海外はもちろん、国内でも多くの人に使われているiPhone。そんなiPhoneを長く使い続けるなら、端末をキズや汚れから守る保護フィルムは欠かせませんね。

そこで今回は、コストパフォーマンスに優れた安価なものから、ブルーライトをカットする最新のものまで、iPhone7対応のおすすめ液晶保護フィルムをいくつかピックアップしてご紹介します。iPhone7を使っている方は要チェックです!

iPhone7対応のおすすめ液晶保護フィルム

M-MODES 強化ガラスフィルム

商品価格 ¥ 1,280

画面をしっかりと保護したい方には、こちらの製品がおすすめ。表面硬度が9Hと丈夫に仕上がっているので、キズや汚れ、衝撃などからしっかりとiPhoneを守れますよ。ガラスフィルムと言えば、分厚いイメージがありますが、この製品は0.15mmと非常に薄く作られています。

ポケットにもスルッと入り、iPhone7特有のスタイリッシュなデザインを損なう心配がありませんよ。

SIDARDOE 強化ガラスフィルム APPLE7FILM

商品価格 ¥ 449

価格の高いイメージがあるガラスフィルムですが、この製品はわずか500円以下で購入できるため、コストパフォーマンス重視で選びたい方にはピッタリの一品。低価格ながら、表面硬度は9Hに対応しているので、丈夫なガラスフィルムが欲しい方におすすめ。

フィルムは3枚セットになっているので、キズや汚れで画面が見にくくなったら、気軽に新しいフィルムに交換することもできちゃいます。約500円で3枚セットのガラスフィルムなんて魅力的ですね。

NIMASO 液晶保護フィルム N098‐ANA

商品価格 ¥ 1,170

この液晶保護フィルムには、横からの覗き見をブロックする特殊な加工が施されています。電車やバスの移動中でも周囲の目線を気にすることなく、快適にiPhoneが使えます。フィルムの表面には、ナノコーティングが施されているので、画面に汚れが付着したら、ティッシュペーパーなど気軽に拭き取れるのも魅力。

いろいろな加工が施されているにも関わらず、透過率は90%と高めです。映像や画像を色鮮やかに楽しめるのも、おすすめできるポイントです。

MORE CRYSTAL 強化ガラスフィルム 16AC9-3-CLR

商品価格 ¥ 680

iPhoneで長時間アプリやゲームを楽しんでいると、目に疲れが溜まってしまいますよね。そこであると便利なのがこのガラスフィルム。フィルム表面に特殊なブルーライトカット加工が施されているので、手持ちのiPhoneに貼るだけで、眼精疲労や視力低下などの健康被害を未然に防げます。

なお、ガラスの縁をラウンドエッジ加工する事で、ガラスエッジ部の引っかかりを軽減し、剥がれる心配もありません。違和感なく快適にiPhoneが操作できる、おすすめフィルム。

レイ・アウト 液晶保護フィルム RT-P12F/H1

商品価格 ¥ 480

iPhoneを一日中使っていると、画面が指紋や皮脂で汚れてしまいますよね。このガラスフィルムには、特殊なフッ素コートが施されているので、汚れの付着を抑えて、常にiPhoneをきれいな状態に保てます。iPhoneの画面を常にサラサラにしておきたい方、必見ですよ。

ガラスタイプではなくフィルムタイプなので、衝撃に弱いのが唯一の欠点です。しかし、その分価格は500円弱とコストパフォーマンスに優れています。安く高性能な液晶保護フィルムが欲しい方におすすめ。

エレコム(ELECOM) 液晶保護フィルム PM-A16MFLTN

商品価格 ¥ 440

この液晶保護フィルムの表面には、反射防止加工が施されているので、iPhoneに貼るだけで光の映り込みや反射をしっかりと抑えることができます。なお、フィルムタイプにも関わらず、表面硬度は3Hと丈夫に作られています。キズや汚れ、衝撃に強いフィルムが欲しい方におすすめ。

貼り付け時、時間とともに気泡が目立たなくなる特殊吸着層や、繰り返し何度も貼り直しができるシリコン皮膜を採用。フィルムの貼り付けが苦手な方でも簡単に扱えますよ。

SDS バイオニックコート

商品価格 ¥ 2,270

この製品は、iPhoneの画面に直接塗る液体タイプになっているので、フィルムタイプと違って誰でも気軽に扱うことができます。液体タイプだと気になるのはその性能。カッターやドリルでもキズが付かない驚異的な作りに仕上がっているので、キズや汚れからiPhoneをしっかりと守れます。

なお、1度画面に塗ってしまえば、約2年間効果が持続します。定期的に塗り直す必要がないのもポイントですよ。スマートフォンやタブレットならば機種を問わずに使えます。iPhoneユーザー以外の方にもおすすめです。

TaoTech ガラスフィルム i-fl-G-i7P-mirror

商品価格 ¥ 899

この液晶保護フィルムは、シルバー、ブラック、ブルー、ゴールド、パープル、ピンクゴールドの中から好きな色が選べるので、自分好みのフィルムカラーを気軽に選べます。前面、背面の2つの保護フィルムがセットになっていて、iPhoneを丸ごと保護できますよ。

フィルム表面の強度は9Hと硬めに作られています。耐久性を気にする方でも安心して使えるおすすめのフィルム。

液晶保護フィルムのメリット

By: amazon.co.jp

iPhoneに液晶保護フィルムを貼ると、汚れやキズ、衝撃などから画面をしっかりと守れるため、いつまでもきれいな状態のままiPhoneを使い続けられます。また、フィルムの種類によっては、タッチパネルのレスポンスを向上させたり、指を滑りやすくさせたり、操作性を向上させることもできちゃいます。

ちなみに、覗き見防止や、ブルーライトカットなど、フィルムよっては特殊な加工が施されているものもあるので、プライバシーの保護や目への疲れを軽減させられますよ。

液晶保護フィルムの選ぶ基準

フィルムの素材をチェック

By: amazon.co.jp

iPhone7の液晶保護フィルムには、大きく分けてガラスとフィルムの2種類の素材にわけられます。それぞれの素材ごとにメリットやデメリットがあるため、液晶保護フィルムを選ぶ際には、素材もしっかりとチェックしてみて下さい。

それぞれの特徴として、ガラスタイプは、文字通り素材にガラスを採用しています。フィルムタイプと比べると厚みがあり、そこそこ硬いため、キズや汚れ、衝撃などからiPhoneをしっかりと守れます。

また、ガラスタイプは、その特性上硬くてピンとしているため、初心者でも気泡を入れずにきれいに貼り付けられます。ただし、フィルムタイプと比べると若干価格が高くなるので、コストパフォーマンスを重視する方にはあまり向いていません。

一方、フィルムタイプは、素材にPETと呼ばれる安価なものを採用することで、ガラスタイプよりもかなり安く購入できます。耐久性もそこそこあるため、キズや汚れからiPhoneをしっかりと保護することも可能。

ただし、衝撃にとても弱いため、高いところから落とすと画面が割れてしまうことがあります。また、ガラスタイプと違って、フィルム全体が柔らかいため、初心者の方だと貼り付け時に気泡が入り込んでしまうこともあります。

このように素材によって大きく特徴が異なってくるので、液晶保護フィルムを選ぶ際には、まず最初に素材の種類からチェックしてみて下さい。

硬度をチェック

By: amazon.co.jp

ガラスタイプの液晶保護フィルムを選ぶ際には、硬度と呼ばれるガラス表面の硬さがとても重要になってきます。一般的には、8H、9Hなどのように表記されており、Hの前の数が大きくなるほど、強固で丈夫な作りに仕上がっています。

現在市販されている中では、表面硬度10Hが最も丈夫。しっかりと画面を保護したい方は10H、または9Hに対応したガラスフィルムを選ぶようにしましょう。

オプション機能をチェック

By: amazon.co.jp

液晶保護フィルムの中には、独自の機能を備えた物があります。例えば、屋外でも使いやすい光の反射を抑えられるものや、指紋が付きにくく常にきれいな状態が保てるもの、目に有害なブルーライトを大幅にカットできるものなど、いろいろな種類の液晶保護フィルムがあります。

同じような価格でどの液晶保護フィルムを買おうか迷ったら、これらの便利なオプション機能で決めてみるのもいいでしょう。