細い穂先で、人物や動物の顔など細かい部分を描くのに便利な「面相筆」。書道・プラモデル塗装・イラスト制作といった幅広いシーンで使える汎用的なアイテムです。選ぶ際は、用途に応じて毛の種類やサイズなどの特徴をチェックするのがポイント。

そこで今回は、面相筆の選び方やおすすめのモデルをご紹介します。それぞれの特徴を解説するので、ぜひ自分にあった面相筆を選ぶための参考にしてみてください。

面相筆とは?

日本画用として、人物画などでの眉毛や鼻といった顔の細かい部分を描くのに使われてきた面相筆。歌舞伎役者が化粧を施したり、人形師が制作する人形の顔を描いたりするのにも用いられた絵筆です。

穂先は細長く付け根が二段構造になっており、適度な親軸の太さにより握りやすく、細い穂先でも筆が動かしやすいのが特徴。最近では細かく描ける穂先を利用して、絵を描くためだけではなくプラモデルの塗装など、幅広い分野で活用されています。

面相筆の選び方

毛の種類をチェック

テン・イタチの毛

By: amazon.co.jp

テンやイタチなどの毛を使用した面相筆は「セーブル」とも呼ばれ、マルチな分野に使いやすいのが特徴。軽量で取り回しがしやすいうえ、水含みがよく復元性にも優れているなど、使い勝手のよい絵筆です。

日本画や水彩画はもちろん、プラモデルの塗装といったホビー用としてなど、オールマイティに活用可能。

また、イタチ毛の面相筆はリーズナブルで耐久性も高いため、長く愛用したい方や初心者の方が使うのにも適しています。テンの毛で作られた面相筆は、価格は高いものの優れた弾力性を備えており、本格的な絵を描くのに使う絵筆としてもおすすめです。

タヌキの毛

By: namura-tsd.co.jp

硬く、高い弾力性が特徴のタヌキの毛。太めの線を描いたり、力強さを表現したりするのに適しています。絵筆としてはもちろん文字も書きやすく、絵手紙などにも使いやすい素材です。

また、タヌキの毛は黒や茶色が多いものの、白い色の毛を使用したタイプもあります。白い毛を使用した面相筆は黒や茶色よりも上質でしなやか。水墨画用や仮名筆としてもおすすめの面相筆です。

ネコの毛

By: amazon.co.jp

非常に柔軟で弾力性の高さも備えているのが、ネコの毛で作られた面相筆。毛先のまとまりがよく、細字などもきれいに書けます。水含みもよく、通常の絵の具はもちろん、ウルシなどの特殊な素材が使えるのも特徴。日本画をはじめ、繊細な表現を必要とする本格的な絵を描きたい方におすすめの面相筆です。

人工毛

By: amazon.co.jp

リーズナブルで手軽に使いやすいのが魅力の、人工毛を使用した面相筆。ナイロン素材などに特殊加工を施して、毛筆を再現しています。繊細でしっかりとした筆質なため、細い線がしっかりと描けるのもポイント。汚れやカビにも強く、手入れがしやすいので、初心者の方や子供用としてもおすすめの面相筆です。

穂の太さをチェック

By: rakuten.co.jp

面相筆の穂先は、号数や大・中・小の表記で確認できます。穂先が細いほど繊細な線が描け、太くなれば水や絵の具の含みも増えて、一度で広範囲に色が塗れるのが特徴です。

穂の太さを表す号数はメーカーにより基準が多少異なりますが、0号から数字が増すごとに太くなります。0号は1.5mm、1号は2mm、2号は2.5mm、3号は3mm、4号は3.5mm程度が目安です。描きたい絵や、プラモデルなどの使用する対象によって穂の太さをチェックして選びましょう。

穂の長さをチェック

By: amazon.co.jp

細い線を中心に繊細な絵を描く場合には、より穂が長いタイプを使用するのが適しています。穂先が長くなるほど、含ませる水や絵の具の量も増えるのが特徴です。

穂の長さも号数で表記されており、号数が増えるのに応じて長くなります。長さも太さと同じくメーカーにより基準が異なりますが、0号は9.5mm、1号は10.5mm、2号は12mm、3号は15mm、4号は17mm程度が目安です。

絵の具の濃度にあった軸を選ぶ

使用する絵の具の濃度が高くなれば、それだけ粘度も増すため、色が塗りにくくなります。使用する絵の具の濃度にあわせて、軸の太さ・長さ・重量などをチェックして選ぶのがポイントです。

水墨画や水彩画で使う絵の具で繊細な絵を描くのであれば、細くて軽量かつ取り回しやすいタイプが適しています。アクリル絵の具など、粘度が高い絵の具を使うのであれば、太めで短い軸の面相筆がおすすめです。

面相筆のおすすめ

名村大成堂(NAMURA TAISEIDO) ナムラ タヌキ面相 小

中国産のタヌキの毛を採用した、硬い穂が特徴の面相筆。力強い線を描くのに適しており、しっかりとしたタッチで表現できるのが特徴のモデルです。穂先の太さは2mmと細く、長さは16mmのため、繊細な絵が描きやすいのが魅力。

本製品は小タイプですが、大や極小などのタイプも展開されており、用途によってサイズを選べます。学校用としても使いやすいベーシックな製品なので、初心者の方や子供の授業用にもおすすめです。

名村大成堂(NAMURA TAISEIDO) ナムラ 白狸面相 小

高級な日本産タヌキのなかでも、白いタヌキの毛のみを使用して作られた面相筆。力強く硬いタッチが特徴のタヌキ毛ですが、白いタヌキ毛の穂先はしなやかさも備えているのが魅力です。

穂先の太さ2mm×長さ19mmと繊細な絵を描いたり、細かい文字を書いたりするのに適しています。書き物や水墨画、水彩画といった、幅広いシーンで繊細な表現をしたい方におすすめの面相筆です。

名村大成堂(NAMURA TAISEIDO) ナムラ 白猫面相

穂に白いネコの毛を採用した、柔らかく弾力性に優れた面相筆です。含みがよいので、絵の具や塗料をしっかり含ませて描けるのが特徴。ウルシや金泥などの特殊塗料にも使えます。

サイズは穂の太さ4mm、長さ25mmと適度な太さと長さがあり、細やかな絵から広めの範囲を描くときまで使いやすいモデルです。また、白い穂と赤い軸の美しいデザインも魅力的。おしゃれな面相筆を探している方にもおすすめのアイテムです。

名村大成堂(NAMURA TAISEIDO) ナムラ 茶軸イタチ面相

穂の素材に中国産イタチの毛を採用した、しなやかさと弾力性の高さを備えた面相筆。繊細な日本画や水墨画から絵手紙などのデザインまで、幅広い絵が描けます。穂先の硬さや絵の具の含みは程よく、使い勝手がよいのがポイントです。

サイズは、大・中・小の3タイプを展開。小タイプの穂先が太さ2×長さ15mm、中タイプが太さ2.7×長さ18mm、大タイプが太さ3×長さ22mmと、用途によって選べます。価格が比較的安いため、3種類のサイズを揃えて使い分けたい方にもおすすめの面相筆です。

墨運堂(BokuUndo) 面相筆 松 1号 23233

イタチ毛を採用した面相筆。強いコシとまとまりのよい穂先が特徴です。日本画や水彩画での使用はもちろん、陶器などの絵付けや蒔絵まで、幅広い分野で使用できます。

穂のサイズは太さ1.2mm×長さ10mm。軸は太さ4.5mm×長さ190mmです。極細で繊細な表現がしやすく、面の彩色にも向いています。価格が安いため、面相筆を試しに使ってみたい方にもおすすめです。

墨運堂(BokuUndo) イタチ面想筆 小 23218

純イタチ毛を素材に採用した面相筆です。強いコシと、まとまりがよい穂先が特徴で、綿密な作業に適しています。線描画を描いたり、極細の字を書いたりといった用途で使いやすいのが特徴のモデルです。

穂のサイズは小タイプで、太さ1.5×長さ13mm。短めの穂先で、軸の太さも5.5mmと細めのため扱いやすく、繊細な作業でも安定して描けます。また、大・中・小と3種類のサイズが展開されており、用途によって使い分けも可能です。

ラファエル(Raphael) 水彩筆 8404

パリで1793年に創業した、歴史ある老舗のブラシメーカーが手掛ける面相筆。穂の素材には高級なコリンスキー毛を採用しています。コリンスキーの筆は、穂先のまとまりがよいのが特徴です。また、比較的筆の寿命が長いのも嬉しいポイント。

ピカソやセザンヌといった、世界的な著名画家にも親しまれたメーカーからラインナップされている面相筆で、優雅に質の高い絵を描きたい方におすすめです。

金盛堂(Kinseido) ゴシック面相筆 短穂1号

職人によって仕上げられた、質の高い面相筆。コリンスキーの毛を採用した穂でまとまりがよく、書きやすいのが特徴です。ゴシック文字を書くのに適した製品ですが、力の入れ具合で穂先の開きを調節できるので、明朝体にも対応します。

また、線を太くも細くも自由に書けるため、文字を書く以外にもイラスト制作などで汎用的に使いやすいのも魅力。価格も安いので、手軽に幅広い用途で使いたい方におすすめの面相筆です。

モデルカステン(MODELKASTEN) コリンスキー模型用面相筆

コリンスキー毛を採用した面相筆。塗料や絵の具の含みがよく、弾力性に優れているのが特徴です。穂先がよくまとまり、バラつきにくいため、プラモデルの製作といった細かい作業を行うのに適しています。

また、穂の付け根の金具口径は1.1mmと細めですが、グリップ部分は太めの形状で握りやすく、安定した操作がしやすいのもポイント。プラモデルやフィギュアなどの、小さなパーツを塗装する際の繊細な作業におすすめの面相筆です。

ボークス(VOLKS) 造形村スペシャルブラシ ゴールド ウルトラファイン ZMUTFN

人気のホビーメーカー「ボークス」が展開する極細の面相筆。穂先の素材には、塗料の含みがよくまとまりに優れたテン毛を採用しています。約0.15mmという極細の線で、繊細にデザインできる高性能なモデルです。

さらに、コシが強く弾力性の高いオスのテン毛を使用しているのも特徴。細い線を引ける、ホビー用の面相筆を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ゴッドハンド(GodHand) 神ふで 極面相筆 GH-BRSP-GMM

極細の穂先により、フィギュアやプラモデルなどの繊細な塗装作業に適した、人工毛の面相筆。プラモデルの隙間までしっかりと塗装するのにも、便利に使用できます。

筆職人の手作業によって製造されており、穂先まできれいに仕上がっているのがポイントです。また、ラッカーなどの塗料を使用しても毛が抜けにくく、溶剤に強いのも魅力。快適にプラモデルやフィギュア製作を楽しみたい方におすすめの面相筆です。

ハンディクラウン(HANDY CROWN) 面相筆

ポリエステルを用いた人工毛を採用した面相筆。耐溶剤性が高いため、絵の具をはじめ、油性塗料・水性塗料・ニス・ラッカー・ウレタンなども使えます。

絵を描くのはもちろん、板金補修など多用途で活用できるのが特徴。サイズは、小タイプや極小タイプがラインナップされているので、用途に応じて選べます。1本でさまざまな場面で活躍する、汎用的で使い勝手のよい面相筆を探している方におすすめのアイテムです。

アルテージュ(ARTETJE) キャムロンプロ プラタ 630

膨らみがあり、先に向かって細くなった形状のハンドルで、しっかり握りやすいのが魅力の面相筆。繊細な作業でも、無理なく握れます。細密画から、プラモデルの塗装やネイルまで、幅広い彩色に使用可能です。

また、穂先が超極細の100/0サイズをはじめ、10/0・5/0・4/0・3/0・2/0の太いサイズも展開。バリエーションが豊富で、描きたい太さによって穂のサイズも選べます。握り心地や描き心地がよい面相筆で、無理なく細かい作業に集中したい方におすすめのモデルです。

タミヤ(TAMIYA) モデリングブラシHG 面相筆

人工毛を穂に採用した、揃いがよくコシが強い面相筆。プラモデルの塗装など、繊細な部分の塗装をするのに適したモデルです。

また、太めのグリップで握りやすく、長時間でも安定して作業が行えます。サイズも豊富に展開しているため、模型の大きさやパーツなど、作業内容にあわせたタイプを選べるのもポイント。リーズナブルなので、サイズの異なる種類を揃えて使い分けるのにもおすすめの面相筆です。

タミヤ(TAMIYA) モデリングブラシPROII 面相筆

By: tamiya.com

上質なコリンスキーの毛を使用し、熟練した職人によって仕上げられた高精度な面相筆。穂先はよくまとまり、適度なコシで含みもよいため、繊細な彩色作業にも使えるのが特徴です。プラモデルやフィギュアの細部を緻密に塗装するのはもちろん、絵画やデザイン用にも幅広く使用できます。

ゆるやかな膨らみのあるボディに、美しいパールホワイトのカラーを採用したスタイリッシュなデザインも魅力。本格的な模型の塗装作業に使える、おしゃれな面相筆を探している方におすすめです。

GSIクレオス(GSI Creos) Mr.ブラシ 面相筆

シリコン製のグリップ軸を採用した面相筆。軸に適度な弾力があり、心地よく手にフィットするのが特徴です。持ちやすく、握りやすいため、長時間の作業でも集中しやすいのが魅力。

穂に人工毛を使用しており、コシが強いのがポイント。プラモデルなどの模型を細部までしっかりと塗装できます。ホビー用に適した面相筆を選びたい方にもおすすめのアイテムです。