ゲームやスポーツ観戦の没入感を高められる「VRゴーグル」。近年はVRゴーグルの普及が進んでおり、さまざまな製品が販売されています。しかし、種類が豊富でどれを選べばよいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

今回は、VRゴーグルのおすすめをご紹介します。選び方のポイントについても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

VRゴーグルとは?

By: amazon.co.jp

VRゴーグルとは、VRという仮想現実を手軽に楽しむためのゴーグルのことです。ゴーグルの左右にそれぞれ映像を表示することで、映像を立体視できるのが特徴。VRゴーグルを使うことで、ゲーム・ライブ・スポーツ観戦などの没入感や臨場感を高められます。

VRゴーグルは視聴のみができるモノと、VRの中でゲームなどの操作ができるモノに分かれています。目的に合った製品を選んでみてください。

VRゴーグルの選び方

種類の違いをチェック

スタンドアローンタイプ

By: meta.com

スタンドアローンタイプのVRゴーグルは、本体にディスプレイやバッテリーを搭載しており、製品単体でVRを楽しめます。動画視聴だけでなく、専用のコントローラーを使えばVRゲームをプレイ可能です。

Wi-Fi接続を用いることで使用できるため、ケーブルによるわずらわしさがない点もメリット。自由度の高さを重視する方や、気軽にVRを楽しみたい方におすすめです。

PC接続タイプ

By: picoxr.com

PC接続タイプのVRゴーグルは、PCと接続することで高度な処理が可能になります。PCに搭載されたGPUを使って描画処理を行うため、高画質なVR映像や本格的なVRゲームを楽しみたい方におすすめです。

ただし、PC接続タイプの性能を活かすには、高性能なゲーミングPCと接続する必要があるので注意しましょう。また、ほかのタイプと比較すると高価な製品が多い点も特徴です。

スマホタイプ

By: elecom.co.jp

スマホタイプのVRゴーグルは、VRアプリを立ち上げたスマホを装着することで使用できます。価格が安い傾向にあるため、初期費用を抑えたい方や手軽にVRを楽しみたい方におすすめです。

ただし、VRの質はスマホの性能に依存する点に注意しましょう。本格的なVRゲームなどの使用にはあまり向いていません。動画視聴をメインに使いたい方はチェックしてみてください。

解像度やリフレッシュレートをチェック

By: rakuten.co.jp

VRゴーグルを選ぶ際は、解像度とリフレッシュレートをチェックしましょう。

解像度は表示される画像のドット数を表しており、高いほど高画質になります。両目で1920×1080の、フルHD以上の解像度に対応しているVRゴーグルがおすすめです。なかには、4Kをサポートしている製品も販売されています。

また、リフレッシュレートは、ディスプレイが1秒間に描写できるコマ数のことです。リフレッシュレートが高いほどなめらかな映像を出力できます。リフレッシュレートの値が低い場合、VR酔いを起こしやすくなるため注意しましょう。

なかには、90Hzの高リフレッシュレートに対応しているモデルも販売されているので、快適にVRを楽しみたい方はチェックしてみてください。

トラッキング方法をチェック

首の動きをトラッキングする「3DoF」

By: amazon.co.jp

3DoFに対応しているVRゴーグルは、頭の上下・左右への回転と傾きを感知できます。首の動きをトラッキングできるため、VR空間内で360°視認できます。VRゴーグルで動画視聴をしたい方におすすめです。

体全体の動きは感知できないものの、スペースの広さを気にせずに使用できます。6DoFと比べて安価なので、初期費用を安く済ませたい方はチェックしてみてください。

体の動きもトラッキングできる「6DoF」

By: rakuten.co.jp

6DoFに対応しているVRゴーグルは、首と頭の動きに加えて体の動きもトラッキングできるのがメリットです。360°視認できるだけでなく、前後・左右・上下の移動を感知できます。VR空間内を歩き回りたい方や、ゲーム・エクササイズをしたい方におすすめです。

ただし3DoFと比べて機能性に優れている分、高価な傾向にあります。体の動きを検知するため、十分なスペースを確保しなければならない点にも注意しましょう。

長時間使用するなら軽量かつ装着感に優れたモデルを

By: amazon.co.jp

映画やゲームなどを長時間楽しみたい場合は、重さと装着感をチェックしましょう。軽量なモデルやエルゴノミクス設計を採用しているモデルは、長時間使用しても疲れにくいのが特徴です。

ヘッドストラップの長さを調節できるモノは、顔の形状にあわせて装着感を調整できます。なかには、重さを前後に分散させることで体への負担を軽減しているモデルも販売されています。スマホタイプのVRゴーグルを選ぶ場合は、装着するスマホの重さも考慮して選びましょう。

メガネをかけたままでも使えるかチェック

By: elecom.co.jp

普段からメガネを使用している方は、メガネをかけたままVRゴーグルを装着できるかチェックしましょう。メガネと併用できればピントをあわせる手間も省けます。

ただし、製品によってゴーグル内のスペースが異なる点に注意しましょう。メガネが大きい場合はVRゴーグルとの併用ができないこともあるので、購入前にメガネのサイズを測っておくのがおすすめです。

ピント調整機能があるモデルを選ぼう

By: elecom.co.jp

ピント調整機能を搭載しているVRゴーグルは、映像をはっきりと視認しやすい点が魅力です。VR酔いの対策にもなるため、あらかじめ機能の有無をチェックしましょう。

また、視力が低い方でもメガネを外した状態で装着できるので、VRゴーグルの中でメガネがずれるといった心配も軽減可能。なかには、左右それぞれのピントを調整できる製品も販売されています。

VRゴーグルのおすすめ|スタンドアローンタイプ

Meta Meta Quest 3

Meta Meta Quest 3 2023

VRだけでなく、現実と仮想空間をミックスさせるMR(複合現実)に対応しているVRゴーグルです。2つのRGBカラーカメラと深度プロジェクターを搭載し、深度と解像度に優れています。

片目あたりの解像度は2064×2208。高画質な映像を楽しみたい方におすすめです。リフレッシュレートは最大120Hzに対応しているため、なめらかな映像を描写できます。

バッテリーの最大使用可能時間は平均2.2時間。バッテリーセーバーモードを使えば、より長時間駆動できます。USB Type-Cポートも搭載されており、充電や外部機器との接続も可能です。

さらに、カスタマイズ可能なヘッドストラップにより、ヘアスタイルや顔の形状にあわせてフィット感を調整できます。装着感を重視する方にぴったりです。メガネをかけたまま装着できるのもポイント。レンズ調整機能を備えている点もメリットです。

Meta Meta Quest Pro

Meta Meta Quest Pro 2023

6DoF対応のVRゴーグル。Meta Quest Touch Proコントローラーが付属しています。文字や絵を描く動作などの指の動きを感知可能です。アイトラッキングやフェイストラッキング用の赤外線センサーを5個搭載し、リアルタイムで表情の感知もできます。細かい動きや表情をVRに反映させたい方におすすめです。

また、フルカラーのMRに対応しており、自分の部屋で作業しているかのような感覚を味わえます。サイズ調整ができる画面を複数開けるので、タスクの整理やメッセージのやり取りなどのマルチタスクも可能です。

さらに、カウンターバランスを採用したエルゴノミクス設計により、快適に長時間装着できます。レンズの間隔を無段階で調整できるため、映像を鮮明に映したい方や目の疲れを軽減したい方にもおすすめです。

連続駆動時間は平均2.5時間。付属の充電ドックを使えば2時間で充電が完了する点もメリットです。

PICO PICO 4

PICO PICO 4 2022

4K+のスクリーンと105°のワイドな視界が魅力のVRゴーグルです。高画質かつ没入感の高い映像を楽しみたい方におすすめ。リフレッシュレートは90Hzに対応しています。

6DoFで首だけでなく体の動きもトラッキングが可能。スポーツ・フィットネスアプリをしたい方にもおすすめです。赤外線光学ポジショニングシステムと光学センサーにより、すばやく追跡できます。

また、パンケーキレンズを採用することで軽量化を実現した点も特徴。バランス設計を採用し、重量を前後に分散させています。後面にはサポート用クッションを搭載しているため、装着感も良好です。揺れたりずれたりしにくい点もメリット。長時間装着しても快適に使用できます。

さらに、設定メニューから瞳孔間距離を62~72mmの間でシームレスに調整可能です。5300mAhのバッテリーを搭載しており、QC 3.0やPD 3.0による充電もできます。

PICO PICO G2 4K A7510

PICO PICO G2 4K A7510 2019

3DoFに対応しているVRゴーグルです。Bluetooth接続で使える3DoFコントローラーが付属。4Kの液晶ディスプレイを採用しており、美しい映像を楽しめます。動画鑑賞をメインに使いたい方におすすめです。

また、歪みと光の分散を制御するフレネルレンズを搭載し、眩しさに邪魔されることがないと謳っています。没入感を得やすい点がメリットです。

調整ストラップが付いているためフィット感にも優れています。重さは276gと軽量です。バッテリーや調整ストラップは後方に搭載されているので、前後の重量バランスも良好。長時間の使用にも適しています。

PICO PICO Neo3 Link A7H10

 PICO PICO Neo3 Link A7H10 2019

By: picoxr.com

6DoFに対応しているVRゴーグルです。PICOストアにある100種類以上のゲームをプレイできます。Wi-Fi 6やBluetooth 5.1によるワイヤレス接続に対応しているので、PC接続も可能です。Steam VRストアから多くのVRゲームをプレイできます。本格的かつ多様なVRゲームを楽しみたい方におすすめです。

解像度は4K級の3664×1920に対応。リフレッシュレートは最大120Hzなので、映像がなめらかです。テュフ ラインランドの低ブルーライト認証を取得済みで、瞳孔間距離を3段階で調整できる点もメリットです。

さらに、360°サラウンド内蔵ステレオスピーカーを搭載。3D立体音響に対応しています。5300mAhのバッテリーを備えており、連続駆動時間は約2.5~3時間。メガネをかけたまま装着する場合は、ハードサイドストラップで装着感をスムーズに調整できます。

DPVR DPVR P2

DPVR DPVR P2

満足度の高い没入感が得られるスタンドアローンタイプのVRゴーグル。3664×1920ドットの高解像度に対応した5.46型ディスプレイを採用しており、高精細で色鮮やかな光景を堪能できるのが特徴です。

プロセッサーには、CPUやGPUの機能を統合した、クアルコムのVR/AR向けSoC「Snapdragon XR1 Platform」を採用。センサーはジャイロスコープ、加速度センサー、磁気センサーを内蔵しています。

メモリは6GBで、ストレージは128GB。なお、最大1TBのmicroSDカードに対応しており、拡張も可能です。バッテリーは5700mAhで、連続使用は最大4時間。操作性に関しては3DoFコントローラーが付属しているほか、本体側面のタッチパッドでも対応できます。

VRゴーグルのおすすめ|PC接続タイプ

エイチティーシー(HTC) VIVE Focus 3 99HASY000-00

エイチティーシー(HTC) VIVE Focus 3 99HASY000-00 2021

視野角が最大120°と広いVRゴーグルです。デュアル2.88インチLCDパネルを採用しています。解像度は片目で2448×2448、両目で4896×2448ピクセルです。高解像度なVRゴーグルを求める方におすすめ。リフレッシュレートは90Hzで、なめらかな映像を楽しめます。

音漏れを低減した指向性スピーカー設計を採用しており、会話が外部に聞こえにくいのも魅力です。ハイレゾ出力の3.5mmオーディオジャックを採用しているので、没入感を重視する方にもおすすめ。瞳孔間距離を57~72mmと幅広く調整できる点もメリットです。

さらに、アクティブクーリングメカニズムと熱最適化バッテリーを搭載していることにより、冷却性能にも優れています。電力効率も高く最大2時間の連続使用が可能。30分の充電で最大50%までチャージも可能です。

エイチティーシー(HTC) VIVE XR Elite 99HATS004-00

エイチティーシー(HTC) VIVE XR Elite 99HATS004-00

XRパススルーにより、リアルとバーチャルを融合できるVRゴーグルです。高解像度RGBカラーカメラと深度センサー、4個の広視野角トラッキングカメラを搭載し、正確なトラッキングと空間認識機能を備えています。

解像度は片目あたり1920×1920、両目で3840×1920です。最大視野角が110°と広い点もメリット。リフレッシュレートは90Hzに対応しているため、なめらかな映像を楽しめます。

また、無段階の瞳孔間距離調整に対応しており、片目ごとに視野を焦点距離ダイヤルで変更可能です。メガネをかけずに装着できます。

重量バランスが考慮されているので装着性も良好。バッテリーを着脱できる点も便利です。さらに、バッテリークレードルを取り外すことで、コンパクトに持ち歩き可能。PCとの接続方法はケーブルまたはWi-Fi 6Eに対応しています。

Valve VALVE INDEX VR キット

Valve VALVE INDEX VR キット 2019

視野角が最大130°と広いVRゴーグルです。レンズから瞳までの距離や瞳孔間距離を調節できます。解像度は片目あたり1440×1600です。リフレッシュレートが120Hzと高く、90Hzへの後方互換性があり、試験的な144Hzも搭載されています。残像感の少ない映像を楽しみたい方におすすめです。

スピーカーはオフイヤーを採用しており、耳に接触しないデザイン。バーチャルサウンドが外気を通って耳に届き、より自然な形で音響を体験できると謳っています。没入感を高められるだけでなく、物理的な接触がないため長時間快適に装着可能です。スピーカーは耳の位置にあわせて上下左右に調整できます。

頭と顔に接触する部分のパーツはやわらかいのもポイントです。ヘッドセットのクッションパッドは磁気で固定されているので、着脱してお手入れもできます。

VRゴーグルのおすすめ|スマホタイプ

エレコム(ELECOM) スタンダードVRゴーグル VRリモコンセット VRG-M02RBK

エレコム(ELECOM) スタンダードVRゴーグル VRリモコンセット VRG-M02RBK 2021

4.8~7.0インチのスマホに対応しているVRゴーグルです。大きめのスマホを使っている方におすすめ。サイズ切り替えアダプターでVRゴーグル開口部を小さくでき、小型サイズのスマホでも使えます。セッティングはスマホを置いて蓋を閉じるだけなので、簡単に使用可能です。

また、開口部が広くメガネをかけたまま装着できます。左右の目の幅にあわせて調整できる超ワイド目幅調節機構や、焦点距離を細かく調整できるピント調節機構を搭載している点もメリットです。

アジャスター付きヘッドバンドを採用しており、装着時のフィット感にも優れています。重さは約280gと軽量です。フェイスパッドはやわらかく通気性に優れているため、夏場の使用にもおすすめです。

VRゴーグルを装着したまま操作できるVRリモコンも付属。VR動画の再生・早送り・音量調整などをワイヤレスで行えます。

エレコム(ELECOM) ヘッドホン一体型VRゴーグル VRリモコンセット VRG-XEHR01BK

エレコム(ELECOM) ヘッドホン一体型VRゴーグル VRリモコンセット VRG-XEHR01BK 2021

ヘッドホン一体型のVRゴーグルです。3.5φオーディオミニプラグをスマホに接続することで、スピーカーから音を出力可能。高域から低域までバランスのとれた音質を再現できると謳っています。遮音性が高いため、没入感の高い製品を探している方におすすめです。

やわらかいイヤーパッドを採用しており、長時間装着しても疲れにくい点がメリット。ヘッドバンドとヘッドホンは位置を調節でき、フィット感にも優れています。

さらに、本体上部に目幅調節や焦点距離の調節ができるダイヤルを搭載している点も魅力。本体に搭載された操作ボタンで映像の再生・一時停止・音量調節ができるほか、ワイヤレスで操作できるVRリモコンも付属しています。

スマホのサイズは4.8~7.0インチと幅広く対応。サイズ切り替えアダプターが付いているので、小型サイズのスマホにも使用可能です。

Nova JP VRヘッドセット VR4

Nova JP VRヘッドセット VR4 2023

PMMAレンズを採用しているVRゴーグルです。ブルーライトカット機能や電磁放射線保護機能を搭載しています。長時間の使用による目の疲れを軽減したい方におすすめです。

視野角は最大120°と広く、広範囲を視認でき、解像度は1080Pに対応。焦点距離や瞳孔間距離をそれぞれ調節可能です。また、4.7~6.5インチのスマホに対応しており、サイズの異なるスマホでも使用できます。

イヤホンケーブルを通す穴があり、有線またはBluetoothでイヤホンと接続可能です。フロントパネルも着脱できるため放熱性に優れ、視界が曇るのを防げます。

さらに、人間工学に基づいたデザインを採用し、首や頭に負担をかけにくい点もメリットです。顔と接触する部分にはやわらかいPUクッションが付いています。頭部固定用の合成皮革製ベルトには伸縮性があり、長さを調節可能。重さは約282gと軽量です。

VRゴーグルの売れ筋ランキングをチェック

VRゴーグルのランキングをチェックしたい方はこちら。

番外編:VRゴーグルで遊べるおすすめVRゲーム

Beat Saber

Beat Saber

2本のサーベルで迫り来るキューブ状のビートを切り伏せて遊ぶ、臨場感あふれるVRリズムゲームです。右手で赤のビート、左手でビートを正しく切れると得点が加算。間違った方を切るか空振りをするとミス扱いになり、ミスが続くとゲームオーバーになってしまいます。迫力のあるEDMと剣で切る爽快感が人気を集め、世界的ヒットを記録している作品です。

シンプルなゲームながら、VR内の上下左右さまざまな方向から飛んでくるキューブに対応しなくてはならないので、臨場感のあるゲーム体験ができるのが魅力。難易度はEasyからExpart+まで5段階設けられ、自分に合った難しさで遊べます。難易度ごとのスコアランキングも実装され、世界中のユーザーとスコアを競えるのもメリットです。

全身を動かしてキューブを切る必要があるため、エクササイズにもなるのもポイント。また、有料DLCを利用すれば、BTSやGreenDayなどの有名アーティストの楽曲を利用でき、自分のお気に入りの曲を使ってノリノリでプレイできます。VRと相性がよく、近未来的な雰囲気でリズムゲームを楽しみたい方におすすめです。

Half-Life: Alyx

Half-Life: Alyx

2020年にValveがリリースした世界的に高い評価を受けているVR専用のFPSです。舞台は「コンバイン」と呼ばれるエイリアンに侵略された地球。主人公の科学者アリックス・バンスは、「エリア17」にて囚われた彼女の父親イーライを助け出すために、コンバインの支配に対して激しい戦いを繰り広げるストーリーが描かれています。

本作は、VR世界でのリアリティが追求され、高度な没入感を実現しているのがポイント。モノを掴んで持ち上げたり、ドアノブを回して扉を開けたりする動作を自然に行えます。実際に自身がエリア17に存在しているかのような感覚を味わえます。

また、グラフィックの作り込みが精巧で、襲ってくるエイリアンなどの敵が恐ろしく感じられるのも魅力。ホラー要素もあり、VRならではの大迫力な映像を楽しめます。VRでFPSをプレイしたい方におすすめの作品なので、ぜひチェックしてみてください。

The Elder Scrolls V: Skyrim VR

The Elder Scrolls V: Skyrim VR

数々の受賞歴を誇る、Bethesda Game Studiosが手がけるオープンワールドRPGのVR版です。帝国派とストームクローク派で内戦が続くタムリエル大陸の北方「スカイリム」を舞台に、広大なスケールの冒険を楽しめます。元になっているThe Elder Scrolls V: Skyrimは、2011年にリリースされてから今日に至るまでに世界中で3000万本以上売れている傑作ゲームです。

本作の魅力は、圧倒的な自由度の高さ。プレイヤーは「ドラゴンボーン」の力を有した主人公を操作し、帝国の内乱やドラゴンとの戦闘に巻き込まれながら、スカイリムの世界を自分の思うがままに生きることができます。メインストーリーは用意されていますが、ノルドの戦士になるもよし、魔法使いになるもよし、暗殺者として裏世界に生きるのもよしと、自分だけの生き方ができるのが醍醐味です。

本作はVR版のため、実際に自身がスカイリムの地で冒険をしているかのような没入感を味わえるのがポイント。雄大な風景の美しさを感じられる一方、ドラゴンやモンスターなどとの戦闘は大迫力で、迫り来る敵に肝を冷やすことにもなるでしょう。オープンワールドRPGが好きな方はもちろん、初めてプレイするという方にもおすすめの超大作です。