スコッチウイスキーブランドの「ブナハーブン」。スコットランドのアイラ島で作られるアイラモルトに分類されています。アイラモルトは独特のヨード香やスモーキーな味わいで知られているウイスキーです。

しかしながら、ブナハーブンにはソフトな口当たりのウイスキーもあり、アイラモルト初心者にもぴったりなブランド。今回は、そんなブナハーブンの味や種類、飲み方などをご紹介します。

ブナハーブンの特徴

By: rakuten.co.jp

ブナハーブンは、クセの少ない味わいで口当たりもソフトなウイスキーが充実しています。その理由は、製造時にヨードによる影響を抑えている銘柄が多いため。アイラモルトのなかでは比較的飲みやすいウイスキーです。

そのほか、ブナハーブンにはピートタイプの麦芽を使用したシングルモルトウイスキーもラインナップされています。アイラモルトならではのスモーキーでピーティーな味わいが楽しみたいなら、ぜひ併せてチェックしておきましょう。

ブナハーブンの発祥や製造場所

ブナハーブンの発祥は、スコットランドにあるアイラ島です。スペイサイドやハイランドなどに次ぐスコッチウイスキーの六大生産地として知られており、ウイスキーファンから「ウイスキーの聖地」と呼ばれることも。

ブナハーブンがアイルランド語で「河口」を意味するように、製造場所である蒸留所はアイラ島の北側にある入り江にあります。一般客も訪問でき、ビジターセンターなどが併設されています。

ブナハーブンの歴史

By: amazon.co.jp

ブナハーブンは、1881年創業。当時製造されていたウイスキーは、ほかのアイラモルト同様にピーティーでスモーキーな味わいが特徴でした。

しかし、第二次世界大戦終結後は、ウイスキーが多く飲まれるようになり、原酒の需要も右肩上がりに。特にノンピート仕様の製品が求められたため、1963年にはブナハーブンでもノンピートのモルトを使用し始めます。

そしてついに1979年、ほぼノンピートのシングルモルト「ブナハーブン12年」を発売。世界中で人気を集め、一躍有名な銘柄になりました。

1997年には「オールドスタイルのブナハーブンを知って欲しい」との考えから、ピートタイプの麦芽を使用したウイスキーも再発売。現在ではノンピートとピートという2スタイルのアイラモルトを製造しています。

ブハナーブンの製法

ブナハーブンでは、まず決められた比率に合わせて4本のモルトミルで麦芽を挽き分け。その後12時間加熱された湧水と合わせて麦汁にしたら、オルゴンパイン材の発酵槽で60~80時間程度発酵させます。

発酵後には蒸留が2度行われ、アルコール度数68〜72%の原酒を精製。アルコール度数が63.5%になるよう湧水を加えたのちに、バーボン樽やシェリー樽などに詰めて熟成されます。

ブナハーブンの種類

ブナハーブン(Bunnahabhain) 12年

ブナハーブン12年はアイラモルトでは珍しい優しい口当たりがポイント。熟成期間は12年と短いわりに、色味が濃いのも特徴です。

前半にレーズン、後半にはビターチョコの甘みが感じられます。ほのかな酸味もあり、甘さに加えキレのよい味わいも魅力。加水するとフルーティーな味わいになり、飲み方次第で違った一面が楽しめるのもポイントです。

ブナハーブン(Bunnahabhain) 25年

ブナハーブンの上位ボトルにラインナップされている「ブナハーブン25年」。25年以上熟成した原酒のみをブレンドした一本です。品質に定評があり、さまざまなブレンデッドウイスキーのキーモルトとして使用されるほど。

優しい口当たりと、甘さが全面に出た味わいも特徴です。和三盆に近い上品な甘が楽しめます。

ブナハーブン(Bunnahabhain) トチェック

トチェックは、スムースな口当たりながらスモーキーな味わいが感じられる一本。原酒にピートレベル40ppmの「モアン」を加えて作られており、海外ではユニークなウイスキーとして注目を集めています。

ピートの香りが強いモルトを使っているものの、ボディはライトかつミディアム。飲みやすい味わいのアイラモルトを探している方におすすめです。

ブナハーブン(Bunnahabhain) ステュウラーダー

ドライかつスパイシーな味わいで、シェリーやナッツなどの香りも感じられる「ステュウラーダー」。ファーストフィルとセカンドフィルのシェリー樽で、12年間熟成して作られています。

2018年には「The Scotch Whisky Masters」にて金賞を獲得。クオリティの高さが期待でき、自分へのご褒美はもちろん、ギフトにもぴったりな一本です。

ブナハーブンのおすすめの飲み方

ブナハーブンは、ストレートやロックで飲むのがおすすめ。特に「ブナハーブン12年」は、氷でしっかり冷やすとより魅力が感じられます。

ただ、アイラモルトのなかでは比較的飲みやすいブランドだといわれるものの、人により渋みを感じてしまうことも。もし渋さが気になる場合は、水割りにしてみてください。

なお20年以上熟成された製品のなかには、木樽による影響を過度に受けてしまったことにより、えぐみがあるモノもあります。飲みにくいときには、開栓後少々時間を置いてから飲むのがおすすめです。