旅行などのイベントでカメラを持ち歩く際にあると便利な「カメラバッグ」。仕切りやクッションなどが備わっているので、使い勝手がよく安心してカメラを持ち歩けます。カメラバッグは種類が多いため、用途に合わせたモノを選ぶことが重要です。

そこで今回は、おすすめのカメラバッグをご紹介。選び方やおすすめメーカーもあわせて解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

カメラバッグの選び方

バッグの種類をチェック

カメラを取り出しやすい「ショルダータイプ」

By: amazon.co.jp

ショルダータイプは、カメラやレンズの取り出しやすさが特徴。旅行やお出かけ、イベントなどでカメラを持ち運びながらスナップ写真を撮る機会が多い方におすすめです。カメラ1台とレンズ1本が入るコンパクトなモノから、カメラ2~3台とレンズ2~3本が収納できる大きなモノまで、バリエーションが豊富。機能性だけでなく、見た目も自分好みのバッグが選びやすいのが魅力です。

ただし、ショルダータイプは片方の肩にだけ負担がかかってしまうため、長時間の移動や撮影に使用する際は注意が必要。主に短時間の持ち運びが中心の場合におすすめです。

両手を自由に使える「リュックタイプ」

By: amazon.co.jp

リュックタイプは背中に担ぐため両手が空くことはもちろん、両肩へ均等に重圧がかかることで身体への負担を軽減できるのが特徴。三脚やアウトドア用品などを一緒に収納できるため、長時間の撮影や、アウトドア撮影をする方におすすめ。リュックを毎回降ろさなくても中身を取り出せるように、サイドポケットやサイドファスナーも充実しているので、急なシャッターチャンスにも対応可能です。

リュックの中が2つに分かれた2気室タイプと、分かれていない1気室タイプの2種類があるため、選ぶ際は中身の構造も要チェック。荷物が多い方や、財布やスマホなどカメラ以外の持ち物も入れたい方は、2気室タイプを選びましょう。

機動性に優れた「メッセンジャータイプ」

By: amazon.co.jp

メッセンジャータイプは、身体にぴったりと密着させて斜め掛けで使用するタイプです。機動性に優れていて、身体に密着させるため振動が少なく、安定性が高いのが魅力。大きさは小~中型が多く、小さいカメラを持ち運びたい方におすすめです。

ほかのカメラバッグに比べるとファッション性が高く、普通のバッグと見た目に差がないのもポイント。できるだけ自然にカメラを持ち歩きたい方におすすめです。

コンパクトで動きやすい「ウエストバッグタイプ」

By: amazon.co.jp

ウエストバッグタイプは、腰にベルトで固定するタイプ。紐の位置を変えれば、斜め掛けでも使用できます。サイクリングやハイキングなど、アウトドアでの使用に向いており、両手を自由に使えるのがポイントです。

なお、ウエストバッグの性質上サイズが小さくなるため、収納力は低め。ファッションとのコーディネートが難しいので、女性よりも男性に人気のタイプです。

収納力の高い「キャリータイプ」

By: amazon.co.jp

キャリータイプは、リュックよりも多くのカメラ・レンズ・機材が持ち運べるタイプ。ローラーが付いているため背負う必要がなく、身体への負担が少ないタイプです。

地面を転がして使うので、持ち運ぶ際にカメラやレンズに振動がかかるといったデメリットがあるものの、高い収納力を有しています。長距離の移動がある方や、スタジオ撮影など多くの機材を運ぶ方におすすめです。

容量をチェック

By: amazon.co.jp

カメラバッグを選ぶ際は、持ち運ぶカメラの容量にあった製品を選ぶのが大切です。大きすぎるモノはバッグ内に余分な空間が生まれ、衝撃を吸収できなくなったり、重心が不安定になったりしてしまいます。

一方、小さすぎると収納や出し入れにも手間取ってしまうため要注意。手持ちのカメラ・レンズ・機材を選別して、最もコンパクトにまとまるモノを選ぶようにしましょう。

カメラやレンズの取り出しやすさをチェック

By: amazon.co.jp

カメラバッグからカメラやレンズを素早く取り出せるかもチェックしましょう。バッグが開けにくかったり、カメラを取り出すときに引っかかったりするモノを選ぶと、使いにくいので要注意。できるだけバッグの開口部が広く、カバンの中がよく見えるモノを選ぶのがおすすめです。

また、カメラには本体以外にもさまざまな機材があるため、カメラ本体やレンズだけでなく、細かい機材やアクセサリーが整然と収納できて素早く取り出せるかも要チェック。レンズやSDカードなどもサッと取り出せるようなカバンを選ぶと、カメラ撮影がより快適に行えます。

荷室をチェック

By: amazon.co.jp

カメラバッグをチェックするうえで重要となるのが内部の構造。カメラ本体はもちろん、交換レンズやバッテリー充電器、ストロボ、マイクなどアクセサリー類を入れることも考慮して選ぶようにしましょう。

なお、カメラバッグの仕切りは面ファスナーを採用している場合がほとんど。仕切りの硬さや柔軟性もポイントで、クッション性があるのか、折り曲がりに対応できるかどうかによっても使い勝手が変わります。ぜひ事前に確認しておきましょう。

耐衝撃・防水・防塵機能があるモノを選ぶ

By: amazon.co.jp

カメラが苦手とする水とほこりをしっかりとカバーできるかどうかも、バッグ選びで重要なポイント。バッグを安易に選んでしまうとカメラが故障する可能性もあるので、しっかりしたモノを選びましょう。

カメラやレンズは精密機器のため、水やゴミが入ったり、強い衝撃を受けたりすると故障や破損の恐れがあります。持ち運び中の衝撃はもちろんですが、普段から屋外での撮影が多い方は、防水・防塵・耐衝撃性に優れたカメラバッグを選びましょう。

カメラバッグのおすすめブランド

ハクバ(HAKUBA)

By: amazon.co.jp

カメラ関連のバッグやアクセサリーを扱うハクバのアイテムは、シンプルなデザインと機能性が魅力。バッグの中はカメラや機材を整理して入れられるよう工夫が施されており、使いやすさに優れています。

カメラバッグはリュックやハンドバッグだけでなく、ローリングバッグなども揃っており、用途に合わせて選べるおすすめのブランドです。

マンフロット(Manfrotto)

By: amazon.co.jp

1960年代にイタリアで創業したマンフロットは三脚メーカーとしても有名。カメラバッグは三脚が収納できるリュックタイプが主流ですが、ショルダーバッグやウエストポーチもあり、どの製品も収納力が高く人気です。

マンフロットのアイテムは外側のポケットが少ないモノから多いモノまでラインナップされており、自分の使い方に合ったモデルを選べるのがポイント。また、イタリアならではデザインもおしゃれで、多くのカメラユーザーに支持されています。

エンデュランス(Endurance)

By: amazon.co.jp

エンデュランスのカメラバッグは、撮影のためだけでなく普段使いにも適しているのがポイント。ファッション性が高いので、カメラ専用のバッグにありがちな硬さがなく、どこにでも持ち歩けるのが魅力です。

カメラバッグはリュックタイプが主流で、サイドからカメラを取り出せるのが特徴。バッグの中には数本のレンズを固定して入れられるように仕切りが多く付いています。機能性の高いリュックタイプのカメラバッグを探している方におすすめです。

カメラバッグのおすすめ|ショルダータイプ

マウス(MOUTH) Delicious Mark-1

おしゃれなデザインのショルダー型カメラバッグです。メイン素材は跳び箱や体操マットにも使われる丈夫なキャンバス8号帆布。底面やパーツには耐久性のある本革が採用されており、使い込むほどに経年変化とともに味で出てきます。インナー素材にテントにも使われる高い防水性のターポリンES200を採用しているのも特徴です。

容量は約6.5Lで、レンズを装着したミラーレス一眼1台とレンズ1〜2本の収納におすすめ。インナーケースは取り外しも可能なので、普段使い用のバッグとしても活用できます。

マンハッタンポーテージ(Manhattan Portage) カジュアルメッセンジャーバッグ JR

ニューヨークから上陸したファッショナブルなショルダーバッグです。素材には軽量で耐久性に優れたコーデュラを採用。開口部が幅広で中身を取り出しやすいデザインのため、別途ソフトインナーケースを用意すればカメラバッグとしても使用できます。

フラップのジッパーポケットに加えて、内部にも小物入れ用のポケットが付属。レンズキャップやSDカードなど、失くしやすいアイテムもしっかりと収納できるおすすめアイテムです。

エツミ(ETSUMI) コールマン カメラショルダーバッグ CO-8700

軽量で動きやすいショルダー型カメラバッグです。写真用品メーカーのエツミが有名アウトドアブランドのコールマンとコラボして開発。内部のクッションボックスは着脱が可能で、普段使い用のバッグとしても使えます。

側面のジッパーを開放すると、バッグのマチが横に広がり収納容量がアップ。小型軽量なミラーレス一眼とダブルズームの収納におすすめです。フロントポケットにはSDカードや予備バッテリーなどのアクセサリー類、サイドメッシュポケットには350mlのペットボトルが収まります。

また、価格が安いのも魅力。ショルダーベルトには柔らかく通気性に優れたクッションパッドを備えているので、長時間の移動でも疲れにくいのも特徴です。

ドンケ(DOMKE) ワックスウェア F-2

老舗ブランド「ドンケ」の原点ともいえるカメラバッグ。1976年に最初のモデルが発売されてから40年以上もほぼ変わらないデザインで販売されているおすすめアイテムです。

素材には、欧米で伝統的なハンティング用品に使用されるワックスコットンを採用。キャンバスコットンに耐久性と耐水性に優れた米国ワックスウェア社のオイルコートを塗ることで、丈夫なだけではなく、使うたびに体に馴染んで素材に味が出てくるのも魅力です。

フルサイズ一眼レフ2台とレンズ4本、ストロボなど機材一式の収納が可能。アクセサリー類も豊富に入れられるので、持ち運ぶ機材が多い方にもおすすめです。

カメラバッグのおすすめ|リュックタイプ

エンデュランス(Endurance) エンデュランス HG

大量の機材を快適に収納できる2気室のリュック型カメラバッグです。写真・カメラの総合情報サイト「studio9」を主催する中原一雄氏によって監修。2016年に発売された初代モデルをサイズはそのままに大容量化しつつ、さらに使いやすく改良しています。

機材収納部の奥行きを拡張できる「エクスパンドシステム」を採用。バッテリーグリップ付きのフルサイズ一眼レフや大三元レンズもまとめて収納できます。また、両側面どちらからでも全開口できる独自の「アクセスジッパー」を採用しているのもポイントです。

自由に拡張ができるロールトップの上部気室を採用しているので、カメラ機材以外のモノも豊富に収納が可能。加えて、背面には15インチまでのノートパソコン、側面には中型以上の三脚を搭載できます。レインカバーが付属しているのも魅力です。

ケーアンドエフ・コンセプト(K&F Concept) カメラバッグ KF13.066

旅行用としてもおすすめのスタイリッシュな2気室のリュック型カメラバッグです。一見してカメラバッグとは判別しにくいデザインなのが特徴で、海外の街中でも違和感なく軽快に移動できます。

素材には耐水性と耐引裂性に優れた防水600Dポリエステルを採用。レインカバーが付属するので、急な雨に見舞われても中の機材を心配せずに持ち運べます。

下部の着脱可能なインナーケースにはレンズ付きミラーレス一眼1台とレンズ3本、上部スペースには11インチまでのタブレットや小物、着替えなどを収納が可能。また、側面にはトラベル三脚が収納できるポケットも備えています。

ピークデザイン(PeakDesign) エブリデイ・バックパック 20L

クラウドファンディングから生まれた人気急上昇中のリュック型カメラバッグ。天面や両サイドからも機材へのアクセスができるだけではなく、盗難防止用の仕組みも搭載されているので旅行用としてもおすすめです。

自由に変形が可能な3つの仕切りを駆使すれば、レンズ付きのフルサイズミラーレス2台とレンズ4本、ストロボ2個など多くの機材を収納が可能。また、16インチまでのノートパソコンとタブレットのほか、三脚や小物類も一緒に持ち運べます。

肩ストラップに同社の別売りカメラアタッチメント「キャプチャー」を装着できるのも特徴。カメラ底面に搭載した専用プレートを使えば簡単に機材を脱着しつつ移動が可能なため、撮影後にいちいち機材をしまう必要がなく、リュックタイプの弱点を補えます。

ロープロ(Lowepro) プロタクティック BP450AW II

自由度の高いカスタマイズが可能な大容量のリュック型カメラバッグです。前面のストライプには同社独自の「スリップロックループ」構造を採用したポーチや三脚キャリアーを追加で装着が可能。多彩な撮影スタイルの要求に対して柔軟に応えられます。

大口径ズームを装着したフルサイズ一眼レフ2台とレンズ4本、ストロボ2台などの機材一式が収納可能。機材には天面・両側面・背面の4箇所からアクセスができます。また、アクセサリー類や16インチまでのノートパソコンも収納が可能です。

素材には撥水加工が施されており、専用のレインカバーも付属。さらに、ウエストベルトは取り外して単体でも使用が可能です。レンズポーチやフィルターポーチを装着すれば、機動力を高めつつ身軽に撮影が進められます。

カメラバッグのおすすめ|メッセンジャータイプ

マンフロット(Manfrotto) Pro-Light PL バンブルビー 30 メッセンジャー

軽量かつ機能性に優れたプロ仕様のメッセンジャー型カメラバッグです。大きく握りやすいバックルを使ってショルダーストラップの長さを瞬時に調節できるのが特徴。また、補助ストラップと併用すれば、バッグをしっかりと体に固定して移動できます。

背中の通気性を高める「エアサポート技術」を採用。大量の機材を持ち歩いても背中が蒸れず、長時間でも快適に移動できます。さらに、フラップの内側には一脚や手持ちジンバルを収納できるので、望遠撮影を行うカメラマンやビデオグラファーにもおすすめです。

大口径ズーム付きフルサイズ一眼レフ1台、レンズ3本、15インチまでのノートパソコンが収納可能。専用のレインカバーも付属しているため、悪天候に見舞われても大事な機材をしっかりと守れます。

ロープロ(Lowepro) スリングショットエッジ 250AW

移動中の機材へのアクセスが手軽に行える2気室のメッセンジャー型カメラバッグです。背面から正面に回すだけで、側面の開口部から素早くカメラが取り出せる構造を採用しているのが特徴。散策中に訪れた急なシャッターチャンスにも迅速に対応できるので、旅行やスナップの撮影におすすめです。

下部スペースにはレンズ付きミラーレス一眼1台とレンズ2本、ストロボ1台などが収納が可能。さらに、上部スペースにはアクセサリーや小物類のほか、8インチまでのタブレットがしまえます。

前面には小型三脚をホールドできるループも付属。加えて、折りたたみ式のレインカバーを内蔵しているため、急な天候の変化にも慌てずに対処できます。

ピークデザイン(PeakDesign) エブリデイ・メッセンジャー 13インチ

機能美の塊とも呼べるおしゃれで使いやすいメッセンジャー型カメラバッグです。ピークデザインが誇る人気モデルで、使いやすさを第一に考えたギミックが充実しています。

ショルダーストラップはアジャスターで長さを簡単に調節できるのが特徴。ウエストストラップと組み合わせればバッグを体により密着させられるので、自転車での移動時などにも重宝します。また、天面からも機材にアクセスできる構造のフラップを採用しており、荷物の量に応じて閉じ具合を4段階で調節可能です。

取り外しや位置の調節も可能な仕切りを備えており、レンズ付きのフルサイズミラーレスとレンズ2本の収納におすすめ。加えて、13インチまでのノートパソコンやタブレットが収納できるポケットも付属しています。

カメラバッグのおすすめ|ウエストバッグタイプ

ハクバ(HAKUBA) GW-PRO RED ボディバッグ

2Wayで使えるウエスト型カメラバッグです。ウエストベルトを肩に掛ければボディバッグとしても使用が可能。ウエストバッグとして使用する際は、付属のショルダーベルトを併用することで、腰にかかる重さを分散しつつ不意の落下を防げます。

体側から大きく開ける開口部を採用しており、機材の出し入れがしやすいのが特徴。標準ズームを装着した一眼レフ1台やレンズ1本、ストロボ1台などが収納が可能です。また、背面側には10インチまでのタブレットもしまえます。

底面にはトラベル三脚や上着を固定できるベルトが付属。加えて、専用のレインカバーも付属しているので、アウトドアシーンでの使用にもおすすめです。

ロープロ(Lowepro) インバース 200AW

プロ用機材を腰部で一元管理できるウエスト型カメラバッグです。天面から機材に素早くアクセスできる開口部を採用。アウトドアシーンのほか、モータースポーツや野外ポートレートなど機動性が重要となる撮影で重宝します。

望遠ズームを装着したフルサイズ一眼レフ1台・レンズ2本・ストロボ2台を収納が可能。前面にはアクセサリー類をしまえるジッパーポケットも用意されています。さらに、底面に中型までの三脚をマウントできるのもポイントです。

湿気がこもりにくいメッシュランバーベルトが荷重を分散。取り外し可能なショルダーストラップを併用すれば、快適に移動が可能です。全天候に対応できる専用レインカバーも付属しています。

カメラバッグのおすすめ|キャリータイプ

マンフロット(Manfrotto) Pro-Light PL ローラーバッグ AIR55

大量の機材をスムーズに持ち運べる、ソフトタイプのキャリー型カメラバッグです。ポリプロピレン製トレイをグラスファイバーフレームで補強した構造を採用。重量級の機材にも耐える強靭さと安定性を持ちながら余分な重さを感じないので、快適に移動ができます。

フルサイズミラーレス2台・大三元ズーム・超望遠レンズを詰め込んでもなお余裕のある収納スペースを確保。仕切りは自由にカスタマイズが可能なため多彩な機材構成に対応が可能です。また、17インチまでのノートパソコンやタブレットをしまえる前面ポケットのほか、中型以上の三脚をマウントできる側面ポケットも付属しています。

さらに、メインの開口部やポケットにTSAロックを採用しているのも魅力。アメリカへの渡航時に手荷物検査で鍵をかけたまま預けられるので、飛行機に搭乗する際の手間を減らせます。

ロープロ(Lowepro) フォトストリームRL150

機内への持ち込みも可能な軽量で持ち運びやすいキャリー型カメラバッグです。軽さと丈夫さを両立した素材を採用しているのが特徴。ケース自体が軽量なので、快適に運搬できるのはもちろん、重量制限を気にせず機材を最大限に収納できるのが魅力です。

大口径望遠ズームを装着したフルサイズ一眼レフ1台と予備のカメラ1台、レンズやストロボを計8本などが収納可能。内部の仕切りは自由に移動や付け替えができるため、機材を保護しつつ使いやすく収納できるようにアレンジできます。

正面パネルにはアクセサリー類や15インチまでのノートパソコンを収納が可能。上部だけ開けばノートパソコンが簡単に取り出せる構造なので、バッグを全開する必要がありません。側面には中型までの三脚を固定できるベルトも付属しています。