旅行などのイベントでカメラを持ち歩く際にあると便利なのが「カメラバッグ」。仕切りやクッションなどが備わっているため、使い勝手がよく安心してカメラを持ち歩けます。カメラバックは種類が多いため、用途に合わせたものを選ぶことが重要です。

そこで今回は、おすすめのカメラバッグをご紹介。選び方やおすすめメーカーもあわせて解説するので、購入を検討している方はチェックしてください。

カメラバッグの選び方

撮影に合わせてタイプを選ぶ

ショルダータイプ

By: amazon.co.jp

ショルダータイプは、カメラやレンズの取り出しやすさが特徴。旅行やお出かけ、イベントなどでカメラを持ち運びつつスナップ写真を撮る方におすすめです。

カメラ1台+レンズ1本が入るコンパクトなものから、カメラ2~3台+レンズ2~3本収納できるような大きなものまで、バリエーションが豊富。機能性だけでなく、見た目も自分好みのバッグが選びやすいのが魅力です。

ただしショルダータイプは、片方の肩にだけ負担がかかってしまうため、長時間の移動や撮影に使用する際は注意が必要。主に短時間の持ち運びを中心とした方におすすめです。

リュックタイプ

By: amazon.co.jp

リュックタイプは、背中に担ぐため、両手が空くことはもちろん、両肩に均等に重圧がかかることで身体への負担を軽減してくれるのが特徴。

三脚やアウトドア用品などを一緒に収納できるため、長時間の撮影や、アウトドア撮影をする方におすすめ。リュックを毎回降ろさなくても中身を取り出せるように、サイドポケットやサイドファスナーも充実しているため、急なシャッターチャンスにも対応可能です。

リュックの中が2つに分かれた2気室タイプと、分かれていない1気室タイプの2種類があるため、選ぶ際は中身の構造も要チェック。荷物が多い方や、財布やスマホなどカメラ以外の持ち物も入れたい方は、2気室タイプを選びましょう。

メッセンジャータイプ

By: amazon.co.jp

メッセンジャータイプは、身体にぴったり密着させて、斜め掛けで使用するタイプです。機動性に優れていて、身体に密着させるため振動が少なく、安定性が抜群です。大きさは小型~中型が多く、小さいカメラを持ち運びたい方におすすめです。

ほかのカメラバッグに比べるとファッション性が高く、普通のバッグと違和感がないのもポイント。できるだけ自然にカメラを持ち歩きたい方におすすめです。

ウエストバッグタイプ

By: amazon.co.jp

ウエストバッグタイプは、腰にベルトで固定するタイプで、紐の位置を変えれば斜め掛けでも使用可能です。サイクリングやハイキングなど、アウトドアでの使用に向いており、両手を自由に使えるのがポイント。

ただし、ウエストバッグの性質上サイズが小さくなるため、収納力は低め。ファッションとのコーディネートが難しいため、女性よりも男性に人気のタイプです。

キャリータイプ

By: amazon.co.jp

キャリータイプは、リュックよりも多くのカメラ・レンズ・機材が持ち運べるタイプ。ローラーがついているため、背負う必要がなく、身体への負担が一番少ないタイプです。

地面を転がして使うため、持ち運ぶ際にカメラやレンズに振動がかかるといったデメリットがあるものの、収納力は抜群。長距離の移動がある方や、スタジオ撮影など多くの機材を運ぶ方におすすめです。

多目的タイプ

By: amazon.co.jp

気分や用途に合わせて使い分けられる2WAY・3WAY機能があるカメラバッグです。撮影目的に合わせて使い分けられますが、収納力は高くないため、大きなカメラやレンズには不向き。

コンパクトなカメラやレンズに対しては使い勝手は良好なため、ファッションとのコーディネートを重視したい方や、初めてのカメラバッグにおすすめのタイプです。

持っているカメラに合わせて選ぶ

撮影目的以外に、持っているカメラに合わせたサイズのカメラバッグを選ぶことも大切です。大は小を兼ねると言いますが、カメラバッグに関してはジャストサイズを選ぶようにしましょう。

大きすぎるカメラバッグはそれだけで荷物になり、小さすぎるカメラバッグは出し入れに不便が生じがち。コンパクトなカメラにはコンパクトなものを、レンズが長いものには収納力があるものを選ぶようにしましょう。

一眼レフ

By: amazon.co.jp

レンズの種類が多く、カメラ本体も大きくなりやすい一眼レフには、収納力の高いリュックタイプがおすすめです。一眼レフは撮影スポットを決めて、じっくり撮影することが多いため、三脚やレリーズなど機材も一緒に持ち運べることがポイント。

両手がふさがらないリュックタイプは、収納力が高いだけでなく、機動力も高くなります。歩きながら撮影する時のことも考えて、横から出し入れできるタイプがおすすめです。

ミラーレス一眼

By: amazon.co.jp

一眼レフに比べると、レンズの種類が少なく本体の重量もそこまで重くないミラーレスには、中型サイズのショルダーバッグやリュックタイプがおすすめ。小型サイズだと付属のレンズが収納できないため、中型サイズ以上を選ぶようにしましょう。

撮影目的に合わせて持ち歩くレンズの大きさや数も変わるため、2WAY・3WAY使用ができる多目的タイプを持っておくのもおすすめです。

コンデジ

By: amazon.co.jp

大きなレンズを必要とせず、コンパクトな作りが魅力的なコンデジの場合は、カメラバッグもコンパクトなものがおすすめ。ファッション性の高いメッセンジャータイプや、ショルダータイプを使用しましょう。

コンデジは旅行やちょっとしたお出かけなどで、さっと取り出してすぐに撮影することが多いため、取り出しやすさも重要です。

カメラバッグの容量で選ぶ

By: amazon.co.jp

カメラバッグを選ぶ際は、持ち運ぶカメラの容量にあった製品を選ぶのが大切です。大きすぎるものはバッグ内に余分な空間が生まれ、衝撃を吸収できなくなったり、重心が不安定になったりしてしまいます。

ただし、小さすぎると収納や出し入れにも手間取ってしまうため、手持ちのカメラ・レンズ・機材を選別して一番コンパクトにまとまるものを選ぶようにしましょう。

耐衝撃・防水・防塵機能がついているものを選ぶ

By: amazon.co.jp

カメラやレンズは精密機器のため、水やゴミが入ったり、強い衝撃を受けたりすると破損の恐れがあります。持ち運び中の衝撃はもちろんですが、普段から屋外での撮影が多い方は、防水・防塵・耐震性に優れたカメラバッグを選びましょう。

カメラバッグのおすすめブランド・メーカー

ロープロ(Lowepro)

By: amazon.co.jp

1967年にコロラドで生まれたカメラバッグブランドです。カメラ・ビデオ用の製品以外にも、携帯電子機器・専用アクセサリーなどをリリースしています。

機能性と衝撃耐久性を追求するだけでなく、実用性やファッション性も重視。機材をしっかり保護するアウトドア向けの製品から、手軽に使えるショルダーバッグまでさまざまな製品をリリースしており、幅広い層に高く評価されています。

ドンケ(DOMKE)

By: amazon.co.jp

カメラバッグと言えばドンケと言われるほど、有名なメーカー。日本では80年代から90年代にかけて報道関係のカメラマンを中心に人気が高まり、軽くて持ち運びやすいカメラバッグとして注目されています。

さまざまな機能がついた高性能カメラバッグとは違い、シンプル・イズ・ベストを追求した製品が多く、軽くて身体にフィットすることでカメラを支えます。カメラバッグにありがちな黒くて、重いといった発想をくつがえしたブランドです。

バンガード(VANGUARD)

By: amazon.co.jp

1986年に台湾で設立されたブランド。カメラやビデオアクセサリーをはじめ、三脚や双眼鏡などの光学製品などを開発・販売しているメーカーです。世界60カ国で製品を取り扱っており、リーズナブルな価格ながら、耐久性とファッション性も兼ね備えているのがポイント。

有名カメラマンとのコラボ製品もリリースしており、種類も豊富。コスパに優れたカメラバッグを探している方におすすめです。

マンハッタンポーテージ(Manhattan Portage)

By: amazon.co.jp

1983年にニューヨークでスタートしたブランドです。メッセンジャーバッグやバックパックなど、機能性の高いバッグが主流で、ニューヨークの自転車乗り立ちを長く支えてきたブランドのルーツでもあります。

このブランドには赤タグ製品と黄色タグ製品があり、黄色タグが付いたものは「プロフェッショナルライン」と呼ばれています。防水・撥水などの特殊加工が施されており、アウトドアや屋外での撮影が多いユーザーにおすすめです。

マウス(MOUTH)

By: amazon.co.jp

2009年に大阪・梅田で誕生したカメラバッグ専門ブランドです。「ありそうでないモノ」をテーマに新しい形のカメラバッグを次々とリリースしています。

デザイン性が高く、普段使いができるほどおしゃれな製品を展開。機能性・収納力を重視しつつも、おしゃれなカメラバッグを探している方におすすめです。

ポーター(PORTER)

By: amazon.co.jp

1935年に設立された吉田カバン初の自社ブランドです。一針入魂をコンセプトに、バッグや財布などの高品質なアイテムを数多く展開。コンバースやニューエラといった人気ファッションブランドとコラボしていることでも有名です。

カメラを運ぶ・守る・使うことを追求したカメラバッグは機能性に優れているだけでなく、ファッション性が高いのも魅力。カメラメーカーのニコンとコラボした製品もあり、おしゃれにカメラを楽しみたい方におすすめです。

カメラバッグのおすすめ|一眼レフ

アマゾンベーシック(Amazon Basics) スリングバッグ 7.7L

世界に展開するアマゾングループのリーズナブルなカメラバッグ。小型一眼レフカメラと1~2本のレンズやアクセサリーの収納におすすめです。

内部にはパッド入りの仕切りが採用されており、衝撃からカメラを保護。仕切りは簡単に取り外せるため、機材に合わせて調整が可能です。底部にはゴム脚がついているため、屋外での撮影の際にバッグを立てておけるのも魅力。

内部は明るいオレンジ色で、すぐに必要な機材を見つけやすく、メモリーカードなどの収納に便利な小さなポケットも搭載。メッシュポケットもあり、鍵やスマホなどの小物もすっきり収納できます。バッグ側面のポケットには、3脚収納スペースもついているため、大掛かりな撮影にもおすすめです。

ポーター(PORTER) TANKER CAMERA BAG

1983年発表のTANKERシリーズ35周年を記念して、アップデートしてリリースされた製品。アメリカの空軍フライトジャケット「MA-1」をモチーフに開発されたオリジナル生地を採用した人気モデルです。

ナイロンツイルとポリエステル綿、ナイロンタフタの3層構造の生地で、軽量かつ柔らかな素材を採用。金属ファスナーの引き手にプレス製法を採用することで、開けやすく閉めやすい特徴があります。

一眼レフカメラの収納に最適な大きさで、レンズ付きカメラとレンズ1本が収納可能です。中には取り外し可能な仕切りが2枚付属していて、収納物に合わせて仕切りの位置を動かせます。

お手入れに欠かせないマイクロファイバークロスが付属しており、クリアポケットにはメモリーカードなど小さなアクセサリーの収納も可能。アウトサイドも充実しているため、アクセサリーやパーツ類を分けて収納しやすくなっています。

カメラバッグのおすすめ|ミラーレス一眼

ドンケ(Domke) ショルダーバッグ F-5XB 3.9L サンド

ミラーレス一眼などコンパクトなカメラの収納に適したカメラバッグです。ドンケの中でも最小クラスのカメラバッグで、スナップショットなど持ち歩きに適しています。

カメラバッグ内部には、仕切りが2枚付属。手前と奥で分かれており、ボディやレンズ、予備バッテリーやストロボもすっきり収納できます。手前のポケットはスマホや財布、カメラ用のアクセサリーなど小物収納におすすめです。

また、ストラップにはすべり止めが付いているため、坂道などでも肩にしっかり固定できます。ストラップは取り外しができ、別売りのストラップを使用すればウエストバッグタイプとしても使用可能です。

ストラップとバッグ本体をつなぐナスカンは、耐久性の高い金属製。耐久性に優れているため、持ち運びの際の衝撃を軽減できることに加え、底面には板が入っているため、地面へ直置きしたい時にも便利な製品です。

ロープロ(Lowepro) ショルダーバッグ ノバ200AW

充実した収納力と機能性を備えたカメラバッグです。360°オールウェザーカバーがついており、バッグを雨やホコリなどから保護しながら機材の取り出しが可能。

荷室には保護力のある仕切りパッド搭載で、自由に動かせるため、カメラやレンズに合わせて調節できます。ほかにも2つのメモリーカードポケットや、フロントアクセスポケット、メッシュサイドポケット、パッド付きストラップなど快適性と耐久性を兼ね備えているのが魅力。

本体背面は、トロリースリーブやローラーバッグに装着できるジッパーポケットを搭載しているため、旅行やイベントなど、長時間の撮影にもおすすめです。

カメラバッグのおすすめ|コンデジ

マウス(MOUTH) バケットマウス MSB09112

マウスブランドの誕生とともに生まれたアイテム。「もっとおしゃれに楽しみたい」というコンセプトをもとに作られているのが特徴です。耐久性とデザイン性に優れたシンセティックレザーを採用しているため、衝撃に強い

柔らかくしなやかな使い心地の900デニールナイロンを採用しており、オリジナルつや消しロゴパーツはマットな質感に仕上げています。内袋を外せば、普段使いのショルダーバッグとしても使用でき、最近カメラを始めた方や、カメラ女子に人気です。

また、10色以上のカラーを展開しており、自分好みのカラーを選べます。デザイン性だけでなく機能性も優秀で、カメラ以外の小物と分けて収納できるのも魅力です。

マンハッタンポーテージ(Manhattan Portage) メッセンジャーバッグ

無駄を省いたシンプルなデザインと機能性の高さが人気のアイテムです。耐久性の高いコーデュラナイロンを使用しており、軽量なのにカメラをしっかり守ってくれます。

荷室には、クッション材入りの仕切りが2枚付属。どちらも稼働式なので、収納する機材によって仕切りを自由自在に動かせます。カメラとレンズだけでなく、財布や小物など、半分は簡易ポケットとして使用することも可能。

また、蓋の開閉にはデルリンバックルが採用されており、片手で開け閉めできます。シンプルながらも使い勝手に優れているため、初心者の方にもおすすめです。