気品あるデザインながら、男らしい武骨さも併せ持つ「ポストマンシューズ」。ボトムスがゆったりしたカジュアルスタイルからスリムでスタイリッシュなコーデまで、幅広く合わせられるので、汎用性の高いアイテムです。

そこで、今回はポストマンシューズのおすすめブランドをご紹介。初めて購入を検討している方はもちろん、すでに履きこなしている方もぜひチェックしてみてください。

ポストマンシューズとは?

By: amazon.co.jp

ポストマンシューズとは、その名の通り、郵便局員が作業靴として履いていた革靴を指します。硬く歩きづらい革靴を履き、天候関わらず荷物や手紙を届け歩いていた郵便局員のために、クッション性もあり履きやすく丈夫な革靴として生まれました。当時は作業靴として使用されていましたが、ドレッシーな佇まいに独特な存在感を放つポストマンシューズは、現代において優秀なファッションアイテムとして定着しています。

ポストマンシューズの最大の魅力は、普遍性の高さ。流行廃りの影響を受けにくく、春夏秋冬どんなスタイリングにも合わせることが可能。一見革靴は敬遠されがちな夏場に関しても、ポストマンシューズならばショートパンツにもおしゃれに合わせられます。

また、キレイめな着こなしだけでなく、ミリタリージャケットとデニムといったアメカジスタイルなどカジュアルなスタイリングにもよく似合い、大人らしさを格上げしてくれます。TPOや時期を問わず、気軽に履けて、おしゃれに履けるのがポストマンシューズです。

ポストマンシューズの選び方

アッパーに使われている革の種類に注目

By: amazon.co.jp

ポストマンシューズのアッパーに採用されているレザーの種類は、靴の印象を決める重要な要素。例えばレザーに光沢があるか、マットな質感かによって、形が同じでもアッパーの表情が全く異なります。

また、革靴を長く愛用するためのお手入れ方法も、革の種類によってさまざま。ケア用品を適切に選ぶためにも、購入前に使用されているレザーの特徴を押さえておくことをおすすめします。

経年変化を楽しむために耐久性をチェック

By: amazon.co.jp

革靴ならではの経年変化を楽しめるのもポストマンシューズの魅力のひとつ。ポストマンシューズは元々丈夫に作られている靴ですが、長年履き込むことを考えると、より耐久性を重視したアイテムを選ぶ必要性が出てきます。

靴の耐久性に大きな差を生むのは、素材と製法。一生モノの靴として重宝するようなハイエンドモデルは、長年履くことを前提とした設計を採用しています。流行に左右されずに履くことのできるポストマンシューズだからこそ、長く履けるモノを選ぶのがおすすめです。

ソールのデザインと機能も重要

By: amazon.co.jp

ポストマンシューズは、歩くことが多い郵便局員のために作られた靴です。そのため、歩きやすく疲れにくい「フラットソール」が採用されているのが特徴。しかし、フラットソールと言っても、そのデザインと機能は千差万別です。

厚みのあるゴツめのソールを採用したポストマンシューズは、存在感がありカジュアルスタイルと好相性。キレイめにまとめるなら、主張しすぎないスタイリッシュなソールのモノがおすすめです。

また、機能性の部分では、クッション性が重要なポイント。長時間履く際の疲れにくさにつながるのはもちろん、履き心地にも大きく影響するため要チェックです。

ポストマンシューズのおすすめ人気ブランド

レッドウィング(Red Wing)

レッドウィングは、チャールズ・ベックマン氏によって創設されたアメリカの人気ブーツブランド。1954年、現在のポストマンシューズの原型となる「ポストマン・オックスフォード#101」をリリース。その後も、「アイリッシュ・セッター」「ベックマン」「ラインマン」など、数々の名作ワークブーツを作り出し、今やブーツブランドの定番としての地位を確立しています。

レッドウィングは、ポストマンシューズを語る上で外すことのできないブランド。長時間履いても疲れづらい「トラクショントレッドソール」や艶のあるレザー「フェザーストーン」など用いた、レッドウィングならではの高品質なブーツは、多くのこだわり深い大人の男を魅了しています。

レッドウィング(RED WING) ポストマン・オックスフォード #101

1954年に発売されたレッドウィングの「ポストマン・オックスフォード#101」。悪天候の時も関係なく、大量の手紙や荷物を届けていた郵便局員や、警察官のためのサービスシューズとして生まれ、20世紀のアメリカを代表する普及の名作となりました。

アッパーには、上品な光沢を放つレザー「シャパラル」を使用。クッション性に優れた履き心地が最大の魅力です。一般的なドレスシューズと比較すると全体的に丸みを帯びた形状がポストマンシューズの形ですが、レッドウィングの「#101」はその他のものと比べつま先に向けて先細な形をしています。そのため、カジュアルなスタイルだけでなく、細身なドレッシーなスタイルにもピッタリです。

クッション性に富んだソールは長時間履いても疲れにくく、遊びのシーンに最適。ファッション性に優れているのはもちろん、履き心地も良好です。ポストマンシューズの代表作としておすすめしたい1足です。

レッドウィング(RED WING) ポストマン・チャッカ #9196

レッドウィングの人気モデル「#101」に次いで作られた、足首丈のポストマンシューズ。カジュアルさが際立ち、普段のコーディネートに取り入れやすいデザインに仕上がっています。

ソールには、クッション性に優れたクレープソールを採用。また、オイルレジスタント素材を採用し、滑りにくさがプラスされています。軽やかな履き心地とタフさを兼ね備えた逸品で、ポストマンシューズを長く愛用したい方には特におすすめです。

ダナー(Danner)

アメリカを代表するブーツブランドである「ダナー」。創業当初はワークブーツの製作を主な事業として展開していたのですが、「マウンテントレイル」というハイキングブーツを生産のラインに取り入れたところ、大ヒットを記録。この後、世界で初めて防水透湿素材「ゴアテックス」をブーツに取り入れた「ダナーライト」を発表しました。現在においても世界中に多くのファンの支持を集めている人気ブランドです。

現在、ダナーはアウトドアブーツの定番ブランドとして知られていますが、ポストマンシューズも最も人気なモデルのひとつ。まるでガラスのような光沢を持つのが特徴で、フォーマルシーンでも着用できるおすすめのシューズです。

ダナー(Danner) POSTMAN SHOES ポストマンシューズ D214300

30年以上にわたって愛されてきたダナーのベストセラー「ポストマンシューズ」。アウトドアブーツブランドが持つ技術の粋を取り入れた名作です。一般的なポストマンシューズと比較すると、少し幅広で大きめなのが特徴で、日本人に多い「甲高幅広」の足の形に適した形状になっています。クッション性に優れたアウトソールは履き心地も良好。グリップ性能が高く、滑りにくいのも魅力です。

レザーには、上品な光沢を持つガラスレザーを使用。プライベートファッションと合わせやすいのはもちろん、フォーマルシーンにも活用できるおすすめのポストマンシューズです。

ダナー(Danner) POSTMAN BOOTS ポストマンブーツ D-4302

日本工場での製造開始から30年以上が経った今でも人気が衰えない、ロングセラーアイテムです。アウトソールには、衝撃吸収性能に優れた「ダンキャットソール」を採用。ソール交換が可能なグッドイヤーウェルト製法で作られているため、長期間愛用できます。

重厚感のあるブーツタイプのポストマンシューズなので、足元に取り入れればコーディネートがグッと引き締まります。アウターやボトムはシンプルにまとめ、靴の存在感を際立たせるようにコーディネートするのがおすすめです。

リーガル(REGAL)

ビジネスシューズにおいて高い品質とそのブランドロイヤリティの高さから多くのファンから支持を受ける日本の革靴ブランド「リーガル」。アッパーと底をジョイントするグッドイヤーウェルト製法を基にしたハイクオリティな革靴のシリーズの数々は、多くのビジネスマンや大人の男性から高い評価を受けており、ビジネスシューズ・革靴を選ぶ上で欠かせないブランドとなっています。

リーガル(REGAL) グラッドハンドコラボ ポストマンシューズ

武骨でワイルドなデザインが人気のブランド「グラッドハンド」と「リーガル」がコラボしたポストマンシューズ。シンプルなデザインながら、アッパーのシボ感が高級感を出しています。製法はリーガルでおなじみのグッドイヤーウェルト製法。インソールの箔押しもおしゃれです。

ビッグブランドのコラボアイテムですが、リーガルの高い技術力はしっかりと取り入れられています。一風変わったポストマンシューズをお探しの方におすすめのアイテムです。

ロスコ(Rothco)

60年以上にわたってミリタリー製品をリリースしてきたアメリカのブランド「ロスコ」。厳しい品質管理基準をクリアした高品質なアイテムの数々は、ミリタリー分野に限らず、キャンプやアウトドアといった分野でも高く評価されています。トレンドをおさえたデザイン性の高さ、リーズナブルな価格帯である点もロスコの魅力です。

ロスコ(Rothco) ポストマンシューズ 5085

アッパーにレザーを使用した軽量かつ耐久性のあるポストマンシューズ。高級紳士靴と同様のグッドイヤーウェルト製法を採用しており、足になじみやすいのが魅力です。インソールには、クッション性の高い素材を使用。スニーカーのような感覚で履くことができます。

丸みを帯び、少し大きめの形状ですが、足元に程よいボリューム感を与えながらも、すっきりとしたラインがおしゃれ。細身なパンツはもちろん、デニム、チノなど、さまざまなコーデに合わせられるおすすめのポストマンシューズです。

ロスコ(Rothco) ハイグロス オックスフォード エナメルシューズ

輝くような光沢が魅力のエナメルを採用したポストマンシューズです。靴の内側には「キャンプレイルクッション」が採用されており、夏は蒸れにくく、冬は暖かいという優れモノ。年間を通して快適な履き心地を実感できます。手間のかかる製法のため、主に高級紳士靴にしか採用されていないグッドイヤーウェルト製法で作られているのも魅力です。

また、クッション性が高く軽量な「オイルレジスタント・ラバーソール」を採用。快適な履き心地を楽しむことができ、完全防水仕様なところも注目ポイント。休日のコーディネートにはもちろん、ラフなビジネススタイルにもおすすめのアイテムです。

ドクターマーチン(Dr.Martens)

「ドクターマーチン」は、イギリスのシューズブランド。ドイツのクラウス・マルテンス博士の発明品である「エアクッションソール」を採用したブーツはイギリスで人気を博し、今や世界中で愛されるファッションアイテムとなりました。長く愛用できるタフな作りも魅力です。

ドクターマーチン(Dr.Martens) CORE 1461 BEX 3ホールシューズ

ドクターマーチンのアイコン的存在としても知られる3ホールシューズ。最大の特徴は、インパクトのある分厚いラバーソールです。クッション性に優れたソールは、軽快な履き心地を提供してくれます。

アッパーにはスムースレザーを採用し、滑らかな質感を実現。ドクターマーチン特有のイエローステッチがデザインのアクセントとなり、スタイリッシュな1足に仕上がっています。どんなスタイルにも合わせやすく、かつファッション性の高いアイテムなので、ポストマンシューズを初めて購入する方にもおすすめです。

ポストマンシューズのメンズコーデ

ビッグシルエットのアウターを際立たせる

By: zozo.jp

今が旬なオーバーシルエットのアウターが際立つトレンドコーデ。大きめのフライトジャケットに、ルーズなデニムを合わせたカジュアルファッションです。全体的にルーズなシルエットに、丸みのあるポストマンシューズをキレイに合わせられています。

シンプルスタイルを格上げするポストマンシューズ

By: zozo.jp

ワイドパンツにゆったりとしたロンTを合わせたコーデ。シンプルデザインの服はかえって着こなしが難しいのですが、足元をサービスシューズであるポストマンシューズを合わせることによって全体的なバランスを引き締めることに成功しています。

トレンドをおさえたプレッピースタイル

By: zozo.jp

トレンドのゆったりとしたシルエットながら、上品な要素も取り入れた好印象なコーデ。レイヤードしたニットの裾から出たシャツや、ワイドパンツが畏まり過ぎない抜け感を作り出しています。

プレッピー的な要素を強くするには、ローファーなどが向いていますが、ゆったりとしたワイドパンツにはボリュームが足りません。今回合わせているポストマンシューズの丸みを帯びたトゥが全体のバランスを引き締めています。

すっきり細身なシルエットにも

By: zozo.jp

ボディラインが強調されるスリムシルエットなコーデ。黒スキニー、ポストマンシューズ、ライダースを合わせたシックかつロックな着こなしは、清潔感も出るおすすめの着こなしです。インナーのベロアのレイヤードも今期のトレンドをおさえたおしゃれなポイントとなっています。

チェックパンツ×ポストマン

By: zozo.jp

ファッション誌で密かに人気を集めていたチェックパンツを使ったコーデ。チェックパンツの中でも少しゆったりしたシルエットのワイドパンツをチョイスするのがトレンドです。全体的にキレイめなアイテムで組み合わせているのがポイント。色使いのバランスのとれたセンスある着こなしです。

ポストマンシューズのお手入れ方法

By: redwingonlinestore.jp

ポストマンシューズのお手入れは、基本的に一般的なビジネスシューズなどのお手入れの方法と同じです。靴紐を全て抜き取り、乾いた布で全体を拭き、ブラッシングして細かい汚れ、埃を落としていきます。その後、革靴用クリームを布にとって磨くようにムラなく塗っていき、乾いたら新しい布で改めてクリームを拭き取るように乾拭きすると完了です。

使用するクリームは、専用のものを使用しますが、基本的に無色(ナチュラル)のものを使用するとよいでしょう。目立たない部分から塗り始め、シワの深くまでしっかりとクリームを塗りこむことがポイントです。

ポストマンシューズの甲革にはシワができやすく、一度シワができてしまうと使用する毎に深くなってしまいます。キレイな形を保つためにも、着用後はシューツリーを使用して、ソールとアッパーを伸ばすようにしましょう。

また、ポストマンシューズには、樹脂をコーティングして光沢を出しているモデルがあります。防水スプレーを吹きかけると光沢が曇ってしまうことがあるので要注意です。基本的に樹脂コーティングやシューケアクリームの油が水を弾いてくれるため、多少の雨水は防ぐことができます。こまめにお手入れをして、防水性能を高めておきましょう。