話題のVRコンテンツが手軽に楽しめるヘッドマウントディスプレイ。頭部に装着することで目の前に大画面が広がって、よりゲームや映像コンテンツに没入できるアイテムです。

大きく分けてスマホ用・PS4などの家庭用ゲーム機用・PC用の3種類がありますが、価格帯が幅広いため、選ぶ際はどこを比較したらよいのか悩みどころ。そこで今回は、ヘッドマウントディスプレイの基礎知識とおすすめのヘッドマウントディスプレイをご紹介します。

ヘッドマウントディスプレイとは?

By: amazon.co.jp

ヘッドマウントディスプレイとは、頭部に装着する特殊なディスプレイのことです。両眼を覆うように装着し、目の前に映画館のスクリーンのような映像を映し出せます。

左右でややズレた映像を表示して立体視させたり、仮想現実の世界を体験したりできるのもポイント。現在発売されているモノでは、主にゲームや映像コンテンツを楽しむ際に活躍します。

スマホ用・PS4用・PC用の違いは?

スマホ用ヘッドマウントディスプレイ

By: amazon.co.jp

スマホ用のヘッドマウントディスプレイは、普段自分が使用しているスマホをディスプレイとして使用します。スマホを装着してVR動画を再生し、それをのぞき込む形で気軽に楽しめるところがおすすめポイントです。

PS4用やPC用の高価なヘッドマウントディスプレイと比較すると没入感は劣りますが、比較的安価な製品も多いことからお試し用の1台としても人気。また、最近ではスマホのVR用アプリも充実しているため、スマホ用VRコンテンツを最大限楽しむために高価なモノを購入する方も増えています。

スマホ用のヘッドマウントディスプレイについて詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

PS4用ヘッドマウントディスプレイ

By: amazon.co.jp

PS4用のヘッドマウントディスプレイは、日頃TVモニターなどでプレイしているゲームをVRで楽しめるアイテムです。まるでゲームの中に入りこんだようなVR体験ができるところが魅力。また、ゲーム以外の映像コンテンツを楽しめるところも特徴です。

PC用のヘッドマウントディスプレイを使うにはPC自体も相応のスペックのモノを用意する必要があるのに対し、PS4本体があればVRゲームを手軽に楽しめます。

PC用ヘッドマウントディスプレイ

By: amazon.co.jp

PC用ヘッドマウントディスプレイは、PCやゲーム機器などにHDMI端子やUSBケーブルで接続して使用します。高価な反面、画面の解像度が高く、さまざまなVRゲームに対応しているのでコンテンツが充実していることが特徴です。

なお、帽子のようにかぶるタイプから眼鏡のように鼻にかけるタイプまで、形状はメーカーによってさまざま。使用感にも違いが出るのでしっかりと確認しましょう。

ヘッドマウントディスプレイの選び方

眼鏡をかけたままでも使用できるか?

By: rakuten.co.jp

眼鏡をかけている方は、眼鏡の上からヘッドマウントディスプレイを装着して支障がないかをチェックしましょう。眼鏡に非対応のモデルは、日常的にコンタクトレンズを使用していない方にとって使いづらい恐れがあります。ヘッドマウントディスプレイを最大限楽しむために、自分にとって使いやすいモデルかどうか確認してください。

ゲームに対応しているか?

By: amazon.co.jp

購入予定のヘッドマウントディスプレイが、自分がプレイしたいゲームに対応しているかどうかも確認しましょう。例えば、PC用VRゲームなら、Oculus社の提供する「Rift」とHTC社が提供する「Vive」の2つに対応しているモノが多いので、PC用VRゲームをプレイしたい方はこの2モデルをチェックすることをおすすめします。

ヘッドホン付きか?

ヘッドマウントディスプレイがヘッドホン搭載タイプかどうかも重要です。ヘッドホン搭載タイプにはメリットとデメリットがあります。メリットは、その製品と接続するデバイスを用意するだけで、スムーズにコンテンツを楽しめる点です。

デメリットは、別途ヘッドホンを用意する場合に比べ音質が劣る点。こだわったサウンド環境でプレイしたい場合は、自前のヘッドホンを用意したほうが高音質でコンテンツを楽しめます。用途や好みに応じて、搭載ヘッドホンの有無を決めておくのがおすすめです。

解像度やリフレッシュレートなどの画面機能

By: amazon.co.jp

PCのディスプレイと同じように、ヘッドマウントディスプレイにも解像度が存在します。解像度が高いほど精細な画面でコンテンツを楽しめるため、購入時には解像度の数値にも注目しましょう。

また、1秒間に何回画面が切り替わるかを示すリフレッシュレートも重要。リフレッシュレートが高いほうが滑らかな映像になります。ほかにも、画面が遅延するかどうかもFPSやアクションゲームをプレイするときに重要なので、画面機能を確認してください。

ヘッドマウントディスプレイのおすすめ|スマホ用

オキュラス(Oculus) Go 2200630052884

オキュラス(Oculus) Go 2200630052884

手軽にVRが楽しめるヘッドマウントディスプレイの入門機です。スマートフォンに専用の「Oculusアプリ」をインストールするだけで、ゲーム・ソーシャルアプリ・360°エクスペリエンスなど、約1000本以上の豊富なコンテンツが楽しめます。画質を左右するパネルには高解像度の「WQHD液晶パネル」を採用。美しい映像で映画や動画鑑賞を楽しみたい方におすすめの1台です。

高性能なヘッドマウントディスプレイにも関わらず、価格は2万円弱とコストパフォーマンスに優れているのも魅力。セットで付いてくる専用のコントローラーを使えば、アプリやゲームをより直感的に楽しむこともできます。

カールツァイス(Carl Zeiss) VR ONE Plus 2174-931

カールツァイス(Carl Zeiss) VR ONE Plus 2174-931

ドイツの光学メーカーが手がけたヘッドマウントディスプレイです。本体前面のトレーをスライドしてスマートフォンをセットする「ユニバーサルトレー方式」や、装着時のピント調整不要で使える「独自の光学設計」を採用することで、従来の製品よりも使いやすさが大幅に向上しています。「Google Cardboard SDK」対応モデルなので、iOS・Androidの両方のスマートフォンで使用可能です。

4.7~5.5インチのスマホに対応し、眼鏡をかけた状態のままでも使えます。内部が蒸れにくい通気部や、顔にしっかりとフィットする多層構造など、細かなところまで気を配って作られているのも大きな特徴。視野角は約100°と広視野なので、隅々まで歪みのない高精細なVRを楽しみたい方にもおすすめです。

グリーンハウス(GREEN HOUSE) GH-VRHA

グリーンハウス(GREEN HOUSE) GH-VRHA

ヘッドマウントディスプレイは欲しいけど価格が高くて手が出せないという方におすすめの製品です。頭にしっかりと固定・調整できる「3点保持式のヘッドバンド」や、美しい映像が楽しめる非球面の「42mm高品質レンズ」を採用しているにも関わらず、わずか1000円弱で購入できます。

交換用のクッションが3個付属しているので、家族や友人とシェアして使うのにもおすすめ。3.5~6.1インチのスマホに対応しているので、iPhone Xのような画面の大きなスマートフォンを使用している方にもおすすめです。

エレコム(ELECOM) P-VRGSB01

エレコム(ELECOM) P-VRGSB01

エレコムの多機能ヘッドマウントディスプレイです。頭に被せるだけで簡単に装着できる「ハードタイプヘッドバンド」を採用しているので、髪型が崩れるのが嫌な方や、顔への圧迫感が苦手な方でも安心して使えます。肌に直接触れるクッション部分は汚れてきたら取り外して洗うことができるので、衛生面が気になる方でも安心です。

装着した状態でも無段階で長さ調整ができる「バンド長さ調整ダイヤル」、左右の目の幅に合わせて見えやすい位置に調節ができる「目幅調節機構」、装着したまま本体を上に傾けて周辺の確認ができる「本体チルト機構」など、便利なオプションが充実しているのもポイント。鼻の部分には光漏れをシャットアウトする「ノーズカバー」付いているので、気が散ることなくより一層動画やゲームに没頭できます。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) MED-VRG3

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) MED-VRG3

このヘッドマウントディスプレイには、密封性の高い大型イヤーパッドのヘッドホンが付いているので、圧倒的な没入感で動画やゲームが楽しめます。使う人に合わせて目幅・ピントの調節ができる「調節ダイヤル」や、頭にしっかりとフィットする「ゴムバンド」を採用することで、頭の小さな女性から頭の大きな男性まで幅広く使用可能です。

ゴーグルを外すことなくスマホの画面が操作できる「スクリーンタッチボタン」、顔や頭にやさしくフィットする「PUレザー素材」、ゴーグル前面のパネルを外して空気の循環ができる「放熱機構」を採用。長時間ヘッドマウントディスプレイを楽しみたい方にもおすすめの一台です。

ヘッドマウントディスプレイのおすすめ|PS4用

ソニー(SONY) PlayStation VR CUHJ-16003

ソニー(SONY) PlayStation VR  CUHJ-16003

家庭用ゲーム機「プレイステーション4」専用のヘッドマウントディスプレイです。ソニー独自の「3Dオーディオ技術」や、視野角約100°の「光学レンズ」、頭部の位置を正確に認識する「PlayStation Camera」を採用することで、まるで自分がゲームの世界にいるかのようなリアルな体験が楽しめます。

ゲームはもちろん、CGムービーやミュージックビデオ、360°実写映像などコンテンツの種類が充実しているので、普段ゲームをしない方にもおすすめです。仮想空間内の巨大スクリーンで映画やYouTube、Netflixなどのコンテンツが楽しめる「シネマティックモード」を使えば、自宅にいながらまるで映画館の特等席で観ているかのような迫力が味わえます。

エプソン(EPSON) MOVERIO BT-300

エプソン(EPSON) MOVERIO BT-300

エプソンの高性能ヘッドマウントディスプレイです。メガネのようにかけるだけで目の前に大画面が現われる「スマートグラスタイプ」なので、使いたいときにサッと取り出して気軽に使えます。

エプソン独自の光学技術を採用することで、周りの状況を確認しながら映像が楽しめるのも大きな特徴です。Wi-Fi対応モデルなので、インターネットに繋げば単体でさまざまな動画コンテンツを楽しめます。

画質を左右するパネルには高輝度・高コントラストの「シリコンOLED」を採用しているので、美しい映像でゲームや動画を楽しみたい方にも最適。高性能なヘッドマウントディスプレイにも関わらず、本体の重さはわずか69gと超軽量なのも嬉しいポイントです。

ヘッドマウントディスプレイのおすすめ|PC用

エイサー(Acer) Windows Mixed Reality ヘッドセット AH101

エイサー(Acer) Windows Mixed Reality ヘッドセット AH101

外部センサー不要で使える「インサイドアウト方式」を採用したヘッドマウントディスプレイで、場所を問わずに好きなところでVRコンテンツが楽しめます。2880×1440ピクセルの高解像度映像を最大90Hzのリフレッシュレートで表示する「2.89型液晶ディスプレイ」を採用することで、動きの激しいゲームや動画も滑らかに表示可能。

「モーションコントローラー」やバイザー部分を少し上げるだけで現実世界に戻れる「フリップ式バイザ―」、頭部にぴったり装着できる「ダブルパッド付調節可能ヘッドバンド」など、便利なオプションが充実しているのも魅力です。

HTC VIVE PRO 99HANW009-00

HTC VIVE PRO 99HANW009-00

HTCが発売するヘッドマウントディスプレイの上位モデルです。解像度が2880×1440ピクセルの「有機ELディスプレイ」や音質に優れた「ハイレゾ対応のヘッドホン」、より正確な位置を特定する「ベースステーション2.0」を採用。現実世界とほとんど変わらないハイエンドなVR体験が楽しめます。

デバイスの重さを均等に分散して最適な重心を実現する独自設計を採用することで、首への負担がかかりにくいのもポイント。直感的なコントロールが可能な専用コントローラを使えば、ゲームをスムーズにプレイできるのも魅力です。

オキュラス(Oculus) Rift cv1

オキュラス(Oculus) Rift cv1

ヘッドマウントディスプレイ専門メーカーのPC用ヘッドマウントディスプレイ。HDMIケーブルや複数のUSBケーブルでPCと接続して使用します。

現在では多くのVRゲームが本製品に対応して作られているため、PCでVRゲームを最大限楽しみたい方におすすめ。VR空間で手を再現できるモーションコントローラー「Oculus Touch」とあわせて使用すれば、VRでの自然な動きに対応した操作性を手に入れられます。

豆知識!PCのスペックにも注意しよう!

PC用ヘッドマウントディスプレイを使用するときは、使用するPCのスペックにも注意してください。グラフィックボードの性能やUSBポートの数に余裕がないと、快適に使用できないからです。

例えばOculus社のRiftであれば、メモリ8GBでCPUはIntel i5-4590、グラフィックカードNVIDIA GTX 1060以上のスペックを有し、USB 3.0ポート×3、USB 2.0ポート×1を備えたモデルが推奨されています。

一般的なPCで上記のようなスペックを満たすのは難しいため、VR用PCを購入するのもおすすめです。VRのスペックを満たすPCを探している方は、以下の記事を参考にしてみてください。