熱帯魚などの水生生物を飼育する際の水温管理に必須のアイテム「水槽用ヒーター」。水槽の大きさや形状、飼育する生物の種類に適したモノを選ぶことが大切です。

そこで今回は、水槽用ヒーターの選び方やおすすめモデルをご紹介します。種類や特徴も詳しく解説するので、用途に合った水槽用ヒーターを選ぶための参考にしてみてください。

水槽用ヒーターとは?

By: amazon.co.jp

水槽用ヒーターは、水槽をあたためて水温の低下を防ぐアイテムです。熱帯魚やサンゴ礁といったあたたかい環境に生息する生物をはじめ、金魚や植物などさまざまな水生生物の飼育に使用します。熱帯魚の場合は水温22~28℃が適温とされており、各生物に応じた水温管理が必要です。

水槽用ヒーターは、生物が水槽内で生活しやすい温度を保つために必要不可欠。特に日本は四季によって気温の変化が大きく、冬場になれば気温の低下とともに水温も下がります。そのため、水槽用ヒーターで水温を管理し、各生物に合わせた生活環境を維持することが大切です。

サーモスタットとは?

By: amazon.co.jp

センサーによって水槽内の水温を感知し、調節と制御をする装置がサーモスタット。設定の範囲内より温度が下がるとヒーターの電源がONになり、上がるとOFFとなる仕組みで、水槽内の水温を一定範囲に保ちます。

ただし、サーモスタット自体には温度を上げる機能は備わっていないため、水槽用ヒーターとの併用が必要。水槽用ヒーターでの温度調節を自動的に管理するためのアイテムです。

水槽用ヒーターの選び方

ヒーターのタイプをチェック

温度固定型(オートヒーター)

By: rakuten.co.jp

あらかじめ設定された一定の水温に保つのが温度固定型の水槽用ヒーターで、「オートヒーター」とも呼ばれます。水槽に設置してコンセントに接続すれば、自動的に一定の温度に調節できるため、簡単に取り扱えるのが特徴です。

また、比較的安価な製品が多いのも魅力。ただし、設定温度は固定されているので変更ができません。そのため、購入する際には飼育する生物に適した設定温度かどうか確認する必要があります。

温度調節型(ダイヤル式)

By: amazon.co.jp

設定温度をダイヤルで自由に変更できるのが、温度調節型の水槽用ヒーター。温度固定型と同様に、水槽内に設置してコンセントに接続すれば、自動的に水温調節を行います。さまざまな種類の生物に合わせて温度を設定できるのがメリットです。

また、飼育する生物が病気になったときの治療などで、水温を上げたい場合にも便利。熱帯魚やサンゴ礁をはじめ、金魚などの幅広い生物に対応できます。

サーモスタットのタイプをチェック

一体型

By: amazon.co.jp

サーモスタットがヒーターの本体に内蔵されているのが一体型。水槽用ヒーターとサーモスタットを別々に購入する必要がなく、価格も安いうえ、設置も簡単なので手軽に使用できます。

ただし、一体型のため、ヒーターかサーモスタットの片方が故障した場合には、本体の買い替えが必要。取り扱いがしやすく初期投資も抑えられるので、初心者の方におすすめです。

分離型

By: amazon.co.jp

ヒーターとサーモスタットを別々に設置するタイプが分離型。別購入が必要で初期投資も高くなり、配線が一体型よりも複雑なため、初心者の方には取り扱いが難しい場合もあります。

ただし、片方が故障した場合は個別に取り替えれば済むので、ランニングコストに優れているのがメリットです。また、サーモスタットが劣化したり故障したりして交換する場合に、一時的に水温が低下するのも防げます。

水槽に合うワット数をチェック

By: gex-fp.co.jp

水槽用ヒーターを選ぶ際は、水量に合わせてワット数をチェックすることも重要です。水量に比べてワット数が低ければ水温を上げる能力が足りず、高すぎると電気の消耗が大きくなります。そのため、水槽のサイズと水量に適したワット数で選びましょう。

ワット数は「W」で表示され、水槽のサイズが30cmで水量20L以下なら50W、45cm40L以下で100W、60cm60L以下で150W。70cm100L前後で200W、90cm150L前後で300W、120cm200L前後なら500W以上が目安となります。

また、寒冷地域など水があたたまりにくい環境で飼育する場合には、目安のワット数よりも少し高めのモデルを選ぶのがおすすめです。

安全装置の有無をチェック

By: gex-fp.co.jp

火災の発生を防ぐため、水槽用ヒーターに安全装置が付いているかどうかも要チェック。一般的に、水槽は定期的な水替えが必要です。水替えの際に安全装置が付いていない水槽用ヒーターの電源をOFFにし忘れると、高温になったヒーターが可燃物を発火させる危険性があります。

安全装置が備わっているタイプなら、空焚き状態で異常に加熱すると自動で電源がOFFになり、火災のリスクを軽減可能。水替えの際だけではなく、地震などで水槽が揺れて水がこぼれた場合や、ガラスが割れて空焚きになっても安全装置があれば安心です。

カバーの有無をチェック

By: gex-fp.co.jp

水槽用ヒーターは、カバーの有無をチェックして選ぶことも大切です。水槽内に設置しているヒーターに生物が接触すると、火傷やケガをする恐れがあります。本体にカバーが付いていれば、生物の接触を防ぐことが可能。

ただし、魚が小さすぎるとカバー内に入り込んでしまうケースもあり、むしろ危険を伴います。そのため、カバーの有無は、飼育する生物の種類や大きさによって選ぶようにしましょう。

水槽用ヒーターのおすすめ|温度固定型

テトラ(Tetra) 26℃ミニヒーター 100W カバー付

自動温度調節機能を内蔵した一体型水槽用ヒーター。26℃前後に水温を維持します。100Wで、サイズ45cm・40L以下の水槽に対応可能です。

また、空焚き状態で自動温度調節器が故障した際に、ヒューズにより通電がカットされる安全装置を搭載。さらに、難燃性で火災が起きにくいカバーに、破損を防ぐゴム製カバーも付属しているなど、安全性や品質に配慮されているのも特徴です。

価格が比較的安く、手軽に使えるのも魅力。コスパの高さを重視する方におすすめの水槽用ヒーターです。

テトラ(Tetra) レプトヒーター50W カバー付

サーモスタット一体型で、カメの飼育向けに販売されている水槽用ヒーター。水温を自動で26℃前後に管理する温度固定型のモデルです。ワット数は50Wで、水量が20L以下の水槽に対応します。

万が一空焚きの状態が続いて故障が生じた場合には、ヒューズにより通電を遮断。火災などのリスクも軽減し、安全面にも配慮されているのが特徴です。また、難燃性で火傷を防ぐプラスチック製のカバーに、破損を防ぐゴム製のカバーも付属しています。

本体のサイズは幅4×長さ13×奥行き4cmとコンパクト。キスゴムも付いているので、設置も簡単に行えます。安全面に優れた、手軽に使用できる水槽用ヒーターです。

テトラ(Tetra) セーフティデュオ26℃ヒーター 20W

サイズ20cm以下・水量7Lの超小型水槽用ヒーター。ワット数は20Wで、水温を26℃前後に自動でキープします。火傷を防ぐカバー付きで、素材に難燃性樹脂を採用しているため、安全性が高いのも特徴。

本体のサイズは幅4×長さ9.5×奥行き2.2cmと非常にコンパクトで、小型の水槽に設置しやすいのも魅力です。一体型なのでコンセントに繋ぐだけで使用でき、取り扱いも簡単。小さな水槽で、金魚やメダカなどの生物を手軽に飼育したい方におすすめのモデルです。

エヴァリス(EVERES) プリセットオート AR50

発火しない「自己消火性樹脂」をカバーに採用した、安全性の高い水槽用ヒーター。空焚き状態になると電源を遮断する安全装置も搭載しています。ワット数は50Wで、水量約10~20L以下の水槽に対応。水温を25.5~27℃に自動でコントロールします。

電源プラグの接続すれば水温管理を開始し、取り付け方法もキスゴムで水槽内に固定するだけの簡単仕様です。ヒーターカバーを含めたサイズは幅5.5×長さ16.2×奥行き4cm。小型なので、場所を取らずコンパクトに設置したい方へおすすめです。

エヴァリス(EVERES) プリセットオートヒーター 10

水量1~4L程度の超小型水槽で生物を飼育する方におすすめの水槽用モーター。ワット数は10Wです。本体サイズも幅3.6×長さ7.4×奥行き1.6cmと非常にコンパクトで場所を取らないうえ、キスゴムが付いているので、金魚鉢など小型水槽への設置も簡単に行えます。

本製品は、水温を23.5~27℃前後に制御する温度固定型。空焚き状態になった場合には内蔵のセンサーが感知し、ヒーターが異常に加熱するのを防ぎます。さらに、ボディには発火しない自己消火性樹脂が採用されており、安全性にも配慮されたおすすめモデルです。

ジェックス(GEX) メダカ元気 オートヒーター 55

冬場でも、メダカが産卵しやすい23℃に水温を固定する水槽用ヒーター。難燃性樹脂採用のヒーターカバーが付いており、水替えなどの際に手の火傷を防ぎます。

また、空焚き状態になると、表面の温度を制御する安全装置も搭載。ヒューズの作動前に通電を遮断するため、再使用もできます。サイズは幅5.3×長さ11.6×奥行き3.8cmと、非常にコンパクト。ワット数は55Wで約18L以下の水量に対応する、小型水槽での飼育におすすめの水槽用ヒーターです。

ジェックス(GEX) オートヒーター スタンディ 120

水温を熱帯魚の飼育に適した26℃に固定できる水槽用ヒーター。ワット数は12Wで、サイズ45cm以下・水量48L以下の水槽に対応するモデルです。ヒーターのサイズは幅5.3×長さ14.4×奥行き4.2cmの小型タイプで、縦と横のどちらでも設置可能。

また、万が一空焚き状態にしてしまっても、センサーの感知により表面温度をコントロールする安全装置が搭載されています。ヒューズ作動前に通電遮断する仕様のため、再度利用できるのも魅力です。そのほか、熱帯魚や手の火傷を防ぐ、難燃性樹脂を採用したカバーも付属。

安全性に配慮された水槽用ヒーターで、安心して熱帯魚を飼育したい方におすすめのアイテムです。

寿工芸(KOTOBUKI) ツーウェイオート SP 80W

カバーなしでも火傷などの事故を防ぐ、安心して使いやすい独自設計の水槽用ヒーター。カバーの脱着が必要ないので手入れがしやすいのも特徴です。また、隙間に小さな魚などが入り込むリスクも軽減します。

ワット数は80Wで、サイズ40cm以下・水量26L以下の水槽に対応。水温は26℃に自動で維持する温度固定型モデルです。ヒーターは縦と横の両方向に設置でき、一体型で取り扱いやすいのもポイント。使い勝手のよさを重視する方におすすめです。

寿工芸(KOTOBUKI) めだかオート SH 50W

メダカを飼育するのに適した、23℃の水温に自動で固定する水槽用ヒーター。ワット数は50Wで、水量18L以下の小型水槽に対応するモデルです。コンセントに接続するだけで作動するため、初心者の方でも取り扱いやすいのが特徴。

また、空焚きを防ぐ安全機能や、メダカが火傷するリスクを軽減するヒーターカバーも備わっています。小型の水槽で、安心してメダカを飼育したい方におすすめの水槽用ヒーターです。

水槽用ヒーターのおすすめ|温度調節型

ジェックス(GEX) NEW セーフカバー ヒートナビ SH120

観賞魚をはじめ、幅広い動物の飼育用アイテムを手掛ける大手ペット用品メーカー「ジェックス」の水槽用ヒーター。安全カバー付きのヒーターにコンパクトサーモスタットが一体となったモデルです。設定温度は15~35℃で自由に調節でき、生物の種類や状態に合わせて使えます。

ワット数は120Wで、水量約48L以下の水槽に対応。また、横だけでなく縦向きでも設置可能なので、目立ちにくくスッキリとレイアウトできるのが魅力です。さらに、難燃式のカバー付きのため、生物や手が接触して火傷するのを防ぎます。

安全装置も搭載しており、水替えなどでうっかり電源を切り忘れた場合も、温度センサーにより表面の温度を低くコントロール。地震など万一の際には、センサーとヒューズによって通電を遮断します。淡水と海水両用で、多様な生物の飼育に使用したい方におすすめの水槽用ヒーターです。

ジェックス(GEX) セーフカバーナビパック SH120

設定温度がダイヤルで調節できるサーモスタットがセットになった水槽用ヒーター。分離型なので、ヒーターだけの交換が可能です。水温は15~35℃でコントロールできるため、飼育する生物の種類や状態に応じて使用できます。

空焚きになると表面温度をコントロールする安全装置や、難燃性樹脂を採用したカバーが備わっているなど、安全面に配慮されているのも特徴。本製品のワット数は120Wですが、ほかにも160W・220W・300Wのモデルがラインナップされており、中型から大型まで使用する水槽のサイズに合わせて選べます。

ランニングコストに優れた分離型のモデルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

寿工芸(KOTOBUKI) セーフティヒートセット SH 300W

ダイヤルで温度調節ができる、サーモスタットがセットになった水槽用ヒーター。大型のダイヤルで操作しやすく、LEDランプの搭載により電源のONとOFFを見分けやすいのが特徴です。

設定温度は19~31℃で調節可能で、高感度センサーにより水温をしっかり制御します。ワット数は300Wで、サイズ90cm以下・水量約150Lの大型水槽に対応。また、万一のときに表面温度を抑える独自の安全機能も備えています。

ヒーター本体にはブラック管を採用しているので、水槽内で目立ちにくいのも魅力。鑑賞スペースの美しい景観にこだわる方へおすすめの、ハイスペックな水槽用ヒーターです。

エヴァリス(EVERES) ダイヤルブリッジ R75AF

ダイヤル式で水温22~31℃の調節が可能な、サーモスタット一体型の水槽用ヒーター。ワット数は75Wで、水量約15~25Lの水槽に対応します。本体サイズが幅5.5×長さ12.5×奥行き3cmとコンパクトなうえ、縦と横の両方向で取り付けられるのが特徴です。

また、空焚き状態になった場合に通電を遮断する安全装置も搭載。さらに、本体の素材には自己消化性樹脂を採用し、火傷を防ぐアルミ製のカバーも付いているなど、安全面にも配慮されています。

一体型で取り扱いがしやすく、ダイヤルで便利に設定温度も調節できる水槽用ヒーターです。

エヴァリス(EVERES) マイクロセーフ パワープラス NX 150W

サーモスタットがセットになった、分離型の水槽用ヒーター。水温はダイヤルで15~35℃にコントロール可能です。ワット数は150Wで、水量が30~60Lの比較的大型の水槽に対応します。

ヒーターには空焚きによる事故を防ぐ安全装置を搭載しているほか、付属のカバーには自己消火性樹脂を採用。さらに、通電ランプには高輝度のLEDランプが採用されており、加熱状態の見分けがしやすいなど、安全面にも配慮されています。

また、本体のサイズは幅3.8×長さ19.5×奥行き2.7cmと、大容量タイプながら比較的コンパクト。分離型でヒーターの交換もでき、使い勝手のよさと安全性の高さを兼ね備えた水槽用ヒーターです。

ニッソー(NISSO) ニュープロテクト IC オート 100W

配線がシンプルでセッティングしやすい、サーモスタット一体型のダイヤル式水槽用ヒーター。ダイヤルで簡単に水温がコントロールできるので、初心者の方にもおすすめのモデルです。

設定温度は15~35℃に調節でき、金魚やメダカから熱帯魚など、高温での飼育が必要な観賞魚にも幅広く使用できます。また、水替えや地震での水漏れなどで空焚きになると、加熱を遮断する仕様もポイント。火傷のリスクを軽減するカバーも付いているなど、安全面にも配慮されています。

ニッソー(NISSO) ニュープロテクトプラス 300W

ヒーターが交換できる分離型モデル。サーモスタットには、1~300Wまでのヒーターを接続できます。ヒーターを付け替えれば、小型の水槽から水量約150L以下の大型水槽まで幅広く対応可能。設定温度は、ダイヤルにより15~35℃の範囲で自由に調節ができるため、幅広い種類の水生生物に使用できます。

また、空気中で加熱した場合に通電を遮断する機能や、空焚きしたときに温度の上昇を抑えるアルミカバーも搭載。ヒーターのサイズは幅3.2×長さ22×奥行き3.2cmと、ハイパワーながらコンパクトなのも魅力です。

ニッソー(NISSO) プロテクトヒーター ストロングセーフ 1000 プラス シーパレックス V1000

1000Wの強力な水槽用ヒーターと、サーモスタットがセットになった分離型モデル。水量約500Lの超大型水槽に対応します。また、設定温度は0~60℃と非常に幅広い範囲で調節可能です。縦と横の両方向で設置でき、使い勝手も良好。

また「自動復帰型空焚き事故防止機能」と「破壊型空焚き事故防止機能」を搭載しているのも魅力です。2種類の空焚きを防ぐ装置により、しっかりと安全面をサポートします。大型用の水槽用ヒーターで、安心して多種多様な水生生物を飼育したい方におすすめです。

水槽用ヒーターのAmazonランキングをチェック

水槽用ヒーターのAmazonの売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。