旅行などのイベントでカメラを持ち歩く際にあると便利な「カメラバッグ」。仕切りやクッションなどが備わっているので、使い勝手がよく安心してカメラを持ち歩けます。カメラバッグは種類が多いため、用途に合わせたモノを選ぶことが重要です。

そこで今回は、おすすめのカメラバッグをご紹介。選び方やおすすめメーカーもあわせて解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

カメラバッグの種類

カメラを取り出しやすい「ショルダータイプ」

By: amazon.co.jp

ショルダータイプのカメラバッグは機材の取り出しに優れているのが特徴。バッグを肩にかけた状態でもカメラやレンズの交換がスピーディーに行えます。

ただし、機材の全重量が片方の肩にかかるため、機材を携帯したまま長時間の移動をするのは不向き。また、両手が自由にならないので、登山などで激しいアップダウンのある道を歩くのも困難です。車や公共交通機関を使いつつ、少なめの機材を持って日帰り旅行をする場合などに適しています。

両手を自由に使える「リュックタイプ」

By: amazon.co.jp

リュックタイプのカメラバッグは機動性に優れるのが特徴。機材の重量が両肩に分散されるので、大量の機材を長時間背負っても体力の消耗を最小限に抑えられます。また、両手が自由になるので、旅行やアウトドアシーンでも使いやすいのが魅力です。

ただし、機材のアクセスがややしにくいのが難点。カメラバッグを一度地面に下ろさないと機材の取り出しができないので、頻繁にレンズ交換などを行う方にはあまり向きません。

機材や携行品を詰め込んで、長時間の移動をしたい方におすすめです。

ショルダーとリュックのいいとこ取り「メッセンジャータイプ」

By: amazon.co.jp

メッセンジャータイプのカメラバッグは、ショルダーとリュックの長所を併せ持っているのが特徴。普段は背負って移動できますが、カメラバッグを体の前に持ってくることで機材の取り出しもスピーディーに行えます。

移動時の機動性を高く保ちつつ、機材へのアクセスをスムーズに行いたい方におすすめ。また、たすき掛けのベルトでカメラバッグが体に密着するので、移動手段に自転車やバイクを使う場合にも適しています。

ただし、小型から中型のサイズが多いため大量の機材を収納できないのが難点。必要最小限の機材を持ち歩くスナップ撮影などに重宝します。

旅行や長距離移動に便利な「キャリータイプ」

By: amazon.co.jp

キャリータイプのカメラバッグは大量の機材を保護しつつ長距離移動する際に活躍するのが特徴。スーツケースのように底面にローラーが搭載されているので、機材一式を収納しても飛行機や電車の乗り継ぎがスムーズに行えます。

金属製フレームを採用するなど耐衝撃性に優れているのもポイント。移動時に大切な機材が不意の事故で損傷するのを防げます。また、複数台のカメラや望遠レンズなどを入れられる収納力の高さも魅力です。

ただし、機材にアクセスしにくいのが難点。たくさんの機材を持ち運びたい方におすすめです。

カメラバッグの選び方

カメラサイズやレンズの数に合わせて容量をチェック

By: amazon.co.jp

カメラバッグを選ぶ際は、使用するカメラのサイズやレンズの本数に収納容量が合っているかを確認しましょう。カメラバッグ自体の重量もあるため、あまり大容量すぎると撮影地までの移動が難しくなります。持ち運びたい機材一式が過不足なく収納できるだけの容量を持つカメラバッグがおすすめです。

ただし、将来的に所有する機材を増やす可能性がある場合は、収納容量に少し余裕のあるカメラバッグを選ぶのもひとつの方法。目安としてレンズ1〜2本分の空きスペースが確保できるモノを選べば、機材が増えた後も柔軟に対応できます。

取り出しやすさをチェック

By: amazon.co.jp

カメラバッグからカメラやレンズを素早く取り出せるかもチェックしましょう。バッグが開けにくかったり、カメラを取り出しにくかったりするモノを選ぶと、使いにくいので要注意。できるだけバッグの開口部が広く、カバンの中がよく見えるモノを選ぶのがおすすめです。

また、本体以外にもさまざまな機材があるため、カメラ本体やレンズだけでなく、細かい機材やアクセサリーが素早く取り出せるかも要チェック。レンズやSDカードなどもサッと取り出せるようなカバンを選ぶと、カメラ撮影がより快適に行えます。

バッグの内部構造をチェック

By: amazon.co.jp

カメラバッグをチェックするうえで重要となるのが内部の構造。カメラ本体はもちろん、交換レンズやバッテリー充電器、ストロボ、マイクなどアクセサリー類を入れることも考慮して選ぶようにしましょう。

なお、カメラバッグの仕切りは面ファスナーを採用している場合がほとんど。仕切りの硬さや柔軟性もポイントで、クッション性や折り曲がりに対応できるかどうかによっても使い勝手が変わります。事前に確認しておきましょう。

耐衝撃・防水・防塵機能があるモノを選ぶ

By: amazon.co.jp

カメラが苦手とする水やほこりからしっかりとカバーできるかどうかも、バッグ選びで重要なポイント。バッグを安易に選んでしまうとカメラが故障する可能性もあるので、しっかりしたモノを選びましょう。

カメラやレンズは精密機器のため、水やゴミが入ったり、強い衝撃を受けたりすると故障や破損の恐れがあります。普段から屋外での撮影が多い方は防水・防塵・耐衝撃性に優れたカメラバッグを選びましょう。

カメラバッグのおすすめブランド

ハクバ(HAKUBA)

By: amazon.co.jp

カメラ関連のバッグやアクセサリーを扱うブランドです。シンプルなデザインと機能性が魅力。バッグの中はカメラや機材を整理して入れられるよう工夫が施されており、使いやすさに優れています。

カメラバッグはリュックやハンドバッグだけでなく、ローリングバッグなども揃っており、用途に合わせて選べるおすすめのブランドです。

マンフロット(Manfrotto)

By: amazon.co.jp

1960年代にイタリアで創業したマンフロットは三脚メーカーとしても有名。カメラバッグは三脚が収納できるリュックタイプが主流ですが、ショルダーバッグやウエストポーチもあり、どの製品も収納力が高く人気です。

マンフロットのアイテムは外側のポケットが少ないモノから多いモノまでラインナップされており、自分の使い方に合ったモデルを選べるのがポイント。また、イタリアならではデザインもおしゃれで、多くのカメラユーザーに支持されています。

エンデュランス(Endurance)

By: amazon.co.jp

エンデュランスのカメラバッグは、撮影のためだけでなく普段使いにも適しているのがポイント。ファッション性が高いので、どこにでも持ち歩きやすいのが魅力です。

カメラバッグはリュックタイプが主流で、サイドからカメラを取り出せるのが特徴。バッグの中には数本のレンズを固定して入れられるように仕切りが多く付いています。機能性の高いリュックタイプのカメラバッグを探している方におすすめです。

カメラバッグのおすすめ|ショルダータイプ

ハクバ(HAKUBA) プラスシェル リッジ03 ショルダーバッグ L

望遠レンズや三脚を一緒に持ち運べる大容量のショルダー型カメラバッグです。フード逆付け状態の70-200 F2.8望遠ズームレンズを装着した一眼レフ、13インチ程度のノートパソコンなどが収納可能。また、仕切りを動かせばフード順付けの状態でもカメラに装着したままの望遠ズームレンズがしまえます。

天面に三脚をマウントできるのも特徴。対角線上に三脚を固定する方式を採用することでショルダーベルトとの干渉を防ぎます。さらに、ベルトの付け根は肩にかけやすいよう、斜めに設計されているので、移動中でもストレスなく機材を持ち運べるのもポイントです。

背面にはスーツケースのキャリーバーに固定できるホルダーを搭載。空港や駅ホームでの移動が便利に行えます。

ハクバ(HAKUBA) OUTDOOR PRODUCTS カメラショルダーバッグ 05

ロサンゼルス発のアウトドアブランド「OUTDOOR PRODUCTS」とコラボしたショルダー型カメラバッグです。スポーティーなデザインが魅力。タウンユースに適しているので街中でのスナップ撮影などにおすすめです。

内部にはミラーレスカメラとレンズ2本を収納できるほか、12インチのノートパソコンやA4書類がしまえるスリーブを搭載。また、予備のSDカードなどを収納するのに役立つオープンポケットや、アクセスしやすいフラップ外側のファスナーポケットも備えています。

フラップの開閉が静かにでき、衣類に引っかかりにくい面ファスナーを採用。底面には汚れを軽減するフットスタンドも搭載しています。

エンデュランス(Endurance) シューティングマルチカメラバッグ

レンズ交換に適した高機能なショルダー型カメラバッグです。カメラ情報サイト「studio9」主宰のプロフォトグラファー、中原一雄氏によって監修。収納力はあるけれど機材が出しにくいリュックタイプの弱点を補うカメラバッグとして活躍します。

天面の大きな開口部を体の前面に持ってくることでストレスなくレンズ交換が可能。内部には広角や中望遠などのレンズ3本や10インチのiPad、モバイルバッテリーなどが収納できます。

底部ファスナーを開けると収納スペースを拡張でき、70-200mm F2.8望遠レンズも収納が可能。折り畳めばコンパクトになるのでリュックなどにしまって持ち歩き、サブバッグとして使えます。

ドンケ(DOMKE) ショルダーバッグ STANDARD F-6

携帯性に優れながら大きな収納力を持つ丈夫なショルダー型カメラバッグです。ドンケは1976年にアメリカで生まれた報道フォトグラファー御用達のブランド。本製品は同社の定番モデルでもあるF-2をミラーレスカメラに合うように小型化しているのが特徴です。

コンパクトながら充実した収納力を持つのもポイント。たとえばミラーレス2台とレンズ2~3本のほか、前面ポケットにはSDカードなどの小物類が収納できます。

素材には落ち着いた色合いのコットンを採用。時間とともに柔らかく変化していく風合いを楽しみながら、長期間の愛用ができます。汚れたら洗えるのも魅力です。

マンハッタンポーテージ(Manhattan Portage) Pixel Aperture Camera Bag

ニューヨーク発のおしゃれなデザインが魅力のショルダー型カメラバッグです。一見してカメラバッグとは思えないベーシックでスタイリッシュな雰囲気が特徴。インナーボックスを取り外せば、通常のショルダーバッグとして普段使いもできます。

取り外し可能なインナーボックスにはカメラとレンズ数本が収納可能。ボックスの外側には防水加工が施されているので、街歩き中に急な雨に見舞われても大切な機材をしっかり守れます。

カメラバッグの内側と外側には合計2個のポケットを搭載。アウトポケットにはメモ帳やコード類などすぐに取り出したいアイテムを収納するのに重宝します。

カメラバッグのおすすめ|リュックタイプ

ハクバ(HAKUBA) GW-PRO RED マルチモード バックパック 02 L カメラバッグ

4方向から機材を取り出せる大容量のリュック型カメラバッグです。速写性に優れたダブルアクセス構造を採用。地面にバッグを下ろさず背負ったままでも、天面や両側面から2台のカメラを必要に応じて取り出せます。

たとえば大口径レンズを装着したフルサイズ一眼レフ2台とレンズ数本、15インチのノートパソコンなどが収納可能。フロントバックルの位置を変えることで上段収納部の容量を拡張できるほか、側面には三脚も収納できます。

人間工学に基づき、日本人体形に合うよう設計されたショルダーハーネスと背面のエアベンチレーションが快適な持ち運びをサポート。素材にはヨットの帆にも使われる強度・軽さ・耐久性を備えた生地を採用しているほか、レインカバーも付属します。

ロープロ(Lowepro) フリーライン BP350AW バックパック

インスタグラマーやYouTuberなどのコンテンツクリエイターにおすすめのリュック型カメラバッグです。「毎日異なる必要なモノを自由に持ち運ぶソリューション」として開発されており、撮影機材や場所が変わっても柔軟に対応できます。

付属の可動式仕切りを使って内部を自由にカスタマイズでき、ミラーレスカメラとレンズ2本に加えて音響機材や照明機材などを収納可能。

撥水性と摩擦耐久性に優れた生地を採用しているので、アウトドアシーンでの撮影にも活躍します。

エンデュランス(Endurance) カメラバッグ HG

旅行の撮影に重宝するリュック型カメラバッグです。2016年に発売した2気室構造カメラリュック「初代Endurance」を改良。サイズは変わらず、より大容量化して使いやすくなっています。

機材収納部の奥行きを拡張できる「エクスパンドシステム」を採用。バッテリーグリップを装着したフルサイズ一眼レフにも対応するほか、広角・標準・望遠の大三元レンズもまとめて収納できます。両サイドから機材にアクセスできるのもポイントです。

上部気室はロールトップを開放すればさらなる大容量化が可能。着替えや携行品など旅行に必要なアイテムや15インチのノートパソコンなどを収納できます。また、側面の三脚ホルダーを使えば、大型三脚もしっかりと収納可能です。

エンデュランス(Endurance) カメラバッグ Ext

コンパクトな2気室構造のリュック型カメラバッグです。ミラーレスに合うよう、小型軽量に設計されているのが特徴。機材一式を持ち歩きたいけれど旅行では荷物をコンパクトにまとめたい方におすすめです。

小型デザインながら「エクスパンドシステム」を採用。マチを開放すればバッテリーグリップ付きのフルサイズミラーレスや大三元レンズもしっかりと収納可能です。機材へのアクセスは正面と側面の2箇所から行えます。

背面には15インチのノートパソコン、側面には中型三脚が収納可能。雨天時の撮影で活躍する専用レインカバーが付属します。

マウス(MOUTH) Delicious Tackle Ruck

昭和時代を彷彿とさせるレトロスタイルのリュック型カメラバッグです。内部にターポリン生地の仕切りがあり、下層部にカメラ機材、上層部に小物を収納可能。ターポリン生地とインナーケースを取り外せば通常のリュックサックとしても活用できます。

大きなフロントポケットは角に丸みがあるのでファスナーの移動がしやすく、開放すればそのまま内部のカメラ機材にアクセスも可能。インナーボックスにはミラーレスカメラとレンズ2〜3本が収納でき、両サイドには小物用のポケットも備えています。

表地の素材には耐久性のある国産8号キャンバスを主に使用。かわいらしいデザインで、洋服とのコーディネートがしやすいのも魅力です。

カメラバッグのおすすめ|メッセンジャータイプ

ハクバ(HAKUBA) プラスシェル シティ04 メッセンジャー M

都会的なスタイルと機能を併せ持つ手頃な価格のメッセンジャー型カメラバッグです。フラップを開けなくても天面の開口部から機材へのアクセスが素早く行えるのが特徴。小型軽量なので街中を移動しながら軽快にスナップ撮影を楽しむのにおすすめです。

内部にはミラーレスカメラやレンズ、9.7インチ相当のタブレットなどが収納可能。側面には伸縮タイプのポケットを備えており、レンズキャップやペットボトルなどをしまえます。

表面素材には防水性と防汚性を備えメンテナンスが簡単にできるターポリン生地を採用。また、背面にはスーツケースのキャリーバーに通せるハンドルを搭載しています。

マンフロット(Manfrotto) PL バンブルビー 30 メッセンジャー

優れた機能性を持つプロ仕様のメッセンジャー型カメラバッグです。体と密着する背面部に通気性を改善する「エアサポート技術」を採用。ショルダーストラップは大きなバックルを備え簡単に長さの調節ができます。

機材には天面ジッパーからアクセスが可能。内部には70-200 F2.8望遠ズームレンズ付きのフルサイズ一眼レフとレンズ3本、手持ちジンバル、15インチのノートパソコンなどが収納できます。

フラップの内側には一脚を装着できるギミックも搭載。補助ストラップを使えばより強くカメラバッグを体に固定できるので、自転車やバイクでも快適に移動できます。

ロープロ(Lowepro) プロタクティック MSG160AW メッセンジャーバッグ

機動性・効率性・快適性を追求したプロ仕様のメッセンジャー型カメラバッグです。用途やシーンに応じて肩掛け・斜め掛け・スリングの3スタイルが使い分けられます。

内部には70-200mm F2.8望遠ズームレンズを装着したフルサイズミラーレスとレンズ2本、13インチのノートパソコンなどが収納可能。本体上部から収納部の仕切りを簡単に取り外せば、通常のメッセンジャーバッグとしても活用できます。

体へのフィット感を高められる補助ストラップとレインカバーが付属。また、背面にはスーツケースのキャリーバーに通せるハンドルを搭載するほか、側面には別売のポーチ類を取り付けられます。

ピークデザイン (Peak Design) EVERYDAY MESSENGER V2

優れた機能性が人気のメッセンジャー型カメラバッグです。外装には撥水加工が施された400Dナイロンを採用しており、滑らかで美しいデザインが特徴。フラップは片手で簡単に開閉ができるので、急なシャッターチャンスにも対応できます。

長さ調節が簡単にできるショルダーストラップを搭載。肩掛けから斜め掛けへの変更がスムーズに行えます。また、底部には三脚も搭載が可能です。

形状をカスタマイズできる仕切り「FlexFoldディバイダー」を採用。レンズ付きミラーレス一眼とレンズ2〜3本、13インチのノートパソコンなどが収納できます。

メガギア(MegaGear) 本革メッセンジャーカメラバッグ Torres

本革製のおしゃれなメッセンジャー型カメラバッグです。素材にはイタリア製の高品質な牛本革を使用。クラシックで上品な雰囲気に加えて、ユニセックス仕様なので男女問わずファッションの一部としても楽しめます。

内部スペースにはミラーレス一眼とレンズ2本などが収納可能。仕切りは着脱が可能なので、カメラの大きさやレンズの長さに応じて収納スペースのカスタマイズができます。裏地には耐衝撃性の高い素材を使用。大切な機材を移動中でもしっかりと保護します。

長さ調節が可能なレザーストラップも搭載。約1.35mの長さがあるので斜め掛けも簡単にできます。本革を使用しながら価格がリーズナブルなのも魅力です。

カメラバッグのおすすめ|キャリータイプ

ハクバ(HAKUBA) GW-PRO RED HCローラー 02 カメラバッグ

優れた収納力と保護性能を持つ大容量タイプのキャリー型カメラバッグです。内部にはフルサイズ一眼レフ2台とレンズ8〜10本、アクセサリー類などが収納可能。機材が不意に落下するのを防ぐ固定ベルトが付属するので安全に機材を取り出せます。

外装にはヨットの帆にも使用される4層構造の高強度耐水生地「X-Pac VX21」を採用。強度・軽さ・防水性を兼ね備えています。また、耐水圧1500mmの高性能レインカバーも付属。急な豪雨に見舞われても大事な機材を浸水から保護できます。

前面ポケットには17インチまでのノートパソコン、前面または側面には大型三脚が収納可能。ファスナーにはTSAロックを採用しているので、アメリカへ渡航する際に鍵をかけたまま手荷物検査に出せるのも魅力です。

マンフロット(Manfrotto) PL ローラーバッグ SPIN55

機内への持ち込みもできるセミハードタイプの4輪キャリー型カメラバッグです。2輪のキャスターを4隅に配置。カメラバッグを立てたまま押しても安定した走行ができるので、空港での乗り継ぎやホテルまでの移動が快適にできます。

内部にはレンズ付きフルサイズカメラ2台とレンズ5〜6本、ストロボ2個または小型ドローンなどが収納可能。保護性の高い可動式仕切りとメッシュのインナークロスで撮影機材をしっかりと保護できます。

機材収納スペースを開けずに前面フラップから15インチのノートパソコンが取り出せるのもポイント。パソコン収納部内側のファスナーを開ければ、メイン収納部の機材へもアクセスできます。

マンフロット(Manfrotto) PL ローラーバッグ SWITCH55

バックパックとしても活用できる2way仕様のキャリー型カメラバッグです。フロントポケットにハーネスが収納されているのが特徴。平地ではハンドルを引っ張り、階段や坂などではカメラバッグを背負って移動するなどの使い分けができます。

キャスターはハーネスの逆側に配置されているので、移動時に汚れが衣類に付着する心配がないのもポイント。また、セキュリティーに配慮したTSAロックをファスナーに搭載しており、主要航空会社の機内に持ち込みもできます。

収納力も多く、フルサイズ一眼レフ3台とレンズ数本、ストロボ、アクセサリー類などが収納可能。前面ポケットには17インチまでのノートパソコンとタブレットが収納できますが、メイン収納部を開けずに取り出せます。

ロープロ(Lowepro) プロトレッカー RLX450AW 2

大量の機材を持ち運ぶアウトドアフォトグラファーにおすすめのキャリー型カメラバッグです。前面が大きく開くので大型機材へのアクセスもしやすいのが特徴。70-200mm F2.8望遠レンズ付きのフルサイズ一眼レフと望遠レンズ、交換レンズ3本などがたっぷり収納できます。

前面フラップの内側には15インチのノートパソコンと10インチのタブレットが収納できるスペースも完備。小物類を収納するのに便利なポケットが豊富なほか、アダプターやケーブルなどをしまうのに適したギアボックスも付属します。

高性能なレインカバーも付属するので雨の日の移動も安心。背面のショルダーハーネスを展開すればバックパックとしても使用できます。

ロープロ(Lowepro) ウィスラー RL400AW II ローラーバッグ

耐久性と耐候性に優れたキャリー型カメラバッグです。摩擦耐久性に優れた丈夫なナイロン66素材の表裏両面にTPUコーティングを施しているのが特徴。一般的なカメラバッグと比べて摩耗や汚れ、紫外線などに強いので、雪山や密林など過酷な環境下で撮影するネイチャーフォトグラファーにおすすめです。

内部には70-200mm F2.8望遠レンズ付きフルサイズミラーレスと予備カメラ、レンズ4本などが収納可能。収納ボックスは取り外しできるので、通常のキャリーバッグとしても活用できます。

前面フラップの内側には15インチまでのノートパソコンと10インチのタブレットが収納でき、外側には三脚も収納可能。また、主要航空会社の機内持ち込み可能サイズに対応しているのもポイントです。