ヘキサタープは、六角形を意味するヘキサゴン状の1枚布でできたタープのこと。アウトドアで日差しや雨から身を守れます。住居で例えるとすると、テントは寝室でタープはリビング。下にテーブルを置いて食事をしたり、家族や友人と語らいながらくつろいだりと、リラックスした時間を過ごす場合に最適なアイテムです。

そこで今回は、ヘキサタープの選び方からおすすめモデルまでまとめてご紹介します。

ヘキサタープの選び方

ひと回り大きい「サイズ」だと快適

By: dod.camp

ヘキサタープのサイズは、目安として400×400cmで1~3人用、450×450cmで2〜4人用、4~6人で使う場合は550×550cmほどのモノを選びましょう。それ以上の大人数に対応するモデルもありますが、大きくなると設営が大変なのでミドルサイズを2つ併用するのもおすすめです。

また、タープ下にはテーブルやチェア、荷物を置くため、使用人数よりやや大きめサイズを選ぶようにしましょう。

ツーリングなら「携行性」を重視

ツーリングの場合は積載量やサイズに制限があるので「携行性」を重視しましょう。オートバイの場合は、荷台から左右プラス15cm以下にする必要があります。ツーリング用に開発されたタープであれば、荷台からはみ出る幅が抑えられた携行性のよいモノが多いのでおすすめです。

突然の雨でも「耐水圧」が高ければ安心

By: amazon.co.jp

「耐水圧」とは、生地に染みこもうとする水圧にどれくらい耐えられるかを示す数値。数値が高いほど防水性能が高くなります。一般的には耐水圧1000~3000mmほどのモデルが主流ですが、強い雨のケースも考慮する場合、耐水圧1500mm以上のモデルがおすすめです。

なお、数値が高いモノほど防水性が高まり安心感は増しますが、通気性が悪くなり、生地が重くなる傾向にあるため注意しましょう。

日差しが強いシーズンは「遮光性」に注目

By: amazon.co.jp

ヘキサタープの大切な役割のひとつが、日差しから身を守ること。光を遮断する遮光性の高さにも注目する必要があります。生地の色が濃いモノほど、光を吸収するため日除け効果が期待できるモデルです。

また、生地の厚みがあるモノほど遮光性は高まります。日焼け対策としてUVカット加工が施されているかも要チェックです。

BBQや焚き火をするなら「難燃性」をチェック

By: dod.camp

キャンプの醍醐味であるBBQや焚き火ですが、火の粉が飛んできてタープに穴が開いてしまうことがあります。ナイロンやポリエステルなどの化学繊維は軽くて丈夫ですが、火に弱いため化繊製タープの近くで火を使用してはいけません。

BBQや焚き火をするなら、火に強い「コットン製」やコットンとポリエステルの混紡素材「ポリコットン製」のタープがおすすめ。難燃性の素材なので、火の粉が飛んできても穴が開きにくいのが魅力です。

また、タープを保護するための難燃シートを使用すれば、雨の日でもタープの下でBBQや焚き火が楽しめます。

ヘキサタープのおすすめメーカー

コールマン(Coleman)

By: coleman.co.jp

日本でも人気のアウトドア総合ブランド「コールマン」のヘキサタープは豊富なラインナップが魅力です。耐久性や耐水性に優れており、設営や撤収などの取り扱いも簡単。特に同社ならではの機能性の高さから人気があります。

スノーピーク(snow peak)

By: amazon.co.jp

日本の気候を知り尽くした「スノーピーク」は、ヘキサの定番人気モデル「HDタープ」やエントリーモデルの「アメニティタープ」、ハイエンドモデルの「ヘキサ エヴォ Pro」などラインナップが充実しているのが魅力です。各製品とも高品質で高機能な基本スペックを備えており、キャンパーから人気の高いメーカーのひとつです。

ディーオーディー(DOD)

By: dod.camp

手軽でユニークなアウトドアギアが人気の「DOD」。最近はタープにも力を入れており、ラインナップが豊富です。定番のヘキサタープもブラックやピンク、トリコロールなど、ひと味番う個性的なカラーがそろっています。キャンプサイトを楽しく演出できるタープが手に入るブランドです。

ヘキサタープのおすすめモデル|ソロキャンプ・ツーリング向けモデル

ディーオーディー(DOD) ヘーキサタープ TT5-582-TN

ディーオーディー(DOD) ヘーキサタープ TT5-582-TN

ポリエステルと綿を組み合わせた「ポリコットン」生地を採用したヘキサタープです。焚き火の近くでも使える難燃性を有しているのが特徴。厚手の生地を使用しているので、強い日差しでも濃い影を作り出し、真夏のキャンプでも快適な空間を確保できます。

また、6箇所の角は全てポールを装着可能なため、場面に応じて設置方法を調節できるのもメリット。さらに、コットン由来の吸水性も有しているので、早朝の結露などにも強いのがポイントです。

そのほか、約55×14×14cmとコンパクトに収納できるため、オートバイでのツーリングにもおすすめ。夏場のアウトドアを楽しみたい方は要チェックです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) CSブラックラベル ヘキサタープUV UA-1074

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) CSブラックラベル ヘキサタープUV UA-1074

光を吸収しやすい、ブラックのカラーが特徴のヘキサタープ。濃い日陰を作り出せるほか、UVカット加工を施しているので、日差しが強い夏場での使用にもおすすめです。

また、高密度のポリエステル生地「ポリエステルリップストップ210T」を採用し、2000mmの優れた耐水圧も備えています。さらに、ポールやロープの組み合わせによって、場面に応じた設置方法に調節できる自由度の高さも魅力のひとつです。

専用のキャリーバッグが付属しているので、肩にかけながらの持ち運びも可能。女性でもらくに扱える、おすすめのヘキサタープです。

モンベル(mont-bell) ミニタープHX 1122474-DKFO

モンベル(mont-bell) ミニタープHX 1122474-DKFO

338×280cmとソロキャンプにおすすめの、小型ヘキサタープです。耐水性を有する「75Dポリエステルタフタ」を採用し、ウレタンコーティングを施しているのがポイント。雨でも安心して使用できる、1500mmの耐水圧を有しています。

また、難燃加工を施しているので、火の粉がふりかかるような焚き火付近でも使用できるのも魅力のひとつ。耐水性と難燃性を兼ね備えた、汎用性の高いモデルです。

さらに、ペグやバッグを含めてもわずか870gと軽量なため、持ち運びにも便利。自転車やオートバイでのツーリングにも向いている、なるべく重量を節約したい方におすすめのモデルです。

山善(YAMAZEN) ヘキサゴンタープ RXG-2UV

山善(YAMAZEN) ヘキサゴンタープ RXG-2UV

ソロキャンプでゆったりと使用できる、440×425cmのヘキサタープです。本製品は、大阪に本社を置く山善が展開する「キャンパーズコレクション」ブランド。初心者から熟練者までアウトドアライフを満喫しやすい使いやすさを製品開発に反映させています。

素材には、ポリエステル繊維を高密度に編み込んだ「ポリエステルタフタ185T」を採用。1000mmの耐水圧を有しており、撥水性がよいため乾きやすいのがメリットです。

また、紫外線をカットするUVプロテクト仕様なので、日差しが強い場面での日よけにもおすすめ。収納時は65×13×13cmに収まり、オートバイに積載しても邪魔にならないコンパクトさも備えています。

テンマクデザイン(tent-Mark DESIGNS) ムササビウイング13ft.TC 焚き火 version

テンマクデザイン(tent-Mark DESIGNS) ムササビウイング13ft.TC 焚き火 version

日本国内で展開しているブランド「テンマクデザイン」が販売する、軽量コンパクト性を重視したヘキサタープです。ムササビをイメージした独自の形状から生まれる、美しい曲線が魅力。タープのデザイン性にこだわりたい方に適しています。

また、コットンを混紡した生地を採用したことで難燃性にも優れているのがポイント。火の粉がふりかかっても着火しにくく、焚き火の近くで使いたい場面にもおすすめです。

さらに、コットン本来の風合いを楽しめるように漂白されていないため、素材のよさを感じられるのも魅力。カビや悪臭にも強く、長く愛用できる、ソロキャンプにおすすめのモデルです。

アルティメイトサバイバルテクノロジー(UST) ヘキサタープ 12660

アルティメイトサバイバルテクノロジー(UST) ヘキサタープ 12660

遮熱効果のある「アルミ蒸着加工」を施したポリエステル生地を使用した、サーマルブランケットとしても使用できるモデルです。悪天候や、気温の寒暖差が激しい場面での使用におすすめ。通常のタープとしても使いやすい、高い汎用性が魅力です。

また、274×243cm、重量わずか680gのコンパクトタイプなのもポイント。ソロキャンプや自転車でのツーリングに適したヘキサタープです。なるべく荷物や重量を減らしてアウトドアを楽しみたい方におすすめです。

ヘキサタープのおすすめモデル|少人数グループ・ファミリーキャンプ向けモデル

コールマン(Coleman) XPヘキサタープ/MDX

コールマン(Coleman) XPヘキサタープ/MDX

約1500mmの耐水圧を備えた「75Dポリエステルタフタ」を使用したヘキサタープ。設営時の大きさは約460×435×230cmで、UVカット加工を施しているため、強い日差しでも安心して使用できる、少人数での使用に適したモデルです。

本製品にはサイドポールが付属しており、さまざまなパターンでの設営が可能。また、クロスポールの広げ方で高さ調節もできるため、場面に応じて最大限に空間を確保できる自由度の高さが魅力です。

フィールドア(FIELDOOR) ヘキサタープM

フィールドア(FIELDOOR) ヘキサタープM

組み立てやすく、女性でも扱いやすい、カラフルなヘキサタープです。約440×470cmのサイズで、2〜4人ならゆったりと使用可能。約25cmの付属のスチール製ペグでしっかりと地面を掴まえ、簡単に張力の調節ができるアルミ自在も付属しています。

また、ポリエステル製の生地を採用しているので撥水性に優れ、1500mm以上の耐水圧を備えていのも魅力のひとつ。雨天でも快適な空間を確保できます。

さらに、UVカット仕様なので日差しが強い場面にもおすすめ。暑さを抑える「シルバーコーティング」を施しており、最大で4.1℃の遮熱効果を実現しています。

フィールドア(FIELDOOR) ヘキサタープT/C M

フィールドア(FIELDOOR) ヘキサタープT/C M

ポリエステル65%と綿を35%混紡した「T/C生地」を採用し、優れた耐火性と遮光性を兼ね備えたヘキサタープです。また、撥水加工と防カビ加工を施しており、耐久性にも優れているのがポイント。吸湿性にも優れ、結露に強いのも魅力です。

また、耐水圧は428mmとあまり高くはないものの、吸湿により繊維が膨張することで水を通しにくくするので、急な雨にも対応できます。焚き火を使う場面から、湿度の高い場面などさまざまな利用シーンで使える、おすすめのモデルです。

ロゴス(LOGOS) ナバホ Tepee ブリッジヘキサ-AE

ロゴス(LOGOS) ナバホ Tepee ブリッジヘキサ-AE

左右非対称設計により、さまざまなレイアウトでの設営が可能なヘキサタープです。ロゴスの「Tepeeテント」と連結して使用することで、キャンプシーンでも寝室とリビングスペースを確保できるのが魅力です。

また、耐火性のある「難燃性ポリエステルタフタ」を生地に採用し、米国が定める難燃性基準「CPAI-84」に適合しているのもポイント。点火しても、発火点から255mm以内に鎮火する安全性を備えています。火の粉がふりかかりやすい、焚き火の近くでも使用できるのがポイントです。

さらに、1600mmの耐水圧も有しているので、突然の雨天でも快適な空間を確保できます。UVカット加工も備えており、使用できる場面が多いのも魅力のヘキサタープです。

ユニフレーム(UNIFLAME) REVOタープ2M 681800

ユニフレーム(UNIFLAME) REVOタープ2M 681800

伸縮性のある「ヘヴィーメッシュ」を採用し、対角線上で引き合うように設計されたヘキサタープ。設営時のシワを防いで、生地への負担を少なくできるので、耐久性を重視したい方におすすめのヘキサタープです。

生地には、耐水性のある「ポリエステルタフタ150D」を使用し、テフロン撥水処理を施したことで1800mm以上の耐水圧を実現。さらに、UVカットコーティングと遮光性に優れた「PUコート加工」により、日差しが強い真夏にも活躍できます。

また、約10×10m程度の区画でも設営できる手軽さもポイント。少人数でのBBQやキャンプにおすすめのモデルです。

チャムス(CHUMS) ブービーヘキサタープ キャンプ

チャムス(CHUMS) ブービーヘキサタープ キャンプ

清涼感のある、美しいトリコロールカラーが特徴のヘキサタープです。「75Dポリエステルタフタ」を使用し、約1500mmの耐水圧を実現。UVカット加工も施しているので、夏場の日陰を作りたい場面にも向いています。

また、チャムスの「ビートル テント」と連結して、テントに広い前室を作りたい場合にもおすすめ。反射ガイドロープを活用し、多彩な設営方法にも対応できる汎用性も備えています。

さらに、付属のポールには変形に強い合金「Al.7001ジュラルミン」を採用。軽量で耐久性に優れているので、持ち運びにも便利です。

テントファクトリー(TENT FACTORY) ヘキサゴンタープ TC470

テントファクトリー(TENT FACTORY) ヘキサゴンタープ TC470

470×420cmで、2〜4人程度でゆったりと使用したい場合におすすめのヘキサタープです。難燃性のあるポリコットン生地を採用し、通気性にも優れているので夏場のキャンプやBBQでの使用にも向いています。

また、生地が厚いので遮光性も良好。濃い日陰が欲しい場面でも重宝します。さらに、耐水圧2000mmの優れた防水性も有し、突然の雨に遭遇しても安心して使用可能。吸湿性も備えているので、明け方の結露やカビにも強い、優れた耐久性が魅力のモデルです。

ヘキサタープのおすすめモデル|大人数グループ・ファミリーキャンプ向けモデル

スノーピーク(snow peak) HDタープシールド・ヘキサL TP-862S

スノーピーク(snow peak) HDタープシールド”・ヘキサL TP-862S

6人以上の大人数で使用できる、570×500cmの大型モデルです。日差しをブロックして濃い日陰を「遮光ピグメントPU加工」を施しているのがポイント。濃い日陰を作り、真夏の炎天下でも涼しい空間を保ちやすいのが魅力です。

また、耐水性に優れた「210Dポリエステルオックス」を使用し、表面にテフロン加工を施して撥水性をアップしています。耐水圧3000mmを実現しており、強い雨に晒されても雨漏りの心配が少なく、耐久性にも優れたヘキサタープです。

ロゴス(LOGOS) Black UV ヘキサ 5750-AG

ロゴス(LOGOS) Black UV ヘキサ 5750-AG

6名以上の大人数でも、ゆったりと使える570×500cmの大型ヘキサタープです。また、UVカット加工により、紫外線を96.5%遮断できるのもポイント。さらに、99.2%の遮光性も備え、濃い日陰が欲しいときにあると便利です。

生地に使用している「68Dポリエステルタフタ」は難燃性があり、火の粉がかかりやすい焚き火付近でも使用可能。さらに、1200mmの耐水圧も有しているので、雨天でも対応できる汎用性が魅力です。

モダンで落ち着いたデザインなので、設置場所を選ばないのもポイント。初心者の方からベテランまで、幅広いユーザーが使いやすい、おすすめのモデルです。

フィールドア(FIELDOOR) ヘキサタープL

フィールドア(FIELDOOR) ヘキサタープL

約530×570cmの大型で、6人以上の大人数で使用したい場面におすすめのヘキサタープです。ポリエステル製生地を採用し、1500mm以上の耐水圧を有しています。雨天でも快適な空間を広く確保できるのがポイントです。

また、収納時は約75×15×15cmに収まり、キャンプ用品と一緒に車に積み込んでも邪魔にならないコンパクトさも魅力のひとつ。さらに、肩にかけられる専用のキャリーバッグも付属しているので、女性でも簡単に持ち運べます。

ベアーズロック(Bears Rock) ムササビタープ HT-M501

ベアーズロック(Bears Rock) ムササビタープ HT-M501

4〜6人での使用に向いている、約510×400cmの大型ヘキサタープです。生地を広げた際、風が抜けやすいムササビ型を採用しているのが特徴。使用時にしっかりと日陰を確保しやすい形状なので、日差しの強い日にもおすすめです。

また、高密度にポリエステル繊維を編み込んだ「210Dポリエステル」を生地に採用。2000mmの耐水圧を有しているほか、張力のかかりやすいコーナーの補強も施しており、耐久性が高いのも魅力のひとつです。

さらに、わかりやすい説明書つきで子供と一緒に楽しく設置できるので、ファミリーでの使用にも適しています。

オガワ(ogawa) フィールドタープ ヘキサDX 3333-80

オガワ(ogawa) フィールドタープ ヘキサDX 3333-80

遮光性に優れた「シルバーピグメントコーティング加工」を施し、内部の温度上昇を防ぎたい場面に適したモデルです。570×500cmと大型で、6人以上の大人数での使用にもおすすめ。シンプルな構造で、スタイルにあった張り方をしやすいのも魅力です。

張り方の自由度の高さを活かして、高さを左右非対称にして風避けをメインに設置できるのもポイント。また、テントとタープを合体させ、境目をなくした「小川張り」という設営もできます。

そして、高密度に編み込んだポリエステル生地「ポリエステル210d」を採用。さらに、テフロン加工で撥水性を持たせているほか、縫い目からの水漏れを防ぐ「シームシール加工」も施しており、1500mmの耐水圧を有しています。

ヘキサタープの張り方

まずは場所選びから

By: amazon.co.jp

ヘキサタープを組み立てる際に、いくつか押さえておきたいポイントがあります。まずは場所選び。なるべく平坦で石や岩などがない場所を選ぶのが基本です。また、川岸や中洲など増水の危険がある場所、落雷の危険がある一本木の下、崖下などは避けましょう。

次に、太陽の日差しが時間で変わることも意識しながらタープの位置を決めます。広げたタープに合わせて、使用するポールやペグをあらかじめ配置。こうすることで作業をスムーズに進められます。このとき、突然の風などでタープが飛ばされないようにペグを1本打って仮止めしておくと安心です。

具体的な手順

By: amazon.co.jp

メインポールから2本の自在ロープを用い、45°の角度を目安にペグ打ちして固定します。このとき、自在ロープはある程度緩めて調整シロを残しておくのがポイント。

目安のペグ打ちが済んだあとは、メインポールを持ち上げてタープを立ち上げます。安定感を増すために、ポールをタープに対してやや外側に倒すのがコツです。

しっかりとタープが自立したのを確認したら、屋根を広げてロープをペグ打ち。自在金具で少しずつテンションをかけていき、シワをとっていけば美しいタープの完成です。

ペグのゆるみに要注意

By: amazon.co.jp

設営後の注意点として、突風などが吹くとタープに力がかかりペグが抜けて飛んでいくことがあります。しっかりとペグダウンするとともに、ペグがゆるんでいないか時間をおいて確認するようにしましょう。