近年話題のVRコンテンツが手軽に楽しめるヘッドマウントディスプレイ。頭部に装着して、目の前に大画面が広がることによって、よりゲームや映像コンテンツに没入できるアイテムです。

大きく分けてスマホ用とPC用の2種類がありますが、価格帯が幅広いために選ぶ際はどこを比較したらよいのか悩みどころ。そこで今回は、ヘッドマウントディスプレイの基礎知識とおすすめのヘッドマウントディスプレイをご紹介します。

ヘッドマウントディスプレイとは?

By: amazon.co.jp

ヘッドマウントディスプレイとは、頭部に装着する特殊なディスプレイのことです。両眼を覆うように装着し、目の前に映画館のスクリーンのような映像を映し出すことができます。

左右別々の映像を見せて立体視させたり、仮想現実の世界を体験させたりすることができるのもポイント。現在発売されているものでは、主にゲームや映像コンテンツを楽しむ際に活躍してくれます。

スマホ用とPC用だと違う?

スマホ用ヘッドマウントディスプレイ

By: amazon.co.jp

スマホ用のヘッドマウントディスプレイは、普段自分が使用しているスマホをディスプレイとして使用します。スマホを装着してVR動画を再生し、それをのぞき込む形で気軽に楽しめるのが魅力です。

PC用の高価なヘッドマウントディスプレイと比較すると没入感は劣りますが、比較的安価に購入できることからお試しの1台としても人気。また、現在はスマホのVR用アプリも充実しているため、スマホ用VRコンテンツを最大限楽しむために高価なものを購入する方も増えています。

スマホ用のヘッドマウントディスプレイについて詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

PC用ヘッドマウントディスプレイ

By: amazon.co.jp

PC用ヘッドマウントディスプレイは、PCやゲーム機器などにHDMI端子やUSBケーブルで接続して使用します。高価な反面、画面の解像度が高くVRゲームに対応するなど、よりコンテンツを楽しむができます。

なお、デザインは帽子のようにかぶるタイプから眼鏡のように鼻にかけるタイプまで、メーカーによってがさまざま。使用感にも違いが出るのでしっかりと確認しておきましょう。

ヘッドマウントディスプレイの選び方

By: amazon.co.jp

眼鏡をかけたままでも使用できるか?

眼鏡をかけている方は装着感に支障があるかないかはチェックすべきポイント。日常的にコンタクトレンズを使用していない場合、眼鏡に非対応だと快適にプレイすることができません。ヘッドマウントディスプレイを最大限楽しむために、視力が懸念される方は必ず確認してください。

ゲームに対応しているか?

購入予定のヘッドマウントディスプレイが、自分がプレイしたいゲームに対応しているかを確認するのは大前提。例えば、PC用VRゲームなら、Oculus社の提供するRiftとHTC社が提供するViveの2つに対応しているものが多いので、PC用VRゲームをプレイしたい方は意識しておきましょう。

ヘッドホン付きか?

ヘッドマウントディスプレイがヘッドホン搭載タイプかどうかも重要です。ヘッドホン搭載タイプにはメリットとデメリットがあります。メリットは、手軽に使用できるということ。接続してすぐに対応できるので、スムーズにスタートできます。

ただ、こだわったサウンド環境でプレイしたい場合は自前のヘッドホンを用意したほうが高品質の音でコンテンツを楽しめます。用途に応じて、ヘッドホン付きかヘッドホンなしを選択してください。

解像度やリフレッシュレートなどの画面機能

パソコンのディスプレイと同じように、ヘッドマウントディスプレイにも解像度が存在します。解像度が高いほうが、より精細な画面でコンテンツを楽しむことができます。

また、1秒間に何回画面が切り替わるかを示すリフレッシュレートが高いほうが滑らかな映像になります。他にも、画面の遅延速度などは、FPSやアクションゲームをプレイするときは重要になるので、画面機能を確認してください。

ヘッドマウントディスプレイのおすすめ

エレコム(ELECOM) VRゴーグル P-VRG03GN

リーズナブルなヘッドマウントディスプレイ。手軽に持ち運べるコンパクトサイズなので、初めて購入を検討している方におすすめの1台です。

4.0~6.0インチのスマホに対応し、専用のVRアプリをインストールするだけで簡単に使用可能。透明カバーを採用しているため、アウトカメラを使用したARコンテンツも楽しめます。

VOX PLUS BE 3DVR

ゴム製ベルトを採用し、頭の形にフィットするヘッドマウントディスプレイ。焦点距離と瞳孔間距離を調整できるダイヤル機能を搭載しているのが特長です。

また、近視・遠視に対応しているので視力が低い方にも最適。受話機能・音量調整・コンテンツの一時停止機能などのボタンを備えており、スマホを外さずに本体だけで操作できます。

VR本体にはイヤホンを搭載。イヤークッションも柔らかいものを採用しているので、長時間使用していてもストレスを感じにくいものポイントです。

グリーンハウス(GREEN HOUSE) GH-VRHB

3点保持式でしっかりと頭に固定できるヘッドマウントディスプレイ。ヘッドホン部の調整も可能なので、頭の大きさを問わず最適にVRコンテンツを楽しむことができます。

本体下部に直感的に使用できる操作ボタンを配置。音量の上げ下げ機能・電話を受ける機能・電話を切る機能があるので、コンテンツ視聴中の操作もラクラクです。

レンズ位置は左右に調整することによって最適なポジションに設定することが可能です。スマホ接続部もワンタッチで開閉することができるので、お手軽に使用できます。

エレコム(ELECOM) P-VRGEH01

本体フロントカバーが透明になっているヘッドマウントディスプレイ。本体のアウトカメラを使用するARコンテンツなどが楽しめるタイプです。

目幅調整ダイヤル・ピント調整ダイヤル・音量調整ボタン・再生/停止ボタンなど、VRを快適に使用するためのすべての機能を搭載。開閉しやすいフロントカバーなので、設置後すぐにコンテンツを楽しめます。

また、スマホに接続するオーディオミニプラグはコンパクトにまとめられるカールコードを採用しているので、収納性も良好です。

Canbor VRゴーグル

ブルーライトを減少させるアンチブルーレイ鋼化ガラスフィルムを採用したヘッドマウントディスプレイ。瞳孔間距離と焦点距離をそれぞれ片眼ずつ調整できるので、眼の度数が左右で異なる方でも安心してVRコンテンツを楽しむことができます。

本製品にはBluetoothリモコンを付属。再生・停止・音量調整などの操作が手元で行えるのもポイントです。また、長時間使用する際は本体前面のカバーが外れる設計。放熱もできるので、スマホへのダメージにも配慮しています。

サムスン(Samsung) VR Galaxy Gear VR with Controller SM-R324NZAAXJP

サムスンのスマホ「Galaxy」用に開発されたヘッドマウントディスプレイ。ベルト式で手軽に頭部に装着する設計なので、Galaxyを使用していてVRコンテンツを気軽に楽しみたい方におすすめします。

本製品の特長は、本体やスマホを操作するためのコントローラを付属しているところ。コントローラにはタッチパッド・ボリュームキー・戻る/ホームキー・トリガーボタンを搭載しているので、本体操作からゲームボタンまで多くの用途に活用できます。

また、Oculus Rooms and Partiesというソーシャルアプリを使用すれば、離れた場所にいる友人とその場で出会っているかのようにコミュニケーションをとることができます。

カールツァイス(Carl Zeiss) Zeiss VR ONE Plus

ドイツの光学メーカーが販売しているヘッドマウントディスプレイ。本体前面のトレーを横にスライドしてスマホをセットして使用タイプで、レンズに特長がある製品です。

装着時のピント調整が不要なだけでなく、眼鏡をかけたままでも使用できるところもポイント。また、内部が蒸れないための通気部を設けたり、顔と直接接触するクッション部分を多層構造にしているので、長時間使用を想定している方におすすめの1台です。

ソニー(SONY) PlayStation VR PlayStation Camera 同梱版

大人気ゲーム機のPlayStation4を楽しむためのヘッドマウントディスプレイ。装着すると、プレイヤーの周りを360度取り囲むVR空間が出現して、ゲームの世界に没入することができます。

VRヘッドセットに映し出される映像を、テレビ画面にも映し出すことが可能。そのため、ひとりで楽しむだけでなく、複数人でパーティプレイやオンラインマルチプレイを楽しむことができます。

VRヘッドセットに映し出される仮想空間内にスクリーンを映し出して、映像コンテンツを楽しむことができるシネマティックモードを搭載。臨場感のある映像を楽しむことができます。

オキュラス(Oculus) Rift cv1

ヘッドマウントディスプレイ専門メーカーのPC用ヘッドマウントディスプレイ。PCとHDMIケーブルや複数のUSBケーブルで接続して使用する1台です。

現在では多くのVRゲームが本製品に対応してつくられているため、PCでVRゲームを最大限楽しみたいのであれば、本製品がおすすめ。Oculus Touch同梱版を購入すれば、VRでの自然な動きに対応した操作性を手に入れることができます。

エイチティーシー(HTC) VIVE

世界最大のPCゲームのプラットフォームのSteamを提供しているValue社とHTC社が共同開発した本製品は、steamのVRゲームを楽しみたい方におすすめです。

2つのモーショントラッキングセンサーを搭載。空間を動き回るVR空間を体験することができます。さらに、2160×1200の解像度・90fpsの高い描画速度によって、滑らかな映像を実現。直感的なジェスチャーコントロールが特徴の専用コントローラを2つ搭載することによって、スムーズにゲームをプレイすることができます。

ソニー(SONY) Personal 3D Viewer HMZ-T3W

有機ELパネルを搭載したヘッドマウントディスプレイ。発売から年月は経っていますが、黒の発色が豊かであるほか、動画応答性などスムーズなのが特長です。

画像遅延を1フレーム(0.016秒)に短縮する低遅延に対応。瞬時の動作が求められるFPSやアクションゲームなどをプレイするときも快適に使用できます。

人の視野特性に着目し、映像視聴領域の45度を超える視野を覆うデザインで見える範囲を狭くして、必要のない情報が見えない設計。さらに、上下にライトシールドを搭載して光を遮断することで、圧倒的な没入感を堪能することができます。

Docooler VR07

価格が2万円程度のオールインワンヘッドマウントディスプレイ。重力・ジャイロ・マグネットセンサーを搭載し、VRコンテンツを最大限楽しめるように設計されています。

1980×1080のフルHD仕様。3時間の充電時間で2.5時間駆動します。保存領域は16GBですが、外付けのMicroSDカードは128GBまで対応。Bluetooth4.0・Wi-Fiに対応し、Google PlayストアでVRアプリをダウンロードすることもできます。

Qkifly All-in-one VR headset

HDMI入力にも対応したオールインワンヘッドマウントディスプレイ。PCやゲーム機とつなげて楽しむこともできますし、本製品単体で楽しむこともできます。

Android 5.1を搭載しているので、Google PlayやYouTube、その他のサードパーティアプリにも対応。画面のリフレッシュレートは60Hzなので、映像も滑らかで動きの激しいゲームにも対応できます。

豆知識! PCのスペックにも注意しよう!

PC用ヘッドマウントディスプレイを使用するときは、使用するPCのスペックにも注意してください。グラフィックボードの性能やUSBポートの数に余裕がないと、快適に使用できないからです。

例えば、Oculus社のRiftであれば、以下のようなスペックが推奨されています。

・CPU:Intel i5-4590
・メモリ:8GB
・グラフィックカード:NVIDIA GTX 1060
・USBポート:USB 3.0ポートx3、USB 2.0ポートx1

一般的な家電量販店で購入するPCで、上記のようなスペックを満たすのは難しいです。そこで、VR用PCを販売している専門ショップでPCを購入することを検討してください。

VRのスペックを満たすPCをお探しの方は、以下の記事を参考にしてみてください