360°全方位映像が楽しめるPS VRは、バーチャルリアリティによって臨場感あふれる世界が体験できます。PS VR対応ゲームやコンテンツは立体的で迫力のある映像だけでなく、3Dオーディオ処理が施された立体音響も魅力です。

PS VRにはイヤホンが付属していますが、より高音質なサウンドを求めるならヘッドホンが最適。そこで今回は、リアルなサウンド再生が可能なPS VR用のおすすめヘッドホンをご紹介します。

PS VR用ヘッドホンの選び方

構造をチェック

By: amazon.co.jp

PS VRの形状は、ゴーグルを少し大きくしたようなデザインです。装着するヘッドホンの形やサイズによっては、物理的に干渉する可能性があります。特にヘッドホンとPS VR双方のヘッドバンド部分がぶつからないかや、ヘッドホンのイヤーカップ部分がPS VRにあたらないかをチェックしましょう。

また、ヘッドバンド型と比較すると種類は少ないですが、ネックバンド型のヘッドホンもおすすめです。PS VRのヘッドバンドと干渉しにくいのが魅力。なかにはヘッドホンをつけたままでもPS VRの着脱ができるモデルもラインナップされています。

密閉型

By: amazon.co.jp

ヘッドホンは、スピーカーと同じようにドライバーユニットの前面だけでなく背面にも音を発しています。密閉型のヘッドホンは、イヤーカップ背面を樹脂や木材で覆うことで、後ろ側に出た音が外部に逃げにくいのが特徴です。

外部からの音が入りにくいので、VRコンテンツのサウンドに集中でき、高い没入感が得られます。なお、耳の周囲を密閉するので、長時間使用すると蒸れを感じたり耳や頭が圧迫されたりする場合があるので注意しましょう。

開放型

By: amazon.co.jp

開放型ヘッドホンのイヤーカップ背面はメッシュ構造になっている場合が多く、再生された音が外部に出やすくなっているのが特徴です。イヤーカップの内部が密閉されていないので、開放感のある自然で抜けのよいサウンドが楽しめます。

PS VRのゲーム中でも周囲の音が聞き取りやすいのもポイント。圧迫感も少ないので、長時間使用時におすすめです。

有線接続に対応しているかチェック

By: amazon.co.jp

ヘッドホンの接続方式にはケーブルを使用した「有線方式」とBluetoothや2.4GHzのワイヤレス規格を利用した「無線方式」が存在します。煩わしいケーブル類が必要ないワイヤレスヘッドホンは便利ですが、現状のPS VRには無線接続機能がありません。

PS VRをヘッドホンで楽しむには、3.5mmステレオミニプラグによる有線接続に対応したモデルを選びましょう。

サラウンド機能は不要

By: amazon.co.jp

ヘッドホンが搭載している「バーチャルサラウンド機能」とは、ステレオ2chに加え、疑似的なch(チャンネル)を追加して立体音響を実現する機能。360°方向から音が聞こえてくるので、VRコンテンツに最適な機能です。

しかし、PS VRにはヘッドホンの「バーチャルサラウンド機能」とは別に、3Dオーディオ技術を使用した立体音響処理が施されています。そのため、「バーチャルサラウンド機能」を搭載したヘッドホンを使うと、PS VRの3Dオーディオ処理と干渉してしまうので注意が必要。PS VRのゲーム・コンテンツには「バーチャルサラウンド機能」非搭載のモデルか、「バーチャルサラウンド機能」をON・OFFできるモデルがおすすめです。

PS VR用ヘッドホンのおすすめ

キングストン(Kingston) HyperX Cloud Alpha HX-HSCA-RD/AS

ゲームプレイ向けに開発されたヘッドホンです。着脱可能なノイズキャンセリングマイクが付いているので、PS VR用としてだけでなく、FPSなどでボイスチャットを使う方にもおすすめ。DiscordやTeamSpeakでも使えます。

低音用チャンバーと中高音用チャンバーを搭載しているので、歪みを抑えたクリアなサウンドで再生可能。PS VRでより没入感を得たい方にも向いています。

イヤーカップは大きく、イヤーパッドも柔らかいので、長時間プレイしていても快適。比較的安いモデルですが数々の賞を受賞しており、コストパフォーマンスを重視する方にもおすすめのヘッドホンです。

デノン(DENON) ヘッドホン AH-D1200

優美な曲線が特徴的なヘッドホンです。ビジュアルグランプリを複数回受賞しており、インテリアとして楽しみたい方にもおすすめ。高音から低音までクリアに再生できるハイレゾ音源にも対応しており、音質を重視する方にも適しています。

イヤーパッドには一般的なレザーパッドの約2倍の耐久性を備える独自開発素材を採用。頭部のカーブにフィットする形状記憶フォームも採用しており、フィット感も良好です。

デノン(DENON) ヘッドホン AH-D9200

音質重視の方におすすめのヘッドホンです。ハウジングに高知県産の「孟宗竹」を使った、ぬくもりのあるデザインが特徴。高級車の内装にも使われている竹は軽量で堅牢な素材であるほか、振動を吸収する特徴もあり、自然で広い音場のサウンドが楽しめます。

付属の着脱式ケーブルの導体には、純銀でコーティングした「シルバーコートOFC線」を採用。導電率が高く、よりナチュラルな音が再生できるので、PS VRへの没入感を高めたい方におすすめです。

イヤーパッドには形状記憶フォームを使っているため、長時間快適な装着感。遮音性も高いため低音も漏れにくく、より繊細な音も聞き取れます。

ソニー(SONY) ステレオヘッドホン MDR-Z7M2

70mmの大口径ドライバーユニットと搭載したヘッドホンです。100kHzの再生にも対応しており、よりなめらかで自然な音の響きを再生可能。PS VR世界への没入感を高めたい方におすすめです。

ビートレスポンスコントロールにも対応しており、低音のアタック音もより正確に再生可能。後ろから迫ってくる敵の足音や、ローラーコースターの振動音なども、より臨場感があるサウンドで再生できます。

エルゴノミックデザインのイヤーパッドを採用しているので、装着感も良好。特殊な加工を施すことで湿気を逃しているため、蒸れを気にせず長時間プレイできます。

バング&オルフセン(BANG&OLUFSEN) BEOPLAY H4 2ND GEN

高級オーディオブランド、バング&オルフセンのヘッドホンです。人気を博したBeoplay H4の後継モデル。前モデルを踏襲したラムスキンやアルミニウム素材を使ったラグジュアリーなデザインは、インテリアとしても楽しめます。

バング&オルフセン独自のチューニングにより、豊かな音場で再生可能。有線と無線のどちらにも対応しており、PS VR用以外にも、iPhoneやパソコンと繋いで、音楽や動画を楽しむことが可能です。

イヤークッションも柔らかく、長時間の使用も快適。長さが1.2mの3.5mmミニジャック付オーディオケーブルのほか、USB-C-USB-A ケーブルも付属するので、さまざまなデバイスと接続できます。

オーディオテクニカ(audio-technica) プロフェッショナルモニターヘッドホン ATH-M40x

よりナチュラルなサウンドで再生できるモニターヘッドホンです。高音域から低音域まで、広い音域の繊細な音まで拾えるのが特徴。密閉型なので遮音性も良好で、よりPS VR世界での臨場感を楽しめます。

楕円形のイヤーカップによって耳への圧迫感が抑えられているので、長時間快適な使用が可能。イヤーパッドとヘッドパッドはタフで手触りもよく、装着感を重視する方にもおすすめです。

ケーブルは1.2mのカールコードと3mのストレートコードが2本付属。PS VRから離れた場所でも使いやすいので、手や腕を大きく動かしても安全に楽しめます。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン ATH-ANC900BT

ハイレゾ音源に対応したヘッドホンです。PS VRをより高音質で楽しみたい方におすすめ。DLCコーティング振動板を搭載しており、広い音域をより繊細に再生できます。

イヤーパッドとヘッドパッドには低反発クッションと上質なレザーを使っているので、長時間のプレイも快適。3.5mm金メッキステレオミニプラグを採用した1.2mのケーブルが付属します。

また、Bluetooth接続に対応しており、ワイヤレス時にはノイズキャンセリング機能が使用可能。「QUIETPOINT ハイブリッドデジタルノイズキャンセリング技術」を採用しており、屋外でもリスニングに集中できます。

「ヒアスルー機能」にも対応しているので、ヘッドホンを着けたままでもアナウンスなどの聞き取りが簡単。ワイヤレス時には最大35時間の連続再生ができ、約15分の充電で約3時間使用できる急速充電にも対応しているため、普段使いにもおすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ポータブルヘッドホン ATH-WP900

フレイムメイプルをハウジングに使った、インテリアとしてもおしゃれなヘッドホンです。無垢のメイプルを削り出しているため、それぞれが世界に1つだけの木目を持っているのが特徴。使い込むほど味わいが出るので、普段から愛用したい方にもおすすめです。

内部にはDLCコーティング振動板を採用しており、高音から低音まで、広い音域を高解像度で再生可能。中音域の歪みも低減されているので、キャラクターボイスなどを高音質で聴きたい方にもおすすめです。

ケーブルには専用設計のコネクター「A2DC」を採用し、コネクター先端を独自設計することで音切れやノイズを軽減。PS VRプレイ中の動きにも柔軟に対応しており、安定した高解像度の音質で楽しめます。

イヤーパッドとヘッドパッドには低反発なレザーを使っているので疲れにくく、PS VRを長時間プレイしたい方にもおすすめです。

Srhythm ヘッドホン ノイズキャンセリング NC25

ワイヤレス接続にも対応したヘッドホンです。Bluetooth5.0を搭載しているので、PS VR用として以外にも、音楽鑑賞用や動画コンテンツ鑑賞用としてもおすすめ。ノイズキャンセリング機能にも対応しており、よりリスニングに集中できます。

音を閉じ込める密閉型なので重低音もパワフル。ノイズキャンセリング機能を切った際も、PS VRの音に集中できます。本製品はヘッドバンドを調節できるので、圧迫感を軽減可能。約180gと軽量なので頭部への負担を軽減しながら、長時間快適に楽しめます。

城下工業 SoundWarrior Studio Monitor Headphones SW-HP10s

より原音に忠実なサウンドを楽しみたい方におすすめのモニターヘッドホンです。PS VRに登場するキャラクターの息遣いまで感じられる高解像度な音質が魅力。プロユースに対応し、ゲーム音楽を楽しみたい方にもおすすめです。

イヤーパッドにはエルゴノミックデザインを採用しているので、長時間の仕様も快適。比較的圧迫感がある密閉型ですが、遮音性はそのまま耳を包み込むような優しい装着感で、PS VRをプレイできます。

アーカーゲー(AKG) Reference Studio Headphones K712PRO

PS VR用のゴーグルをかけたままでも使いやすい開放型のヘッドホンです。大型のイヤーパッドを搭載しているので長時間の使用も快適。イヤーパッドはスムースなベロア素材を使っているため手触りがよく、装着感も良好です。

また、「セルフアジャスト機能」によりヘッドバンドの長さ調節も簡単。3mストレートケーブルと5mカールコードが付属し、有線接続でも自由に動ける範囲が広いので、手や足を動かす際もより安全に楽しめます。

スカルキャンディ(Skullcandy) CRUSHER WIRELESS S6CRW

低音に迫力があるヘッドホンです。世界で初めてサブウーファーを内蔵した「震えるヘッドホン」としても知られており、PS VR世界での振動をよりリアルに感じられます。

ワイヤレス接続にも対応しており、最長40時間の再生が可能とバッテリー持ちも良好。急速充電にも対応しているので、普段使いにも便利です。

サイドに搭載したアイコニックな音量ボタンや、スマートなデザインからビジュアルグランプリを複数回受賞。価格も比較的安いので、コストパフォーマンスを重視する方にもおすすめです。

Bluedio T2s Turbine Bluetooth Wireless Stereo Headphones T2SWCA001

ハウジングに刻んだダイアルデザインが特徴的なヘッドホンです。メタリックでモダンな外観はインテリアとしてもおすすめ。オーバーヘッドタイプとネックバンドタイプの両方に対応しており、PS VR用のゴーグルをかけたままでも快適に使えます。

無線と有線のどちらも可能しており、ワイヤレスの場合は最長約40時間の再生が可能。機能的でデザイン性も良好ですが比較的安いので、コストパフォーマンスを重視する方にもおすすめです。