旅行などのイベントでカメラを持ち歩く際にあると便利なのが「カメラバッグ」。仕切りやクッションなどが備わっているため、使い勝手がよく安心してカメラを持ち歩けます。カメラバッグは種類が多いため、用途に合わせたものを選ぶことが重要です。

そこで今回は、おすすめのカメラバッグをご紹介。選び方やおすすめメーカーもあわせて解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

カメラバッグの選び方

撮影スタイルに合わせてバッグの種類を選ぶ

ショルダータイプ

By: amazon.co.jp

ショルダータイプは、カメラやレンズの取り出しやすさが特徴。旅行やお出かけ、イベントなどでカメラを持ち運びながらスナップ写真を撮る方におすすめです。

カメラ1台+レンズ1本が入るコンパクトなものから、カメラ2~3台+レンズ2~3本収納できるような大きなものまで、バリエーションが豊富。機能性だけでなく、見た目も自分好みのバッグが選びやすいのが魅力です。

ただし、ショルダータイプは片方の肩にだけ負担がかかってしまうため、長時間の移動や撮影に使用する際は注意が必要。主に短時間の持ち運びを中心とした方におすすめです。

リュックタイプ

By: amazon.co.jp

リュックタイプは、背中に担ぐため、両手が空くことはもちろん、両肩に均等に重圧がかかることで身体への負担を軽減してくれるのが特徴。

三脚やアウトドア用品などを一緒に収納できるため、長時間の撮影や、アウトドア撮影をする方におすすめ。リュックを毎回降ろさなくても中身を取り出せるように、サイドポケットやサイドファスナーも充実しているため、急なシャッターチャンスにも対応可能です。

リュックの中が2つに分かれた2気室タイプと、分かれていない1気室タイプの2種類があるため、選ぶ際は中身の構造も要チェック。荷物が多い方や、財布やスマホなどカメラ以外の持ち物も入れたい方は、2気室タイプを選びましょう。

メッセンジャータイプ

By: amazon.co.jp

メッセンジャータイプは、身体にぴったり密着させて、斜め掛けで使用するタイプです。機動性に優れていて、身体に密着させるため振動が少なく、安定性が抜群です。大きさは小型~中型が多く、小さいカメラを持ち運びたい方におすすめです。

ほかのカメラバッグに比べるとファッション性が高く、普通のバッグと違和感がないのもポイント。できるだけ自然にカメラを持ち歩きたい方におすすめです。

ウエストバッグタイプ

By: amazon.co.jp

ウエストバッグタイプは、腰にベルトで固定するタイプで、紐の位置を変えれば斜め掛けでも使用可能です。サイクリングやハイキングなど、アウトドアでの使用に向いており、両手を自由に使えるのがポイント。

ただし、ウエストバッグの性質上サイズが小さくなるため、収納力は低め。ファッションとのコーディネートが難しいため、女性よりも男性に人気のタイプです。

キャリータイプ

By: amazon.co.jp

キャリータイプは、リュックよりも多くのカメラ・レンズ・機材が持ち運べるタイプ。ローラーがついているため、背負う必要がなく、身体への負担が一番少ないタイプです。

地面を転がして使うので、持ち運ぶ際にカメラやレンズに振動がかかるといったデメリットがあるものの、収納力は抜群。長距離の移動がある方や、スタジオ撮影など多くの機材を運ぶ方におすすめです。

多目的タイプ

By: amazon.co.jp

気分や用途に合わせて使い分けられる2WAY・3WAY機能があるカメラバッグです。撮影目的に合わせて使い分けられますが、収納力は高くないため、大きなカメラやレンズには不向き。

コンパクトなカメラやレンズに対しては使い勝手は良好なため、ファッションとのコーディネートを重視したい方や、初めてのカメラバッグにおすすめのタイプです。

カメラバッグの容量で選ぶ

By: amazon.co.jp

カメラバッグを選ぶ際は、持ち運ぶカメラの容量にあった製品を選ぶのが大切です。大きすぎるものはバッグ内に余分な空間が生まれ、衝撃を吸収できなくなったり、重心が不安定になったりしてしまいます。

ただし、小さすぎると収納や出し入れにも手間取ってしまうため、手持ちのカメラ・レンズ・機材を選別して一番コンパクトにまとまるものを選ぶようにしましょう。

カメラやレンズの取り出しやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

カメラバッグからカメラやレンズを素早く取り出せるかもチェックしましょう。バッグが開けにくかったり、カメラを取り出すときに引っかかったりするモノを選ぶと、使いにくくなります。できるだけバッグの開口部が広く、カバンの中がよく見えるモノを選ぶのがおすすめです。

また、カメラには本体以外にもさまざまな機材があるため、カメラ本体やレンズだけでなく細かい機材やアクセサリーが整然と収納できて素早く取り出せるかもチェック。レンズやSDカードなどもサッと取り出せるようなカバンを選ぶと、カメラ撮影がより快適になります。

機材の取り出しやすさはカメラバッグの収納ポケット数や位置が大きく影響するので要チェックです。自分が使う機材の数と収納ポケットのサイズを確認し、ベストに近いモノを選んでおくと機材が取り出しやすくなり紛失も防げます。

耐衝撃・防水・防塵機能があるものを選ぶ

By: amazon.co.jp

カメラが苦手とする水とほこりをしっかりカバーできるかどうかはバッグ選びで重要なポイント。バッグを安易に選んでしまうと、カメラが故障する可能性もあるのでしっかりしたモノを選びましょう。

カメラやレンズは精密機器のため、水やゴミが入ったり、強い衝撃を受けたりすると破損の恐れがあります。持ち運び中の衝撃はもちろんですが、普段から屋外での撮影が多い方は、防水・防塵・耐震性に優れたカメラバッグを選びましょう。

カメラバッグのおすすめブランド・メーカー

ハクバ(HAKUBA)

By: amazon.co.jp

カメラ関連のバッグやアクセサリーを扱うハクバのアイテムは、シンプルなデザインと機能性が魅力。バッグの中はカメラや機材を整理して入れられるよう工夫が施されており、使いやすさを重視しているのがポイントです。

カメラバッグはリュックやハンドバッグだけでなくローリングバッグなども揃っており、用途に合わせて選ぶことが可能。ウエストポーチ型のカメラバッグもあるので、スポーツや登山にカメラを持参したい方におすすめです。

マンフロット(Manfrotto)

By: amazon.co.jp

1960年代にイタリアで創業したマンフロットは三脚メーカーとしても有名。カメラバッグは三脚が収納できるリュックタイプが主流ですが、ショルダーバッグやウエストポーチもあり、どの製品も収納力が高く人気があります。

マンフロットのアイテムは外側のポケットが少ないモノから多いモノまであり、人それぞれの使い方に合わせられるのがポイント。また、イタリアならではデザインもおしゃれなので、多くの人々に支持されています。

エンデュランス(Endurance)

By: amazon.co.jp

エンデュランスのカメラバッグは、撮影のためだけでなく普段使いにも適しているのがポイント。ファッション性が高いので、カメラ専用のバッグにありがちな硬さがなく、どこにでも持ち歩けるのが魅力です。

カメラバッグはリュックタイプが主流で、サイドからカメラを取り出せるのが特徴。バッグの中には数本のレンズを固定して入れられるよう仕切りが多く付いています。機能性の高いリュックタイプのカメラバッグを探している方におすすめです。

カメラバッグのおすすめモデル

ハクバ(HAKUBA) ボディバッグ SGWPR-BB

ハクバ(HAKUBA) ボディバッグ SGWPR-BB

本製品はメッセンジャーバッグのように体に密着させて装着したり、腰にベルトで固定してウエストバッグとして使ったりできる便利な2Wayバッグです。旅先での街歩きなどで必要最低限のカメラ機材を持ち歩くのに適しています。

開口部は身体側から大きく開くので、カメラや機材を素早く出し入れすることが可能。標準ズームレンズを装着した一眼レフカメラと交換レンズ1本のほかに、ストロボなどのアクセサリーも収納できます。背面のメッシュポケットには9.7インチ程度のタブレットPCも収納可能です。

前面と上面にはカメラクロスやフィルターなどの小物収納に適したファスナーポケットを備えていて便利。ペットボトル収納に便利なメッシュポケットも両サイドに付いています。底面には三脚を固定するベルトがあるのもポイント。コンパクトでも収納力の高いカメラバッグです。

ハクバ(HAKUBA) カメラバッグ プラスシェル シティ04 ショルダーバッグ S SP-CT04-SBSGY

ハクバ(HAKUBA) カメラバッグ プラスシェル シティ04  ショルダーバッグ S SP-CT04-SBSGY

本製品はコンパクトミラーレス一眼カメラの収納に適したショルダーバッグ。重量が280gと軽量なので、カメラや機材を入れても重くならないのがポイントです。シンプルでおしゃれなデザインなので、普段使いもできます。

開閉しやすいダブルファスナーを採用し、機材の出し入れが楽にできるのが魅力。標準ズームレンズを装着した小型ミラーレス一眼カメラと交換用レンズを1本収納できます。前面のファスナーポケットの内側にもクッションが付いており、スマホなどを入れるのに最適です。

背面のオープンポケットはレンズキャップやボールペンなどを入れるのに適しています。カバンを片手で移動するのに便利なハンドルも付いていて便利。カバンの底面には防汚性と防水性に優れたターポリン素材を採用しています。タウンユースに最適なカメラバッグです。

ハクバ(HAKUBA) カメラバッグ プラスシェル シティ04 ロールトップバックパック SP-CT04-RBPBK

ハクバ(HAKUBA) カメラバッグ プラスシェル シティ04 ロールトップバックパック SP-CT04-RBPBK

上下2気室のバックパックタイプを探している方におすすめの製品。下部にある機材収納部はバッグを肩から降ろさなくても簡単に開けられるので、カメラや機材を素早く取り出せます。上部は開口部を折りたたんで留めるロールトップ構造で、機能性が高く見た目もおしゃれです。

標準ズームレンズを装着した一眼レフカメラに加え、交換レンズ1~2本とアクセサリーの収納が可能。三脚固定ベルトを付属しており、大き目の三脚もしっかり固定できます。バッグ前面にある3つのファスナー付きポケットは小物の収納に便利です。

カメラや機材を仕切る中仕切りを全て外すと普段使いのバックパックとして使えるのがポイント。背面側には15インチ相当のノートPCも収納できます。サイドのファスナーポケットにはパスケース、伸縮ポケットにはペットボトルが入るので、通勤や通学用のカバンとしてもおすすめです。

マンフロット(Manfrotto) MA2 メッセンジャーバッグ M MB MA2-M-M

マンフロット(Manfrotto) MA2 メッセンジャーバッグ M MB MA2-M-M

本製品は収納力とアクセスのよさが魅力のコンパクトなメッセンジャーバッグ。小さくてもレンズ付きのミラーレス一眼カメラと交換用レンズ2~3本に加え、さまざまなアクセサリーを収納できるのが魅力です。

上部にあるメインの収納部に簡単にアクセスできるため、バッグを下ろさなくても素早くカメラを取り出せます。バッグ内部に薄くて丈夫なEVA素材を使用した可動式の仕切りがあり、機材やアクセサリーをしっかり保護することが可能です。

滑り止めのあるショルダーストラップと調節可能なバックルにより、体にしっかり密着させて安定した状態で移動できます。前面のポケットは内側に仕切りがあり、小さなアクセサリーや小物を整理して収納することが可能。撥水加工も施された機能性の高いカメラバッグです。

マンフロット(Manfrotto) Windsor ショルダーバッグ MB LF-WN-RP

マンフロット(Manfrotto) Windsor ショルダーバッグ MB LF-WN-RP

トラディショナルな革製品を好む方におすすめのカメラバッグ。グレーとブラウンのレザーを基調にした落ち着きあるデザインなので、スーツを着てカメラを持ち運ぶのにも適しています。シンプルなデザインなので、普段使いや旅行にもおすすめです。

バッグ全体にパッド入りの柔らかい素材を採用し、扱いやすくしているのがポイント。バッグの内部の仕切りは可動式で自由にレイアウトできるため、カメラだけでなくスマホやタブレットを持ち歩くのにも最適です。

レンズ付きのカメラ本体に加え交換用レンズが3本入る収納力も魅力。サイドポケットにはペットボトルが入り、前面のベルトには三脚を固定できます。A4ファイルやノートパソコンも入るので普段使いにもおすすめ。メンズらしいデザインでおしゃれなカメラバッグです。

マンフロット(Manfrotto) MA befree バックパック MB MA-BP-BFR

マンフロット(Manfrotto) MA befree バックパック MB MA-BP-BFR

本製品はレンズ付きの一眼レフカメラと交換レンズ6本を収納できる大容量タイプのバッグパック。上下2気室タイプでカメラ収納スペースには背面から素早くアクセスできます。カメラとアクセサリーを分けて整理できるのもポイントです。

トラベル三脚はバッグサイドのポケットに収納することが可能。前面のファスナーポケットは内側がクッション素材になっており、パソコンやタブレットを収納するのに適しています。上部の収納スペースには折り畳み傘などの小物をたっぷり収納することが可能です。

シンプルなデザインなので普段使いのリュックとして通勤や通学に使うのもおすすめ。レインカバーが付いており防水対策も万全です。旅行や登山にも使える汎用性の高いモノを探している方におすすめの製品です。

エンデュランス(Endurance) スリング カジュアル カメラバッグ

エンデュランス(Endurance) スリング カジュアル カメラバッグ

本製品は斜め掛けにできる上下2気室タイプのカメラバッグ。普段使いに最適なカジュアルデザインなので、休日のお出かけ用にメッセンジャータイプのカメラバッグを探している方におすすめです。カラーはグレーとネイビーがあり、好みに合わせて選べます。

レンズ付きのミラーレス一眼レフカメラと交換レンズ1本を収納可能。スリングストラップをずらしてバッグを体の前にスムーズに動かせるので、カメラを素早く取り出せます。上下に分かれた背面収納には8インチサイズのタブレットを入れることが可能です。

パーツアクセントにイタリアンレザーを採用しているのもポイント。見た目におしゃれなだけでなく質感にもこだわっています。上下の仕切りは取り外しできるので、普段使いのカバンとしても使えて便利です。

エンデュランス(Endurance) カメラバッグ エクステンド コンパクト&多機能 リュックタイプ

エンデュランス(Endurance) カメラバッグ エクステンド コンパクト&多機能 リュックタイプ

革製品やナイロン素材のカメラバッグではなく、ナチュラルなイメージのモノを探している方におすすめの製品。8号帆布に本革パーツを合わせたデザインで登山やハイキングにもぴったりです。女性が使用してもおしゃれに見えます。

上下2気室タイプでレンズ付きの一眼レフカメラと交換用レンズが2~3本収納できます。カメラ収納部には側面と正面からアクセスできるので便利。上下の間仕切りは取り外しができるため、普段使いの大容量リュックとしても活用できます。

側面ポケットには三脚やペットボトルを収納することが可能。上部からアクセスできるポケットには、薄型の15インチタブレットが入れられます。防水タイプのレインカバーが付属しているので、雨の日でも安心して使えるカメラバッグです。

MetroImagings カメラバッグ MHB-01K

MetroImagings カメラバッグ MHB-01K

一眼レフカメラが収納できるウエストポーチタイプのカメラバッグ。一眼レフカメラ本体と交換レンズ2本を収納できます。コンパクトサイズで価格も安いので、初めてのカメラバッグとして使いやすいモノを探している方にもおすすめの製品です。

ベルトの長さを調節すれば、メッセンジャーバッグとして斜め掛けにできるのもポイント。本体上部にあるファスナー付きのポケットには、スマホやデジカメが収納できます。背面にもポケットがあり、財布やパスケースを入れるのにちょうどよいサイズです。

カバン内部にある中仕切りは脱着できるため、カメラやアクセサリーに合わせて収納スペースを調節できます。コットン素材のシンプルデザインで、普段使いのウエストポーチとしても使えるのが便利。コスパのよさと扱いやすさが魅力のカメラバッグです。

コールマン(Coleman) エツミ&コールマン カメラショルダーバッグ CO-8700

コールマン(Coleman) エツミ&コールマン カメラショルダーバッグ CO-8700

アウトドア用品メーカーのコールマンとカメラ用品メーカーのエツミがコラボして生まれた使いやすくてスタイリッシュなカメラバッグ。キャンプやアウトドアシーンにぴったりでコンパクトなモノを探している方におすすめです。

コンパクトサイズながらミラーレス一眼レフとレンズ1本を収納することが可能。カバン内部の仕切りを取り外せば、普段使いもできます。ベルトを調節して斜め掛けにするとメッセンジャーバッグとして使えるのもポイントです。

サイドのメッシュポケットはスモールサイズのペットボトルが入るので便利。2つの前面ポケットにはファスナーが付いています。背面マチ無しポケットは頻繁に出し入れする小物を入れるのに最適。カメラを携帯したままアクティブに動きたい方におすすめの製品です。

アウトドアプロダクツ(OUTDOOR PRODUCTS) カメラショルダーバッグ ODCSB03NV

アウトドアプロダクツ(OUTDOOR PRODUCTS) カメラショルダーバッグ ODCSB03NV

アウトドアプロダクツのカメラバッグ。シンプルで飽きのこないデザインなので、長く愛用できます。カラーはネイビーのほかにレッドとブラックもあるので、好みに合わせて選ぶことが可能です。

レンズ付きミラーレス一眼カメラと交換レンズ1本を収納することが可能。前面のポケットにはカメラアクセサリーやスマホが収納でき、ファスナーがついているので安全に携帯できます。スリムでコンパクトなので、大きめのリュックに収納できるのもポイントです。

価格が安いので気軽に購入できるのも魅力。厚みを抑えたデザインでカメラバッグに見えないため、普段使いのバッグとしても活用できます。コンパクトなデザインで気軽に使えるカメラバッグを探している方におすすめです。

アマゾンベーシック(AmazonBasics) カメラバッグ 2way バックパック・キャリーケース

アマゾンベーシック(AmazonBasics) カメラバッグ 2way バックパック・キャリーケース

本製品はリュックとしてもキャリーバッグとしても使える便利な2wayタイプのカメラバッグ。レンズ付きの一眼レフカメラ本体と交換用レンズ4~6本に加えて充電器や電池なども収納できる大容量タイプです。

内側のクッション付きポケットには、タブレットや17インチノートパソコンを収納することが可能。小物を入れるのにちょうどよいフロントポケットや三脚を収納できるサイドストラップもあるので、カメラ撮影に必要なものをひとまとめにして携帯できます。

ほとんどの飛行機のオーバーヘッドコンパートメントに適合しているため海外旅行にも最適です。荷物IDタグホルダーはバッグを開けなくても確認と認識ができます。防水レインカバーも付いている使いやすいカメラバッグです。

EIRMAI JAPAN キャリーバッグシリーズ HPS-FW600T

EIRMAI JAPAN キャリーバッグシリーズ HPS-FW600T

キャリーバッグタイプのカメラバッグで大容量のモノを探している方におすすめの製品。レンズ付きの一眼レフカメラと交換用レンズ5~6本が収納できます。仕切りをはずせば大型超望遠レンズも収納でるので、プロカメラマンにも人気です。

三脚やライトスタンドを最大で2台取り付けできるのがポイント。大量の機材を肩にかけることなく、1つにまとめて移動できます。前面のファスナー付きポケットにはノートパソコンやA4サイズの書類も入るので便利です。

カバン底面には車輪が8つ付いており、強度が高いのもポイント。車輪が壊れてもドライバー1本で交換できるので安心して使えます。キャリーバッグとしてだけでなくリュックとしても使えるのもポイント。カメラや機材を大量に移動するのに適しているカメラバッグです。