選び方も解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ハンドミキサーとハンドブレンダーの違い

ハンドミキサーの特徴

By: amazon.co.jp

ハンドミキサーは丸い金属のワイヤーが付いているのが特徴です。効率よく空気を含めながら泡立てられるため、お菓子作りをはじめとしたさまざまな料理で重宝します。

ハンドブレンダーの特徴

By: amazon.co.jp

ハンドブレンダーは一般的に回転する部分がカッターになっており、食材を切断しながら混ぜられるのが特徴。泡立てる以外にも、砕く・刻む・すりつぶすなど、さまざまな用途で使用可能です。フードプロセッサーとして使えるモノも多く展開されています。

ハンドブレンダーについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

ハンドミキサーの選び方

回転速度で選ぶ

By: amazon.co.jp

ハンドミキサーは、スイッチの切り替えで回転速度を変えることが可能です。モデルによって10段階調節できるモノもあれば、5段階、3段階のモノもあります。材料を混ぜたり泡立てたりするだけなら、3段階調節のモノでも十分です。

お菓子作りできめの細かいメレンゲを作ったり、生クリームを素早く泡立てたりしたい場合は、5段階以上のモノを選ぶのがおすすめ。普段から頻繁にハンドミキサーを使う方は、回転速度が細かく調節できるモノを選んでおくと幅広く活用できます。

もうひとつチェックしておきたいのが、スイッチの操作性です。ハンドミキサーを持っている手で楽にスイッチ切り替えができるモノを選ぶと、スムーズに作業が進みます。

サイズと重量をチェック

By: amazon.co.jp

ハンドミキサーにはモーターが搭載されており、モーターの大きさによって本体重量も変化します。高性能なモノほどモーターが大きく重くなりがちです。軽いモーターを搭載しているモデルであれば腕への負担は少なくなりますが、パワーも落ちてしまうので、パワーと重さのバランスを考えて選びましょう。

目安としては1kg前後のモノがおすすめ。またサイズが大きすぎるモノは、収納に困ったり出し入れが面倒に感じてしまったりするため、20cm程度までのサイズがベストです。収納ケースが付属している場合は、収納ケースの大きさも含めて検討しましょう。

連続使用時間をチェック

By: cuisinart.jp

ハンドミキサーを選ぶ際は、連続使用できる時間も重要なチェックポイント。ハンドミキサーの連続使用時間は、一般的に「定格時間」と表記されています。ハンドミキサーにはビーターを回すモーターが内蔵されていますが、記載されている時間以上使用すると、モーターが故障する恐れがあるので注意しましょう。

ハンドミキサーを使う頻度が多い方や、きめ細かな生クリームを泡立てたい方は、連続使用時間が10分程度あるモノを選ぶのがおすすめ。モーターの性能が高いほど、連続使用時間も長くなります。

パワーで選ぶ

By: kitchenaid.jp

食材によっては、ある程度パワーがないと混ぜにくい場合もあります。しっかりと食材をミックスできるように、パワーもチェックしておきましょう。

ハンドミキサーのパワーは「消費電力」に比例します。パワフルなミキサーほど、電力を多く使って動くということです。固めの食材を混ぜたり、異なる食材同士をなじませたりするにはパワーがあるモノを使ったほうが作業も早くなります。

ビーターの形状・素材をチェック

By: amazon.co.jp

泡立て器と同じような形状で食材を混ぜる部分を「ビーター」といい、モデルによって形状と素材が異なるので購入前にしっかりチェックしましょう。

ステンレス製のビーターは、固い食材や重さのある食材をしっかり混ぜられるため、生地作りに適しています。耐久性があるため曲がったり錆びたりする心配が少ないのがメリット。金属製のボウルと一緒に使うとボウルに傷が付いてしまうほか、音が大きい点は留意しておきましょう。

プラスチック製のビーターはメレンゲ作りや生クリームの泡立てに最適。軽いだけでなく、音も静かでボウルに傷が付きにくいのがメリットです。ただし、重い食材を混ぜると折れることもあるので、注意しながら使いましょう。

ビーターの太さも確認しておきたいポイント。ハンドミキサーのなかには形状の異なる複数のビーターを付属しているモノもあります。細いビーターできめ細かいメレンゲを作ったり、太いビーターでケーキの生地などをさっくり混ぜたりと、使い分けられて便利です。

手入れのしやすさで選ぶ

ハンドミキサーの手入れで気を付けたいのが、ビーターの洗浄。内側に食材がこびりついてしまうと洗うのが大変です。ハンドミキサーを選ぶ際には、ビーターの内側が洗いやすい形状かどうかも確認しましょう。

ビーターの中心にステンレスの軸がないモノや、内側が広くスポンジが入りやすいモノは手入れがしやすくなります。ビーターがきれいに洗えないと不衛生になってしまうため、手入れのしやすさは重要なポイントです。

また、ビーターが本体から取り外せるかどうかも要チェック。外せないタイプは洗いにくいだけでなく本体を濡らしてしまうため、できるだけ外せるタイプを選びましょう。

ハンドミキサーのおすすめモデル

パナソニック(Panasonic) ハンドミキサー MK-H4

パナソニック(Panasonic) ハンドミキサー MK-H4

シンプルで使い勝手のよいハンドミキサーです。3段階の速度調節機能が付いており、本格的なお菓子作りから材料を軽く混ぜ合わせたいときまで、作るモノに合わせて調節可能。作業の途中でも本体を立てて置けるため、材料の追加などがしやすいのもポイントです。

連続使用時間は約15分と長いのも魅力のひとつ。本体重量は約1.1kgとやや重さがありますが、その分パワーもあるので、重たい材料もしっかり混ぜ合わせられます。コードの長さが約1.9mもあり、キッチンだけでなくダイニングテーブルなどでも作業がスムーズです。

ビーターはステンレス素材を採用しており、中心部の棒がなく隅々まで洗いやすい形状。本体と付属品は、幅8.5×奥行20.5×高さ18.5cmのケースにまとめてコンパクトに収納できます。

ドリテック(DRETEC) ハンドミキサー HM-706

ドリテック(DRETEC) ハンドミキサー HM-706

利便性とデザイン性が人気のキッチン家電メーカー「ドリテック」のハンドミキサーです。ビーターの回転速度を5段階調節できるタイプで、生クリームのきめを細かくする低速から、卵や生クリームをしっかり泡立てたい高速まで自由に切り替えできます。

真ん中に芯がなく洗いやすいワイヤー型の泡立てビーターを採用。細かい形状によって空気を取り入れられるので、ふんわりとした泡立てが行えます。作業途中でもビーターを付けたまま縦置きできるのもポイントです。

ビーター・コードをまとめて収納できる専用ケース付き。本体とケースはツートンカラーになっており、清潔感のあるアイボリーと、深みのあるレッド、シックでおしゃれなブラウンの3色から選べます。おしゃれなキッチン家電を探している方にもおすすめの製品です。

クイジナート(Cuisinart) ハンドミキサー HM-050SJ

クイジナート(Cuisinart) ハンドミキサー HM-050SJ

アメリカ生まれの家電ブランド「クイジナート」のハンドミキサーです。160Wの強力なモーターを搭載しており、約30分もの連続使用が行えるのが特徴。本体重量は約1.1kgとやや重めですが、手に馴染みやすいグリップ形状で長時間使用でも疲れを感じさせません。

通常の泡立てに使用するビーター以外に、泡立てに特化した専用ビーター「バルーンウィスク」が付属。ワイヤーが4本のビーターに対して、「バルーンウィスク」は16本ものワイヤーを採用しており、空気を混ぜ込みながらふんわりきめ細かな泡立てができます。

2種類のアタッチメント以外に、専用のヘラやコードをまとめて入れられるハードケースが付属。本格的なお菓子作りに挑戦したい方におすすめの製品です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ハンドミキサー PMK-H01-W

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ハンドミキサー PMK-H01-W

リーズナブルな価格ながら、5段階の速度調節機能と250Wのハイパワー運転ができるハンドミキサーです。連続使用時間が3分と短めですが、途中でスイッチを止めて食材の様子を見ながら調理することで、生クリームも問題なく泡立てられます。

コードの長さは、ゆったり使いやすい約1.7m。作業途中に少し手を離したいときに、本体を立てて置ける点も便利です。

コードやビーターを入れて本体下部にセットできる専用ケースが付属。ケースを含めてもサイズが幅約9×奥行20.5×高さ20.3cmと、コンパクトに収納できます。シンプルで使い勝手のよいハンドミキサーを探している方におすすめの製品です。

キッチンエイド(KitchenAid) ハンドミキサー KHM928ER

キッチンエイド(KitchenAid) ハンドミキサー KHM928ER

ミキサーの世界シェアNo.1のブランド「キッチンエイド」のハイパワーハンドミキサーです。回転速度が超低速から高速まで9段階に調節でき、生地の状態に合わせて細かく設定可能。回転速度はLEDで表示されるため、ひと目で確認できます。

通常のビーター以外にも泡立てに向いている「ワイヤーホイップ」や、パンこねなど重めの生地に最適な「ダブルドゥーフック」、ラテやスムージーやスープなどをかくはんできる「リキッドブレンダー」の4種類の先端が付属しているのがポイント。お菓子や料理に合わせて、幅広い使い方ができます。

ハイパワーながら振動が抑えられるDCモーターを採用しており、作業音が静かなのも特徴。従来のハンドミキサーに比べて約半分の消費電力で、長時間の使用でも電気代が抑えられます。作業の邪魔にならないようコードの向きが左右で切り替えられるため、左利きの方にもおすすめです。

ビタクラフト(Vita Craft) クイックハンドミキサー 3511

ビタクラフト(Vita Craft) クイックハンドミキサー 3511

アメリカ生まれのステンレス調理器具メーカー「ビタクラフト」のハンドミキサーです。かくはん効率に優れた独自のビーターが付属しているのが特徴。8本に分かれたビーターが空気をうまく取り込みながら泡立てるので、スピーディーにふんわりと泡立てられます。

連続使用時間は約10分で、材料やレシピに合わせて、スピードは5段階から調節可能。ビーターが長く、一度に多くの材料を泡立てたときでも本体に汚れが付きにくいため、メレンゲ作りなどにも向いています。

ビーターとコードは本体側面にセットしてコンパクトに収納可能。奥行約9.8cmのスリムな形状とスタイリッシュなデザインが人気の製品です。

テスコム(TESCOM) ハンドミキサー THM1200

テスコム(TESCOM) ハンドミキサー THM1200

泡立て効率のよいワイヤー形状のビーターを採用したモデル。生クリームやメレンゲを手早く作れます。ビーターの中心部分に棒がなく、手入れも簡単。ステンレス素材を採用しており、食洗器でも洗えるのがポイントです。

スピードは5段階から選べ、レシピや材料に合わせて自由に調節できます。連続使用時間は10分あるため、本格的なお菓子作りも可能。本体重量は、ビーターとケースを含めても約750gしかなく、腕の疲れを気にすることなく作業できます。

ビーターはケースの中に、電源コードはケースの外側に巻き付けて収納できるのも特徴。ビーターと電源コードが直接触れないので、清潔に収納できます。シルバーとブラックで統一された、おしゃれでかっこいい見た目も人気の製品です。

貝印 ハンドミキサー DL-0501

貝印 ハンドミキサー DL-0501

お菓子作りの道具で有名な「貝印」のハンドミキサー。本体サイズは幅15×奥行17.8×高さ9.5cmとコンパクトで、重さも約730gと軽量。生クリームの泡立てやバターのかくはんなど、簡単なお菓子作りにおすすめの製品です。

回転速度は5段階から調節可能で、約10分間の連続使用ができます。作業の途中で縦置きでき、途中で材料を加えたり、レシピの再確認をしたりすることも可能。手元にスイッチがあるので、片手で簡単に操作できます。

ビーターはステンレス素材を採用。ワンタッチで取り外して丸洗いできます。価格も安いため、ハンドミキサーを使用する頻度が少ない方や、お菓子作りをこれから始める方におすすめの製品です。

パール金属(PEARL METAL) ハンドミキサー D1120

パール金属(PEARL METAL) ハンドミキサー D1120

プラスチック製のビーターを採用したハンドミキサーです。金属の当たる音が苦手な方や、ステンレス製のボウルを使用している方におすすめ。5段階のスピード調節機能が付いており、材料に合わせた速度で泡立てを行えます。

120Wのハイパワーモーターによって、約7分間の連続使用が可能。コードの長さが1.7mあるので、スムーズに作業できます。ビーターを含めても重さが約650gしかないため、腕が疲れにくいのもポイント。価格が安いので、お菓子作り初心者の方や子供へのプレゼントにもおすすめです。