ヘキサタープは、六角形を意味するヘキサゴン状の1枚布でできたタープのこと。アウトドアで日差しや雨から身を守ってくれます。住居で例えるとすると、テントは寝室でタープはリビング。下にテーブルを置いて食事をしたり、家族や友人と語らいながらくつろいだりとリラックスした時間を過ごす場合に最適なアイテムです。

そこで今回は、ヘキサタープの選び方からおすすめモデルまでまとめてご紹介します。

ヘキサタープの選び方

ひと回り大きい「サイズ」だと快適

By: amazon.co.jp

ヘキサタープのサイズは、目安として400×400cmで1~3人用、450×450cmで2〜4人用、4~6人で使う場合は550×550cmほどのものを選びましょう。それ以上の大人数に対応するモデルもありますが、大きくなると設営が大変なのでミドルサイズを2つ併用するのもおすすめです。

また、タープ下にはテーブルやチェア、荷物を置くため、使用人数よりやや大きめサイズをセレクトすることをおすすめします。

ツーリングなら「携行性」を重視

ツーリングの場合は積載量・サイズに制限があるので、最も重視するべきは「携行性」です。オートバイの場合は、荷台から左右プラス15cm以下にする必要があります。ツーリング用に開発されたタープであれば、荷台からはみ出る幅が抑えられていて、携行性のよいものが多いのでおすすめです。

突然の雨でも「耐水圧」が高ければ安心

By: amazon.co.jp

「耐水圧」とは、生地に染みこもうとする水圧にどれくらい耐えられるかを示す数値。数値が高いほど防水性能が高くなります。一般的には耐水圧1000~3000mmほどのモデルが主流ですが、強い雨のケースも考慮して耐水圧1500mm以上のモデルがおすすめ。

数値が高いものほど防水性が高まり安心感は増しますが、通気性が悪くなり、生地が重くなる傾向があるため注意しましょう。

日差しが強いシーズンは「遮光性」に注目

By: amazon.co.jp

ヘキサタープの大切な役割のひとつが、日差しから身を守ること。光を遮断する遮光性の高さにも注目する必要があります。タープの生地の色が濃いものほど、光を吸収するため日除け効果はアップ。

また、生地の厚みがあるものほど遮光性は高まります。日焼け対策としてUVカット加工が施されているかも要チェックです。

BBQや焚き火をするなら「難燃性」をチェック

By: dod.camp

キャンプの醍醐味であるBBQや焚き火ですが、火の粉が飛んできてタープに穴が開いてしまうことがあります。ナイロンやポリエステルなどの化学繊維は軽くて丈夫ですが火に弱いため、化繊製タープの近くで火を使うのは厳禁。

BBQや焚き火をするなら、火に強い「コットン製」やコットンとポリエステルの混紡素材「ポリコットン製」のタープがおすすめです。これらは燃えにくい難燃性の素材のため、火の粉が飛んできても穴が開く心配がありません。

また、タープを保護するための難燃シートを使用すれば、雨の日でもタープの下でBBQや焚き火が楽しめます。

ヘキサタープのおすすめメーカー

モンベル(mont-bell)

By: amazon.co.jp

高品質なアウトドアギアで知られる「モンベル」のヘキサタープは、ミニとビッグの2つのモデルをラインナップ。ポリエステル素材に難燃加工を施しているので、BBQや焚き火で火の粉が飛んできても穴が開きにくいのが特徴です。モンベルグリーンとも呼ばれる鮮やかなカラーは、キャンプ場でひときわ目をひきます。

スノーピーク(snow peak)

By: amazon.co.jp

日本の気候を知り尽くした「スノーピーク」は、ヘキサの定番人気モデル「HDタープ」やエントリーモデルの「アメニティタープ」、ハイエンドモデルの「ヘキサ エヴォ Pro」などラインナップが充実しているのが魅力です。各製品とも高品質・高機能な基本スペックを備えており、キャンパーから人気の高いメーカーのひとつです。

コールマン(Coleman)

By: coleman.co.jp

日本でも人気のアウトドア総合ブランド「コールマン」のヘキサタープは豊富なラインナップが魅力です。耐久性・耐水性に優れており、設営・撤収の手軽さなど取り扱いも簡単。特に同社ならではの機能性の高さから人気があります。

ロゴス(LOGOS)

By: amazon.co.jp

良質で手頃な価格のアウトドアギアが人気の「ロゴス」。タープが充実しており、ヘキサモデルはエントリーモデルの「ROSY」から定番モデルの「neos」、さらに上級者モデルの「プレミアム」があります。ほかにも、女性に人気の「ナバホ」やカモフラ柄の「ツーリングタープ」など、ラインナップが豊富。また、耐久性・防水性ともに優れた基本スペックを備えています。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

By: amazon.co.jp

「鹿番長」の愛称で親しまれている「キャプテンスタッグ」も、ヘキサタープのラインナップが充実しています。最近は、カモフラ柄のキャンプアウトシリーズやスタイリッシュなCSブラックラベルなど、ちょっとトガったデザインを採用。若者層にも人気が広がっています。

ディーオーディー(DOD)

By: dod.camp

手軽でユニークなアウトドアギアが人気の「DOD」。最近はタープにかなり力を入れており、ラインナップが豊富です。定番のヘキサタープもブラックやピンク、トリコロールなど、ひと味番う個性的なカラーがそろっています。キャンプサイトを楽しくしてくれるタープが手に入るブランドです。

ヘキサタープのおすすめモデル|ソロキャンプ・ツーリング向けモデル

モンベル(mont-bell) ミニタープHX

モンベル(mont-bell) タープ ミニタープHX

小型サイズながらも、広い居住空間を実現する「ミニタープHX」。メインポールとサブポールの組み合わせにより、簡易テントのような使い方もできます。

ポールとの接合部には耐久性に優れたステンレス金具を使用。耐水圧1500mmの75Dポリエステルタフタ素材を採用しており、突然の大雨にも対応可能です。難燃加工が施されているため、焚き火の近くでも使用できます。

ヘッドランプなどを反射して光る張り綱とアルミペグ、スタッフバッグが付属。コンパクトに収納できるため、ソロキャンプやツーリングなど、できるだけ荷物を減らしたいときに活躍するおすすめのヘキサタープです。

ロゴス(LOGOS) ツーリングタープ

ロゴス(LOGOS) ツーリングタープ

ツーリング用として開発された小型・軽量のヘキサタープ 。テントサイトで存在感を放つカモフラージュ柄がポイントのおすすめモデルです。収納時のサイズは66×16×16cmとコンパクト。専用の収納バッグ付きで持ち運びも簡単です。

生地には、防水加工を施した68D難燃性ポリエステルタフタを採用。万が一火の粉が付着しても燃え広がらないため、安心して使用できます。耐水圧は2000mmで急な大雨にも対応可能。別売りの「SOLOドーム」と連結すれば、1~2用のアウトドアリビングとしても使用できます。

テンマクデザイン(tent-Mark DESIGNS) ムササビ ウイング 13ft. “Travelin’ light”

テンマクデザイン(tent-Mark DESIGNS) ムササビ ウイング 13ft. Travelin' light

国産ブランド「テンマクデザイン」の人気製品「ムササビ ウイング」を、より軽量・コンパクトに改良した持ち運びに便利なモデル。空を飛ぶムササビを連想させる独特の形状が特徴で、使い手のアイデア次第でさまざまな張り方を楽しめる自由度の高さが魅力です。

サイズは390×380×240cmで、1〜2人程度での使用に適しています。バックパッカーやツーリストなどにおすすめのヘキサタープです。

アルティメイトサバイバルテクノロジー(UST) 1人用 タープ ヘキサタープ

アルティメイトサバイバルテクノロジー(UST) 1人用 タープ ヘキサタープ

本格派サバイバルブランド「アルティメイトサバイバルテクノロジー」の1人用ヘキサタープです。内側に、アルミ蒸着を施したポリエステルの生地を使用。暑さや寒さをやわらげ、快適に過ごせます。タープとしてはもちろん、緊急時にはサーマルブランケットとしても使用できる便利なアイテムです。

重さ約680gと持ち運びやすいのも魅力。ソロキャンプやツーリングにおすすめの軽量・コンパクトなヘキサタープです。

パーゴワークス(PaaGo WORKS) ニンジャタープ NJ01 -DG

PaaGo WORKS(パーゴワークス)ニンジャタープ NJ01 -DG

手裏剣のようなシルエットが特徴の「ニンジャタープ」。2011年にスタートした日本発のアウトドアブランド「パーゴワークス」の人気アイテムです。サイズは280×280mmでソロキャンプでの使用に適しています。

前後2辺のテンションスリーブと21か所ものジョイントポイントを備えているのが特徴。設営が簡単な上、シーンに応じてさまざまな張り方ができます。本体重量は480gと軽いため、持ち運びやすいのも魅力です。

ヘキサタープのおすすめモデル|少人数グループ・ファミリーキャンプ向けモデル

コールマン(Coleman) タープ XPヘキサタープ MDX

コールマン(Coleman) タープ XPヘキサタープ MDX

人気アウトドアブランド「コールマン」の中型ヘキサタープ。使用時のサイズは約460×435cmで、4人での使用に適しています。ポール上部がクロスする「クロスポール」を採用しており、設営や高さ調節を簡単に行えるのが魅力です。

付属のサイドポールを使用すれば、さまざまな張り方が可能。日差しの角度にも柔軟に対応できます。耐水圧は約1500mmで強い雨にも耐えられるおすすめのアイテムです。

ロゴス(LOGOS) タープ ナバホTepee ブリッジヘキサ-AE

ロゴス(LOGOS) タープ ナバホTepee ブリッジヘキサ-AE

ナバホ柄の幕体が目をひくヘキサタープ。左右非対称デザインになっているため、さまざまな張り方を楽しめるのが魅力です。UVカット加工が施された耐水圧1600mmの難燃性ポリエステルタフタを使用しており、急な天候の変化にも対応できます。

同ブランドのなかでも人気が高い「Tepee」シリーズのテントと連結が可能。テントの前室代わりにも使用できます。

ディーオーディー(DOD) ヘーキサタープ TT5-582

ディーオーディー(DOD) ヘーキサタープ TT5-582

火の粉があたっても穴が空きにくいポリコットン生地を使用したヘキサタープ。厚みのある生地が濃い影を作り出すため、炎天下でのキャンプも快適に過ごせます。

全ての角にグロメットとループを備えており、日差しや風向きに合わせて片面を下ろしたり、出入りしやすいようにフラットしたりと、シーンに応じてさまざまな張り方ができるのも魅力。専用キャリーバッグ付きでコンパクトに収納できます。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) オルディナ ヘキサ タープ セットM-3167

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) オルディナ ヘキサ タープ セットM-3167

4〜6人での使用に適したヘキサタープ。紫外線遮断率95%のUVカット加工が施された生地を使用しており、日差しの強い真夏も快適に過ごせます。

全ての角にグルメットとループを設置。さらに、ループベルトと三角布で補強することによって、引っ張り強度を高めているのもポイントです。別売りのポールを使用すれば、さまざまなセッティングを楽しめます。

縫い目からの水漏れを防ぐシームテープ加工が施されているため、急な雨にも対応可能。汎用性の高い中型サイズのヘキサタープを探している方におすすめです。

キャンパーズコレクション(Campers Collection) ヘキサゴンタープ RXG-2UV

キャンパーズコレクション(Campers Collection) ヘキサゴンタープ RXG-2UV

UVプロテクト仕様でアウトドアでの日除けに活躍するファミリーサイズのヘキサタープ。リーズナブルな価格ながら、直径5mm程度のガイドロープと優れた防錆性を発揮するパウダーコーディングが施されたポールが付属します。

また、ランタンを引っかけておくのに便利なマルチフックを備えているのもポイント。日帰りから連泊のキャンプまで、さまざまなシーンで快適に使えるおすすめのヘキサタープです。

バンドック(BUNDOK) ミニ ヘキサゴン タープ UV BDK-25

少人数でのキャンプやレジャーに適した3〜4人用のヘキサタープ。UVカット加工が施された耐水圧約1000mmの生地を使用しており、日除けや雨対策に活躍します。別売りのアジャスターポールを使用すれば、さまざまな設営アレンジが可能です。

収納時のサイズは73×11×11cmと非常にコンパクト。専用ケース付きで、持ち運びや収納にも便利です。

ヘキサタープのおすすめモデル|大人数グループ・ファミリーキャンプ向けモデル

スノーピーク(snow peak) HDタープ“シールド”・ヘキサL TP-862H L

スノーピーク(snow peak) HDタープ“シールド・ヘキサ(L) TP-862H L

アウトドア初心者から上級者まで、多くの人から支持されている人気ブランド「スノーピーク」の6人用ヘキサタタープ。デザイン性の高さはもちろん、設営のしやすさや悪天候にも耐えられる強度の高さに定評があります。

5枚の生地を贅沢に縫製し、表面に撥水加工を施すことで最低耐水圧3000mmを実現。さらに裏面には、遮光性を高めるシールド加工が施されており、暑さの厳しい真夏でも快適に使用できます。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) プレーナヘキサ タープ セットM-3155

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) プレーナヘキサ タープ セットM-3155

4~6人に対応する大きめサイズにも関わらず、リーズナブルな価格で購入できるヘキサタープ。強い負荷がかかる各コーナーをループベルトと三角布で補強しているため、しっかりとテンションをかけながら設営できます。

縫い目には、雨の侵入を防ぐシームレス加工が施されているのもポイント。専用バッグが付属するため、持ち運びにも便利です。別売りのポールを使用すれば、さらに広いスペースも作れます。

オガワ(ogawa) フィールドタープ ヘキサDX 3333

オガワ(ogawa) フィールドタープ ヘキサDX 3333

日本の老舗テントメーカー「オガワ」のヘキサタープです。テントとタープの境目をなくした、通称「小川張り」と呼ばれるブランド推奨の設営が可能。タープとテントを隙間なく連結できるため、雨が降っても快適に過ごせます。

遮光ピグメントPU加工が施された210Dのポリエステル生地を使用しており、強い日差しをしっかりとカット。耐水圧は1500mmで、急な雨にも対応できます。また、丈夫なアルミ製のチェットポールは、220~250cmで7段階の高さ調節が可能。シーンに合わせてさまざまな張り方ができるおすすめのヘキサタープです。

ロゴス(LOGOS) Black UV ヘキサ5750-AG 71808022

ロゴス(LOGOS) Black UV ヘキサ5750-AG 71808022

ブラック×レッドの個性的な配色が目を引くヘキサタープです。独特なカラーリングによって、UVカット率96.5%、遮光性92.2%を実現。強い日差しを遮って高い断熱効果を発揮するため、暑い季節も快適に過ごせます。

生地裏に施された特殊加工が、優れた耐水圧性能を発揮。縫い目にはシームテープ加工が施されており、雨の中でも安心して使用できます。ファスナー開閉式で中身を取り出しやすい専用バッグ付き。大人数向けサイズにも関わらず、収納・持ち運びにも便利なおすすめモデルです。

ユニフレーム(UNIFLAME) REVOタープ600 uf-681442

ユニフレーム(UNIFLAME) REVOタープ600 uf-681442

開放感や居住性に優れた左右非対称シルエットが特徴のヘキサタープ。6~10人での使用に適した大型モデルです。さまざまな張り方が可能で、利用シーンや好みのキャンプスタイルに合わせて使用できます。

UVカットコーティングとテフロン撥水処理を施した150Dのポリエステル生地を採用。設営時のシワや生地への負荷を軽減するヘヴィーメッシュを採用しており、簡単に設営できます。

生地の裏側には、日中は強い日差しを遮り、夜はランタンの明かりを反射するライトグレーコーディングが施されているのもポイント。大人数でも快適に過ごせるおすすめのヘキサタープです。

テントファクトリー(TENT FACTOR) ヘキサゴンタープ TC470

リーズナブルな価格設定が魅力のアウトドアブランド「テントファクトリー」と、アウトドア用品販売店「ナチュラム」が共同開発したヘキサタープ。通気性に優れたポリコットン素材を採用しており、夏は涼しく冬は暖かく過ごせます。

幅470cmの大きめサイズで、人数の多いファミリーキャンプなどで活躍します。開放的な空間を演出できるおすすめの大型ヘキサタープです。

ヘキサタープの張り方

まずは場所選びから

By: amazon.co.jp

ヘキサタープを組み立てる際に、いくつか押さえておきたいポイントがあります。まずは場所選び。なるべく平坦で石や岩などがない場所を選ぶのが基本です。また、川岸や中洲など増水の危険がある場所、落雷の危険がある一本木の下、崖下などは避けましょう。

次に、太陽の日差しが時間で変わることも意識しながらタープの位置を決めます。広げたタープに合わせて、使用するポールやペグをあらかじめ配置。こうすることで作業をスムーズに進められます。このとき、突然の風などでタープが飛ばされないようにペグを1本打って仮止めしておくと安心です。

具体的な手順

By: amazon.co.jp

メインポールから2本の自在ロープを用い、45°の角度を目安にペグ打ちして固定します。このとき、自在ロープはある程度緩めて調整シロを残しておくのがポイント。

目安のペグ打ちが済んだあとは、メインポールを持ち上げてタープを立ち上げます。安定感を増すために、ポールをタープに対してやや外側に倒すのがコツです。

しっかりとタープが自立したのを確認したら、屋根を広げてロープをペグ打ち。自在金具で少しずつテンションをかけていき、シワをとっていけば美しいタープの完成です。

ペグのゆるみに要注意

By: amazon.co.jp

設営後の注意点として、突風などが吹くとタープに力がかかりペグが抜けて飛んでいくことがあります。しっかりとペグダウンするとともに、ペグがゆるんでいないか時間をおいて確認するようにしましょう。