iPad Proの画面を保護するのに便利な「液晶保護フィルム」。傷や汚れの予防が主な用途ですが、そのほかにもさまざまな機能を備えた製品が数多く発売されています。

そこで今回は、iPad Proの快適性をより高める液晶保護フィルムのおすすめアイテムをご紹介。液晶保護フィルムのさまざまな機能や、素材別の特徴などについても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

iPad Proに液晶保護フィルムを貼るメリット

By: elecom.co.jp

iPad Proは、従来のモデルよりも画面の強度に優れています。Apple Pencilなどのタッチペンを、より快適に使いやすい仕様です。また、液晶保護フィルムを貼らなくても、ある程度タフに使えるのも特徴。

しかし、画面に直接触れる機会が多いほど小さい傷が付きやすく、画面が破損するリスクも高まります。より快適に使うためには、液晶保護フィルムを貼るのがおすすめです。

液晶保護フィルムには、画面保護に加えてさまざまな機能を備えたモノが存在します。例えば、表面がサラサラしたテクスチャの液晶保護フィルムを使えば、紙に書いているような書き味を味わうことが可能。

さらに、万が一の落下時に破片が飛び散るのを防ぐモノや、ブルーライトカットの効果が期待できるモノもあります。

iPad Pro液晶保護フィルムの選び方

フィルムタイプで選ぶ

動画や写真が色鮮やかに見える「グレアタイプ」

By: amazon.co.jp

動画や写真などを色鮮やかに楽しみたい方は「グレアタイプ」の液晶保護フィルムがおすすめです。光沢感があるため、動画や写真をクリアに映し出せるのが特徴。フィルムを貼る前と映り方がほとんど変わりません。

ただ、グレアタイプは光沢があるので光が映り込みやすく、太陽光の下では画面が見えにくいと感じてしまうことも。そのため、屋外で使う機会が多い方にはやや不向きです。

また、グレアタイプは指紋や傷などが目立ちやすいのも難点。汚れなどが気になる方はこまめに指紋や汚れを拭き取りましょう。

映り込みや指紋が目立ちにくい「アンチグレアタイプ」

汚れや映り込みなどが気になる方は「アンチグレアタイプ」の液晶保護フィルムがおすすめです。グレアタイプと異なり太陽や蛍光灯の光などが映り込みにくく、屋外などで使いやすいのが特徴。また、指紋や汚れなどが目立ちにくいのも魅力です。

アンチグレアタイプは触り心地がサラサラしているのもポイント。手の汗や脂などでフリックときにひっかかりにくいので、快適な操作性を実現しています。ただ、指紋や映り込みが目立ちにくい反面、画面の色鮮やかさや見やすさなどがグレアタイプに比べて劣ってしまう点は留意しておきましょう。

映像のきれいさより、汚れにくさや操作性を重視したい方におすすめです。

目の疲れが気になるなら「ブルーライトカットタイプ」

長時間使用する機会が多い方は「ブルーライトカットタイプ」の液晶保護フィルムがおすすめです。ブルーライトカットタイプは、画面から発せられるブルーライトをカットして、目が疲れにくいのが特徴。iPad Proを映画鑑賞やゲーム、仕事などで長時間使う方はチェックしてみてください。

ただ、ブルーライトカットタイプの液晶保護フィルムは、画面に貼るとやや黄色がかってしまうのが懸念点。見え方や色味に支障がでやすいので、購入する際は色味なども確認したうえで選んでみてください。

Apple Pencilを使用するなら「ペーパーライクタイプ」

まるで紙のような質感をiPad Proの画面で再現する「ペーパーライクタイプ」の液晶保護フィルム。サラサラとした紙のような質感のため、Apple Pencilを使用している方におすすめです。

タイプとしては、アンチグレアタイプと似ており、映り込みや指紋などの汚れが目立ちにくいのが特徴。太陽光がある屋外などでも使いやすく、タッチ操作もしやすい仕様です。

ただ、アンチグレアタイプと同様に、画面が白くなりやすく映像や画像などを鮮明に映しにくいのが懸念点。Apple Pencilで紙のような書き心地を実現したい方はチェックしてみてください。

横から画面を見られたくないなら「覗き見防止タイプ」

電車やバスなど人が多い場所でiPad Proを使用したい方は「覗き見防止タイプ」の液晶保護フィルムがおすすめです。覗き見防止タイプは上下左右から画面を見えにくくするので、プライバシーを保護できます。

ただ、覗き見を防止できる分、角度によっては使っている方も見えにくくなりやすいのが難点。特にさまざまな体勢で動画や画像などを楽しみたい方は注意しておきましょう。

どのタイプの液晶保護フィルムもメリット・デメリットがあるので、自分の利用シーンに合ったタイプのモノを選んでみてください。

画面サイズに合わせて選ぶ

By: apple.com

iPad Proの画面サイズは主に9.7・10.5・11・12.9インチの4種類。画面の隅々までしっかり保護できるよう、使用するiPad Proに合わせて液晶保護フィルムを選びましょう。

使用しているiPad Proのサイズが分からない場合は、iPad Proの「設定」をタップし、「一般」から「情報」を開くことで機種名とサイズを確認できます。電源を入れられない場合は、iPad Pro背面のモデル番号から調べることも可能です。

材質で選ぶ

操作性を重視するなら「PET」

By: rakuten.co.jp

PET素材は薄く柔らかいため、日常生活の小さな傷からiPad Proを保護するのに適しています。液晶保護フィルムを貼り付けた後でも操作性への影響が少なく、繊細なタッチにもしっかり反応。Apple Pencilを使う方や、書き味を重視する方にぴったりです。

ただし、PET素材の液晶保護フィルムは、貼る際に気泡が入りやすいのは懸念点。特に、iPad Proは比較的画面サイズが大きいので、貼るのが難しい場合もあります。貼り付けるのが苦手な方は、自己吸着機能付きのモノを選びましょう。

また、柔らかく使い心地がよい分、ガラスフィルムよりも耐衝撃性は低いものの、手ごろな価格で購入しやすいのがメリット。主に自宅で使う方におすすめです。

耐久性にこだわるなら「ガラス」

By: elecom.co.jp

ガラス素材の液晶保護フィルムは厚みがあり、iPad Proを屋外へ持ち運ぶ機会が多い方や、耐久性重視の方におすすめです。厚みがある分PET素材のモノより貼りやすく、より簡単にiPad Proの画面を保護することが可能。

また、ガラス製の液晶保護フィルムは透明度が高いので、よりクリアな画面でコンテンツを楽しめます。指紋も付きにくく、常にiPad Proの高精細な映像を楽しみたい方におすすめです。

ただし、繊細なタッチには反応しにくくなる場合があります。よりスムーズな操作のためにも、貼り付け後はiPad Proの感度を調節しておきましょう。

便利な機能で選ぶ

指紋防止

iPad Proを清潔に保ちたい場合は、「指紋防止機能」の付いた液晶保護フィルムを選ぶのがおすすめです。iPad Proは画面が大きいため汚れが目立ちやすく、人前で使う場合などに逐一拭き取る必要があります。

指紋を防ぐ機能が搭載された液晶保護フィルムを貼れば、画面を触っても指紋汚れを軽減でき、きれいな画面を映し出すことが可能。指紋を拭き取る手間を省きたい方や、画面をきれいな状態に保ちたい方におすすめです。

衝撃吸収

屋外へ持ち運ぶ機会が多い方は、万が一落下した場合に備えて、衝撃吸収機能の付いた液晶保護フィルムを使うのがおすすめです。フィルム自体が衝撃を吸収するため、画面の破損リスクを軽減できます。

特に、12.9インチのモデルなど、サイズの大きいiPad Proを使用している方におすすめ。破損を必ず防げるわけではありませんが、貼り付けておくことで安心感を得られます。

表面硬度

液晶保護フィルムの表面硬度は、ほとんどが「鉛筆硬度」のH〜9Hで表されます。数値が大きいほどより頑丈で、iPad Proの画面を傷からしっかりガード可能。人間の爪が2Hほどとされているので、日常的な小傷から守るためには2H以上の表面硬度を備えたモノがおすすめです。

なかには、1〜10の数値で表記される「モース硬度」を採用しているモノもあります。数値が大きくなるほど強度も高く、10はダイヤモンドと同等の硬度です。

iPad Proを裸のまま鞄に入れる場合などは、特に画面の破損リスクが高まります。画面をしっかり保護できるよう、表面硬度もチェックしておきましょう。

飛散防止

万が一液晶保護フィルムが割れた場合、破片が飛び散るとケガにつながる恐れがあります。「飛散防止機能」付きの液晶保護フィルムなら、万が一割れた場合も破片の飛び散りを防ぐことが可能です。

特に、ガラス素材の液晶保護フィルムは硬い分、割れると手指を傷付けやすいのが懸念点。ケガのリスクや後片付けの手間を軽減するためにも、飛散を防ぐ機能の付いているモノを選ぶのがおすすめです。

貼りやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

iPad Proは画面が大きく、液晶保護フィルムをきれいに貼るにはコツが必要です。貼るのが苦手な方は、貼る際にズレたり気泡が入ったりしないよう工夫されているモノを選びましょう。

例えば、貼る際のズレを防ぐ「貼り付け用ガイド」が付いているモノや、空気が入った場合も簡単に抜ける「気泡防止機能」を搭載したモノなどがおすすめです。貼り付け方法に工夫が凝らされたモノなら、iPad Proの大きな画面をより簡単に保護できます。

iPad Pro用液晶保護フィルムのおすすめ|グレア(光沢)タイプ

NIMASO iPad Pro 11インチ用 光沢仕様 ガラスフィルム NTB19J42

透過率が高く、画面がクリアに見える11インチ用ガラスフィルムです。表面の高耐久撥油コーティングが指紋や汚れを付きにくくして、タッチの感度も良好。9H硬度の素材にハードコーティングを施しているため、細かな傷だけではなく衝撃からも守り、画面へのダメージを最小限に軽減できます。

ラウンドエッジ加工されており、フィルムが剥がれるのを防ぎ、優しい触り心地を実現。フィルムにシリコン自己吸着層があるので、きれいに密着できるのも魅力です。専用のガイド枠が同梱されているため、簡単にフィルムを貼り付けられます。

Less is More iPad Pro 11 インチ PB-7004

光線透過率が92%以上と謳われる画面の鮮やかさが特徴のガラスフィルムです。AGC旭硝子を使用しており、表面硬度は9Hと高いレベルを誇り、高さ2mからの衝撃にも耐えうると謳っています。厚みは0.33mmと貼っているのを忘れるほどの薄さで、タッチの感度も良好です。

また、端部分はラウンドカット処理がしてあるため、触り心地に違和感を覚えたり、ひっかけてフィルムが剥がれてしまうのを防ぎます。クリーニングキットと貼り付け枠が同梱されているので、初心者の方でもきれいに貼り付けが可能です。

気泡が入りにくい設計になっているのでそっと載せるだけで画面に吸着します。日常的な衝撃から画面を守りながら、鮮やかな画面を保ちたい方におすすめです。

シズカウィル(shizukawil) iPad クリアガラスフィルム AP-IPADP129GL

表面のフッ素コーティングによる指触りのよさがポイントのガラスフィルムです。指紋や汚れが付きにくく、さっとふき取るだけでいつでもさらさらな指通りが実感できます。厚さ0.3mmのフィルムが外部の衝撃を吸収して画面や本体を保護。

表面硬度は9Hなので、カッターやナイフなどの鋭利な刃物からも守れるほどの耐衝撃性を兼ね備えています。貼り付け面は全面吸着タイプなので、一度貼り付けたらズレにくいのもポイントです。耐衝撃性が高く、サラサラとした触り心地のフィルムが好みの方に向いています。

iPad Pro用液晶保護フィルムのおすすめ|アンチグレア(非光沢)タイプ

NIMASO ガラスフィルム アンチグレア NTB20F78

光を乱反射させて映り込みを抑えるアンチグレア加工が施されたガラスフィルムです。画面が光るのを抑えるため、室内外を問わず快適に操作できるのがポイント。さらさらとした触り心地で、指がひっかかることが少なく動かしやすいため、ゲームなども快適に行えます。指紋や汚れが付きにくいのも魅力です。

また、表面には高い硬度の素材を採用。日常的な傷を防ぐだけでなく、落下や外部からの衝撃を最小限に抑えます。専用ガイド枠が付属されているので、フィルムを的確な位置に貼りやすいのもポイントです。

吉川優品 iPad Pro 12.9用アンチグレアガラスフィルム

非光沢タイプのガラスフィルム。光が反射しないので、目に負担がかかりにくいのが魅力です。加工が細かいため、さらさらとした手触りで、ゲームなどをするときに指のひっかかりを感じにくいのもポイント。強化ガラスなので割れにくく、日常生活で受ける外部の衝撃から本体を守ります。

表面の撥油コーティング加工は指紋防止効果だけではなく、飛散防止加工も施されおり、フィルムが割れてしまっても飛び散りにくいのが特徴。さらに、貼り付け用の外枠が同梱されているのも便利です。貼り付けるときにフィルムがズレてしまうのを防げます。

また、上部は切り抜いてあり、Face IDやフロントカメラの性能が落ちてしまうのを防ぎやすい仕様です。12.9インチのiPad Proに対応しており、さらさらとした手触りのフィルムが好みの方に向いています。

ベルモンド(BELLEMOND) アンチグレアガラスフィルム B0257

表面をすりガラスのように加工したアンチグレアタイプのガラスフィルムです。スムースタッチ加工のフィルムのため、手ざわりがよく操作性も高いのがポイント。端部分はラウンドエッジ加工が施されているので、ひっかかりを感じることが少なく、角割れも防止します。

また、表面硬度9Hで、鋭利なモノが表面に当たってしまっても傷付きにくいのも特徴。割れてしまっても、ガラスが飛び散らない飛散防止の加工がされていて安心です。

ウェットワイプ・クリーニングクロス・ホコリ除去シールの3つが付属されているので、フィルムを貼ったことがない方にもおすすめ。強度・手触り・貼りやすさのバランスに優れたガラスフィルムです。

Klearlook iPad Pro 11インチ用 ガラスフィルム

ガラスフィルムの表面を特殊加工することで、光の反射を抑えているガラスフィルム。液晶に水分が入り込むのを防ぐ防滴加工が施されており、指紋が付きにくいのもポイントです。汚れが付いた場合には、水拭きで簡単に拭き取れます。

表面は硬度9Hと頑丈で、鋭利なモノから本体を守り、割れてしまった場合にガラスが飛散しにくい設計なのもポイント。また、フィルムの剥がれや浮きを防止するため、フレームよりも一回り小さめに作られています。iPadケースの干渉を防ぐので、ケースを装着している方にもおすすめです。

iPad Pro用液晶保護フィルムのおすすめ|ブルーライトカット

シズカウィル(shizukawill) iPad Pro 12.9インチ フィルム AP-IPADP129GLBC

表面にブルーライトカット加工が施されており、目への負担を軽減できるガラスフィルム。硝子表面はプラズマ溶射処理によるフッ素コーティングによって、画面をクリアに見せられるのもポイントです。素材には日本製の旭硝子が使用されており、厚さは0.26mm。薄さと強度を両立させています。

拡散防止・付着防止・防汚など、日常で起こりうるトラブルを最低限に抑えやすい設計です。指紋が付きにくく、汚れても軽くふき取るだけですぐにきれいになるため、液晶を清潔に保てます。

また、自然吸着するので、指で抑える必要がなく、貼り付けるときに気泡が入りにくいのもポイント。ブルーライトカット仕様で、薄いガラスフィルムを探している方におすすめです。

エレコム(ELECOM) iPad Pro用 ガラスフィルム ストロング BLカット TB-A21PMFLGHBL

By: elecom.co.jp

iPad Pro 11インチ用のガラスフィルムです。画面を見続けることによる目への負担を軽減可能なブルーライトカット仕様。表面硬度9Hの強化ガラスのため、割れにくく、飛散防止設計のため割れた場合でもガラスが飛び散るのを防ぎます。

端部分はラウンドエッジ加工で、指や鞄にひっかかるのを防ぎやすいので、子供のタブレットに貼り付けるのもおすすめです。さらに、液晶面はシリコン被膜を採用。接着剤やテープを自分で貼り付けなくて済みます。

また、貼り付けるときに気泡が入ってしまった場合でも、時間が経つと気泡が目立たなくなる特殊吸着層を採用。フィルムを貼り付けるのに不安がある方に向いているガラスフィルムです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) iPad Pro 12.9インチ用ブルーライトカット液晶保護指紋防止光沢フィルム LCD-IPAD11BC

ブルーライトカット加工が施されているiPad Pro 12.9インチ用フィルム。ブルーライトの波長をカットします。フィルムの内側と外側でブルーライトを吸収するので、画面を見続けることによる目への負担を軽減可能です。光沢タイプのため、液晶がクリアで鮮やかに見られます。

指紋防止フィルムなので、指紋が付着するのを防ぎ、汚れが付いた場合にもさっと拭き取れるのが特徴。貼り付けやすさを実現させるために一回り小さく作られていますが、iPadのケースに干渉しにくいので、ケースを付けている方はチェックしてみてください。

ライズ(RISE) ブルーライトカットガラス iPad Pro 9.7インチ

ブルーライトを約93%カットすると謳っているフィルムです。ブルーライトだけではなく、紫外線カットの効果も期待できます。ガラス光線透過率も高いため、画面をクリアに見ることが可能。表面硬度は9Hと頑丈で、液晶表面への傷を防ぎやすいのも嬉しいポイントです。

撥水・撥油加工が施されているため指紋や汚れが付きにくく、さっと水拭きで清潔な状態を保てます。フッ素コートがサラサラな触り心地を実現しているのも魅力のひとつです。貼り付け面のシリコン素材が自己吸着するため、貼り付けも簡単。ブルーライトや紫外線など、目に負担がかかる光をカットしたい方におすすめです。

iPad Pro用液晶保護フィルムのおすすめ|ペーパーライクタイプ

JPフィルター専門製造所 iPad ペーパーライクフィルム

液晶を紙のような質感に変えることができる液晶フィルムです。表面がすべりすぎないため、Apple Pencilなどで書き込みやすく、紙のようにさらさらとした書き心地を実現しています。PET素材の層が120ミクロンと薄いので、液晶の感度を損ねにくいのもポイントです。

アンチグレア加工も施されており、光の反射や映り込みを防ぐため、繊細な作業でも集中できます。シリコン素材の吸着面は貼り直し可能で、気泡が入ってしまった場合も時間経過とともに目立たなくなるのが嬉しいポイント。Apple Pencilを使っている方やアンチグレアタイプのペーパーライクフィルムを探している方におすすめです。

エレコム(ELECOM) iPad Pro 12.9インチ ペーパーライク 反射防止 上質紙タイプ フィルム TB-A21PLFLAPL

12.9インチに対応したペーパーライクタイプのガラスフィルムです。ガラスフィルムの表面を特殊に加工することで、上質紙のような書き心地を実現。フッ素加工も施されており、水を弾き、汚れの付着を防ぎます。指紋も付きにくく、残った場合でも簡単に拭き取れるので、清潔に使えるのも嬉しいポイントです。

光の反射を抑えるノングレア加工は見えやすい画面を保ちます。自己吸着加工がされているため、初心者の方でも貼りやすいのが魅力のひとつ。貼り付け面のシリコン素材は吸着力が落ちにくいため、貼り直すこともできます。初心者でも貼りやすく、上質紙のような書き心地を求めている方はチェックしてみてください。

エレコム(ELECOM) iPad Pro用 フィルム ペーパーライク ケント紙タイプ TB-A20MFLNSPLL

紙面が緻密なケント紙を再現したフィルム。表面の凹凸が細かいので、指滑りがよく、Apple Pencilのペン先の摩耗を軽減するのが特徴です。ハードコート仕様のため、傷が付きにくく、表面のきれいな状態を長く保ちます。

表面の素材はガラスではなくPET素材を採用。画面のちらつきを抑えるノングレア加工や指紋防止加工など、快適に使えるような工夫が施されています。Apple Pencilでの作業に集中したい方にもおすすめです。

ベルモンド(BELLEMOND) ペーパーライクフィルム 上質紙タイプ IPD129PL10 G182

上質紙のような書き心地を実現したペーパーライクフィルムです。画面が見えやすいノングレア加工がされているので、屋内でも屋外でも使いやすいのが魅力のひとつです。指紋が付きにくく、日常的な傷から液晶を守ります。

表面に摩耗対策がされているのもポイントです。Apple Pencilを使っている方の悩みの種でもある、ペン先の摩耗を軽減するために5000回以上の筆記試験を行い、フィルムの劣化を確認。製造工程から検品まで全て日本で行っているため、できるだけ国内生産のモノを使いたい方にもおすすめです。持ち運んで使う方や、屋内だけではなく屋外でも使いたい方に適しています。

iPad Pro用液晶保護フィルムのおすすめ|覗き見防止タイプ

エレコム(ELECOM) iPad Pro 11インチ用のぞき見防止 着脱式 360度 フィルム TB-A18MFLNSPF4

周りからの覗き見を防止できる覗き見防止フィルターを採用したフィルム。画面の正面を中心として60°の範囲で液晶を確認でき、それ以上角度が開くと覗き見できない設計です。

また、何度でも着脱できるナノサクション素材を使用しています。滑り止めの加工もしっかりとされているので、着脱してもずり落ちにくいのが嬉しいポイントです。

さらに、ブルーライトをカットするため、目の負担を軽減可能。ノングレア加工や紫外線カット加工は目に優しく、光の強い場所でも見えやすいのが特徴です。覗き見防止タイプのなかでも、目への負担が少ないアイテムを探している方に向いています。

PYS iPad Pro 11インチ用 プライバシーフィルター

横方向からの覗き見を防止できるフィルターです。正面を中心に左右30°まで、画面を見ることができ、それよりも外側から画面を見ると真っ暗に見えます。表面にアンチグレア加工は施されているため、光が当たっても見えやすいのがポイント。ブルーライトカット効果もあるので、長時間画面を見ることによる目の負担を軽減します。

本製品は着脱が可能。特殊粘着ジェル加工のため、人と画面を共有したいときなどに簡単に外せて便利です。iPadの画面にはFace IDなどに使われるセンサーが7つ搭載されているため、全てのセンサーにフィルターが重ならないように設計されています。覗き見防止フィルターをこまめに着脱したい方におすすめです。

YMYWorld 着脱式 プライバシーフィルター iPad Pro11用

正面を中心に左右30°の範囲から画面を見ることができるフィルターです。カフェや新幹線・飛行機などで作業をする方に向いています。粘着ジェルによって、何度でも付け外しできるため、ほこりや汚れが付いた場合でもまるっと水洗いできるのが特徴です。

アンチグレア加工も施されており、光のちらつきを抑えます。Apple Pencilにも対応しているため、イラストや手書きのコメントを書くような場面でも着けたまま使用可能。ブルーライトや紫外線もカットするので、室内だけでなく、屋外で使う機会が多い方にもおすすめです。

ロエ(LOE) iPad Pro 11 マグネット式 覗き見防止 フィルター 横向きタイプ

マグネットで装着するタイプのフィルターです。フィルターに埋め込まれた磁石によって、液晶にしっかり貼り付きます。フィルムの上からでも貼り付けられるので、ガラスフィルムやPET製のフィルムと重ねて使えるのも魅力です。簡単に付け外しができて、繰り返し使えるため、覗き見フィルターを取り外す機会が多い方に向いています。

画面が確認できるのは正面を中心に左右30°の範囲です。表面は光の反射を抑えるアンチグレア加工が施されているので、窓際での作業や屋外での使用でも見えやすいのがポイント。クリアケースが付属されており、外して持ち運ぶときにフィルターにほこりや汚れが付くのを防ぎます。汚れたらさっと水洗いできるため、フィルムのほこりなどが気になる方にもおすすめです。