かき混ぜや泡立てが素早く手軽にできる「ハンドミキサー」。特に卵白を用いたメレンゲやホイップクリームを作る際などにあると便利なアイテムです。

とはいえ、各製品は見た目が類似しているので、なかなか違いがわかりにくいもの。さらに”ハンドブレンダー”とも混同している方が多く、購入する際には注意が必要です。そこで今回はおすすめのハンドミキサーをご紹介。気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

ハンドミキサーとハンドブレンダーの違い

ハンドミキサーの特徴

By: amazon.co.jp

ハンドミキサーは丸い金属のワイヤーがついているのが特徴で、泡を立てる際に用いられます。効率よく空気を含めながら泡立てることができるため、お菓子作りをはじめとしたさまざまな料理で重宝します。

ハンドブレンダーの特徴

By: amazon.co.jp

ハンドブレンダーは一般的に回転する部分がカッターになっていて、食材を切断しながら混ぜることができるのが特徴。泡立てること以外にも、砕く・刻みむ・すりつぶすなど、さまざまな用途で使用可能です。フードプロセッサーとしての役割があるモノも多く展開されています。

ハンドブレンダーについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

ハンドミキサーの選び方

用途で選ぶ

お菓子作り

ハンドミキサーはかくはんをする際に便利。例えば、ケーキの生地作りやデコレーションのためのホイップクリーム作りなどには欠かせないアイテムです。

製品としては低速で混ぜたり、高速で混ぜたりする必要もあるので、3段階以上の速度調整ができるモノを選びましょう。

なお、連続使用時間は定格時間として表記されますが、メレンゲ作りなど混ぜるだけでなく、キメ細かい泡立てをするためには15分以上あると安心です。

また、付属品の充実度もチェックポイント。泡立て用のウィスクや混ぜたりこねたりする用のフックなどを使い分けることで、よりスムーズな作業が可能となります。

離乳食作り

ハンドミキサーはかき混ぜる器具なので、食材を柔らかくすることも可能。よって食感の硬さを調整したい離乳食を作る際に活用すると便利です。

なお、すでに柔らかい食材やおかゆなどを混ぜるのにはハンドミキサーが使えますが、刻んだり潰したりするのにはブレンダーが最適です。

アタッチメントを使うことでブレンダーとしても使用できるハンドミキサーもありますが、離乳食を作ることをメインに考えるならハンドブレンダーをおすすめします。

ソース作り

洋食から和食までジャンル問わずメインやデザートなどの食材を彩るソース。ソース自体は量が多くないことがほとんどなので、ハンドミキサーのなかでも軽量で取り回しがしやすいモデルの方が使い勝手は良好です。

重さで選ぶ

By: amazon.co.jp

ハンドミキサーは手に持ちながら使うモノなので、重さはとても重要。軽量なモノもありますが、多機能モデルやパワーが重視されたモデルは、重くなる傾向があります。機能性をそこまで重視しない方は、重量の軽いハンドミキサーを選ぶのもアリです。

大きさで選ぶ

By: amazon.co.jp

ハンドミキサーを選ぶ上ではサイズも大切なポイント。サイズが大きすぎると操作性が落ちることもあります。また、収納スペースを考慮してから製品を選ぶとキッチンでも邪魔にならないでしょう。

パワーで選ぶ

By: amazon.co.jp

食材によっては、ある程度パワーがないと混ぜにくいという場合もあります。しっかりと食材をミックスできるように消費電力などのパワーもチェックしておきましょう。

メンテナンスのしやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

ハンドミキサーをできるだけ長く使用するには、メンテナンスも必要です。部品が取り外しやすいなど、シンプルな構造である方がメンテナンスやお手入れがしやすくおすすめです。

ハンドミキサーのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

長きにわたり日本の台所を支え続けている調理家電を提供する電機メーカー。サポートもしっかりしているので万一の故障時にも安心です。

貝印

By: amazon.co.jp

貝印はカミソリなどの刃物を中心に、調理器具などを広く手がけるメーカーです。1954年に設立以来、長い歴史に裏打ちされた信頼度の高い製品を続々とリリースしています。

クイジナート(Cuisinart)

By: amazon.co.jp

クイジナートはコンエアージャパンが展開する調理家電メーカー。欧米仕様のパワフルさがウリです。ブレンダーやフードプロセサーだけでなく、ワッフルメーカーやジューサーなども取り扱っています。

初心者向け!安いけどコスパ高なハンドミキサーのおすすめモデル

パール金属(PEARL METAL) ハンドミキサー D-1123

パール金属(PEARL METAL) ハンドミキサー D-1123

クッキー生地やメレンゲを作る機能だけあればよい方におすすめの単機能モデル。速度調整は3段階のみですが、最高120Wのパワーで混ぜられるため、簡単なお菓子作りや料理の下ごしらえに十分活用できます。価格が1000円台と安いので、初めてハンドミキサーを使う方にもおすすめです。

収納する際はビーターを取り外して本体のハンドル部に格納し、電源コードを本体に巻きつけるだけ。本体が853gと軽く、作業しやすいのもポイントです。

貝印 電動ハンドミキサー DL-0501

貝印 電動ハンドミキサー DL-0501

生クリームの泡立てやメレンゲ作りを少しでも楽にしたい方におすすめの製品。1000円台と価格が安いので購入しやすく、1台あるとさまざまなお菓子作りに役立ちます。

低価格でも5段階スピード調整できるのが人気の理由。材料を潰さないように優しく混ぜたり、しっかり混ぜたりできるので便利です。

本体の後ろ側が平らで立てて置いておけるため、卵を割ったり材料の追加をしたりする際に手が離せて便利。狭いスペースに縦にして収納できるのもポイントです。

ビーターはスイッチを押すだけで手を汚さずに簡単に取り外せます。本体重量が690gと軽いのも魅力。単機能でも速度調整ができる、コスパ良好の製品です。

テスコム(TESCOM) ハンドミキサー THM272

テスコム(TESCOM) ハンドミキサー THM272

ビーターと本体をケースにまとめて収納できる製品。コードは本体に巻きつけることができ、ビーターとコードが触れない設計なので清潔に収納できます。2000円以下の低価格モデルにも関わらず、5段階のスピード切り替えができるため、メレンゲを素早く泡立てて低速でキメ細かく仕上げることが可能です。

ビーターは中心に棒がないワイヤー形状のため、中までしっかり洗えて清潔に使えます。ステンレス製で食洗機対応なのもポイントです。本体はスタンド形状で立てたまま置けるので、調理中に調味料や材料を追加する際に便利。お菓子作りや簡単な下ごしらえに十分な機能が揃ったコスパのよい製品です。

パナソニック(Panasonic) ハンドミキサー MK-H4

パナソニック(Panasonic) ハンドミキサー MK-H4

低価格ながら定格時間が15分と長くて使いやすい製品。時間がかかるメレンゲも作業を止めることなく作れるので、お菓子作りの時短に最適です。

ワンタッチで外せるビーターは幅広なうえ、軸がない形状なので洗いやすく、ボウルを傷つけにくいのがポイント。静音設計で音が静かなので、夜間でも安心して使えます。

3段階の速度調整により生クリームの泡立てだけでなく、硬めの材料の混ぜ合わせにも活用することが可能。付属のケースには、ビーター、コード、本体をコンパクトにまとめられるので、棚や引き出しなどの狭い場所にすっきり収納できます。扱いやすくてコスパのよいハンドミキサーです。

クイジナート(Cuisinart) スマートパワーハンドミキサー HM-050SJ

クイジナート(Cuisinart) スマートパワーハンドミキサー HM-050SJ

160Wのパワフルモーターを採用している製品。連続使用時間が30分と長いため、料理の下ごしらえやお菓子作りの作業をスピーディーに済ませたい方におすすめです。

スピード調整は5段階。マカロンやシフォンケーキ作りに最適なバルーンウィスクとヘラが付いているのもポイントです。

2種のアタッチメントや電源コードもまとめて収納できるコンパクトなハードケースが付いているため、付属品を紛失することなく保管できます。付属品も充実しているので、さまざまな料理に活用できる汎用性の高いアイテムを探している方はぜひチェックしておきましょう。

プロ向けのハンドミキサーのおすすめモデル

キッチンエイド(KitchenAid)  ハンドミキサー KHM926

9段階の細かい速度設定により、メレンゲの泡だてから弾力のあるパン生地まで作れるパワフル仕様の製品。パン生地2斤分を約5分で捏ね上げるため、短時間でパンを焼き上げたい方におすすめです。冷蔵庫から出してすぐの硬いバターもそのまま混ぜられるので、お菓子作りも時短できます。

速度調整は片手で楽に操作が可能。微妙な速度調整ができるので、飛散しやすい材料を飛び散らずに混ぜ合わせたり低速でさっくり混ぜたりできます。メレンゲ作りに便利なワイヤーホップや硬い生地を混ぜるのに適したフックも付属。ハンドミキサー1台で料理のバリエーションを増やしたい方におすすめです。

オスター(Oster) ハンドミキサー FPSTHM2578

オスター(Oster) ハンドミキサー FPSTHM2578

250Wのモーターを採用することによって力強く材料をかき混ぜられる製品。硬さや弾力のある生地なども短時間で仕上げることが可能です。

速度調整は6段階で好みの硬さや柔らかさに調節できるので、自分の手ではできない本格的な料理の下ごしらえにも活用できます。本体は立てて置けるので、作業中に手を離したい時に便利です。

クリーンスタート機能はゆっくりと回転しながら徐々に設定速度まで回転数を上げるため、材料の飛散を防ぎながらしっかり混ぜ合わせることが可能。一気に混ぜたい時に便利なターボボタンも搭載しています。

電源コードは巻き取り式を採用。あらゆる材料に対応できるパワフル仕様のアイテムを探している方におすすめです。

BIANJESUS ハンドミキサー

BIANJESUS ハンドミキサー

スタンドとボウルが付属しており、ハンズフリーで材料を混ぜられる便利な製品。スタンドから取り外せば手持ちのハンドミキサーとしても使えるため、材料を目で確認しながら混ぜることも可能です。

5段階の速度設定とターボ機能を搭載し、メレンゲからお菓子の生地作りまで対応できます。付属のフックに付け替えれば、ハンバーグのタネを混ぜることも可能。ビーダーはイージーレリーズボタンを押すだけで簡単に取り外せます。多彩な料理作りに活用できる汎用性の高いハンドミキサーです。

ブラウン(BRAUN) マルチクイック9 MQ9075X

ブラウン(BRAUN) マルチクイック9 MQ9075X

500Wのパワフルモーターと独自のパワーベルテクノロジーが特徴の製品。旧モデルよりも素早い調理が可能となったのが特徴です。アタッチメントの付け替えによりハンドミキサーとしてもブレンダーとしても使えるので人気。お菓子作りだけでなく離乳食やスムージーも楽しめます。

料理の下ごしらえに便利なフードプロセッサー機能も搭載。野菜のみじん切りや千切りもできるので、忙しい時の時短調理に最適です。ボタンの握り具合により回転スピードが変化するため、片手で楽に操作ができます。1台で何役もこなせる便利な調理器具を探している方におすすめです。