デザインやカラー、サイズ、機能など種類豊富なオフィスチェア。フロアに導入するとなるとまとまった数になるし、どれを選ぶか迷いますよね。働く人の体を預かる大事な備品だから、丈夫であることはもちろん、デザインにも妥協したくないところです。今回はオフィスチェア選びのポイントをご紹介しながら、機能性が高く人気のブランドのモデルを10点選んでみました。

ポイント1: 背もたれで選ぶ

背もたれの高いものを「ハイバック」、低いものを「ミドルバック」や「ローバック」と呼びます。ハイバックのチェアは高級感があるだけでなく、背もたれ部分が肩胛骨の上まであるものを選ぶと、背面を幅広くカバーできてゆったりと座れます。また背もたれの上に「ヘッドレスト」があるものや、背もたれが後ろに倒れる「ロッキング」機能がついているチェアも、仮眠などリラックスしたいときに最適です。

ポイント2: 素材で選ぶ

一般的にはカラーや風合いのバリエーションも多い「ファブリック(布)」が最も多く採用されていますが、通気性にすぐれた「メッシュ」や、汚れや摩擦に強いPVCレザー合成皮革、PVCレザーよりも柔らかく耐久性が高いPUレザー、また高級感のある本革素材のものなどもあります。本革は使用される革の品質や加工によっても価格が変わります。金属製の脚はクールで高級感があり、プラスチック製は軽く移動に便利です。座る人、シチュエーションに合わせた素材を選びましょう。

ポイント3: 肘掛(アームレスト)で選ぶ

肘掛付きチェアは高級感があり、肘掛によって腕や肘の疲労を軽減できてリラックスできるので、長時間のデスクワークには大変重宝でしょう。肘掛は取り外しや高さ調節が可能なものもあります。または人が頻繁に動き回るフロアの場合、かえって肘掛が邪魔になるかもしれません。肘掛も背もたれ同様、チェアを使う人のタイプやオフィスの間取りや、ワークスタイルなどに合わせて「あり」「なし」をお選びください。

おすすめオフィスチェアご紹介

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) OAチェア

オフィス用品では定評のあるサンワサプライのオフィスチェア。キャスターがついて高さの調節が可能なベーシックなデザインは、どんなオフィスにもすんなりマッチします。基本機能とお求めやすい価格を求める方におすすめしたい商品です。

バウヒュッテ(Bauhutte) オフィスチェア

水牛の本革を使用した高級感漂うこのオフィスチェアは、快適なリクライニングと、使い込むほどに味わいが増す長く使い込みたい逸品。背骨の自然なカーブに沿って背中と腰を守る独自のランバーサポートが、体全体を包み込む快適さを約束してくれます。

ソリス(Solis)

高機能チェアの草分けとして有名なウィルクハーン社の、シンプルでストレートなフォルムが印象的なチェア。背もたれ・座面に無駄な装飾がなく、直線的なデザインが美しい「ソリス(Solis)」シリーズは、ドイツ製品らしい合理性、機能美、頑強さ、そして座る人のインテリジェンスを感じさせるチェアです。

ライオン事務器 i-Beetle

ライオン事務器のアイビートルは、背もたれが大きく上下2つのパーツに分かれているのが特徴。上下別々に、微妙な角度でリクライニングできるので、上半身の可動域に合わせてフィットし、リラックスした姿勢でも、常に肩甲骨をしっかりとホールドしてくれます。

イトーキ ヴェントチェア

2011年にグッドデザイン賞を受賞した、イトーキのスタイリッシュなオフィスチェア。背もたれのブラケットに内包されたランバーサポートが背骨を理想的なポジションに保ち、休息姿勢も自動的に調整してくれます。座面の奥行やアームレストの調整など、座り心地を追求した機能性も抜群です。

エルゴヒューマン(Ergohuman) メッシュチェアハイタイプ

独立した大きなランバーサポートが腰をしっかりと支え、人間工学に基づいた設計で、無理なく体をサポートしてくれるオフィスチェアです。背もたれ、ヘッドレスト、アームレストをそれぞれ細かく調節できるので、座る人の体型に合わせて柔軟にフィットしてくれます。

アーロンチェア(Aeron Chair)

「人のからだ」にフィットすることを追求した曲線的なラインが、芸術的な美を感じさせるアーロンチェアは、世界で初めてメッシュ素材を採用したハーマンミラー社のオフィスチェア。体圧が集中したり熱がこもるのを防ぎ、体重を均等に分散する、使う人を第一に考えてデザインされたこのチェアは、ニューヨーク近代美術館(MoMA)の永久収蔵品に加えられています。

岡村製作所 オフィスチェア

オカムラ製作所がアーロンチェアに対抗して開発したと言われるチェア。デザインは、アルファロメオやBMWなどの設計で有名なジョルジェット・ジウジアーロです。アームレストでリクライニングと座面の昇降を調整できので、いちいち座面下に手を伸ばす必要がありません。革新的で「一流」を感じさせます。

コクヨ(KOKUYO) Wizard2

「体の動きにどこまでもついていく」をキッチフレーズに、2008年の発売以来ロングセラーを続けるコクヨの人気シリーズ。体の頻繁な動きにも背もたれが柔軟に追随しジャストフィットする「アッパーチルト機構」など、高いフィット感と快適さを追求したオフィスチェアです。

コクヨ(KOKUYO) AGATA/A

コクヨの最高級オフィスチェア。座面とアームレストに、体重を移動させると形状を変えてフィットする新素材「テクノジェル」を使用。体の負担を軽減するために医療用に開発されたこの素材を採用することで、体重による圧力の偏りを防ぎ、最適なホールド感を実現しています。