ゲーム業界を牽引するPS4。ソフトの充実はもちろん、有料会員サービス「PlayStation Plus」の加入者増加により、好調をキープしています。ゲーム機自体はそのままでも十分楽しめますが、周辺機器を取り揃えることで、さらに快適な環境を整えることができるのも魅力です。

そこで今回はPS4の周辺機器のおすすめアイテムをご紹介します。VR対応のヘッドマウントディスプレイなど注目すべき製品をピックアップしたので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

PS4周辺機器の選び方

周辺機器が型番に対応しているか

PS4はこれまで薄型化や高スペック化など改良を繰り返してきました。各モデルは「CUH-○○○○」という型番で管理されています。番号は初期型がCUH-1000番台、薄型化されたPS4 SlimがCUH-2000番台、ハイエンドモデルのPS4 ProがCUH-7000番台です。

周辺機器によっては、型番に対応していない場合がありますので、ご自身のPS4の型番を確認しておきましょう。本体後方のラベルに「CUH-○○○○」という形で記載されています。

正規か非正規か

By: playstation.com

PS4周辺機器には、ソニー純正または正式に許可を得て作られた「正規品」、そして非公式に開発された「非正規品」の2種類が存在します。

正規品は、安心感のあるところが魅力。メーカーによる動作確認が行われているので、PS4に接続しても動かないといったことはまずありません。品質面にも優れていることから、予算に不都合がなければ基本的には正規品がおすすめです。

一方、ソニーの許可を得ずに勝手に開発された「非公式品」は、価格が安いのがメリット。しかし、PS4で認識されない可能性があるので注意しましょう。動作確認が行われていたとしても、本体アップデートによって使えなくなってしまう恐れがあります。非公式品にもよい製品はありますが、選ぶ際はくれぐれも注意してください。

PS4周辺機器のおすすめ人気モデル|必須編

ソニー・インタラクティブエンタテインメント DUALSHOCK4

ソニー純正のPS4用ワイヤレスコントローラー「DUALSHOCK4」。コントローラー上部にタッチパッドを搭載しているのが特徴で、スマホのようにフリックやピンチといった直感的な操作ができるようになりました。従来どおり振動機能も搭載。臨場感のあるゲームプレイが楽しめます。

通常、本体には1つコントローラーが付属していますが、複数人で同時プレイする場合は別途コントローラーが必要になります。純正品なので信頼性が高いのはもちろん、作りもしっかりしているので安心して使うことが可能。耐久性の高いコントローラーを探しているのならば、純正品のDUALSHOCK4がおすすめです。

PECHAM PS4 & PS4 Slim 両用 多機能縦置きスタンド

PS4の初期型およびスリム型に対応した多機能縦置きスタンド。コントローラーを2台収納できるだけでなく、同時にバッテリー充電も可能です。また、3つのUSBポートを搭載しているので、さまざまな周辺機器に対応できます。

また、下部には冷却対策としてファンが2基搭載されているのもポイントです。ファンの電源はPS4からUSBで給電しているので配線周りもシンプル。PS4や周辺機器をスッキリとまとめて収納したい方におすすめの縦置きスタンドです。

ホリ(HORI) 置くだけ充電スタンド for DUALSHOCK 4

日本のゲーム周辺機器メーカー・ホリ(HORI)の充電スタンド。本製品はコントローラーにあらかじめアタッチメントをつけることにより、USBに接続せずに置くだけで充電できる「クレードル充電」を採用しています。

充電スタンドはコントローラーの収納場所としても機能します。見栄えもよくなるため、インテリアにこだわりたい方にピッタリ。コントローラー1台用のタイプも発売されているため、ソロプレイがメインの場合はそちらもおすすめです。

クルーシャル(Crucial) SSD 500GB MX500

PS4は内蔵のHDDにデータを記録していますが、SSDを使用することで高速化が可能です。本体に内蔵する方法と外付けする方法がありますが、おすすめはUSBで繋ぐだけで完了する「外付け」。システムソフトウェア バージョン4.50以降であれば、外付けの記憶媒体を拡張ストレージとして、直接ゲームをインストールすることができます。

ストレージ容量は500GBと控えめですが、ヘビーユーザーでなければ十分です。コストをかけたくない方や高速化を体験してみたい方にピッタリ。モンハンワールドのようなロードに時間がかかるソフトをプレイするときは、とくに恩恵が大きいのでおすすめです。

ソニー(SONY) PlayStation VR PlayStation Camera 同梱版

ソニーが発売している純正ヘッドマウントディスプレイPlayStation VR。気軽にVR体験できるのが魅力で、『バイオハザード7 レジデント イービル』や『ザ エルダースクロールズ V:スカイリム VR』など、VR対応作品も次々とリリースされています。

また、CGムービーをはじめ、ミュージックビデオ、360度実写映像といったVRコンテンツに対応しているのもポイント。「シネマティックモード」では、仮想の巨大スクリーンでネットフリックスなどの映像配信サービスを楽しめるなど、ゲーム以外でも楽しめます。PS4を持っているのならばぜひ購入したい周辺機器です。

ソニー(SONY) nasne 1TBモデル CUHJ-15004

By: playstation.com

「ナスネ」は、PlayStation機器に対応したネットワークレコーダーです。PS4と接続すれば、地デジ・BS・110度CS放送の録画および視聴ができます。内蔵ハードディスクは1TBの大容量サイズ。足りなくなったら外付けハードディスクを接続して増設することも可能です。

スマートフォンに基本無料アプリ「torne mobile」をインストールすれば、外出先でもナスネを使うことが可能。視聴再生機能や書き出し機能といった一部機能は有償ですが、買い切りタイプなので一度購入すれば制限なく使うことができます。ゲームだけではなく、テレビライフも楽しみたいという方におすすめのPS4周辺機器です。

PS4周辺機器のおすすめ人気モデル|あったら便利編

ロジクール(Logicool) ワイヤレスキーボード K270

PS4の文字入力は画面にキーボードを表示してから、コントローラーで入力しなければならず、意思疎通に時間がかかってしまいます。そこで便利なのがワイヤレスキーボード。ストレスなく、スムーズにチャット機能が使えます。DQ10やFF14といったオンライン要素を重視したMMORPGでは必須の周辺機器と言えるでしょう。

ロジクールのK270はUSBにレシーバーを挿し込んで使うワイヤレスのキーボードです。キーストロークが浅めのメンブレンタイプのため、本体が薄型で軽量。価格もリーズナブルなので、最初の1台としておすすめです。

YOUTHINK PS4 ワイヤレス チャットパッド

コントローラー下部に接続するタイプのチャットパッドです。PS4本体とBluetoothで接続することが可能。コントローラーの下部にはめ込むことで、充電しながら使用できます。下部にはUSBポートとオーディオジャックが搭載されているのも便利です。

見た目的にインパクトのある周辺機器ですが、慣れてくるとコントローラーで操作しつつ、パッドで同時に文字入力できるという点がワイヤレスキーボードよりも優れています。文字を入力するたびにコントローラーから手を放したくないという方におすすめの周辺機器です。

ソニー(SONY) ワイヤレスサラウンドヘッドセット CUHJ-15001

ソニー純正のワイヤレスサラウンドヘッドセット「CUHJ-15001」。PCではサラウンド再生できるヘッドホンでもPS4に接続すると非対応になる可能性があるのですが、本製品は7.1chのバーチャルサラウンドを実現しています。

マイクにはノイズキャンセリング機能を搭載。PSstoreからヘッドセットコンパニオンアプリをダウンロードすることで、細かいサウンド調整もできます。臨場感あふれるサウンドを楽しみたい方におすすめのPS41周辺機器です。

アストロゲーミング(Astro Gaming) A40 TR + MIXAMP Pro TR ゲーミング・ヘッドセット

アストロゲーミングのヘッドセット「A40 TR」と、音声を調整できるアンプ「MIXAMP Pro TR」がセットになったモデルです。PS4から光デジタルでアンプに繋ぐことで、PS4での5.1chサラウンドを実現しています。『レインボーシックスシージ』のような音が勝敗を左右するFPSのプレイヤーにおすすめです。

アンプは単独で使うこともできるので、他メーカーのヘッドセットと組み合わせることも可能。サウンドにこだわりたい方にピッタリです。なお、PS4 Slimで利用する場合は、HDMIから光デジタル音声を分離する変換機が別途必要になるので注意しましょう。

ソニー・インタラクティブエンタテインメント DUALSHOCK 4 USBワイヤレスアダプター

PS4には離れた場所からでもゲームが楽しめる「PS4リモートプレイ」という機能が付いています。どこでもゲームが楽しめる便利な機能なのですが、プレイする際にコントローラーの一部機能が使えなくなってしまうため、ゲームによっては操作がしづらく、プレイに支障をきたしてしまいます。

ソニー純正の本製品は、パソコンやタブレットのUSBポートに差し込むだけで、PS4コントローラーをワイヤレスで使うことができます。面倒な設定は一切不要なほか、PSリモートプレイ以外にもPC用のコントローラーとして使用することもできます。

ホリ(HORI) タクティカルアサルトコマンダー K1

「タクティカルアサルトコマンダー K1」は、キーボードとマウスがセットになったPS4対応周辺機器です。キーボードはPCと同じ配列を採用しているため、WASD移動が容易。FPSをパソコンに近い感覚で遊びたいという方にピッタリです。

マウスの感度が緩やかになる「スナイプボタン」、マウス感度が最大になる「クイックボタン」、左スティックを少しだけ傾けた状態にできる「ウォークボタン」といったように、FPS向けの機能を備えているのもポイント。なかなか思うように敵を倒せない場合はぜひ使ってみてください。

動作は保証されていませんが、付属のマウスを使い慣れたマウスに交換することもできます。ボタン配置と合わせてカスタマイズすれば、より快適にプレイすることが可能。PCゲームの操作に慣れ過ぎてしまった方はもちろん、FPSの腕前を上げたい方にもおすすめです。

PS4の周辺機器のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

PS4の周辺機器のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。