VRコンテンツが手軽に楽しめる「ヘッドマウントディスプレイ」。頭部に装着することで目の前に大画面が広がって、よりゲームや映像コンテンツに没入できるアイテムです。

大きく分けてスマホ用やPS4などの家庭用ゲーム機用、PC用の3種類がありますが、価格帯が幅広いため、どこを比較したらよいのか悩みどころ。そこで今回は、ヘッドマウントディスプレイの選び方とおすすめのモデルをご紹介します。

さっそくおすすめ商品を見る

ヘッドマウントディスプレイとは?

By: amazon.co.jp

ヘッドマウントディスプレイとは、頭部に装着する特殊なディスプレイのことです。両眼を覆うように装着し、目の前に映画館のスクリーンのような映像を映し出せます。

左右でややズレた映像を表示して立体視させたり、仮想現実の世界を体験したりできるのもポイント。現在発売されているモノは、主にゲームや映像コンテンツを楽しむ際に活躍します。

スマホ用・PS4用・PC用の違いは?

スマホ用ヘッドマウントディスプレイ

By: rakuten.co.jp

スマホ用のヘッドマウントディスプレイは、自分が使用しているスマホをディスプレイとして使用します。スマホを装着してVR動画を再生し、それをのぞき込む形で気軽に楽しめるところがポイントです。

PS4用やPC用の高価なヘッドマウントディスプレイと比較すると没入感は劣りますが、安価な製品も多いことからお試し用の1台としても人気。また、最近ではスマホのVR用アプリも充実しており、スマホ用VRコンテンツを最大限楽しむために高価なモノを購入する方も増えています。

スマホ用のヘッドマウントディスプレイについて詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

PS4用ヘッドマウントディスプレイ

By: amazon.co.jp

PS4用のヘッドマウントディスプレイは、日頃TVモニターなどでプレイしているゲームをVRで楽しめるアイテムです。まるでゲームの中に入りこんだようなVR体験ができるところが魅力。また、ゲーム以外の映像コンテンツを楽しめるところも特徴です。

PC用のヘッドマウントディスプレイを使うにはPC自体も相応のスペックのモノを用意する必要があるのに対し、PS4は本体のみでVRゲームを手軽に楽しめます。

PC用ヘッドマウントディスプレイ

By: rakuten.co.jp

PC用ヘッドマウントディスプレイは、PCにHDMI端子やUSBケーブルで接続して使用するモノ。高価ですが画面の解像度が高く、さまざまなVRゲームに対応しているのでコンテンツが充実しています。形状はメーカーによってさまざま。使用感にも違いが出るため、しっかりと確認しましょう。

ヘッドマウントディスプレイの選び方

眼鏡をかけたままでも使用できるかチェック

眼鏡をかけている方は、眼鏡の上からヘッドマウントディスプレイが装着できるかどうかチェックしましょう。眼鏡に非対応のモデルは頭が圧迫されたり、フィット感が弱まったりする恐れがあります。映像を快適に楽しむためにも、自分にとって使いやすいモデルかどうか確認するのがおすすめです。

プレイしたいゲームに対応しているかチェック

By: canbor.com

購入予定のヘッドマウントディスプレイが、プレイしたいゲームに対応しているかどうかも確認しましょう。例えば、HTC社から発売されているモデルであれば対応していることが多いので、PC用VRゲームをプレイしたい方はチェックしておきましょう。

ヘッドホンの有無をチェック

ヘッドマウントディスプレイがヘッドホン搭載タイプかどうかも重要。メリットは、ヘッドホンと接続するデバイスを用意するだけで、スムーズにコンテンツを楽しめる点です。

デメリットは、別途ヘッドホンを用意する場合に比べ音質が劣ること。こだわったサウンド環境でプレイしたい場合は、自前のヘッドホンを用意したほうが高音質でコンテンツを楽しめます。用途や好みに応じて、搭載ヘッドホンの有無を決めておくのがおすすめです。

解像度やリフレッシュレートなどの画面機能をチェック

By: amazon.co.jp

PCのディスプレイと同じように、ヘッドマウントディスプレイにも解像度が存在します。解像度が高いほど精細な画面でコンテンツを楽しめるため、購入時には解像度の数値にも注目しましょう。

また、1秒間に画面が何回切り替わるかを示すリフレッシュレートも重要。リフレッシュレートが高いほうが滑らかな映像になります。ほかにも、画面が遅延するかどうかもFPSやアクションゲームをプレイするときに重要なので、画面機能を確認してみてください。

ヘッドマウントディスプレイのおすすめ|スマホ用

エレコム(ELECOM) VRグラス(スタンダードタイプ) VRG-S01BK

手軽にVR映像を楽しめる、エレコムのエントリーモデルです。本製品は、眼鏡の装着に対応しているのがうれしい点。目幅の位置を自由に調節できるので、老若男女問わず誰でも利用しやすいのが特徴です。

VR専用のレンズには、「非球面光学レンズ」を採用。視野角が広く歪みが生じにくいため、動きの激しい動画でも快適に視聴できます。スマホサイズは、4.0~6.5インチに対応。前面に付いたゴムバンドで、スマホをしっかりと固定します。非常に安い価格で購入できるので、気軽に試してみたい方におすすめです。

エレコム(ELECOM) 目に優しいハードバンドVRゴーグル VRG-GVSB01BK

目への負担軽減を考慮して作られた、おすすめのヘッドマウントディスプレイです。非球面光学レンズのほかに、ブルーライトカットレンズを局所的に採用しているのが特徴。自然な色合いを維持したまま、約40%のブルーライト削減を実現しています。

目幅調節機構を搭載。上部のダイヤルを回すだけで、自身の目幅に合った調節ができます。ダイヤル式の「ピント調節機構」を使えば、左右の目それぞれで焦点距離を細かく調節できるのが魅力です。

装着するスマホは、4.7~6.5インチのサイズに対応。目の周り・おでこ・後頭部に付いたクッションは非常に柔らかく、快適な付け心地で楽しめます。クッションはすべて、取り外して水洗いできるのもポイントです。

ハコスコ ダンボール製折りたたみ:タタミ2眼 T2

お試し用のヘッドマウントディスプレイとして購入しやすい製品です。本製品の素材には、段ボールを採用しているのが特筆すべき点。外出するときは、折りたたんでスリムに収納できます。

また、縦160×横80×厚さ10mmのスマホをセッティング可能。独自アプリである「ハコスコ」のほか、Google Cardboardといった他社アプリでも再生できるのが魅力です。

VR初心者の方や、子供にVRコンテンツを体験させてみたい方などにおすすめ。非常に安い価格で購入できます。

Dasimon VRゴーグル VR4

動画を長時間視聴していても疲れにくいヘッドマウントディスプレイです。瞳孔調節・焦点調節を別々に行えるのがポイント。近視や遠視の方でも、くっきりとした映像が視聴できます。

本体重量は282gと軽量。3軸の固定式ヘッドストラップを採用しており、少ない負担でVR体験が味わえます。

本製品の視野角は90~120°と良好。1080pのフルHD画質で、映像への没入感は良好。対応しているスマホは、4.7~6.5インチの大きさ。機能や性能が充実していながらコスパに優れている、おすすめのヘッドマウントディスプレイです。

ヘッドマウントディスプレイのおすすめ|PS4用

ソニー(SONY) PlayStation VR “PlayStation VR WORLDS” 同梱版 CUHJ-16006

PS4およびPS5で使える、ソニーのおすすめヘッドマウントディスプレイ。『ASTRO BOT:RESCUE MISSION』や『PlayStation VR WORLDS』といったゲームタイトルをはじめ、200以上のコンテンツを楽しめるのが魅力です。

360°の視野角を採用し、どこを見渡してもバーチャル世界に入り込めるのが特徴。立体的な音響で楽しめる「3Dオーディオ」や、滑らかな映像を実現する「120FPSフレームレート」などが、ゲームの臨場感を引き立てます。

本製品には、「PlayStation Camera」や専用ソフトウェア「PlayStation VR WORLDS」などを同梱。別売の「モーションコントローラー」や「シューティングコントローラー」を購入すれば、より楽しみの幅を広げられます。

ヘッドマウントディスプレイのおすすめ|PC用

エイチティーシー(HTC)  VIVE Cosmos Elite

VRゲームを本格的に楽しみたい方におすすめのヘッドマウントディスプレイです。2880×1700の高画質ディスプレイを搭載。ピクセルが綿密に敷き詰められているので、ディスプレイの網目模様が目立ちません。

ゲームを一時中断しなければならないときは、フリップアップの動作だけで変更可能。現実とバーチャルの世界を瞬時に切り替えできるのがポイントです。

また、簡単に着脱できるヘッドセットを採用しています。視力が悪い方でも、眼鏡を付けたままプレイできるのがうれしい点です。各部品はお手入れしやすい素材を用いているため、長期間清潔を保てます。

エイチティーシー(HTC) VIVE Pro Eye アドバンテージパック同梱版 99HARJ006-00/ADV

微細な動きも感知できる、高性能ヘッドマウントディスプレイです。本製品には、「アイトラッキング」機能を搭載しています。現実世界の目の動きや瞬きを、忠実に再現できるのが特徴。

また、「中心窩レンダリング」機能を採用。視線に合わせて解像度を柔軟に変更することで、GPUにかかる負荷の軽減を実現しています。位置トラッキングシステムには、「SteamVR Tracking 2.0」を使用。激しい動きでもしっかりと認識できるのが魅力です。

解像度は2880×1600pと高画質。デュアルOLEDディスプレイで、臨場感あふれる映像世界に没頭できます。

オキュラス(Oculus) Oculus Quest 2 301-00353-01

完全ワイヤレスの設計を採用した、おすすめのヘッドマウントディスプレイです。VR機器はケーブル周りの煩雑さがデメリットでしたが、完全ワイヤレスのため難点を克服しています。PC不要で単体でゲームを楽しめるのが特徴。外出先でも手軽にVRを体験できます。

付属の「Oculus Linkケーブル」を使えば、PC用のヘッドマウントディスプレイとしても利用可能。少ないケーブルでVRを楽しみたい方にぴったりの製品です。

オキュラス(Oculus) Oculus Rift S

Oculus とLenovoの共同開発によって誕生したPC接続型ヘッドマウントディスプレイ「Oculus Rift S」。外部センサーを必要としないインサイドアウトトラッキング機能を搭載しているのが特徴で、セットアップを簡単に行えます。

解像度は2560×1440で、リフレッシュレートは80Hzに対応。ディスプレイやレンズを改善することで、網目のような模様が見えてしまう「スクリーンドア効果」の軽減を実現してます。

ヘッドバンド部分は、ダイヤルを回すだけでフィット感を簡単に調節できるのもポイント。また、クッション性が高いので、長時間装着しても顔面への負担を抑えられます。VRゲームやVRチャットを快適に楽しみたい方におすすめです。

ゴービス(Goovis) Goovis-Pro

3147ppiの高解像度を採用した、ヘッドマウンドディスプレイです。ドローンのモニター代わりとして使用したり、3D映画を鑑賞したりするのにぴったり。サイズがコンパクトなため座りながらはもちろん、寝ながらでも快適に映像を視聴できます。

また、互換性に優れているのが特徴。HDMIケーブルを使って、PC・スマホ・PS4・セットトップボックスなど、さまざまな機器を接続できます。映像や動画視聴をメインに使用したい方におすすめの、ヘッドマウントディスプレイです。

豆知識!PCのスペックにも注意しよう!

PC用ヘッドマウントディスプレイを使用するときは、使用するPCのスペックにも注意してみてください。たとえばHTC社のVIVE Cosmosであれば、Intel Core i5-4590以上、NVIDIA GeForce GTX 1060と同等以上のグラフィックスカードを推奨しています。

格安PCでは上記のようなスペックを満たすのは難しいため、VR用PCを購入するのがおすすめ。VRのスペックを満たすPCを探している方は、以下の記事を参考にしてみてください。