VRコンテンツが手軽に楽しめる「ヘッドマウントディスプレイ」。頭部に装着することで目の前に大画面が広がって、よりゲームや映像コンテンツに没入できるアイテムです。

大きく分けてスマホ用やPS4などの家庭用ゲーム機用、PC用の3種類がありますが、価格帯が幅広いため、どこを比較したらよいのか悩みどころ。そこで今回は、ヘッドマウントディスプレイの選び方とおすすめのモデルをご紹介します。

さっそくおすすめ製品を見る

ヘッドマウントディスプレイとは?

By: amazon.co.jp

ヘッドマウントディスプレイとは、頭部に装着する特殊なディスプレイのことです。両眼を覆うように装着し、目の前に映画館のスクリーンのような映像を映し出せます。

左右でややズレた映像を表示して立体視させたり、仮想現実の世界を体験したりできるのもポイント。現在販売されているモノは、主にゲームや映像コンテンツを楽しむ際に活躍します。

スマホ用・PC用・PS4用の違いは?

スマホ用ヘッドマウントディスプレイ

By: amazon.co.jp

スマホ用のヘッドマウントディスプレイは、自分が使用しているスマホをディスプレイとして使用します。スマホを装着してVR動画を再生し、のぞき込む形で楽しめるのがポイントです。

PS4用やPC用の高価なヘッドマウントディスプレイと比較すると没入感は劣りますが、安価な製品も多いことからお試し用の1台としても人気。また、最近ではスマホのVR用アプリも充実しており、スマホ用VRコンテンツを最大限楽しむために高価なモノを購入する方も増えています。

スマホ用のヘッドマウントディスプレイについて詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

PC用ヘッドマウントディスプレイ

By: amazon.co.jp

PC用ヘッドマウントディスプレイは、PCにHDMI端子やUSBケーブルで接続して使用するモノ。高価ですが画面の解像度が高く、さまざまなVRゲームに対応しているのでコンテンツが充実しています。形状はメーカーによってさまざま。使用感にも違いが出るため、しっかりと確認しましょう。

PS4用ヘッドマウントディスプレイ

By: amazon.co.jp

PS4用のヘッドマウントディスプレイは、日頃TVモニターなどでプレイしているゲームをVRで楽しめるアイテムです。まるでゲームの中に入りこんだようなVR体験ができるところが魅力。また、ゲーム以外の映像コンテンツを楽しめるところも特徴です。

PC用のヘッドマウントディスプレイを使うにはPC自体も相応のスペックのモノを用意する必要があるのに対し、PS4は本体のみでVRゲームを手軽に楽しめます。

ヘッドマウントディスプレイの選び方

眼鏡をかけたままでも使用できるかチェック

眼鏡をかけている方は、眼鏡の上からヘッドマウントディスプレイが装着できるかどうかチェックしましょう。眼鏡に非対応のモデルは頭が圧迫されたり、フィット感が弱まったりする恐れがあります。映像を快適に楽しむためにも、自分にとって使いやすいモデルかどうか確認するのがおすすめです。

プレイしたいゲームに対応しているかチェック

購入予定のヘッドマウントディスプレイが、プレイしたいゲームに対応しているかどうかも確認しましょう。例えば、HTC社から発売されているモデルであれば対応していることが多いので、PC用VRゲームをプレイしたい方はチェックしておきましょう。

ヘッドホンの有無をチェック

ヘッドマウントディスプレイがヘッドホン搭載タイプかどうかも重要。メリットは、ヘッドホンと接続するデバイスを用意するだけで、スムーズにコンテンツを楽しめる点です。

デメリットは、別途ヘッドホンを用意する場合に比べ音質が劣ること。こだわったサウンド環境でプレイしたい場合は、自前のヘッドホンを用意したほうが高音質でコンテンツを楽しめます。用途や好みに応じて、搭載ヘッドホンの有無を決めておくのがおすすめです。

解像度やリフレッシュレートなどの画面機能をチェック

By: amazon.co.jp

PCのディスプレイと同じように、ヘッドマウントディスプレイにも解像度が存在します。解像度が高いほど精細な画面でコンテンツを楽しめるため、購入時には解像度の数値にも注目しましょう。

また、1秒間に画面が何回切り替わるかを示すリフレッシュレートも重要。リフレッシュレートが高いほうが滑らかな映像になります。ほかにも、画面が遅延するかどうかもFPSやアクションゲームをプレイするときに重要なので、画面機能を確認してみてください。

ヘッドマウントディスプレイのおすすめ|スマホ用

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) VRゴーグル MED-VRG3i


本体とヘッドホンが一体になっているスマホ用VRゴーグル。耳まで包み込まれるヘッドホンが搭載されているので、スムーズにコンテンツを楽しめます。搭載されている3.5mmステレオミニジャックをスマホに差し込むだけのシンプルな構造です。

幅13.5×高さ5cm以内の眼鏡に対応。本体上部の左右に設置されている調節ダイヤルで、焦点距離と瞳孔間距離を調節できます。使用者に合わせてピントを微調整できるのが嬉しいポイントです。

また「スクリーンタッチボタン」を搭載しており、VRゴーグルをつけたままスマホを触れます。取り外す煩わしさがほとんどない点もおすすめです。

Pico G2 4K A7510

初心者におすすめのスマホ用ヘッドマウントディスプレイ。シンプルで使いやすいインターフェイスなので、初めてVRを触る方でもスムーズに利用できます。

276gと軽量なのも魅力。後頭部付近にバッテリーが搭載されているなど、前後の重量バランスに配慮されており、装着感に優れているのが特徴です。

また、Bluetooth対応の「3DoF モーションコントローラー」が付属。ゲームをプレイするときは武器として、映像を見るときはリモコンとして使えます。

エレコム(ELECOM) VRゴーグル VRG-X02PGE


スマホ用のヘッドマウントディスプレイ。使い方は、VR対応アプリをインストールしてヘッドマウントディスプレイにセットするだけとシンプルなのが特徴です。

開口部の幅が広い作りになっており、約幅145mm以内の眼鏡にも対応しているのも嬉しいポイントです。ピント調節機能や目幅調節機能など、視覚に合わせて微調整できる機能も豊富。ヘッドバンドを自分の頭とフィットするサイズに合わせて調節できます。

DMM動画のポイントが1,000円分付属されているのもポイント。お得にVR体験をしたい方におすすめです。

Teptts VRゴーグル

さまざまな頭の大きさに合わせて利用できるスマホ用VRゴーグルです。頭を固定する部分は伸縮性のある合成皮革製ベルトを採用。長さも調節できるので、顔の小さい方や頭が大きめな方まで幅広く利用できるのがおすすめです。

直接触れる部分にはクッションを利用しており、顔に跡が付きにくい仕様。また、視野角は120°と広範囲のため、首を大きく動かさずに利用できます。

放熱性に優れたマグネット粘着設計なので、スマホの熱を内部から逃すことで画面の曇りやスマホへのダメージを軽減できます。また、目の負担を軽減するブルーライトカット機能も付いているのもポイントです。

Misisi VRメガネ

5~7.0インチと幅広いスマートフォンに対応しているスマホ用VRメガネ。サイズの大きいスマートフォンを使っている方におすすめです。

使い方は簡単で、スマホにVRアプリをダウンロードしてVRメガネセットに装着するだけで設定可能。自分の視力に合わせてレンズの調節や、映像との距離を調節でき、初心者でも快適にセットアップできます。

ヘッドマウントディスプレイのおすすめ|PC用

エイチティーシー(HTC)  VIVE Cosmos Elite


正確なトラッキングと綺麗な映像が魅力のPC用のヘッドマウントディスプレイ。眼鏡をかけての使用を想定して作られており、さまざまな顔の形や目のタイプに対応しています。両目2880×1700と解像度が高いので、リアルな空間を楽しめるのもポイントです。

上下に可変できるフリップアップ式のデザインを採用しているのも特徴。ヘッドマウントディスプレイを取り外さずに、現実とVR空間を切り替えられるので便利です。また、メーカー保証も付いているため、もしものときに備えたい方におすすめです。

エイサー(Acer) Windows Mixed Reality AH101

機能性の高いデザインと、リアルなVR映像が楽しめるPC用ヘッドマウントディスプレイ。頭に触れる部分はクッション性のあるダブルパッドを採用しています。ヘッドバンドはダイヤルを回して調節できるので、自分の頭にフィットしやすいのも特徴。フリップ式バイザーを搭載しており、ゴーグルを上げるだけで戻れるのもポイントです。

また、VR空間を作り出すトラッキングシステムをヘッドセットに内蔵した「インサイドアウト方式」を採用。上下左右の動きを敏感にキャッチして、リアルなVR体験を楽しめます。

使い方は、ヘッドセットとパソコンをHDMIケーブルとUSB2.0ケーブルで接続するだけ。本体のサイドには、3.5mmオーディオジャックを搭載しているので、自分のヘッドフォンで臨場感あふれる音響も楽しめます。

エイチティーシー(HTC) VIVE PRO 2

4896×2448の高解像度と高音質により、リアルな没入感を体験できるPC用ヘッドマウントディスプレイ。3Dサウンドを楽しめる3D空間オーディオとアンプを搭載しており、視覚だけでなく聴覚でもVR体験を堪能できます。

120°の広範囲な視野角により、人間の視覚とより近い感覚でVR映像を楽しめるのも魅力。最新のトラッキングシステムである「SteamVRトラッキング」により、ルームスケールよりも広い範囲でVR空間を展開できます。

ダイヤルで目と目の間を調整できる機能を搭載しており、使用者に合わせて微調整できるのもおすすめポイント。また、120Hzのリフレッシュレートで画面のちらつきを防ぎやすく、滑らかな映像を楽しめます。VR映像でシューティングゲームを楽しみたい方や、クオリティの高いVR体験をしたい方におすすめです。

デル(Dell) ヘッドマウントディスプレイ VRP100

長時間利用する方にもおすすめのヘッドマウントディスプレイ。装着する際に触れる部分は、クッション性のある素材を使用しています。また、ヘッドバンドは圧迫感を軽減する作りなので、長時間VRを楽しみたい方にぴったりです。

「フリップ・アップ・バイザー機能」を搭載しており、着脱せずにVR空間と現実を切り替えられます。また、高性能センサーを搭載したカメラとトラッキングの精度が高く、実際の動きとVR空間の動きによる遅れをほとんど感じさせません。フィット感を重視する方や、スペースに捉われずにVRを楽しみたい方におすすめです。

ヘッドマウントディスプレイのおすすめ|PS4用

ソニー(SONY) PlayStation VR “PlayStation VR WORLDS” 同梱版 CUHJ-16006

PS4およびPS5で使える、ソニーのおすすめヘッドマウントディスプレイ。『ASTRO BOT:RESCUE MISSION』や『PlayStation VR WORLDS』といったゲームタイトルをはじめ、200以上のコンテンツを楽しめるのが魅力です。

360°の視野角を採用し、どこを見渡してもバーチャル世界に入り込めるのが特徴。立体的な音響で楽しめる「3Dオーディオ」や、滑らかな映像を実現する「120FPSフレームレート」などが、ゲームの臨場感を引き立てます。

本製品には、「PlayStation Camera」や専用ソフトウェア「PlayStation VR WORLDS」などを同梱。別売の「モーションコントローラー」や「シューティングコントローラー」を購入すれば、より楽しみの幅を広げられます。

豆知識!PCのスペックにも注意しよう!

PC用ヘッドマウントディスプレイを使用するときは、使用するPCのスペックにも注意してみてください。たとえばHTC社のVIVE Cosmosであれば、Intel Core i5-4590以上、NVIDIA GeForce GTX 1060と同等以上のグラフィックスカードを推奨しています。

格安PCでは上記のようなスペックを満たすのは難しいため、VR用PCを購入するのがおすすめ。VRのスペックを満たすPCを探している方は、以下の記事を参考にしてみてください。