iPhoneを購入した際にまず気をつけたいのが液晶画面のケア、ですよね。運悪く落下させてしまって画面が割れる、というようなことがないように、万が一の時のためにも保護フィルムは貼っておきたいです。iPhone6/6sの保護フィルムには数多くのタイプが存在しており、選定の基準はたくさんあります。

グレア、アンチグレア(光沢/非光沢)、強化ガラス、自己修復、ブルーライトカットなど、保護フィルムの能力はモデルによってさまざまです。ここでは、保護フィルムの選び方と合わせて、iPhone 6/6s対応おすすめ保護フィルムを9選ご紹介します!

ポイント1:持っているスマホに適しているか

保護フィルムは、各スマホに合ったモデルを探す必要があります。機能がいいからといって、それだけを基準に選んでしまうと、持っているスマホに合わない! なんていうことも起こりえます。ご自身のスマホをしっかりと確認し、購入の際には対応機種を必ず確認するようにしましょう。

ポイント2:光沢、非光沢で選ぶ

光沢がある(グレア)モデルは、画面の液晶がそのまま綺麗に反映されますが、指紋がつきやすいです。対して非光沢(アンチグレア)モデルは若干液晶の光を遮りますが、指紋がつきにくいなどのメリットがあります。美しい液晶で写真や映像鑑賞をしたいなら光沢のある保護フィルムを、ゲームやアプリを快適に使用したい場合には非光沢保護フィルムがおすすめです。

ポイント3:機能で選ぶ

保護フィルムと一言にいっても、その機能はさまざまです。強度の優れたもの、覗き見防止の機能があるもの、指紋の付きにくいもの、撥水/防水仕様なもの、目に優しいブルーライトをカットするもの、自己修復機能のあるもの、気泡が入りにくいものなど。ご自身の求めている機能を備えた保護フィルムを選定しましょう。

おすすめモデル

サンクレスト(SUNCREST) i6S-ASMG

まずご紹介するのは、引っ掻き傷などを自己修復するiPhone保護フィルムです。気づいたらiPhoneの画面に傷がついてしまった、ということはありませんか? こちらのフィルム、例え傷がついてしまっても数秒で元通りになるという驚きの性能を備えています。また、衝撃吸収機能も備えているので、衝撃吸収&キズ修復が合体したハイブリッドなフィルムとなっています。

エレコム(ELECOM) PM-A15FLGGGO

信頼のエレコムより、iPhone6/6sの液晶画面と同じガラスが採用された極薄タイプの液晶保護ガラスフィルムです。表面硬度9Hの強化ガラスが表面のキズを防止してくれます。また、指紋汚れを付きにくくする指紋防止コーティングが施されているのもポイントです。

バッファロー(BUFFALO) BSIP15FUCG

同じく強化ガラスをご紹介。業界最薄レベルの0.1mmを実現、特殊強化ガラス「アルミノシリケート」を採用しながら、ホームボタンの操作などでフチのひっかかりが少ない薄さ0.1mmとなっている点が最大の魅力です。材料には、安心できる日本メーカー製のガラス材が採用されています。また、ナノテクノロジー表面処理により、指紋や汚れが付きにくく、汚れがついても簡単に拭き取ることができます。

エレコム(ELECOM) PM-A15FLFGRBWH

iPhoneを操作することで、指紋がついてしまって気になる、ということがよくあるかと思います。こちらのモデルは、指紋の付きにくい指紋防止コーティングが施されています。他に嬉しいポイントとして、特殊コーティングと独自開発の空気排出溝により保護フィルムと画面が密着しないため、貼る際に空気が入り込まず気泡が発生しない、という点があります。

ラスタバナナ G659IP6SA

上記モデルと同じく防指紋仕様です。こちらは高光沢フィルムで、貼付後時間の経過と共に気泡が分散、また、小さなホコリ等を吸収し気泡が目立たなくする加工もされています。なにかあったときに嬉しい2枚入り。made in JAPAN製品です。

レイ・アウト(ray-out) RT-P9FT/S1

スマホはよく落としてしまうので、保護フィルムは頑丈なものがいい、という方にはぴったりなこちらのモデル。なんと通常のフィルムの約2倍近い鉛筆硬度5Hをほこるアクリルコートの液晶保護フィルムです。ガラスフィルムよりも優れた柔軟性が特徴で、フィルムを3倍厚くすることで端末への衝撃を軽減してくれています。その他の特徴として、目の疲れの原因「ブルーライト」を約35%も低減してくれる、という機能つき。

エレコム(ELECOM) PM-A15FLPAFL

同じくフィルムは頑丈なものをという方にはこちらもおすすめです。柔軟性のあるiPhone保護フィルムとなっており、衝撃を吸収するフィルムガラス仕様です。100cmの高さから150gの鉄球を落とす実験では、従来品では画面が破損したのに対して、こちらのモデルでは破損することなく画面を守ったようです。日常生活では、これだけの防御力があれば安心ですよね。

バッファロー(BUFFALO) BSIP15FBCT

スマホを長時間見ていると、目が疲れてきたり、視界がぼやけてきたり、なんてことはありませんか? そんな場合には、こちらの保護フィルムがおすすめです。眼精疲労やドライアイの要因の一つと言われるブルーライトをカットし、大切な目を守ってくれます。ブルーライトをカットしながらも、画面が黄色くならない独自に開発されたスモークグレータイプで自然な発色を実現しています。

DOLPHIN47 ブルーライトカット ガラスフィルム Dolphin47 Edge

こちらのモデルも上記と同様にブルーライトをカットしてくれる目に優しいモデルとなっています。そのカット率はなんと90%! 驚きですよね。フィルムが高エネルギーブルーライトから網膜への傷害を防いでくれます。また、硬度9Hの傷がつきにくい日本製の強化ガラスを使用しているので、強度においても優れたiPhone保護フィルムとなっています。