「ハンドミキサー」は、自分の手で混ぜる労力と時間をカットできるキッチンアイテム。料理の効率が上がるだけでなく仕上がりもよくなるので、1台持っておくと便利です。レシピのレパートリーを増やすこともでき、料理の時間をより楽しめます。

そこで今回は、ハンドミキサーのおすすめモデルをご紹介。ハンドミキサーとハンドブレンダーの違いや選び方も解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ハンドミキサーとハンドブレンダーの違い

ハンドミキサーの特徴

By: amazon.co.jp

ハンドミキサーは丸い金属のワイヤーが付いているのが特徴です。効率よく空気を含めながら泡立てたりかき混ぜたりできるのがポイント。メレンゲを作る場合などに活躍するため、お菓子作りをはじめとしたさまざまな料理で重宝します。

ハンドブレンダーの特徴

By: amazon.co.jp

ハンドブレンダーは、一般的に回転する部分がカッターになっており、食材を切断しながら混ぜられるのが特徴。泡立てる以外にも、砕く・刻む・すりつぶすなど、さまざまな用途で使用可能です。フードプロセッサーとして使えるモノも多く展開されています。

ハンドブレンダーについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

ハンドミキサーの選び方

速度調節機能は3段階以上のモノを選ぶ

ハンドミキサーを選ぶ際は、回転速度を調節できるモデルがおすすめです。メレンゲやクリームをしっかりと泡立てたいとき、重たい生地を混ぜ合わせるとき、泡立て直後や仕上げなど、作りたい料理やタイミングに合わせて速度を調節できると便利に使えます。

回転速度は3段階以上の調節ができるタイプがおすすめ。低速・中速・高速の3段階に調節可能であれば、さまざまなシーンに対応できます。

数は少ないものの、ターボボタンが付いているモデルもおすすめ。低速や中速で利用中でも、ターボボタンを押すと一時的に最高速度までスピードアップできるので、より柔軟な使い方が可能です。

サイズや重さをチェック

ハンドミキサーは片手で使う場合がほとんどなので、自分に適した重さやサイズのモデルを選びましょう。料理によっては10~15分程度ずっと片手で支えなければならず、あまり重たいとせっかく購入したのに使わなくなってしまう場合もあります。

1kg前後のモデルが多いなか、800gを切る軽量なモデルもいくつかラインナップされているので、力に自信のない方には軽量モデルがおすすめ。子供と一緒にお菓子作りを楽しみたい方には、大人でも子供でも簡単に扱える軽量なモデルが適しています。

本体サイズは、収納場所のスペースも考慮して選びましょう。専用ケースでアタッチメントと合わせてコンパクトに保管できるタイプがおすすめです。

定格時間をチェック

By: amazon.co.jp

定格時間も忘れずにチェックしておきたいポイント。定格時間とは、ハンドミキサーを連続で使用できる時間のこと。生クリームやホイップクリームなどをしっかりと角の立つきめ細かいクリームに仕上げるには、定格時間が15分以上のモデルがおすすめです。

材料を軽く混ぜ合わせたり、離乳食を作ったりがメインになる場合は、定格時間が短いモデルでも便利に使えます。利用シーンを具体的にイメージしたうえで、適した定格時間のハンドミキサーを選んでみてください。

ビーターの素材をチェック

耐久性を重視するなら「ステンレス製」

By: amazon.co.jp

ステンレス製のビーターは、最も種類が多く一般的。クリームの泡立てや離乳食作りはもちろん、重たい生地も簡単に混ぜ合わせられます。強度が高く耐久性に優れているので、長期間でも安心して使い続けられる点も魅力です。

一方で、ボウルとビーターがぶつかる際の音が大きく周囲や近所への騒音が気になったり、場合によってはボウルを傷付けてしまったりといったデメリットもあります。なお、耐熱性が高く、食洗機に対応したタイプであれば簡単にお手入れ可能です。

ボウルを傷付けにくい「プラスチック製」

プラスチック製のビーターは、ボウルを傷付けにくく、ボウルとぶつかっても不快な金属音が発生しない点が最大の魅力です。ステンレス製のビーターと比較すると軽量かつ安全性も高いので、初心者の方でも簡単に扱えます。

ただし、ステンレス製ビーターよりも強度は低いので、スポンジ生地やクッキー生地など重い材料を混ぜ合わせる用途にはあまり向いていません。メレンゲや生クリームなどの泡立て作業は得意なので、強度と利用シーンを考慮して選んでみてください。

ビーターの形状をチェック

By: amazon.co.jp

ビーターは、その太さや形状によって食材の混ざりやすさやお手入れのしやすさが変わります。ワイヤー型の細いビーターはきめ細かく泡立てられるので、ふわふわのメレンゲやホイップクリームを作りたい方にぴったり。一方で、太めのビーターは、スポンジ生地の材料をふんわりかき混ぜたい場合に適しています。

ビーターの中心に軸があるかどうかもチェックしたいポイント。軸がないタイプは手動式泡立て器のような形状で、空気が入りやすく効率よく泡立てられます。また、軸があるタイプに比べて洗うパーツが少ないので、お手入れの手間を軽減したい方にもおすすめです。

軸があるタイプのビーターは、価格がリーズナブルなモデルに多く採用されています。機能もシンプルなモノが多く、ハンドミキサーに不慣れな方でも簡単に操作できるのが魅力。たまにしかハンドミキサーを使わないという方はチェックしてみてください。

コードレスやコードが長いモデルなら取り回しも簡単

電源コードの長さもハンドミキサー選びにおいて重要なポイント。限られたスペースで調理する場合はコードが長すぎると邪魔になってしまい、コンセントが遠い場合や広いキッチンの場合はある程度の長さがないと快適に使えません。

広いキッチンやリビングで使いたい場合は、1.8mや1.9mなど長めの電源コードを採用したモデルがおすすめ。コンセントのそばで調理する場合は、1.5m以下のやや短いコードの方が扱いやすくコンパクトに収納できます。

取り回しやすさを重視する場合は、バリエーションは少ないものの、バッテリーを搭載したコードレスタイプのハンドミキサーもおすすめ。充電式でもパワフルで定格時間が長いモデルもあるので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

消費電力も重要

ハンドミキサーの消費電力は、70〜250W程度と製品によって大きく異なります。消費電力が高いモノはパワーがあり、ビーターを高速回転させて素早く食材を混ぜ合わせたり泡立てたりできるのが魅力です。

一方で、消費電力が低いモノは時間がかかりやすく、腕が疲れてしまう恐れがあります。ただ混ぜ合わせるよりも時間がかかるホイップを作る場合は、120W以上のなるべく消費電力が高いハンドミキサーがおすすめです。

ただし、お菓子作りが趣味などでハンドミキサーを使う頻度が高いと、電気代がかさみがち。電気代を節約しながら素早く泡立てたい方は、消費電力が低いモデルのなかでも泡立ちやすい形状のビーターやホイッパーが付いているモノを検討してみてください。

ハンドミキサーのおすすめメーカー

テスコム(TESCOM)

By: tescom-shop.jp

テスコムは、東京都品川区に本社を構える日本の家電メーカー。創業50年以上の老舗メーカーであり、ヘアードライヤーやヘアーアイロンなどのビューティー家電や、フードプロセッサーやミキサーなどの調理家電を主に販売しています。

特に、プロクオリティのビューティー家電「ノビーシリーズ」が有名。キッチン家電では「Pure Naturaシリーズ」を展開しています。

ビーターの形状を見直すことで泡立ての効率を改善するなど、細かい部分にも配慮されている点が特徴。シンプルで使いやすいハンドミキサーを取り扱っているので、初めて買う方にもおすすめです。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックは、日本を代表する大手総合家電メーカー。個人向けには生活家電や美容家電、カメラにAV機器、住宅設備や携帯電話などさまざまな事業を展開しており、キッチン家電も豊富なラインナップを取り揃えています。

ハンドミキサーのバリエーションは多くはありませんが、コードが長く、リビングや広いキッチンでも使いやすいモデルがラインナップされています。シンプルなモデルを求めている方におすすめです。

クイジナート(Cuisinart)

By: amazon.co.jp

クイジナートは、アメリカのキッチン家電ブランド。フードプロセッサーやハンドブレンダーを中心に、コーヒーメーカーやオーブントースター、電気圧力鍋など多種多様なキッチン家電を取り扱っています。

ハンドミキサーのラインナップは豊富ではありませんが、シンプルなエントリーモデルから、多彩なアタッチメントに対応したやや高価なモデルまで一通り網羅されている点は魅力。どのモデルもパワフルなので、重い生地作りも簡単にこなせます。

ハンドミキサーとしては珍しい、充電式のコードレスタイプを取り扱っている点も特徴のひとつ。スタイリッシュなデザインのモデルも販売されています。コードレスタイプに興味がある方は、ぜひチェックしてみてください。

ハンドミキサーのおすすめモデル

テスコム(TESCOM) ハンドミキサー THM273

混ぜ合わせやすく、スピーディに泡立てられる

ビーターの形状にこだわったハンドミキサー。底との接地面積を増やしながらボウルに近接できるビーターの形状を採用しています。ボウルの底に近い場所で回転できるので食材が少量の場合でも混ぜ合わせやすく、スピーディに泡立て可能です。

また、ビーターの中心部は棒がない洗いやすい設計。素材には頑丈なステンレスを採用し、食洗機にも対応するのでお手入れも簡単です。材料や食材、レシピによって回転速度を5段階で調節可能。ビーターは、手を汚さず取り外しやすいワンタッチ仕様です。

ビーターを付けた状態で立てて置けるのも魅力。調理中に別の材料を取りに行ったり、食材を追加したりする際に役に立ちます。電源コードは本体に巻き付けてクリップでまとめられ、ビーターも専用ケースに収納できるので、コンパクトに保管可能。便利な機能が多数搭載された、おすすめのハンドミキサーです。

テスコム(TESCOM) ハンドミキサー THM1300

光沢のあるスタイリッシュなデザイン

光沢のあるデザインがおしゃれなハンドミキサー。ビーターの回転速度を5段階に調節できるので、素早く混ぜたり、きめ細やかに仕上げたりといったコントロールが簡単にできます。少量の材料でも混ぜやすいビーターの形状も特徴です。

ビーターを装着したまま自立できるスタイルを採用。調理中でも気軽に材料の追加ができます。ビーターを収納できる専用ケースも付属するため、コンパクトに保管可能。専用ケースに電源コードを巻いて止められるのも便利なポイントです。

定格時間は10分。ビーターはワンタッチで取り外せるので、調理後でも手を汚しにくいのが魅力です。スタイリッシュなデザインのハンドミキサーを探している方は、チェックしてみてください。

パナソニック(Panasonic) ハンドミキサー MK-H4

シンプルなデザインで使いやすい

シンプルなハンドミキサー。回転速度は高速・中速・低速の3段階に調節可能です。スポンジケーキの生地作りや生クリーム作りなどが1台でこなせます。お菓子作り以外にも、さまざまな食材を混ぜ合わせる際に活用可能です。

ビーターには頑丈なステンレス素材を採用。耐久性が高くたくさんの食材や重い食材も簡単に混ぜ合わせられます。定格時間は約15分と長めに設定されている点も魅力。長時間パワーが持続しやすく、ホイップクリームやメレンゲなどをきめ細かく仕上げられます。

コードが1.9mと長めに設計されている点も特徴のひとつ。広いキッチンやコンセントから多少離れた場所でも、快適に使用できます。シンプルなデザインで使いやすい、おすすめのハンドミキサーです。

クイジナート(Cuisinart) スマートパワーハンドミキサー HM-050SJ

きめ細やかでツヤのあるプロレベルの泡立てが可能

パワフルな回転が魅力のハンドミキサー。160Wのパワフルなモーターを搭載しているので、強力な回転で重い材料も簡単に混ぜ合わせられます。定格時間も30分と長めに設定されているため、きめ細やかでツヤのあるプロレベルの泡立てが可能です。

回転速度は5段階の調節に対応。アタッチメントとしてバルーン型のウィスクが付属するので、マカロンやシフォンケーキなどのスイーツも素早く簡単に作れます。ビーターはステンレス製で、中心に棒がないため、お手入れが簡単です。

アタッチメントやコード、ヘラなどの付属品を全て収納できるハードケースも付属し、コンパクトに保管可能。プロレベルの仕上がりが期待できる、おすすめのハンドミキサーです。

クイジナート(Cuisinart) スマートパワーハンドミキサー プラス HM-060SJ

3種類のアタッチメントが付属するハンドミキサー。通常のビーターのほか、バルーンウィスクとニーダーがアタッチメントとして付属します。混ぜるだけではなく、泡立てる・こねるの調理に対応するので、お菓子作りやパン作りも可能です。

定格時間は30分。160Wの強力なモーターを搭載し、パワフルな回転を実現しています。回転速度は5段階で調節できるので、きめ細かい泡を作ったり、材料を軽く混ぜ合わせたりなど、用途に応じて臨機応変に使い分け可能です。

電源コードの長さは1.5mで、重量は約1.1kg。アタッチメントやヘラ、電源コードなどは、全て専用ケースに収納してハンドミキサーと一緒に保管できます。さまざまな調理が可能なおすすめのハンドミキサーです。

クイジナート(Cuisinart)コードレス充電式ハンドミキサー RHM-100J

充電式のハンドミキサー。バッテリーを内蔵しコードレスで使えるので、コンセントがないキッチンやリビングのテーブルなど場所を選ばずに使用可能です。材料を取りに行ったり、ほかの作業をしたりしたい場合に便利な、縦に置けるデザインを採用しています。

1回のフル充電で30分間連続で使用可能。充電式ながらパワフルで、回転速度も5段階の調節に対応します。安全面に配慮したダブルロック構造も特徴。電源ボタンとスピード切り替えスイッチの2つを操作して使うので、誤作動のリスクを軽減します。

液晶画面やブルーのLEDランプを搭載した、スタイリッシュなデザインも魅力。コードレスタイプのハンドミキサーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ドリテック(DRETEC) ハンドミキサー HM-707

軽量で扱いやすいハンドミキサー。本体重量が約750gと軽量に設計されているので、力に自信のない方や子供でも持ちやすく、簡単に扱えます。100Wのパワフルなモーターを搭載しているため、たくさんの量でも時間をかけずに泡立て可能です。

また、スピード切替スイッチを搭載し、5段階から回転速度を選択できます。卵やクリームの泡立てには高速、お菓子の生地の混ぜ合わせには中速など、シーンに合わせて切替可能。ビーターはフラットな形状なので、材料を均等に混ぜ合わせられます。

ビーターを装着した状態で立てて置けるほか、ワンタッチで取り外し可能。軽量ながらパワフルなおすすめのハンドミキサーです。

ドリテック(DRETEC) ハンドミキサー HM-706

わずか数分で生クリームの泡立てができるハンドミキサー。細いワイヤー型のビーターを採用しているため、混ぜているときに空気を取り込みやすく、生クリームやメレンゲをふわふわときめ細かく泡立てられます。

本体重量が約740gと軽量な点も魅力のひとつ。回転速度は5段階で調節できます。ハンドル部分に切替スイッチが搭載されているため、調理中でも自然な動作でスピードを切替可能。低速回転にも対応するので、きめの整った泡に仕上げられます。

ビーターは専用のケースに収納し、本体とセットで保管可能。お菓子作りをしたい方におすすめのハンドミキサーです。

ドリテック(DRETEC) ハンドミキサー「ニルド」 HM-708

肉の混ぜ合わせにも活用できるハンドミキサー。ホイッパー・ビーター・ツイストビーターの3種類のアタッチメントが付属します。生クリームやケーキの生地作りはもちろん、ツイストビーターを使えばハンバーグや餃子の具の混ぜ合わせも可能です。

200Wのパワフルなモーターも魅力のひとつ。回転速度は5段階で切り替えられるほか、MAXボタンも搭載されており、MAXボタンを押し続けている間はトップスピードを維持できます。速度調節と組み合わせながら、柔軟な使い方が可能です。

3つのアタッチメントは全てワンタッチで取り外しできるので、調理中でも手を汚さずに付け替えられます。お菓子作り以外にも使えるハンドミキサーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

貝印 ハンドミキサー DL8059

オレンジ色のカラーが華やかでおしゃれなハンドミキサー。ステンレス製のビーターには、クランクスリッド形状が採用されています。空気を取り入れやすく、かくはん効率に優れている点が特徴。ふわふわの泡をスピーディに作れます。

回転スピードは5段階で調節可能。ターボスイッチも搭載されているので、低速で使用中でも一気に最高速度までスピードアップできます。ビーターはボタンを押すだけのワンタッチで取り外せるので、お手入れも簡単です。

ビーターは中心に棒がない洗いやすい形状。使用後はビーターを本体にセットできるほか、電源コードを巻き付けるスペースも用意されています。コンパクトに収納できるおすすめのハンドミキサーです。

貝印 スマート&コンパクトハンドミキサー DL6431

本体サイズが180×60×86mmとコンパクトなハンドミキサー。混ぜる、泡立てるといった最低限の機能のみ搭載することで、重量を抑えているのが特徴です。

持ち手部分に末広がりの形状が採用されているのもポイント。持ちやすく、子供でも扱いやすい製品を探している方におすすめです。また、表面には滑りにくいシボ加工が施されており、落として床を傷つけたり製品を壊したりするのを防げます。

付属のウィスクは、大小あわせて2種類。なかでも小さいサイズのウィスクは200mlの軽量カップに入れられるので、調味料などを作る際に活躍します。幅広い調理に対応するハンドミキサーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

パール金属(PEARL METAL) ミラクルス 電動ハンドミキサー D-1129

真っ赤なデザインがおしゃれなハンドミキサー。強力な120Wの回転で、重い材料も簡単に混ぜ合わせられます。生クリームの泡立てはもちろん、スポンジ生地の混ぜ合わせもできるので、1台でさまざまな料理に活用可能です。

ビーターを含めた本体サイズは、幅75×奥行190×高さ235mm、重量は約772g。小型かつ軽量なので取り回しやすく、初めての人でも簡単に使えます。回転速度は3段階で調節可能。泡立てや混ぜ合わせなど、用途に合わせて設定を選べます。

電源コードは長めの1.8mなので、コンセントから離れた場所でも使用可能。使用後は電源コードを本体に巻き付けて、コンパクトに収納できます。コストパフォーマンスに優れたおすすめのハンドミキサーです。

パール金属(PEARL METAL) プティル 電動ハンドミキサー D-1107

ホワイトとピンクのカラーがかわいらしいハンドミキサー。プラスチック製のビーターを採用している点が特徴です。ボウルを痛めにくいうえ、使用中の金属音も気になりにくいのがポイント。

パワフルな120Wモーターを搭載しており、生クリームやメレンゲだけではなく、スポンジ生地やクッキー生地も簡単に混ぜ合わせられます。5段階で速度調節が可能。素早く混ぜたり、仕上げにクリームのきめを整えたりなど、シーンに合わせた使い方が可能です。

調理を一旦中断しやすい立てて置けるタイプ。ケースが付属するので、付属品と合わせてスッキリ収納できます。プラスチック製ビーターを採用したハンドミキサーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

パール金属(PEARL METAL) 電動式ハンドミキサー D-1998

お菓子作りにおすすめのハンドミキサー。本体サイズが幅75×奥行185×高さ250mmとコンパクトな点が特徴です。ビーターには丈夫なステンレスを採用しながら本体の重量は約800gと軽量なので、力の弱い方でも簡単に扱えます。

最大120Wのパワフルな回転は、ケーキのスポンジ生地や生クリームの泡立てにぴったり。回転速度は低速から高速まで5段階で調節できるので、泡立てや生地の混ぜ合わせやクリームの仕上げなど、レシピに合わせて使い分けできます。お菓子作りをしたい方におすすめのハンドミキサーです。

Vsadey ハンドミキサー

スタイリッシュなデザインのハンドミキサー。アタッチメントとして、ビーターのほかにニーダーも付属します。ニーダーを取り付けると、混ぜる・泡立てる以外に食材をこねる作業にも対応するので、1台でさまざまな料理を調理可能です。

回転速度の切替は5段階。細かくスピードを調節できるため、生クリームやメレンゲを滑らかに仕上げられます。最大250Wのハイパワーも魅力のひとつ。スピーディに調理でき、メレンゲなどが3分強で仕上げられます。

上下に放熱機構が搭載されており、効率よく熱を逃がせるので長期間安全に使用可能。ビーターを取り付けたまま立てられるため、並行してほかの作業もできます。スタイリッシュなデザインが特徴的なおすすめのハンドミキサーです。

Vsadey 収納ベース付きハンドミキサー HM-D01

5段階のスピード切り替えが行えるハンドミキサーです。食感を調節したい場合は段階を下げ、素早く泡立てを行いたい場合は段階を上げるといった使い分けができるのが魅力。材料にあわせて速度を変えたい方にも適しています。

ビーターだけでなくニーダーが付属しているのもポイント。泡立てのほか、混ぜたりこねたりできるので幅広い調理に使用できます。取り外しは「EJECTボタン」を押すだけなので、洗い物をする際に手間取らず便利です。

製品本体とビーター・ニーダーは、付属のベースに設置することで1つにまとめることが可能。収納しやすい製品がほしい方はチェックしてみてください。

ビタクラフト(Vita Craft) クイックハンドミキサー 3511

独自の「クランク+スリット形状」のビーターを採用し、時短で泡立てられるハンドミキサー。ビーターの凹みとスリットが効率よく空気を取り込み、スポンジ生地などをふわっと泡立てられるのも魅力です。

スピードを5段階に調節できるのもメリット。メレンゲなどのホイップから、スポンジ生地のかき混ぜまで幅広く活用できます。低速設定から始められるので初心者でも安心です。

また、どのスピード設定でも「TURBO」ボタンを押すだけで、一気に最高速度へ切り替えられます。追加した材料を軽く混ぜてから、一気に泡立てたい場合などに便利です。

「EJECT」ボタンを押すだけでビーターを簡単に取り外せるのもおすすめポイント。手が汚れにくく、スムーズに片付けられます。さらに、ビーターと電源コードは側面にセットできるのですっきり収納可能です。

ラッセルホブス(Russell Hobbs) デザイアハンドミキサー 18960JP

ウィスクとフックの2種類のアタッチメントを使い分けることで、液体状からやわらかい固形状の食材まで対応できるハンドミキサーです。ウィスクはドレッシングのかくはんやホイップ作りにぴったり。250Wのハイパワーで生クリームや卵も素早く泡立てられます。

一方、フックを取り付ければ、やわらかい固形状の食材を混ぜ合わすことが可能。クリームチーズやバターをほぐしたい場合や、ハンバーグやつみれのたねを滑らかに仕上げたい場合などにおすすめです。

5段階にスピードを設定できるのもポイント。好みの泡立ち具合に仕上げられます。また、ハンドルの上部に操作部を搭載し、ハンドルを握っている手の指を動かすだけでスピードを調節できるので便利です。

さらに、フラットな底面を搭載し、手を休めたいときに本体を立てて置けるのもメリット。使用中に玄関のチャイムや電話が鳴ったときでもサッと手を離せます。

キッチンエイド(KitchenAid) 9段階変速ハンドミキサー 9KHM928CA

9段階と細かく速度を調節できるハンドミキサー。理想の泡立て具合を目指せるので、本格的なお菓子作りを楽しみたい方におすすめです。また、低速なら大きな食材も混ぜ合わせやすいため、具だくさんドレッシングをかくはんするなど使い方が広がります。

最初はゆっくりスタートし設定速度まで徐々にスピードを上げる「ソフトスタートコントロール機能」が付いており、食材の飛び散りを予防できるのもうれしいポイントです。

ダブルドゥフック・ワイヤーホイップ・ダブルターボビーター・リキッドブレンダーと4種類のアタッチメントを付属しているのもメリット。使い分けることで、ホイップはもちろん、クッキー生地やアイシング、ムースなどさまざまなお菓子作りを楽しめます。