ハンドミキサーは、自分の手で混ぜる労力と時間を軽減できるキッチンアイテム。料理の効率が上がるだけでなく仕上がりもよくなるので、1台持っておくと便利です。レシピのレパートリーを増やせるため、料理の時間をより楽しめます。

そこで今回は、ハンドミキサーのおすすめモデルをご紹介。ハンドミキサーとハンドブレンダーの違いや選び方も解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ハンドミキサーとハンドブレンダーの違い

ハンドミキサーの特徴

By: amazon.co.jp

ハンドミキサーは丸い金属のワイヤーが付いているのが特徴。効率よく空気を含めながら泡立てたりかき混ぜたりできるのがポイントです。

メレンゲなどを作る場合などに活躍するため、お菓子作りを始めとしたさまざまな料理で重宝します。ただし、ハンドブレンダーと違い、アタッチメントを付け替えられないモノが多いので留意しておきましょう。

ハンドブレンダーの特徴

By: amazon.co.jp

ハンドブレンダーは、一般的に回転する部分がカッターになっており、食材を切断しながら混ぜられるのが特徴。泡立てる以外にも、砕く・刻む・すりつぶすなど、さまざまな用途で使用可能です。

なかには、フードプロセッサーとして使えるモノもラインナップ。ハンドミキサーに比べて汎用性に優れているため、価格がやや高い傾向にあります。

ハンドブレンダーについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

ハンドミキサーの選び方

速度調節機能は3段階以上のモノを選ぶ

By: cuisinart.jp

ハンドミキサーを選ぶ際は、回転速度を調節できるモデルをチェック。メレンゲやクリームをしっかりと泡立てたいときや重たい生地を混ぜ合わせるときなど、作りたい料理やタイミングに合わせて速度を調節できます。

回転速度は3段階以上の調節ができるタイプがおすすめです。低速・中速・高速の3段階に調節可能であれば、さまざまなシーンに対応できます。

数は少ないものの、ターボ機能を備えているモデルも便利。低速や中速で利用中でも、ターボボタンを押すと一時的にスピードアップできるので、より柔軟な使い方が可能です。

サイズや重さをチェック

By: amazon.co.jp

ハンドミキサーは片手で使う場面もあるため、自分に適した重さやサイズのモデルを選びましょう。料理によっては10~15分ほど片手で支えなければならないことも。重さ800gを切る軽量なモデルもいくつかラインナップされているので、力に自信のない方には軽量モデルがおすすめです。

本体サイズは、収納場所のスペースをチェック。専用ケースでアタッチメントと合わせてコンパクトに保管できるタイプが省スペースに適しています。

定格時間をチェック

By: amazon.co.jp

定格時間も忘れずにチェックしておきたいポイントです。定格時間とは、ハンドミキサーを連続で使用できる時間のこと。生クリームやホイップクリームなどをきめ細かいクリームに仕上げるには、定格時間が15分以上のモデルがおすすめです。

材料を軽く混ぜ合わせる場合や離乳食を作る際には、定格時間が短いモデルでも便利に使えます。利用するシーン適した定格時間のハンドミキサーを選んでみてください。

ビーターの素材をチェック

耐久性を重視するなら「ステンレス製」

By: amazon.co.jp

ステンレス製のビーターはクリームの泡立てや離乳食作りはもちろん、重たい生地も簡単に混ぜ合わせられるのが特徴。耐久性に優れているので、長期間でも安心して使い続けられるのもポイントです。

耐熱性が高く、食洗機に対応したタイプであれば簡単にお手入れしやすいのもメリット。ただし、ボウルとビーターがぶつかる際の音が大きかったり、場合によってはボウルを傷付けてしまったりする点を留意しておきましょう。

ボウルを傷付けにくい「プラスチック製」

By: p-life-house.jp

プラスチック製のビーターは、ボウルを傷付けにくく、ボウルとぶつかっても不快な金属音が発生しないのが魅力。ステンレス製のビーターと比較すると軽量かつ安全性も高いので、初めてハンドミキサーを購入する方にもおすすめです。

ただし、ステンレス製ビーターよりも強度は低いため、スポンジ生地やクッキー生地などの重い材料を混ぜ合わせる用途には不向きなことも。利用するシーンを考慮して選んでみてください。

ビーターの形状をチェック

ビーターの形状によって、食材の混ざりやすさやお手入れのしやすさが変わるので、事前にチェックしておきましょう。

ワイヤー型の細いビーターはきめ細かく泡立てられるため、ふわふわのメレンゲやホイップクリームを作る際に便利。一方で、太めのビーターはスポンジ生地の材料をかき混ぜるのに適しているので、ケーキの生地などを混ぜる際におすすめです。

ビーターの中心に軸があるかもポイント。軸がないモノは空気が入りやすいため、効率よく泡立てられます。また、軸があるタイプは操作しやすく泡立てやかき混ぜが簡単にできるので、ハンドミキサーに不慣れな方はぜひチェックしてみてください。

お手入れのしやすさをチェック

ハンドミキサーを購入する際は、ビーターが洗いやすい形状かどうかもチェックしましょう。内側に食材がこびりついてしまうと洗うのが大変なことも。ビーターがきれいに洗えないと衛生的に使うのが難しいため、お手入れのしやすさは重要なポイントです。

ビーターの中心にステンレスの軸がないモノは、シンプルな構造でパーツが少なく、お手入れが比較的簡単。内側が広くスポンジが入りやすくなっているモノもおすすめです。

ビーターが本体から取り外せるかも注意が必要。外せないタイプは洗いにくく、本体を濡らしてしまう可能性があるので留意しておきましょう。

コードレスやコードが長いモデルなら取り回しも簡単

電源コードの長さもハンドミキサー選びにおいて重要なポイントです。限られたスペースで調理する場合は、コードが長すぎると不便になることも。一方で、コンセントが遠い場合や広いキッチンで使用する場合は、電源コードが長いモノが便利です。

広いキッチンやリビングで使いたい場合は、長めの電源コードを採用したモデルがおすすめ。コンセントの近くで調理する場合は、1.5m以下のモノが扱いやすくコンパクトに収納できます。

また、取り回しやすさを重視する場合は、バッテリーを搭載したコードレスタイプのハンドミキサーもチェックしてみてください。

消費電力も重要

ハンドミキサーの消費電力は、70〜250W程度と製品によって異なります。消費電力が高いモノはパワーがあるので、ビーターを高速回転させて素早く食材を混ぜ合わせたり泡立てたりできるのが魅力です。

一方で、消費電力が低いモノは時間がかかるため、腕に負担がかかりやすいことも。調理時間が長い場合は、120W以上の消費電力が高いハンドミキサーがおすすめです。

ただし、ハンドミキサーを使う頻度が多い場合は、電気代がかさんでしまうことも。電気代を節約しながら素早く泡立てたい方は、消費電力が低いモデルのなかでも、泡立てやすい形状のビーターやホイッパーが付いているモノを選んでみてください。

ハンドミキサーのおすすめメーカー

テスコム(TESCOM)

テスコムは、東京都品川区に本社を構える日本の家電メーカー。創業50年以上の老舗メーカーであり、ヘアーアイロンなどのビューティー家電やミキサーなどの調理家電を多数展開しています。

ハンドミキサーは、ビーターの形状を見直すことで泡立ての効率を改善するなど、細かい部分にも配慮しているのが特徴。シンプルで使いやすいハンドミキサーを取り扱っているので、初めて使う方にもおすすめです。

パナソニック(Panasonic)

パナソニックは、日本の大手総合家電メーカー。エアコンや冷蔵庫などの生活家電を中心にさまざまな事業を展開しており、キッチン家電も豊富なラインナップを取り揃えています。

ハンドミキサーは、リビングや広いキッチンでも使いやすいモデルをラインナップ。シンプルなモデルを求めている方は、ぜひチェックしてみてください。

クイジナート(Cuisinart)

By: amazon.co.jp

クイジナートは、アメリカの調理器具メーカー。フードプロセッサーやハンドブレンダーを中心に、さまざまなキッチン家電をラインナップしています。また、シンプルなエントリーモデルから、多彩なアタッチメントに対応した高価なモデルまで展開しているのも魅力です。

ハンドミキサーは、充電式のコードレスタイプを取り扱っているのが特徴。コードレスタイプのハンドミキサーを求めている方は、ぜひチェックしてみてください。

ハンドミキサーのおすすめモデル

テスコム(TESCOM) ハンドミキサー THM1300

ワイヤー形状のビーターを搭載しているハンドミキサーです。中心に軸がないステンレス製のワイヤーなので、お手入れしやすいのが魅力。食洗機にも対応しており、後片付けの手間を軽減できます。

5段階のスピード調節機能を搭載しており、食材やレシピに合わせて仕上がり具体を調節可能。ハンドルを持ちながら指先だけでスピードを変更できるため、使いやすさも良好です。

また、ビーターを付けたまま自立する設計を採用。調理中に食材を追加する際などに便利です。

テスコム(TESCOM) ハンドミキサー THM273

インテリアに馴染みやすいシンプルなデザインのハンドミキサーです。コンパクトかつ軽量設計を採用しているので、長時間でも快適に使用できます。

ワイヤー形状のビーターを備えているため、泡立て効率がよいのもメリット。5段階のスピード調節機能を搭載しており、仕上がり具合を調節しやすいのもポイントです。

ビーターはワンタッチで取り外し可能。さらに、電源コードは本体に巻き付けられるため、スマートに収納できます。

パナソニック(Panasonic) ハンドミキサー MK-H4

定格時間15分を実現したハンドミキサーです。1.9mの電源コードを備えており、コンセントから離れた場所でも調理可能。長い電源コードを搭載しているハンドミキサーを探している方におすすめです。

低速・中速・高速のスピード調節機能を備えているのもポイント。調理開始やキメの整えは低速モード、メレンゲやホイップクリーム作りは高速モードなど、用途に合わせてスピードを変えられます。

クイジナート(Cuisinart) スマートパワーハンドミキサー HM-050SJ

160Wのパワフルモーターを搭載したハンドミキサーです。定格時間は30分を実現しており、短時間で効率よくかき混ぜたり泡立てたりできます。

5段階のスピード調節機能を備えているため、食材やレシピに応じてスピードを変更可能です。また、クッキーやケーキなどの生地をこねるときに活用できるビーターと、マカロンやシフォンケーキ作りに適したバルーンウィスクが付属。さまざまなお菓子作りに対応できるのがポイントです。

アタッチメントをコンパクトにまとめられる収納ケースが付いているのも魅力。限られたスペースに収納したい方にもおすすめです。

クイジナート(Cuisinart) コードレス充電式ハンドミキサー RHM-100J

内蔵バッテリーを搭載したコードレスタイプのハンドミキサーです。1回の充電で、最大30分間使用できます。コンセントを確保できない場所や、キッチンのスペースが狭い方にもおすすめです。

5段階のスピード調節機能を搭載しており、食材やレシピに合わせて仕上がりを調節できるのもメリット。また、ハンドルを握ったまま指先だけでスピードを調節できるため、使いやすさも良好です。

本体サイズは、約幅8.5×奥行19.5×高さ27cm。コンパクトかつスタイリッシュ設計なので、省スペースにも収納できます。

クイジナート(Cuisinart) スマートパワーハンドミキサー プラス HM-060SJ

定格時間30分を実現したハンドミキサーです。160Wのパワフルモーターと5段階のスピード調節機能を搭載。短時間で効率よく調理できます。

アタッチメントは、ビーター・バルーンウィスク・ニーダーを付属。生クリームやメレンゲを泡立てたり、パン生地をこねたりなど、さまざまな用途で活用できます。また、アタッチメント・電源コード・ヘラをまとめられる収納ケースが付いているのも嬉しいポイントです。

ブラウン(Braun) マルチミックス1 ハンドミキサー HM1010

コンパクトかつ軽量設計のハンドミキサーです。片手で握りやすいハンドルを採用しており、スムーズに操作できます。

4段階のスピード調節機能に加えて、ターボ機能を搭載。食材やレシピに応じて、スピードを調節可能です。

アタッチメントは、ステンレス製ビーターとニーダーが付属。150Wのハイパワーモーターにより、短時間で効率よく生クリームを泡立てたり生地をこねたりできます。スピードの切り替えは指先だけで変更できるため、使いやすさも良好です。

ドリテック(DRETEC) ハンドミキサー HM-706

初心者の方でも使いやすいシンプル設計のハンドミキサーです。定格時間は10分のため、安定したパワーで使用できます。

5段階のスピード調節機能を搭載しており、生クリームやメレンゲの泡立ても手軽におこないやすいのが特徴。持ち手部分にスピード切り替えスイッチがあるので、使いやすさも良好です。ワイヤー型のビーターを採用しており、ふわふわのメレンゲやホイップクリームを楽しめます。

ビーターはワンタッチで取り外し可能。中心に芯がない細めの設計なので、お手入れしやすいのもメリットです。ハンドミキサーを使わないときは本体とビーターを専用ケースにまとめられるため、コンパクトに収納できます。

ドリテック(DRETEC) ハンドミキサー HM-707

本体重量が約750gのハンドミキサー。コンパクトかつ軽量設計なので、力に自信のない方でも扱いやすいのが特徴です。

中心に芯がないステンレス製のフラットビーターを付属。ムラなく混ぜられるので、ホイップクリームやマヨネーズ作りにもおすすめです。

ビーターを付けたまま自立する仕様のため、手を離したいときや調味料を後入れするときも便利。また、使用後はビーターをワンタッチで取り外せます。

貝印 電動ハンドミキサー DL0501

約730gの軽量設計を実現したハンドミキサーです。ハンドルを持ちながらスピードを変えられる仕様なので、使い勝手も良好。さらに、5段階のスピード調節機能により、生クリームやメレンゲの泡立ちの仕上がり具合を細かく調節できます。

中心に芯のあるビーターなので、クリームや生地が混ざりやすいのも特徴。お菓子作りに不慣れな方にもおすすめです。

コードの長さは約1.7mあるため、コンセントから離れた場所でも使用可能。また、ビーターはワンタッチで取り外しできるので、汚れを落としやすく清潔な状態を保ちやすいのもポイントです。

貝印 ハンドミキサー DL7520

クランクスリッド形状のビーターを搭載したハンドミキサーです。小型軽量設計ながら、150Wのハイパワーを実現。ビーターが効率よく稼働するので、食材をスピーディーに混ぜたり泡立てたりできます。

ビーターはワンタッチで取り外し可能。中心に芯がないので、スポンジが入りやすく汚れを簡単に落とせます。

また、ビーターと電源コードを本体に収納できるのもメリット。収納スペースが限られている方にもおすすめです。

パール金属(PEARL METAL) ミラクルス 電動ハンドミキサー D-1129

コンパクトかつスタイリッシュなデザインが特徴のハンドミキサーです。重量は約772gの軽量設計のため、手にかかる負担を軽減。さらに、ビーターを本体に取り付けてコンパクトにまとめられるため、省スペースに収納できるのも魅力です。

メレンゲやホイップクリーム作りに適した120Wのパワーを実現。3段階のスピード調節機能を搭載しているので、食材やレシピに合わせて仕上がり具合を調節しやすいのもメリットです。

パール金属(PEARL METAL) プティル 電動ハンドミキサー D-1107

プラスチック製のビーターを搭載したハンドミキサー。ビーターがボウルに触れるときの金属音や傷付きを低減できるのが特徴です。

コンパクト設計ながら120Wのハイパワー運転を実現。短時間で効率よく、食材を混ぜたり泡立てたりできます。

5段階のスピード調節機能を搭載しており、食材やレシピに応じてスピードを変えられるのが魅力。手元のダイヤルを回すだけのシンプル設計なので、操作性も良好です。

ビーターを付けたまま立て置き可能。また、電源コードは本体に巻き付けられるので、コンパクトにまとめて収納できます。

キッチンエイド(KitchenAid) ハンドミキサー KHM928

9段階のスピード調節機能を搭載しているハンドミキサーです。スピードの切り替えは、ハンドルにあるスライドを動かすだけのシンプルな設計を採用しています。

アタッチメントは、タブルターボビーター・ダブルドゥーフック・リキッドブレンダー・ワイヤーホイップなどを用意。さまざまな調理に対応しやすいのがメリットです。

運転開始から徐々にスピードが上がる「ソフトコントロール機能」を搭載。ボウル内の食材が飛び散るのを軽減できるのもポイントです。

GROWNSY ハンドミキサー Q7

250Wのハイパワーを実現したハンドミキサーです。食材との接地面を増やして効率よくかき混ぜられるビーターを搭載。メレンゲや生クリームがきめ細かい泡立ちに仕上がります。

5段階のスピード調節機能に加えてターボ機能を搭載。食材やレシピに合わせてスピードを調節できます。また、指先だけでスピードを変えられるので、使いやすさも良好です。

本体重量は800g以下の軽量設計なので、手にかかる負担を軽減できるのもメリット。ビーターを付けたまま自立するため、調理中に手を離したいときにも便利です。

DEKOPRO ハンドミキサー LH-928

1台で混ぜる・つぶす・泡立てる・こねるに対応したハンドミキサーです。コンパクト設計ながら150Wのハイパワーを実現。メレンゲやホイップクリームはもちろん、離乳食作りにも活用できます。

5段階のスピード調節機能に加えてターボモードを搭載。食材の混ざり具合や仕上がりに応じてスピードを切り替えられるのもメリットです。また、ステンレス製のピーターを採用しており、硬い食材やパンの生地をこねるときにも活用できます。

ビーターは手元のスイッチ操作で取り外し可能。食洗機にも対応しているので、後片付けの手間を軽減できます。

LINKChef ハンドミキサー HM-1020

1台で泡立てる・混ぜる・こねるができるハンドミキサーです。付属のスレンテレス製ビーターとフックを使用することで、ホイップクリームを作ったりパン生地をこねたりできます。

ビーターとフックは、ワンタッチで取り外し可能。用途に応じて、スムーズに付け替えやすいのもメリットです。

5段階のスピード調節機能を搭載しており、食材の混ざり具合や仕上がりに応じてスピードを調節できるのがポイント。中心に芯のあるステンレス製ビーターなので、硬い食材や重い生地にも活用できます。

OURYOYO ハンドミキサー Color For You 7441

1台で混ぜる・泡立てる・かくはんをおこなえるハンドミキサーです。コンパクトかつ軽量設計ながら、150Wのハイパワー運転を実現。ビーターとニーダーが付属しているので、短時間で効率よく生地をこねたり泡立てたりできます。

5段階のスピード調節機能を搭載しているのも魅力。調理開始時やキメの整えには低速モード、メレンゲや生クリームを泡立てるときは高速モードなど、用途に合わせてスピードを調節できます。ハンドルを持ちながら指先でスイッチを変更できるので、操作性も良好です。

ステンレス製のビーターとニーダーは取り外し可能。丸洗いにも対応しているので、清潔な状態を保ちやすいのもポイントです。

SFXFJ ハンドミキサー SFXFJ-DDQ

コンパクトサイズのハンドミキサーです。モーターは耐熱性と耐久性に優れており、安定したパワーを供給できます。また、効率的な放熱システムを採用しているため、運転中に手が熱くになりにくいのも特徴です。

7段階のスピード調節機能を搭載。食材の混ざり具合やレシピに合わせて、スピードを調節しやすいのもメリットです。

ステンレス製のビーターはワンタッチで取り外し可能。丸洗いできるので、お手入れしやすく便利です。

ハンドミキサーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ハンドミキサーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。