旅行などのイベントでカメラを持ち歩く際にあると便利なのが「カメラバッグ」。普段使いのバッグでも代用はできますが、仕切りやクッションなどがしっかり備わっているアイテムのほうが使い勝手がよく、安心して活用することができます。

そこで、今回はおすすめのカメラバッグをご紹介。行き先や撮影の目的によって持参するカメラ機材の選択や組み合わせも異なってくるので、シチュエーションをしっかり想定した上で購入を検討してください。

カメラバッグの選び方

デザインで選ぶ

By: amazon.co.jp

カメラバッグは普段から持ち歩くものなので、デザインにはこだわりたいところ。個人毎に好みがあると思うので、気に入ったデザインのバッグを選んでみましょう。

カメラ撮影では周囲に溶け込むのも重要なので、街撮りならばファッション性の高いカメラバッグ、山で写真を撮るのならばアウトドア風のカメラバッグというように、シーンごとによって使い分けるのがおすすめです。

バッグのタイプで選ぶ

ウエストバッグタイプ

By: amazon.co.jp

腰にベルトで固定するタイプで、斜め掛けでも使用可能です。サイクリングやハイキングなどのアウトドアでの使用に向いており、両手をフリーに使えるのがポイント。

ただし、鞄のサイズが小さくなってしまうので収納性に欠けてしまう点と、ファッションとのコーディネートが難しいという点に注意したいところです。

  

ショルダータイプ

By: amazon.co.jp

カメラバッグとしては最も一般的で、ラインナップが充実しているのが特長です。

カメラ1台+レンズ1台のコンパクトなものから、カメラ2~3台+レンズ2~3本が収納できる大型のものまで、サイズのバリエーションが豊富。しかもデザインの種類も豊富なので、自分好みのバッグを選びやすくなっています。

カメラを含む機材の取り出し、収納のしやすさは抜群。短所はどちらかの肩に負担がかかってしまう点です。長時間かばんをさげての移動には不向きです。

 

リュックタイプ

By: amazon.co.jp

ショルダータイプに続いて人気なのがリュックタイプ。両肩で担ぐので体全体への負担が軽減されます。カメラやレンズだけではなく、三脚や旅行の荷物も収納できる大型のものもあります。長時間歩行する方やアウトドア撮影をする方におすすめです。

短所は、カメラやレンズを鞄から取り出す場合、一旦降ろす必要があること。人が多い電車やバスといった込み合うところでの機材の出し入れには不向きです。ただし、中にはバッグを一度降ろさなくても取り出せるよう工夫されたバッグもあるので、急なシャッターチャンスにも対応したいという方はチェックしてみてください。

  

メッセンジャータイプ

By: amazon.co.jp

斜め掛けで、体にピタッと密着させて使用するタイプのバッグ。機動性に優れているのと、体に密着しているので安定性は抜群。大きさは小型~中型のものが多く、小さなミラーレスやコンパクトデジタルカメラを持ち運びたい方におすすめです。

ファッション性の高いものが多く、街に溶け込みやすいのがポイント。いかにもなカメラバッグを持っていると人目を引いてしまいがちですが、メッセンジャータイプは一見すると普通のバッグなので、人ごみの中でも気軽に写真撮影をすることができます。

 

多目的タイプ

By: amazon.co.jp

ウエストバッグタイプで使ったり、メッセンジャータイプで使ったりと、その時々によってタイプを使い分けられる2WAY、3WAYのカメラバッグ。

長所は様々な使い方ができ、上述したそれぞれのタイプの良さを得ることができる点。長距離移動するときはリュックとして、撮影スポットに到着したらカメラをすぐ取り出せるようにショルダーとして使うなど、臨機応変に立ち回れます。
  

キャリーバッグタイプ

By: amazon.co.jp

たくさんのカメラやレンズを収納可能なキャリーバッグタイプ。ローラーが付いているので長距離移動(飛行機や新幹線、船など)に向いています。通常のキャリーバッグと比べて、衝撃に強く、カメラを取り出しやすいように工夫されているのがポイント。

また、容量が大きいものが多いため、たくさんの機材を運ぶ場合に便利です。旅行用のカメラバッグとしておすすめです。

容量を見て選ぶ

By: amazon.co.jp

バッグ選び全般に言えることですが、普段持ち運ぶものに合った容量を選ぶのが大切です。「大は小を兼ねる」という言葉がありますが、実際に使用する容量以上の大きさのものを選ぶと単純にかさばるだけでなく、バッグ内に余分な空間が生まれて重心が不安定になってしまいます。

必要最小限の機材を選別してコンパクトにまとめることは、カメラを最大限に楽しむコツのひとつです。ボディやレンズの大きさに合ったカメラバッグを選ぶようにしましょう。

防水、防塵、衝撃に強いものを選ぶ

カメラやレンズは精密機器なので、水やゴミが入ったり、強い衝撃を受けたりすると壊れてしまう可能性があります。アウトドアで多く撮影の機会がある方は、防水・防塵・耐衝撃性能に優れたものを選びましょう。

カメラバッグのおすすめブランド・メーカー

ロープロ(Lowepro)

ロープロは、1967年にコロラドでスタートしたカメラバッグブランド。現在、カメラ・ビデオ用の製品をはじめ、携帯電子機器、専用アクセサリなどもリリースしています。過酷な環境にも対応できる「保護力」、そしてカメラをすぐに取り出せる「利便性」の高さが特長。実用性だけではなくファッション性にも優れていることから、プロの写真家からカメラ愛好家まで、幅広い層に高く評価されています。

バンガード(VANGUARD)

1986年に台湾で設立されたバンガード。カメラやビデオアクセサリをはじめ、三脚、双眼鏡など、光学製品の開発から販売まで行っているブランドです。価格がリーズナブルながら、耐久性も兼ね備えているのがポイント。有名カメラマンやビックカメラとのコラボ商品もリリースしています。コスパ優秀なカメラバッグを探している方におすすめです。

マンハッタンポーテージ(Manhattan Portage)

1983年にニューヨークでスタートした人気ブランド「マンハッタンポーテージ」。メッセンジャーバッグやリュックで有名ですが、高性能なカメラバッグもリリースしています。カメラやレンズの収納に適したポケットがあるのはもちろん、生地も頑丈です。シンプルなデザインはデイリーユースに最適。気軽に写真撮影を楽しみたい方におすすめのブランドです。

ポーター(PORTAR)

「ポーター」は、1935年に設立された吉田カバン初の自社ブランド。一針入魂をコンセプトに、バッグや財布などの高品質なアイテムを数多く展開しています。コンバースやニューエラといった人気ファッションブランドとコラボしていることで有名です。

カメラメーカー・ニコンともコラボしており、カメラを運ぶ・守る・使うことを追求したカメラバッグは機能性に優れているだけでなく、ファッション性も高いのが魅力。男性はもちろん、カメラ女子にもおすすめのメーカーです。

マウス(MOUTH)

2009年に大阪・梅田で誕生したカメラバッグ専門ブランド。「ありそうでないモノ」をテーマに新しい形のカメラバッグを提案しています。今までカメラバッグと言えば、無地で武骨な印象のものが多かったのですが、マウスの作るカメラバッグはデザイン性が高く、普段使いにピッタリ。おしゃれなカメラバッグが欲しい方におすすめです。

カメラバッグのおすすめ人気モデル

ロープロ(Lowepro) フリップサイド 300AW2

ロープロで人気のカメラバッグ・フリップサイドシリーズ・最大の特長は「背面アクセス構造」。バックパックの背中に面している側から開ける構造になっているため、背負っているときに後ろから勝手に開けられる恐れがありません。

また、クッション入りの中仕切りは自由レイアウトすることが可能です。フルサイズの大型一眼レフはもちろん、コンパクトドローンも収納できる大容量サイズ。セキュリティと収納力を両立したおすすめのカメラバッグです。

バンガード(VANGUARD) VEO DISCOVER 15Z BKS-VD15Z

ビックカメラ×コジマのコラボモデルです。レンズ付きのカメラをそのまま収納できるのが特長。トップの開口部からすばやく取り出せるので、急なシャッターチャンスも逃しません。

内側にはレッドカラーのクッション素材を使用。視認性がよく、小物類をすぐに見つけることができます。大手メーカーとのコラボだけあって、価格が安いながらも信頼性は抜群。コスパに優れたカメラバッグを探している方におすすめです。

MindShiftGEAR(マインドシフトギア) フォトクロス10

アウトドア用のカメラバッグを数多くリリースしているマインドシフトギア。体にピッタリとフィットする3点式スリングを採用しているため、高価なカメラを肌身離さず持ち歩くことが可能。背負ったままでもカメラにアクセスできるのも魅力です。

また、高密度の撥水生地を採用しているのもポイント。山のような急激に天候が変わるところでも安心してカメラを持ち運ぶことができます。アウトドアフォトグラファーにおすすめのカメラバッグです。

エツミ(ETSUMI) バックラーミラーレスバッグ E-3500

ポーチのような感覚で使えるショルダータイプのカメラバッグです。ミラーレス一眼にピッタリのコンパクトサイズでありながら、大型カメラバッグにも使われている厚手クッションを内蔵。外部の衝撃からしっかりとカメラを守ってくれます。

中仕切りが1枚入っており、スペアバッテリーなどのアクセサリを入れるのにピッタリ。ちょっとしたお出かけに使うのはもちろん、旅行用のサブバッグとしてもおすすめです。

マンハッタンポーテージ(Manhattan Portage) カメラバッグ MP1545

人気のバッグブランドであるマンハッタンポーテージのカメラバッグです。本体には耐久性が高い繊維「コーデュラ」を使用。パッドで補強されているので大切なカメラを衝撃から守ってくれます。また、裏地には耐水性に優れた420Dナイロンを使用しているので、急な雨にも対応できます。

容量も大きく、仕切りを取り外すことによってショルダーバッグとして使うことも可能。シンプルなデザイン性はさまざまなファッションスタイルによく馴染みます。汎用性が高いおすすめのカメラバッグです。

ポーター(PORTER) カメラバッグL 707-06123

ポーターのダブルジッパー式カメラバッグです。凹凸の多いカメラを収納しやすいように上部が大きく開くのがポイント。内部にはカメラやレンズが傷つかないようにクッション材が採用されています。

中央の仕切りはカメラに合わせて配置を変えることが可能。小さなミラーレスからフルサイズ一眼レフまで収納できます。キャンバス地にポリウレタンを圧着した表地は、まるでレザー製品のような質感。幅広い年代におすすめのカメラバッグです。

ポーター(PORTER) オプション カメラバッグ S 526-05914

グッドデザイン賞を受賞したポーターの2WAYカメラバッグ。基本は手持ちタイプですが、別売りのショルダーストラップを装着することでショルダーバッグとして使うことができます。

メイン生地には耐摩耗性に優れたナイロンを使用。裏地には手触りのよいポリエステルパイルが使われているので、精密機器のカメラに対する配慮がしっかりしています。レンズキャップやメモリーカードなどの小物を入れるのに便利なポケットも完備。機能性に富んだおすすめのカメラバッグです。

チャムス(CHUMS) カメラバッグ Camera Tote Sweat Nylon

気軽にお気に入りのカメラを持ち歩けるトートバッグタイプのカメラバッグ。チャムスらしい2トーンカラーのおしゃれな配色に、ナイロンとスウェット地のコンビがアクセントになっています。

サイズは小さめですが、内部の取り外しのできる仕切り、外側にある3つのポケットなど、収納力は良好。また、インナークッションがカメラを保護してくれるので多少の衝撃を受けても安心です。クッション部分は取り外しできるので、カメラを使わないときは普通のトートバッグとしても使うことも可能です。シーンに応じて使い分けたい方におすすめです。

チャムス(CHUMS) Camera Boston Sweat Nylon

ボストンバッグとショルダーバッグの2WAYで使用できるカメラボストンバッグ。インナークッションは取り外しが可能で、カメラを使わないときは普通のバッグとして使用することもできます。外側には3つの仕切りがあるポケットを採用。小物を収納するのに便利です。

素材にはスウェットとナイロンを使用することで、カジュアルなファッション性と耐久性を両立しています。また、価格が安いのも魅力。男性はもちろん、女性にもおすすめのカメラバッグです。

マウス(MOUTH) カメラバッグ Delicious mark-1 MJS11019

おしゃれなカメラバッグを提案する「マウス」のカメラショルダーバッグ。メイン素材には跳び箱やマットで使用される頑丈な8号帆布、底部などには耐久性が高い合成タンニンなめし革を使用しています。

マウスのカメラバッグは、日本製にこだわっているのもポイント。日本の素材を使い、日本の向上で作っているので造りも丈夫です。インナーケースを取り外せば普段使い用のバッグとしても使えます。

マウス(MOUTH) カメラトートバッグ 104 TOTE

トートバッグタイプのカメラバッグ「104 TOTE」。メイン素材には国産8号帆布を使用。裏面にはテントにも使用されているESターポリン素材が使われています。防水性が高いので、雨や水しぶきからカメラを守ってくれます。

バッグ内部にはインナーポケット2つ、外側には大きめのフロントポケットを3つ採用。フィルムや予備バッテリーといった小物はもちろん、スマートフォン、折り畳み傘なども収納可能です。ほかのマウス製品と同じく、インナークッションは取り外し可能。シンプルなデザインのため、通勤・通学にもおすすめです。

モンベル(monte-bell) カメラウエストバッグ

軽量かつ耐久性に優れたカメラウエストバッグ。ウエストベルトと併用することで揺れを防止するショルダーストラップが付属されています。腰への負担も軽減してくれるので、長距離を移動する場合にもおすすめです。

本体にはレインカバーを内蔵。アウトドアシーンの急な雨にも対応できます。また、底面には軽量の三脚をストラップで固定できるパッチを採用しているのもポイント。小ぶりながら大容量のカメラバッグです。

モンベル(monte-bell) フォトウォーカーパック 25 #1123845

カメラ収納部分とアウトドアギア収納部分が分かれた2気室仕様のリュック。それぞれの荷室に直接アクセスできるジッパーを備えているので、すぐに荷物を取り出せるのがポイントです。

ホコリを嫌うアイテムを収納できるアンチダストポケット、三脚ホルダーなど、カメラバッグとして嬉しい機能もしっかりと備えています。日帰り旅行におすすめのカメラバッグです。