話題のVRコンテンツが手軽に楽しめる「ヘッドマウントディスプレイ」。頭部に装着することで目の前に大画面が広がって、よりゲームや映像コンテンツに没入できるアイテムです。

大きく分けてスマホ用やPS4などの家庭用ゲーム機用、PC用の3種類がありますが、価格帯が幅広いため、選ぶ際はどこを比較したらよいのか悩みどころ。そこで今回は、ヘッドマウントディスプレイの基礎知識とおすすめのモデルをご紹介します。

さっそくおすすめ商品を見る

ヘッドマウントディスプレイとは?

By: amazon.co.jp

ヘッドマウントディスプレイとは、頭部に装着する特殊なディスプレイのことです。両眼を覆うように装着し、目の前に映画館のスクリーンのような映像を映し出せます。

左右でややズレた映像を表示して立体視させたり、仮想現実の世界を体験したりできるのもポイント。現在発売されているモノは、主にゲームや映像コンテンツを楽しむ際に活躍します。

スマホ用・PS4用・PC用の違いは?

スマホ用ヘッドマウントディスプレイ

By: rakuten.co.jp

スマホ用のヘッドマウントディスプレイは、普段自分が使用しているスマホをディスプレイとして使用できます。スマホを装着してVR動画を再生し、それをのぞき込む形で気軽に楽しめるところがおすすめポイントです。

PS4用やPC用の高価なヘッドマウントディスプレイと比較すると没入感は劣りますが、比較的安価な製品も多いことからお試し用の1台としても人気。また、最近ではスマホのVR用アプリも充実しているため、スマホ用VRコンテンツを最大限楽しむために高価なモノを購入する方も増えています。

スマホ用のヘッドマウントディスプレイについて詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

PS4用ヘッドマウントディスプレイ

By: amazon.co.jp

PS4用のヘッドマウントディスプレイは、日頃TVモニターなどでプレイしているゲームをVRで楽しめるアイテムです。まるでゲームの中に入りこんだようなVR体験ができるところが魅力。また、ゲーム以外の映像コンテンツを楽しめるところも特徴です。

PC用のヘッドマウントディスプレイを使うにはPC自体も相応のスペックのモノを用意する必要があるのに対し、PS4は本体のみでVRゲームを手軽に楽しめます。

PC用ヘッドマウントディスプレイ

By: rakuten.co.jp

PC用ヘッドマウントディスプレイは、PCにHDMI端子やUSBケーブルで接続して使用します。高価ですが画面の解像度が高く、さまざまなVRゲームに対応しているのでコンテンツが充実していることが特徴です。形状はメーカーによってさまざま。使用感にも違いが出るのでしっかりと確認しましょう。

ヘッドマウントディスプレイの選び方

眼鏡をかけたままでも使用できるかチェック

眼鏡をかけている方は、眼鏡の上からヘッドマウントディスプレイが装着できるかどうかチェックしましょう。眼鏡に非対応のモデルは頭が圧迫されたり、フィット感が弱まったりする恐れがあります。映像を快適に楽しむためにも、自分にとって使いやすいモデルかどうか確認するのがおすすめです。

プレイしたいゲームに対応しているかチェック

By: canbor.com

購入予定のヘッドマウントディスプレイが、自分がプレイしたいゲームに対応しているかどうかも確認しましょう。例えば、PC用VRゲームならHTC社から発売されているモデルであれば対応していることが多いので、PC用VRゲームをプレイしたい方はチェックしておきましょう。

ヘッドホンの有無をチェック

ヘッドマウントディスプレイがヘッドホン搭載タイプかどうかも重要です。ヘッドホン搭載タイプにはメリットとデメリットがあります。メリットは、その製品と接続するデバイスを用意するだけで、スムーズにコンテンツを楽しめる点です。

デメリットは、別途ヘッドホンを用意する場合に比べ音質が劣ること。こだわったサウンド環境でプレイしたい場合は、自前のヘッドホンを用意したほうが高音質でコンテンツを楽しめます。用途や好みに応じて、搭載ヘッドホンの有無を決めておくのがおすすめです。

解像度やリフレッシュレートなどの画面機能をチェック

By: amazon.co.jp

PCのディスプレイと同じように、ヘッドマウントディスプレイにも解像度が存在します。解像度が高いほど精細な画面でコンテンツを楽しめるため、購入時には解像度の数値にも注目しましょう。

また、1秒間に何回画面が切り替わるかを示すリフレッシュレートも重要。リフレッシュレートが高いほうが滑らかな映像になります。ほかにも、画面が遅延するかどうかもFPSやアクションゲームをプレイするときに重要なので、画面機能を確認してみてください。

ヘッドマウントディスプレイのおすすめ|スマホ用

エレコム(ELECOM) VRゴーグル VRG-GVSB01BK

眼鏡に対応したスマホ用のヘッドマウントディスプレイ。開口部設計を広く設計することで、眼鏡を装着した状態でも快適に装着することができます。大画面で鮮明な映像を楽しめる「非球面光学レンズ」を搭載しているのもポイント。きれいな映像で動画やゲームを楽しめるのが魅力です。

機能面では、柔らかく通気性に優れた「成形モールドクッション」、本体からバンド部を取り外してコンパクトに収納できる「バンド部着脱ボタン」、動画視聴中に周囲の確認ができる「本体チルト機構」を採用。使いやすさにこだわって作られたおすすめのヘッドマウントディスプレイです。

エレコム(ELECOM) VRゴーグル P-VRGSB01BK

頭に被せるだけ使える「ハードバンドタイプ」を採用した、スマホ用のヘッドマウントディスプレイ。簡単に装着できて顔への圧迫感も少ないため、長時間でも快適に使用できます。装着時に髪型が乱れにくいのも特徴です。

焦点距離が細かく調節できる「ピント調節機構」や、レンズの曇りと光漏れをシャットアウトする「ノーズカバー」、大画面で鮮明な映像を楽しめる「光学レンズ」など、基本性能が充実しているのも魅力。肌に直接触れるクッション部分は取り外して水洗いが可能なので、衛生面が気になる方でも安心して使えます。

SAMONIC VRゴーグル

ブルーライトの軽減効果が期待できるガラスフィルムを採用したモデル。視野角が120°と広いため、臨場感あふれるVR体験が楽しめます。瞳孔間距離調整ダイヤルと焦点距離調整ダイヤルをそれぞれ搭載しているので、見やすいように細かく調節可能です。

人間工学に基づいた構造を用いており、しっかりフィットするのもポイント。顔に接する部分には柔らかい素材を採用しているため、長時間でもラクに装着できます。

Vadeture VRゴーグル

120°の広い視野角に加えて、没入感を高める音響技術が採用されており、VRコンテンツの世界に入り込めるヘッドマウントディスプレイ。放熱効果が期待できる通気性の高いフロントカバーを備えているため、スマホの熱がこもりにくく快適に装着可能です。

自分好みにフォーカスの調節ができるので、ハッキリとした映像が楽しめるのもポイント。人間工学に基づいたデザインを採用しているほか、調節可能なT字ベルトによりフィット感も優れています。

ヘッドマウントディスプレイのおすすめ|PS4用

ソニー(SONY) PlayStation VR

PS4用に開発されたヘッドマウントディスプレイ。頭部の動きを把握する「加速度センサー・ジャイロセンサー」に加えて、頭部の位置を正確に認識する「PlayStation Camera」を採用。まるで自分がゲームの世界にいるかのようなリアルな体験が楽しめます。

色鮮やかな映像が楽しめる「OLEDディスプレイ」や、臨場感あふれるサウンドが楽しめる「3Dオーディオ技術」を搭載しているので、ヘッドマウントディスプレイの画質や音質にこだわりたい方にもおすすめ。専用コンテンツ「シネマティックモード」を使えば、ゲームや映画、YouTubeなどのコンテンツを仮想空間内の巨大スクリーンで楽しむことも可能です。

ヘッドマウントディスプレイのおすすめ|PC用

エイチティーシー(HTC) VIVE Cosmos 99HARL006-00

HTCの高度なテクノロジーが詰まったPC用のヘッドマウントディスプレイ。高性能な6つのカメラセンサーとAIテクノロジーを搭載することで、精度の高いトラッキングを実現しています。

2880×1700ピクセルの「デュアル3.4型ディスプレイ」や、没入感のあるサウンドが楽しめる「高音質ヘッドホン」など、画質・音質に優れているのも魅力のひとつ。斬新なスタイルのコントローラーを使えば、ゲームをスムーズにプレイできるのも特徴です。

DPVR E3-4K ゲーミングコンボ OPALUS-E3-4K-GAMINGCOMBO

4K対応の5.5インチディスプレイを搭載した、PC用のヘッドマウントディスプレイ。ジャイロスコープ・加速度センサー・磁気センサーの3つを搭載し、映像の臨場感を高められるのが特徴です。

4K動画やVR動画を楽しむだけでなく、VRゲームを楽しめるのも魅力。コントローラー・ロケーター・ベースステーションがセットになったモーショントラッキングキット「NOLO CV1」が同梱され、快適にゲームをプレイできます。

リフレッシュレートは75Hz、視野角は100°と、VR動画やVRゲームの映像を快適に楽しめるスペックを搭載。高精細で臨場感のある映像をVRで実現したい方におすすめです。

ゴービス(Goovis) ヘッドマウントディスプレイ GOOVIS-G2

約800インチの仮想画面が楽しめるヘッドマウントディスプレイです。従来のTFT液晶に比べてコントラストが高い「AMOLED」を搭載。60fpsに対応しているので、ゲームや動画をなめらかに表示できます。HDMIからの映像入力に対応しており、幅広い機器と繋げて使えるのもポイントです。

そのほか、単体でもネットに繋げられる「Wi-Fi機能」、直感的に操作できる「タッチパネル対応コントローラー」、ワンタッチで映像の切り替えが可能な「2D/3Dボタン」など、便利なオプションを多数搭載。高性能モデルながら、本体重量は約345gと軽量なのも大きな特徴です。

豆知識!PCのスペックにも注意しよう!

PC用ヘッドマウントディスプレイを使用するときは、使用するPCのスペックにも注意してください。たとえばHTC社のVIVE Cosmosであれば、Intel Core i5-4590以上、NVIDIA GeForce GTX 970と同等以上のVR Readyグラフィックスカードを推奨しています。

格安PCでは上記のようなスペックを満たすのは難しいため、VR用PCを購入するのもおすすめです。VRのスペックを満たすPCを探している方は、以下の記事を参考にしてみてください。