「ハンドミキサー」は、自分の手で混ぜる労力と時間をカットできるキッチンアイテム。料理の効率が上がるだけでなく仕上がりもよくなるので、1台持っておくと便利です。レシピのレパートリーを増やすこともでき、料理の時間をより楽しめます。

そこで今回は、ハンドミキサーのおすすめモデルをご紹介。ハンドミキサーとハンドブレンダーの違いや選び方も解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ハンドミキサーとハンドブレンダーの違い

ハンドミキサーの特徴

By: amazon.co.jp

ハンドミキサーは丸い金属のワイヤーが付いているのが特徴です。効率よく空気を含めながら泡立てられるため、お菓子作りをはじめとしたさまざまな料理で重宝します。

ハンドブレンダーの特徴

By: amazon.co.jp

ハンドブレンダーは一般的に回転する部分がカッターになっており、食材を切断しながら混ぜられるのが特徴。泡立てる以外にも、砕く・刻む・すりつぶすなど、さまざまな用途で使用可能です。フードプロセッサーとして使えるモノも多く展開されています。

ハンドブレンダーについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

ハンドミキサーの選び方

回転速度で選ぶ

By: amazon.co.jp

ハンドミキサーは、スイッチの切り替えで回転速度を変えることが可能です。モデルによって10段階調節できるモノもあれば、5段階、3段階のモノもあります。材料を混ぜたり泡立てたりするだけなら、3段階調節のモノでも十分です。

お菓子作りできめの細かいメレンゲを作ったり、生クリームを素早く泡立てたりしたい場合は、5段階以上のモノを選ぶのがおすすめ。普段から頻繁にハンドミキサーを使う方は、回転速度が細かく調節できるモノを選んでおくと幅広く活用できます。

もうひとつチェックしておきたいのが、スイッチの操作性です。ハンドミキサーを持っている手で楽にスイッチ切り替えができるモノを選ぶと、スムーズに作業が進みます。

サイズと重量をチェック

By: amazon.co.jp

ハンドミキサーにはモーターが搭載されており、モーターの大きさによって本体重量も変化します。高性能なモノほどモーターが大きく重くなりがちです。軽いモーターを搭載しているモデルであれば腕への負担は少なくなりますが、パワーも落ちてしまうので、パワーと重さのバランスを考えて選びましょう。

目安としては1kg前後のモノがおすすめ。また、サイズが大きすぎるモノは、収納に困ったり出し入れが面倒に感じてしまったりするため、20cm程度までのサイズがベストです。収納ケースが付属している場合は、収納ケースの大きさも含めて検討しましょう。

定格時間の長さをチェック

By: rakuten.co.jp

ハンドミキサーを選ぶ際は、連続で使用できる時間も重要なポイントです。ハンドミキサーの連続使用時間は、一般的に「定格時間」と表記されています。メレンゲやホイップクリームなどきめ細かな泡立てを求める方は、定格時間が10分程度あるモノがおすすめ。

ハンドミキサーにはビーターを回すモーターが内蔵されており、定格時間以上使用するとモーターの故障につながる恐れがあります。定格時間の長さとモーターの耐久性は比例する傾向にあるため、ハンドミキサーを使う頻度の多い方はしっかりと確認しておきましょう。

ビーターの素材・形状をチェック

耐久性を重視するなら「ステンレス製」

By: amazon.co.jp

ビーターとは泡だて器と同じような形状で食材を直接混ぜる部分で、モデルによって素材や形状が異なります。ハンドミキサーのビーターでよく使われる素材は、ステンレス製です。

固い食材や重さのある食材でもパワフルに混ぜられるので、生地作りをはじめ幅広い料理に利用できます。耐久性に優れているため、曲がったり錆びたりする心配が少ないのもポイント。

しかし、ビーターがボウルに当たったときの音は大きめで、金属のボウルの場合は傷を付けてしまう可能性があります。ステンレス製のビーターは、取り扱いに十分注意が必要です。

ボウルを傷付けにくい「プラスチック製」

By: p-life-house.jp

プラスチック製のビーターは音が静かで、ボウルに当たっても傷を付けにくいメリットがあります。ステンレス製に比べて軽量なのもポイントです。

メレンゲ作りや生クリームの泡立てなど、比較的軽い食材を混ぜるのに適しています。しかし、耐久性が低めで重い食材を混ぜると折れることもあるため、注意しながら使いましょう。

用途によってビーターの形状を選ぶ

By: amazon.co.jp

ビーターの形状も確認しておきたいポイントです。細いビーターならきめ細かいメレンゲ作りに、太いビーターならケーキの生地などをさっくり混ぜるのに適しています。

ハンドミキサーのなかには形状の異なる複数のビーターを付属しているモノもあり、アタッチメント式で取り替え可能です。用途に応じて使い分けられて便利なうえ、料理の幅も広げられます。

しかし、アタッチメントの数が多くなると価格は高くなるため、作る料理と予算のバランスを考えて選んでみてください。

手入れのしやすさで選ぶ

ハンドミキサーの手入れで気を付けたいのが、ビーターの洗浄。内側に食材がこびりついてしまうと洗うのが大変です。ハンドミキサーを選ぶ際には、ビーターの内側が洗いやすい形状かどうかも確認しましょう。

ビーターの中心にステンレスの軸がないモノや、内側が広くスポンジが入りやすいモノは手入れがしやすくなります。ビーターがきれいに洗えないと不衛生になってしまうため、手入れのしやすさは重要なポイントです。

また、ビーターが本体から取り外せるかどうかも要チェック。外せないタイプは洗いにくいだけでなく本体を濡らしてしまうため、できるだけ外せるタイプを選びましょう。

消費電力をチェック

By: cuisinart.jp

ハンドミキサーを選ぶ際には、消費電力も重要なチェックポイントです。ハンドミキサーのパワーは消費電力に比例します。消費電力の高い方が、固めの食材や異なる食材同士をしっかり混ぜられ、スピーディーに作業できるのも魅力。

しかし、消費電力が大きいとモーターが重くなり、電気代も高くなります。作業効率や重さ、コストを総合的に考えて、自分に合った消費電力のハンドミキサーを選んでみてください。

ハンドミキサーのおすすめモデル

パナソニック(Panasonic) ハンドミキサー MK-H4

シンプルなデザインで使いやすいハンドミキサーです。回転速度は3段階から選べ、本格的なお菓子作りから材料を軽く混ぜ合わせたいときまで、レシピに合わせて調節可能。スタンド形状のため、作業の途中でもビーターを付けたまま立てて置けるので便利です。

連続使用時間は、約15分と長く設定されているのも魅力。本体重量は約1.1kgとやや重めですが、その分パワーもあるので、固い食材や重さのある食材でもをしっかり混ぜられます。

コードの長さが約1.9mもあるため、コンセントから遠い場所でも作業できて快適です。ビーターはステンレス素材を採用しており、中心部の棒がないので隅々まで洗いやすいのもポイント。

本体とビーター、コードは付属のケースにまとめて収納できます。場所を選ばずに使えるシンプルなハンドミキサーを探している方におすすめです。

テスコム(TESCOM) ハンドミキサー THM1200

手早く泡立てができるワイヤー形状のビーターを採用したハンドミキサー。細めのビーターは空気を取り込みやすいため、スピーディーにきめ細かく仕上げられます。ビーターの中心部分に棒がなく、手入れも簡単。ステンレス素材で、食洗器でも洗えます。

回転速度は5段階から選べ、レシピや材料に合わせて調節できるのが魅力。連続使用時間は約10分間あり、本格的なお菓子作りにも活躍します。重量はビーターとケースを含めても約750gで、腕への負担が少ないのもポイント。

ビーターはケースの中に収納できます。また、電源コードもケースの外側に巻き付けられるので、コンパクトにまとめられるうえ、ビーターと電源コードが直接触れず衛生的。シルバーとブラックカラーがおしゃれなハンドミキサーです。

クイジナート(Cuisinart) ハンドミキサー HM-060SJ

パワフルでトップクラスの定格時間を備えたハンドミキサー。160Wのハイパワーモーターを搭載しており、約30分もの連続使用が可能です。5段階の速度調節も相まって、スピーディーに効率よく仕上げます。

通常の泡立てや混ぜる作業で使うビーター以外に、2種類のアタッチメントが付属。バルーン状で8本のワイヤーの「バルーンウィスク」はふんわりときめ細かく泡立てます。細めのワイヤーを採用した特殊形状の「ニーダー」は効率的に手早いミキシングが可能です。

本体重量は約1.1kgとやや重めですが、手に馴染みやすいグリップ形状で疲れにくいのもポイント。3種類のアタッチメント以外に、専用のヘラやコードをまとめて収納できるケースが付属しています。

貝印 ハンドミキサー DL-0501

キッチン用品や製菓用品を扱う「貝印」のコンパクトなハンドミキサーです。本体サイズは幅15×奥行17.8×高さ9.5cmと小さく、重さも約730gと軽量で使いやすいのが魅力。

回転速度は5段階から調節でき、連続使用時間は約10分間のため、お菓子やケーキ作りなど幅広く使えます。手元にスイッチがあるので、片手で簡単に操作可能。作業の途中でも立て置きでき、材料の追加やレシピの再確認に便利です。

ビーターはステンレス素材を採用。ハンドル上部にあるボタンを押すだけで簡単に取り外せ、丸洗いできます。安い価格帯に設定されているのも魅力。ハンドミキサーを使用する頻度が少ない方や、初めての1台におすすめです。

ラッセルホブス(Russell Hobbs) デザイアハンドミキサー 18960JP

パワフルな運転ができるおしゃれなハンドミキサーです。最大250Wのハイパワーが魅力。回転速度は5段階から選べ、手元のレバーを操作して速度を選択できます。ボタンを押せば一気にトップスピードが出るターボモードも搭載しており便利です。

ビーターは通常のモノに加えて、細めの「ウィスク」と特殊形状の「フック」の3種類。重い生地や軽い液体のミキシング、きめの細かい泡立てまで用途に合わせて使い分けられます。連続使用時間は約10分間。

本体底面がフラットなので、作業途中でもビーターを付けたまま自立できます。コードの長さは、ゆったり使いやすい約1.8m。持ち手は持ちやすいようにスリムな設計に配慮されています。黒を基調とした本体に赤のラインがアクセントになっており、モダンな印象のハンドミキサーです。

ドリテック(DRETEC) ハンドミキサー HM-706

細いビーターできめ細かく仕上げるハンドミキサーです。細かい形状によって多くの空気を含ませながら混ぜられ、生クリームをふんわりと泡立てます。ビーターの中心部に棒がないため洗いやすく、ワンタッチで取り外せるので手入れもスムーズです。

回転速度は5段階から調節できます。低速モードなら手で混ぜているようなスピードで、材料の飛び散りを防げるのもポイント。作業の途中でもビーターを付けたまま立てられるので便利です。

本体重量は約740gと軽量。ビーターとコードをまとめて収納できる専用ケースも付属しています。安い価格帯なので、お菓子作りをこれから始める方にもおすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ハンドミキサー PMK-H01-W

安い価格帯ながらもパワフルな運転が可能なハンドミキサーです。回転速度は5段階から調節でき、最大250Wのハイパワーを実現。通常は手元のスイッチレバーを操作して速度を選びますが、ターボボタンを押せば瞬時に最大レベルへ切り替えられます。

連続使用時間は約3分と短めですが、途中でスイッチを止めて食材の様子を見ながら調理することで、生クリームも問題なく泡立てられます。作業中でも本体を立てて置けるので便利です。

コードの長さが約1.7mあるので、キッチンだけでなくダイニングテーブルなどでもスムーズに作業できます。コードやビーターを収納できる専用ケースが付属。パワフルで使い勝手のよいハンドミキサーです。

パール金属(PEARL METAL) ハンドミキサー D-1107

プラスチック製のビーターを採用したハンドミキサーです。金属の当たる音が苦手な方や、金属製のボウルを使用している方におすすめ。安い価格帯ながらも、120Wのハイパワーモーターで生クリームの泡立てや生地作りなど幅広く使えます。

回転速度は5段階から選べ、約8分間の連続使用が可能。作業の途中でも本体を立てて置けるので、材料の追加などをしやすいのもポイントです。本体の幅は約7.5cmとスリムで場所を取りません。

コードの長さが1.8mもあるため、コンセントから離れた場所でも快適に使用できます。長いコードは、本体に巻きつけられるほか、ビーターを収納できる専用ケースも付属しているので、コンパクトに収納可能。

ホワイトとピンクの色使いがかわいらしい、操作音の静かなハンドミキサーです。

オーム電機(OHM) ハンドミキサー COK-MT5A-A

シンプルで使いやすいハンドミキサーです。連続使用時間は約7分間で、回転速度は5段階から調節可能。生クリームをきめを細かくする低速から、卵や生クリームをしっかり泡立てたい高速まで自由に切り替えられます。

ビーターはワンタッチで取り外して、丸洗いできるので便利。ビーターとコードを入れられる専用ケースが付属しているので、コンパクトに収納できます。白とライトブルーを使った清潔感のあるカラーリングも魅力。

安い価格帯のため、ハンドミキサーを使用する頻度が少ない方や、お菓子作りをこれから始める方におすすめの製品です。